メンテ日記 (その4)  
     
101 
     部品は忘れないようまとめましょう     (2003年9月21日)

 右ケースを開けて、クラッチバラします。残っているオイルが出るし、クッションもかねて、下にはダンボールをひくといいでしょう。
 インパクトレンチが無いと大変、クラッチおさえる工具などが要ります。インパクトがあると、ブイ-ンで外れます。




 

これだけのパーツがナットで止っています。私は頭悪く覚えれないので、タイラップで順番と向き通りにまとめておきます。もったいないけどね。針金でもいいでしょう。









 




他もタイラップで留めます。ケースだけは針金で留めると傷いくのでは?


102
     何でエンジンは嫌いかって言うとその1     (2003年9月21日)

 エンジンやるのは嫌い。なぜかって?それは辛気臭いねん。
特にコレ、残ったパッキン。うっとおしい。スクレーパーで削ってもなかなかきれいに取れないし、ものすごく時間がかかる。細かくなったパッキンが内部に入るしねー。


 



そこで、新兵器がコレ。シューっとしてから、スクレーパーで削り取る。少しはマシできれいに取れるが、やはり強力剥離剤、ケースの塗装に付くと良くないんだなー。剥がれてしまう。もうっ


103
      必ず特殊工具を使うことその1      (2003年9月21日)

 さあー割るでー。この時必ずクランクセパレートツールを使いましょう。高いけど使ったら安いのがわかる。
 いくらプラハンでシバイてもばらせないぞー。




 



続いてクランクを抜きます。もちろんさっきの工具使用。まあ、プレスでも出来るけどね。シバイては99%無理です。1%は可能ですがチャレンジしますか?




 はーい、抜けました。必ずミッションは左ケースに残しましょう。バラバラになるとさっぱりわからんでコレは。


104
       クランクの違い         (2003年9月21日)

 400と500の違いはクランクです。よく見るとピンの位置が違うでしょ。シリンダーもヘッドも全く同じです。ストロークのみ違うのです。
ちなみに500クランクASSYは約\70,000なり。ふぅー、天文学的数字だ。
 実はD氏に中古500クランクASSYを\30,000で売ろうと思ってたのだ。新品は5、6万と思っていたから・・・でも、4月に値上がったみたいでコレ大変。
 もちろん新品は最高ということで新品使用したが、高かった。D氏に「なんでもっと中古を薦めてくれへんかった」と怒られてしまった。
 いくら私より年上で社長のD氏でも、その差額でチェーンもタイヤもなんて後で考えたのでしょう。私としても中古の方が儲かるのだ。うーん、商売って難しい。


 素人考えだが、400のクランクをピン抜いてばらして、500クランクのピン位置あたりに穴あけて組み付けたらどうかーなんて思う。抜けないように溶接すればいいんじゃないか?誰かやってみない。


105
       削ります?            (2003年9月21日)

 スクレーパーで大体ガスケットをはがしたら、次にオイルによーく浸したオイルストン(砥石)でケース合わせ面を削ります。
 完全にガスケットが取れた上に、凸凹の合わせ面が平坦になります。





 
凸凹の山が削れた後が見えるかなー?エンジンは大量生産、既製品ですので精度、作りは必ずしも良くありません。コレでぴったりいくような感じでしょ。
 あー辛気臭いし、面倒だし、時間がかかる。
 別にここまでしなくてもオイルは漏れないし、するショップも無いでしょうね。でも、気分よくないもんね。


106
     ではクランク組みましょう        (2003年9月21日)


 ココも専用工具使用します。クランクインストールツール。これは高いよー。
 セットしてクランクを引っ張りいれます。こじれて、引っ張れなくなります。それでも引っ張ると工具が壊れます。やったことあるんだー恥ずかしい。
 では引っ張れなくなってから、ゴムハンかプラハンで反対側を横方向にコンコンします。すると、ガコッと入ります。後はすいすい引っ張り続けると入っていきます。止ると出来上がり。
 もちろんオイルつけるのと、コンロッドの位置に注意するのは当たり前。


107
     エンジンをやるのが嫌いなわけその2       (2003年9月21日)


