メンテ日記 (その11)  
     
310 
     泣けた       (2004年11月12日)

本来の日記らしく、SR関連のものを書いていきましょう。
先にも書いた平成2桁モデル(書類が無いので正確にはわからない、車体番号からの予測)の450km走行部品取り車を解体していく。
なるほど新車でも意外にグリースが入っている。これはリアブレーキペダルのシャフト。反対側にはグリースがのっていない、だから流れてしまうのか?
シールも何も無いからねぇヤマハさん。言えるのは5000kmか2年か自分で決めて分解整備しないとリアのブレーキは性能を維持できないだろうという事。


ほほう、見えないところなのに進化もしている。リアフェンダー内の配線を止めるフックが大きくなっている。旧型ではテールランプのハーネスは止めれてもフラッシャーの配線までは止める余裕が無い。
左端のスポンジはエアクリーナーに汚れた空気を直で取り込むのを防ぐためか?それともビビリ音防止か?



もちろん退化もする。
フロントアクスルシャフトのロックナットは組立工程とパーツ削減のためにセルフロックナットになった。それは仕方ないとしてなぜ19mmに?
リアは22mmのままである。スイングアームもステアリングヘッドも22mmだ。別の工具が必要になる。SRのボルトサイズとして19mmは他には頭に思い浮かばない。旧型のエンジンドレンボルトがあるが・・・
フォークのドレンボルトはこの年式の遙か前から無くなっていて、フォーク内のゴミは完全に分解しないと出ては来ない。


ここからが泣ける。錆びてはいるがグリースやオイルが飛んだ跡も無いエンジン部チェーンカバー内。
キレイだ。スプロケットやエンジンはこの後中古車に生かされるでしょう。アーメン。(ロックワッシャは私が開けました)






これはリアブレーキ。フロントも同様だが当たりすらついていない。もちろん埃も出てこない。泣けるなぁ、かわいそうに。


311 
     曲がったフォークインナーの使い方    ( 2004年11月16日)

SRは転倒したり、何かにぶつけるとロアーブラケットとフォークが曲がる。
これは交換した後のフォークインナー。非常に強く出来ているので何でも使える。通常は固いボルト緩めるのに工具に足してやる事が多い。
今回は曲がってしまった鋳造のブレーキペダルを戻すのに使った。バールでもいいのでは?もちろんだがバールは高い。
でも事故でもしない限り手に入らないよね。すんまへん役に立たなくて・・・でも、もしもの時は捨てないで。
行きつけの単車屋にもらうとかさぁ。


312 
    ようやく気づいた速い分解方法    ( 2004年11月18日)

ノーマルのSRってステアリングヘッド周りの分解って面倒だよねー。やった人しかわからないと思うけど。
フォークだけなら簡単に抜けるんですけどねー。
でもねフォーク抜いた後、ロアーブラケットのヘッドライトステーのボルト抜いてアッパーの22mm緩めて上に引き上げると・・・
バコーン!ハンドルもメーターもヘッドライトも全て一体で外れるのですねー。知ってた?(画像のようにチューブか紐でハーネスが引っ張らないよう留めてね)
私はようやく気がつきました。
ちなみに現在フロント周りは、ここまでの分解整備で基本\12,000です。
ブレーキの分解グリースアップ、調整。フォークのオイル交換、レバー類、各ワイヤーのグリースアップ。スポーク調整、各部点検。もちろんステアリングヘッドのグリースアップ、調整含みます。
約4時間の仕事です。超お得な整備内容。えらい宣伝やな。


313
      アンギュラベアリング     (2004年11月18日)


