メンテ日記 (その8)  
     
220 
      そいつは雨の日に突然やって来た    (2004年5月31日 )

わかる人はわかりますね。皆さんの先祖、78年型SR500です。
ヤフーのオークションで買いました。奈良から来ました。なんと急いでいたのかオーナーが届けてくれました。
雨の日にありがとうございます。
金額はSR500の仕入れとしては標準か少し高めの値段です。ですが普通のSR500ではないのです。
ハンドル、ステップ、ペダル、スタンド、シートなどオリジナルでない分が多くありますが、問題ではありません。
その辺のパーツは持っていますし、買ってもたいしたことは無いでしょう。
オーナーはこれがオリジナルと思っていたようです。
さて、自慢の話は別にページを製作してからにしましょう。
我慢できない、リアの細リム、分厚いスイングアーム、穴無しヘッドライトステー、プラスティックマスターシリンダー、年式限定メーター、
34パイ加速ポンプつきVMキャブ、程よくこすれて色がはげたサイドカバー。今日は仕事にならない。

とりあえずシートのみ手持ちの78年型のを乗せてみました。うーんかっこいい。
ガソリンを新しいのと交換すると、キック数発、よみがえりました。
いい音だ、異音は全く無い。当時のノーマルマフラーはいい音を出す。
エンジンは組みなおす気で入札したがその必要も無い。
初めて、ヤフーオークションで車両で100点!
ようは自己満足ならば、ヤフオクではいくら出しても100点なのです。


221 
       外品中古品コーナー     (2004年6月2日)

仕入れた車両から取り外したパーツ。
箱にぐしゃぐしゃで入れていても傷がつくので、980円の3段カラーボックスに並べてみた。
定価の1/3〜1/2の価格で売ります。でも飾ってるだけのパーツもありますよ。
400のクランクは無料です。可愛そうだ。


222 
      昭和物のSRのエンジン     (2004年6月2日)

昭和物のSRの中古を作る場合はなるべくエンジンを分解して点検するようにしています。









点検といってもヘッドを逆さに向けてガソリンを溜めて気密を見たり、各部の磨耗を目視するのみですが、それで普通以上の中古車のエンジン性能を確保できるのです。
ガソリン溜めて漏れてくるようでは全く駄目、エンジンが動く時は大気を10/85までに圧縮した気体が漏れてはいけないのですから。

ガスケット類ももちろん交換します。旧型はほぼ紙ですが現在はメタルのガスケットです。紙のほうが漏れないような気がしますが、ブレーキシューのように旧型のパーツは手に入りません。
こんなところでも旧型のSRの中古車を作るのにはお金がかかっています。


223 
       M氏車両入庫       (2004年6月2日)

M氏のSR400です。見てわかるとおり若者です。
フロント周りのオーバーホールと、エンジンのオイル漏れ、シフトがおかしいの入庫です。お楽しみに。

バックはわが愛車こたろうと足のカブ90です。
カブは道具、機械としてしか付き合っていないので名前はありません。
どんなオイル入れても走り、何分全開走行しても壊れません。タイヤも安く、荷物も多くつめます。満タン(3リットル)で確実に100km以上走ります。
道具、機械として世界一に優れた2輪車です。ちなみに走行は12万km超えています。そろそろエンジンがうるさくなってきました。
(この前全開80km/hで走行中に土建屋らしきおやじのカブ90(スタンダード)に抜かれた。こちらはデラックスなのに・・・腹立つのでOHを早くしたいと思う今日この頃)

面倒だが、エンジン下を走るスパトラは外してセンタースタンドをつけます。
そうしないとフロント周りが分解できない。
今頃思い出しましたが、このマフラーの脱着工賃をもらうの忘れた。ボケが進んでるからなぁ。
面倒な仕事には割り増し工賃です。忘れるけど・・・


224 
      なんとも珍しい故障?     (2004年6月3日)

オイル漏れはシフト下、こんなところ普通漏れない。回転部ではないからね。シールは悪くならない。
シールは在庫があるのでこれからやろうとCクリップを外そうとしたら・・・おおっ
なんとCクリップがポロッと簡単に取れた。そうなのです脱線していたのです。
画像はもうオイルシールを外した後ですが、シャフトはこの状態だったのです。

