メンテ日記 (その12)  
     
340 
     ホイールベアリング       (2005年2月17日)

フロント周りの整備を請けた車両のホイールを回すと・・・ゴリゴリな感触?そうですベアリングが終了です。
画像のように錆びていました。通常はオイルシールとベアリングのカバーが付いてますので見えません。
明らかに悪いと判断できるものでもありません。判断できる時にはすでに終わってます。
気になるお金持ちは定期的に交換が良いでしょう。


純正のベアリングは高価です(約1400円)。私はさらに上質のKOYOのRUを使っています。両面非接触ダストカバーつきです。
良質のグリースが封入された防塵のベアリングです。(950円)ヤマハの箱には入っていませんが同サイズです。
もっと安いものも探せばあるかもしれません。画像上が外したベアリング。




新品ベアリングは古いベアリングや丸棒などでうまく叩き込みます。難しいのがオイルシール、大きなソケットで均等に叩き入れるとうまくいく。







個性的なカスタムのT氏車両。かっこいいキャストは中古で買ったのでしょう、長い間動いてなかったベアリングでしたね。ハンドメイドセミアップマフラーもかっこいい。


341 
      清水から飛び降りた・・・2002モデル      (2005年2月17日)

買ってしまった・・・。体の震えが止らない。最高額仕入れを大幅に更新した車両。SR400の最新型2002モデル。
理由は欲しいといわれる方がいたのと、最新型はどうなってるのか分解してみたかった事。
中身が見たかっただけなので儲けは2の次。SR専門と、えらそうに書いてるので日々勉強を欠かせません。
しかし売れなかったらものすごい損害やな、破綻するかも?
この後最新型の○と×、進化と退化を書いていきます。


342 
      キックシャフトのカラーがまた・・       (2005年2月18日)

中古車のエンジンが完成し、キック・・・ガタッ、うん?キックガタ?なんとっカラーにガタが・・・
286もあわせて見てください。
がっくり・・・オイル抜いてケースを交換します。どの年式でも同様のパーツです。サイドスタンドで仕事するのはオイルをこれ以上こぼさないためです。
パッキン剥がして新品パッキン入れて組み付けます。20年以上前の古い中古車作るのは金も時間もかかります。



トルクレンチで均等に締めましょう。エンジンは精密に組み立てるのが当たり前です。
右のケースカバーのみ新しい年式のピカピカになりました。78年からのパーツが全ての年式に合うと言うのはありがたいものです。
長くSRに乗り続けるなら、不動でもスペアエンジン1つ欲しいところですね。たぶん、このケースを新品で買うより安くつきます。


343 
      コックからガソリン漏れ       (2005年2月18日)

さぁ出来た。エンジンかけようと思ったらガソリン臭い。オーバーフロー?
違いました、コックです。久しぶりに動いたコック、仕事できませんでした。コック下は開けてゴミを取り除いたんだけどねぇ。
レバーのOリングを交換します。これが結構高い物です。(値段忘れましたが在庫はいつでもあります)
何でもいいのでグリースを薄く塗りましょう。オイルでもいいと思う。軽く動きますか?
これでようやくエンジンは始動できそうです。古い車両は手間がかかるかかる。声を合わせて、金もね。ほとんど趣味だな。


344 
       ステップラバー       (2005年2月21日)

9号機購入のオーナーからの要望でステップラバーを新品にしました。
なかなか若いのにわかった方で、シートも純正の新しいものを熱望され、負けました。
グリップラバーもステップラバーも新品希望、これは負けません、パーツ代のみ別料金。工賃は納車整備費?
右から新型のアルミステップ、外したステップラバー、新品のラバー。ビスをなめないよう注意。
グリップにしてもステップにしても体に直接当たるゴムを交換するのは本当に気分のいいものです。

外したステップラバーは、まだ使えるのでもったいない。他の中古用に頂いとけばいいのに、タンデムステップに取り付けました。
自分で仕事増やしています。手に持ってるのが外したタンデムステップラバー。山が低いコストを抑えられた物です。
でもメインのステップラバーよりも値段は高い、何で?売れないから?