最近予算がある人にはステアリングヘッドにアンギュラベアリングを使います。
なぜヤマハが最新SRにアンギュラベアリングを使うかはわかります。それは私と同じ「組むのが楽」だからです。つまり組み立てコストが抑えれます。
もちろん他にも強度が高いとかあるのでしょうが、私はベアリングのオタクではありませんのでわかりません。
でも力のかかる角度は旧型に比べてよい状態なのはわかります。旧型のレースは原付と同じものというのもねぇ。
これは上側ですが、下側はさらに高いです。レースも薄いので注意。
そりゃー、テーパーベアリングは最高です。点で当たるか線で当たるか考えればよーくわかりますね。でも値段も良いです。
締めすぎなければこれでも長持ちすると思いますよ、ようは定期的なメンテナンス、グリースアップです。


314
       伸びたチェーン      ( 2004年11月22日)












上が正常なチェーン、この前外した450km走行のものです。下が約20000km走行したチェーンです。
純正のDID428の130コマですね。
最近はシールチェーンになり非常に長持ちしますが、さすがに20000knは辛いです。内部のピンが磨耗し、これだけ長さが変ってくるのです。
最近しょっちゅう調整するようになったなーと思ったころには終わってます。交換してください。


でないとこのように弛んだチェーンがクランクケース削りますよー、エンジンに穴開くよりチェーンの方が安いです。
見えないところだから怖いぞー!場所はドライブスプロケの前です。


315 
      若者K君        (2004年11月22日)


中古車のオーダーを頂いたKさん。単車は初めてという若者です。
いきなりSR!・・・と思ったが熱意に負けました。チャリで毎日自分のが出来上がって行くのを見に来ます。
手を見ればわかるように私が磨かないので、自分で磨いていきます。エライッ!







メカの事も全くわからないが、私が説明した事を理解しようと努力しています。非常に勉強熱心。
こういう若者は好きです。面倒はとことん見てあげます。
よし、スプロケット洗っといて。そんなことをしても安くはなりませんが、ハブクラッチの内部が見れます。


316 
     クラッチレバーは消耗品      ( 2004年11月24日)


中古車のクラッチレバーにガタがあったので、450km走行のヤツのレバーに交換します。
以前にも書きましたがクラッチレバーにグリースを怠ると10000kmでもレバーが磨耗しガタが出ます。
正常なクラッチ操作が出来ません。交換してください、古いのはスペアに。
その際忘れてはいけないのが、このグリースを保つOリングです。あると無いでは大違い、もちろんブーツもね。
レバーはK氏が磨いた中古品です。
レバーもOリングもクラッチワイヤーも新品常時在庫あり。(シルバーのみ)


317 
      ペットボトル半分       ( 2004年12月1日)


オイルの受け皿を変えたのでセンタースタンドのアーム下に入らなくなった。
そこで2リットルペットボトルを半分に切って受けるようにした。これでセンタースタンドにはオイルが付かない。
このペットボトルはキャブ下に置いてドレンよりガソリンを抜く時も使える。


318 
     ???何で???       ( 2004年12月6日)


Y氏のSR400のフロント周り整備を請けた。
1JRに良いディスクブレーキがつくが、ドラムブレーキのブラケットも付いている。何でだろ?
単車屋ならボルト2本外すのはわけない。なぜ付けたまま?どう考えてもわからんので軽量化のために外した。


319 
      ゾイルスプレーオイル      ( 2004年12月6日)


ちょっとピンボケだが、最近はワイヤー類にゾイルのスプレーオイルを入れている。
非常に高価だがCRCのように乾かないし、スプレーグリースのように入りにくいことも無い。
金属に何やらいいようだ。詳しくはわからない。
エンジンを組むときにもいいようだ。実際にまだ使ってはいないが、モリブデングリースは1度エンジン回せば流れるがこいつは金属面に張り付いてると言う。(ほんまか?)



