メンテ日記 (その3)  
     
71
    リアのドラムプレートの怪?      (2003年8月1日)

 右がU氏所有の86年型についていたリアドラムプレート。
 もちろんオリジナルでは無く、さらに古い型と思われます。こういうことはあまり形の変わっていないSRには良くある事ですが、知らないでやると重大な問題がでます。それがブレーキならね。
 バックステップに85年からなりますが、ブレーキペダルが短くなった分、入力が弱くなります。それを補う為にアームは長くなったのです。ですから長いアームでなくてはブレーキも効きません。
 しゃーねーなー、メンテナンスするついでに長いオリジナルアームをつけてあげました。これでブレーキはよく効きます。チャンチャン。
 じゃあ、ノーマルブレーキペダルにロングブレーキアームを合わせればもっと効くのでは?
 これは私が若い頃にやってみました。結果よく効きますが、ストロークはでかくなり、気持ちわりー、コントロールしにくいー。ノーマルはやはり優秀だ。

72
    こんな性格誰がした     (2003年8月4日)

 










U氏の車両。素人が手を色々入れているので難儀も多い。あっ、U氏がやったわけではないよ。
 リア周りのみさっさっとやればいいのだが・・・どうも遺憾?手でボルトやナットが入らないのも気に入らない。
 もちろんレンチを使えば入っていくのだが、気に入らない。しゃーねー、タップ・・めんどくさいが性格か?
 アー出来上がりが遅くなるー。


73
    こんな時にもサンドブラスト    (2003年8月4日)

 コレはOH中のVMキャブのフロート室内。キャブクリーナーに浸してやってもコレが限界。










 穴にマスキングしてサンブラするとこうなる。キレイだ-。いかが?


74
    ハブクラッチの手術      (2003年8月5日)

 ばらして内部に段差があったら、もう駄目です。手術が必要です。内部をほとんど新品にします。
 私のではありません、そんな金はありません。パーツ代で軽く\10,000を超えます。ひょえー








 新品のハブクラッチ。なぜかキャストモデルの黒の方が安い?在庫処分かなー?わざわざ黒に塗る人もいるのにねー。
 古いスタッドボルトを抜くのは9割がた無理。あきらめて、新品にダブルナットをかけてネジロックをつけ締め付けます。





一日置いて接着されてから組みます。ダンパ、ハブストッパ、ダストシールなども新品にして完成。がたは全く無し。生き返りました手術成功!ハブが軽傷でよかった。うーん、気分いい。


75
    古いキャブは大変と言う話     (2003年8月8日)

 コレはキャブのエアスクリューに入ってるOリング。こんなに小さいのに\430!ライターと比べてみて。ゲロッ










 こいつはVMの500用加速ポンプのダイヤフラム。二個もあるんだよねー。それぞれで約\2,000!
 VMの加速ポンプつきはみんなが憧れるけど、OHするにはかなりの金銭的覚悟が必要だ。
 状態によっては4気筒のバイクより高くつくのだ。大変だよ。


76
    ぎっくり腰???
(2003年8月8日)  
 画像は恥ずかしくてありません。
 何か腰をおかしくしました。ただ、椅子に座っただけ。
(2003年8月9日)  8/9
 次の日朝起き上がれません。歩けません。ぎっくり腰ということが病院にいってはじめて判りました。
 生まれてはじめての経験です。なった人と、なった事の無い人の対応の違いに驚きながら当然閉店。
 いろいろな方に迷惑をかけつつ、早めの盆休みに無理やり突入です。休むつもり無かったのにー。
 ついでに坐骨神経痛も併発です。
 おかげで今月大赤字!自営業って辛いねー。


77
    ラッキーナンバーはN氏SR    (2003年8月25日)

 










復帰後の仕事。N氏のカッコいいSRの車検。
 カッコいいのはいいがこいつは大変だ。保安基準適合さすのが大変そう。
 リアフレームも無いよコレ。
 見積もりは通常しない。時価が基本だけど、少し大きくボッタクリの金額を言うとなんと値切りもせずOK!
 こいつは大仕事だ。出来る事はやってやろうと心に誓った。
 ちなみにその金額は改造申請含めた車検、保険税金も合わせてなんと8万円!高い!よねー。
 よくOKしたねN氏。それとボロクソに書かないということで、メンテ日記登場も許可を得た。


78
    センタースタンドがないとやりにくい  (2003年8月26日)