345 
      最新型のながーいお話    ( 2005年2月25日)

私のホームページでは新型をバカにしていると言われる方がいます。バカにはしていません。ありのまま本当の事を書いてるつもりで、コストダウンはメーカーがしたことです。SRまたメーカーが生き残るためにはコストダウンは仕方の無い事です?ほんと?
ただ、私の嫉妬もあります。貧乏ですので新車なんてとてもとても。だから数の少ない旧型の援護になるようなことを書いてしまうのですね。
もう1つはSRオーナーみなさん自分のSRが最高と思っています。それは私も同じ、現在私は78年、79年、85年のSR500を所有しています。察して下さいね。
3台も持って何が貧乏じゃ。でも動くのは1台、仕入れは3台あわせても新車1台には程遠い価格です、古いから当たり前。
予算に余裕があるなら絶対新車を薦めます。ただSR500が整理されてしまったのは非常に残念です。

新型がすぐれているところも、もちろん数多くあります。
最新型を分解整備していきます。まず最初に書きますが、2002年12月初年度登録で約2年間、7000km走行の車両であると覚えておいてください。

納車整備がなされてなく、ピボットシャフトには一度もグリースが入ったあとがありませんでした。実は相当苦労してシャフトを抜きました。
新車から2年グリースを入れないと抜けなくなるのです。つまりここの部分だけで言うと、この2年落ちよりもうちのリリースした中古車?大古車のほうが状態が良いという事になります。大丈夫です、こいつも今からとことん整備してやります。





今までのおさらいではありませんが、ブレーキシャフトです。新車からの乗りっぱなしほったらかしの状態です。ひどいもんです。





同様にハブクラッチです。少しついた油分は取り外す際に使用した潤滑剤です。全く油分は無く、グリースが入った事がないようです。
いったいどこのバイク屋で買ったんでしょうねぇ?納車整備費を取らないバイク屋なのでしょう。おかげでハブクラッチは交換に・・・くぅー、痛い。
上記覚えていますか?2年、7,000kmでハブクラッチは使えなくなります。私の85年SR500は今年で20年、約35,000km走行です、ハブクラッチはまだ交換しなくても使えます。整備がほんの少しできれば金銭的にも楽にSRを乗り続けれます。


では本題、最新型の○の部分です。
ここ、チェーンカバーがフレームにこすれて錆びが出るんですよねー。ヤマハは細かいねー、透明な保護テープ貼ってありました。少しうれしい。






シートの裏です。サイドカバーに書類を入れるところが無くなってからシート下に入れ物がついたのは10年ほど前、電装が変わってから。
それはいいとしてエアクリーナー吸入口の前にゴムのカバーがつきました。防水?防塵?防音?その全て?まぁいいでしょ。


これは◎!というか今までが怠慢か?フォークブーツを上げるとダストブーツがついていました。ブーツの上に乗った埃がこのパーツの有効性の証明です。
埃はもちろん、水も入らないでしょう。オイルシールの寿命が段違いのはずです。中のオイルシールはピカピカの良い状態でした。
このパーツ、〜1999年までの物には付きませんでした、残念。フォークアウターの形状がかなり違います。


フォークスプリングは柔らかめになったようです。袋の中はドラム最終のモデルのもの。ピッチと長さがこんなにも違う。どちらもカラー無しで使用するものです。
体重によってはスプリングを交換したほうがよいかもしれない。





ではこれは?リアフェンダー上の配線の処理です。今までの鉄の溶接されたクリップでは折れてしまいます。しかも全ての配線は止りませんでした。
これは○、コストも下げれるのでしょう?ただゴムは交換の時期が来るのも確かです。配線が暴れなくて最高です。














左が最新型02モデル、右は丁度隣に置いてた83モデル。リレーなどに変化はあるがフレーム(ボルト類の位置)に変化はほとんど無い。年の差は19歳!変わらない、変わる必要が無い、それがSR。時代に流されずこの先ずっとこのままでいて欲しい。

これはアカンやろX だってドラムモデルのままのフロントフェンダーとケーブルホルダだ。ドラムブレーキはブレーキワイヤーもホールドしなくてはならずこの広さが必要。スピードメーターワイヤーだけでいいなら〜84の物に戻して穴は1つにすべき、怠慢だ。
実はこの車両だけかと思ってた。でも新車のカタログ見ると今のでもこのフェンダーですね、見えないリアフェンダー内部は変えたのに何で?ヤマハさん。穴1つ塞いで昔の部品使えば簡単だと思うけどなぁ。


