メンテ日記 (その17)  
     

480 
     ブログ    (2006年4月2日)

実は世の中の流行のブログってのを去年から作っている。丁度1年になる。探して気がついた方もいらっしゃるでしょう。
結構更新頻度は高いが、つまらん話題ばかりでもある。まぁ少しでも私という変な人間が、理解できるかもしれない?
ロイヤルエンフィールドの事やSR500のこと、その他ぼろい愛車中心に何でも書いている。メンテ日記と重複する事もあるが、よりリアルかも?
興味ある方は「続、貧乏単車おやじの絵日記U」をクリック♪


481 
     でかいタイヤ     (2006年4月7日)

冬が終わり、ランクルのタイヤを冬タイヤから夏タイヤに交換した。でかいなぁ16インチだけど・・・踏まれたくない。
バックは中古車になるのを待つベースSR500たち。なぜか80年代の紺ばかり。新しいのも古いのも高くて買えない。


482 
     タコメーターワイヤーはほっとくと難儀   (2006年4月7日)

ご新規さんがタコメーターが動かないとやってきた。通常こういう場合は99%がワイヤー切れ。なぜ切れるのか?整備してないからです。
普通にココは水が入りますから定期的に取り外し、インナーワイヤーにグリースをやる必要があります。
思ったとおり水が入って錆びてアウターとインナーが合体、エンジンからの入力でブチ切れでした。
大変だったのがこのベース外すのが難儀。錆びてアルミもグサグサ、潤滑剤漬けにしてようやくココまで取り出しました。ふぅー。
難儀したので工賃を1000円もらってしまった。

宣伝、うちの中古車は全て新品に交換済み。そのあまったのは無料で差し上げますので取りに来て下さい。面倒なので送らない。
さらにはフロント周りの整備一式(現在\15,000)にはタコワイヤーの分解グリースアップも含まれます。だーれも気がついてないでしょうけど、あなたのタコワイヤーにはモリブデングリースが充填されています。無論スピードワイヤーにも。


483 
     左ケースにオイル漏れ   (2006年4月7日)

Yさんの車両。オイル漏れるようで、見てみるとケース内にチンチロリン。
まぁココは漏れてもあまり問題は無いし、圧がかかるところでもないので大きな漏れにはならないはず。
気にしなくてはいけないのがクランクのベアリング。まず悪くならないが、ガタが出るとシールが元気でも漏れてくる。今回はシールのみ交換した。すでに20年以上前の車両なので、ゴム類は良い訳が無い。
地面に漏れて気分悪いのはわかるが、別にジェネレーターがオイルかぶって悪くなるわけでもない。シール交換で直れば良いが?
7月現在、漏れは止まったようです。


484 
      ハンドルアッパーホルダー   (2006年4月8日)

ハンドルを上から押さえるホルダー。これは79年?あたりから93年?あたりまで使われた鉄のホルダー。
矢印も何も書いてないのでどちらが前方かわかる?この後のモデルはアルミになり矢印で前方を指示してますね。
画像右側が前方。少しだけ厚みがあるのです。まずはこちらを止まる所まで締め付けてから、後ろ側を締め付けるのです。間違えたら駄目駄目。


485 
     怪しい店と怪しい客    (2006年4月8日)

休日営業するとご新規さんが来てくれる。オイルフィルタのキャップ上部のネジをなめてしまった。相方はアルミ、よくやる事だ。
「何でこんなとこ開けるんじゃ」「興味があったから」なかなか良い答えだ。「興味持つな」とは言えない。「そうか、そらしゃーない」






自分で塗るだろうから、さびの多いぼろいのを安く譲った。もちろん自分で交換して帰っていった。この画像見てわかる?XT500!



その良い答えをする怪しい客。「どれほど怪しい店か見に来たくなった」と名古屋からご来場。オイルも交換して行ってくれた。おおきに。
あなたの方がよほど怪しいぞ。顧客リストに入れる時間無く帰ってしまった。メール連絡をいただけるとありがたい。
(その後7月、メーターギアが壊れてメールを頂いた。まだ動いてるのか?)




