メンテ日記 (その16)  
     
450 
    初期型SR500   (2006年2月10日)

久しぶりに仕入れた初期型の最終SR500(84年型)
いわゆる84年以前のディスク初期型SR500は非常にタマ数が少ない。その上大型免許が規制緩和で誰でも取得できるようになって欲しがる人も多い。おかげで仕入値段はどんどん上がってきている。SR400が200台に対して1台しか業者オークションでは出品されない。
良くSR400とどう違うのか聞かれるが、いつも答えは同じ。「形は似てても全く違う単車」
400は壊れなくて丈夫で足になる。カブの代わりにも使える。だが特にVMの初期型500となると完全に趣味の単車。エンジンをかけるところから趣味の世界になってくる。走りも全く400とは異なる。振動が多くガクガクして乗りにくい。さらにはエンジンは熱をもちやすく壊れやすい。
それで400よりも値段はかなり高い。バカしか買わない。ただそのバカはSR500を転がす時、いつも顔が笑ってる。怖ーい。
国産では唯一バランサーの無いビッグシングル。それの本物、完全進化最終モデル。
修理の工程を1つにまとめようと思ったが程度がよすぎて話のネタにならないのでここでボチボチと書くことにした。ほんと程度よくて高かった。


451 
     リアショックのナットは間違えるな    (2006年2月10日)

リアショックを止めている袋ナットを間違えると画像のように袋部がもげてしまう。
確か下側スイングアーム側が分厚いワッシャーと普通の袋ナット。上のフレーム側が深い袋ナットだったはず。
下側のナットをこのように上で使うと袋部が外れる。逆に上のナットを下で使っても大きな問題は出ない。
別にナットなんてどうでもいいけど、見栄え気にする人は注意。これは中古車なので交換した。


452 
     ハブクラッチのOリング   (2006年2月13日)

問い合わせの多いハブクラッチのOリングについてもう一度詳しく説明しましょう。ホントは自分で分解し、理解して欲しいところ。
昨年XT500を整備中に発見した優れものです。と言いますか、装着されて当然のパーツです。
SRにこのパーツが装着されていないのは単なるコストダウンでしかありません。必ず装着しましょう。
この3つのOリングを使います。純正パーツですのでどこのバイク屋でも注文できます。私のところにはいつでも在庫あります。


装着しないでグリースを注入すると、ニップルの反対側にグリースが行き渡りません。
さらに注入し続けるとこのように内部に漏れ出します。ダンパはゴムですので、グリースの油分で傷みます。
Oリングは耐油ゴムですので問題はありません。





ハブクラッチの磨耗。ハブクラッチを浮動と設計したため消耗し磨耗します。これはまだたいしたことはありませんが交換します。
内部ハブとの当たり面に磨耗が見れます。また指で指しているところがストッパとの当たりによる磨耗。ガタの元です。
当然相方のハブも磨耗します。ですが値段が高いので通常ハブクラッチのみ交換します。ガタは相当少なくなり使用に耐えるようになります。(磨耗によってはハブが全く使えないこともあります)
もちろんハブも交換するのがベストです。お金持ちの方は換えて下さい。
新車時の納車整備を怠ってグリースを入れないでいると約1万km走行でガタガタに磨耗します。

旧型の磨耗したハブクラッチと、現在の新品。バフにクリア塗装とメッキスタッドボルトの旧型と銀塗りに黒いスタッドボルトの新型と書いた方がいいかな?コストダウンは進んでいます。
ちなみにバフ仕上げのものも手に入りそうです?怖くて頼んだことが無い。(ヤマハのパーツのことをわかっていれば怖いという意味がわかる)同様にXT500やキャスト用の黒の新品も手に入る。
スタッドボルトはダブルナットでねじロックをつけて組んでおくこと。24時間置かないと強度が出ない。

1つめはこのようにハブの奥側に装着。もちろん薄くグリースを塗って装着です。上記画像のハブクラッチにはこのOリングがはまる溝があるのがわかると思います。
このOリングによって気密され、内部へのグリースの漏れは止められます。






