メンテ日記 (その13)  
     
360 
    ナロータンクじゃないだろ、オリジナルタンク   (2005年4月7日)

ある日「赤タンクが並んだなぁ」と画像とってみると、なんと6台中5台がナロータンク。
誰がつけたか知らんがナロータンクと呼ぶのは好かん。オリジナルタンクだろう、これは。
85年から14リットル入るワイドタンクになった。ワイドタンクが元からのSRではない!そこからナローとは呼んで欲しくない。

オリジナルタンクは全て20年以上前のモデル・・・うちにあるのはオンボロばっかりかぁ?

実際2リットル増えてツーリング派や外国の方は喜んだ。ニーグリップもしやすくなった。良いことずくめだった。
なのになぜか最近は「ナロータンクはかっこいい」と言う。新型にタンクだけつけてもおかしいだろう。
言うのなら「オリジナルタンクの年式はかっこいい」これが正解と思う。


361 
     ニードルバルブのトラブル      (2005年4月11日)

画像を見ても説明のつかないトラブルの例?
どうしてもキャブレターのセットが薄い。何回見てもわからなかった。ついに発見!がニードルバルブでした。
左側の可動部分のピンが半分しかストロークしなかったのです。この意味わかる人は少ないかな?
油面をぴっちり合わせていてもストロークが少ないと低くなってしまいます。あかんがな。
交換したら一発で直った。いやー悩まされたが珍しいトラブルだった。
全然ストロークしないとかだったらすぐにわかったけどねー。勉強になった。


関係ないけど初期型の加速ポンプ付きVMキャブ。
これの戻し側アクセルワイヤーの外しにくい事、画像見てちょうだい。完全に初期型は失敗作ですねー。もう慣れたけどね。


362 
      ハブクラッチのOリング     (2005年4月12日)

XT500のハブクラッチを分解したらなんと!こんなところにOリングが・・・ピーン!
そうかそうかここにOリングが入れば完全にニップル1つでハブクラッチにグリースが充満するんだ。
ヤマハは罪です。調べるとダストカバーはXT500の品番と同じ。そう、あの溝あの穴、全てがこのOリングで説明が付き理解できました。
ついでにハブクラッチ奥の段差も・・・


ほーらこの3つのOリングのおかげで、ニップルから入ったグリースはハブクラッチ内全てを充填し、ダストカバーの穴から出てきました。
Oリング無しではグリースは充填しないばかりか、入れすぎるとダンパまで漏れてゴムを悪くします。しかも外にも漏れてきて汚いよねー。水も入るしね。


こちらはSR500。いくら入れてもダストカバーの穴からのみ出てきます。他からは絶対に漏れません。完璧だ。
というかこのパーツにOリング入れなければ意味無いでしょ。

そういうことでこの日以来作った中古車や、私が分解整備した車両の全てには、無理やり売り付け組み付けています。3つ必要なOリング全てで600円ほどです。
いつも在庫あり、現在では(7月)1番の売れ筋商品です。XT500用ヤマハ純正パーツです。
どこでも手に入りますので、うちに取りにこれない方はうちに注文しないでね。送料無駄ですから。


363 
      ヘッドにもゾイル        (2005年4月14日)

エンジンがかかってオイルが回って来るまでの間の潤滑用に、今まではモリブデングリースを使用していました。
それではカムの表面のグリースがすぐにオイルに溶けて流れてしまいます。別にいいんだけどね。
最近は金属表面をなにやら変えてしまう?というような事も出来るようで(良くは知らん)ゾイルをカムやロッカーアームのスリップ面に使っています。
で、何?いや、何でも無いけど、エンジンを組むにも色々と金をかけてますよってこと。もしかしたら少しは長持ちするかもしれない。


364 
     突然死、ほとんどはジェネレーター     (2005年4月20日)

すごく調子良かったのに突然エンジンが止ってしまった!2度とかからない。見るとプラグに火が飛んでなった。
そういうことはありませんか?これからあります。
98%はジェネレーターが死んでます。内部の線が切れるようですね、分解してもわからない。

Aさんはそういう状態に陥ってしまいました。近くのバイク屋で見てもらったら、その可能性で修理代は約80,000円!
そうなのです、ジェネーターASSYは新品で約6万円します。
たまらずうちに電話して来ました。引き取り代、修理代、中古パーツ代、パッキン含めて23,000円です。
ただ痛かったのは最初に見てもらったバイク屋さんの、どこが悪いか調べ代、5,000円。むかつくのはうちの調べ代プラス交換工賃と同じ値段、もっと値上げしよう。しかもタンクなどのボルトやヘッドライト内の配線など外したままであった。