さらにはカブのプラグ外してシリンダー内に吹き込んでテストする。
鈍感な私でもわかるトルクアップはたいしたもの。もうオーバーホール時期かな?
いいエンジンに吹き込んでもカーボン溜まるだけだぞ。2サイクルは特に効くそうだ。


320 
       配線        (2004年12月6日)

Y氏のSRのフロント周りの整備中に見つけてしまった。なんじゃこりゃー!
通常の配線はもう抜いた後です。この線はフロントのディスク化した時に作ったフロントブレーキスイッチの線。
誰がこんな仕事するの?こすれて切れ、ショートするのは時間の問題だ。





さらにメインハーネスの取り回しもおかしい。アッパカバーの上を回らないとたるんでしまう。






くぅー、自分で仕事を増やしてしまった。ヘッドライトを外して正規の穴からハーネス、配線を取り回す。
最近気が付いたのですが、年式によりヘッドライト穴に入るハーネス、配線が異なります。
その年式に応じたサービスマニュアルをよーく読んでください。
中古は怖いのう。危うくヒューズ切れでどうしようもなくなるところだ。


321 
        ベニヤ板X2       (2004年12月9日)


どうだ、薄いベニヤを2枚にした。ガムテープで止める。寒くなってきたが断熱性はかなりのもの。
リフトが無いので膝を着いて仕事するのだが、かなりいいぞ。


322 
        京浜FCRキャブレター     (2004年12月10日)

常連H氏がノーマルキャブの不調についに切れました。チョーク不良で始動性が悪かったのです。
私の工場で始めてFCR37を装着しました。なんかカスタムショップみたーい♪
ワイヤーはVM用の中古使用。FCRは車体右側にワイヤーが来るので取り回しは難しい。
フィルターはファンネルにラムエアーをかぶせた。
結果はすごく良いとのこと、始動はキック1発!吹けも調子も最高だそうです。
値段も夢のようですが、性能も夢のようだそうです。うらやましい。

ついでに書きますが、私のところでは何でもやりますし出来ますが、カスタムショップではありません。ただの修理工場です。
ショップShop(店)ではなくWorkshop(作業工場)です。


323 
         キルスイッチ     (2004年12月10日)

中古で販売したK氏車両です。何やらやっててエンジン止めようとキルスイッチに手をかけると・・硬いっ!動かない。
駄目じゃーん。もちろんクレームで交換です。自分で見つけてしまった。
自分では出来るだけ完璧めざして整備しているつもり。でもほとんどは走るために必要なところを重点的にやってますのでこんなところは見落としてた。
キルスイッチなんて普段触らないもんね。皆さん大丈夫?たまにシューしてカチカチとね。
K氏も触ったことが無く「いいよ別に、使わないから」と言っていただきましたが、私自身が納得いかない。キレイな良いのに交換しました。
新型のスペアが在庫あってよかったぜ。


324 
     冬のとある日の駐車場     (2004年12月16日)

かなり寒くなってきました。
それでも結構最近はお客さんが来ます。「ちょっとドライバー貸して」なんて気になるところをちょこちょこっと直していきます。
おかしいところ、わからないところは何でも聞いて下さい。
私は人見知りしますし、敬語も知りません。でも慣れれば単車の事ならずーっとしゃべり続けます。
お気軽に寄ってくださいね。ただ手前でエンジンは切ってきてくださいねー。


325 
     キックの当たり止めの磨耗      (2004年12月16日)

よくビギナーはキックを最後まで踏みおろせずにエンジンがかけれない事がある。
これは逆で最後まで勢い良く踏みおろしすぎたためにキックのあたり止めが磨耗してしまっている。
バックステップ車ですので意外にステップは高い。この車両もそうですが、このままではステップがケースに当たってしまって良くない。
ステップの取り付け部ラバーのヘタリも関係ある。
「ハイ、自分でやるならどうぞ」と手前の良い状態の中古を出した。タダでは無いが物々交換ではあまり取れないなぁ。
ノーマル位置のステップはあたり止めが無いものがほとんどだ。その場合はステップゴムが千切れてくる。
くれぐれもあまり思いっきりキックはしないように。力加減は難しい。


326 
       シート張替え      (2004年12月16日)

