ラ ン ク ル

NEW!! 久しぶりに追加更新しました。後半をご覧ください。(2006.0523)

 

これが我が家のファーストカー!トヨタランドクルーザーBJ71Vだ

 3400ccの4気筒OHVターボディーゼルでパワーとトルクはすげーある。
 丈夫でほとんど壊れないし燃料は軽油で安いし小型トラックで税金も安い。

でも、重いんだーこれが、乾燥で1850kgらしいから多分2トンはある。まあ丈夫なつくりで重いということにしよう。当時同じくらいの重さのパジェロはもっともっとシャーシが細かったから。

べつに欲しくて買った訳ではないが・・まあ山が走れる四駆としては贅沢車で後悔は無い。
クーラーにパワステに・・パワーウインドに、ミラーまで電動だ。意味はあるのか?

中古で買って直し、今まで約11年と10万kmを走ったが壊れたのはワイパーのリンケージとスターターのマグネットスイッチのみだ。ホント壊れなくつまらない車である。
 現在、走行14万km。世界的に丈夫と言われるVWコタロウは14万km時点では足回りのベアリング、タイロッドエンド、ボールジョイントなど、エンジンではオルタネ−タ、ディストリビュータ、フュエルポンプなどがお釈迦になっている。それを考えると驚異的に丈夫な壊れない車と言える。
 ベルトやブレーキパッドも5万km以上は必ずもってくれる。貧乏人にはなかなかいい。

ちなみにNOX法で自宅の宝塚では乗り続ける事が出来ない。使用者は友人の「キー」君で所有者は私。キーは篠山市在住。
 ナンバーの4444は偶然で前オーナーから引き継いでいる。
 さて、いつまで乗り続けれるのか?国に人の財産を奪い取る権利はあるのか?

ランクルとの出会い

 実はランクルなんて重い車は4WDとして認めてなかったし欲しくも無かった。
 でも12年前の91年の初夏に勤めていた工場にお目見えしたのがこいつ。そのまま死を待っていたのだ。かわいそうで助けてしまった。
 4歳でまだ40000kmしか走ってなかったが、やんちゃでデングリカエリしたようだ。ガラスは9枚のうち4枚生きてた。ボディーパーツは全て駄目、ただシャーシとエンジンは元気よかったのだ。当時中古でも200万以上してたみたい。車検も約1年付いてた。
 隣は究極の4WDスズキジムニー。もちろん2サイクルのSJ30

生き返ったランクル

 約1年後の春に出来上がった。仕事の合間の仕事でいやと言うほど重さを感じた。
 ほとんど車検は無くなり金のかかることばかり。ボディーパーツと板金代、ガラス、塗装と全てが業販価格だが90万ほどかかった。
 ご満悦はカミサン、腹には長男が入っている。エアコンは付いてるし(私は車にエアコンはこれが初めて)パワステ、ブースタークラッチ、ブレーキと喜ぶわけはわかる。軽々とマニュアル車を転がす。
 ガラガラガラー、13BTエンジンは振動も音も2t車そのもの、力強い。当たり前で、当時のトヨタとダイハツの2t車はこのダイハツ製ディーゼルエンジンだ。それにターボが付くのだから・・120馬力はパリダカールラリーも制している。
 色はクラウンのスーパーホワイト。このころは綺麗綺麗。傷もわかりにくい。
 いきなり我が家のファーストカー。ワーゲンこたろうは哀れ廃車(ナンバーを切るの意味)

タイヤホイール

 まず、山を走る上で一番大事なのがタイヤ。
 良い四駆でもタイヤが普通のロードタイヤでは、山では滑ってしまってとても走れない。逆にワーゲンでも山用タイヤを履けばかなり山を走れるようになるのだ。パジェロより良く走ると思う。
 もちろん私の使い方は98%が舗装路でタイヤを減らしているので迷わずラジアルタイヤにしている。つまり山道を2km走るのに98kmは舗装路という計算だ。ただその2km走るのに時には1時間以上かかって走る道でもある。

 話がそれたが今のところダンロップのグラントレックMT2の235/85-16を履いている。良いタイヤで山ではグリップはすごく良い。裏組みにしてダサい白文字を裏にして、サイドのプロテクターの多い方を表にしている。本当は255/85-16を履く為にホイールは7Jなのだがギヤ比が高くなりすぎパワーも食われすぎるので現状このサイズが限界と判断した。

 よい面はグリップと最低地上高(デフ下)が約5cm上がることで、この意味は非常に大きい。
 悪い面はサイズアップの為スピードメーターが狂う、パワーをタイヤに食われるのでエンジンに辛い、燃費悪い、うるさい、ブレーキ効かない(サイズとブロックパターン両方原因)などなど、あかんやんこれ。
 でも、山はいいんだなー、それのみの目的の為全て我慢!