エキパイ内で排気ガスに空気を足して最燃焼?させるパイプがつく。排気ガス規制では仕方の無い装備。だがそのおかげかエキパイはすごい色に焼けている。画像悪いね、ごめん。
かなりエンジンの温度も上がるでしょう、早めにオイル交換したいものです。






レバーはすっきりしたものになった。形はいいが角が指に当たる、まぁ人それぞれか?レバーは純正も外品もいろいろあるので交換もいいでしょう。






同じくクラッチレバー。グリース逃がすのを抑えるOリングは無くなってしまった。旧型に交換もいいかも?Oリングを忘れずに。新型はスペアにすれば?






この辺はかなりピカピカメッキが多くなってきた。好き嫌いもあるけど見えるところにはコストがかかっている。





ここが◎というか最新型の最高に良い部分。ダブルナットにサンドイッチされたゴムが単車屋いらずにしてしまった。
アッパーブラケットを取り付ける時にベアリングが締まりすぎてしまうのを全て吸収してくれる。
転倒してブラケットを曲げたりして交換するなら絶対最新型にすべきだ。これでSRのアキレス腱は無くなった。


さらにこのアンギュラベアリングは最高です。SRに使う場合の強度は十分。新車時に思いっきり締め付けられていたのでダメかな?と思ってたが異常は全く無い。
カバーにつくオイルシールもアンギュラには必要不可欠。コストかかってるぅー。
グリース入れてギューッと手で締めて上記ゴムサンドイッチでポンと組めばステアリングヘッドの調整は要らない。ほんと単車屋要らず。もちろんモトクロスでもしない限りテーパーベアリングも要らないでしょう。
旧型もアンギュラ付きます、ただし調整は必要。ゴムサンドないからね。交換を強く薦めます。

片押し2ポッドキャリパーはアメリカンなどに使われているヤマハ標準の物。旧型のようにダストブーツなどはつかない。
制動はコントロールしやすく雨の日も安心。しかも軽量。非常にうまく進化した。シリコングリースくれてやります。
ドラムは雨の日ロックしやすく私も1度転倒している。他のバイクから乗り換えた人は驚くもんねー。熱持ったら効かないしね。
さらに旧型ディスクは雨の日には全然効かない、ローターに穴が無いからかなぁ?おかげで転倒することは無い。

ブレーキマスターもヤマハの標準物、14mmサイズ。レバーブーツは旧型のディスク同様のもの、レバーなどが無塗装になったのだから必要ないのではないか?クラッチ側とあわせるとかなりのコストダウンになると思うのだが?






こちらはきわめて初期の(最初期ではない)マスター、5/8サイズ(オリジナル?)。本来は最新型同様のブーツがつく。レバー先端は黒塗装してある。ホース側にもブーツがつく。このブーツが最新型には欲しいところ。




2年でこれくらい色がついて汚くなる。つまり劣化が進んでいる。で劣化したらどうなるの?どうなるんでしょう?エアが噛みやすくなって効かなくなる?実は私も良くはわかってない。






新品のブレーキフリュードは通常無色でこんなにキレイ。もちろんうちの中古車は全て交換しています。




最新型に限った事ではないですが、少し前の型からアッパーブラケットのボルトがアルミへの立て込みになった。なめるととんでもないことになる。
必ずトルク管理しましょう。フォークはパイプ、それを締めるのですからトルク管理は必要です。いくらでも締まってパイプが変形してしまうかも?




では最後にエンジンです。見えるかなエキゾーストのポートに空気取り入れ穴があります。マフラーガスケットも材質変わったかな?色が違う。






カムチェーンの調整をするためにキャップを外そうとと27mmのボックスレンチを差し込もうとしたら・・・キャブのアイドルアジャストスクリューが邪魔しました。
まぁ他のレンチで緩めればいいんだけどね。このアジャストスクリューはでしゃばってるおかげで使いやすいのです。


排ガス規制後バルブのクリアランスが変わっている。値はインテークは小さくエキゾーストは大きくなってる。(自分で調べてね)
理由は簡単、エキゾーストポートに空気送り込んで再燃焼させるために排気温度が上がってさらにはエキゾーストバルブの温度まで上がるのです。
よってクリアランスを大きく取るのですね。でないとバルブが熱で膨張したときに突いてしまう。