薄くグリースを塗ってハブクラッチを装着。ダンパにはゴムを犯さないシリコングリース。






これがストッパ。当然新品を使う。こんなものだがべらぼうに高い。グリースを塗って組む。






ここがポイント。ダストシールの裏の溝と外側溝にグリースをつけてOリングを装着。外側の溝の汚れはきれいに取っておく事。古いグリースが固まって詰まっている場合が多い。
昨年初めてこの溝の意味を知ったのだ。Oリングが入る溝ってことを。




磨耗したハブクラッチからニップルを移植。ポンプでグリースを注入するとハブクラッチ内にグリースが充填されてダストシールの穴から出てくる。
貫通している穴はこのようにニップルから一番遠ざけるのが正解だと私は思う。
ハイ出来上がり。パチパチパチ。


453 
      惜しいブレーキシュー    (2006年2月13日)

84年式に標準で装備されていたブレーキシューは数万kmの走行によって減ってきていた。
惜しいが3GWの新型のブレーキシューにする。よく効くがドラムを減らすいたずらをする。しかも早く減る。
悩むところだ、まだ半分ある。だがブレーキは効いてなんぼだ、しょうがない。旧型のブレーキシューはアスベストが入っているので今は作られていない。


454 
     わかってるねー    (2006年2月13日)

フラッシャーのスイッチが逆に向けて止められている。
これには意味がある。SR500の振動でビスが緩み落ちてしまうからだ。そうするとスイッチノブも紛失する。
それを避けるために反対向けてある。振動で緩んでも落ちないし、ノブに緩みを感じてから(緩みは指で感じます)締めても間に合う。もちろん目でも確認できる。
前のオーナーはかなりわかった方であったと想像できる。車両の程度がいいわけだ。
ちなみに私のSR500は高性能ボンドでバッチリ止めている。スイッチノブを落とすとASSY交換しかない。ノブだけで部品は出ない。


455 
    XV750のバルブアジャストスクリュー   (2006年2月13日)

純正品はかなりの磨耗があったので交換する。もちろん相方のバルブにも磨耗はあるだろうが、今回は無視。
下にある品番がXV750用のバルブアジャストスクリュー







4mmのヘキサゴンが入るので微調整は楽。さらに軽そうだし、SR用に比べてかなり安いのがうれしい。
消耗品は安い方が定期的に交換しやすい。こういうときもシングルの2バルブでよかったと思う。


456 
     ブレーキは何回も書く    (2006年2月13日)

旧型のディスクブレーキは効かない。確かにそうだが普通に整備すれば同時期の他車よりもはるかによく効く優秀なブレーキだ。普通は文句が出ないはず。
キャリパにウエスなど巻いてエア圧でピストンを抜く。





最終型でもすでに22年前の単車だ。ピストンはこのように錆びて虫食い状態になり使用できない。以前10台中9台はこのようになっていると書いたがもっと多い。まともなピストンは20台で1台あるかどうか?
ピストンを交換する事になる。苦労して調べた他車流用のピストンキットの品番はここでは教えない。だが純正で手に入る。
あなたも苦労して調べていただきたい。意地悪だが私に聞いてもおしえないよ。果たしていつまで部品が出るか?
ピストンはひとつでよかったとここでも思う。
パーツはいつでも今のところ在庫があります。キャリパー送ってくれれば遠くの方でも新品ピストンに交換し送り返しますよ。(抜けそうなものに限るけど)


減らない純正のパッド。ふちを面取りしてやると何かといい。減らないので効かない、効かないからローターも減らない。これはありがたい。
ただ上記にも書いたが普通に整備したブレーキに不満は出ない。
雨の日は効かないって?それはそれで乗り方、効かせ方があるのです。昔の人はみなやった。


457 
      製造年月日    (2006年2月13日)

