メンテ日記 (その15)  
     
420
     車載工具      (2005年12月2日)

メンテには使えない車載工具。でも使える物がある。プラグレンチとこれ。
80年代前半のSRの車載工具であるので、現在の車両には当然コストダウンされて入ってはいない。
何これって感じでしょ、実はバルブアジャストスクリューのレンチです。それとシクネスゲージ。シクネスゲージは親切に0.1と0.15mmです。インテークとエキゾーストの標準値ですね。
当時のSR乗りに求められたのは、自分でバルブクリアランスぐらい調整してねって事。今でもライダーたる者自分でバルブクリアランスぐらい調整したいところですね。ただ自分で工具は買わなくてはいけません。


421
     ヘッドランプ       (2005年12月2日)

ヘッドランプも進化し、その後コストダウンされていきます。
右下がシールドビーム、つまり普通の球。切れる事はほとんどありませんがハロゲンに比べると暗い気がするのとだんだん暗くなってきます。(新品はそれほど暗くないが、高い)スモール球の透明部分がいいねー。
次に左下に変わります。この間にスモール球付きモデルがありますが、この日は在庫無かった。ハロゲンです、ゴムキャップは外していますがすばらしく明るく文句の無い物です。
そして左上、球の押さえをただの針金にコストダウン。キャップも微妙にひっつきが悪くなったような・・・
そして右上、ヘッドライトの押さえ金具などを廃止し、コスト下げました。オーナーの負担は転倒時に割ると今までは球のみ汎用が使えましたが、この型では専用品をヤマハで高く買うか、それ以前の押さえ金具をヤマハで高く買い足す事になります。
まぁ、いまだにガラスの丸型ヘッドライト使ってくれていることに感謝した方がいいのでしょうね。


422  
      ハンドルスイッチの不良    (2005年12月5日)

プッシュキャンセルはトラブルが多いのは書いた。そうでないのにもトラブルは出る。すでに20年以上前のスイッチだ何が起こってもおかしくない。
フラッシャーが駄目、色々探ってここにたどり着いた。なんとハンダが取れていた。修理は非常に難しい、付ける相手がほとんどプラスティックだからね。







こちらはホーンボタンが割れている。ホーンのスイッチを新型車両から外してハンダ付けをする。これは相手が鉄だったので簡単だった。


423
      いいものでも終わりが来る     (2005年12月12日)


いくら良い物でも終わりは来る。フレームが曲がってしまってはもう終わり。諸行無常、形あるものには全て終わりが来る。
わかるかな?画像はステアリングヘッド下部、いわゆるネック。膨れています。
本人はずっとこれで乗ってたようだが・・・もうやめとき。全体画像は控えます。




SRのフレームにはオイルが入っている。しかも溶接が多い。よって事故すると割れる。
割れたところからオイルが漏れてエンジンはオイルでドロドロになる。これはフレームからのオイル漏れ。




軽トラに積み込んだ時のサイドスタンドの位置。傷が入ってるところが通常のSRのサイドスタンドの位置。サイドスタンド出してずらすのでここばかり傷が入る。
10cmほどホイールベースが短くなっている。つまりキャスターが立っているわけだ。ちなみにセンタースタンドを立ててもリアタイヤは浮かない。


424 
       リアブレーキが無くなる?    (2005年12月12日)

何がどうしたかわかりませんがリアブレーキの無い車両。この画像ではアクスルのナットが無いのがわかります。








こちらの画像はトルクロッドのボルトがなくなっています。ロッドも切れて蝶ネジなど紛失。どうしようもない。




ブレーキのアームはこんな形、ゲロゲロえげつないなぁ。

部品は全て中古品をうまく使い、工賃は2006年から実施予定の学割20%引きを適用しかなり安く修理しました。
現在学割実施中。学生証をもってご来場ください。


425 
     エンジン始動手順ステッカー    (2005年12月15日)