1番羨ましかったのがこのリフレクター。完全当時物アルミのリフレクター。もう手に入らない、初期のXT500用。その後プラスティックベースになる。
「パクられるなよ」


486 
      使えないおもちゃ   (2006年4月9日)

KTCのデジラチェを買った。デジタルでトルクが表示される。セットしておくと音と光でトルクを教えてくれる。
値段はスーパー高価!こういうの使うと工賃も高く取れるだろうと買った。
だがセットが面倒な上によくわからん。しかも真っ直ぐに力をかけないとすぐにエラーになる。さらにはこんなに短くて4kg/m(今の表示ではない)が締めれるのか?ピーと鳴って手を止めると、必ずトルクはかかり過ぎてる。プリセットのように力抜けないので当たり前、音を無視すればどこまででも締めれる。
結局使えないおもちゃ、飾りにもならない。トルクレンチはプリセット物、ラチェットは普通のラチェットが良いようだ。かっこつけて高い工具使っても仕事が出来るとは限らない。うー、もったいない失敗。


487 
      理解してくれたお客さん   (2006年4月17日)

私はいつもお客さんに思った事を言う。だから手を入れていない、整備されてない単車は「部品取りまたはベース車」と呼ぶ。口は良くない。
Yさんはいくら私が「あんたのは部品取りじゃ」と言っても「いいえ、違います、愛車です」と言う事を聞かない。
前周りの整備をする。そのノンストップ5時間以上に及ぶ整備を、全て見届けて理解しようと努力する姿はえらいっ!普通の人は預けたままなのでどういう工程でどう苦労したのかは全くわかってくれない。
画像は外したパーツを金属磨きで磨いているところ。
出来上がった後のやりとりは、「うわっ、軽っ」「わかるんかいな」「わかります、しっかりしてて軽いっす」「走ってみなわからんし、それでようやく前だけ普通の中古車になっただけ」「中古車初体験です」「じゃ、今までのは何?」「ぶ、部品取り・・・」5時間ノンストップ作業をすべて見届けたからこそ私が言うことを理解してくれたようです。ふぅー疲れた。
その後車検にも自分でチャレンジした。なかなか素人にしてはよくやる。良いお客さんだ。


488 
     これがベース車SR400  (2006年4月18日)

じゃぁどうなれば普通の中古車なのか?しょっ引いて説明しましょうか。
たまたま受注したSR400の中古車製作の工程を簡単に説明しましょう。ちょっと間が開くかもしれませんが、これがベース車です。
いわゆる業者のオークションで買ってきた状態。ノーマルに近い状態のものにこだわります。もちろん普通に走りますし、このまま乗れます。誰かが乗ってたままと言う状態です。
ネットオークションでは多くこのベース車が売られていますね。業者オークションで仕入れ、そのままヤフオクなどで売ってるバイク屋さんも多くあります。
何もせず、少しですが儲かるのでしょうね。まぁネットオークションに出すという手間はありますね。
これを磨いてオイル交換し、簡単な給油脂、調整、修理などしたものが普通のバイク屋さんで売られている中古車。そこまですると20万円ぐらいになるのでしょうか?それでも私のところでは変らずベース車なのです。


489 
      リア周り整備     (2006年4月21日)

ベース車を普通の中古車にするために分解整備をします。リアはここまで分解し、点検、修理、整備します。
ちなみにここまでの分解整備費は\12,000(基本、2006年現在)
ホイール振れ取り、スポーク締め。ベアリング点検。ハブクラッチ分解、Oリング組み込み、グリースアップ。ブレーキ分解清掃、カムシリコングリース入れ、シュー面取り。ドラム内点検、清掃。ショック点検。スイングアームピボット分解、清掃、点検、グリースアップ。チェーン、スプロケット点検、清掃、調整。タンデムステップ分解グリースアップ。スタンド分解グリースアップ。ブレーキシャフト分解、清掃、グリースアップなどなど。
ベアリング以外の各パーツで不良があった場合の交換工賃は無料です。ベアリング交換のみ追加工賃あり。
中古車車両価格には、この工賃、不良部品のパーツ代が含まれています。見えないところに新品パーツが使われます。

この車両のリアショックには、カバーに凹みがありました。ショックは交換になります。性能には何も変わりはありませんが、商品として売る以上、よりキレイなパーツがある場合は交換します。








リアフェンダーにも曲がり発見。右側、曲がっていますね。左の中古に交換です。性能に関係しないパーツは主に中古パーツ使用です。見えるパーツは中古品?