聞いたところかなりひどい転倒をしたらしく、シフトロッドを何かで強打したと思います。
それによってCクリップは脱線し、シャフトが奥へ入ってしまったのです。かろうじてクリップの力でシャフトは外れず止まっていましたが、オイルシールは本来の太いシャフト部ではなく細い部分にリップ部がきて、だーだーにオイルが漏れたのです。(名探偵IMAMURA)
ノーマルのステップ車はこんな事は絶対無いでしょう。バックステップ車に限る災難です。

右ケース内のシフトロッドです。これは修正後の正常な位置です。
リターンスプリングがもう少しで外れる位置で、ギアの噛みあい部は半分も引っかかっていなくずれていました。よくこれでシフトチェンジできたものだ状態でした。
クラッチハウジングを外し、調整して入れなおしました。オイルシールだけがえらい手間になりました。
右ケースを開けると工賃が発生します。それはパッキンを剥がすのが面倒だからです。
この車両は液体パッキンでコテコテでしたので少し高くするつもりでしたが、また忘れてしまいました。
パッキンなどは常時在庫していますので、うちは液体パッキンなどは使いません。


225  
      ブリジストンバトラックス     (2004年6月4日)

初めてのタイヤです。ブリジストンバトラックスBT-45定価12200円高い!
M氏は誰でも履いてるタイヤは嫌だと、このタイヤを選びました。巷ではグリップよく減りにくいと絶賛されているようです。
チューブタイプですのでSR専用タイヤといってもいいでしょう。アコレードもあるのにブリジストンはやりますなぁ。
交換は下請けですので、1日かかります。工賃\2000、ハイタイヤ\300、このタイヤは確か40%OFFでいけたと思います。
合計\10,000ほどですか?
バトラックスは昔から高性能の代名詞ですが、どうしてもこのパターンはスクータータイヤに見えてしまうなぁ。


226 
       ヘッドライトの配線      (2004年6月7日)

これはノーマルですが、通常H4バルブのつくものはこういうソケットがついています。SRの場合はハーネスにじかについてまして、パーツとしては設定はありません。







ですのでこういう風に溶けてしまっても交換するにはハーネスごとになります。溶けたのは高出力の球を装着したために発生した熱が原因でしょう。
ソケットは車の解体屋さんなどで切ってくるのが安くつくと思います。
へッドライトを明るくするには、リレーつきのバッテリーから直で取る市販の配線にすればいいでしょう。ですが高価です。


ソケットが無い場合はこういう風に平ギボシでも作れます。ただし配線がわからなくなってしまうのが難点。


227 
      Oリングの殺し方      (2004年6月7日)

エンジンに限らず、オイルが入っているところは漏れ出ないようパッキンやOリング、オイルシールで止めています。
タペットカバーにも入っています。うまく使えばOリングがヘタってペッタンコになるまで何度でもつかえます。(マニュアルには新品使用とありますけど)
ですがこのように液体パッキンで止めてしまうと張り付いてしまって弾力はなくなり2度とつかえなくなります。
交換するしかありません。確か300円程。液体パッキンとどちらが高いでしょうか?

腹立つのは液体パッキンを取り除くのが私であるということです。面倒だ。
ちなみにこのオーナーがしたわけでなく、中古車を買った店にオイルが漏れると持っていった時にされたらしい。
たまに書きますが店が悪いのではなく、そこを選んだあなたの責任です。
もちろん合わせ面がぴったりならない場所に多く使われるOリングですので液体パッキンでオイル漏れが止るわけありません。
在庫はいつもあります。液体パッキンで止める前に来てください。


228 
       驚いた!        (2004年6月7日)

78年の最初期型SR500の純正ハンドルです。
26年たった今でも新品は手に入ります。それにも驚きましたがこの引きの多さ、並みのトラッカーハンドルよりも引きは大きくアメリカン並です。
さらに驚きはその重量!重いっ!バーの左の端にかなりの錘が溶接されています。そうです振動対策です。
500の振動はすごく、手を離すとフォークからハンドルの左がドコドコと揺れますね。それを押さえるために錘が仕込まれているのでしょう。快適に走れそうです。