ロワーブラケットに製造年月日が印刷されている。車両の製造日かブラケットの製造日かは?多分車両。
油で汚れてるのを拭いたら少し消えてしまったが、84年の2月27日。この年月日のある車両はブラケットの交換が無いわけで大きな事故をしていないのがわかる。
この車両のオーナーになるIさんには思い出深い日であるようだ。私にとっても人生の分かれ道であった時期だ。


458 
     グラインダの交代   (2006年2月14日)


約10年以上使ってきたグラインダに性能的に不満は無いが、やけにうるさくなってきたし重い。
そこで左の安物に買い換えた。パワーは落ちるが軽くて私の使い方にはいい。しかも静か。磨いたり削ったりが中心になるが、スイングアームをぶった切るときも2機あると心強い。
こんなグラインダが1680円で買えてしまう。いかがでしょう1台。


459 
      磨きに通うお客さん    (2006年2月14日)

84年式SR500に乗るために大型免許を取ったIさん。現在の愛車はRH01Jつまり最新型のイモビつきSR400だ。
それを売って20年以上前のSR500に乗ると言う。私的には当然でしょ状態だが一般の人には絶対理解できるものではない。
仕事の帰りにもよってYシャツ姿で磨いていく。錆びたスポークを磨く姿はうれしそうだ。




当然休みの日にも磨きに来る。私はほとんど磨かないからね。中古車をキレイにするのはオーナーの仕事。私の仕事は完璧整備。
貴重なオリジナルタンクにはエンジンのかけ方ステッカーが残っている。


460 
     納車整備を自分でするお客さん   (2006年2月16日)

私のところでの納車整備費は12,000円と安い。(2006年現在)中にはガソリン満タンや、オイル交換、プラグ代などが入り、重要なのが3ヶ月保障というものも入る。
この保障は古い車両ほど欲しいところ。
だが自分でやってしまうお客さんもいる。彼は今、加速ポンプのダイヤフラムを交換している。パーツ代は私が出します、でも大変でしょ?しかしうれしそうだ。


売りたくなかったが売らないと商売にならない。買っていただいたのは車両と同じ81年生まれのOさん。
自分で全てこなします。この後ブレーキ効かない事件が・・・納車整備させてくれないから。ブレーキマスターが悪かったが乗る機会が無くわからなかったのだ。
車両は全て整備は万全。ただそれは整備が出来ているというだけで完成ではない。走らせて見なければわからないことも多くある。そこからさらにセッティングという長い道のりがあるのだ。
納車整備を自分でするということはその全てを自分で背負い込むことになる。がんばれー。
車検などを自分でやったOさんのブログはこちら  

http://blogs.yahoo.co.jp/ro2150


461 
     古いVMキャブは生き返るのか?     (2006年2月18日)

キャブレターは消耗品。これは前に書いた。古いVMはいろんなところが磨耗している。そして結果的に燃料は濃い状態になっていることが多い。だがそれでもエンジンがかかるのなら何とかしたいところ。
薄い洗浄剤で煮込んでまずは穴を通す。このVMはスターターのガソリンのラインが詰まっていたがこれで通すことが出来た。






こういう耳掻きの小型のような工具があると内部で変形しつまったOリングなど簡単に取り出せる。





当然全部ばらす。VMの部品点数はそうとうなもの。素人さんはいきなり全バラやめましょう。組めなくなる。全ての部品を見て、どこのパーツか理解できるスキルが必要。スプリングだけでも相当な数だ。






洗浄液を残すと厄介。全ての穴にエアを通して乾かす。同時に開通を確認、清掃にもなる。




組み上げていき、まずは油面を調整する。マニュアルどおりではなく薄めになるようにセットするのだ。霧吹きを頭に思い浮かべてどうなれば薄くなるのか考えればうまくいくかも?
さらには長い間ガソリンや空気を通してきたジェット類も磨耗する。出来れば交換したいところだ、それも少し小さめに。




多分販売戦略?のために取り付けられた加速ポンプもなるべく効かない様にセットする。ネジロックでロッドは止めておくこと。
XT500時代には無かったのでそう思うだけのこと。必要な人はよく効くようにすればいい。




