メンテ日記 (その2)  
     
41
    久しぶりのピポットシャフト      (2003年6月12日)

古い型のをばらしたらスッとバラけました。82年以前のニップルの無い初期型です。20年以上も前の型でバラさないとグリスアップできない型ですが、キッチリメンテナンスされ続けてると、今なお問題なく使えます。
こいつのオーナーはばらしてはグリスアップしていたのです。可愛がられたんだなー。




(2003年6月19日)
別の日、ニップルのついた83年型をばらします。やばい状態。水が入りグリスはようをなさない感じ、錆びも少しきています。




キレイにすると何とか磨耗も無く使えそうです。もちろんゴムパーツは交換します。あーよかったね。

また宣伝、うちの中古SRは全てメンテナンスしています。買ってね。でも一台完成するのに3ヶ月かかるけど・・・現在受注生産中。お待たせしています。


42
    オイルネットって?     (2003年6月12日)

こんなの知ってる?フレームのオイルタンクの下に大きなゴミを取るネットがあるのです。
27mmのディープボックスレンチでないと外せません。また、硬ーく締まっています。
エンジンを下ろしたら外して掃除してみましょう。こんなヘドロがたまってるかも・・・?
まあコレぐらいならば大丈夫だけど、灯油で洗ってまた硬く締めます。


43
     ベアリングがバラバラにならないように     (2003年6月16日)

フロント周りを普通にばらしていくと、最後にブラケットをばらすことになります。
そうするとグリスの切れたベアリングがばらばらっとなって、うわー、どこにいったかわからん。足りなくなってしまいます。
そこで、まずこの状態で上側のベアリングを全て取り除きます。ロアブラケットを抜かない限りバラバラにはなりません。ナイス


そのあとはベアリング無しでもう一度軽く組み付けて、通常通りばらします。最後にブラケット抜くときは下のベアリングのみに集中できますので被害が最小限になります。
こうやってもバラバラにしてしまったあなた、テーパーベアリングに変えましょう。絶対バラバラになりませんし、メンテナンスはほとんど必要なくなります。

在庫していますのでヨロシク♪見えないところには金かけれないってか。そりゃそーだ。


44
     ベアリング組みます      (2003年6月16日)

キレイに灯油で洗って、レースに虫食いが無ければ組みます。

 





耐熱のグリスを塗り並べていきます、さらにグリスで整え組みます。
締め加減は非常に難しくシビアです。
素人さんにはテーパーを薦めます。またかいな。純正でテーパーにしてくれよヤマハさん。

なぜ、回転もしない部分にいいグリスがいるかって?それはSRのフレームはオイルタンクになってて非常に熱くなりグリスが溶け出してしまうからです。っていつか前に書いたなー?


45
     フォークオイルは下から換えて     (2003年6月17日)

フォークオイルを抜いたら・・ゲロッ!なんかヘドロがでてきた。
鉄粉の堆積したものと思う。
このフォークは結構きれいなオイルを上からある程度抜いたので頻繁に交換されていたものと思う。
下からは抜いた事が無かったのでしょう。
全部の量を下から抜くのは大変だが、少しは下から抜いてね。汚いもんも抜けるから。
最近はドレンのないフォークがあるらしいが、考えられないねー、ほんま。
ドレンのパッキンは数回使えますし、交換してもそう高いもんでもありません。
ドレンはやさしく締めてよ。

Motor Works IMAMURAにはSRの消耗品はいつも在庫していますので安心してください。


46
     フォークスプリングはどうする?     (2003年6月17日)

一番下が83年から96年だったかな?使われた最悪エアサスのスプリング。
だいたい指定のエアを0.4kgなんてどうやって維持するの?トライアル用のゲージで量るだけでフォークのエアなんて抜けてしまう。ゲージに入るエアで抜けるのだ。無理やろ。
その上画像のスプリングのようにヘタリやすい。サイズ測るともうちょっとで使用限度!