実は年式が93年なのです。これで同例2台目。78年型も失敗作ですが、近いところでは93年型もそのようです。
多分古い型のままのジェネレーターでヘッドライト着きっぱなしの法律に対応したのが失敗だったのでしょう。翌年には新型のジェネレーターに進化しています。
93年型の方は中古エンジンを1個買っておいても惜しく無いでしょう。近く突然死しますから。


365 
     私がIMAMURAだぁー!     (2005年5月10日)

ぶぶぶぶぶぶーっ!へでは無い。XT500のヘッドにバルブをすり合わせている音。
バルブすり合わせは手でやってたが体力の限界でエアツールを買った。10台分すり合わせれば元が取れる。当分無理。
シートカットした方がいいから、ほとんど外注に出すからね。
前にも書いたかもしれないが、酒のケースがヘッドにピッタリ来る。

今年はロン毛にしまっせー。昨年は丸坊主だったからガラ悪くて初めて来る客がビビってしまった。
ロン毛は何か単車屋さんみたいでしょ?


366 
     パーツ洗浄剤       (2005年5月17日)


SR500のピストン色々。どれも皆中古品、もちろんカーボンがついてます。そのまま使っても問題はあまり無いが、気分のいいものでもない。
そこでパーツ洗浄剤を使います。







パーツ洗浄剤を溶かした水をアラジンで温めて80℃ほどでピストンを煮ます。何かここまで書いてて前にも書いたような・・・と思い出しました。





そうするとこんなにキレイになります。あー気分が良い。1度にこれぐらいの数をやらないと面倒で仕方ない。
ちなみに古い500には1/100mmまでのピストンの外径サイズが打ち込まれています。まぁ中古ピストンは磨耗してるから意味無いけどね。
そういうことで最近のピストンは1/10mmまでのサイズを印刷するのみになりました。一度使えばわからなくなります。こんなところまでコストを考えるのか。


367 
      エンジンの輸送の注意!     (2005年5月17日)

最近は全国からエンジンがオーバーホールやスープアップのために送られてきます。大体2000円〜3000円で送れるようです。
それだけの送料往復使って、ノークレームと言うリスクを負っても仕事をいただけるのはありがたいことです。

注意は送るときの梱包です。これは名古屋から来たエンジンですが、強靭なプラスティックの箱に多くのスポンジを入れエンジンを固定し、上からダンボールでカバーしてあります。完璧です。
送り返すと言う事も考えてください。出来上がったエンジンは基本的には同じ梱包材で送り返します。こういう完璧な梱包は返すときに非常にありがたい。
そういう気分は仕事にも現れます。すぐに取り掛かって、良い状態にしてすぐに送り返せました。1週間で出来たと思う。

これは悪い例です。どこから着たかは書きませんが、プチプチでくるんだだけ。運送屋さんも困ったでしょう。まさか出来上がったかわいいエンジンをプチプチでくるんだだけで返すわけにはいきません。
帰りの梱包費は箱代含めて別途頂く事になります。さらには気分悪いので、この状態のまま数日置いておかれて仕事も進まないかもしれません。





これもプチプチとダンボールで巻かれただけで到着しました。落とされたようでタペットのカバーが割れてオイルが漏れてきていました。
運送屋が悪いのか、送り主が悪いのか?当然私は送り主と思います。






こういう状態ですね。このエンジンは保険に入っていたようです。運送会社が写真だけ撮りに来ましたが、その後何の連絡も無くこのまま放置されています。
まだ何も手を付けれない状態です。内部も何か狂いなどがあるかもしれません。想定しない方向からの力が加わったのです、異常が無ければいいのですが?

