メンテ日記 (その19)  
     
540 
       メンテとは関係ないがRE5    (2006年7月16日)

SRのメンテとは全く関係ないけれど、RE5です。知らないでしょ、SRばっかり乗ってるとそれが普通だと思って変人になるよ。SRは結構異常な単車だから。
RE5はもっと異常な単車(単気筒とは呼べないが)。スズキが70年代前半に製作した1ローターの単車です。確かデザインはイタリアの有名人。
博物館やオーストラリアの中古屋では見たことがあるが、走ってるのは始めて見た。
明石のタコフェリー乗り場です。国内で正規に販売はされなかった。ターボ同様ロータリーエンジンも単車では認可されなかったと思う。いったい国内にナンバーとって走る状態にあるのは何台でしょうか?一桁でしょう。

これがロータリーエンジン右側。クラッチまではギアかな?ウオーターポンプと、オイルフィルタ。キックもついてるのね、ぐらいしかわからない。
当時のサンパチと同じ色だぁー、ぐらいのレベル。何もわかっちゃいない私。






左側、こちらから見るとロータリーだということがよくわかる。変ったキャブから吸気されて・・・なんちゃらポート?ぺリフェラ??わかってない。で、吸気されて・・・プラグで火が点いて・・・下で排気か。プラグ1本なんだね、足りるの?排気は熱そうだ、エキパイにフィン付いてる。オイルは2.5L。燃えるオイルはどうなってるんだろうか?
全然わかっちゃいない。でも車体の中心でグルグル・・・こけそうに無いし、振動も無いんだろうなぁ。

いやー、変ったメーターにウインカー。そうそうこいつはスズキでも特別扱いだったからね。転倒しようもんなら、泣くどころではないね。








リアはこんな感じ。絶対手に入らないようなテール。それにウインカー。乗れないが、乗ってやらないと単車じゃない。オーナーの勇気に拍手!





これがプラグ。マツダのロータリー用ともかなり違う。なんとNGKの受注生産。それもオーナーに数本しか売ってくれないらしい。そらそうだ、誰でも手に入れたならネットオークションで高く売るわな。オーナーだけ通常の金額で数本手に入る。その通常の金額はイリジウムどころではない。
プラグだけでこの調子、まだ手に入るだけ良い。その点、古いSR500に乗るのは何て楽な事か、少しだけヤマハに感謝した。


541  
      キャブレターのセッティングパーツ   (2006年7月19日)

画像は初期型VMキャブ用パイロットジェット。
たとえばメーンジェットなんかはポッシュやデイトナなどで外品が比較的安く入る。パイロットジェットはなかなか難しい。それにいくつもの数はいらない。
それでもメーカーから純正品を手に入れることが出来る。もちろん、いち個人に卸す事はないので、間にいくつものパーツメーカーが絡む。
画像はどうしても薄い状態の愛車(78年式SR500)のために入れた1つ濃い目のパイロットジェット。交換したら一発でセットは決った。最高♪
マニュアルどおりにセット調整していたのでは、いつまでたっても最高の調子のエンジンには出来ない。
個々のエンジン、個々のキャブの状態によりセッティングは未知数なのです。


542 
      スタッドボルトセッター     (2006年7月20日)

リンクにもある「SR何でも相談室」で、話しに出てきたスタッドボルトセッター。そんなものがあるのは知らなかった。

早速買う。高いが工具は一生物だ。8mmだけで良いのだけれど・・・セット。





ハブクラッチのスタッド入れるときに当たるので、削って細くして使用している。ダブルナットの必要がなく、仕事は数倍早くなったし楽になった。
専用工具の世界でも知らないことがある。これはいいよという物があればメールで教えていただきたい。お願いします。

8mmはフォーク下スタッド、シリンダヘッドエキパイ部のスタッドなど使うところが多いのです。


543 
     ハブクラッチのストッパの入れ方     (2006年7月24日)

