アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆1号機

2004年冬の終わりごろに4機のジャンクアラジンを手に入れたと書きました。
その中の1機のレストア?が終わり、ブルーフレームを揺らすようになったのでお知らせとともに自慢のページです。

どっぷりはまってしまいましたので、猛勉強をしました。とはいっても色々なホームページや資料を見たに過ぎず、生き字引と言われるようなマニアな方や、アラジン専門で修理されているプロの方からすれば「間違ってるぞ」とか「ばか者、壊す気か」などと言いたくなるところがあると思います。
遠慮なくメールなどでご指導いただければ、非常にありがたいです。

アラジンの歴史は実のところどうでも良いし、ここで書かなくてもインターネットできるならば調べる事も出来るでしょう。
要するに「本物」が欲しかったのです。

今年初めに新品で買ったアラジンは本物ではないのか?そう聞かれると難しいが、私の中では本物には属さないのです。どこにもアラジンの文字はありません。
本物、偽物の話は難しいもので、ほとんどは自分勝手な思い込みが「本物」を形ずけるのです。

さて、いつもどおり思いつくままだらだらと、イマムラワールド(最近よく言われますので)にご招待いたしましょう。

4機はどこで誰がどうやって使っていたかはわかりません。全てネットオークションにて仕入れたものです。
突然この冬にはまってしまったので知識は浅く、シリーズ15がノブが立っていて、シリーズ16がよこに斜めと言う事しか知らなかった。
しかも安いものを中心に落札したので失敗も・・・

なぜこの2つのシリーズに拘ったかは簡単で、私が子供のころに見た「本物」の「ブルーフレーム」青い炎が見たかったというもの。
新築の一戸建ての前で幼稚園姿でポーズをとる私の写真がありました。借家から広い家に引っ越したのを覚えています。
そのころに親父が買ったと思います。借家は狭かったので置く場所が無かった。
幼稚園入園時には5才でしたので68年ごろになります。それ以前の年式というわけでシリーズ15とシリーズ16に絞ったのです。
親父の性格上、新品購入は間違いないのでそれ以前のI.Rなどは除外です。

ここで少し勉強しましょうか?アラジンブルーフレームヒーターの生い立ちです。

当時の米国アラジン社は、青炎式バーナーを使った優秀な石油ランプを製造しており、米国は勿論、広くヨーロッパ各国に輸出していました。
英国アラジン社構想は、このランプを英国で製造し、ヨーロッパのみでなく、全ユーラシア大陸に販売するというものでした。
この構想が軌道にのると、英国アラジン社のジャック・インバー社長は、もしこのすばらしい性能の青炎バーナーを暖房器具に使えば画期的な石油ストーブができるのではないかと考えるようになり、早速その商品開発のためのインバー・リサーチ社を設立し、ブルーフレーム石油ストーブの研究開発に着手しました。
長期の研究、開発の末完成したのが現在のアラジンブルーフレームの原型となった「I.R」です。

「I.R」とはINBER RESEARCH社の頭文字です。このI.Rブランドのブルーフレームも日本に輸入されています。
1960年この石油ストーブに絶対の自信をもったジャック・インバー社長は、インバー・リサーチ社を英国アラジン社に合併させました。
アラジンランプの広い販路にのせて世界的な拡販をはかるため、著名ブランドの"アラジン"をこの商品につけ、アラジンブルーフレームとしました。
アラジンブルーフレームヒーターの誕生です。

1957年にフォルクスワーゲンの輸入販売で著名な(株)梁瀬が逸早く輸入をはじめ、その品質性能の良さを知っている人々の口伝えで、上流家庭で愛用されはじめました。
「いいものを世界から」この頃はI.Rです。


ネットオークションで見かけた箱付「I.R」。とんでもない金額になっていたのは言うまでも無い。

1960年シリーズ15アラジンブルーフレームになりました。ほとんどの部品はIRと同じで初期型です。唯一の違いが前面ステッカーとノブです。
1961年から1964年にマイナーチェンジがおこなわれます。詳しくは後ほど。
最終は1966年でシリーズ15後期型になります。

