メンテ日記 (その18)  
     
510 
      セローだってエンジンかからなくなります   (2006年6月3日)

これはセローのエンジン。実は私はセローも得意なんです。
丈夫で長持ちのエンジンも最近の物はバルブクリアランス狭くなってます。しかもガソリンも薄くなって、エンジンかけてすぐに走るなんて事も出来ません。ステンレスのエキパイは真っ赤に焼けます。そしてバルブが突き、エンジンがかからなくなります。2000年以降RH01Jも同じですね。
クリアランス作ってやるだけで復活。少々の音は我慢。音がなくなるとエンジンがかからなくなる日も近いですよ。
しかしセローのバルブクリアランスは取りやすい。SRが同じメーカーの作品とは思えない。


511 
        ちょっといっぷく     (2006年6月5日)

夏に向かっての工場の小さな冷蔵庫。休憩するかー♪実はお客様用。遠慮せず勝手に冷蔵庫開けて飲んでね。いや少しは遠慮して1人1本にしてね。これ書いてる今はもう秋。


512 
      単車用仮ナンバープレート    (2006年6月6日)

単車用仮ナンバープレート。滋賀やこのように堺はあるようです。大阪には確か単車専用は無かったような・・・
私のところで仕上げた単車。整備は任せてもらって、このように仮ナンバーを借りて自分で車検に行けばかなり安く仕上がります。
ま、私は儲かりませんが、儲けようとはあまり思ってません。車検は簡単、自分で行きましょう。登録も自分でね。


513 
      単車を体に合わす     (2006年6月7日)

中古車を売っても、あまりポジションをうるさく言う人もいない。ましてや来るお客さんの中にはセパハンにフォワードステップや、トラッカーハンドルにバックステップと無茶苦茶なポジションでも平気な人もいる。当然中古屋から買ったまま、ブレーキペダルがステップよりも高い人も・・・
私は足が小さいかも?25.5cmの靴は少し大きい。そこでたいていのチェンジペダルは遠い。切って短く加工している。




画像はセカンドバイクCB750Fのチェンジペダル。約7mm程切って接いだ。もちろんブレーキペダルの踏みしろや高さ、ハンドル、レバー類の角度や引きしろ。mm単位で納得するまで調整する。でないと安全に走ることなど出来ない。
そこまでこだわる方、切って来たら溶接してあげますよ。アルミは出来ません。


514 
      名古屋からのSさん    (2006年6月9日)

わざわざ名古屋から整備に来てくれるSさんのSR、今回は前周り全ての整備をします。やることは以前書きました。
アリートフォークシールに交換もしました。








ゲゲッ!これは始めてのパターン。若干ガタがあるなと思ってたら、このレースのカバーが変形し磨耗してた。(右側)
左の中古に交換する。



この方がSさん。自分でVMを分解し整備するほどの技術者です。軍手はいただけないな。ノズルやニードルバルブを自分で交換してた。
VMキャブの消耗品はだいたい在庫しています。
キャブが悪くてもエンジンが調子悪いだけ、足回りが悪くては走れない、止まれない。で任せていただきました。



これが羨ましかった。あらー、画像は時計になってるよ。エンジンオイルの温度計です。センサーはドレンボルトからの取り出しで正確。
フレームタンクに付ける温度計がよくあります。あれはフレーム内のオイル温度です。知っても目安にしかならない。
これはエンジンをかけると温度が1℃づつデジタルで上がっていくのが表示されます。おもろいっ!