 ホイールはステラV、カッコいいでしょ。まあ軽いアルミで丈夫ならばなんでもいいのだ。
 別に鉄でもいいと思う。このホイール買った時は私でもバブルだったんだよ。

フロント足まわり

 自分でバラシ、色々バネをまぜて作った。
 ストロークは欲しいが、安定性のために車高は上げたくない。その上市販のリーフセットは金無いので買えない。
 上から3枚はノーマル、4枚目はCCVという雑誌のプレゼントで当選貰ったオージーリーフのジャンク品。切って長さを合わした。分厚く反り強く良い。5枚目はわかんねー?
 ウインチをフロントに乗せた状態でベストセッティング!!
 あとは足の伸びを抑制するスタビライザーを外した。

 写ってないがシャックルはノーマルのリア用を使っている。ブッシュはスペクターオフロードのウレタン。(詳しくはリアで解説)
 ショックアブソーバはガブリエルのアジャスタブルEを最強でセットしている。太くよいショックだ。見世物でないので白いボディーのショックはシャーシブラック塗り。

 車高は約4cmのアップですんでいる。それだけアップしてもバンプストップとホーシングの間はこんなもの・・ノーマルがいかに縮み側のストロークが無いかが解かる。
 この状態で届出無しの合法です。もちろん車検は陸事で合格!

 裏組みされたタイヤのダサいメーカー宣伝用白文字が見える。これをカッコいいと思う人の気が知れない。

リア足まわり

 フロント同様バラして組んでいる。
 1.2枚目はノーマル、3枚目にCCV誌プレゼントのオージーリーフが入り、4、5枚目がノーマルで6枚目は?
 これで車高は約5cm上がっている。ストローク(伸び)もかなり増えて現状のロングストローク用のランチョ5000ショックアブソーバでは少し足りない。つまり最大に伸びきった時にほんの少しショックで吊ってしまう、もったいない?なんとかせねば・・
 シャックルは少し分厚い77用を使っている。ノーマルリア用より1cmほど長いかもしれない。
ちなみにノーマルではリアが2cmほどフロントより長い。それはフロントに使っている。
作りよく安いのがいい。市販外品は高いし、長すぎる。走れば長いとどういう風に悪いかすぐわかる。やわらかすぎるスプリングも良くない。これは色々やってみないとわからない。
 少々硬い感じだがこれでいいと思う。私好みというしかない。
 ブッシュは良く動く足の為ノーマルのゴム製はすぐに減ってしまいガタが出る。そこで私は良く動く(よく減る)下側のブッシュのみスペクターオフロードのウレタンブッシュを使っている。
 ウレタンは硬く捻りが悪くなると思う、しかし減ってすぐガタが出るより良い。とくにこれはやわらかく良い感じだ。ウレタンでも黄色やピンクのブッシュにして見せたがる人には向かない。なぜならグレーだからだ。カッコのみを考えてつくっていないのが良くわかる。
 希望の方が増えれば輸入しますよ。60にも使えます。