ネットオークションで落札され、そのまま出品者から届くと言う事もありますのでそれは仕方ないとして、あなたのエンジンです。
完璧な梱包で送ってください。結局は安くつくことになります。それは私の工賃も含めてです。


368 
     エンジンの話色々、ストロークアップ      (2005年5月17日)

これはひどいシリンダー。内部にびっしりとピストンリングの段付き磨耗が出来ています。さわってみると段差もわかります。
10万キロ走行どころではないでしょう。でもまぁ安心を、中古のもっとマシなシリンダーはいくつでもあります。
お金持ちのあなたはボーリングを薦めますが、500の新品オーバーサイズピストンは手に入りません。



SR400のクランクを交換し500にするという仕事は案外多い。車体を500に買い換えた方が安いと思うが、乗りなれた愛車を手放すのもさびしい。
クランクが中古か新品か?現在どういう状態なのかで金額は変わってきますが、およそパーツ含めて10万から15万円の仕事になります。
いやー、もっと新聞紙用意するんだったわい。








わかってるでしょうけど、クランク入れるときはコンロッドの場所を注意ですよ。意外に忘れる。







ぽろっ、こういうことがあるからあまりクランクは開けたくは無い。えーい、難儀な。







シフトの調整はここだ。フィーリングがまるっきり変わる。でも規定値からずれてたのは今回初めて。
詳しくはサービスマニュアルを。






ぐわー、こんなきたねーエンジンを500にしたくないなぁ。ごめんねSさん。






で、こっちがうちの部品取りエンジン。こっちに500クランク組めばよかったと思うが、エンジンはそれぞれだ。
外見が汚いからってボロイエンジンとは限らない、同様に逆もね。エンジンの仕上がりは、もとの素材の良し悪しでほとんど決まる。
キレイだがぼろいかもしれない、リスクは避けた。




ヘッドカバーの液体パッキンは少しでいい。きっちり面だししてればね。
そうは書くけどどうしても多くなるのはわかる。実は私も結構多く塗ってる?と、思う。せめて内側を斜めに面取りすると、そこにパッキンが溜まって多くても剥がれて落ちない。

そうそう大型免許の無い方のエンジンを500にして積む事は出来ません。
送られてくるエンジンや、自分で積むなら知ったこっちゃ無い。ちゃんと改造申請しましょうと書いておこう。たぶん簡単に出来ます。
エンジンは壊れても止るだけだからね。


369 
    ついにリフト導入      (2005年5月19日)

もうすぐ丸3年、4年目になる。お祝いにリフトを買った。
人力の小型の安物だが十分使える。いやー、ほんといい♪腰がいい感じ。なぜもっと早く導入しなかったのでしょう?

最初に使ったのは開業後最初に来てくれたSRオーナーSさんの2号機。いやー、単車屋さんみたい。
そうか単車屋だったっけ?


370 
     ヤフーで買ったエンジン   (2005年5月20日)

ネットオークション(ヤフー)は良く使う。車両、パーツに関しては買いも売りもする。
兄さん用で78年式のSR500エンジンを結構な高価で買った。仕方ない、この年式のクランクは特別だからね。

ケースカバーがキレイに磨かれてるので不安になって開けてみた。画像は右ケースのクランクのシャフトがはまる穴。
オイルシールが反対向きで、しかもスナップリングはまっていなくて端がめくれてきている。おーこわ。
このまま使ったら貴重なクランクが焼きついたかもしれない、油圧不足でね。
ネットオークションは駄目と言ってるのではない、それどころか貴重なものが手に入るのでありがたい。問題は絶対にそのまま使っては駄目と言う事。
必ず整備してから使いたい。それはエンジンも車両もね。
また話は別になるが、クレームもつけるべきではないと思う。商売でやってる新品パーツ以外はね。
安く中古品買うのであって、通信販売ではないのだからねー。

そのエンジン、せっかくケース開けたのだからクラッチを交換した。平成の2桁モデルぐらいからこんなプレートが入っている。円ではなく、一方に出っ張り?出ては無いけどね。
どういう意味かはわからんが使ってみる事にした。
結果、半クラッチがなくなってパンとくっつくようになってしまった。プレートだけのせいでは無いだろう。





別のヤフー購入エンジン。オイルラインの銅ワッシャーが片側に2枚入っている。このまま使用すればオイル漏れは確実。やらせちゃうで。


371 
   SR400とSR500のクランクの重量の差   (2005年5月25日)


エンジンの仕事で多いのがクランク交換。つまりSR400のSR500化
クランクは7万円以上するので、ほとんど清水から飛び降りる覚悟だが、トルク(力)には代えれない。
実際昔のカタログ見るとSR400は最大トルク(3.0kg-m)を6500rpmでだしている。つまり6500回転のとき全開でこの力が出る(VMキャブ時代のカタログです)
それがSR500では2000rpm時にすでに3.5kg-m出ている。そう考えると力の差は歴然!もしかしてアイドリングでSR400の最大トルクを超えているのではないかとも思う。
これは完全にストロークの差、ボアの差ではここまでトルクは違わないはず。