 調子よく組んでいくと・・ゲロッ!しまった。画像のOリングを注文するの忘れてた。
 オイルポンプで加圧されてオイルが通る重要なOリング。クランクケース合わせにひとつだけ挟まるのだ。もちろん必ず新品にしなくてはいけない。漏れると油圧低下の原因になるからだ。
 さて、嫌いなわけは、エンジンをバラすと膨大な量のOリングやガスケット、ロックワッシャーや、今回はピストンなどのパーツなど色々必要になる。もちろん前もってパーツリストと格闘し、注文してからバラすのだが・・・前記のゲロッ!が必ずある。そうするとまた注文するんだけど、結局途中で止ってしまう。
 あー、今日は組みあがらない。むかつくなー。もうっ!自分のせいなんだけどねー。


108
      しょうがないので他の事しちゃいます      (2003年9月23日)

 多分新車から入ってないグリスを満タンにしてリアブレーキを軽くしてやりましょう。うーん、ほんと入ってるのは見たことが無い。





 



左側のステップラバーも交換しました。5年たつと体重の軽いDオーナーでもこんなに変形してしまいます。
下が新品。






パネルのシャフトもシリコングリスでグリスアップ。位置がわからなくならないようポンチマークを付ける。シューは新しいのを入れた。例にもれずドラムは減っていた。新型の方ご愁傷様。
 どうでもいいけど、いつからアームがコストダウン?昔はきれいにバフがけメッキだったよなー?せこい事すんなよなぁYAMAHAさん



109 
      さらにエンジン組み立て        (2003年9月25日)

 クランクシャフトの端のネジ部を壊さないように、専用工具をはめたままにしておく。ああ、オイルシールはクランクが入ってないときに交換が○。




 

合わせ面には耐油の液体パッキンを塗って組む。ガスケットは無い。純正や、大きな液体パッキンは使わずに、私は10gの小さなので組み上げる。大きなのは割安だが、すぐに固まってしまって次に使えなくなる。結局小さなのが安くつく。色はグレーがいいんでないの?
 締め付けは、対角線で2、3回にわけてトルクレンチ使用。当たり前やね。


110 
     さらにさらにエンジン組み立て      (2003年9月25日)

 ココで漏れのあったシフトシャフトのオイルシールを交換。この状態なら、簡単はずれ入れる事が出来ます。





 




パッキンが入る方もオイルストンで磨きを入れます。手間がかかるのです。





 
タイラップで縛った通りに組み、締め付けます。ホント、マニュアル見ても、パーツリスト見てもわからねー。まちがえんようにね。ピンも忘れんなー。


111
    ピストンは新品           (2003年9月25日)

 ピストンは500用新品。シリンダーやピストンはそのまま使えるが、あえてピストンを交換する。
 それは400のピストンをそのまま使うと、圧縮比が高くなりすぎる。ハイコンプレッションになる。トルク増えていいでしょ。いや、駄目だ。ハイコンプは確かにトルクもパワーも上がる。でもオクタン価の高い燃料を入れないと低回転でノッキングを起こす。じゃあハイオク入れればいいやん。駄目です。

 なぜなら、それは味です。SR500の味はノーマルピストンでしか味わえません。フィーリングにこだわってこそ、SR500なのです。速くしたいならばSR500は必要ないでしょう。

 鉄のシリンダーにアルミのピストンが何回も擦れて、エンジンは回る。どちらが磨耗が早いかわかるよね。弱いアルミ。その意味もあってピストンは新品にする。

 ピストンリングはセットで新品にする。古いのはテンションも弱く、磨耗があるし、外す際に折れることがあるからだ。一番、二番、オイルリングと入るようにしか入らない。間違える事は無いでしょう。

 ピストンピンも新品。コレは400と500では異なる。ピストンを換えると必然的に交換だ。
 もちろんサークリップも新品


112
       バルブ周り             (2003年9月25日)

 バルブを99の理由で新品にした。ガイドに通すと、がたは無いのでガイドはそのままいくとする。ガタがあると交換するんだよ。
 シートの幅は広く見えたが、測ってみるとまだまだ範囲内だったので何とかするかぁ




 

バルブのすり合わせ用のタコ棒。今回の為に買った安物が左。 右は20数年前に買った高級品。安物は全く使い物にならなかった。安物買いの銭失い。チャンチャン





 
タコ棒に新品バルブをくっつけて、バルブコンパウンドをつけて、たたき擦りあわす。やり方はなんとも言葉では言えないなー。安物はくっつきが悪く、すぐ取れてしまうのだ。
 ガイド部にコンパウンドは絶対つけてはいけない。




 
性能のほとんどはコレで決まるので慎重だ。軽く二個で一時間かかった。こんなもんでよろしいでしょうか?当たり面はきれいでしょ。幅もまあまあ。
 腕がだるーい。2バルブでよかった。