再生1号機はシリーズ15後期型になります。前期のパーツも使われている事からきわめて初期の後期型になります。
1961年から1964年のダークなところですね。この辺はあり合わせパーツで何でもありだったようです。
40年以上前ですね。イヤー楽しいなぁ。私の生まれたころです。


いい味が出ているぼろぼろのシリーズ15。こいつが1号機になりました。見かけは悪いが程度は良かった。大当たりです。
程度が良いので素人の私が再生1号にするにはぴったりです。












購入後半年以上たってますが、手を入れます。錆び錆びなので、とりあえず汚れ取りとさび止めのために潤滑剤を振りかけます。
緩まないネジ類に浸透させる意味もあります。大体ふき取って終了です。
塗装する?ばかな、そんなものするはずが無い。だいたい耐熱塗料でこんなキレイな色がありますか?それにチムニーやトップカバーはホーローです。
チムニーって何?とりあえずマニア向けにしています勉強してください。1年もせずマニアって言うなってか?ごめん、筒ですね。
キレイに塗装するのは色を除けば1日あれば簡単です、ですがこれほどキレイに?ボロくなるには40年かかるのです。


リザーバタンクの裏ですね。いやー、シリーズ15はキレイな丸いケツです。美しい。
ちなみに材質は真鍮です。現行のものはステンレスで錆びません。









割れたマイカ(覗き穴の雲母)を交換しようとするが、そう簡単には錆びたネジは緩んではくれない。バイスプライヤーで挟み、ガスバーナーであぶって緩める。









マイカの新品は今でも手に入ります。ですが今回はシリーズ16のデラックスからいただきました。
デラックスはチムニーの内側にも筒がありますね、2重です。これは外のチムニーのホーローを熱で悪くしないようにするガードなのです。
またデラックスは白色(アイボリー)です。スタンダードは緑(グリーン)ですね。これはシリーズ38まで続きます。
当時、うちにあったのは白かったのでデラックスでした。親父はいいカッコしいだったのです。
(最新型を買ったときも白がいいと思ったのはこのためです、3902Wです、国産です。どこにもアラジンと書いていませんが、実用性は最高です)






ウインドウフレームです。左がシリーズ16デラックス。たぶんメッキ?右はシリーズ15スタンダードです、たぶん真鍮?









当然2重と1重ではボルトの長さも違ってきます。いくらバイスプライヤーで挟んでガリガリになって、ネジをなめていても交換しません。
国産のボルトなんて使えません。本物を目指します。イギリスインチでウィットワースです。







はーい、交換できました。ボルトの頭はガリガリですけどね。
なぜマイカを中古を使うのかはわかりますね。新品は約500円で買えます、しかーし程よくボロくなるには30年以上かかるのです。
よく、中のブルーの炎がキレイに見えるように新品を使うなどという人がいますが、それでキレイな炎が見えるのでしょうか?
これぐらいボロのマイカだからこそ、キレイな美しい炎が見えるのでは無いでしょうか?はまってきたでしょ?深−い、イマムラワールドへようこそ。




芯を長めのやつと交換します。すそに割れ目があり、ボタン付の芯がシリーズ15の専用芯です。これは日本製。消耗品なので日本製で我慢。
確かシリーズ38、約30年ほど前から1機丸ごと日本製です。一応書いておきます。性能はすばらしくホーローもすばらしいものです。でも私にとっては本物ではない。
芯の上げ下げをするロッドがシリーズ15のネックなのです。それはまた2号機で説明します。画像左が2号機、シリーズ15初期型のリザーバタンクです。





燃料を半分くらい入れます。漏れたら嫌だから満タンにはしません。フューエルゲージが動くだけでもうれしい。
シリーズ15のフューエルゲージです。後期型は満タン、半分、無しと3段階でわかるようになっています。画像は半分の状態です。
前期型は4段階でわかるようになっているようです。あたりの油分は燃料漏れではなく、振りかけた潤滑剤です。