話し外れたが、力が無いのをクリアするためにSR400はクランクを大きく重くしている。そうすれば力なくても低速で慣性で粘るからね。
どれほど重さが違うのか?気になるでしょ
ちなみにSR400クランク、ピストンまで付けて約8.5kg


こちらがSR500の新品クランク、ピストン、ピストンピン、ピストンリング、ベアリング。スナップリングは無いが各箱で同じと考えて7.3kgほどである。
げげっ、1kg以上も差があるんだ。
500クランクは軽くて吹け上りが良いわけだ。ただし低速の粘りは400に劣る。でも力は段違い。

最後にいい事教えましょう。78年式のSR500のみ400と同じ外径の重いクランクを使っていた。これは噂?
力があって粘る。夢のようなエンジン・・・あくまでも噂。わたしはまだ78年式を開けたことが無いので重量も量ったことが無い。
詳しくは作成途中「単車男」を見てね。

今日もまたこんなことやってます。パッキンはがすのがなぁー。オイルがドロドロ出てくるしぃー。
ちなみにクランク交換工賃、今年は3万円。上がるよーどんどん。


372 
    久しぶりの宣伝    (2005年5月27日)

CB400スーパーフォア ハイパーブイテック スペックツーという長いお名前のバイクのチェーン交換をしました。
センタースタンドが無いから大変だった。だから高いよ。でもなぜかそのへんのバイク屋よりもかなり安いらしい。
このバイクのオーナーの息子さんがSR400乗っててうちのお客さんなのです。

SRに限らずタイヤや、ブレーキ、チェーン、バッテリーなど消耗品交換はやりまっせ。気が向いたときだけ・・・
修理はわからないのでやらない。
しかもSR以外のパーツは在庫して無いので暇が必要です。このときも525なんてサイズのチェーン持って無いから注文して、来てからの作業です。
あー、車検もしたなぁ、スピードメーターがリアで計測するのでびっくりしたっけ。そういやメーターワイヤーなんてなかった。
車検代行もしますよー。今年は\9,800!もちろん年々上がります。


373 
    どうでもいいけどアンダーカバー    ( 2005年5月27日)

ラフロード走るわけではないのでどうでもいいのですが・・・飛び石で塗装がはがれ、錆びてるところ見ると少しは効果があるか。
1番左が78年式の初期型、穴は4つある。でも止ってるのは3つでただのボルト止め。
すぐに振動で割れて落ちてしまうので、翌年には真ん中のようにゴムダンパにカラーがついて振動対策された。進化!必要の無い穴はなくされた。
右はサイドスタンド出したままギア入れるとエンジンが止るという無駄なものがついた年式からのもの。スイッチの逃げがある。さらにふちにはすぐに取れるモールまで無駄についている。(取れてしまって画像には写っていない)
もっと他に進化させなくてはならない、お金をかけるところがあったはずだが・・・残念だ。


374 
     バルブシートカット     (2005年5月30日)

最近はバルブ交換の必要があるときは必ずバルブシートのカットを外注している。
それはそのまますり合わせたのでは当たり幅が広くなってしまい、せっかくの新品バルブがもったいないから。
もう1つはやはり餅屋は餅屋、内燃機屋に出すとヘッドやポートのカーボンをきれいに掃除してくれる。さらにバルブをキレイにすり合わせてくれるのだ。
私は組み上げるのみ。
しかも私のすりあわせ料金と、シートカットプラス清掃プラスすりあわせ料金が200円しか違わないということ。
ちなみにシートカット1箇所2,200円です。送料が要るけどこれはお得。


375
      遠方からのお客様    (2005年6月27日)

6月頭に夏休みで北海道ツーリングへ行ってからの初仕事は、名古屋のお客様。
エンジンなどは全国から送られてくるが、車体を乗って持って来ての整備はなかなか遠くの方はいない。
足回りの整備と車検とで預けて帰られました。代車はリード90。それでまた名古屋まで帰ったのだからすごい。
チェーンにスプロケまで交換すれば地元でやるよりもここ(大阪)まで持ってきてもお得だそうだ。よくやる。

この後、なぜか名古屋からのお客様は後を絶たない。
名古屋にはカスタムショップなどは多くあるが、単に修理屋やSR屋で信頼のおける所が無いという。
これは私が言ったのではないぞ。この車両のオーナーが言ったのでもありません。名古屋のバイク屋さんが言ったのです。


