アラジンブルーフレームヒーター シリーズ16☆1号機

同じ時期に買ったシリーズ16の前期型スタンダードとデラックス。スタンダードはジャンク品部品取りで100円だった。
売った方もまさか100円で落札されるとは思ってもいなかったでしょう。デラックスはそれなりに高い。
後で知ったのですが、この頃のデラックスとスタンダードは20%ほど値段が違ったらしい。確かにデラックスは贅沢仕様だが性能は同じです。

シリーズ16の後期はリザーバタンクとチムニー以外はかなりのコストダウンがあって、いらないなぁー悪いけど。


これ、このフュエルメーターに覚えがあった。これです、うちにあったアラジンは。結論、おやじが新品で買ったのはシリーズ16デラックス前期型でした。
1967年から69年までのモデルで、68年ごろに買ったと思われるのでピッタリです。
うちにあったヤツはどこにいったのかなぁ、まだ生きてるかなぁ?もしかしてこいつか?
おやじとストーブの話もしたかったなぁ。多分当時の給料全部つぎ込んだと思う、いいカッコしいだったからなぁ。




とりあえず分解します。部品取りのスタンダードのトップカバー(天板)はついてなかったシリーズ15にもらいましょう。古さが丁度良い。
この時点で部品取りの程度が良いのと、デラックスが重症なのに一喜一憂する。でも何だか楽しいなぁ。







最悪なのはこのウイックキャリア(芯押さえ)が動かない。良くあるよって感じだが良くあるカーボンでの張り付きではなく錆びて張り付いてるようです。
そうです、水が入ったようですね、冷静に書いてますが最悪。タンク内も錆び錆びです。
シリーズ16は下半分真鍮で上側は鉄にコストダウンされています。






シリーズ16は安全のために2重構造タンクになりました。
メインタンクが1次側とすると、ウイック(芯)側が2次で小さな穴でつながっています。これがネック、穴も詰まる。タンク構造もややこしい。今のもそうですけどね。
よって燃料消費していくと、1次側が不圧になります。上のタンクキャップにはブリーザーがついてるのです。結露もします。
フューエルメーターは鉄製、アームにはアラジン、メードインイングランドと文字が入っています。フロート(浮き)はコルクです。味があるなぁ。後にはアーム以外全てプラスティックになります。
黒いコルクは水吸ってますね。だめだこりゃ。レンズはプラスティック、後にガラスになります。ガラスがいいですが、色が変って見えなくなってきたプラスティックも味です。
転倒時の燃料漏れ防止にぴっちりパッキンが入ってます。

リザーブタンクは部品取りスタンダードを使うことにしました、エアで埃をとばします。シリーズ16では埃は大敵です。穴が小さいですからすぐに詰まります。










ケツはあまり美しくは無い。2重タンクの姉妹の中では1番マシだけどね。真鍮だし。










灯油を少し入れてはタンク内洗って捨てます。穴が通じている事も確認です。











ウイックキャリア(芯押さえ)もすでに手に入りませんので、少々の不具合はドライバーなどで直します。凹んでギアが噛まないので起こしているところ。







フレームの足も1番安定が良いように曲げたりして調整。デラックスはメッキの足です。










マイカはシリーズ15に取られてしまったので、新品をおごります。チムニー2重構造は説明しましたね、デラックスのみの装備です。










梁瀬ノブといわれる赤いノブ。オプションと何かで読んだが、国内正規輸入物はこのノブだと思う。
そりゃー、白いノブがかっこいいけど、これも注意引いて良い?







デラックスはこんなところもメッキでしかもアラジンのマークが入っている。どうでも良いけど当時の金持ちにはうれしい事だろう。
中流家庭のがんばってる国家公務員さん(おやじ)にもね。
このクリップは後期型では下向きになってしまいます。







キャリングハンドルもメッキです。独特の形はこのシリーズ16前期型で終了です。後期はなんの変哲も無い形になった。
ハンドルの取り付け部のフレームが2重なのも前期型で終わりです。







デラックスフレーム、チムニーにスタンダードのタンクがつきました。ギャラリは24穴のビス止めです。これが部品無くなってから、18穴のクリップ止めになりました。
後期ではギャラリに穴はありません。このギャラリの穴があってこそデザインにまとまりがあるのです。







デラックスブルーフレームヒーターと書かれた梁瀬のコーションプレート。漢字梁瀬の文字が錆びて見えない。程度悪いなぁ、錆び錆び。
P160052はシリーズ16デラックスでP160051はスタンダードです。








新品のウイック(芯)を入れて3役揃い踏み!2台仕上がったら良いと思っていたが、3台再生した。特にシリーズ15は簡単ではまったねぇ。
この後色々な年式に手を出して行きます。失敗も多い。でも趣味だから良いか?
ホームページにはシリーズ16前期以前の物しか紹介する気ありませんので心配なく??






独り言のコーナー たかがストーブされどストーブ
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆1号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆2号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ16☆1号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ16☆2号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆3号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆4号機