アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆2号機


実は1号機よりもこちらの方を先に買ったのです。安かった。
それもそのはずでオリジナリティが少ないヤツでした。もちろん私が無知だったために購入したわけです。
買った時はシリーズ15はノブが上向きとしかわかってなかった。
でもうちに来たのだから直してあげましょう。









タンクやフレームは刷毛で塗装されています。色こそうまくあわしてありますが、汚い塗装です。
ぶつぶつはあるわ、ノブにも塗料がついています。
タンクは合わせ目が丸い前期型、フレームは8本足で後期型。かなりかなりです??勉強したでしょ






タンク内も塗装の粉が入っています。まずはこれを掃除しなくてはいけません。
タンク内部は簡単な構造です、エアで吹き飛ばせばキレイになりますし、芯が灯油を吸うだけですのでゴミがあっても問題はありません。








チムニーはシリーズ39の日本製がついていました。今でこそわかりますが、買ったときはわからなかった。
スタンダードなグリーンですが向こう側にものぞき穴があるのです。シリーズ38までのスタンダードはのぞき穴が1つです。
せめてもの救いはウインドウフレームにAladdinと文字が入ってるぐらいでしょうか。私が自宅で使用していますシリーズ39後期にはAladdinの文字はどこにもありません。





フュエルゲージは満タン、半分、無しの3式で後期型のになります。なんでしょねぇ?変えたのか40年前からこうだったのか?謎です。









バーナバスケット(しん外筒)を外せばタンク内が見えます。芯上下装置もありますね。もし使用時に倒してしまったら、灯油ががんがん漏れて大惨事になりそうです。
だからこの後のシリーズ16では2重構造になったのですね。








これがシリーズ15の芯。フックボタンが特徴です。どちらも日本製ですがメーカーは違うようです。年式が違うのかな?
ちなみに\2,600もします。でも完全動作のシリーズ15ならば10年は使えるそうです。最新型では3年が限度と聞きます。(私はヘマして2年もたなかった)







こういう風に装着します。ボタンについているアームが芯を上げ下げするのですね。ここがシリーズ15のネックで、ノブの下の上下機構のネジにガタというか遊びが出来てしまうのです。
磨耗するのでしょう。ガタが大きくなると芯を上げるのにも一苦労、ついには壊れてしまいます。交換はタンクを解体、ハンダ付けしなければならず現実的ではありません。
そこで寿命なのでしょう。よく働いたのです、もしそうなったら休ませてあげましょう大往生です。




初期型ノブは真鍮の上にメッキです。メッキが剥げるほど使われたのがわかります。でもこの塗装で台無し、剥いでやろうか?









はい、タンク内をキレイにして、新品の日本製の芯を入れただけでキレイなブルーフレームです。向こうが見えてしまうチムニーはどうも・・・
シリーズ15は芯の上下機構のみ生きていれば整備は本当に簡単です。








2台揃ってきれいなブルーフレームのシリーズ15。40年も前から変わらず心まで温めてくれます。他に冷めた心をあっためてくれるストーブありますか?


 

 

 



シリーズ15,2号機追加    2006年11月

どうも向こう側の見えるチムニーは雰囲気に合わない。そこで手に入れたシリーズ16スタンダードジャンクのチムニーを装備してみた。
雰囲気は良いのだが、炎が・・・








どうもこのへんが曲がってる。ギャラリでこんなにも炎の形が変ってしまうのですね。一応初期型16の24穴ギャラリですので、シリーズ15に装着しても違和感は無いでしょう。
上の画像見ればわかったでしょうけど、初めについていたのはシリーズ16の18穴ギャラリだったのです。






こんなもんで・・・まだいまいちですが、しょうがないでしょ。










いつも仲良し、1号機と2号機。向こう側の見えないチムニーは、より青い炎を見せてくれます。いいねー。










独り言のコーナー たかがストーブされどストーブ
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆1号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆2号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ16☆1号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ16☆2号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆3号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆4号機