後ろに小さな箱。おやじを感じます。今日は大阪のカプセルホテルにお泊りです。そこまでしてうちに来てくれるとは、ありがたいお客様です。おおきに。





申し訳ありません。メールでクレームです。

「この間お邪魔したときの記事がようやく載せていただきまして真にありがとうございます。今回の記事ですが一つ訂正願います。私はカプセルホテルではなくビジネスホテルに泊まりました。(かの有名な東横インです。)私の小さなプライドが、顔も全国デビュー?したし(マァそんな事どうでもいいか?)」

本当に申し訳ありませんでした。(メール原文そのまま)


515 
      抜けないピボットシャフト    (2006年6月12日)

いつもの事ですが、抜けないピボットシャフトを苦労して抜いています。かまし物をしてボルトを締めて行きます。何回も書きますが、1度に1方向に抜いてはいけません。
ベース車(世の中レベルの中古車)の半分はすんなりピボットが抜けてきません。つまりグリースが入ってなく錆びついています。




何とか時間をかけて抜けました。ピボットには潤滑剤がついています。それ以外は錆び錆び・・・全滅です。ベアリングもバラバラ、スラストベアリングも回りません。ブッシュもガタガタです。これでもスイングアームはスイングしていました。ただしガタガタでブレーキをかけるたびに曲って行ったようです。
先ほども書きましたが、中古車の半分は大なり小なりこんな状態です。気がつかないだけ。
こうなったら新品パーツでは2万円近くになってしまいます。ネットオークションで中古スイングアームを買うほうがはるかに安くつきます。ただネットは当たりが来るとは限りませんが。
うちでも中古を売っています。少しばかりネットで買う金額プラス送料よりも高いです。ただし見て納得し選べます。
新車時にオートバイ販売業の方がグリースを注入してくれていればこんな事にはなりません。(うちは修理屋)


516
       Oリングチェーンの終わり    (2006年6月12日)

83年よりSRのチェーンはOリングでグリースが封入されたチェーンになりました。これにより倍近くの約13000kmの寿命となりました。
伸びて終わるのではなく、ガタが出て終わります。駒を1つずつ動かして点検します。封入されたグリースが切れていると動きが悪く固くなっています。1つでもそういうところがあれば交換です。すぐにガタが出ます。
この画像のチェーンはひどく、指のところはOリングがちぎれてなくなっています。当然グリースも無くなり潤滑されずに磨耗しガタガタです。赤く錆びている部分は要注意、すでに内部のグリースが切れているのでしょう。横方向に大きなガタがあります。消耗品です、スプロケットとの3点セット交換がベストです。


517 
      ショウワのリアショック    (2006年6月13日)

デイトナショウワのリアショックです。おとなしい外見はSRによく合います。また取り付けに加工等も必要ありません。
SRでどうしようもなく悪い所、リアサスです。安いもので良いので、純正よりも高性能なものにまず交換してください。
普通に直線を走るという事ですら、全く違う単車になります。ブレーキング、コーナーリング、全てに効いてくるパーツです。
宣伝、15%ほど引けますのでお問い合わせ下さい。他にも安いカヤバなどもいいですね。私の体重(56kg)には少し硬い気がしますが。


518 
      キックアームの磨耗     (2006年6月13日)

私のところで整備した車両、もしくは中古車は必ずキックアームも分解しグリスアップします。
この中古車のキックアームのガタは大きかった。こんなところが磨耗するのですね。別のに交換しました。走行性能には関係ありませんが、あまりガタが大きいと気分が悪いものです。


519 
      ワイヤーのお話    (2006年6月16日)

少しわかりにくいかも?セパハンの車両をノーマルに近いハンドルに交換しました。そして左が外品ショートブレーキワイヤー、右が純正ブレーキワイヤーです。
何が書きたいかピーンときた?左の外品は細くてワイヤーの編みが荒いですね。しかもタイコのカバーは今にもつぶれそうなプラスティック。
右の純正品は太く、編みが細かく、タイコカバーはつぶれそうに無い鉄にメッキですべりも良さそうです。


これは切れかけているクラッチワイヤーです。この状態でも工場までたどり着いてくれました。純正品番2H6の鉄製のワイヤーです。鉄ワイヤーは伸びるほど粘りがあります。よって徐々に切れていきます。逆に現行のステンレスワイヤーは錆びないし、すべりもいいのですが、切れるときはスパッと一気に全部切れ、走行不能になります。
どちらがいいのか選ぶのはあなた。ちなみに現行品純正ワイヤーの方が安いです。どちらも在庫あり。