VMキャブレター時代のエンジン始動は儀式とも言われている。慣れるとどうって事は無いが、力を抜いたり、なめるとかからない。
交差点の右折中心でエンスト・・・端まで押してが、その後全くかからない。こんな事当時のSRでは当たり前の事であった。
私だって若いころにはSR500のエンジン始動にてこずった。
そのころの車両にはこんなステッカーがタンクに張ってあった。落ち着いて読めばエンジンはかかった。
ケッチンやその他為になる事が書いてある。「エンジンの状態によりウォームエンジンスターターノブを使用します」そうだった、と押せばかかった。
ありがたいステッカーであったがキックに慣れるとかっこ悪いと剥がしてしまった。若気の至り_| ̄|○
今では手に入らない貴重品。


426
      81年SR500SP    (2005年12月16日)

SR500の79年から82年と言うのは氷河期?でほとんど売れなかった。それは78年型の出来が悪くて評判が悪かったのと、免許を持ってる人が少なかったから。
それと大型免許持ってる人はナナハン乗ったから。Z750FからCB750Fはめちゃくちゃ売れた。
おかげで現在では超稀少モデルとなっている。中でもこれだけノーマルパーツが残る車両は本当に少ない。
8月に仕入れてようやく出来上がった感じだがあまり売りたくなく、しばらくは工場に飾っておいた。
最高にカッコいい♪
でも売れなかった理由はもうひとつある。あまりにもキャストが重すぎたのでした。歴代のSR500の中で1番ドン臭いモデルでもあった。(SR500はもともと速く走るための単車ではないので問題は無いと思う)
ただ最近この重いキャストホイールが異常人気である。値段は急上昇!もう絶対に買えないだろうと思う。


427 
     年賀状用画像     (2005年12月20日)

工場の前で年賀状用の画像を取った。感性が無いのでうまくない。
現在のお気に入りのSR500を出してきた。
一番手前が私の足、78年式初期型SR500。奥の左が81年式の大八車。その右がこれも78年式SR500である。こいつはまだ手を入れていない。
インターネットでの買い付けで全国からSR500を仕入れれる状況にあるが、8月に78年を仕入れてからすでに半年以上売りには出てこない。(現在3月)
月にSR400(1JR)が300台以上出てくる中で非常に稀少なSRであることがわかる。仕入れても売るわけにはいかない、もったいなくって♪ほとんど趣味だな。


428
      ピボットシャフト    (2005年12月20日)

売れない中古作っても仕方ない、売れる400に取り掛かる。今日はカメラが良いので画像がきれい。
スイングアームに微妙なガタのほとんどはブッシュとベアリングの磨耗。グリースを入れたことが無いからだ。
またピボットが抜けなく、かまし物を入れてはインパクトレンチでボルトを締めあげ、シャフトを抜く。決して叩いてはいけない。引き抜くのだ。
インパクトレンチはプロの工具と思われがちだが、コンプレッサは今や1万円からある。インパクトレンチも5000円ほどので十分。スイングアームを切る事を思えば安い。コンプレッサはタイヤに空気も入れれるし、エアーブローはキャブの掃除やブレーキの掃除に使える。


左からブッシュの新品と磨耗した物。中古の使用可能なピボットシャフトと、抜いた錆び錆びの物。片側のベアリングがボロボロのスイングアーム。
中古でも手を抜かず、見えないところにも新品パーツを使う。ブッシュは約3200円、ベアリングは約1200円。
外見は汚い中古でも、内部はマトモ。でもそれでは見かけ悪くて高く売れない。


429
      タコとスピードワイヤー    (2005年12月21日)

オイルがよーく漏れているタコメーター取り出し部。ボロッ、あーあー難儀な。こうなると取り外しは困難。アルミがボロボロになっている。力をいれずにうまく工具を使い、てこの原理で取り去る。
タコワイヤーは1000円ちょっと。







スピードメーターも動かないなぁ、と思って見ると、こうなっていた。あーあー、ぼろいねー。中古車ってのは本当に怖い。
まぁワイヤーならそうは高くない。メーター壊れてる方が高くつく。