キャブレターも変わった。メーンとスロージェットは当たり前だがスターターにもジェットがついて燃料を規制している。始動時にも排気ガスをキレイにするためだ。
使いやすい大きなアイドルアジャストスクリューが見える。
キック始動はさらに楽に確実になった。いつでもどこでもキック1発が当たり前、と言う夢のような話が現実になった。歳を取るとなおさらキックはしんどい、1発でかかるのはありがたい。


3/4
出来上がった最新型RH01J。こうやって見るとキレイな形だねー。あと望むとしたらもう少しマシなリアショックですね。進化してくれ。
ハンドルをグリップ1つ分高くするか、それともステップを3cm下げるか?これは私的意見。とりあえず無くならないで50年ぐらい生きて欲しい。


346
      ホイール振れ取り台    (2005年3月4日)


リアのハブ、ドラム内が磨耗する新型SRでは避けて通れないのがハブ交換スポーク組み。実はまだやった事がない。
なぜなら使える中古ホイールに交換が早くてかなり安いからです。
いつか来るその日のために振れ取り台を作った。まだリム部を指すプレートが付けれていない。だめじゃーん、現在もそのまま。


347 
      フロント3.00-19サイズは?   (2005年3月8日)

自慢げにピースするのはHさん。自分でタイヤ交換をした。
フロントに3.00-19サイズをチョイスした。ノーマルは3.50-19である、しかしそれでは機敏に走れない。
キャストがはいていた3.25-19サイズは19インチSRにとってベストサイズといわれている、軽快なハンドリングになる。
3.00は・・・どうかな?と思っていたが、Hさんは非常に満足。軽いそうだ。
画像は3.00-19と100/90-19を比べたところ。

こちらは3.50-18と比べたところ。外径で同様かそれ以下だ。
タイヤの重量はリムの重量よりもかなり重い。したがってタイヤを小さなサイズにするとバネ下重量にかなりの違いが出る。
それが軽さになる。加速やコーナーリング、ブレーキングなど全て効いて来る。
Hさんはハード目にしていたフォークセットを柔らかめに直したほどだ。
そして最大の利点は値段である。全く違ってくる。貧乏人の私たちにはありがたい。
私はアンダーをバッタンバッタンするのが好きですからサイズ的には3.50-19が好きです。


348 
      ドライブスプロケのカラー   (2005年3月10日)

520サイズのチェーンにコンバートした方はわかってるでしょう。428からのコンバートと530からのコンバートではドライブスプロケットの品番が違います。リアスプロケは同じ。
その理由はこれです。ドライブスプロケ下のカラーのサイズが違うのです。
右が530の年式のカラー(78〜86)、左が428年式のカラー(87〜)。ちょっとだけ428のが小さい、つまり奥に取り付くわけですね。その差約0.3mm!
428から530へのコンバートをするときも気をつけましょうね。チェーンラインが狂います。0.3mmなんて気にしない?


349 
     売れ筋商品ですが・・・    (2005年3月15日)

「おやじルック」が定着しはじめています。おやじが乗ってたぐらい古い単車と言う意味もあるし、おやじらしくノーマルっぽいカスタムと言う意味もあります。
70年代風カスタムともいえるでしょう。
うちでよく売れるのが純正のフラッシャーレンズとサイドリフレクターです。70年代SRの純正パーツです。
レンズは約600円、リフレクターは約400円もします。性能向上はありません。見かけのみです。
レンズ装着は少し加工が必要です。どちらも常時在庫あり。売れ筋ですが純正ですのでほとんど儲けはありません。イメージはがらっと変わります。


350 
     スポット溶接を外す    (2005年3月16日)


テールランプのリフレクタのステーが折れていました。
そこで本体にスポット溶接されている部分をもんで外します。(もむって何?)
ドリルでスポット溶接部やリベット部を切ってしまうのをもむと言うのですね。変だ?これをやるにはもみ専用のキリが必要です。画像にキリ入れてなくてすんまへん。探してみて。
画像はもみすぎです。もっと軽くで外れます。


351 
     スタンレーとイマセン    (2005年3月16日)


