アラジンブルーフレームヒーター シリーズ16☆2号機


最近はネットオークションも見てる人が多く、高くなってきた。それでも11月ならばまだ買える値段だ。
さらには近場出品の取りに行けるものを狙う。ゆうパックも大きさで料金が決まるようになり送料は非常に高いからだ。
隣町の古道具屋さんが出品していたシリーズ16のデラックス。1号機より500円安く買えた。取りに行ったので送料は無い。





とりあえず分解整備する。程度は良い。シャフトがハンダで修理されていた。ヘタクソなハンダだが見えないか。









フューエルメーターが動かないと思ったら向きがおかしい。これではボディーに当たって動かない。キャップを外し付け直す。
切り欠きを合わせば良いだけです。








マイカが曇って見えないので新品に交換する。ウインドウフレーム上部は錆びて腐り、ネジを緩める必要は無かった。ハハッ
ギャラリは24穴、チムニークリップはビス止めです。これが美しいね。穴が無いとどうも・・・







芯の残りは少なかったが、手入れすればすぐに美しいブルーフレームになった。手間と部品がかからなかったという意味では1号機よりかなりお得でした。当たりです。









これが正常な位置。透明プラスティックのカバーもキレイ。










Araddin made in ENGLAND いいねー。「上、下」のステッカーが正規輸入品の証。










さらには「株式会社 梁瀬」のコーションプレート。デラックス ブルーフレーム ヒーターとある。このプレートが無い物はいらないなぁ悪いけど。









それから1号機にも手を入れています。
ここからは1号機の情報。いまさら1号機の後に付け足しても誰も読んでくれないだろうからここに付け足します。


錆びとカーボン?で貼りついたウイックをはがすには糸鋸の折れた刃とプライヤーです。ウイックとボディーの隙間に差し込みバリバリやります。









その後、プライヤーでウイックを挟み「おりゃー!」










ポンッ!くうー、ウイックキャリア(芯押さえ)サビサビだぁ。なぜかタンク内に水が入ったんですね。雨ざらしで粗大ゴミに出してあったか?
高かったんだが・・・ネットオークションでは失敗もします。








あきらめない、シリーズ16は上面タンクが鉄、だから錆び錆び。ではキレイに洗って単車用タンク錆取り液を満タンにして数日そのままにします。
真鍮がどうなるか心配でしたが大丈夫でした。








ウイックキャリアもこの通り錆びが取れました。
後はエアで乾かして、新品のウイック(芯)を入れるとOK、結構動きもスムーズでした。








かくして1号機が完全に再生したわけです。良かったね生き返って。










おっとぉ、2号機のページでした。ウイックの画像取って何?
実はこのウイックはシリーズ39でギリギリ青い炎が出るかなー、ぐらいまで減ったウイックです。自宅39のを新品に交換した残りですね。
シリーズ16にセットするとまだまだ十分使えます。経済的というのも古いモデルの性能と言えるでしょう。
ウイックはけして安くはありません。





2台のシリーズ16前期デラックスです。右が1号機、左が2号機です。
2号機は古い灯油が残っていたために混ざってしまって少し赤い炎が出ています。今はキレイなブルーフレームです。
シリーズ16はウイックの上げ下げが軽く早い、点けたり消したりが非常に楽です。シリーズ15と違い、使い勝手が良く35年たった今もがんがん使える実用機ですね。
今のシリーズ39よりもノブは軽く回ります。
古い灯油を捨てるには2.3度ほど少量の灯油をタンクに入れて洗って捨てるのです。貧乏な私には出来ませんでした。
シリーズ16以降はタンクが2重構造になり全ての灯油を入れ替える事は困難です。


追加
シリーズ16のノブが手に入るというので注文してみたら、来たのはシリーズ37のノブでした。そう37のノブは国産ですね。
おかげで「上」「下」がステッカーと合わせて2つになってしまいました。
キレイな新品パーツは合わないなぁ。







独り言のコーナー たかがストーブされどストーブ
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆1号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆2号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ16☆1号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ16☆2号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆3号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆4号機