490 
     フロント周り整備     (2006年4月25日)

フロントはここまで分解、修理、整備します。こちらはお得セット。工賃はメールなどで問い合わせ下さい。
リア同様フルに手が入ります。
ホイール振れ取り、スポーク締め。ベアリング点検。ブレーキ分解清掃、グリースアップ。スピードケーターギアグリースアップ。スピードメーターケーブル、タコメーターケーブルは全て抜いてのグリースアップ。中古車に限り、タコメーターケーブルは新品に交換。
フロントフォークオイル交換。体重、乗り方に合わせてセッティング。フォーク、ブラケット、曲がり点検。ステアリングヘッドベアリンググリースアップ。時にはアンギュラベアリングに交換。メーター球など点検、交換。メーター作動点検、グリースアップ。レバー類全て分解清掃グリースアップ。各ワイヤー類全てゾイル注入。ブレーキ調整、クラッチ調整。アクセルホルダー分解グリースアップ、調整。フロント芯だし。などなど、思いつくまま書きましたが、まだあるかもしれません。
中古車のほとんどはフォークシールも交換します。ディスクブレーキ車はキャリパー分解、ピストン交換も含まれます。当然中古車の車両価格に工賃、部品代は含まれています。

この車両にはブレーキワイヤーに傷が入っていました。ここから水が入る恐れがあります。ブレーキワイヤー交換です。クラッチワイヤーやレバー類も作動の悪いものはほとんど新品に交換する事になります。








さらにはフロントホイール、スポークの錆が目立ちますので、さびの少ないホイールに交換しました。こういうことが出来るのもSR専門店ならでは?
オーナーの希望で、新品タイヤを組み込みました。タイヤは別料金です。


491 
       私に出来ない事     (2006年4月28日)

たびたび登場のIさん。男前!リアブレーキが当たりだして鳴くので自分で整備。
マニュアル、工具、ウエス、その他全て持参。偉い!もちろん素人さん。私に言えばそんなのタダでスイスイやってあげるけどね。自分でやりたいようです。気持ちわかる人多いのでは?







こういうことは私には出来ない。きっちりしてるねー。さらに偉いっ!


492 
       タンクのへこみ修正    (2006年5月1日)

ベース車はタンクにへこみがあることがある。まぁこの場合はへこみがあるのわかってて仕入れたのです。へこんでると安いからね。










別角度、立ちゴケしたのかなぁ?なんにしても塗装が剥がれてないのが良かった。




こういうものを貼り付けて引っ張り出します。もちろん何回も何回もかけてゆっくり出していきます。何時間もかかりますよ。
塗装にヒビや割れがあると剥がれてしまいます。








どうでしょう?ぱっと見も、良ーく見てもわかりません。手で触るとわかりますけどね。







別角度、こちらからはほとんどわかりませんね。普通に乗るにはこれで十分。








これが「ひっぱり君」だったかな。結構つかえます。素人仕事なら十分です。時間はかかるけどね。


493 
       休日営業      (2006年5月5日)

今年から各月の第一土日は営業する事にしました。なかなか好評で多くのSR仲間が来てくれます。
あ、5月5日は土日では無かったですね、祭日でも気分で営業する事があります。ゴールデンウイークなんてものはありません。
盆休みも正月休みもありません。休みは土日祝日と気分しだい。
だいたいの予定は カレンダー で見れます。
よく仕事するなぁーって?いえいえ、その他に勝手に春夏秋冬で休み作りますのでほとんど仕事はしてません??