そこで上のスプリングに交換する。初期の82年型までのスプリングである。
見るだけでエアサスより硬そうなのがわかるし、ヘタリにくい。いいでしょ。
まだまだ新品パーツは手に入ります。私が好きなのは上のスプリング使用しエアサスのカラーで押すセット。
エアは0kgでOK。オイルは好み体重で、粘度と量を変えます。
在庫しています。いかが?まあ金ある人は有名な外国製にしたら・・・ホワイト何とかとかね。

一番新しい型のはばらしたことが無いのでどんなスプリングかわからない。誰かオイル交換に来ない?


47シリコンスプレー (2003年6月18日)

CRCシリコンスプレーは使えます。
磨くのは嫌いですが、ホイールなどきれいにしてこいつを吹き付けておけばかなりさ錆び止めになります。
しかもつやでて、きれいに見えるしある程度の防水にもなります。
さらっと乾いてべとつきもありません。いいです。
ブレーキディスクにはつけたらあかんで


48
    グリースはいろーんなところに使います   (2003年6月18日)

こんな基本的なことあまり書きませんでしたが、シャフト類には薄ーくグリースを塗って組みます。
錆びなく、すべり良く組むのが楽です。次にバラすのも楽。
キレイにしてからですよ、コレはフロントシャフト。

安い蛇腹のリチウムグリスはホームセンターにあります。工具よりも重要かも?
一本いっとく?



49
    ハブクラッチはうるさく言います。   (2003年6月19日)

かなりきてます。グリスがなくなると錆びが来ます。そして当たって削れてきます。そうするとこういう風に光ってきます。カラカラです。もう、ダンパゴム変えてもガタは無くならないかも?






コレは何とか再生出来そうです。ダンパゴムを交換し、キーを変えると使えるでしょう。もちろんグリスアップしてからです。

あー、最近何回も書きますが在庫ありますよ。毎度アリー。儲かんないけど・・・


50
    ドライブシャフトのオイル漏れは大丈夫?    (2003年7月1日)

走行距離が多くなってきますと、回転部であるドライブシャフトのオイルシールが悪くなりオイル漏れをします。
オイルシールを交換すれば簡単に直ります。
漏れる量は中にベアリングがあるので多くないので、ドライブスプロケットを交換するときに一緒にすればコストかからずいいでしょう。
それまで汚いけど我慢します。嫌かい?





そうそう、スプロケット奥のカラーの内にこんなOリングが入っています。コレも同時に変えましょう。これからのオイル漏れも考えられます。







もったいないのでスプロケットナットゆるみ止めのワッシャは古いのを使います。その際、起こしたところと違うところを曲げて止めます。もう一回は使えそう。

メーカーは新品にしろと言います。そして現在の新品の曲げるところは二個です。しかもキッチリ曲げれるのは一箇所のみです。(わかるかなー?)せこいぜヤマハ

あー、全て在庫あります。


51
    油汚れは・・     (2003年7月5日)

シリンダヘッドを上から見ています。
タコメーターワイヤーのOリングが悪くオイル漏れしたのか、かなり汚れています。










毛足の長い\100ショップで買ったブラシに灯油をつけてゴシゴシ





そのあと最近安くなったブレーキクリーナーでプシューッ
安くなったとはいえ、灯油を使わないで最初からこれを使うとかなりの量が必要








うーん、キレイになった。いかが?
どんな汚れもきれいになります。このあとは・・・そうシリコンスプレーです。



52
    スイングアームのダストブーツ      (2003年7月6日)

スイングアームを組みます。ゴムのダストブーツや、カラーもグリスつけて組みます。
もちろんシャフトもばっちりグリスアップ。





ダストブーツの悪いのは交換します。向きに注意!
ポンプで注入したグリスが出て、水やほこりが入らない向きにするのです。
わかるかなー?