ハブクラッチのストッパが入らない。それで普通です。元気なハブクラッチで、ダンパなど新品にしOリングを入れると結構組みつけに苦労します。
こうやって踏みつけて全体重をかけて端からドライバーでストッパをこじ入れます。グリースを多くつけてね。
ストッパを真ん中から無理に入れようとすると開いてしまいます、つまり曲がる。必ず端から入れるのですよ。逆に苦労無くスッと入るものは、かなりあちこちに磨耗、ガタが来てるわけですね。


544 
       K70というビンテージタイヤ      (2006年7月24日)

ダンロップのビンテージタイヤにK70というタイヤがあります。真ん中のタイヤです。リアタイヤ4.00-18サイズです。
右はご存知メッツラー。ヤマハSR純正タイヤ4.00-18。左はピレリのファントム120/90-18。どうでしょう、とびぬけて細く、また外径が大きいのがわかりますか?
ま、ほかの2本は中古ですが、それでも溝の深さは半端じゃありません。そうとう長持ちしそうです。



こちらは同サイズのBSアコレードと比べたところ。アコレードは減りも遅く、グリップもそこそこ。なかなか良いタイヤです。でも太い。







初期型、逆立ちにアコレードを入れると、トルクロッドのボルトとタイヤとの隙間は5mm程。指は入りません。




同様に初期型にK70を入れたところです。隙間は2cm以上。何度も書きますが同じサイズです。つまりメーカーの表示サイズは何の意味もなさないと言う事です。
さらに知っておきたいのはタイヤは細いほど俊敏に単車は動きます。それと単位面積あたりの接地重量は細い方が多いということですね。
細い方がグリップが良いとは書いていません。グリップはタイヤ構造、ゴム質などで大きく異なります。

ただ言えるのは、K70を履けば軽いって感じた事です。あとはかっこいいー。フロントは3.25-19、3.50-19とサイズがあります。
注意しなくてはいけないのは溝が深くハイト(高さ)があることです。フロント3.50-19、リア4.00-18のK70であわせますと、センタースタンドを立ててもほとんどリアは浮きません。場所によってはセンタースタンドが使えなくなります。


545 
       ワンウエイブリーダー   (2006年7月28日)


Iさんが考えたブレーキエア抜き用ワンウエイブリーダー。何でも水槽用のワンウエイバルブを使っているそうです。水用で壊れないのか?よく水洗いが必要だろうなぁ。まぁアイデアだ。


546 
        ちょっと美しく     (2006年7月28日)


ロッカーアームピンのプラグナット、錆びていませんか?これはまだキレイですけどね。









新品に交換しました。この新型オイルラインのエンジンでも2個で数百円です。それでピカピカ・・・他と合わない?
まぁ何も性能は上がりませんが、エンジンがきれいになれば気分も良いものです。交換も超簡単です。


547 
         工具キャリー引越し   (2006年7月30日)


これは創業時に安い棚を買ってきて、ひっくり返して補強し、コマをつけた自作キャリー。性格上グシャグシャ・・・
下になった工具を探し出すのに時間がかかってしまう。そんな時間が惜しいほど最近は忙しい(カッコイイー)






どうだー!上の工具箱(チェスト)と下のキャリーで合わせて13000円!まいったかー。これで工具を探すことは無くなった。いつまでこの整理された状態でいけるか?
もう5年目突入だもん、いいよねーこれぐらい。


548 
      ピボットシャフトの締め付け具合    (2006年8月9日)

またリアサス外しても重力に勝ってしまうスイングアームの手入れをしています。これほど動きが悪いと、どんなに良いリアサスを装着していても意味がありません。
内部がバラバラ・・・はよく書きましたが、それが問題ではない場合もあります。
この車両は単なるナットの締めすぎ・・・
内部は分解し点検、グリース入れましたが何の問題もありませんでした。高年式のSRは精度がよくないようで、ナットを締めすぎると動きが悪くなります。
ところが緩すぎるとガタがでます。このへんが微妙。言葉では言い表せない、メカニックの経験によるカンなのです。
マニュアルに書いてあるトルクで締めたってうまくいくわけがありません。文章にするとガタが無く、スムーズに動くぐらいとしか書けません。あとは経験を積むしかありません。増し締めは気をつけましょう。締めすぎると、スイングアームは軽く動かなくなります。ベアリングの寿命も短くなるでしょう。