シート

 純正のシートはホント良くない。やわらかくすぐケツが痛くなる。
 メーカーは日本人をバカにしている。オーストラリアで借りたレンタカーのカローラのシートはビニールレザー張りだったがすごく良いものだった。これでないと売れないのでしょう。オーストラリア人は賢い。
 日本人は馬鹿、スポンジが安物のすぐへたる物でも、革張りならば「良いシートだな−」と思ってしまう。ベットになるシートでも良いシートだーなんて・・馬鹿だ。コストは安い。
 良いシートは疲れず長く安全に運転できる物と思う。こればかりはドイツ製にかなわない。
 ワーゲンのシートは高級である。フレームは太いパイプ、その上にコイルスプリング、そして天然のシュロ、綿生地でスポンジの上にビニールレザーである。これがドイツの大衆車(フォルクスワーゲン)である。
 安物のスポンジに本革かぶせた物とどちらが高級なのか見ては判りません、座ってみないと。
 話がそれたが国産はさっさと交換した方が良い、もちろんドイツ製に。
 私はケーニッヒにした。乗り降りに擦れて破れないようにサイドはビニールレザーのものだ。これのスポンジはすごく良い。何時間でもケツは痛くならない。ホールドはどうでもいいが、サイドのホールドはコケた時に脱出時の足掛けになる。
 レカロでもよかったが安いのは国産だ。日本でもいいものが作れるのだ。輸出用のカローラのように。ただ、日本人は馬鹿でばれないからからコストを下げているのだ。

室内

 ごちゃごちゃしている。小さなモニタはナビ用、地図があればよいという頭の固い人がいるが、そんな人はほっときましょう、山の森の中で自分が何処にいるのか夜中でも判る人なのでしょう。
 純正の高度計と外部内部温度計は以外に重宝する。金出しては要らないけど。天気は良くわかるしスキーへ行ったときに外部の温度は路面の状況知るのに良い。が、こわれた。
 鉄板のダッシュは今時無い。磁石で色々はれる。これもコストダウンで今はプラスティックばかり。リサイクルできない車が早く廃車される。
 色々な説明あり、そんな物読む人はランクルに乗らない?乗るから注意書き?
 あとはカセット、最近は良い音が安くで買える。CDにしようと思う。スピーカーも実はワーゲンほどではないがいい物をつけている。でもエンジンがうるさいからなー、意味無いか?

荷室 1

 ヘタに作った板で二階建てにして荷物をより多くうまく積めるようにしている。
 また、シートは少し改造し背もたれを寝かしている。これで子供たちは楽に長く乗れる。
 ノーマルの90度はあまりにひどいが法律の為だ。ちなみに寝かしは違法の為詳しくは書かない。車検時は折りたたんで受験するのだ。これ内緒
 この板は見えているツルハシやハイリフトジャッキから転倒、事故時に自分や子供を守る役目もする・・はず。
 キャンプやスキー時には後ろが見えないくらい荷物を積み込むのだ。

荷室 2

 短い一泊ほどのキャンプでもこうなる。広い車にするとさらに増えるだろうから荷物を少なくすることを考えるのに丁度良い。
 キャンプは不便だから楽しいのだ。
 なーんて本当は広い車どころか便利なキャンプ用品も買う金は無いのだ。

バックアップランプ

 あまり売れてないがランプを追加するならこれからだ。バック時にうしろがすげ−明るく見える。特に夜の林道ではありがたい。安心!ハロゲンの70W
 他には追加する必要性が無いのでフォグやスポットなど着けていない。日本の街中は明るいし、林道はトロトロ走るのでヘッドライトで十分。電気の無駄遣いは止めましょう。なぜか四駆にはランプいっぱいつけてる馬鹿がいる。
 大きなテールレンズはすぐ割ってしまう、どうにかしようと考えている。なんせAssy交換で\7000なり。レンズだけ換えれればいいのになー。馬鹿にしやがって。

マニアな改造はコレ

 わかる?これはウィンドウオッシャが出るところ。それがどうしたかって
 実は初期に作られた70系のランクルはここにバルブが無かった。それがどうしたって?
 つまり車が山を走って傾くと・・ここよりウオッシャタンクの位置が高くなることもあるわけで、そうするとデロデローと青いウオッシャ液が出てきて汚いのです。かっこ悪いのです。よだれの跡みたいで・・しかもウオッシャ液がもったいない・・せこい?
 普通の車ではここよりウオッシャタンクが高い位置に来るなんて考えれないよね。
新型のコレはバルブが入っていてピタッと閉まり圧がかからないと出ないようになっています。コレは新型。すんなりとは取り付かないよコレ。
 こんなところコストダウンしないところはトヨタえらい。でも、テストで気づけよ。

