アラジンブルーフレームヒーター シリーズ15☆5号機

2005年の夏に仕入れた一台。夏だったのと、錆びっ錆びのぼろっぼろっだったので比較的安く買った。同じ人から16スタンダードも買ったので送料はまとめてで、それも安くついたかも?
シリーズ15の初期型です。私よりも年上、60年代前半のモデルです。すでに40年以上前のストーブです。使えるようになるのか?






後ろのコーションプレートから梁瀬ではなく並行輸入というのがわかります。H2201との品番はイギリスの本国用と思われます。NEVER USE PETROLと書かれています。文章からもわかりますね。アメリカ輸出用ならGASOLINEになるのでしょう。








割れたヒューエルゲージ。燃料は空なのに半分あたりを示しています、つまり壊れてる。
初期型の特徴。1/4表示がよく見て取れます。後期では満タン、半分、空の表示ですが、初期型は満タン、3/4、半分、1/4、空の表示です。







ウイックは入ってなく、フレームスプレッダはレアなシリーズ25のものです。20年か30年前に交換されたのか?25では耐震消化装置の棒がこの真ん中の大きな穴を突き抜けています。71年のモデルです。








あんまり光ってはいないけれど、初期型はクロームメッキなのです。










まずはヒューエルゲージに潤滑剤をプシューッ、コリコリ、キコキコ。うっ、動いた。戻った。









梱包用テープ貼って、タイラップで締めて見ました。なんと素人っぽい修理だ。いいんだよ、燃料が漏れなきゃね。









分解してCRCを降って、ワイヤーブラシのやわらかいので錆と汚れを落としていきます。何回見ても、良いお尻だ。









そしてウイックが軽く動くように、筒部分を細かいペーパーで磨きます。シリーズ15ではこれが非常に大切な作業です。














今回は少し安かった韓国製のウイックを入れました。裾部がモップのようにばらばらでした。
(その後、燃料の吸い上げが悪く、燃欠でも無いのに空焼きになりました。早めに燃料足して使ってます)






フレームスプレッダは未使用品をネットオークションでゲット。何でもおじいさん?がストーブの修理屋さんだったとか。他にも色々なパーツを同時に手に入れた。
箱がシリーズ38までしか印刷がされていない。つまり78年以前にメーカーから仕入れられたものと思われる。こんなスペアパーツまで人々がかかわる歴史を感じる。
たとえばどんな車で配達されたのかなぁ、なんてね。25のフレームスプレッダはお宝保存。





さて、マイカを何とかしないとねー。ぼろぼろだぁ。











先ほどの方から多くのパーツを買ったので、こんなものをもらった。はじめは何かわからなかったが、わかったぞ。マイカ交換時に裏のナットを押さえておく専用工具だ!
ミリサイズではなく、当時のシリーズ15のナットにバッチリだった。
ところでこのボイリングリング、シルバーではなく、ボディ同色なのに気がついた?そうなのです、初期型はボディ同色の琺瑯なのです。分厚いでしょう。後期はただのシルバー塗装。初期型のクオリティの高さと、後期のコストダウンがよーくわかります。剥げ剥げだけど、こういうのが嬉しいのだなぁ。



燃料を満タンに入れてみました。漏れないようです。3/4量がよく見えます。こちら側に割れてるおかげで、もうすぐ無くなるなってのがよくわかります。











クリップのマークです。初期型はスタンダードでもマークが入るようです。後期ではコストダウンにより無くなってしまいました。剥げた塗装から真鍮のタンクであることがよくわかります。








ノブも磨きました。きれいになったでしょう?クロームメッキは初期型の証。










どうでしょう?私よりも年上のストーブがキレイなブルーフレームを見せてくれます。フレームは初期型4本足。タンクのハンダ付け接合部は柔らかな丸みを帯びています。
お湯を沸かしたのでトップリングは外しています。お気に入りの1台になりました。