549 
     ネットオークションの良    (2006年8月11日)

以前ネットオークションの悪を書きましたが、良を書きましょう。まぁ悪よりも良い人間が多いのが日本人。
よく部品を買うのは普通の日記の方にも書いています。今回もキレイな純正サイレンサーを安く買いました。「他にも部品が色々あるので入れて送ってもいいですか?」とのメール。もちろん大歓迎。
こういうときに使えないものは来ない。使えるだろうから捨てれない、でも誰も買わないだろうぐらいのパーツ。ゴミは捨てるので来ない。
画像が来た物。キレイなサイレンサーはなんと2J2、大当たり。おまけのサイレンサーも2J2、うれしい。さらにVM用エアクリーナーも。このブローバイのホースはすでに新品は入手できない。
最高に嬉しいのは「あなたのホームページでずいぶん勉強させていただいたので、代金は要りません。授業料です」無料も嬉しいが、最高に嬉しい褒め言葉。本当にありがとうございます。


550 
     信じてくれるお客様     (2006年8月11日)

私の言う事をよーく信じてくれるお客様、Hさん。受注時にタイヤは新しくされて、今回リアサスを交換しました。(自分で)
あまりの変化に25,000円は安いとのお言葉。リアサスの交換はタイヤの次に優先する必要があるのです。そしてリアサス交換は単車が走る以上、加速、ブレーキ、コーナー、真っ直ぐでも。全ての状態で安定して走ることが出来るようになるのです。絶対体感できます。
高くて極上のリアサスは必要ありません、レースするのでなければね。
宣伝。現在デイトナのショックは24,000円で販売できます。カヤバも同じぐらい?気になっているのはICON、いくらで入るのか?誰か頼んでみない。カヤバのみチェーンカバーに、若干加工が必要です。


551 
    げっ、なんじゃこりゃステアリングヘッド   (2006年8月18日)


ステアリングヘッドの上側ベアリングレースです。何が「げっ」かわかればすごい。
答えはレースが上下さかさまですね。入るのですね、知らなかった。これではガタが出る。何でこんなことにしてるのでしょうか?





さらに深い答えはこれ。以前も書きました、ロワーブラケットのシャフトの磨耗。ステアリングヘッドが緩すぎるとガタが出て、このように磨耗してしまいます。
いくら締めてもガタは消えません。
そこで沖縄の中古車屋さんは考えました。ブラケットの交換は高くつく。どうしようか?そうだっ、磨耗してないところに固定側レース持ってくれば良いんだ。それでレースが上下さかさまに入れられていたのです。恐ろしい。
アイデアのおかげで最近までガタは気がつかずにAさんが乗っていました。Aさんは大学が沖縄で、学生時代に沖縄でSR400の中古車を買いました。
沖縄が悪いとは書いていません。こういう中古車屋さんが沖縄にあったと書いているのです。もちろん大阪でもあるでしょう。くれぐれも単車を買う中古車屋選びは慎重に。
結局はロワーブラケットと、ステムベアリングの交換をする事になります。
安物買いの・・・と書きたいところですが、決して安い中古車でなかった事も書き加えておきます。


552 
     よい工具を見つけた   (2006年8月18日)

フォーク専用のようなオイルシール抜きです。てこの支点部分が丸くなっていますのでアウターに傷を入れたり、変形させる事がありません。
以前紹介したものは、何かでガードしていても少しはアウターの端が変形し、修正する必要があったのです。これはいい。
ストレートの商品なので買えない金額ではありません。なんせ私が買えるのですから。


553 
      ハブクラッチのダンパ    (2006年8月23日)

ハブクラッチのダンパはあまり触れていませんでした。ですがゴムです。硬くなり、磨耗もします。画像はかなり磨耗が進んでいます。
主に前後方向のガタをとる役目です。ヘタってくるとアクセルのオンオフでガタガタ来ます。1個600円ちょっと。6個です。そう考えるとなかなか換えれないですねー。思い切りましょう。


554 
      トルクロッドのナット     (2006年8月23日)