 まずは簡単なリア周りよりばらします。センタースタンドも無いのでジャッキで上げたままでの仕事になりました。さっとしないといけない。
非合法なところと手を入れるところをバラす。
 ハンドルにも賛否両論があるでしょうが、私はこういうハンドル好きです。抑えやすいし何より扱いやすい。
 もちろんこのハンドルは合法へもっていきます。
 この後はN氏車両がレギュラー出演!ボロクソに書くつもりはないが、やはりボロい。
 でも、平成6年という私にとっては最新型だ。新車やね。



79
    リアショックはオーリンズ?ボロボロ    (2003年8月26日)



 ショックをはずす。オイルだ-だ-漏れ。もはやショックというものではなく、スプリングである。







しかも、カラーも入ってなくコレではガタガタ。隙間が3mm以上もある。
 N氏がやったものでなく前のオーナーがやったらしい。まさかバイク屋はこんな事はしないだろ-なー。
 手持ちのノーマルショックに交換。もうそのままあげちまった。売ればよかったかなー?
 中古パーツでもよっぽどまし。

 


80
     あいたー、ドラムが減ってる?     (2003年8月26日)

あかん、ドラム内が減ってる。こういうのは平成のモデルから多く、どうやらシューの材質変更がそうさせているようだ。
 発ガン性の物は無くても、ドラムが減るなんて・・・オーナーならば少々ガンになる可能性はあってもドラムは減って欲しくないはず。
 どうせ単車屋がガンになるんだし・・俺かぁー、それは遺憾。
 踏み代がうまく出ないが、シューのみ新品にして何とかなりそうだ。ヤマハさん、なんとかならんかねー。
 うちでドラムの減らないシューでも作るかなー。


81
      やはりコレも       (2003年8月26日)

 ブレーキシャフト…相変わらずグリスが入ったのに当たらない。
 コレはスイングアームを抜かなくともできるのでみんな見て見ましょう。
 バイク屋さんは普通こんなとこまで車検で見てくれないよ。


82
      珍しいグリス使用      (2003年8月26日)

 いつも通りバラしてみると、すんなりバラけた。よくグリスアップされている。
 汚く見えるのは、珍しく高級なモリブデングリスが入っていたからである。シャフトの茶色いのは錆ですよ。


83
     張れないスポークは      (2003年8月26日)

 たまに硬くて張れないスポークがある。そんなときはいっぱいに緩めて、CRCなどの潤滑剤を吹きつけ少し置いておく。









 その後締めるべし、締めるべし
面倒だからキャストがいいんだけど…当時のあのキャストをリアディスクで出してよ、また。ヤマハさん。アメリカ仕様のやつ。


84
     ありゃー、パワーフィルターの害       (2003年8月26日)

 エアクリーナー外してパワーフィルターにしてしまう人、多いやんなー。
(何故か突然大阪弁)
 せやけどそれやとインシュレーターだけでキャブの重さを支えとるわけで、ついには支えれんようになって、ちぎれてまうねん。
 話には聞いとったけどはじめて見た。





 交換、コレがごっつう高かった。\6000ぐらいした。失敗や、中古を売ったったらよかった。まだ内部まで亀裂が無いからエンジンは調子良かった。
 いつかはキャブがゴロッと落ちるんやろなー。
 おー、こわ。
 Nさんたこついてごめんな。
 キャブはタイラップで吊った。少しかっこ悪い。


85
     バキュームホースに気を使って下さい         (2003年8月29日)

 バキュームホースも新品にします。大阪弁は変換がややこしいのでやめました。
 ココに気を使う人はいないでしょうが、ゴムです、悪くなります。エアを吸うと、どうセッティングしても調子よくはなりません。
 キャブのフュエルホースは、悪くなっても漏れるだけです。
 ですが、まあどちらのホースも定期的に交換したいパーツです。


86
   なんじゃコリャー松田優作の三点!漢字合ってる?エンジン編  (2003年8月29日)

 まず驚いたのは、メンテしてねー車両に、このプラグ。
 確かイリジウム?プラグ。先が細く火花が飛びやすい。細いので溶けやすく、溶けないようにする為にイリジウム?(わかんねー金属)を使っている。
 まあ最高級プラグだ。はじめて見た。どうせ丸く減ってるだろ-なーと、思ってただけにびっくりした。
 はっきり言ってべらぼうに高い。


 次はこれ。トラッカーだからタコメーターは無い。それはいいがこんなメーターの殺し方かい。
 カッコわるーい。オイル漏れなきゃいいが、これは無いやろ。前のオーナーがやったらしい。
 ポッシュのメーター穴キャップ在庫あります。消費税なしで\800!。
N氏には薦めるの忘れた。また来てね、近くだし。




 バルブクリアランス調整の為にキャップを外すと・・・ゲロッ
 見なかった事にして、クリアランスはバッチリとった。
 ここがこういう色になるのは、オイル交換をほとんどしていない証拠。
エンジンの内部全てが、こうなっていると思っていい。
 オイルの話はまた今度、私は2000kmで交換しています。