これはノズル。ここにはいつもニードルがすごい力で当たり、中を上下する。磨耗して当然。必ず交換したい。ただし2000円以上もする。
小さなOリングはパイロットスクリューのOリングだ。確か500円ほどしたと思う。
このキャブは非常に程度良く、2つのパーツの交換のみでまずまずの調子を出してくれた。後は細かくセットするだけ。

マニュアルはあてにしてはいけない。あれは新車時のセッティングの標準を書いてあるだけ。
今やあなたの単車は20年以上前のボロボロ。個々のエンジン、またキャブによってセッティングは異なってくる。がんばれー。
加速ポンプつきのVMキャブの消耗するであろうパーツを交換すると、軽く1万円は超えるだろう。それで必ず生き返るとは言えない。無駄になることも少なくない。絶対にVMで無ければ嫌だって方はキャブレター専門店にすがるのもいいかもしれない。
またあきらめてCRやFCR、TMRなどのレーシングキャブに行くのも悪くない。それは新品が買えるから。単車は動いて走ってなんぼだ。


462 
      チェーン切り     (2006年2月22日)


最近チェーン切りはDIDのかし丸君を使っている。14000円ほどするが調子はいい。何本切っても悪くならない。
ただしカシメるのにアタッチメントなど交換が面倒なので、カシメは南海部品のものを使っている。一度に両方のピンがカシメれるのがいい。
南海の工具の切る方はうまく使って5本ほど。だが素人さんで5回切れれば完全に元も取れるし一生物。6500円ぐらい。


DIDのOリングチェーン。サイズは50(530)、旧型サイズ。上がVMでXリングチェーン、約16000円。下がVAで普通のOリングチェーン、約13500円。どちらも定価。見かけは同じ、メッキもかかっていないただのチェーン。
メーカーはXリングの方が1.5倍長持ちするという。それは私にはわからない。だがフリクションは触ってみればわかる。あなたもうちに来てチェーン1コマをクニクニしてみればいい。必ずVMを買う気になる。
もちろん定価で販売などありえないし、買ってくれれば交換工賃は無料。120PSまで持つチェーンを40PSそこそこで使うのだからこちらも一生物?
宣伝、工具を買って自分でやる?それともうちで安くチェーン買って、工賃無料?


463 
      マフラーバンド     (2006年2月22日)


やたら曲がってるし、今にもちぎれそうなバンド。新品を頼んでみたらボルトまでついて500円ほどだった。もちろんメッキでピカピカ。
ヤマハってわけわからん。ゴムパーツは高いのにねー。


464 
       ブレーキの違和感    (2006年2月27日)


転倒するとこんなところが曲がってリアブレーキに違和感が残ることがある。どちらが曲がってるかわかる?
気になる人は気になる。交換だ。私は気にならないだろうなぁ。


465 
     ステッカー交代   (2006年2月27日)

私が納得の行く仕事が出来たときにこのステッカーを貼る。
右が旧タイプ、カンガルー。オレンジは私の好きな色。カンガルーは私がオーストラリアを好きなのと、前にしか進まないぞという意味。カンガルーはバックできない。
だが昨年は変なところに進んでいってしまい、結果赤字になってしまった。時には止まり、また良く考えてバックも必要だろう。
囲いをつけてこの中で精一杯やる。これ以上にはしない。そして好きなエンジンを絵にした。エンジンは面白い、生きているようだ。機械なのに個性がある。
絵が400ピストンってわかる?


