(4月11日、「アラジン続き」を追加しました。)


ちょっと独り言のコーナー

たかがストーブされどストーブ

       アラジン ブルーフレームヒーターの長ーいつまらん話

 寒い冬が続きます。
 我が家は事情により、私の仕事ができなくなりさらに寒い状態です。
 そういえば今年は厄年、数えで42歳かぁー。まだ今は40歳ですよ。

 仕事をなくしたことに始まり、いえ始まる前からですが昨年暮れに一台の石油ファンヒーターが不調になりました。
 修理しようと分解しましたが、今のファンヒーターはすごいです。基盤になにやらいろいろと・・・センサーも?
 わかったのはヒューズが飛ぶこと・・グローに大電流が流れると飛びます。いろいろテスターで探って見るがわからない。
 うーん??プチッ!私のヒューズが切れました。終わった・・・

 今年に入り、二台目が点火不良!何回も何回も赤くなるグローを眺めつつスイッチを入れたりきったり。
 そのうち数十回やってもかからなく、いえ着かなくなりました。
 もう直せないのは勉強したので、この時点であきらめた。寒いー

 もう一台あります。現在はこれです。温度の調整が時に利かなくなり、なぜか液晶(すごい)にエラー表示が出ます。
 もちろん私に直せるわけはありません。ウインドウズが不調になったときのようです???
 こいつが逝ってしまうと・・・

 えー、追記ですが、貧乏な私どもでも寒いものは寒いのです。
 いえ、貧乏なのに3台あることの説明です。
 みんなもらいものの中古です。言っては悪いが、調子よいものをただでくれる人はいませんよねー、今時。
 調子悪いが使える、捨てるには惜しい。といったところでしょうか?
 ただのものは何でももらってしまうので3台もあるのです。

 話は戻り、考えました。このままではいけない。
 大体、機械が複雑すぎるのです。だから壊れるのです。そして直せないのです。
 これは単車、車も同じことなのです。機械なのだから。
 電気に頼るのもどうでしょう?燃料は灯油なのに電気(100V家庭用電源のことです)を使わないと使用できません。
 停電時には暖が取れないことになります。我が家併用の電機床マットも使えない。
 結論、電気を使わないストーブにしよう!
 この時点で妻は猛反対!ストーブに何かいやな思いがあるのか?

 ホームセンターへ出向いてストーブを見ます。
 5000円ほどからあります。なるほど、着火は電池です。これはいい。
 タンクの大きなものが給油回数が減り楽かなー?
 そんなことも無いようです。タンクが大きくなると消費量も大きく、暖かいが燃費は悪くなります。
 倍の燃料タンクのものは倍のスピードで燃焼するのです。通常連続で12時間が普通のようです。
 こんなところまで車と一緒!
 我が家の650ccの軽トラックは満タンで30リットル、1200ccのワーゲンは満タン40リットル、3500ccのランクルは満タン90リットルです。
 もちろん我が家はワーゲンでいいのです。

 そんな中でひときわ変な形で値段が5.6倍するストーブが・・・
 かっこいいー!
 出会いました!アラジン ブルーフレームヒーターです。
 着火はマッチ!暖房の目安も、タンク容量も関係ないですって感じ。いいですこれ!惚れた。
 ここですぐに買わないのが、石橋をたたいての私です。

 早速帰ってインターネットで調べました。
 フンフン、かなりの歴史のストーブのようです。戦前からのようで、しかも元はイギリス製。
 それを現在は日本がその技術で作り続けているようだ。
 (詳しくはご自分で調べてみてください)
  現在の39型になったのは78年!SR500が生まれた年です。
それからほとんど変更が無いという。つまり変更する必要が無いのです。完璧なのです。
 部品も一台組めるほど全て手に入るようです。(あたりまえか、国産だし)

 フォルクスワーゲンとも似ています。
 本国ドイツでの生産は78年で終わっていますが、昨年までメキシコで生産され続けていました。
 あの形、あの車も何も変更する必要の無い完璧な車です。部品もほとんど手に入ります。
 修理も簡単、壊れない。(壊れるところが無い)
 もちろん我が家のワーゲンも30歳をこえて絶好調!