うまく2台並んでましたので撮ってみました。色が違うのがわかるかな?この形は82年までのフラッシャーステーにダンパの無いモデルのレンズです。オリジナルは色の濃いスタンレー製。ですが今新品では手に入りません。
現在手に入るのは後方のイマセン製です。イマセンと読まないのかもしれませんが、レンズにはそう読めるよう書いてあります。不確かですがXT500やXT250も同様のレンズで、長く輸出されていたおかげでまだ手に入るわけです。ありがたや。
イマセンにも形の違うものなどあるそうです。マニアの方教えてください。


352 
     キャブバイパスホース    (2005年3月22日)


インシュレーターとかマニホールドとか言われますがヤマハではキャブバイパスホースと言ったと思う。
中古車で作った83年式SR500のアイドリングが不安定で調子が悪い、ここにCRCを吹きかけてみるとエンジンの回転が変わる。ここもひとつの原因。(20年ぐらい前の車両になると調子が悪いのは当たり前、また原因もひとつとは限らない)
外すとパッキンに塗られた液体パッキン、これだ。だが売り物なのでバイパスホースも交換した。ますます儲けは減ってしまう・・・



取り付けは必ず指を突っ込んで一番段差がなくなるところで締め付けるべし。結構上下左右は動きます。


353 
       車検に行ってきました     (2005年3月23日)


SRを2台積み込み、車検に行きます。なぜか車検の日はたいてい雨、ついてない。雨の日の車検は辛いし、この時期寒い。
左が2002モデル、右が1983モデル、その年齢差19才。似てるねー。変わってない。
車検場、陸事では、「え、古いのにディスク・・・」と言う若い検査官に「78年から84年2J2、2H6は左ディスク、85年から99年まで1JNと1JRはドラム、そいでそれ以降RH01Jが右ディスク排ガスじゃ」とラインを通しながら講釈する。「はーはー」とノートに書き込んでいた。
無事どちらも一発合格。寒かった。


354 
        古いVMキャブの違い    (2005年3月24日)


あまり普通の方には関係の無い話です。78年型あたりの初期のVMキャブです。私は79年型でも装着してあるのを確認していますがオリジナルかどうかは?
左が加速ポンプなどがつく500用、右が400用です。実はサイズが違います、よーく見てください、外から見ると同じに見えます。




ノギスで測ったら32.5mmありましたのは400用のエンジン側のサイズ。いわゆる32パイと言うやつですね。
その後の新型VMキャブも32パイでしたのでこのサイズがSRには適しているのでしょう。






こちらは500用、34.5mmあります。34パイですね。このキャブが良いか悪いかは書きません。それはまた別のページで・・・
ただ当時は400のキャブにしたら中速が太り走りやすくなると少なからず交換した方もいたのでしょう。
ただ現存するVMキャブで完調な物はきわめて少ないのです。ボディーも磨耗しますので世の中で言うOHしたところで蘇るかどうか?


355 
      注意!      (2005年4月1日)


(画像なし)
ここで注意を書かせていただきます。
このメンテ日記は素人向けにわかりやすく書いています。が何回も書いてますとおり全て鵜呑みは困ります。
素人といってもさまざまで、エンジンの動作や工具の性質など全くわからない方から、エンジンを分解し加工してパワーを上げてしまう方までいるでしょう。逆にエンジンの分解すら出来ないプロもいることも確かです。それは置いておきます。
先日電話にて問い合わせがありました。「フレーム下のオイルネットが外れない」というものです。最終的には「何で外すの?」と聞くと「書いてあったから」「じゃ、止めてください」で終わりました。
書いてあるからやってみるというのもアリでしょう。しかしオイルの循環経路が理解できていればフレーム下ネットにゴミがたまるのかどうかわかるはずです。何か落としたとかオイルレベルゲージが折れて落ちた、水が入ってた、オイルタンクが錆びてる。など外す理由があれば仕方なく外すのです。「書いてあったから」でやるのはどうでしょう?何も良くならないどころか壊してしまうかもしれません。
ここのネットのボルトは鉄ではありません、しかも硬く締まっています。何でもモンキーレンチをパイプで延長し外そうとしたようです。大事に至らなくて良かった。
モンキーレンチは通常の整備では使うことはありません。また工具には適正トルクがあります、小さなボルト用が短いのはそのためです。およそ人間が締めれる長さを考えて短くしてあります。よって延長すればオーバートルクになるわけです。
パイプを突っ込んで回している画像もありますが強度の高いフレックスハンドルを使用してますし、楽するためと、オーバートルクで締まってるのを見せるために画像を撮っているのです。これが全て鵜呑みしないでくださいという意味の1つです。誉められた使い方ではありません。
工具は細かく書きませんが適正を考えてそろえて使ってください。
またフレーム下のネットの例ですが、27mmのディープソケットをインパクトレンチ使用で無いと外すのは困難です。モンキーにパイプ突っ込んでなんて私にも絶対無理です。
「素人なのにインパクトレンチなんて無いよ」なんてかた止めてください。しかし最近は1万円でコンプレッサも買えますし、5千円ほどでインパクトレンチも買えます。素人さんでもそろえてる方もあるはずです。
注意は、まずSRの構造と工具を理解してから自分のスキルと相談し、自分の責任で作業してくださいということです。ケガしないように。
ここで書きました「素人」はお金を取らない人「プロ」は取る人です。スキルで分けてはいません。