466 
    雨の日、車検。出来れば自分でどうぞ。    (2006年3月1日)

ここはなにわの陸運事務局。ここのところ車検の日は必ず雨になる。まーついてる男だ。
車検は非常に簡単、出来れば自分でやって欲しい。うちに頼んでくれれば儲かるが一応断わる事が多い。なぜなら面倒だし、面白くないから。
プラグの交換やオイル交換よりも簡単で技術は要らない。ぜひとも自分でやって欲しい。

でも平日にどうしても休みが取れない方や、多く稼ぐ方は私が安くやってあげます。約1万円(現在\9,800)で代行します。
年収300万以下の方は休みを取って自分で行きましょう。こんな誰でも出来ることに1万円も払うなんてもったいない。1万円あればタイヤが1本新品になる。
その際、自賠責保険はうちで入ってね。パソコンでキレイに作りますので。遠方の方も保険だけでも入ってください。値引きは出来ませんが送料、振込み料は持ちます。
ナンバー無いのはどうするってか?市町村役場で仮ナンバー取りましょう。先に自賠責が必要ですよ。


467 
     雪の日、アクセルワイヤ交換    (2006年3月2日)

16号機のアクセルワイヤーが切れた。いくらゾイルを注入して動きがよくなっても切れることもある。アクセルワイヤーの中味なんて見れないしね。そりゃー中古だもん。そのための保障は長い。
はなから新品に交換すれば良いが車両価格に乗るし、第一中古ワイヤーがもったいない。
自宅までお邪魔してアクセルワイヤー交換。交換してると雪が降ってきた。頭からビシャビシャ、さっきまで晴れてたのにー。ついてるなぁ私。
そしてごめんねOさん。


468 
      エアクリーナージョイント     (2006年3月2日)


キャブレターとエアクリーナーのケースをつなぐゴムホース。
すでに新型の500VM用のパーツは新品が出ない。奥は400用新品。少し小さいがお湯で温めて無理やり引き伸ばして取り付ける。
加速ポンプつきVMキャブはこういうところでも苦労が必要。(初期SR500VMは400と同様パーツ)


469
     18号機    (2006年3月4日)



ようやく84年型SR500が出来た。エンブレムをオーナー自らヤフオクで手にいれて貼り付ける。







いやー美しい。仕事の話もらってから3ヶ月。結構思い通りにやらせていただいた。ほぼ満足だ。
SR500は名車でもなんでもない、だから現存は極めて少ない。1台でも多く生き返らせて残していきたいものだ。
冬の暇な時期の中古車製作は今年はこのへんで終了?受注製作はこれからも承ります。

しかしもう18台も組んだのに、1台も帰ってこない。飽きたら返してね。


470 
     オイルポンプのシール1    (2006年3月4日)

とある趣味の単車屋さんがヤフオクでうちのパーツを買ってくださりご来場頂いた。
そこで私のホームページで触れていない部分で大切なところとしてオイルポンプのシールのことを教えいただいた。
なんでもシールがめくれてしまったり硬くなったりで油圧が低下しチューニングエンジンではロッカーを削ってしまうことがあるらしい。
先輩というか師匠というか若い先生を捕まえて平成10年あたりのケース出してきて教えていただく。これが外側のシール。



非常にわかりにくいがシールのリップ部分がめくれている。これでは油圧が保てない。ちなみにこのケースはたびたび書いている走行720kmのSR400。






全て分解し、シールを1つ抜くところまで教えてもらった。なるほどなぁ、知らなかった。毎日勉強だ。
先生は大阪市西区で見るからに変?な単車整備工場を営んでいる。うちとそう変わらない工賃だ。安い!(のちにお邪魔したがうちと同じようなお店だった、グチャーっとゴミ?があってゴミは良く見れば・・・ひぃー!てな感じ)
SRはカスタムが多いとの事。ハイカムを組むときは必ずこのシールを交換するそうです。


471 
      オイルポンプのシール2    (2006年3月8日)


まずは実車での実習。カバーはもちろんのことクラッチも全て外さないといけないのである程度のスキルが必要。








立てていればどんどんオイルが下りてくる。寝てもらうことにした。エンジンオイルは抜いていません。





多分27年前のシールと新品のシール。めくれも無かったし、硬化もわからなかった。


モリブデングリースを良く塗り、まわしながら慎重に組んでいく。新型のリップのめくれは多分ヤマハの組み立てミス。
各部のクリアランスもマニュアル片手に測定したが何の問題も無かった。オイルが良く交換されていたのだろう。