113
       ロッカーアーム          (2003年9月25日)














 ロッカーアームも交換する。使えそうだがD氏の「新車以上に」と言う言葉が交換させる。
 ロックワッシャーを外してロックナットを緩めて、マニュアルでは専用工具使用と書いてあるが、必要ない。今回はオイルフィルターのボルトを使用した。
 ピンをネジって引き抜く。すうっと抜けないようでは駄目だ。

 真ん中が新品。左右のはカム当たり面がかなり減って、ボディ部まで磨耗している。
 寿命はオイルの粘度や交換頻度、使い方によって異なってくる。
 音の原因、アジャストスクリュウも磨耗しているので交換した。


114
    さらにさらに組み進む。         (2003年9月26日)

 シリンダーを入れてトルクレンチで確認しつつ組み上げる。うーん作業台の上で立って組むと、何かスペシャルショップみたいだ。かっこいいー。下に敷いたダンボールが泣かせる。





 


カムチェーンを通していく、ヘッドを載せるまで落とさないようにタイラップをかけてはどこかに留めておく。落とすと後が大変。





 
はい、出来上がり。完全ノーマル点検済みリビルドSR500エンジン。さすがに今回はバルブクリアランスはキッチリIN0.1mm、EX0.15mmに合わせました。
 エンジンはクランク交換で工賃\30,000です。今回はバルブの交換、すり合わせなどとピストン交換などが入ったために\8,000プラス。バルブのすり合わせは大変なんだよー。精密組み立てってとこかな?
もちろん工賃は脱着込みですよ。
 赤いエンジン台は、鋼材を切る高速カッターの音がうるさく、クレームがきたのでもう作れない。でも、カッコいいでしょ。


115
      エンジンを載せる前に       (2003年9月27日)

 エンジンのマウントボルトあたりで不具合があるところは、前もってタップなどを通しておく。




 ここが肝心!フレームに必ず当たるところなので、インテークのロッカーキャップを保護の為にガムテープを何重にも張る。
 ダンボールを張ったほうがいいかもしれない。三重に張ったが少し擦れて小さな傷が入った。ごめんなさ-い。うまく載せる自身があったんだけど・・・


116
   おろすの簡単だが、載せるのは・・・ぐうっうっ      (2003年9月27日)

 駄目なお手本です。全く駄目です。
 まず、足元の工具類はつまずいて危険ですので、必ずかたずけてから作業にかかりましょう。
 次に手袋をしましょう。滑らない薄い革製が良いでしょう。素手はオイル等ですべる恐れがあります。また、手をはさむ場合があり危険です。
 靴はつま先に鉄が入った安全靴を履きましょう。足の上にエンジンを落とせば骨折位ではすみません。
 一番駄目なのは、エンジンを持ち上げてからカメラ目線で笑う事です。
 目をフレームから離してはいけませんし、ギックリ腰が治ったところなのに長く中腰でエンジンを持ったままではいけません。馬鹿ですこの男。俺かぁー??

 膝をうまくつかって載せたあと、手を持ち替え、いいところに据えなおします。ガッコン。入りましたか?このときにフレームとインテークのキャップが当たるんですねー。 気をつけましょう。
 金がなく、夏に自分で「スキカル」で丸坊主にした髪も変に伸びてきました。散髪代位稼げよー。
 貧乏♪貧乏♪涙ーのびーんぼう♪


117
             細かい事                 (2003年9月27日)

 

新型にはアンダーガードにモールが付きます。これがすぐ取れてしまう。透明のボンドで止めてしまいましょう。少しはマシです。




 

 

クラッチワイヤーに20年使ってるインジェクターでオイルを通します。





 反対からは錆びや汚れが吹き出ます。その後グリスをスプレーするけどあんまり入らないんだ-。でもこれでかなりクラッチは軽くなる。




 


なんじゃー、ステップを先に取り付けるとチェンジペダルはつけれないのかー。面倒やのう。


118
         進化したこと                (2003年9月27日) 

 オイルが漏れるのでタコメーターワイヤーも交換します。お金持ちー。もちろんOリングも新品使用。



 進化はココ。なんとメーター側にカバーがついた。あんまり防水にはならないだろうが、無いよりは良い。
 2000年モデルからで、コストダウンばかりのSRでもコストかけることもあるのだ。見かけもかっこよい。

 ちなみにこの古いタコメーターワイヤーは、金の無い学生Nさんが持って帰った。有効に利用されるようだ。少しオイルが漏れても切れていないので十分使用可能だ。良いんで無いかい。金持ちも貧乏人も集まれー。