356 
     エンジンのボルト     (2005年4月4日)


さーてきつーい事書いたので、ここらで一発初心に戻ってちょっと面白く行きましょう。適当に面白く書いてる方が性に合う。
最新型のエンジンのキャップボルトはメッキされています。きれいですね。ステンレス?コスト考えると違うかな。でも見えるところに金かけるのが売れる秘訣。
ただなぜかオイルフィルター下のボルトは昔の黒いものです。1本だけカッコ悪ーい。このボルトだけはホームセンターにも売ってません。後のは全て売ってますので交換しても安上げカスタムとしていいかも?まさか純正頼む人もいないでしょう、ヤマハの袋に入ってくるだけで数倍します。


357 
    愛車78年型SR500(SR兄さん)    (2005年4月5日)


購入後1年かかって形になった初期型SR500。車検取って登録しました。
SR500としては83年型についでこの78年が良く売れた。でも、いかんせん初期型、完全な失敗作。今年で27年というのもあわせて現存は極めて少ないでしょう。
これから難儀な日々が始ります。ほとんど全てのパーツは次の年に改良されたため、この年式だけのパーツが多く存在しコストのかかった(SR500としては)造りは所有することに喜びを感じます。
ほとんどのSRよりも年上ですので「兄さん」と呼ぶことにしました。
78年初期型を所有の方、メールください。情報交換しましょう。専用のページも作る予定?でも何かホームページが古い旅館のように迷路になってきてる。どうにかしないと・・・


358 
    何で?カムのベアリング破損    (2005年4月5日)

エンジンのオーバーホールは腰上分解組み立て基本工賃\10,000!と超安いので全国からエンジンが送られてくる。
そんなエンジンの1つ。かかるが音がするというので分解するとカムのベアリングがボロッ、壊れてる!玉が1つ無いでしょ。ゲッこんなの初めてだ。何でこんなところ?とりあえず交換。
上の基本工賃には裏があって、ベアリング交換とかバルブ交換、ピストン交換などそのたびに工賃が\1,000、\2,000と追加されていく。怖いだろー。
しかも開ければガスケットなどパーツ代最低\3,000はかかるので絶対\10,000では出来上がらないよー。
ぼろいから修理するわけだから、ロッカーやバルブなど交換してたらすぐに\20,000は突破します。え、それでも他より激安ってか?じゃ来年値上げしよう。
Motor Works IMAMURAの工賃は知らない間に年々アップしています。それは私の腕が良くなっていってるからですね。正常でしょ。


359 
    音の原因とベアリングの破損原因と思われるもの   (2005年4月5日)


SR500ではお決まりのエキゾーストバルブのお尻の虫食い。これが結構うるさいのだ。大抵バルブは新品にしないと音は無くならない。バルブがまた高いんだぁ。







これわかる?ゲロゲロです。なんとピストンが180度逆に付いていました。右がエキゾーストです。
もちろんヤマハがこんな事するわけ無い、どこかの素人さんの仕業です。おかげでインテークバルブとピストンがゴッチンコ!





見えるかなピストンに付いた傷と、こっちをエキゾーストにするんだよという矢印。ダメじゃーん。よってピストン脱着代とサークリップが必要になってきます。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)