数時間置いた後、点火。キレイなブルーフレームです。うれしーーい。潤滑剤が燃えて煙上げています。
右はシリーズ15の初期型タンクを持つ2号機になる予定のアラジン。
足が8本あります。これもシリーズ15の後期型のみの仕様です。

レストアといってもマイカの交換とリザーバタンク内清掃、芯の交換のみでキレイなブルーフレームが見れました。
素人にはぴったりの極上状態アラジンと言えるでしょう。いえ、40年使われても致命傷になるような壊れる場所が無いストーブと言った方がいいでしょうか?
満足です。


シリーズ15のノブです。まっすぐ立っています。後期型は真鍮のままです。前期はメッキされていました。中には8角形のもあります。









日本仕様正規輸入品の証のステッカーです。右に回すと「上」へ芯が上がり、左に回すと「下」に芯が下がると言う意味ですね。
もちろんイギリス製です。
タンクの合わせはとがっています、後期型です。前期型は丸くなっています。ハンダで着けられています。






丸い穴が開いた部分をギャラリといいます。シリーズ15は24穴あります。シリーズ16後期より穴はなくなってしまいます。
またシリーズ15では、ギャラリとチムニーの止め具チムニーマウントクリップがネジ止めです。







上のふた、トップカバーです。穴の大きさの違いがわかりますか?上の穴の大きなものが後期型なのですが、なぜかこれには下の穴の小さな前期型のものがついていました。
こういうところが61年から64年までのダークな部分です。型は変えたのでしょうが、前に作った部品がまだあるからそれから使いましょう。と言う英国人のセコイ所ですね。
旧型の部品はキレイさっぱり使い切りますが、補修は新型の部品が合いますというのも英国人気質です。いつまでも使い続ける事が出来ます。




ストーブを持ち上げるキャリングハンドル、シリーズや年式により色々な形があります。ですがこれほど複雑な形のものはシリーズ16の前期までです。うーん美しい。
アッパーフレームのハンドル取り付け部が二重なのも同様です。








コーションプレート。輸出される国にあわして色々な言語で作られていたようです。
私にとってのこれが日本語であるというのが「本物」である重要なポイントです。下に書かれている「株式会社 梁瀬」漢字です。後のシリーズではカタカナの「ヤナセ」になり、国産になってからは当然ですがヤナセの文字はなくなってしまいました。
MADE IN ENGLANDと書かれています。NO.H42205はシリーズ15スタンダードの後期型を意味します。デラックスはH42206になります。
焔の旧字でしょうか、馬鹿なので読めない?でも意味はわかります。「焔は常に青く!」!マークが入るほど青い焔にこだわっています。



どうでしょう?青いでしょうか?マニアの中にはシリーズ15が1番青さが濃いと言う人もいます。そんなわけ無いでしょうが、私もそう思います。

予告
アーリーモデルがあと3台あります。何とか生きけらせたいと思いますのでストーブの話はまだ続きます。かな?
初期型ということでアーリーとしています。オールドほど古くないし、ビンテージほど複雑な機械でもないような?英語はむずかしいのう

工場に来ると寒くない日、用も無いけど火をつけてしまう。いい、本当にいい。きれいだー、なんともいえない。いつまでもこの青い炎を眺めてしまう。

2004年11月1日


シリーズ15,1号機追加     2006年11月

実は夏の間にヤナセ物の下皿を安く手に入れました。YANASEの文字が見えますか?
当時のオプションだったと思いますが?

潤滑剤をふりかけてボンスターで簡単に錆を取ります。良い具合の錆びだぁ。人もそうだけど、ある程度の錆びも必要。





どうでしょうか、皿を装備した1号機です。錆び具合もバッチリじゃないですか?美しく年輪を重ねた姿です。










独り言のコーナー たかがストーブされどストーブ
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆1号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆2号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ16☆1号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ16☆2号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆3号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆4号機