119
          キャブ掃除              (2003年9月27日)

 せっかくだから30000km走って汚れたキャブを掃除してあげる。特別調子も悪くは無いけどサービス!工賃なし。

 バラして中も外もキレイキレイにする。キャブクリーナーを使用。こんだけきれいになって、こんだけ汚れが出た。
 そして私の好みで少し濃い目のセット。


120
                          (2003年9月27日)

 気候も良くなった休日には、珍しくお客さんが集まる。そしてSRを囲みSR談議に花が咲く。
 めったに無いけど、こういうのが夢だったんだー。いいよねー。

 一年。何の宣伝もほとんどやって無いがこうなってくるとは・・・うれしいねー。まだまだ毎月赤字だけどやる気が出てくる。いいんだもーん。好きでやってんだから。



 狭い工場では座る場所も、うまいコーヒーも無いが、ブティックショップとは違う方向でやっていこうと思う。

 SRという単車があって、私の勤めた会社が倒産して、この場所が安く借りれて、パソコンがあって、しかもホームページを偶然みつけてくれて・・すべての偶然で見知らぬ同士が集まってくれる。いいよねホント

 

SRも集まったなぁー。はじめは広く感じたが、狭くなってきた。



121
     ブレーキローター    (2003年9月28日)

 すごいローターです。320mm!
 キャリパ-はニッシンの枝豆です。そして17インチです。
 どんなにすごいストッピングパワーがあるのかは?ですが、このキャリパ-はガタガタで危ない。
 この方はうちでサンスターの320mmローターを安くお買い上げになりました。
 書きたいのはそこで、サンスターと契約しています。スプロケット(ノーマルもコンバートも)、ローターは安く入ります。
 パーツ注文で儲けようとは思っていませんので、安く出来ます。
 この320mmはTZR、SRX、XJR、はもちろん、ドカティも同じもの同じサイズです。知らんかったー。


122
    フォークオイルシール交換してみた。その1   (2003年9月30日)

 この時点で緩めておく、以前にも書いたかなー?エアサスは17mmのスパナが合う。
 フォーク抜いてからじゃ緩めれない。





 片方のフォークオイルを、もう片方のフォークに入れて満タンにする。フォークスプリングは抜いてます。
 そしてキャップします。もちろん金持ちは新品のフォークオイルを入れてもいいでしょう。
 よく灯油を入れるなんてありますが、駄目です。オイルがシャブシャブになってしまいますし、完全にはフォークから抜けません。
 エンジンオイルも駄目、カチカチになります。


 プレスでフォークをちじめるとオイルシールが出てきます。あー、スナップリングを外すの忘れるなよー。
 あと、オイルシールが出てきたらオイルも出るので受けもいります。





 私は3.2mmの鉄板を加工してフォーク押しを作っています。エアサス以外は楽だけどねー。






 外れてきたら、後はカンカンカンー。で外します。
 フォークやると、いくら気をつけていてもあたりはオイルでドロドロ。ダンボールを敷くといい。




 オイルシールにはシリコングリスを塗って、プレスで入れます。もちろんたたいても入ります。
 フォークオイルシール入れ専用工具は高いので、塩ビパイプを加工したものです。数百円です。
 そして、スナップリング入れると出来上がり。
 シールは\400ぐらいの物です。パーツはそう高くないんだけど・・・面倒だ。
 在庫はいつもあります。


123
    フォークオイルシール交換してみた。その2発見  (2003年9月30日)

 宣伝です。
 オイルシール交換はU氏の86年型。ここまでやって工賃約\10,000です。
 いつも書きますが、私の気分と車両の気分で変わります。
 ステアリングヘッドは93あたりを見てください。



 


こんな発見もあります。ハンドルホルダ下の割りピンが入っていません。
 ナットが緩むと、ハンドルにがたが出てハンドルが抜けます。死にます。
 もちろん、入れておきました。よかったねー。




 発見その2、ワッシャが入ってませんでした。中古で錆びていますが入れておきました。
 これでは死にません。あ、割りピンはこの後入れてますよ。
 こんな中古パーツで金は取れないっしょ。


124
     低年式化       (2003年10月02日)