さらに驚くのはその値段、\5,700です!ステンレスやアルミハンドルが買える値段です。
値上がってもいるのでしょう。転倒できない。


229 
     M氏車両一応出来上がり       (2004年6月9日)

出来上がりました、結構色々ありました。
すっかり雰囲気が変わりました。ヘッドライトやハンドルは持ち込み、ハンドルストッパやヘッドライトステー
はうちの中古。
こまごま手間がかかりましたが、ほぼフロント周りの基本整備\10,000です。ついでですので何でもやります
よ。
ほとんどが短いワイヤー代などに飛んだようです。外品ワイヤーはステンレスで、しかも調整幅が広いので少し
高くともいいと思います。
フロントフェンダーはタイヤを新品にしたら擦ってつかなくなりました。外品にはよくあることです。
フォークのOHのおかげもあって、今ではコーナーが楽しくて仕方ないようです。気をつけてね。

これが整備前。もっと上にも画像あります。
カスタム車両はお好みがありますね。ですが買った時にハンドルが低い人は高くしたくなり、高い人は低くした
くなるのです。
ステップも同じ、前にある人はバックにしたくなりバックステップの人はフォワードしたくなるんですね。
そういうことが簡単に安く楽しめるのもSRの魅力です。
最後にノーマルに戻ってくればもうあなたは完全にSRのマニアと言えるでしょう。完璧とは言いませんがノーマ
ルはやはりベストなのです。


230 
      エンジンの話しを一気に      (2004年6月14日)

腰上オーバーホールの工賃を基本\20,000にしてからエンジンの仕事が多くなっています。
これは普通に使われていたエンジン、カーボンで汚れています。







安い砂を使った再利用無しのサンドブラストで簡単にこうなります。ただし砂まみれ。


バルブのすり合わせが非常に大変ですので、エアツールを購入しました。時間も腕の筋肉も浪費せずにすみます。
これによってバルブのすりあわせ工賃は半額にしました。ひとつ2,000円です。
早いですよー、なかなか難しいですけど。まぁ、少しでも早くと言う事で儲けは考えていません。
工具の元を取るのにどれだけのバルブをすりあわせばいいのか・・・?


もちろん手は抜きません、合わせ面も出来る限り仕上げます。








これがバルブステムシール、バルブを抜けば交換ですね。古いものはオイルが下がる原因になります。
確か高くて1個600円位したんじゃないかな?







在庫があれば、ガラスビーズでサンドブラストしたタペットキャップに交換してあげます。
在庫があればですよ。


231 
      メーター交換も気分一新です     (2004年6月14日)

H氏車両、デイトナの今月出たばっかりのミニビンテージスピード、タコメーター。黒文字板
かっこいいー。まいどありー
注文承ります。配線加工なども出来ます。
SRはこんな事が安く出来ていいですね。長く乗れるわけです。

関係ないですがうちの担当の保険のお姉さんTさんのXJR400のスピードメーターが盗難にあって、なんとメーターが100,000円もするそうです。
なるほど、盗難されるわけです。直す金が無いので、廃車にするか悩んでいるそうです。大変だ。


232 
        何でも自分でチャレンジ?K氏車両入庫     (2004年6月15日)

かなり何でも自分でやってしまう方のようです。いい事ですが勉強代はそれなりにかかります。
メーターですが実走だそうですばらしい!?エンジンはご臨終です。神戸で停まって引き取りに行ってきました。
もちろん引き取り代かかります。もったいない。エンジンのOHの時期と言うのは難しいものですね。
前回エンジンで色々書いたI氏エンジンはこれといって全く悪いところの無いエンジンで、組み上げても全く変わらなかったと思います。
OHには早すぎたわけです、安心料しかなりません。もったいない。
これは遅すぎました。引き取り代でバルブの1本でも買えます、もったいない。

メーターの話しです。なぜかステーにはドリルの穴で、曲がってて?あっち向いてホイしています。
メッキハンドルにサフェーサー無しで塗装するから剥げてしまって・・・さらにハンドルアッパホルダは逆向きです。
新型ですが、その走行距離から考えて色々あったのでしょう。


233 
       すごいステップ        (2004年6月15日)

  

9万キロを超えるまで走るとこんなに減ってしまうのですね。
このゴムはそんなに高くないですが、オーナーは「走れればいいのだ」と換える気はなさそうです。私のところも旧型のゴムしか在庫はありませんけど。
でもさらになくなると、雨の日滑って危ないですよ。それまでには交換するつもりとは思いますが。


234 
        なんじゃー、こりゃ        (2004年6月18日)