430 
     旧シート    (2005年12月22日)

84年以前を再生するために中古で旧型のいわゆるタックロールシートを手に入れた。
するとベースが錆びてグサグサ・・・これでは使えない。スポンジとカバー(表皮)が惜しいので分解する。コストのかかった最近では見ない鉄ベースだが錆びてしまうのがネック。だが残った鉄はゴミにならない資源だ。





カバーの裏にスポンジ入りでタックロールつくってあるのは知ってた。分厚いカバーだ、縫い目も無い。防水性は現在の物とは比べ物にならないほど良い。
スポンジも腰があると思ったら2J2と入っていた。これも現行モデルとは全く違うようだ。
現行シート、特に50周年記念モデルは形こそ似ているが、全てが全く違う物である。錆びるシートベースだけは同じかもしれないが・・・

追記として、初期シートも79年から82年と83.84年型ではカバーが違うのは最近知った話。スポンジの違いはまだ未確認。
安物で水が染み出るようになったのは85年からである。


431 
    また?サイドスタンドのスイッチ  (2005年12月27日)

冬なので暇になってきた。中古車を作りにかかる。
平成7年式のこの車両もサイドスタンドのスイッチがもげていた。少し破片とボルト残して・・・
誰かが乗ってたときにもげてしまってエンジンが止まって、二度とかからなくなっただろう。いや、かかるがローに入れると止まるんだったな。
でもこんなところぶつけるのかなぁ?


432 
     先輩には愛想がいい?    (2005年12月27日)

私はよく言うと人見知りするので、はじめてのお客さんが来てくれてもなかなかしゃべれない。悪く言うと修理屋(単車屋ではないぞ)らしく愛想が悪い。
慣れると喋り捲るけどね。
ところがこういうの見せられると急に愛想が良くなる。キーを見てわかるように新型車両。もうすぐ10万キロ!SRでの走行距離では大先輩だ。


433 
     宣伝    (2005年12月30日)

うちの工場に似つかわしくない車両。
でも暇なら簡単な仕事はする。前後タイヤ交換と、持込のディスクパッド交換をした。リアホイールを外すのに非常に難儀したので全てで18000円と高価だ。
それでもうちが安いと言って来てくれる。オーナーはいわゆる大阪のオバちゃん、あたりのバイク屋全てで値段は聞いてきてた。10円でも安ければそこに行くのだ。もちろん数千円他よりも安いらしい。(他店の値段は知らない)


434
     中古ってやつは    (2006年1月6日)

明けましておめでとうございます。2006年もよろしくお願いいたします。(って今は3月だけどね)
また違う中古車を作っています。平成は二桁もの。それでも錆びは多く、サイドカバー外したらボルトが折れた。はーあ。






少しでも残っていたなら、バイスプライヤで挟んで抜き取ります。CRCなどをつけて1日以上待ちましょう。これは3日待ちました。
エアクリーナーケースを緩めてずらして裏側へ抜き取ります。
中古を1台仕上げるってのはホント大変なんだよ。



それでもってこれだもんなー。新品は2700円ほどするエアクリーナーです。はーあ。中古車って怖いねー。買う店を選びましょう。
うちは修理屋ですので中古車はほとんどありませんが受注製作します。この車両も受注製作です。





これはリアのマッドガード、割れてた。最近はインターネットで仕入れをするのでこんなところまでわからないもんねー。
安いものだが痛いね、少し。どうやったら割れるのでしょう?