 ヤナセとも深い付き合いがあるようで、古くはヤナセで輸入され、現在の製作会社にも絡んでいるようです。
ワーゲン、ブルーフレームヒーター、「いいものだけを世界から」かぁ

 ブルーフレーム、青い炎???ウン?
 ホヤというかあの丸い穴の中の青い炎??
 見たことがある???

 ずずっずーん(30数年前の記憶がよみがえる音)
 確かに見たことがある。
 周りの風景、においまで思い出してきた。

 私は家の床に寝そべって青い炎を眺めていた。
 ゆらゆらゆれて、時に黄色い火も出していた。(清掃不良か?)
 親父がいた、ストーブの上に食パンを置いて焼いていた。(トースターはありました)
 子供の私もストーブでパンを焼いてみたくて焼きました。
 ひっくり返すのが熱かったー。
 ストーブの天板の穴の形のこげがついたパン。
 バターを塗って食べたら少し灯油の香りがして美味くはなかった。
 それからは私はトースターで焼きました。
 親父は好んでストーブでパンを焼いてはうれしそうに食べていました。
 パンのヘタも親父の役目でした。飛び上がるトースターではうまく焼けなかったのです。
 時々手についたパン粉をストーブに落としては燃やし、母に怒られていました。

 そう、あの炎はブルーフレームだ。

 工場でワーゲンの後期の型のブレーキマスタタンクにフリュードを入れるのに重宝している漏斗。
 端っこが半月にえぐれているのでボディーに邪魔にならない。
 赤い漏斗を見たらなんとっ、「blue Fire 」という文字が・・
 円筒のボディにフィットする半月のえぐれかぁー

 ずずっずーん(30数年前の記憶がよみがえる音)
 入れた。
 そう、お勝手にあった一升瓶に入っていた灯油を、この漏斗を使ってあのボディーに入れた。
 親父が少しこぼして、安物の木の床に染み付き母に怒られた。
 私がこぼしたのかもしれない?赤い漏斗をしっかり持ってなかったのかもしれない。

 そう、あのボディーはアラジンだ。

 出会っていたのだ。30数年前に・・・急いで実家に帰って母に聞いた。
 「おかん、昔ここに置いてたストーブどこやった?おやっさんがパン焼いてたやつ」
 「あんた、そんな何十年も前の話おぼえとらすか」(おかんは名古屋人です)
 たしかに狭いこのリビングのこの場所にあの大きなストーブはあった。
 いや、大きくは無い。寝そべっていた私はどう考えても今の息子2号(5歳)ほどの大きさしかなかった。
 大きく感じたのだ。

 実家をあちこち探したが無かった。
 親父に聞きたかった。でももう12年も前に他界した。
 たぶんヤナセで買ったのだろう。いいカッコしーだが見る目はあった。
 そういうところは私が年を重ねるごとに尊敬してしまう。そしてありがたいことに似てきている。
 ブルーフレームはどこに行ったのだろう?

 どうしても欲しくなってきた。
 ここからが自分でも驚いた。何か湧き上がってきて、なんとっジャジャーン、今買って来ました。
 マジでこれ書いてて、思い立ってしまった。どうしよう?
 ヤフオクで中古を安く買う予定だったのだ。
 でも、まだ新品がある、作っている。SRでも予算が許せば長く乗るなら新車に限る。
 一生使うのだ。いいじゃーない。
 まだ火は入れていない。灯油を芯にしみこませているところ。
 今の型に赤い漏斗はついてなかった。
 もうすぐ嫁はんが帰って来る。今春中学に入る息子1号の制服代がぁー。こっ怖いー。

 私が覗いた青い炎、あのころ我が家は親子4人平和で幸せだった。親父は公務員で当時は裕福ではなかったと思う。
 現在、うちもいろいろあるが親子4人幸せに暮らしたい。その思いもあった。
 丸い穴から青い炎をながめれば、それがこれからもできる気がした。