494 
        カスタム車では結構良くあるトラブル    (2006年5月6日)

走ってると突然電気類全滅って事は無いですか?ノーマル車にはほとんどありませんが、カスタム車にはよくあるトラブルです。
これは社外フェンダーに社外シートでテールランプの配線を挟み、引きちぎってしまいました。うまくヒューズが切れたので大事にはいたりませんでした。
バッテリーレス車でヒューズがないとどうなるでしょう?おお、怖っ、考えたくもありません。
カスタムは自己責任です。気をつけましょう。燃えないようにねー。


495 
     出来上がった中古車    (2006年5月6日)












完成しました。ベース車からほとんど外見は変っていません。
ただ中味には約2週間の手間がかかっています。金額にしておよそ工賃5万円〜7万円。
これの意味がわかりますでしょうか?多分今はわからないでしょう。ただこの車両を2年、4年、10年と乗り続けていくと理解できます。
ここでいくら書いても整備と言う仕事は理解されないものです。大変なのですけどね。見に来てくれればすぐに理解が出来ます。


496 
      高年式のダメシート    (2006年5月6日)

確か85年からコストダウンにより、のっぺりとした縫い目が見えている安物仕上げになりました。
分解するとよく理解できます。くあー、汚い。カビが来ています。これは水が縫い目から入るからです。縫い目付近カビがきついですね。
スポンジの防水を確保するために透明のシートがかかっていますが、時が経つにつれてこのようにずれてきてしまいます。
ずれるとスポンジに水を吸い込み、なかなか乾きません。それでこういう状態になってしまいます。雨の後ズボンが濡れるわけです。
スポンジのへたりも早いようです。新しいものに交換が必要なようですね。安くするなら分解してよく乾かして、薄いビニールをかけて組みなおせば何とかなりそうです。分解は簡単です、乾かします?
それともネットオークションで新車外しなんてのを探しますか?意外に安く出ています。


497 
      レバーのガタ     (2006年5月6日)













レバーにガタは無いですか?グリースが切れればすぐにガタが出ます。レバーもホルダーも磨耗するからですね。
交換すれば話は早い。でももったいないでしょ。そこでシャフトにワッシャーを入れるのです。

わかりますか?ホルダーを大きなプライヤで閉めて、シャフト上側に少し厚めのワッシャーを入れます。これでガタは無くなります。
もちろんグリースアップやOリングは忘れずに。ブレーキ側には新車からOリングはコストを下げるために入っていません。入れてあげましょう。(ドラム車)結構高いパーツだけどね。
こんなことはわざわざお客さんには説明しませんが、うちに整備に出すとガタは少なくして返します。気がつかないでしょうけど。





げっ、これほどシャフト穴が減ったものは論外です。交換しかありません。グリースを怠らなければかなり長持ちします。


498 
       なんやこれ     (2006年5月8日)

おいおいおい、何なんだこれ、引きと戻しのワイヤー逆につけてるじゃねーか。
アクセルワイヤーです。これではウオームスターターをアクセルで戻せません。ま、こんなことするぐらいだからウオームスターターって何?でしょうけど。
憧れや、人からいいぞと聞いた話だけでVMに交換してもまともに使いこなせるものではありません。もっともっと勉強ですね。
優しーく、教えますよ???私の知ってる事ならば。


499 
       素人さん歓迎?     (2006年5月8日)

私は工場をルールを守る方には開放しています。過去には通って1台起こした方もいるし、エンジンを1日で交換していった方もいます。SRに関しては来るもの拒まずです。
ただルールと言うか常識として、工具やウエス類は持参して欲しいのです。もちろんマニュアルも。
この方はご新規さん。初めて来てオイル交換をしたいと言う。当然OK。だが工具も無いしウエスも無い。仕方ない、使うだろう工具とオイル受けを出して、はいどうぞ。サービス満点。
すると「どこ緩めるんですか?」と聞く。「はぁー?」「オイル交換初めてですから」「それはええけどマニュアルは?」マニュアル無しで来た。「こことここや、マニュアルぐらい持ってくるもんやぞ」急に不機嫌。
わかって欲しい、私も仕事中なのです。マニュアルを自分で見てから、「オイルを抜くのはこことここですか?」というような確認は問題なし。この違いわかりますね。
さらに「こぼれました」ゲゲッ!あたり一面オイルの海。「なんや、こぼすな言うたやろ、はよ拭いて」「あの、何で?」プチッ!「ウエスも持ってこーへんかったんかいっ!」「普通、人の工場で工具で仕事するならウエスぐらい持ってくるもんやぞっ」「はぃ、こんなに飛ぶんですね、家でやってたら大変でした」プチッ、プチィ「わしの工場やったら大変ちゃうんかい」
こういうことになります。ある程度最低限のマナーと勉強も必要です。床がオイルでピカピカぬるぬる、最悪です。掃除も大変です。
その後延々私にどやされつつがんばりました。どれほど頼めば安かったと思ったでしょうか?(2006年現在オイル交換工賃\500)。もちろんそれで2度と来ない人もいる。それでいい、来るもんビギナーでも拒まず、去るもん追わず。自分でやってみたい気持ちもよーくわかる。
私も悪かったと反省しています。ここで書いてなかったし、工場内でやってもらったから。申し訳ないが、ビギナーは外でやってもらいます。それから駐車場には多くのオイル後が・・・みんな始めはそうなのよ、失敗して覚えていく。ヤマハも悪いですね、あのドレンは。
いろいろな事知りたい、覚えたい、やりたい素人さん歓迎です。ただマニュアル、工具、ウエス持参で勝手にやってください。私はそれを見守って独り言で注意するだけです。時にはあなたに出来ない事を代わってやるかもしれません。その時には工賃が必要なのも頭に入れておいてください。