スイングアームにガタが来ています。グリスアップするために分解しようとした訳ですね。
ボルト逆入れドツキまわし、ボルト太って抜けもしない状態!まいったねこりゃ。



逆側はさらにえげつない。シャフトが折れたのか短くなってる。しかも太ってる。これでは抜ける物も抜けないぞ。

えー、自分で何でもやるのはいいですが、素人さんはナット外してコーンとハンマーで叩いて少しも動かなかった場合は手遅れです。
普通の整備可能な状態ならばホイールとショックも外すと手で抜けるものです。
それがハンマーで軽く叩いて動かなければあきらめてうちに来て下さい。すでに末期です。
あきらめずに叩き続けるとこうなります。叩いてシャフトが太る、さらに抜けないのです。
勉強代は高くつきます。

まずはナットをヤスリでレンチが入るナットにします。手間かかるなぁ
それからインパクトレンチで無理やり取ります。




折れてるほうは太って抜けないだろうから、そちらに先ほどのナットを溶接します。
ここに特殊工具をつなぎ引っ張る作戦です。叩いては駄目引っ張るのです。
興味ある方135を見てください。



それでも駄目なら2トンを引けるハンドウインチで引っ張ります。アンカーは工場!
でも駄目でした。ワーゲンこたろうが引きずられて来てしまいます。
だめかぁー、ついにその日が来たようだ。
スイングアームをバラして数十台!ついに来たか。
わくわく・・・

足回りの完全オーバーホールは基本工賃\10,000ですが、それはすんなりいっての事です。
こうなってくるとその何倍もかかります。勉強代は高くつきます。ただグリスを入れなかっただけです。
車載工具にニップルは付いています。早速ホームセンターでグリスガンと蛇腹グリス買って、注入してください。
驚くほど入って行きます。新車にはほとんど入っていません。
左右から入れるんですよ。シャフトの中央には仕切りがあり、左右のベアリングに確実にグリスが行くようになっています。


235 
        いいドライバーです。        (2004年6月18日)

二代目の電動ドライバーが逝きました。完全な寿命です。磨耗です。
安いときに三代目を買っておきました。ついでにビットも新品を使います。
このドライバーは最高です!\980!


236 
     テールランプをお好みに          (2004年6月20日)

これは古いXS650のテールランプ。なかなかカッコいい。
オーナーのお好みみたいで、これに交換します。





簡単に穴開けてつければいいものを、配線を伸ばし、端子はきれいに、しかも途中の配線もきれいに仕上げてしまう。
端子や配線の蛇腹などはカー用品店にあります。
いつでも、どんなことでも現在私が持ちうる技術をすべて出します。
日に日にスキルアップしていってますよ。

怒らないでね。40才の私はヤマハといえば丸テールなんだよなぁー。


237 
     メーンジェットのセッティング       (2004年6月24日)

メーンジェットの番手ちがいを6個入れたキットが売っています。
実は知らなかった。お客さんの依頼で、しかも教えてもらったのです。
このキットはポッシュのもので、新型のキャブ用ジェットが165から5番づつ上がって入っています。
ノーマルが162.5ですので、セッティングを出すにはいい組み合わせです。
ちなみにノーマル2個分の値段で買えます。しかも箱付!


一発でいかないのがセッティング。何回もフロート室を外さなくてはいけません。
当然キャブは装着したままフロート室とメーンジェットを外します。
こういう短いプラスとマイナスドライバーが必要です。
向こうに見えるのがフロートが丸見えのキャブです。

後必要なのは全開にできる場所です。メーンジェットは全開時にガソリンの量を決めるジェットですからね。
かぶらないくらいの濃い目が安全です。薄くすると上まで良く回りますが、エンジンの温度は上がり壊す可能性があります。


238 
   細かいことですが・・・クラッチアジャストロックナット     (2004年6月24日)

クラッチの調整は、左のドリブンスプロケットのカバーを外したところにあるボルトでやるのは過去にも書きましてご存知ですね。
そのロックナットにはオイル漏れ防止のために、オイルシールがついています。
なぜかこれは外れていました。振動か?
中古車ですし、そんなに悪くなるシールではないのでボルトごと交換しました。
銅ワッシャやオイルシールがきっちりついているか確認してみてね。
えー、オイルが漏れればチェーンにオイルやらなくていいってか?チェーンにつかずに下にもれます。