 親父、おれもブルーフレームを買った。

後記
 つまらない話でした。しかし、たかがストーブでここまでの文章になるようなものは他には無いと思います。(ニッセンがあったか)
 ブルーフレームは本当に小さくかわいいストーブです。当時、天板がおなかぐらいにあったので私もかなり成長しました(笑)
 今考えると当時うちにあったのは15か16型だったのでしょうが、ノブの位置は覚えていません。親父が絶対触らせなかったからでしょう。
 買ったものは非常にきれいなブルーの炎をゆらゆらさせています。灯油がこんなにきれいに燃えるんだなぁー
 天板が美しく、まだパンは焼いていません。
 次は古い錆錆の中古にしようと思っています。使い古した道具の美しさはなんともいえません。
 30000円で新品は買えます。ですがいい味になるには30年かかるのです。
 来年は古い錆錆を新しい工場に置くのが夢です。
家の新品物は私が死ぬころには非常にいい味が出たものになっているでしょう。
 なんとも楽しみです。大切に使っていきたいと思います。

さらに後記(つまらないので読まないでいいです)
買ってきてからの我が家住人の反応。
まず最初に居間で油を吸ってるブルーフレームを見つけた息子1号
「うわー、やりよった。知らんでー、おかあにちくったろ」
「ほんでナンボしたん?」
私「3万や」
「うわー、うわー、うわー、しーらね」

嫁はんが帰ってきた。
「あれっ、何これ?」
私「何でしょう」(汗)
「後悔すんなよー、知らんどーどうなってもー」
私「・・・・・」

息子2号
「こわっこわっ、火ぃついてる」(かわいい)

そこで火の話
 息子2号が言ったことで思うのだが、最近の子は火を見たことが無い。だから危険だとは感じないようだ。
 幸いうちの子はキャンプで必ず火遊びをさせている。
 いつだったか、息子2号は火の消えたマッチの頭をすぐに触って火傷をした。そこで危険を覚えた。
 火傷をさせるために火遊びをさせているわけではない。
 ただ動物で火を操るのは人間のみである。逆に操れてこそ人間なのである。
 うまく焚き火ぐらいできる男になってほしい。

 それてしまったが、私の子供時代はそこかしこで落ち葉などに火が入れてあったし、風呂も薪からガスになったがすぐそこに火があった。
 コンロも、釜も練炭もあった。仏壇にはろうそくに線香。そしてブルーフレームも火があった。
 現在我が家で火を見ることができるのはブルーフレームと鍋料理用のカセットコンロのみである。
 キッチンはIHだし、風呂はまだガスだが裏に回って給湯器を見ても火は見れない。
 ブルーフレームに火を入れるのに、タバコをすわない私にはマッチというものが無かったのだ。
 それほど火とは縁が遠くなっている。

 実は心配していたのだ。息子2号はよく言うとやんちゃで、絶対火傷するだろうなーと思った。
 だから耐震自動消火装置がついた上に、チムニーガード(ぐるりを囲んでいる網状の金属の囲い)のついた現行モデルにしたのだ。
 燃えているストーブは危険。それがわかってくれていた。少し自分の教育に自信がもてた。
 私も妹も火傷もせず育った。だから息子2号も大丈夫だろう?多分??・・・本当は自信が無かったのだ。
 実は大きな息子1号のほうが心配かも?だって彼は「しょうゆ」なのだからハッハッハッーブブーッ!
(すみません、ごく狭いところのネタでした)

 12畳のリビングダイニングにはちょうどよいぬくもりである。
 そんなにパワーないよと言われる方もいるでしょう。
 ですが調整のできないストーブはつけたままになるので、パワーの無さがこの広さに本当にちょうどいいのです。
 青い炎を見ていると本当に幸せになってきた。
 自分一人のような気もするなぁ??大丈夫かなー?青い目、いや白い目でみられてるような・・・怖いよう

 初公開Motor Works IMAMURAの事務所の一部
 我が家の一番狭い部屋である私のオフィス!!4畳半に持ち込んだ。
 4畳半にはブルーフレームはきつい。
 何がって?換気が必要だ。ラリってくる。(あたりまえだ)
 こう見ると美しい炎だ。
 関係ないが黒電話は停電でも使える。もちろんIPフォンではなく、これだけNTTにじか付けである。
 狭い部屋にはこれで十分!フィリップスのオイルヒーター。
 空気が汚れずに良い。以外に丈夫で5シーズン目かなぁ?電気仕掛けは多くつく。
 私が死ぬまではもたないだろう。
 有名メーカーでも時代の流れには逆らえない、でも逆らっても本物は生き延びるのです。
 生き続ける物 SR400 ハーレーダビットソン カブ90 ブルーフレーム
 半分死んだ物 SR500 フォルクスワーゲン シトロエン2CV ポルシェ911
 こう考えると、環境の文字の前に死んでしまう車の多いこと・・・