435 
       ピボットに入る水    (2006年1月6日)

ピボットのシャフトは簡単に抜けた。でも中から水が出てきた。このシールはどうにかならんのか?水が入るなんてシールじゃない。
水が入るから錆びて抜けなくなるのだな。防ぐ手立ては定期的な分解しか無いかも?2年毎に分解で完璧でしょう。
完全に乾かして組み付けた。ベアリングは大事を見て交換した。


436 
      メンテに関係ないけど日記だからね   (2006年1月9日)

もらい物のプリンターが調子悪いので請求書が出来ない。それとFAXが壊れた。
それをきかいに工場のデスクのイメチェンだ。こちらがイメチェン前。







こちらがイメチェン後。プリンターはヒューレットパッカード複合機。スキャン、コピー、FAXが出来て1万円ちょっと。
これで数年工場という環境で壊れなければもう国産は私は買わない。
パソコンは事務所(自宅自分の部屋)で使っていたもの。工場にもってきたので、これからは事務のほとんどは工場でやることになった。


437 
      メッキは剥がれる    (2006年1月12日)

アルミにメッキは相性が良くないようだ。はじめはキレイでもすぐに剥がれてくる。
新品に交換した。メッキがかかったレバーは普通は純正新品の倍以上の値段。考え方を変えると2本以上買えるわけだ。
ピカピカが好きなら新品に磨き(バフ)を自分でかければいい。


438 
      フラッシャーリレーは壊れる    (2006年1月13日)

フラッシャーがおかしいと入ってきた車両、確かに変。調べていくとコネクタの配線がポロッ!あかんがな。
配線を修理したが、どうもリレーも壊れているようだ。配線の不具合で変な電流が流れて壊れたか?





新型のリレーが無い。安く直したいと言うので旧型(92年以前)のリレーを使って修理した。いくらでもある。
ただしこの方法ではハザードが無くなる。逆に言えるのはハザードが無いリレーはまず壊れない。
まぁ84年以前のカッチカッチのアルミの丸いリレーも壊れるけどね。
ハザードが無くても車検には関係ないし(2輪の場合)使うことも無いのでは?あなたはハザード使う?


439 
      スポークが折れる   (2006年1月16日)

SRはアルミリム。アルミリムはスポークが良く緩む。なのになぜか締める人はなかなかいない。
ガタガタのまま乗るとそのうち折れる。ガタガタで折れたままでも平気な人も多い。死ぬよ。1人で死ぬならいいが巻き添えはかなわない。
締めると振れると思う人も多いかな?でも振れてるのと、折れてガタガタとどちらがいい?締めようよ。
緩んだままではブレーキも効かないし、コナーリングなんて出来るわけ無い。真っ直ぐすら走れない。




スポークはさほど高くないが、ホイール1本分でしか売ってくれない。うちに来れば中古1.2本なら上げます。
表裏で首の角度が違うので注意。


440 
      中古車の走行距離   (2006年1月19日)

今日も暇で中古車作製中。おーおー、急いでメーター換えたのかな?配線がこんなところから出てるぞ。
このままでは切れるので直します。
中古車ってやつは昔ならメーター戻してある。今ならネットオークションで買って交換してあると思って間違いない。
SR400のノーマル白メーターなんて2000円もしないで買えるのでは?



はい、これで正常です。ここを配線が通るのです。
何が書きたいって?中古車の走行距離やメーター表示は全く当てにならない。選ぶ上で考えてはいけないと言うことです。
特にSRではね。


441
       お願い     (2006年1月19日)

ありがたいことでメールを多く頂きます。励ましメールや突っ込みメール。うれしいかぎりです。
もちろん仕事の請けも予定の調整もメールがほとんどです。
気になるのが名無しメールが多いこと。もちろん今のところ全てのメールには返信していますが、名無しさんに返信はどうも気分がのらない。
たとえばあなたに名無しさんからのメールが届いたとして、質問に答えたり見積りをする気になりますか?
私はブラインドタッチが出来ません。これだけの文章を作るのにも20分近くかかります。メールも同様です。
ただ、SRの仕事は半分は遊びと思ってやっているので出来るのです。メールくださる方も多分SR乗りなんだろうと思うから返信してきました。
ただ非常にメールが多くなってきており、毎日返信に3時間以上かかる事はざらです。
お願いは気分良くメールのやりとりをしたいので、せめて名前を教えてくださいという事です。
以前もどこかで書いたかもしれませんが、最低でも「兵庫県在住のマサです78年式のSR500に乗ってます」ぐらいからはじめませんか?
儲けにならないメールでも当然OKです。
ただSRに関する質問だけは「ヤマハSR何でも相談室」http://homepage2.nifty.com/moonfish/sub/readme.htmlにお願いいたします。私よりもよく知った方が親切にやさしく教えてくれます。