せっかくネットオークションで落札した高級な旧型のシートが曲がってた・・・ショック大M氏。
かわいそうなので「じゃ、これやるわ」と少し表皮が破れた新型のシートをあげる。
SRのシートは昔なつかし鉄ベースで表皮はフックに引っ掛けてあるのみ。素人でも張替えできます。
もちろん自分でどうぞ


これが旧型79年(SR500)から84年のシート表皮。縫い目は無く完全防水で柄部分にも細かい細工が見える。
20年以上経ったのにキレイでしょ、この裏側。コストかかってます。
比べて画像は無いが85年からのはよくない。縫い目から水が出ます。内側に防水カバーがあるでしょって?
ありますが、大体3年ももたずにずれてしまって防水では無くなってしまいます。
まぁプラスティックベースにならないだけましか?形が変わらないのがありがたいしね。


327 
      加速ポンプつきVMキャブの長い話      (2004年12月17日)

VM、VMと簡単に言いますが、大きく分けて2種類あったの知ってますか?恥ずかしながら私はこの前まで気がつかなかった。
左が新型のVMキャブ、右が旧型ですね。大体83年あたりが境目と思いますが、定かではない。
なぜ変ったか?それはやはり始動性だと思います。つまり少しお年を召した方は「SR500のキックには難儀した」「交差点で突然止まって2度とかから無い」
こういう神話が出来たのは初期型キャブの責任が大きいと思うのです。そう変らんけどね。VMはVMだしな。


外見で大きく違うのはエアクリーナー側の径とベンチュリー部の形、左の新型がグーッと絞り込んでいていかにも効率良さそうでしょ。





下から見ると加速ポンプのダイヤフラムの形が違います。三角が旧型です。
年式で言うと左が現在製作中の83年式SR500、右がこれも製作中の私の78年型SR500です。SR500のみに加速ポンプは付きます。値段の差が理解できた頃です。
BSTキャブの400と500の値段の差はどこから来たのでしょう?3万円分、500の方が何か装備が多かったのでしょうか?
わかった、売れないから高いんだ。多く売れれば安く出来るからね。


内部のパーツの数は尋常ではなく、素人さんを拒みます。しかもパーツの値段は予告も無くどんどん値上がっています。欠品も出てきています。
通常の消耗パーツ交換で10,000円弱のパーツ代は覚悟した方が良いでしょう。
それでもファンは多いのです。確実にTMRやFCRの方がすぐれているといつも書いていますし説明しています。


上側が旧型のパイロットスクリューとスロージェット、その下が新型の同様パーツです。このヘタったOリングが500円ほどします。
下の三角が旧型ダイヤフラム、四角が新型のダイヤフラムです。カチカチです、使えません。2,000円ほどします。
一番下がドレンボルトです。左が旧型でOリング入り。右が新型。このOリングも500円程します。BSTキャブの同じくらいの大きさのOリングは100円しません。


キャブ内に生ガスを放り込む役目の方のダイヤフラムです。左側に並ぶのが旧型で右側が新型です。サイズが少し違うので間違えて使うと加速ポンプが作動しません。これも約2,000円程します。あとメーンジェットなども違いますので全く別のキャブと思っていいでしょう。いっぱいオーバーホールしたなぁ。


VMの1番肝心なのはココです。ココが軽くスムーズに動かなくてはいけません。戻らなくなるぞ。

コストをかけてなぜVMなのか?それは86年以前のモデルに乗ったことのある人しかわからない。
ここで提案、加速ポンプ無しのVMはいかが?ダイヤフラムがいらないだけでもかなりメンテナンスは安く上がります。しかもネットオークションでの価格も安い。
燃費も良く、走りはいいと思うんだけどなぁー。当時のSR400用のキャブです。
えー、もう関係ないけれど1月18日、明日から約1ヶ月の冬休みに入ります。無給休暇です。って、今3月なんだってばぁ。