376 
     DIDの良いチェーン     (2005年6月30日)

画像は私の道外れ用愛車ケロケロケ(KDX250SR)。チェーンがガタガタだったので交換することにした。サイズは250ccとしては普通の520サイズ。
お客さんには高いXリングのチェーンを勧めているし、それしか取り付けたことがない。しかし私は金がないので少しでも安い普通のOリングチェーンにした。これが失敗。
取り付け後にホイールを回したときのロスが非常に大きい。うそだろー!1000円ちょっとの差、安物買いの銭失いとは私か?細かいところではグリースが少ししか付いていなかった。
メーカーではXリングは摩擦抵抗が50%少ないとある。本当かも?30〜50%の耐久性アップともある。これも本当かも?テスト中。
なんにせよ高いには訳があるのだ。ちなみにDIDを使うのは安く仕入れが出来るからです。もちろん定価よりもかなり安く販売できます。

チェーンの話を久しぶりに
SRは78年から87年までは530サイズという重く大きなチェーン。それが88年以降は突然125ccサイズの428チェーンになる。
それが寿命となる時、あなたは純正品に交換しますか?普通しないよね、ギア比も変えてみたくなるもんだ。
530はゴツクてカッコはいいが、高い。定価約18,000円近くする。しかも重い。だいたい750cc以上用のサイズだ。パワーのないSRには過剰すぎると思う。
じゃ428は安いと思うでしょう?違うのです,コマが増えるので高いのです。130コマ必要。しかもSR用は強化チェーンなのでかなり高いわけです。約13,000円
と言うわけで520サイズになるわけですね。250ccから600ccぐらいまでは普通このサイズです。SRにはピッタリでしょう。約11,000円ですね。
スプロケットもチェーンサイズに合わせてサンスターから好きなギア比でチョイスします。なぜサンスターかはDIDと同じ理由と日本製だから。
チェーンの参考価格はXリングでメッキしていないスタンダードなものの値段です。もちろん定価で販売なんてありえません。今のところXX%以上割引の上に交換工賃は無料です。


377 
       最新型の電装    ( 2005年7月1日)

初めての2003年モデル。色々と観察をさせて頂く。
この年式からキャブレターに付いた電機仕掛け。いったい何をするものかは知らない、想像するだけ。私の想像は間違ってるかもしれないので書かない。
完全に言えるのは2002年モデルに比べて走ってみると力がかなり無くなったと言う事。私の想像の答えでもある。(カタログデータでは同じとつっこまないでね)


色々な電気仕掛けが付く割にはヘッドライトケース内は空いてきている。初期の型のように押し込まなくてもいい。


378 
       最新型のフロントフォーク     (2005年7月1日)

以前のメンテ日記で2002年モデルのフォークスプリングが1999年以前よりも短い事を書いた。するとフォーク自体が短いのではないですかとメールでつっこみを頂いた。
確信がなかったのでそうかなぁーで悶々としていた。
今回は比べてみた、03モデルと80年代のエアサス。見事に同じ長さで、気分はスッとした。下は地面です、やらせなし。


これは信用しないでねと先に書いておこう。
上から78年から82年のフォークスプリングとスリット入り長スペーサー。(78,79,81年確認)
2番目が83年から84年と88年から93年のエアサス。スプリングは70年代と同様でスペーサーが短い。画像スプリングが上のほうが短く見えるのはヘタリのため。(83,84,91,92,93年確認)
3番目が最悪だった85年から87年のエアサス。柔らかいスプリングに長いスペーサー。合わせた全長は他のエアサスモデルと同じ。(85,87年確認)
残念ですが94年から99年までのスペーサーの不要なスプリングの在庫がなく画像取れませんでした。同様に01.02モデルのスプリングもありません。
1番下は03年モデルのスプリングです。スペーサーは使いません。左端は壁にしていますので短さがわかると思います。巻きを見てもその柔らかさが想像付くと思います。
ただし規定のオイル量は当たり前ですが増えています。オイル量は人それぞれでセッティングすると思いますが・・・
つっこまれないようマニュアルで調べました。
01、02モデルはスプリング自由長503mm、オイル量176CC。03モデル以降スプリング自由長492.9mm、オイル量204CC。
スプリングは1cm短くなっています。オイルは30CC増えていますね。参考にどうぞ。