442 
      フォークのオイル漏れ    (2006年1月19日)

フロントフォークのオイル漏れって、結構よくある話。古くなれば漏れる。たいていはフォークのシール交換で直ります。
画像はかなりキレイにしてしまいましたが、フォークの後ろ側にオイルのにじみ、汚れが付けば漏れてきています。黒くなってるでしょ。
片側から漏れ始めますが、必ずシールは両側交換しましょう。まもなくもう片方も漏れます。




こういうのがあるんだね、知らなかった。締め込めばフォークスプリングを押してスプリングイニシャルが変わります。硬くなる。
心配なのはエアが漏れないかなって事、多分大丈夫なんだろうけど。
いくらフォークスプリング押しても、オイルが漏れていれば油面が低くなりスカスカになります。まずはカスタムよりもメンテ。


443 
     フォークのスプリングの違い     (2006年1月19日)

上が以前の378でのスプリングの紹介で出せなかったドラムモデル後半、エアサスでないもののスプリングです。
下側が82年以前のエアサスでないもののスプリングとカラー。左端は同位置にしています。
巻き数、長さ、いかがでしょうか?カラーのあるなしも考えて想像してみてください。SRのフォークセットは純正スプリングや、フォークオイル粘度、量で無限大にセッティングが可能です。
お金ある方はホワイトナンチャラをどうぞ。自分は金持ちですとステッカー貼れば見栄はれます。

旧型のキャップは鉄で強度以外優れたところはありません。錆びるしねー。出来れば新型アルミにしちゃいましょう。曲がったジャンクをネットオークションで安く買ってね。Oリングもいいのになるかもね。


444 
     ミリテック-1   (2006年1月24日)

こういう添加剤って全く信用しない方であった。だが最近の添加剤は良いよーと信用できる筋から聞いて試してみた。
結果は最高にいい。宣伝ではない。煙が出るなどの悪い面もあったが、帳消しにするほど効果があった。金属表面改質と言うらしい。

私の78年型SR500でテストしての感想。せこく半分120CCほどエンジンオイルに混ぜて使用。説明書には1万キロ以上走行車は10%混ぜろとあったが無視。
走行200kmまでは煙を吐き、最悪だと思った。(多分シリンダー壁の金属改質中)
その後は始動性向上。キック3発以内でかかればラッキーの初期型VMキャブで、かならず1発でかかるようになった。それもまぐれではなくほぼ毎日。悪くても2発でかかる。
次にオイルの温度が約5度低くなった。そのおかげもあるのかどうかわからないが、カチカチ音が減って静かになった。
出力は体感しない。毎日乗ればわからない。燃費は今のところ5%ほど向上したようだが量り方もあるので答えははっきり出ていない。
300km走行で煙はほとんど出なくなり、ミッションのタッチと言うか入り方がすごく気分よくなってきた。ローから軽くニュートラルが出せる。

なぜスーパーゾイルでなくミリテック−1なのかは安いから。定価も安いが仕入れ値も安かったから。
約2200円でこの効果、どう?私は5発も6発も蹴る事が全くなくなったので満足だ。多分セルつきには意味の無い物だろう。
今後量り売りする予定。約半分で2200円予定。予定だけです、まだテスト中だから。1本で買ってくれるなら10%引きます。


445 
     新型ディスク化   (2006年1月25日)


転倒し、前周りを壊したYさんの1JR。普通に見えるがフォークやブラケット、フェンダーやホイールまで曲がっている。メーターやヘッドライトはヤフオクで安く買って自分で交換したようだ。