 U氏車両。タンク、サイドカバー、シートを83年型に交換した。こんな事が出来るのも年式により変化の少ないSRならでは。
 86年型のタンクの錆びがひどい為もあるが、やはりナローと呼ばれるタンクには魅力がある。
 かっこいいと思うのは私だけではないらしく、ヤフーでも低年式のパーツは現在の物より高値で取引されている。無いものねだりもあるのでしょう。
 しかしこの「遠目に見ると黒に見える濃紺」は本当にカッコいい。エンブレムもいいねー。
 一番SRにコストがかかってた時代だ。


125
     ステアリングヘッドの判断    (2003年10月07日)

 なぜか同じ仕事が続く。オイルシール交換。
 このN氏車両はベアリングレースも交換した。新型車両であるがレースはガタガタ。
 判断はセンタースタンドを立てて、リアシートを押してフロントを上げる。
 そうするとハンドルがどちらかに軽くきれるのが正常。レースが死んでたり、締めすぎではハンドルはきれない。そうすると分解整備が必要。



 最近質問があったので書きましょう。
 ベアリングレースは古いたたきようのドライバーを突っ込んで、ハンマーでレースを左右交互にドツクと簡単に取れます。
 取れるのは簡単だけど、フレーム下側レースを入れるのは難しい。落ちてくるからねー。
 レースは4枚、全て換えなくてもいい場合もある。一枚300円から700円位(全て違うパーツです)全て交換しても2000円位
 もちろんいつも在庫しています。



 新型のフォークにはカラーは無く、代わりにワッシャーがあります。
 これが組むときに難儀。やった人はわかりますね。ここでもグリス使用!グリスは接着剤にもなります。


126
     旧車は高い?      (2003年10月10日)

 お客さんF氏がヤフーで79年型を買った。それをとりに愛知県の山奥まで行く。
 たしかにフレームは79年だが、パーツのほとんどは後期型であった。もちろんわかってて買ったのだが、こんな錆び錆びボロボロの2個1が\55,000!もちろん不動。
 SRも70年代の物はもう旧車、価値が上がってきているのか?
 F氏は車体番号も含めて大満足!彼も79年生まれである。
 わかる気がする。私も63年型のワーゲンが今なお欲しいもん。



127
     レストア開始     (2003年10月11日)

 79年のレストアに入る。安上げで、しかもノーマルで、オリジナルにはこだわらないというものである。
 それが正解。フレーム以外に79年の物は・・・タンク、フロントホイール、フロントブレーキ位しかない。
 錆びはいい感じに来ている。これはもう「ボロルック」しかない。
 ボロルックとはワーゲンの世界では確立されたカスタムで、当時のそのままのボディーに(つまりボロボロ)足回り、エンジンなどぴっちり整備して仕上げる事である。中にはチューンドエンジンという物もある。
 がわはボロイが、走りは完璧を目指す。
 ボロは着−ててもっ♪


128
    まずはエンジンかけるのは私の癖。    (2003年10月11日)

 キャブが無いので、VMの400用をストックから出してきてメンテする。とりあえず今回はメーンジェットを紹介。
 腐っています。つまっています。






 

ここまでにします。Oリングは新品、高いです。なんせVMは大変です。加速ポンプが無いのがまだまし。
 ガスケット1つで\1,000はします。






 

キャブ付けたら配線がない。 ケース外したら・・おおっ!CDIマグネト-が無い。そういえば、錆び錆びのをくれたなー。
 エンジン自体は90年代の前半あたりのエンジンだ。下ろして手入れするほど悪くも無い。エコチューン。


129
    リア周りいくで(ホイール編)      (2003年10月12日)

 エンジンかかればリア周りへ行く。
 ホイールは後期の安物アルミリム。ドラムは磨耗してしまってるし、タイヤに溝は無い。




 中古の中からこの年式にぴったりのホイールを出す。スポークは錆びてはいるが、フロントと同等で、フロントと同じリム。ドラムに減りは無いし、タイヤは溝がかなりある。
 実は細リム。知ってますか?初期の型はリアのリムは1.85-18だったのです。
 これほどのレアなホイールが\5,000!タイヤ付き!高いか?
まず、手に入りません。


130
    リア周りいくで(ブレーキ編)    (2003年10月12日)

 左が現在のドラムを削ってしまうブレーキシュー、右はドラムが減らなく効きの良い旧型のシュー。
 このレアなもう手に入らない、ほぼ新品のシューを新品の半額で売ってしまう。バカです。




 

驚いたのはコレ、グリスアップと折れたリターンスプリング交換のためバラす、いつものブレーキシャフト。
 しかしなんと、グリスが多く入るような溝の大きさ!はじめて見た。初期型の証か?
 知ってる人いますか?


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)