細かい人はキャップも違うだろうとつっこみ入れるでしょうから書いておきます。
画像はOリング位置で並べていますが、実際エアサスはフォークのもっと上に、エア無しはフォーク内にキャップが納まります。
書きたいのはスプリングを押さえる力(縮める長さ)が、このキャップの違いで数mm違ってくるのです。そう考えると初期モデルはハードスプリングであったのがわかります。
ちなみにキャップはネジ部の径が違うので互換性はありません。


379 
        勘違い    (2005年7月1日)

どうでもいいことなんですが、皆さんに勘違いが多いようですのでここで説明をさせていただきます。
まずMotor Works IMAMURAはショップではありません。SRウエブリンクに「大阪のショップ?」と書いたのでショップと思ってる方も多いでしょう。
売り物はほとんど何もありません。オリジナルパーツもありません。ただの工場なのです。つまり単車をいじる場所ですね。
基本的にはボロイバイクを仕入れて解体し、ネットオークションでパーツを売る、から始めました。安いスクーターも近所の方用に多く作って売りました。
そして真面目な性格ですので税務署に届出しました。そのときに面倒ですのでバイク屋ということにしたのです。

SRに関してはほとんど趣味です。私も現在3台のSR500を所有しています。
よって考え方としてはSR仲間集まれー!といったところでしょうか?私の事はSR仲間だと思っていただけると勘違いしないでありがたい。
自分にはSRを整備や修理する時間がない、とか専用工具を持っていない、とかメカに詳しくないので出来ない。と言う方の代わりに「じゃあ、やってあげるよ」が基本的な考えです。
「そのかわりにちょっと小遣いちょうだいね♪」と言う事です。工場の場所代や水、電気その他工具や消耗品と色々と続けるにはこの小遣いが必要になるわけです。
一応工賃とは書いていますが、1時間約1万円という普通のバイク屋とはかけ離れています。私は1日1万円が通常的な計算です。儲けようとは今のところ思っていません。今のところね。
私がもし普通のサラリーマンで(4年前までサラリーマンでした)自分のSRを自分の代わりに修理してくれたなら、それぐらいなら払ってもいいかなと思う金額です。高ければ自分でやるわい。

理解していただけましたか?
ですので普通のバイク屋(ヤマハなどの看板を上げているところ)とは違います。純正パーツもほぼ定価でしか買えませんし、タイヤもチェーンも全て現金でわざわざ買いに行くのです。
よくこんな方がいます。SRを置いていって「リア周りの整備をお願いします、チェーンとスプロケットとタイヤ交換、ブレーキも減ってれば換えてください」それはいいでしょう、やります。
私が「手付け下さい」と言うと「いくらですか?」と聞いてくる。この辺で勘違いです。SR仲間なら「パーツ代で3万置いていくから、すまんけど後は出来上がってからにして」でしょう。
これだけの交換パーツある仕事で、もし手付け1,000円などというのは普通のバイク屋ならば出来ても私みたいな貧乏人にはちょっと無理です。全てのパーツは自腹で先に買ってくるのですから。

またこんな方もいます。足周りの整備を頼み、後から「エンジン側でクラッチの調整もしてください」と依頼されたりします。誰に頼んでるの?と聞きたくなります。そんな簡単な事、後から言われなくてもやるのが普通です。この辺も普通のバイク屋と勘違いされているようです。気が付くことでパーツが必要でなく簡単な事はついでにやってあげますよ。

メールでの問い合わせが多いのが見積もりです。キャブレターの調子が悪いのですがいくらかかりますか?そんなのわかるわけない。だって見てみないと何処が悪いかなんてわからない。
またノーマルかスカチューンかでも手間が変わるでしょう。すぐに外れるキャブ(スカチューン)となかなか外せないキャブが同じ工賃なら不公平でしょう。すこっと抜けるピボットシャフトと2時間かかってようやく抜けたピボットシャフトでもそうです。やった仕事は同じでも同じ金額では不公平。
まず、うちに来てしゃべって、見せてもらってそれからです。まぁ最近は名古屋など遠方の方がいらっしゃいますのでそうもいかないですけど。
見積もりはしません。それで金額的に不安な方は大通りにあるヤマハの看板が上がってる店で頼んでください。(きっちり見積もりしてくれます)
私の仕事を見て、しゃべって、人間を判断し、全て任してください。どこよりも安くてどこよりも丁寧な仕事をする自信があります。だからこそ裏通りでやってるのです。大きな通りに出てしまうとこのどこよりも安くが出来なくなってしまう。(場所代が上がるから)