スペアタイヤホイール

 前にはいてたのがコレ、BFグットリッチのマッドテレーン、長く持ついいタイヤだが減る前に切れたり割れる。でも50000kmは軽く持つほどのコストパフォーマンスはすごい。
 ホイールは純正の鉄、16インチ。これが分厚く重い。タイヤのほうが重いが合わせて何キロあるのだろうか?このスペアの位置まで持ち上がらなくなったら乗り換えなくてはしょうがない。
 同じ16インチでもジムニーなら片手だ。

電動ウインチ

 ヤフオクで買った。ランクル80のアイシン製純正電動ウインチ24V。安くは無かったし重い!
 つくりはさすがにすばらしく、アメリカ製のものたちとは違う。3,2トンを引っ張る。
 そう考えるとコイサンマンの映画のように車が木に登ることも可能?

 自分で配線を作り、ステーを作り取り付けた。なるべく低く、中心よりにと考えてマアマアのところに付いたと思う。純正70用の腰掛椅子よりかなりマシ。
 ただしアイシン製は上から巻き取るのでバンパーがかなり高い位置になってしまい不細工だ。仕方ないか?でもバンパーの意味あるのか?

 これをつけて一人でのクロカンで引き返すことなく突き進めるようになったが、スタックもしなくなり今だ活躍の場が無い。多くのランクル80のようにただの重り、飾り状態である。
 でも、一度コケたら着けたくなるのよ。わかってくれー

バッテリー

 ランクルは24V。**D26Rという大きな12Vバッテリーが2個乗っている。それを直列にして24Vにしている。2トントラックと同じ。
 このバッテリーが高いのだ。でも、消耗品だからいいのに当たっても3年ほどで冬の始動はあやしくなる。
 大体1個安い外国製で\10,000!国産では\20,000以上する。それが2個だ、ぐわー。

 安く長く乗る為に私は考えた。それがこれ、改造費は約\4,000弱!バッテリーは38B19R.Lを4個使っている。ちなみにこのバッテリーは1個\1,880である。♪

 このセットが2セット目、最初は直列で24Vにしてから並列で容量を増したが、現在はまず12Vで並列で容量を確保してから直列で24Vにしている。この方が長持ちするみたいだ。
 安い\1,880のバッテリーでも2年は余裕で持つ。

 エンジンルームが広くてよかったわい。こういう改造はいくらでもしますよ。

カー ナビゲーション

 結構早くから興味あり、湾岸戦争が終り衛生が増えて購入した。
 かなり高い(車より高かった)買い物だったが活躍には満足している。
 今の物と比べても遜色ない、ただしCDが古いので無い道がある。それでも現在地がわかるのは絶対地図にはまねできない。CDについてはゼンリンの新しいのを買えばいいが金は無い。
 道案内はほとんど使わない。地図で自分で決めるし、喋らすとうるさい。
 速度センサもつけている。アナログ信号でしかもタイヤを大きくしているから実際の走行距離より少なくデータは出るが、全て補正するほど賢い。

 さて、ランクルは24V車。ナビは12V、どうするかって?私はDCDCコンバータ、通称デコデコを二個使っている。常時電源とACC(アクセサリ)をそれぞれ24Vから12V(13,7V)にしてくれる。常時電源はバックアップ、ACCは作動に使っているのだ。

 画像のデコデコはACC用、シガーライター用の穴あり充電電池をさしている、もう一つはリアシート下にある。もちろんカーステやモニタやシガーライターにも使っている。
 シガーライターソケットはハンドランプやミニコンプレッサにも使いキャンプなどに活躍する。

 両方ともリアの棚に吊り下げている。CDは代えは無いが交換は後ろまで廻れねばならない。ま、いっかー、交換用CD無いし。



ルーフの箱

 以前木で箱を作ってキャリアに取り付けたが、日本は雨が降るので駄目だった。
 そこで清水から、いや死ぬまで使うつもりでスーリーの箱を買った。
 高い高いが、さすがに濡れないし、かなりの物が入ってくれる。もちろんクロカン時は外すよ。
 これの数倍の値段のするアルミのキャリアをつけている四駆をよく見るが、荷物が載ってるのは見たことが無い。
 その上そんなのをつけているのは大抵ロングのモデルでもある。後ろにいっぱい載るだろーが。
 画像は夏のロングキャンプ時のもの紀伊半島の山中だ。