87
     チェーンテンショナー        (2003年8月29日)

 カムチェーンテンショナーを張ります。
 27mmのキャップを外すと、オイルが少々漏れます。必ずウエスをひきましょう。
 そして22mmのロックナットを緩め、10mmを締めて、中のロッドと面一にします。できあがりー。
 今時こんなのは無い。知らない若い店主のバイク屋も多い。自分でやるしかない。簡単だよ。


88
    キャブレターはいつもきれいに       (2003年8月30日)

 負圧式スロットルバルブをはずしたところですが、かなり汚れています。
 キャブはどうしても汚れてきます。何かのついでにきれいにしましょう。
今回はインシュレーターを交換するために外したので、きれいにしてあげます。もちろんフロート室内もばらして点検、清掃。
 キャブクリーナーとエアーでシュー、でこうなる。きれいでしょ
 動きよく、調子よくなったかも?


89
     スロットルグリップも気を使ってね       (2003年8月30日)

 アクセルが重い、戻りが悪いなんてことは無いですか?
たまに外してグリスアップ。












 グリスだけでは重くなってしまうので、私はオイルとブレンドします。CRCは駄目です、乾いてしまいます。
まれに転倒などで、中に押されて戻りが悪くなる事もあります。一番奥まで入れて、少し戻して組むのが正解。


90
      ミッションが入りにくいのは        (2003年8月31日)

 ギアが入りにくいことはありませんか?バックステップのモデルはココがこんな事もあります。
 グリスをいっぱい入れてあげましょう。
 バックステップはペダルが短く、苦しい為もある。
 まあ、ギアが渋いのはこれだけでは無いんだけど・・後はエンジンケース開けないと出来ないもん。


91
     オイル漏れ         (2003年8月31日)

 新型になってオイル漏れの車両は多い。シールの材質が悪くなったみたいだ。
 まあ、オイルが入ってるということで・・・今回は無視。
 シール交換で直るが、ボトボト漏れるところではないし、スプロケも減ってたので、その時にまた今度。
 シール類も高いからねー。


92
    フロントにかかりましょう        (2003年9月1日)

 センタースタンドが無いから、やはりやりにくい。でもノーマルよりトラッカーは楽。










 この時点でキャップを少し緩めないと、後で緩めるのは困難。
 新型フォークは17mmのヘキサゴンボルトだ。私はKTCのソケットを使用している(一応プロだから・・の自慢、高いよ)これはワーゲンのミッションオイルドレンボルトと同じサイズ。
 しかし、ホームセンターなどで17mmの角ナットのでかいのを買うとメガネレンチで出来る。いい考えでしょ。



93
      ステアリングヘッドのベアリング       (2003年9月1日)

 バラしてみると、以外にグリスが入ってたし、新しい。どうやら手が入っていたようだ。ボールが1個足りない。








 レースは全然悪くなく、グリスを耐熱の新しいのにして組む。下のボールは2個足りなかった。バラバラッといくのは下のボール、1個位ならばどうって事無いけど・・・やはり揃えたい。
 ちなみに上は22個、下は19個が標準です。














 

足りない分はうちの中古を足して、さらにグリスも大盛りで組む。前にも書いたが締め加減は超難しいよ。
 本当は全て新品にするのが正解。厳密には磨耗具合が違うからねー。でも、問題は無いと私は思う。気にする金持ちは新品にしましょう。
 うちは、ボール1個や2個の代金をくれなどとは言わないので安心して。
 もちろんテーパーがベストだがかなり高い。


94
    フォークスプリングのマニアックなお話        (2003年9月2日)

 新型のフォークをばらしたのは初めてだったので、じっくり観察した。
新旧のSRの純正スプリングを並べてみた。やわらかいと思われるのが上からです。

 上は83年から95年までの一番安物(コストがかかっていない)スプリング。エアサスでエアの管理が難しく最悪!長めのカラーが付く。

 中は新型96年からの分。(現行ディスクはわかりません。ばらしたことが無い)スプリング長は長く、プログレッシブタイプ。つまりやわらかく、沈むにつれて硬くなる腰のあるようなタイプだ。

 下は78年から82年までの物。もちろんカラーがつく、プログレッシブタイプ。私はこのスプリングに長めのカラーを入れるセッティングが好き。

 さらに巻き方や巻き数、線径をノギスで測ってみた。上から硬くなるのは全ての測定でもわかる。まあ材質が同じとしての話です。
 フォークはオイル量によるエア残量や、オイル粘度などで星の数ほどのセッティングが可能です。
 うーん、マニアックだ。