328 
         エンジンガスケットキット     (2004年12月20日)

お客様に教えていただきました。エンジンのガスケットセット。
アファムが扱っているが、日本製。品質はよさそうだ。オイルシール以外のOリングとガスケット、パッキンが全て入っている。
値段は5,460円と微妙だが安い。なぜ微妙か?私はOリングは交換しないこともあるのと、このセットのヘッドガスケットは旧型同様の素材であるということ。
もちろん問題にはならないだろう。いずれ自分のエンジンでテストしたいと思う。
気をつけないといけないのは、左ケースのパッキンが95年以前の物しかない。あと見ただけでどこのOリングであるか判断できるスキルが必要となる。


329 
      オイルフィルター       (2005年1月7日)

明けましておめでとうございます。貧乏人にもちゃーんと年は明けます。今年もヨロシクお願いいたします。(だからぁ今3月なんだってば)
16日まで冬休みですのでお客様の仕事はやりません。すみません、単車屋は冬は冬眠です。
さて右が修理中(今年からレストアと言う大それた言葉は使いません、ピカピカに仕上げるわけではありませんので)の私のCB750F(80年)のオイルフィルター純正キット、930円。大きなフイルターとOリング2個付いています。
SRのオイルフイルタは純正でOリングつければ1,300円にもなってしまいます。高い、そこで南海部品のを使い始めました。
磁石が入っていて鉄粉まで取ってくれるそうです。もちろんOリング付いて定価1,100円を1,000円!
ほとんどの外品は10%OFFです。なんだって、10%引いてないってか?細かい事言わんといて、工賃込みじゃ。


330 
    倒立フォークのオイル     (2005年1月12日)

冬休み中なので自分の単車のメンテやってます。画像はKDX250の倒立フロントフォーク。
SRでもなぜか倒立にするのみんな好きですね。倒立の良い点てなんでしょうか?強度?でもバネ下重いしすぐにオイル漏れます。
さらにはシール交換大変です。もうやらない。
オイルの話ですが、倒立は専用オイルが必要です。いわゆる01オイルですね。今回は仕入れ都合上スズキの使ってますが、なんせ高い。
化学合成油なので高いのです。浸透性が高いので漏れやすいのです。しかもKDXでは1台1リットルでは足りません。
でもスムーズ・・・な気がします。ブラケットはアウター締めるので必ずトルクレンチで適正トルクで締めましょう。締めすぎるとスムーズに動かなくなります。
全く妥協の無いレーサーレプリカKDXに比べると、なんとSRが経済的で大衆的なのかよーくわかります。


331 
      仕事始めはH氏車両の車検    (2005年1月18日)

さて、約1ヶ月の冬休みなんて早いもので、すぐに仕事始めになりました。冬に仕事があるのはありがたいことです。
まずはH氏車両の車検と構造変更です。画像は合法の姿。トラッカーシートがかっこいいSR500
宣伝ですが、車検代行\9,800に構造変更\3,000(寸法ハンドルなど簡単なもの)です。
実際には合法にするための点検整備と住所変更もしました。そういうものは別料金になります。





以前の303からの進化を見比べてください。シート下の装備です。ポッシュのコンデンサとタッパ内は自作LED用フラッシャーリレー






これも見比べていただきたいのですが、オレンジに光るLED。不思議だねー、レンズもLEDも透明なのに。






今回のチャレンジはこれ。LEDのテールランプ。市販品でもありますが、市販のものはブレーキ時に発光するLEDが増えるものがほとんど。しかもナンバー灯は赤です。(赤く発光するLED使ってるからね)それでは車検合格は無理です。
H氏の自作品は発光度が増減します。どうやってるかはわかりません。しかも中に仕切りをいれ、下向きに白く光るLEDを付けたのです。それでナンバー灯にしています。
問題はナンバー灯の明るさが足りているのか?(LED3個しか無い)増減式ですのでブレーキング時に3倍以上の照度になるのか?
もちろん合格でした。やったね。


