アラジンブルーフレームヒーター シリーズ15☆4号機


12月に入ってから手に入れた4号機。タンクにヘコミがあったので比較的安かった。しかも2つ隣町、通勤途中に取りに行ったので送料は無い。









凹みから燃料が漏れたらどうしようと思ってたが漏れは無かった。落としたのか?車にはねられたか?何で凹んだのだろうか?いつ凹んだのか?10年前か20年前か30年前か?








ノブはなぜかメッキされたもの、ステッカーは正規輸入品の証。










マイカは穴開いてた。ギャラリは24穴でビス止め。琺瑯やフレームの塗装はどうやらオリジナル、40年近く昔のままである。いいねー。










コーションプレートはキレイに残っていた。もちろん梁瀬物である。H42205はシリーズ15後期型を意味する。








これは他の3機には無い装備?給油口に漏れ止めか真鍮の返しが付いていた。キャップにゴムパッキンなどは付いていない。









何でこんな減り方になったのか?イギリス製のウイック(芯)これでは駄目。キレイなブルーフレームは期待できない。









それではとカッターで高さをあわせて切り取る。しかしこの作戦は失敗!結局長さが足りなく青い炎にならなかった。仕方なくウイックは新品に交換した。









はーいOK、キレイなブルーフレームになった。しかしどうしてもノブが重い、軽くウイックが上下しないのである。何でかなぁ?








どうだぁー!シリーズ15の4機並んでのブルーフレーム攻撃!さすがに4機に火を入れると暖かいを通り越して暑い。この冬は楽勝だな。
全て足せば軽く150歳を超える。何なんだ意味無い年齢だなぁ?ボロさも汚さも1流、でもまだまだ現役。
向かって左から3号機、2号機、1号機、4号機。
2号機は覗き穴の向こう側が見えないでしょ。シリーズ16スタンダードのチムニー(筒)を頂き交換しました。さらに雰囲気が良くなった。
後はデラックスか?シリーズ15のデラックスがどうしても欲しい。たまーにネットオークションで見るがべらぼうな値段、買えない。でも欲しい。



ウイックが軽く上下しない理由がわかった。よーく見て、向かって左に曲がってるのです。他の画像もよーく見てください。こいつ曲がってるよ(笑)
修理として、タンクの中心の穴?フレームスプレッダ(内炎板)の付くところの筒を力ずくで曲げました。バーナバスケット(しん外筒)を付け隙間を微調整。隙間に偏りが出来ていたのです。
これで軽くノブが回り、スムーズにウイックが上下するようになりました。
さらにはマイカも交換しキレイなブルーフレームがよーく見えるようになりました。また生き返った。曲がってるけどね。首を少しかしげてるようでカワイイ♪

今シーズンはこれで終わりかな?一時は10機ほど集まったゴミアラジンもほとんど生き返り、残ったアーリー6機以外はどこかで大切に使われているでしょう、満足だ。

2005年3月

独り言のコーナー たかがストーブされどストーブ
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆1号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆2号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ16☆1号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ16☆2号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆3号機
アラジン ブルーフレームヒーター シリーズ15☆4号機