53
     こんなとこまで2       (2003年7月6日)

ショックの取り付け部も相変わらずグリスつけます。最近はラバー部は硬くならないシリコングリースを使っています。
でも、高いんだなーコレ


54
    知ってる?      (2003年7月6日)

コレわかる?わかるあなたは偉い。そう、ブレーキのリターンスプリングです。
左が84年までのノーマル、右は85年からのノーマル。
左のスプリングは強く、でかいペダルを楽に戻します。
つまり、バックステップをノーマルに戻す場合に必要になります。リアのブレーキアームを短くするのまでは気を使ってもココまでは気を使わない人も多いはず。気を使って下さい、フィーリングが全く違います。

そう、ノーマルを最近はフォワードステップなどと言うやからがいる。違うんだなー
あえてフォワードステップと言うのなら96年からの安物(値段は高いが・・)の事でしょう。
84年までの高級品はノーマルです。


55
    相変わらず      (2003年7月6日)

相変わらずここにグリス入ってるのないねー。
ブレーキは熱くなるので、耐熱のいいグリースを入れます。ここがスルスル?だとブレーキはよーく効きます。
気にしよーよ、ブレーキは特に。


56
    バランス式センタースタンドはいい     (2003年7月6日)

関係ないけどPW50をメンテしています。なんとバランス式センタースタンドなのです。
SRと一緒、やりやすいよねーほんと

普通のスクーターもこうしてくれるとタイヤ交換しやすいんだけどなー。


57
      宣伝      (2003年7月11日)













えー、宣伝です。
SRに限り新品消耗パーツはだいたい在庫しています。
他にも中古パーツは物により色々あります。何か壊れても安く修理できるかも?
売る為の物ではないですが、解体屋さんより安く譲りますよ。












ベース車両も色々あります。ご希望の形、予算で完全整備で組み上げます。
受注生産です。改造申請、車検込みで\150,000から(もちろん車両代込み)
期間は1ヶ月から3ヶ月かかります。中古車です、錆び傷あります。
何処まで仕上げるかで金額、期間は変わります。
見た目を気にせず、私を信用し待てる方どうぞ。


58
     フォークの突き出し     (2003年7月20日)


 SRはフロントフォークをアッパーブラケットより突き出すことが出来ます。突き出すことによりフロントは下がりキャスターが立ちます。
 コレによりコーナー進入が軽くなります。フロントタイヤが19インチ、もしくは強化スプリングを入れて立ち気味なあなた突き出してみましょう。フロント加重になり、すうっとコーナーに入れます。
 ただしやりすぎは止めましょう。どうなるかはやってみてください、コケれば判ります
 タイヤ、走り方、フォークの状態により何回か上げたり下げたりするのも楽しいものです。
 でも、曲がらないのが楽しみでもあるだよなー、「SR」なんだから。


59
    エンジンのメンテナンス(バルブクリアランス)    (2003年7月24日)


 タペットカバーを外すとロッカーアームが見え、そこのアジャストスクリューでバルブクリアランスは調整します。インテーク側は画像のようにエンジンハンガーを外すとやりやすいって言うか、外さないと出来ない。だいたいカタカタっとやってみると0.1mm位だなって私はわかる。通常バルブはシートに沈み込むのでクリアランスは少なくなってくる。カタカタってならなければ調整。ロックナット緩めてアジャストスクリュ適当に緩める。そいでロックナット締めてみてまたカタカタ。
 こんなもんかなーと思ってから初めてシクネスゲージで計ってみる。シクネスゲージをはさんだままロックナット締める技なんて持ってない。出来ないだろ普通。レースするわけで無いのでコレで十分調子は良くなる。


60
    エンジンのメンテナンス(カムチェーン)        (2003年7月24日)


 これは面白い形のカムチェンテンショナーカバーだ。まあコレを外す。 オイルが漏れるので注意。きれいにしたい人はウエスひく。








 それから中のロックナットを緩める。コレは硬い場合があるからレンチもごつい物を使う。





 10mmのアジャスタボルトを締めて中のロッドと面一にする。これでOKいいテンションがかかったことになる。あとは逆。でもカバーは軽ーく締めてよ。オイルが漏れそうならOリング換えて。換えなくともたいてい大丈夫やけど。
 今時こんなテンショナーは無いなぁー、ホント70年代だ。


61
     なんじゃー?       (2003年7月29日)