最後にガスケットを挟み組み付ける。このガスケットは83年より装着される。82年以前には入っていない。オイルライン同様の進化がここにもある。
これは知ってた。関係ないが平成ものと違って昭和ものはボルトにメッキが施されている。





クラッチが組みにくいのでオイルポンプ装着後兄さん(78年式SR500)を立てたら、ドバーッ!ゲロゲロ。
寝かせててもオイルポンプ外せば少しずつオイルが下りてきていたようだ。まいったね。オイル交換時にシールは交換がよさそう。
最後になりましたが、結論としてノーマルなら別に気にしなくても・・・でしょう。自分で出来る方以外は工賃が高くつきそう。
エンジン分解整備時には交換したいところ。


472 
     ボルトのかじりと折れ    (2006年3月14日)

シリンダ下のボルトが折れた。締める時に折るのはバカヤロー状態だが、緩めるときに折れるのはどうしようもない。
このボルトもCRCを振りかけていたが無駄だった。エンジン温度が上がりすぎてのかじりが原因と思う。
ガスであぶってバイスプライヤなどで挟みまわしても抜けそうに無い。スタッドボルト抜きを使っても駄目。


グラインダなどで平面を出して4mmの穴を開けた。このころにはケース交換の方が早いななんて感じるほど時間がかかっている。








さらにエキストラクターを使ってガスであぶりながら抜くのを試みるが駄目・・・疲れてきた。





最終的に6mmのネジを切る事にした。かなりの時間と手間、工具を使っての作業であったが、こんなことで数時間分工賃は取れないでしょう。
泣くしかないのだ。エーンエンエン。
だが私の技術はかなり向上しただろう。もうやりたくない。


473 
       ジェネレーター交換の実際    (2006年3月15日)

エンジンを分解するにも、ジェネレーターが断線し交換するにもフライホイールを抜かなくてはいけない。
画像のような専用工具が必要。汎用の安物は曲がる(私も曲げた)使えない。
ねじ込み、テンションかけてハンマーで叩くのだ。抜くのは工具を正確に使用すれば難しくは無い。それよりも入れるほうが難しい。




さらにコイルは硬く締め付けて付いているのでショックドライバーでないとまず緩まない。なめると非常に難儀な状態になる。
良い工具を正しく使うとすんなりいく。





よい工具といえばこのKTCのセラミックスクレーパーは最高に良い。先端がセラミックで出来ている。
安物のスクレーパーをずっと使っていた。それが50個ほど買える値段であるが、買って損は無かったと思う。
それほどすばらしい切れ味を持っている。


474 
      ステアリングロックのへこみ    (2006年3月17日)

転倒や事故をすると必ずへこんでしまうのがステアリングロック。しかもフレーム側。
この車両は非常に軽い状態であったが、右フォークとタンクとの隙間は限りなく狭い。







Tig溶接で熱をあまり加えず塗装をなるべく焼かないよう肉を盛る。これだけ盛れば十分、後は整形する。
そして筆塗りで良いのでウレタン塗装すれば錆びない。
タンクとの隙間は十分に開いた。
半自動溶接(Mig)などではスパッタが飛んでとんでもないことになってしまう。バチバチってやつね。あれは溶けた鉄が飛び散ってるのだ。


475 
     クロスミッションはハイコンプと相性がよい   (2006年3月22日)

ミッションを組み替えるなんてめんどくさいと思ったが、よく考えると面白そうだ。乗ってみたい。
向こうがノーマル400、手前がクロスミッション。わかるかなぁ、ギアの違い。ローもかなり違うようだ。








かなりの距離を走行しているエンジンなのでシフトフォークに傷を見つけた。中古とだが交換する。
こんな小さな傷でもシフト時のフィーリングは影響があると思う。聞くとオーナーはシフトしにくいギアもあったと言う。




さらにこれが何速になるかは知らんが、かなり傷が入っている。他のギアはどうも無いのになぜだろう?
入りにくいのはこれか?






