アラジンブルーフレームヒーター シリーズ15☆3号機


東北から来たシリーズ15の見かけは後期型。ミミ付きリザーブタンクに8本足。
フレームに色が塗られていたのと、キャリングハンドルが錆びていたせいか今まで手に入れたシリーズ15よりもかなり安く手に入れた。
ただし送料がかなりかかってしまったので大差はない。







なぜ見かけはと書いたかというと、コーションプレートの品番がH42201だったこと。
これはシリーズ15の初期型スタンダードを意味します。後期型のスタンダードはH42205になるのです。不思議?
まさかコーションプレートを交換する人もいないでしょう?







まさに個体は後期型。真鍮そのままのノブにとがったリブを持つリザーブタンク、8本足フレーム。
しかし何で塗装してしまうのでしょうね。そのままが一番です。そのうちボディと近い色に再塗装しましょう。







とりあえず簡単に分解整備し、古い燃料を捨てます。内部はなかなか程度は良い。










ウイックはMADE IN ENGLAND、さすがにガタガタになってます。これではマトモな炎にはなりません。









ウイックはカッターで大体の形を整えた後、ウイッククリーナー(芯きり)できれいに整えます。
左のはAladdinとあり右の新品はBlue flameとあります。最近はアラジンの文字は使ってはいけないの?







こいつはフレームスプレッダ(内炎板)とバーナバスケット(芯外筒)が真鍮では無いような・・・硬いのです。鉄では?









フューエルゲージはプラスティックが灯油焼け?して全く見えません。こいつはまいった、いつ燃欠になるか・・・









仕方なく、カッターで穴を開けようと思ったら・・・バキッ!割れました。ボンドで止めて透明テープ貼ってます。
いいんだもーん、見えるもーん。フューエルゲージも後期の3段階表示です。
見えなくなると、マニアは同じくらいのアールと大きさのカメラ用レンズを貼り付け、塗装するらしいです。






はーいキレイなブルーフレームです?許して、イギリス製のウイックではこの炎が限界です。これ以上キレイになりません。
数年たって減れば日本製のウイックを入れましょう。40年経っても消耗品は新品が手に入ります。
そんなストーブ他にある?






独り言のコーナー たかがストーブされどストーブ
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆1号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆2号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ16☆1号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ16☆2号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆3号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆4号機