520 
     ヘッドライト裏ゴムキャップ    (2006年6月19日)

この中古車はヘッドライトが交換され、配線が加工されていました。それはいいとしてなぜかキャップがついてなかった。
SRは83年よりハロゲンの球になっています。明るく感じるハロゲン球は非常に熱を持ちます。よって裏にゴムカバーがないと、配線がハロゲン球に触ってしまって、溶けてショートする恐れがあります。飾りでついているのではありません。
ゴムキャップを付けてあげました。


521 
      タコメーターの不動     (2006年6月20日)

タコメーターが動かない。その原因の99%はワイヤー切れです。中古車ではよくあります。
この車両は切れていませんでした。こうやって水が入っているのです。やがてワイヤーが錆びて、アウターワイヤーと合体し、エンジンからの力でねじ切れます。
必ず抜いて水を乾かし、モリブデングリースをワイヤーに練りこんでやる必要があります。
なぜか同じ構造のドラムブレーキのスピードワイヤー切れは見ません。同様に水は入るのですが、ホイールからの入力が少ない、もしくは回転が多いからでしょうか?


522 
        ワイヤーのキンク     (2006年6月20日)

アクセルワイヤーの戻し側にキンクが出来ていました。アクセルホルダーの中です。
こんなものが勝手に出来るわけはありません。そうです素人さんがセパハンに交換した際に出来たものです。いじられた中古車は色々な罠?があります。なるべくベース車としては避けたほうが無難でしょう。
ハンドルを交換しましたので、純正のワイヤーに交換しました。キンクが出来るとワイヤーはすぐに切れます。ついでにですがアクセルホルダのハンドル側はグリースだけでは硬いので、オイルも混ぜて塗って潤滑しています。


523 
         ナンバーの割れ    (2006年6月21日)

SRの振動はすぐにナンバーを割ってしまいます。必ずナンバー取得時にアルミのナンバープレート台を装着すべきです。純正のものは高いので外品で十分です。
宣伝、うちの中古車は全てアルミナンバープレート台装備です。(納車整備費をくれる方のみ)
ナンバーを公表しても大丈夫って?大丈夫です、この方は自分で車検取得後、ナンバーを新しく変更しました。すぐにアルミプレートを入れたでしょう。
うちでやれば車検は約1万円、登録は8000円です(その辺のバイク屋よりもかなり安い)。
それでも無駄なお金です。1日仕事休んでも自分でやった方がいいですね。誰にでもできることです、整備と違って誰がやっても出来上がりは同じです。


524 
         思うこと      (2006年6月21日)

忙しくてなかなかメンテ日記が進まなくてすみません。
最近思うのは、メンテ日記を参考に作業されるのはいいのですが、全てを鵜呑みにしてはいけません。
確か前にも書いたと思いますが、整備に正解だというものはありません。中古車を整備するのです。新車に戻すわけではありません。
壊れないように整備する。もしくは壊れたところを直す。ぼろいけど、何とかまともに動くように整備する。色々あります。
その全てにおいて方法や、予算、どこまで直すのかと違いがあって当たり前。それに応じて自分で考え、やれば良いのです。マニュアルに新品にしろと書いてあっても中古でも良いかもしれません。交換しろと書いてなくても交換したほうが良いかもしれません。全て自分でやるのなら、全て自己責任です。
また私も日々勉強し、作業し、技術は向上し、考え方も変っていきます。よってあまり古いメンテ日記は参考にはしないで欲しいと思います。今、読み返せばあまりに未熟な事も書いていますし、あかんやろって事も書いてあります。あえて削除はしません。当時は当時です。
またメールについて何度も書きますが、せめてお名前と在住地ぐらいは入れてください。マナーと言うよりも大人なら常識だと思います。あと応援や、アイデア、クレームやつっこみ、希望などは歓迎しますが、整備などに関する質問は受けません。質問は「SR何でも相談室」へ。(リンクしています)
1番多い質問の答え、XT500のハブクラッチOリングのパーツ番号です。93210-52312 O−リング (2.4−52) 2 個 93210-71311 O−リング (2.4−71) 1 個、常時在庫あり 。送りません、お近くのバイク屋で注文してください。