 こんなことになったSR400を車検で預かった。
 何がどうしたって?
 コレでどうやってリアアクスルシャフトを抜くの?そうなんです、シャフトがマフラー側から入ってるのです。
 マフラーを外さないとリアホイールが取れないことになります。出先でパンクの時どうするの?
 素人は恐ろしい・・
 オーナーUさんの名誉の為に書きますが、コレはUさんがヤフーで買ったもので、Uさんがこうした訳ではありません。



62
      なんじゃー?の正体          (2003年7月29日)


 86年型SR400
 Uさんが静岡の方から買ったようだ。うーん。うちに来たのは正解だがコレを買ったのは?
 免許の都合で400はしかたない。そういう意味でいくと、この年式あたりのVMキャブ仕様は面白いだろう。
 Uさんは年式もわかってなかったようで「そんなに古いのですか」と言っていたので、だまされた?えげつないのは走行距離が5000kmなんてのを信じていたようだ。
 わたしはヤフーで車両を販売する場合必ず走行不明にしている。なぜなら新車から私が乗ってたものでは無いし記録簿も無いから、メーターが本当かどうかわからないからだ。
 メーターは当てにならない、コレもメーターは交換されていた。白メーターはヤフーで数千円で手に入る。
 日焼けと、メーターカバーとナットの錆び具合がタコメーターとは違う物だった。もちろんタコも一緒に交換されていればわからない。これって詐欺にならんのかなー?

 一度に全てせず、リア周りOHと車検、登録を承った。
 なんじゃーといいつつマフラーを外してリアホイールをバラす。
 リアタイヤはつるつる。メツラーのタイヤをつるつるにするにはどうやっても最低10000kmはかかるのである。
 通常15000km程もつタイヤである。ブレーキライニングもペラペラ、ハブクラッチガタガタ、チェーンは錆び錆びキコキコあー あー、チャンチャン。
 それ以外にもフォークオイルだだ漏れ、タンク内錆び錆び、チェンジペダル嘘組みなどなど
 エンジンも一回下ろされてヘッド周りをやったようだ。素人はヘッドカバーにパッキンがないのに不安になり、分厚く液体パッキンを塗りたくなるものである。オイルラインがキャブの左になるものが右になっている。ヘッドはオイルのメンテで変わってくるが、通常音がでてくるのは3〜40000km!
 コレはいい音していた。

 でもいいやんかこんだけノーマルパーツついてるSRは少ないよ。問題は値段!私は知らない。安かったらいいが…

 標語、ヤフーで買うなら年式、走行気にするな。問題は値段と程度である。
 つまりいつも書いているが、古くて走行が多くてもキッチリ整備されて安ければ買いなのである。
 SRに限った事ではありません。


63
     ステップのお話        (2003年7月30日)


 ステップ本体を外すとこんな物が見えてくる。フレームに大きなブッシュが入り、それにステップがついている。コレで振動から足が守られている。
 ステップがガタガタ、グニャグニャするなーと思ったらコレがヘタっている。
 一番左が新品、中二個はヘタったもの。
 交換はスイングアームを抜かないと左側は難しいので、ピポットシャフトをグリスアップした時についでに交換すると良い。
 一個\300ちょっとと高いが効果は抜群で、交換後はほんとステップがしっかりして気分がいい。
 金ない人は左のみの交換もいいかも?通常左がガタガタになる。なぜならキックペダルを踏みつけるまでは、全体重が左ステップにかかってるからだ。俺は地面に左足はあるって・・・足長いのねー。
 ちなみに右はスイングアームを抜かなくても交換できる。
 在庫ありますよー。


64
      ステップのお話2         (2003年7月30日)