 30年、一台の車に乗り続けて出す排気ガスが汚いのか、それとも5,6年で排気ガスのきれいな車に乗り換えて
30年で5,6台の車を作り、廃棄するときに出る煙、ゴミが汚いのか?

 ここまで独り言を読んでくださいまして本当にありがとうございました。
 なんだかめちゃめちゃな文章で、最後はフィリップスのヒーターと文句で終わってしまった。

2004年1月29日


            --------------------------------------

NEW!!
     アラジン 続き

 4月ですアラジンは快調に冬の間暖めてくれました。
 1回ガス欠いえ灯油欠にしてしまい、芯を焼いてしまいました。私がバカです。
 機械がバカのバカならいいのですが、私がバカでは機械がかわいそうです。車や単車、カメラ、時計など全てにいえます。
 人間がバカならそれにあった機械はいっぱいありますからね、それを選べばいいのです。

 そこで芯を進めるという作業も経験し、きれいな青い炎を保つため芯の手入れもします。
 付属の芯クリーナーでカッターで切った芯を整えているところです。

 楽しい楽しい♪コレで美しい火になるからね。

 ホームページで色々見ているとヤカンを乗せるには天板を外すと書かれているものもある。
 天板を外すとボイリングリングがあり、なるほどヤカンの湯はすぐに沸く。







 コレでいつでもうまいコーヒーや紅茶が楽しめる。いいねー。

 アラジンページの反響は大きくメールもたくさんもらいました。
 SRやワーゲンと共通する物なんですね。
 京都の方にも天板を外すことをメールでお教えいただいたのですが、忙しさにかまけて返信しない間にアドレスをどこやらにやってしまいました。
 申し訳ありませんがこれを読んでいただいたならもう一度メールください。

 予告です。
 実ははまってしまって、中古で4機も買ってしまいました。嫁はんには内緒です。
 もちろん全て不動、ゴミです。15型が2機と16型が2機です。
 どれもぼろぼろでカッコいいー♪
 予告はいつかアラジンレストアのページを作りますということ。
 せめて1機づつは生き返らせたい。

 子供の頃にあったのは16型でした。燃料計に覚えがあった。
 多分新品をヤナセから買ったのでしょう。
 親父は次男で、何でも新品しか買いません。新築の家に引っ越したときに買ったと思います。
 生涯3台の新車の車でやってきました。
 私は長男、こだわりません。車は中古しか買ったことがありません。家も中古、Gパンも中古
外れましたごめんチャイ。

 はまった・・・いわゆるメキビー(新車のメキシコ産ワーゲン)を買って乗ってると本物が欲しくなってきた。
 どうせならと、6Vを超えてオーバルとスプリットを買ってしまったような物です。それもヤナセ物

 SRではたとえれません。だってSRって発売はこの前でしょ。
 私はエイプリルフールの「ロードボンバー」が載ったモトライダー買ったもん。
 オヤジが買いに行くのを止めた覚えがある。テールランプがロードパルだったので怪しいと思った。
 その後SR500が出たが、「重い」と一言、親父は買わなかった。買っといてくれよー

 アラジンは16型で67年から69年!15型では私の生まれた頃の生産です。
 いったいどれほどの歴史がこの小さなストーブにつまっているのか?
 こいつがイギリスで生産され、ヤナセで輸入され、誰かに買われ、子供が雲母の中の青い炎を眺めたのでしょう。
 その子供は私(40歳)より年上です。いろいろな人から愛され生き続けてきました。
 その姿の美しくカッコいいこと。いやー、火がつかなくともいいですねー。

では紹介はまた今度

2004年4月10日


独り言のコーナー たかがストーブされどストーブ
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆1号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆2号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ16☆1号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ16☆2号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆3号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆4号機