95
      フォークオイルの交換      (2003年9月2日)

 96年から(定かではないが)の新型では、フォークのドレンまで無くしてコストダウンしている。
 穴あけて、ねじ切って、ボルトにパッキンが1台で2個ずつ必要なくなる。かなりうくんだろーなー。










 だから上から抜かなくてはいけない。きれいに全ては抜けない。ちなみにこんなに真っ黒になるまでほっておいてはいけません。




 今回は10番と15番をブレンドした。ブレンドの具合と、オイル量は秘密!車重や、オーナーの体重、フロントブレーキや、ハンドル位置で私が決めます。
 それで気に入らなきゃさらにセッティングは可能です。











 フォークブーツも中古の良いのに交換してあげた。金欲しいけど学生さんからは取れない。ま、いっかー。



 コストダウンといえばアッパーブラケット。このボルトはカサつきの1本締めになった。
 今までの分よりナット、ワッシャー、スプリングワッシャーが必要なくなる。加工も楽になったような形だ。



96
     合法車両           (2003年9月3日)

 77から始まったN氏車両の合法の姿。ついに出来上がって車検となる。結構これでもカッコいいよねー。
 フレーム無いところに、リアフェンダーつけるのは苦労した。
 フロントフェンダー、フロントホイール、ミラー、シート、リアフェンダー、テール、ウインカー、マフラー、リアショック、チェーンカバーなどレンタル込みで、改造申請(ハンドル寸法)込み車検代行料金\10,000なり。
 点検は\9,800で、完全整備は工賃\30,000でいかが?高いか?
でもこれをまた元にもどすんだー。めんどくさいのう。非合法車両を作るところはココでは出せないよ。
 元に戻した時面倒で、リアショックあげちゃった。
 出来上がってから電話したらお母さんが出て、なんか若い声で同じくらいの歳みたいだった。その上「まだですか」とせかされて、何か凹んだ。ごめんね、遅い上に他でも面倒かけて、Nさん。こりずにまた来てね。


97
     チビウインカー         (2003年9月5日)

 こんな小さなオフロード用のフレキシブルウインカーつけてくる人もいる。
 振動に強いがボディーがプラスティックなのでアースが必要。割れてたので直した。
 ハイフラッシャーだ、見ると球は10W。駄目だこりゃ。
 方法はある、スクーター用のリレーをつけるといいのだ。
 他にも12WのSDR200のリレーなんかもいいのでは?
 この人はハイフラ好きみたいなので何もしなかった。チャンチャン


98
     エンジンでもやってみるかぁ       (2003年9月19日)

 またまた新型、平成もなんと10年モデル。ピカピカ、緊張するし、気も使うぜ。
 30000kmちょっと走っていて、少しヘッドから音が出てたのと、400を500にする仕事を請けた。つまり、エンジンのオーバーホールとストロークアップ。
 私はエンジンは回れば良しと、思っているのは前に書いた。でもきちんと出来るんだよ、という事を書きたい。
 通常30000kmも走れば少なからず音は出る。気にしなくともいいと思うが、気にし出したら止らないのがこのオーナーD氏。そんな人も多いのでは・・・?
 また、ボロクソに書かないということで?出演だ。さて、5年間、30000kmを走ってきたSRはどうなっているだろうか?
 まずはオーナーの目の前でエンジンを下ろす。エンジン台(そんないいもんではないが)に載せて、頭開けてみた。


99
     音の原因のひとつ     (2003年9月19日)

 ヘッドカバー内はすごくキレイ。頻繁にオイルを交換されていたのでしょう。
 ですがアジャストスクリューには虫食いが・・・

 相方のバルブのケツにも虫食いが・・・
 こういうのは削っても駄目です。表面硬化してあるのでまたすぐ音が出ます。交換しかないのだ、もったいない。
 ちなみにバルブはインテークが大きく、エキゾーストは小さいのです。大きい方が高く\3000以上します。バルブが2個でよかったねー。 4バルブの4気筒ならば16本です。ゲロッ


100 
     バラす前にきれいにしましょう    (2003年9月19日)

 エンジンばらした時に、中にゴミなどが入らないようキレイにします。
 このエンジンはチェンジペダルよりオイル漏れがあり、下はドロドロでした。
 まずは灯油で長ブラシでゴシゴシ。

 次にパーツクリーナーで、シューっとね。するとこうなります。
 あっそうそう、左ケースやフライホイールやコイルなどは、外すのにある意味力がいりますので、フレームに乗ってる間に外してしまいました。やったことあるひとはわかりますね。下のオイルラインも外しています。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)