239 
   VMキャブが高くつくわけ     (2004年6月25日)

VMキャブはいいですねー、少しだけクンとアクセル開けたときのポンという1発目の力、爆発の感じはどうやっても現行のCVキャブには真似は出来ません。
CVをVMになどということはSRをSRらしく乗るには誰しも考えることです。
ですがCRやTMより安く上がるかは・・・?なのです。
これは中古車を作るためのせこい、いえコストを抑えた作業です。
すでにVMキャブモデルは20年程前のものになりつつあります、したがってオーバーホールは必要なものが多く、必ずゴムパーツは交換になります。
画像はパイロットスクリューのOリングとメーンノズルのOリングです。可動のキャブでも必要になります。たいていグサグサ。
パーツが高ーい

ですが久しぶりにガソリンを通してやるとぐずってしまって、オーバーフローです。ペットボトル半分にしたので受けます。
もう一度キャブを下ろすために、抜いたガソリンも受けます。どうするかって?もちろん使います、貧乏人は軽トラックに入れます。





私の事ですので、油面はもちろん正常です。ニードルバルブを交換するしかありません。
古いので錆があり、ロックスクリューをなめてしまいました。くっそー!
これが修理の仕事ならば工賃アップですが、中古車ですので何回分解しても金にはなりません。
パッキンはまだ使えそうですので交換しません。パッキンも\1000程します。
当時物にしてはきれいなほうです。



変形するまで苦労して外したニードルバルブです。新品はこの値段です。
これできっちり動くキャブになりました。
パーツ代\4,600のせこいオーバーホールです。パーツはパッキンも含め在庫あります。CVのもね。

もし、ヤフオクで中古のキャブを10,000円で買いました、パーツ代最低\5,000に工賃です。
加速ポンプ付のVMキャブはさらに加速ポンプのダイヤフラムが2枚必要です。費用は\5,000!
パッキン変えて、もしスロージェットなど詰まって使えないとか、加速ポンプのバルブが詰まったなどあれば・・・
それで\30,000近くになってしまいます。工賃をふくめれば・・・
でしょ、新品のCRやTMも悪くない選択です。キャブレターは消耗品なのです。
問題はエアクリーナーですがね。


240 
     まずは分解です       ( 2004年6月28日)

エンジン死んだ92000km走行のK氏車両。普通ならばエンジンがご臨終で廃車コースですが、かなりの愛着があるのでしょう。
ほぼフルレストアというか、完全整備になりました。それも安上げ。
安上げといってもパーツと修理代をあわせれば軽く10万円は超えます。愛着が無いと出来ません。

まずは分解して各部の状態を確認していきます。フロントは見たところまとも?ですのでリアとエンジンから行きました。最小限の分解と、ボルト類の紛失に注意ですよ。
この車両は紛失前にワッシャなどかなり足りませんでした。


241 
       ひー、ベアリングが        ( 2004年6月28日)

ポロッ!うそやろ、ベアリングが外れてきました。なんとハブが磨耗してるのです。
原因は人災です、中のスペーサがありませんでした。もう少しでベアリングがばらばらになるところでした。
ドラム内も新型お決まりの磨耗です。このハブはもう使えません。
でも92000km走行でこの減りは少ないですね。あんまりブレーキかけなかったのでしょうか?

ハブ交換は結構高くつきます。
オーナーはホイールを別で持ち込んできました。旧型のハブの減りの無い良いものです。ヤフーかな?
いくらで買ったのかはわかりませんが、新品のハブを買って交換するよりはるかに安くつきます。
私自身ハブの交換はまだやったことがありません。機会があればやってみたいのですが、そんなお金持ちはうちには来ないでしょう。
ハブのみで1万円以上します。もちろん、ベアリングや、シール類も必要です。
ホイール分解、スポーク組の工賃をいくらで出来るかですね。
自分でやるにはいいと思います、ハブはブレーキシューと同じく消耗品ですから。


242 
        さーて、手術!切ります       ( 2004年6月29日)

高ーい勉強代で勉強した後、寝かしてスイングアームを切ります。寝かすのは安定させるためです。
センタースタンドで立ててやってますと転倒して危険です。エンジンを下ろしたSRは重心が高くなってて危ないですよ。
現場は実家前の公道です。昔はこの公道でワーゲンのエンジンを下ろしたりしたものです。