400ピストンに500クランクのハイコンプ。シリンダは自分で塗ってきた。
組み上げた後にレギュラーガソリンで試乗してみた。2次側はノーマル500と同じ16X44。キャブレターはヨシムラTMR
スタート時にいつものように走るからエンスト多発。ハイコンプはキックもしんどい。
ただしこのクロスがすごく良い。ハイコンプは2000rpm以下で使えない。そこにクロスレシオだと少し上げてチェンジしてやれば2000rpm以下に落ちないのだ。つながりが最高だ、回転が落ちないのでハイコンプと愛称が良い。
組み上げたばかりなので上まで回さなかったが、カム(ノーマル)が惜しい。せめてステージ1は欲しかった。
少し回転上げたときにカムに乗ればなぁ、それをクロスで維持すれば・・・うーん羨ましい。
見えないところに金をかけたブルジョワMさんでした。走行の多いエンジンのOHも兼ねたので結構高くついたねー。ブルジョワー。


476 
      エキパイの違い   (2006年3月23日)

純正エキパイは数種類がある。その中でも皆さんが欲しい情報はこのへんでしょう。
左が旧型と呼ばれるもの。シリンダヘッド側のクランプ部?が短くスタッドボルトは短い。右が新型、多分電装が変わったあたり(平成7年)で変わっていると思う。クランプ部が長くスタッドも長い。詳しくは自分で調べてください。
したがって旧型エンジンに新型のエキパイはねじ山足りなくても何とか装着できる?なめても知らんけど。じゃ新型エンジンに旧型エキパイは?ガタガタ、締めきらない。ガスケットでも2枚にする?


いえ、そんなときはスタッドボルト交換しましょう。きっちり付きます。さすがにヤマハです。旧型は新型よりも短いのに値段は倍です。
旧型パーツはどんどん値段が上がります。何でも早めに買っておくほうがお得。いつの間にか販売終了ですから。


477 
     部品と言えば    (2006年3月24日)


エンジンで使ったパーツを買いなおします。そしていつも在庫するのです。使ったら新しいの注文。
鉄の部品はさび止め用の油紙が入っています。それがこのインテークバルブではなくなっていました。こんな紙1枚をコストダウンしなくてはいけないのでしょうか?バルブが錆びてしまうじゃないか。在庫するなってことか?


478 
      部品と言えば2フロントフェンダー    (2006年3月27日)

ブルジョワなお客さんが、新品の純正フロントフェンダーを注文してくれました。確かに曲がっていては悪影響があるので、純正は新品がベストです。
転倒するとフェンダーが曲がり、フォークが引っ張られるためにフロント周りのねじれが戻りません。
初めて新品を見ました。これだけのスタビライザーが付くのです。安物の他車鉄フェンダーとは違うのです。
このフェンダーを外すようなおバカさんはそうはいないでしょうが、無ければフロント周りの剛性にどれほど影響が出るか裏を見ればすぐに理解できます。すばらしいスタビライザーです。


479 
     部品と言えば3ロワーブラケット    (2006年3月27日)

車両の車体番号から検索し、ブラケットを注文しました。来たのがこれ。違うでしょこれは。
ヤマハの部品で怖いのはこういうところです。車両はドラム最終型ですのでアンギュラベアリングが標準装備のSR500
来たこの部品には普通のボールベアリング用のレースが組み込まれていた。レースを交換する手間が必要になる。
さらにはSR用では値段の高いこのブラケットと、安いノーマルブラケットが年式により存在する。これもおかしい。レースの値段よりももっと差がある。その辺は自分で調べてみてください。
確かにこの新品はシャフトが太くて強度が高そうなうえに圧入、ピン止めで精度もよさそう。下になってるノーマルはシャフトも細く溶接止めだ。溶接すれば精度は落ちる。
でもぶつけてフレームが曲がるよりも強度の弱いブラケットが曲がってくれた方がありがたい。


強度も値段も高いこのブラケットは輸出と共用なのかハンドルロックの穴が開いている。この穴のために太くて分厚く作っている。このブラケットが入ってる中古車は大きな事故暦がある可能性も高い。怖いなぁ中古SR


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)