まぁしかし始めて4年目になります。いつまでもこんなやり方ではいけないなぁ、これで食えるようになりたいなぁ、投資したのを少しづつでも取り返したいなぁとも思うようになって来ました。
私の腕もかなりよくなってきたと思います。普通のバイク屋に金銭的に近づきたいなぁとも思います。これも勘違いかぁ?
毎日遊べて生き延びれればいいかぁ、これが基本。こんなSR専門の修理屋があってもおもろいでしょ。くれぐれも勘違いの無いようにね。


380 
     最新型の細かいところ色々     (2005年7月4日)

更新が久しぶりですみません、私事ですがパソコンでちょっと問題出まして・・・
毎日更新のサイトもあります、探してみて。そこに上記問題書いてます。


エンジン左のドライブスプロケットカバーにはゴムのダンパが付いた。ボルトにはワッシャが付く。
かなりのコストがかかっている、ここまでしなくては騒音はクリアしないのだろうか?カバーがビビル音なんてたかがしれていると素人は思ってしまう。
ゴム類は20年ももたずにヘタるはず。




ブレーキレバーはクラッチ共に指のかかりやすい柔らかなアールの物に戻されている。いやブレーキ側は新製作か?
なんにしてもこういう改良は歓迎。2000から2002年モデルのレバーは、以前に私が文句たれてます。
いまだにホルダブーツカバーを付ける良心があるなら、レバーも黒のビニールコーティングとコストをかけて欲しい。


381 
     最新型のピボットシャフト      (2005年7月4日)


流石に新車、何の問題も無い。初めから入っているグリースがモリブデンになったとは驚いた。もちろん見てのとおり充填とは程遠い。








ニップルつけてグリースポンプで充填すると、こういうところから余分がはみ出てくる。
難儀なのはオイルシールまでずれてしまう。設計、考えどおりには行かない。ブーツは戻しておく事。
グリースを充填すると水が入る隙間がなくなるので、ほぼ永遠に近くベアリング類は長持ちする。


382 
     最新型のバルブクリアランス      (2005年7月5日)

前にも書いたかも?インテーク側のバルブクリアランスは、騒音を意識してか非常に狭く設定してある。
そのおかげでバルブがシートに沈んでくるとクリアランスがなくなって、バルブが膨張する温感時にエンジンがかからなくなってしまう。冷めればかかる。
約10000kmでそういうトラブルは多いと聞く。この車両も10000kmを少し越えたところ、クリアランスはゼロであった。


エキゾースト側は排気ガス規制のための装置が付くため高温になるのがわかってか、クリアランスは超広い設定。
普通の整備士でマニュアル見なければ絶対に詰めたくなる寸法。
それを防ぐためかカバーを止めてあるボルトにはネジロックがつけられ、開けにくくなっている。

バルブクリアランスはサービスマニュアルで調べてください。


383 
     エンジンがたまってきたぞ      (2005年7月6日)


エンジンばかりの整備が重なる事もある。お客さんの名前を覚えれないので、送り返す地名をガムテープに書いて貼って管理する。
神奈川、京都、兵庫。全てSR500。500はピストンスピードが速く、エンジンの温度が上がるために弱い。
あなたのはあったかな?ちなみに現在腰上分解整備工賃は\10,000!もうすぐ値上げします。
期限付きの整備は請けません。


384 
      ホイールの振れ取り      (2005年7月8日)

アルミリムであるSRはめちゃくちゃスポークが緩みやすい。定期的に点検したいところ。
画像は自作振れ取り台で振れを取る私。いつもヘラヘラ仕事してると思ってたが、けっこうマジな顔。
足回り整備やうちの中古車は必ずスポークを張り、1mm以下に振れを取ります。(画像提供D氏)





そのD氏のリアのアクスルシャフトは新型ゆるみ止めナット。それを割りピン式に変えてくれと言う。
ナットだけを交換すればいいかと思ったら、なんとっ、シャフトの長さが違ってそのままナットだけ交換は不細工。
しゃーねー、中古のシャフトと交換。
割りピンを入れるとパンク修理、チェーン引きなどが面倒だが、メンテナンスはいらないのと、気分的に安心。
ゆるみ止めナットも理論上は緩まないが、それは毎回新品を使用することが前提。繰り返し使うなら増し締め点検は必要。