500 
     ひょうたんの漏れ    (2006年5月9日)

うちの中古車は満タン納車。ガソリンを満タンにしたらキャップから漏れてきた。このひょうたんキャップは鍵穴から漏れてくる。
まだこれよりも古い型のほうが漏れにくい。どちらにせよ、口まで満タンは避けたほうがいい。ひょうたんキャップは特に危ない。
最新型はあまり見ないので知らない。漏れなくなったのだろうか?


501 
      ペットボトル半分    (2006年5月12日)

ペットボトルの半分切りは何かと使える。たとえばエンジンオイル抜くのにもこうやって使えばセンタースタンドは汚れない。
もちろんオイル受けはセンタースタンドの前でもOKです。


502 
      整備だけでももちろんOK   (2006年5月12日)

中古車を作るのに、ベース車はなにも私のところで買わなくてももちろんOKです。
これはOさんの車両。何でも知り合いから安く譲ってもらったらしい。不動車を車に積んで持ち込まれました。
画像はフロント周りの整備中。このように整備だけでもOKです。仕上げや程度、内容により工賃5万円〜で私のところの中古車と同様のレベルで出来ます。
Oさんは単車にはあまり詳しくありません。よって整備のみ私がして、この後自分で車検を取り登録されました。良い考えかも?車検や登録の手間賃は高いですからね、誰にでもできるのに。


503 
      フォークの整備はほんと嫌い   (2006年5月15日)

フォークは何回も書くけどドロドロになるので本当に嫌い。オイル交換ぐらいなら楽勝なんだけどね。
嫌いなので2セット同時にやる。1セットはOさんのフォーク、オイルシール交換。もう1セットは鳥取のKさんの依頼。事故をして曲げたインナーの交換。当然シールも交換する。セットは体重や使い方でお好みに出来ます。
しかし鳥取から送ってきてもうちのが安いのかなぁ?エンジン同様全国からどうぞ、来るもの拒まず。工賃はインナー交換(シール交換)1本2000円〜(2006年現在)ドロドロになって嫌いな仕事ですので高いと思うけどなぁ?


504 
      新型アクスルシャフトの恐怖    (2006年5月21日)

最近のカスタムはどんなだろうと勉強のため淡路島のミーティング参加でのこと。えらいものを見てしまった。
この方、高速でリアシャフトのナットが緩んで落としてしまったのです。おお、怖い。
もちろんきっちり締めていたと思います。でもどう考えても緩み止めナットは緩むだろうと思っていた。ここで初めて思いが確信になった。あかんやろこれじゃ。
幸い?誰かかが持ってた水道用?真鍮ナットをはめて帰れたようです。私は向こうに見えるトルクロッドにも割りピンが無いのに怖くなります。
フロントは構造上、ナットを落としても大事には至らないと思う(いや、大事だけど)。リアは絶対旧タイプの割りピンが入るものに交換したほうがいいと思う。緩み止めナットなんて絶対信用できない。詳しくは調べてください。平成7年以降モデルオーナーのあなた、危険ですよぉー。
こちらでも詳しく書かれています。

私の車両の紹介の方が詳しいか?