525
        CRCは何でも使える。    (2006年6月23日)

緩まないボルトや作動部によく吹き付けるCRC 5-56。実はさび止めや汚れ防止にも効く。
ぼろいエンジンだが、これ以上錆びないようにCRCを吹いて保存する。これは自分の78年式です。貧乏暇なし、自分の再生する時間はまずない。







シリンダだけではなく、全てに吹き付けるのです。もしすぐに再生するのならブレーキローターはやめましょう。
全て私の車両、さらに埃を除けるためカバーをかけて長期保存。いつ時間が出来るだろうか?ずーっとできないかも。


526
       げげーっ、ブリーザーホースは超大切    (2006年6月26日)

どうも点火系が弱い。不調。左のケース外すと・・・ビシャッ、ゲゲゲーッ!錆びた水が大量に入っていた。これでもエンジンはかかるのです。









原因はこれ。なぜかブリーザーが折れてた。これでは水がジェネレーター室に入ります。安いパーツです、折れたら交換。
この車両はほじくり出して交換しました。こんな安い物で大損害です。



息も絶え絶えのジェネレーター。交換しました。簡単に書きましたがボルトも錆びてなめてしまい、非常に交換は難儀しました。
パーツ(約\73,500)も工賃も非常に高価です。ブリーザーには気を使いましょう。


527 
      コレではクラッチは重いでしょ    (2006年6月27日)

クラッチワイヤーのエンジン側。こんな風にワイヤーが止まってた。これじゃ重い。てこの原理わかる?
前回り整備で全てのワイヤーにオイルを通すときに気がついた。普通じゃわからないよね。


528 
      ここまで使うか?    (2006年6月27日)

チェンジ側のステップゴム。確かに新型はもげやすいし、減りやすい。それでもここまで使うか?かなりの走行距離と見た。
ペダルカバーは1000円ちょっと、ある程度で交換しようよ。常時新品在庫あり。ボルト2本ですが、なめる可能性もあり。はなからショックドライバー使ったほうが無難。画像はすでになめてる。交換しようとしたが出来なかった可能性あり。
外すのは論外。雨の日に足が滑って大惨事になる。


529 
        興味深い車両入庫   (2006年6月30日)

これもヤフオク絡みでの車両。見かけは78年式に見える。ところが79年式。79年10月までは製造販売されていた車両になる。
最大の違いはフレームと、多分であるがエンジン。なぜ多分と書くかと言うと、この車両のエンジンを開けてないから、中身が不明。
とにかく再生させる仕事を請けた。オーナーはこの車両の事を「モドキ」と呼ぶ。
詳しくは単車男の方で紹介したいと思っている。どうなるか?


530 
      注意バックステップ変更時のブレーキパーツ  (2006年6月30日)

普通のステップから純正バックステップに変更すると、ブレーキパーツがそのままでは全くブレーキが効かなくなります。
絶対に交換しなくては危険なのがこのカムレバー。長い方がバックステップ用。てこの原理、わかりますか?ブレーキペダルが短くなった分、リアのパネル側カムレバーで補うわけです。必ず交換してください。




細かいところではシャフトも違います。これもてこの原理。手前がノーマル、奥の装着されているのがバックステップ用。少し短いのです。
ロッドも若干異なります。スプリングもバックステップ用は弱いものになります。でないと短いペダルでは踏みきれない。