332 
      フレームの曲がり     (2005年1月20日)












フロントホイールが曲がった車両でご来店O氏。イヤーな予感がした。
どこで買ったかは知らない、ネットオークションかバイク屋か?嫌な予感的中でフレームが大きく曲がっていました。
ホイールのみ例の450km走行極上中古に交換していかれました。タイヤもバリバリです。
しかしブラケットも曲がっているという。そこで私が「もうやめとき、無駄や」と止めました。かっこよくセパハンでカスタムされた車両です。

SRのフレームはすぐに曲がります。事故すれば曲がるでしょう。ある意味フォークよりも弱いかもしれません。
だからホイールが曲がるほどの衝撃ではかなり大きく曲がります。ステアリングヘッドあたりが曲がるのです。
大きく曲がれば見てわかります。塗装が割れていたり、ステアリングヘッド下の板を曲げた補強部にしわが出来ます。右の画像がしわですね。
また修正しようとすれば、溶接で固くなったところが割れてオイルが漏れ出てきます。左画像。
フレームが大きく曲がれば、終了なのです。どんないいものでも終わりは来ます。

SRのフレームはオイルタンクであるためにかなり溶接が多くされます。溶接すれば歪む。これは溶接に携わる人にとっては当たり前の事です。
ちなみに半自動で手作業であるわけです。よって失敗作もあると言う事です。新車から曲がっている場合があると思われるのです。
でもまぁある程度は仕方ないですね。単車の精度って以外に高くありません。あなたのSRもタンクは曲がってついてて、リアフェンダーも曲がってますね。
これで普通なのです。手放しでまっすぐ走るのはラッキーと言うわけです。SRの場合は微妙ーに右に曲がるのが多いと思います。
もちろん小さな曲がりは修正できますし、ライダーが自然に修正し走らせています。大きな問題ではありません。

問題は見てわかるほど大きく曲がってるO氏のような例で、これはフレーム交換しかありません。O氏は買って間が無く、車検がまだ2年近くあるためにフレーム交換は見送りましたが、2年間曲がったフレームでオイル漏れながら曲がりながら走り続けるのが得策なのかはわかりません。
ただ無駄でもブラケットもマトモなやつにすれば少しは良くなったかもしれません。1JRのみ中古フレーム在庫あります。


333 
     中古車整備の細かい事      (2005年1月26日)


仕事の無い冬は、中古車を作っていきます、その1。
ステップにガタがあったのでゴムかな?と外してみると中のワッシャーが入っていませんでした。これではガタがでます。
ほとんど見えないところですが付けてあげましょう。




緩んだ上に台座が曲がって、今にも落ちそうなヘルメットホルダー。落とした方は多いでしょう。
台座を直し、ネジロックをつけて締め付けます。
サイドカバーのグロメットも脱落してありません。サイドカバーがガタつきます。付けてあげます。100円もしません。



リアブレーキスイッチのロッドを落としたのか針金になっていました。もちろんこれでもランプは点灯し、何の問題もありません。
しかし、中古パーツもあることです。いいのにスイッチごと交換してあげました。新品買えば高いものです。

以上のような細かいところに気が付くためには分解整備しかありません。リアブレーキスイッチのロッドなどはスイングアームを外さないと発見できなかったでしょう。
中古車SRはほとんどのところを分解整備しています。


334 
      中古車整備の重要なところ発見      (2005年1月27日)


仕事の無い冬は、中古車を作っていきます、その2。
久々に見つけました。ドラムのブラケットのボルトが脱落しています。
ゆるみ止めスプリングワッシャーが無くなってからは緩むようです。ボルト入れます。1本なくなったぐらいでは外れませんが・・・
非常に重要な場所です。出来れば強度の高いゆるみ止めワッシャー入りのボルトにするかネジロックで止めたい所です。