初めての経験ですので、考えてこういう風に切りましたが、今はもっと効率よく切る自信があります。
こんな整備マニュアルはないですもんね。フレームとチェーンに気をつけましょう、切らないでね。


真ん中のプレートを切り取りましたので左右のアームは別々に動く様になりました。
後はブッシュとぴポットシャフトです。


ポロッ!やりましたー。よっしゃー。
ふうぅー、ようやく切れました。外れました。気分はいいですが、飛んだ火の粉で5分狩りの頭は「かいーの、かいーの」
切断用ディスク4枚と数時間かかりました。グラインダが熱を持ってしまったので休み休みやりましたから。
もう一台グラインダがあれば早いでしょう。今回の工賃で買います。
あと火の粉から体を守るために長袖ツナギと画像のゴーグルと革手袋が必需品です。「かいーの」になりたくなければ帽子も必要です。
マスクなどあればさらに鉄粉を吸い込まずに完璧です。


苦労しました、溶接したボルト切るところから始まってねぇ。真ん中の固着したシャフトを切り取ることによりスペースを作って、内側に抜きました。
作戦通りです。右のベアリングは全くなくなっていました。スイングアームにガタが出たらすでにベアリングはバラバラです。
オーナーはスイングアームまで持ち込んでいます。用意いいねぇ。

うちでも中古のスイングアームはいくつかありますが、ヤフーの方が安いこともあります。
こんなこと書いちゃ商売にならんなぁ。
ちなみにスラストベアリングはスーパー高い(\4000ぐらいだったかな?)ので、その金額でスイングアームが買えることもあります。
もちろん、うちは持ち込みすべてOKですよ。ベアリングの新品も在庫あります。



243 
        勉強代         ( 2004年6月29日)

はじめてやる仕事に失敗は付き物です。その失敗をして勉強し、次はうまくやる。スキルアップですね。
勉強には必ず費用がかかるものです。スイングアームを切る仕事での勉強代です。
私の左足・・・?腫れています。

実はセンタースタンドを立ててスイングアームを切っていたのです。エンジンが下りたSRは非常に重心が高く、バランスが悪かったのです。
カタンとハンドルが切れてグラッと転倒しそうになり、ひーっと押さえにかかりましたが、次の瞬間センタースタンドが降りてガシャン!足の上です。
安全靴を履けばもう少しマシだったかも?


これが高い。
92687kmの貴重なメーターを壊してしまいました。転倒は家の塀で免れましたが、塀に直撃がこのメーターでした。
オーナーは0に戻る日を楽しみにしていたと思います。なんてこったい。普通の白文字版メーターではない。
くー、辛い、へこんだ。でもやってしまったのは仕方ない。素直に謝りました。
オーナーK氏は許してくれましたが申し訳ない。もちろんメーターはいくつもありますからそれにしましたが、0まではまだ80000km以上もあります。
まぁ再挑戦していただけると思います。ここでも謝ります。すみませんでした、私のミスです。

そして寝かして切ることにしたのです。失敗して勉強したわけですね。


244 
        サイドスタンドが減ったら       ( 2004年6月30日)

サイドスタンドも長く乗ると減ってきます。
85年型からの割り箸スタンドならば中古も手に入りやすいでしょうが、それ以前の高級なパイプのスタンドは手に入りにくい物です。



修理します。安い3mm厚の平板を切って溶接しました。幅がせますぎだって?いえいえ先にあわせたのです。


ほら、違和感ないでしょ。もう少し丸く削ればさらにいいでしょう。
うちの中古車は安上げですが、手は入っていますよ。


245 
       宣伝83年型SR400        ( 2004年7月1日)

そんなこんなで長い時間をかけて出来上がった83年型SR400です。
十分な旧車でいつまで動いていたものかはわからないものを起こしました。
タイヤやその他消耗品に新品を使いましたのでかなり高くなり、190000円程です。
どうですか?贅沢ですねー。
こんな古くて汚い単車にそれだけお金をかけるなんて・・・贅沢です。
ただし現在私が持ちうる技術をすべてつぎ込んであります。エンジンも下ろして整備しています。