ブレーキのカムの形も違ってきます。コントロールをどこでするか?ペダル側か、カムか。左がバックステップ用です。

わたしのところではここまで気を使って交換していますが、通常の素人レベルではここまで必要かどうかは?自己責任で考えてください。
絶対に交換していただきたいのが上記のカムレバーです。

他にも当然タンデムステップ類やステップ類、初期ではキックアームまで異なってきます。
詳しいサイトがあります。
http://srx6blk.hp.infoseek.co.jp/SR/SR-BackStep.htm

無いものねだりか?最近はバックステップをノーマルに、ノーマルをバックステップに。そういう仕事は多くあります。体にあわせてポジションを考える。それは良いことなんですけど、カスタムは全てに自己責任です。


531 
        ヤフオクでの失敗、タンク編    (2006年6月30日)




なかなかうまく年輪を重ねた良いタンクが手に入ったと思った。






裏が・・・・・(泣)。使えるような文章での商品説明であった。ジャンクとでも書いていてくれれば、まだ救われた。
しかしクレームはつけない。ヤフオクとはそういうものである。商品は来た、それで良いのだ。失敗もあり、成功もある。だから面白くて止められない。

私は売るほうが多いので、意見は売る立場かもしれないが梱包や箱の汚れなどに文句を言う輩もいる。送ってくれといったのはあなたでしょ、嫌なら取りに来い。
そんな小さな事で文句を言う人間にはヤフオクをする資格は無いと思う。そう、文句あるなら新品を買って塗装に出せば良いのだからね。安く買って文句言うのは間違い。

安く買ったタンク。むむむーくそー、どうにかして修理して使ってやるぞ。


532 
        スポークを組む      (2006年7月1日)

実は恥ずかしながら今までスポークは組んだことが無かった。振れ取りはする、しかしスポーク組みは自信が無かった。
ほとんどのバイク屋はしないか出来ないだろう。ホンダならホイールごとパーツがあるので組む必要も無い。またスポークを組む専門の下請け業者もあると聞く。カスタムショップではそういうところに出すのだろう。時間がかかるので、あまり儲けにはならない。
さておきチャレンジしてみる。まずはスポークには裏表がある。裏から入れるのと表から入れるスポークでは形が違う。




中古の使える85年あたりの旧ブレーキシューで使われたハブ。スポークを全て差し込んでみる。最初にマジックで方向を書いていたので間違わない。
中古スポークもキレイなものを使う。




多くのホイールがハブの磨耗により使えなくなる。そこで解体すると多くの中古スポークが手に入る。
これは捨てられる運命のドラム内が磨耗したハブ。消耗品だが・・・もったいない。





こういう安物の電動ドリルと言うかドライバーがあると簡単に組める。早い。形になってきた、この後振れ取りになる。
結果、自転車とは違い、簡単であった。組めるようにしか組めないのだ。普通に組めば良いところにリムが来るのだ。案ずるよりも生むが安し。


533 
        清酒の箱      (2006年7月4日)

清酒の箱は何でも使える。
以前裏返せばシリンダーヘッドのスプリングもかわしてピッタリくると書いた。
普通に使えばフロントフォークがピッタリ来る。オイル交換後のエア抜き中。1度に3台分できる。やらないか。


534 
        キックの不良     (2006年7月5日)

こんな事になった事は無いですか?キックアームが戻ってこない、又は踏めない。トーションスプリングが折れた?ノンノン違います。SRではたまにあるトラブル。まさか自分ので起きるとは・・・


















左画像。スターターギアの奥にあるガイドが折れたのです。ラチェットのガイドプレートです。右画像が正常のガイド

これがガイドプレート。いくら整備万端の我が愛車でも金属疲労にはかないません。古いから折れるのではなく、キックの回数かもしれません。
破片の行き場所によってキックペダルが戻らなかったり、キックできなくなったりします。
交換は比較的簡単、右ケース開け、キックギア全て外せば奥にあります。ま、それでも1日仕事でしょう。パーツは安いです、常時在庫あります。