かなりヤバイ状態です。普通のナットで締まっているだけの状態です。もちろん毎日点検してるのでしょうが、見るからに怖い。
緩めば大惨事です。ブレーキをかけた瞬間にガチャンと逝ってしまいます。








緩み止めのナットで締めた後、割りピン(ベータピン)を入れました。かなり安心。


555 
         珍事      (2006年8月24日)

スクーターのキャブレターです。オーバーフローする。分解し、清掃すると直る。お客さんが乗ってるとオーバーフローする。
原因がわからない。キャブレター全て交換すればスパッと直るだろう。それも予算上出来ない。
ニードルバルブか?と考えていた。だが・・・フロートにガソリン入ってる!そうです、分解してすぐなら気がついた。置いておくと乾燥?するのか気がつかなかった。
なんと、ポリでも穴が開くのか。その昔、フロートが真鍮だった頃はよくあった話し。整備するのに先入観はいけない。ありえないと思ってることが起きるときもある。


556 
       フレームの精度     (2006年8月24日)

常連Iさんがリューターで穴を広げているのは、私が製作したロングツーリング用大型キャリア。
自分の78年式SR500に合わせてワンオフした。ピッタリ作っている。なのに84年式SR500には合わない。同じ2J2フレームである、なのにつかない。
数ミリのずれがある。それをあわせるために加工中。お互いに事故暦のないフレームである。





はい、装着できました。北海道で彼を見かけた方もいたのでは?所詮単車のフレームの精度ってのはこんなもの。数ミリの狂いは当たり前の世界。
タンクがいがんでる、リアフェンダーが曲がってる、当たり前の事なのです。国産だからミリの単位で納まってるのです。外車じゃ・・・


557 
       VM用K&N      (2006年8月29日)

VMキャブレターの純正エアクリーナー用K&N製フィルターがあることを知り、仕入れてみました。
なかなか良いです。表面はヒダヒダで、かなり効率が良さそうです。また、当たり面は上質なゴムで出来ているようでヘタリそうに無い。
左の純正フィルターは汚れも少なく、破れもありませんが、当たり面がペッタンコです。純正でも10年、15年は持つフィルターです。K&Nなら一生物?
少し高いが、お買い得かもしれません。もちろん清掃は必要ですけど。


558 
        リアサスの曲がり    (2006年8月31日)

どうだーっ。自分でリアサスを交換したHさん。とりあえず用の錆びたぼろいのを1本上げた。(他で儲けさせてもらってるからね)。純正のキレイなのが曲がってしまったのだ。
通常の使用で曲がることは無い、事故で曲げた。ぶつけられたわけでもない。なんとロックを外し忘れて走行しようとしたそうです。
驚いたのはスポークはどうも無いと言うこと。スポークよりもリアサスのシャフトのほうが弱いのですね。もちろんこの状態でサスが作動するわけが無く、ひどい状態で、うちまで走ってきたようです。近いとはいえ大変だったでしょう。ロックには気をつけましょう。


559 
       エキパイのスタッドボルト     (2006年8月31日)

エキパイはスタッドボルトでナットで止めていますか?よくボルトをそのまま使っている方を見ます。緩みます(理由は考えてください)
問題は相手がアルミなのでなめてしまうと言う事。画像はタップ立てているところです。シリンダヘッドには必ずスタッドを入れてください。完全になめるとヘッド交換になります。


560 
      はるばる来たねー    (2006年9月2日)


東京から中古パーツを探しに来た若者。まぁそれだけが目的じゃないだろうが嬉しいものです。そのうち儲けさせてくれるでしょう?








画像を送ってくれた。工場を閉める時間まで何やらゴソゴソと・・・左は名古屋からXT500でたまーに来る、私よりも怪しい若者。


561 
      タコワイヤー切れ     (2006年9月3日)


タコメーターのワイヤー切れ。水が入って、錆びて、エンジンからの力で切れる。定期的に分解し、水を抜いてグリースを入れると切れない。最悪でも水とグリースが混ざってコーヒー牛乳みたいになるが、一度でもグリースを入れたワイヤーなら切れない。
じゃ切れたらどうするか?交換しかない。新品も中古も在庫あり。中古なら無料、あげます。