アクセルワイヤーが切れかかっていました。完全に切れるまで時間の問題でしょう。アクセルワイヤーが切れたら走れません。
交換します。アクセルワイヤーに注油するために外したので気が付きました。もちろんキャブも分解して清掃します。

こういう重要なところも分解しないと見つけれないことが多いのです。でも整備しすぎもどうかなぁ?
壊れたと持ってくる人がいないので商売にはならないなぁ。しかしクレームも嫌なので手を抜けない。


335 
       エアクリーナー清掃       (2005年1月28日)


仕事の無い冬は、中古車を作っていきます、その3。
エアクリーナーもたまには洗いましょう。まぁー汚いね、右の洗い油が真っ黒。灯油で洗って乾かしてやります。うちではエアでとばします。あぶねー、ストーブあるのに。
ガソリンで洗ったら溶けます、ボンドで止めてるところが。
スクーターから抜いた2サイクルオイルの安物をまんべんなくしみこませます。別にエンジンオイルでもいいでしょう。
手がドロドロになるのでお客さんのはやりません。自分でやってね、ライダーの務めです。
何で乾式やめたんだろう、ブツブツ。


336 
        左グリップの固定      (2005年1月28日)


完成したらグリップを入れて固定します。
グリップ専用の接着剤もあるようですね。うちではスーパーXというの使ってます。
よくあるG17の3倍の値段です。ですが高温に耐えて張り付きも強いです。クリアを選べば汚くなりません。夏の暑さでも溶けません。
何かで固定しないと雨の日抜けますよ。


337 
        旧型ディスクキャリパー    (2005年2月7日)


フロント回り整備を請け、ブレーキキャリパのダストブーツ外すと・・・ピストン終わってました。
よくある話です、このディスクブレーキからドラムになってもう20年経つのですから。
大丈夫です、ピストンキットがまだ手に入ります。高価ですが生き返ります。
でもこのオーナーは漏れてないからという理由で交換を見送りました。うーん複雑な気分。
ピストンは動くので効くのは効くでしょうが・・・


338 
        クラッチのプッシュロッド      (2005年2月8日)

クラッチが調整できないという事で分解整備を請けました。
原因はこれ、プッシュロッドです。消耗品です。アルミで出来てて磨耗します。
左が磨耗したもの、右が極上中古です。新品で買ってもそう高いものではありません。(たしか1,600円ほど)
ケース内部は相当に汚れてるエンジンでしたのでオイル交換が頻繁にされてなかったのでしょう。オイルが悪いと磨耗は非常に早くなります。













クラッチ本体のディスクは私の考えですが、ヘタに使わなければ50000kmは楽勝と思っています。スプリングもまずへたりません。
ただオイル交換しないとフリクションプレートが焼けて歪んだりも考えれます。

右ケース開けますのでパッキン剥がししなければならず、工賃は5000円以上になります。さらにはパッキンやオイル代がいるので結構高価な修理になってしまいます。
オイル交換は頻繁におこないたいものですね。
クラッチのアジャストスクリューも磨耗しますよ、それを交換しても調整しきれない時はこのプッシュロッドが磨耗しているかもしれません。


339 
      充電式電動ドリル    (2005年2月10日)

また電動ドリル(ドライバー)が壊れてしまいましたので、今回は奮発しました。
充電式電動クラッチ付きドリル(ドライバー)1,880円!
コードが無いので非常に楽に扱えます。最高なのがクラッチ♪このようなスクーターのベルトカバーなど何本もスクリューがあり、それがほとんど同様のトルクで締め付けれます。
クラッチをゆるくすればカバー類の締め付けも可能。
電池は私の使い方で3日は楽勝で持ちます。充電はちょっと他の事してればすぐに出来ます。
後は耐久性です、私の使い方で半年以上持てばコストから考えれば完璧な工具です。もちろん逆転しますし、ドリルとしても使えます。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)