 冬はスキー板も家族全員のものが載るしストックも入るしソリだって入る。ボードも入るし良いのは汚れない。
 バックはいつもお世話になるペンション「麓」、白馬にある。家族全員で(一番下のチビはまだ無料)朝食つきで\7,000!一人じゃないよ4人家族全員分だよ。
 冬のテントは嫁はんが嫌がるので助かる値段だ。
 タイヤは冬は215-16のスタッドレスタイヤ。もちろんチェーンは鉄を装備





ボロい・・


 とりあえずボロい車を安く長く乗るのがこのHPのつとめ?
 ランクルはよく錆びると言う。私のは全身板金仕様なのでさらによく錆びる。ワックスなどを年二回ほどするのだが・・駄目。

 画像はリアフェンダー。指を入れても良いが、ほこりやドロなど入らないようにしたいところだ。
 でもペンキを塗ると遠くからは意外にきれいに見えるよ、錆びの進行も防げます。
 助手席は雨漏りします。フロントウインド下の穴ではなく、はめ込みのゴムあたりかな?マットをスノーマットにしたらかなりの水を集めることが出来ます。
 嫁はん、息子は「冷たい風がくるー」なんて言ってますが、知らん。私が助手席に乗ることは無い。
 運転席は通称キ○タマ冷やしと言う噴出し口が有り、それを少し下に向けると冬は温かな風が・・足はぬくぬく。夏はその名の通り金を冷やします。快適だー♪


写真01

写真02

写真03

ランクルの遊びクロカン

 ランクルでもうちのBJ71はかろうじてクロスカントリー車
 丈夫なだけではなく、一応、山も走れます。
 最近のランクルという名の別の車では無理です。
 私の考える国産四駆とはジムニー、ジープ、ランクル、サファリです。
 ジープ以外は現在でも名前を継いで販売されていますが、私の中で四駆とは思っていません。

 外れましたが、単車で楽勝なすこし荒れた林道でも楽しめます。
写真01
 傾くのも面白いです。どきどきします。こんなところ上記の四駆以外では来れません。
 だってもったいないもん。

写真02
 実際20度位しか傾いてはいませんが地面がかなり近づいてきますし、通常の車の運転では味わえない恐怖があります。
 30度位いかないと転倒しませんが、乗ってると転倒の恐怖が感じれます。
 過去に転倒は一度しかありません。こけるときは怖くないものです。でも脱出時のドアは重いんだー。
 パワーウインドウだし、窓割らないと出れないかもとビビッタ。
 その後にウインチをつけましたが、転倒しませんねー。窓割りハンマーもシート下に置いてあります。

写真03
 3輪走行も面白い。フロントはかなり下がって前転(絶対しないけど)の恐怖も味わい深いものです。
 この時点で左リアタイヤは50cmは浮いています。足が短いからねー。
 足の長いレンジローバーが欲しい。もちろん現行の物ではありません。今のはミニバンです。
 でも恐怖を味わうにはジムニーかな。それも2サイクルのやつ。どうせなら空冷


写真04

写真05

写真06

写真07

写真08

(2004.03.20)

錆がかなりひどくなってきたので修理???

写真04
 運転席側の下に何やら大穴が・・・うーん、何か物入れにするかなあ?
 いやいや、修理します。おもむろに白の布ガムテープをビビビッと
写真05
 こんなもんでいかが?板金屋さんもびっくり!きれいになった。
写真06
 以前、指を突っ込んでいたところも・・・裏からまず貼って。
写真07
 表からも貼ります。
写真08
 おおっ新車か?洗車もしない車体には違和感なし。遠くから見るとぜんぜんわからない。満足だ。

 錆びは走行にはほぼ関係ありません。
 ところが最近は雨漏りがひどく、室内がビシャビシャに・・・べつにいいかぁ
 それよりラジエターからも漏れます。今日は2リットルもラジエターに水が入りました。
 修理するのは高いだろうなあ、。だから水冷は嫌いなんだよなー。
 普通の車で2リットルも抜けてれば完全にオーバーヒート。ランクルは満タン8リットルもあるのでなんてことはないのだ。
 継ぎ足し継ぎ足し、いつまでもつかなー?