 画像は84年以前の最高級純正ステップですが85年からの「キック折りたたみ、めんどくさい上に変なポジション」バックステップでも96年からの「アルミで高そうに見えるが他車流用」フォワードステップもゴムが減ったりしてきたら交換しましょう。気分は良いですよ。
 振動防止の為に高いひだがついています。コレが今のは横向きなのでブレーキ時チェンジ時に引っかかりすぐにもげてしまいます。もげると足がしびれてしまいます。ビス二本で止っているだけなので簡単です。タンデムのも合いますがコストの関係でひだは低いので意味はありません。
 最高級の物のゴムは今はもう手に入りません。ただYD250の物が手に入ります。ささってるのみですので抜けないようボンドで止めましょう。最高級品はひだが縦向きで長く持ち、しかも大きさもあり振動吸収も良く、安定したライディングが出来ます。
 ASSYではまだ手に入るようです。現行型の方いかがでしょう?
最高級品ゴムのみ在庫あります。


65
      リアブレーキを軽くするには・・・        (2003年7月30日)

 

 

 

 

 


 リアブレーキのペダル側ロッド。
 ココにグリスが入って軽く回る車に当たったことが無い。
 ココがこんなではペダルの戻りが悪く、ブレーキが引きずるで。その上、踏むのも力が要る。
 どう?ばらしてみたくなったでしょ。


66
    ヘッドあたりがオイルもれで汚くなってきた?      (2003年7月30日)


 こんなとこからの事もある。
 コレはタコメーターワイヤー。よーくみると上側のワイヤーのアウターが破れている。もちろん高級品で二重になっているが、こんなとこから漏れて来るのだ。
 古くなると硬くなって破れてしまう。たまには見てみましょう。


67
      最近のマイブーム(バッテリー編)        (2003年7月31日)


 新型MFバッテリーつきヘッドライト点きっぱなしモデル以外のお話です。
 まあ新型も箱を外せば同じですけど…

 ニュートラルランプが点かないのがなんか嫌なので、安いMF(メンテナンスフリー)バッテリーをつけた。
 安さと重さはノーマルの半分以下。
 タイラップで止めただけだが、サイドカバーで見えないのでよしとする。MFは水も足さなくて良いし、ドレンもなく錆びもこない。次に外すときは交換時なのでタイラップ留めでもいいのだ。
 もちろんコンデンサより重いがノーマルより軽くていい。
 驚いたのは低速での火花が強くなったようだ。低速でのツキが良くなった。ツキが良くなったのは充電系統にかかる負荷が軽くなったせいかもしれない。もちろん夜間でのヘッドライトも明るいし安定している。
 はい、ココで宣伝。タイラップ留めでポッキリ\3,000♪いかが?



68
      細かい事だけど             (2003年7月31日)


 これはヘッドライトカバー。ココに配線が入っていく訳で、必ずこの保護ゴムはつけて下さい。
 たまに外品やノーマルでも古い物はボロボロになっています。そのまま配線を入れてしまうと、尋常でない振動のSRは配線が擦れて切れてしまいます。電気が点かなくなるだけならばたいした事無いけど、バッテリーレスでヒューズまではずしている車両は、燃えます。カチカチ山です。


69
     汚い物は交換しましょう         (2003年7月31日)


 初期型SRのディスクブレーキマスター。キャップ開くと汚ねー!交換する。もちろんDOT4使用すること。










 うーんきれいになった。コレが正常な色。もちろんキャリパーから抜くんだよ。






 オイルフィルターもココまで使えばもう良いでしょ。たま-に交換しましょう。汚いなー。
 オイルと違ってそんなに頻繁に換えなくともよい。高いもん。


70
     チューブの話        (2003年8月01日)


 左が85年までの純正国産B社の中古チューブ、右が純正に85年からなった外国製M社のチューブ。
 今回は国産D社のタイヤに交換したのでD社の新品チューブを使用した。
 何が言いたいってか?
 M社のチューブは分厚く丈夫、だが以前にバルブ部がポロッとチューブから抜けたことがある。だから必ずタイヤ交換時は国産のチューブにしている。パンク跡の無い物はスペアで何本かおいてるけどね。
バルブ部をよーく見ると、なるほどM社チューブは、まずいつくりだ。せっかく分厚いのにねー。
 別に契約あるわけではないので、Bはブリジストン、Mはメツラー、Dはダンロップ。
 ダンロップも安く入るようになりました。ただしTT100GPだけは量販店のが安いみたい。なんで?


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)