高いですか?高いですね。その辺で乗りっぱなしのSR400のもっと新しいのが10万ちょっとで手に入りますからね。
しかしその新型はこの単車とは全く違う単車です。

高いか安いかを判断するのはあなたです。


246 
         くっさー!        ( 2004年7月1日)

Kさんの新型のフォークです。オイル?はシャバシャバーと出てきてプーン、くっさー!
腐っています、なんて匂いだ、これは初めての経験。
真っ黒で腐ったにおいがしています。
使いたくは無いですが、灯油で何回もフラッシングします。いやー、まいったね。
しかもドレンが無いからやりにくい。
92000kmでスプリングにヘタリがあまり無いのは不思議、スプリングはまだ使えます。


247 
      ロワーブラケットのレースの外し方      ( 2004年7月1日)

ベアリングレースは消耗品です。以前にも書いていますが、ブラケットのレースを外すのは書いていませんでした。
そんなにたいそうな事ではありません。
大き目のドライバーでいいです、交互に1発ずつたたいて外すと簡単です。
必ず下に板などを敷いておきましょう、傷がつきます。
オイルシールの向きにも気をつけて、グリースは出るけど水や埃は入れないという方向ですよ。
レースは4枚とも値段が異なります。400円〜700円です。悪いもののみを交換すると経済的です。
もちろんすべて交換がベストですが、お金持ち向きです。特にボールは高いものです。


耐熱グリース使用します。こってりとね。
レースですが、悪いもののみの交換で、今とは比べ物にならないくらいの素直な操縦性になりますよ。


248 
      これは危ないボルトのお話     ( 2004年7月1日)

分解していてこんなのを見つけました、なんだかボルトをなくしたのか、ねじ山をなめたのかブレーキのステーを止めるボルトがボルトナットになっています。


外してびっくり、8mmの建設用のボルトナットです。(上)
純正は10mmのボルトです(下)。締め付けのトルクなどから考えても8mmのボルトは半分の力しか耐えられません。
ましてや建設用はそれ以下です。危ない!
疲労して折れるかもしれません。また、がたも出るでしょう。
フロントブレーキが無くなります。無くなるときはもちろん使用時ですからねぇ。こわー。
10mmのボルトにしておきました。何でこんなことになってるかはわかりませんが、うちで修理、整備をしていただいて見つければ必ずベストの状態にしておきます。当然ですね。もちろんボルト1本ぐらいでの追加費用なんてありませんよ。


ついでにボルトナットの話。
フロントのシャフトナットは割りピンなしのゆるみ止めナット。手の上はフロントフェンダーの取り付けボルトです、ゆるみ止めのスプリングワッシャはコスト削減のために廃止されました。
どちらも新型のコストダウンされたものです。怖くありませんか?
どうみても緩みそうですね。振動の多いSRです。増し絞めは欠かせませんね、特に新型は。



249 
      安いタイヤ     ( 2004年7月9日)

私お気に入りのダンロップK70。サイズはリア4.00-18です。
全くの旧車タイヤで性能も70年代のままだと思われます。値段も70年代から上がっては来ていますが、まだまだ安いです。
フロントは3.25-19と3.50-19です。サイズまでも当然ながら当時サイズです。


初めて使いましたイノウエのRS310。サイズは新型110/90-18です。もちろん旧型にも履けます。
フロントは90/90-18があります。19インチは太いですが100/90-19なんてのもあります。もちろんチューブタイプです。
今のタイヤですので、今の性能でしょう?まだ初めて使いますのでグリップや持ちはわかりません。
グリップがいいものは早く減り、そうでないものは長持ちする。これは当然ですね。
また、どんなにグリップのいいタイヤでも古くなれば、グリップがそうでもない新品タイヤにもかないません。
これも当然です、ゴムですから。

よって、新品で安ければいいのでは・・・でこの二つを紹介しました。
どちらも今のところ\6,000(リア)で買えます。工賃(\2,000)、ハイタイヤ(\300)やチューブ代は別ですけど、安いでしょ?
うちでこの値段ですから量販店ではもっと安くいけるかもしれません。
そんなこと書いちゃ儲からないってか。いいんです、読んでくれた人が得すれば。

私は年間走行が1000kmにも満たないのでどんなタイヤでも溝があれば良しとしています。
ひび割れていても、チューブタイプなら大丈夫と勝手に決めています。
よい子は真似しないでくださいね。タイヤは一番重要なパーツですから。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)