505 
      トルクレンチの校正    (2006年5月24日)

ようやくKTCのトルクレンチが校正から帰ってきた。トルクレンチはそのトルクが本当に正常であるか、たまに校正に出さなくてはいけない。
メーカー推奨は1年。だが高いからそれほど頻繁には出せない。校正費用で安物工具屋さんで売ってるプリセットトルクレンチが買えるほど。
今回はピンも交換してもらった。カチッとして気持ちよい。でもそれからエンジンの修理が来ないなぁ。


506 
      キレイな弟     (2006年5月31日)

Uさんの新型SR500。新型はこうしなさいというようなお手本。ツボをおさえている。
使えない長持ちするだけのタイヤをBSに。これも使えないリアサスを良い物に。そして変なポジションをまともにするためのハンドル。
ここらで十分だがさらにカックンドラムをコントロールしやすい最新型ディスクに。平和を嫌ってか?本物がほしいのか?効率の良いキャブレターに。シートはお好み?
向こう側は私の愛車、汚い「兄さん」。「えー、これでワックスかけたところですか?」そこまで言う?美しいわなミラクリエイト。

500には丁度いいかもしれないFCR35。それにブラケットでノーマルエアクリーナーを生かしてレーシングキャブでも日常に使えるようにセットしている。
恥ずかしいが、こんなブラケットが市販されているとは知らなかった。オリジナルのようにピッタリかも?もちろんマフラーはノーマル。大人です。


507 
     吸気の効率     (2006年6月2日)

これはSRではなくてジョグのエアクリーナー。左が純正、右が外品
キャブホースと吸入口がわかりにくいかもしれないが、右側の外品がかなり吸入効率は良さそうなのがわかる。
実際取り付けて走るとどうか?効率の良い方はまるっきり力が無くなり、ろくに加速しない。
何が書きたいか?ノーマルのキャブにパワーフィルターつけてスカチューンなどすると全く走らなくなりますよと言う事です。
原付の8倍から10倍もあるエンジンですから体感はしないかもしれません。ですが確実にノーマルよりも性能は低下しています。ノーマルのトータルバランスはすばらしいものなのです。別に力など気にしない方はどうでもいいことですね。
ちなみにジョグはエアクリーナー外すと走ることすら出来なくなります。


508
     最近のテスト     (2006年6月2日)

最近、フォークのシールはこのアリート社のものを使っています。まだテスト中ですが、お客様に人柱になってもらっています。
通常の純正カヤバとは違う材質みたいです。対磨耗3倍、対破断1.5倍とメーカーは書いています。(もちろん信じていない)
気に入ったのがシールの上下にスプリングがあること。かなりオイルは漏れにくくなるはずです。シール性が高くなればフリクションも増えてしまう。ですが専用のグリースがついています。このグリースは従来のものを超越していると書いてありました。超越ですよ。(もちろん信じてない)
信じれるのは値段です。2個セットで\1500。これは純正品よりもかなり安いですね。もしかしたら安くてよい品かも、試してみては?
もちろん純正カヤバが良い人は常時在庫しています。


509 
      BSTキャブだって死にます    (2006年6月3日)

88年から使用されるようになった負圧BSTキャブレター。平和でマイルドで扱いやすい。キック1発でビッグシングルのエンジンを始動させる魔法のキャブレターです。
ちょっとビギナーを出たぐらいの方はボロクソに言いますね。ですが本当のベテランはこういうキャブレター好きなのです。
壊れない、セットが楽、扱いやすいと人気のキャブレターも実は消耗品。減るところは減るし、ゴム類も悪くなります。特にダイヤフラムが逝った日にはもう交換でしょうね。目が飛び出るほど高いパーツです。
これはみな調子を崩したBSTキャブレター。部品取りです。良く考えれば古いのはもうすぐ20年ですね。まだパーツも入るしこれだけあれば数個はまともに組めるかも?
最新型のキャブレターが個人的に最悪と感じる中、もっと光が当たっても良いと思うけどなぁ?実は使いたい、でも恥ずかしい。何でだろ?そんなキャブレターです。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)