385 
      キャブ鍋        (2005年7月11日)


水にVMキャブをそのまま3つ入れて、味付けは洗浄剤を少々。
これで沸騰しないよう80℃前後で煮込む。すると内部のワニスやカーボンでいいダシが出る。






少し冷ましてから取り出して分解、内部はピカピカ、細かい通路もキレイに通っているはず。
このキャブなどは、スターター(チョーク)の穴から何かの虫のさなぎが出てきた。
洗浄剤で少し真鍮類は犯されている。水だけなら危険は少ないがこれほどキレイになるかは?
油分が全て取れるのですぐに分解し、エアで水分を飛ばし油分を与えないと各部がへばりつく恐れもある。


あまりにひどいものはフロート室を開けて煮込んでもいい。これはXT250用のVMキャブ。
これが・・・








こうなる。キャブクリーナーではここまでは無理でしょう。


386 
       ステムのガタはこんなのも     (2005年7月21日)

何でも自分でやってしまうOさんが滋賀からやってきた。
ステムのガタがどうしても取れない。締めても取れない、わからない。
じゃ、私もわからないよと分解してみた。なんとっ!

上がガタがあるもの、下が無いもの。そうです、上部ベアリングレースがステムシャフトに食い込んでいたのです。
これでは締めきれない。
私は締めるよりもガタがでるくらい(出ては駄目)柔らかい方が良いと思ってました。
長くガタが出たままだとステムが磨耗するのです。やはりある程度は締め付けないといけません。でも締めすぎも駄目です。難しいのです。
それを簡単にしてくれたのがアンギュラベアリングです。
いやーしかし、こんなのはじめて見た。


387 
    こりゃすごい、お客様色々     (2005年7月29日)


夏本番、えらそうに書いてるなぁ、どんなオヤジだろうか?と興味を持ってくれたSR乗りが来てくれる。
ノーマルで乗る人はほとんどいない単車であるので色々見させてもらう。
このテールはヤマハの丸テール、それにLEDが組み込まれている。ナンバー用の下向きもあって凝ってるなぁ。
純正テールではもったいないのもご承知で、本体はレプリカ品だとか。名古屋から泊まりで来られた方


この方は結構有名なKさん。以前からメールではお付き合いがある。京都から。
ディスクブレーキにしろ、電装にしろすごく手が入っている。このタンクカラー好きだなぁ。WMのシートも好きだった。
ホームページはこちら http://srx6blk.hp.infoseek.co.jp/SR/SR-Index.htm 詳しく書いてあります。
SRってどんなカスタムにしろ、単車に人柄が出ますねー、面白い。


388 
     サイドスタンド脇の邪魔なヤツ     (2005年7月29日)


定期点検とオイル交換で来られたYさんSR400
なんじゃーこりゃー!ぶらーんぶらーん。サイドスタンドのスイッチが配線だけでぶら下がってました。
縁石か何かにぶつけたのでしょうか?ボルトが折れていました。このまま走り続けていたら・・・
いつかもげて配線が切れてエンジンが止まります。何で何で?になるでしょう。ある加工をして取り外しました。
じゃ、スタンド出したまま走ってしまったとき危ないじゃないかって?そうですね、そういうあなたが単車乗ること事態危ないです。
私は単車に乗り出してから25年以上になりますが、サイドスタンド出したまま走り出したことは一度もありません。


こちらは中古車で仕入れたもの。同様のトラブルが出たのでしょう、うまく応急修理しています。タイラップでフレームに止めています。自分でやったのか単車屋さんでやったのか?
不細工ですので、同様の加工で取り外しました。
意外と多いトラブルみたいです。うちは新型車両が少ないのですが、確立は高いです。いらんなぁ、こんなもん。あ、別に無理に外す必要は無いですよ。万が一の場合もあります。



389 
    強化カムチェーン    (2005年8月9日)

相変わらずエンジンの仕事は多い。これは京都からの仕事で400を500にしたものに使ったDIDのカムチェーン。
関東の有名ショップより取り寄せた。値段はノーマルに比べさほど高くないが送料などが高くついた。
どこがどう強いのか見てもわからない。ただ形から考えるに少し軽いだろう。
多分レーシングカートあたりのドライブチェーンではないかと思う?
ご希望に応じレース用パーツも組み込めます。パーツによっては10%ほど値引きも出来ます。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)