535 
      リアドラムの磨耗     (2006年7月8日)

いつごろからかリアのブレーキシューの材質が変りました。アスベスト対策と思われます。新型現行のブレーキシューは非常によくブレーキが効きます。ただしドラムも削って磨耗させてしまいます。磨耗限度は外径1mm、つまり0.5mm減るとドラムは終了です。このような内パスで測定します。






151mmで終了です。ご臨終です、ハブを交換してください。ディスクもローターが磨耗しますね、それと同じです。





これが新品のハブ、現在で約25000円ぐらいします。ハブを交換すればベアリングも、スポークも、タイヤも交換したくなりますね。一体いくらになるのでしょう?
メーカーでは2.5時間を工賃としています。タイヤ交換まで含む時間です、絶対にその時間で出来るわけがありません。スポークも組むのです。
でもうちではその金額でやっちまいました。現在で15000円です。(そのうちもっと上げると思う)2日がかりでした。

30000kmから40000km走れば新型車両ではドラムが終わります。どうにかならないものなのでしょうか?
画像はご臨終のドラム。
以前はヤフオクでホイールを仕入れたりして、ホイールごと交換していました。ですが当たり(使えるドラム)が来る確立は30%、3個に1個。質問してるんですけどね。
ハブクラッチ側が減ってたりもする。難しいなぁ。


536 
      ベアリングのグリースの量     (2006年7月8日)

以前どこかで古いベアリングのグリースをキレイに洗浄し、高品質なベアリンググリースを満タンに詰め込んでシールしたと書いたと思います。
実はそれは半分間違い。グリースは満タンにすると抵抗になります。また熱で溶けて出て来る可能性もあります。冷却にもよくないかもしれません。
画像が新品のベアリングのグリースの量。これはこれで良いのです、十分これで潤滑できるのです。オイル同様、多すぎて良いことは何もありません、もったいない。
まぁベアリングぐらい新品にしようねー。私はベアリングにあまり詳しくないので、必ずホイール用のを使用しています。


537 
       チェーンのエンドレス売り     (2006年7月10日)

結構アイデアだったかもしれないのが、チェーンをカシメて売ります商売。ひと月に1本位通販で売れる。
ただしこのカシメたチェーンを装着するにはスイングアームをはずさなければいけない。けっこう出来る方向き。ピボットのメンテナンスのついでにチェーン交換と考えればいいのです。
宣伝。DIDチェーン、各サイズ、カラー。ご希望駒数にカシメて送ります。定価の20%OFFでカシメ、送料無料(本土のみ)。たまに定価の安い江沼チェーンも在庫あるかも?
駒数が合わなくならないように、よく勉強しオーダー下さい。もちろんサンスタースプロケットも同時にOK。


538 
        こだわり      (2006年7月10日)

ハブを新品に交換されたブルジョワ様。タイヤはBT45をチョイス。現在ではベストな選択。
さらにはチューブもリムバンドもブリジストン指定。こだわりだぁー。結構流通は少ないのです。F1好きなのかな?


539
         工場使用について    (2006年7月14日)

以前も書いたかもしれませんが、工場をお客さんに開放しています。うちに来て何でもやってくださいという事です。
画像はIさん、汗だくで84年の愛車SR500のハンドルを78年のアップハンドルに交換しているところです。
私が作業をする時間のみ。通常2時ごろから7時ごろまでです。完全予約制。Iさん、ぼちぼち暗くなってきたんですけど・・・
SRならば何やってもいいです、エンジンを交換して行った方もいました。通常1回\1,000です。オイル交換は無料。簡単なことも無料、私が決めます。
工具は基本的に持参してください。専用工具は貸せません。気分がよければグラインダーやボール盤も使えるかもしれません。失敗する前にボソッと助言があるかもしれません。
Iさんは私と同じ年代、やっぱりアップハンドル(500のオリジナル)はいいですよねー。純正ノーマルポジション。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)