ホイールをヤフオクで購入。ドラムのタイヤももうヒビが出て交換時期だし、曲がってしまった。どうせならとディスク化する。一石三鳥?
ディスク化は流行を追うわけではなく、制動性能を狙うわけでもない。ただの興味、ディスクとドラムの違いが知りたいというもの。
よく整備されたドラムの制動能力に不満は無い。




出来上がった姿。フォークは曲がった物を安く購入、インナーを新品にした(かなり高く付いた)フェンダーはうちの中古。マスターにキャリパ−もヤフオク購入品。全て純正品。これは改造申請をする上で大切な事。ちなみに車重が軽い方がブレーキがよく効くのは当たり前、そういう意味ではスカチューンの方がブレーキの改造申請は楽そうだ。


446 
     フォークの違い    (2006年1月25日)

1JRにRH01Jのディスクを付ける続き。フォークの違い。
中2本が最新型(RH01J)、外側2本が新型(1JR)のフォークのアウター。ごらんのように全く形が違うのでフォークも交換しないと最新型ディスクは取り付かない。
新型フォークは78年初期型からほぼ同様の形で互換性はある。20年経つとドレンボルトが無くなってしまった。フォークオイルを抜くにはフォークを取り外さなければならない。最新型は砂型から無くなってしまった。

これはインナー。アウターが違えば当然インナーも異なる。サイズは同じ35mm径、長さも同じ。互換性は無い。
右2本が最新型。下側にもスライドメタルが付いて作動をスムーズにさせる。
他にもオイルシールなども全て異なり、互換性は全て無い。ちなみに最新型のシールは簡単にスライドメタルと抜けてくる。新型はシールを抜くのはなかなか大変、スライドメタルなど抜くのは不可能に近い。

同じ長さのフォークに収まるスプリングの違い。
上が新型(1JRの後期)下が最新型(RH01Jの前期02年まで)のフォークスプリング。線径はほぼ同じ、材質の違いは不明。
下側(左側)の巻き数の違いと長さの違いで最新型は非常に作動始めからしなやかであるのが想像できる。指定オイル量はほぼ同じ。さらに03年モデル以降はスプリングは短くなる。(オイル量は増える)
ディスクブレーキと言うことを考えると、しなやかなスプリングになるのは当然の事。ディスクに交換してハードなスプリングを入れるというのは私には何で?の世界。反対でしょ。
今回はオーナーが体重があるのでスプリングのみ1JRのを使った。


447 
      テーパーローラーベアリング   (2006年2月2日)

はい、これで4年目突入のメンテ日記、頑張りまっせ。もっと楽しく書こうと思ってます。
テーパーローラーベアリングはローラーの線で荷重を受け持つので点で荷重をうけるボールベアリングとは耐久性の違い歴然。
車のハブのベアリングに使われる。BMW(バイク)も使ってる。
これはSRのステアリングヘッド用。ドライバで示したところにグリースを詰めるのですよ、表面は薄く塗るだけでいい。




単車の一生持つだろうベアリングも締めすぎればこのようにレースが変色し悪くなってきます。グリースも大切だが締めすぎは1番駄目。


448 
      クラッチワイヤー      (2006年2月3日)


またこんなところにワッシャ−かましてる。アイデアは良いけどね、ここにワッシャ−かまさなければ調整しきれないのは何か原因がある。
クラッチアジャストスクリューの磨耗、又はクラッチ内部の異常。今回はクラッチワイヤーが質の悪い社外品で伸びているかそれとも初めから長いのか?


449 
      フォークオイル交換     (2006年2月4日)


フォークオイルってどれぐらいで交換すればいい?マニュアルなどにはあまり書いていない。
私は5000kmで良いと思っている。この車両は私のSR500で6000kmも走ってしまった。ドレンボルトからオイルを抜いて楽している。
ドロドロだ。ヤマハ純正フォークオイルは赤いキレイなオイル。それが6000kmでこうなる。やっぱせめて5000km走行で交換したいところ。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)