 (2004.05.17)
バッテリーが駄目になりました。
 ある日突然エンジンがかからなくなります。
 うちのように車が3台ありますとあわてません。金も無いので1ヶ月以上そのままです。
 車検が近づき、交換しました。
 どうも安物だからか(\1800)?4個仕様は駄目です、2年しか持ちません。
 多分どれか1個が悪くなると、全てそれに引っ張られて悪くなるようです。
 コスト的には問題ありませんが、世の中的には無駄が出ます。

 そこで考えて2個に戻しました。
 通常サイズは26Rという最低でも1個\10000はするもの。スタンドなどでメーカー物を買えば\20000はします。
 そんな金はない。そこで小さな23Rというものにしました。
 容量も最低の55D23R!1個で安物38B19Rの2個より少し高い程度です。
 3年持てばお得になります。さーてどうなるやら?
 現在はもちろんですが調子は良いです。
 嫁はん車で、彼女が夜中に近場に散歩?にでかける車なのでバッテリーにはきつい条件です。

 残ったまだ使えそうな3個の38B19Rはそれぞれ2個がVWこたろうに、1個は軽トラックに有効利用されました。

 (2004.05.17)
車検です。
 ウインチが改造申請していませんので、毎回外して合格させ、取り付けます。
 申請は簡単ですが、その事によって現在登録上3.97mの全長が4mを超えてしまいます。フェリー代が高くなるー!嫌だー
 そしてもしかしたら現在総重量2360kgが2500kgを超えてしまうかも?もちろんウインチだけで140kgもありませんが、メーカー出荷時の重量はクーラーも付いてなく、燃料も入っていない状態のものです。
 燃料が90リットルで80kgちかくあるでしょう。それに水、カーステレオ、パワーウインドウ、クーラー、ウインチ、荷物、超えますね絶対!
 今の重量税\13200が\18900になってしまいます。嫌だー!毎年ですよ。
 それなら毎年外して付けます。

 これは取り付けているところ。国産アイシンのウインチはつくりが良く、重い!
 SR500のエンジンよりははるかに重い。持ち上げれないのでジャッキで上げて、最後に手に持って載せます。
 くわー、ぷるぷるっ!死にました。でも\5700のためです。軽い軽い♪

 でも、使わないのです。腕がよくなったのか?無茶しなくなったのか?
 ウインチつけてからスタックしないのです。一番は貧乏暇無しで走りにいってないのです。
 重りです。ただの・・・さみしいなぁ


NEW!!(2006.05.23)

ついに車検毎にウインチを取り外すことに疲れた。と言うよりも腰がもたない。
よって構造変更することにした。このままで違法は無く、全長が少し伸びるのと重量が増えるだけだ。
問題の車重は何と1990kg!乗車すると2トンを超える重さ。車検証よりも140kgも余計なものが付いたと言うわけだ。
危なかった、計算で総重量は2500kgぴったり。つまり重量税は増えないで済んだ。もしも超えても積載を350kgに落とせばいいんだけどね。

リアバンパーは地面と擦るので外してある。これで違法性は無い。いわゆる小型トラックにバンパーの定義は無い。
つまり付いてなくてもいいということになる。そういえばほとんどの1トンや2トントラックにはリアバンパーは付いていない。
全長はスペアタイヤキャリヤからの寸法になる。全長は4mを超えた。フェリーでは高くなってしまう。だが1年に1回フェリーに乗るだろうか?今は貧乏なので旅行することも出来ず乗る機会も無い。それよりも1年に1回必ず来るのが車検。
スペアタイヤも外しての重量測定、鉄ホイールの235/85-16は50kg近くあるんじゃないかな?もうすぐ持ち上げれなくなりそうだ。

今回はひとつ失敗をした。車検予約をした時は継続のつもりで予約した。その後ウインチを外すことが邪魔臭くなり(もう年なので無理と判断)構造変更にかえた。
これが失敗。なぜなら構造変更すると今までとは違う車としての登録になる。もちろん車検は登録日から1年なので約1ヶ月の期間を無駄にしたことになる。
本来なら6/1まである車検が5/8までになってしまった。継続なら6/1からさらに1年ということになっていた。もったいない。