562 
        アイデア工具袋      (2006年9月3日)


スカチューンのスカの部分に工具袋。何が入っているか知らないが、ワイヤーブラシとエアゲージが見える。小さなドライバーも。
セッティングしながら走るには必需品。場所が良いアイデアだなぁ。


563 
       100%化学合成油      (2006年9月3日)

Oさんがオイル交換に来てくれた。新しく在庫するようにしたオイルはモチュールのH-TECH100という単車屋専用オイル。とはいえペールで買うのであまり安くはならない。
単車やミニなどミッションも潤滑するMA専用オイルです。100%化学合成 SL MA 10W-40 オールシーズンOK。1リットル1,200円です。SRには贅沢だな。
足元に転がる箱はオイルフィルタ、純国産品。某巨大パーツメーカーの外国製とは違います。あるときに限り800円、Oリングつき。自分でやれば工賃無料。工具、ウエス持参してねー。廃油引き取りももちろん無料。(オイル代に入ってます)


564 
       ガスケットの痩せ        (2006年9月7日)

サイレンサーのガスケットです。左は旧型、右は新型と言うガスケットの違いはありますが、明らかに左のが薄いのがわかるでしょうか?
ガスケットは取り付けが甘かったりすると振動で痩せてきます。痩せてしまうとバンドでいくら締めても止まりません。排気漏れで済めば良いのですが、ほって置くとエキパイまで振動で磨耗し、使えなくなります。
交換すればビシッと固定できます。ただ結構高いものです、1,000円は軽く超えてたと思う。まぁ排気漏れの無い排気音は、歯切れが良く気分の良いものです。


565 
         うまいっ       (2006年9月11日)


中古SR500を製作しだしました。なんとVMが死んだのかBSTに換装してあります。それはよくあることですが、よーく見てください。そうですエアクリーナーはVM用です。うまいっ!








元はこれ、85年式です。20号機になる予定。エアクリーナーはボックスごと取り外しました。


566 
         怖−っ         (2006年9月14日)

ジェネーターカバーに穴!
なんと縁石にぶつかって、跳ね上がったそうです。よく足が無事だったものです。ステップまでは来なかった。(バックステップに換装していて助かった)チェンジペダルはパイプで伸ばしました。
キレイな新しい車両ですので、ケースは新品を買いました。(5,000円ちょっと)。しかし怖い。この方は以前にサイドスタンドのスイッチをぶつけて、もいでしまった方です。
道の真ん中走りましょう。


567 
        怖−っ、 その2      (2006年9月14日)

クラッチワイヤーです。何とかうちの工場までたどり着きました。普通、ここまで使う?鉄のワイヤーは1本ずつブチブチ逝きますので、早めに交換しましょう。
もちろん切れれば走行不能になりますので、ロングツーリングなどはスペアが必要ですね。早めに交換して、古いのはスペアにしましょう。
新型(2000年以降)のステンレスワイヤーは伸びが少なく、作動も軽い。錆びなく、値段も高くない。お勧めですが、多分逝く時は一発です。(逝ったの見たこと無いけど)
どちらにせよ、ワイヤーはいつか切れます。


こちらはうちの中古車です。整備中に1本の切れを発見しました。わかりやすくビヨーンと引っ張り出して画像撮っています。普通はこんなふうにはならないよ。
もちろん交換です。定期的にグリース、又はオイルやってると発見できます。


568 
        エアクリーナーケース       (2006年9月15日)


中古車20号機、85年式にBSTのエアクリーナーケースを装着しました。キャブレターもBST使います。特にこのエアクリーナーのブリーザーはXT500と同じコストのかかった良いものです。
大きさも大きくて、吸入効率は十分でしょう。ネットオークションでの値段も安いっ!(みんな外すから)。フレームはよく似ていますので、加工無しで取り付けできます。ただし車載工具の箱は取り付けれなくなります。


569 
          リムバンド          (2006年9月18日)


あまり気にしないのがリムバンド。85年以降のメツラーのリムバンドはプラスティック状の物です。硬いからか磨耗?したり、割れたりします。
画像のようにニップルが見えているのは結構日常茶飯事。このままではチューブに穴が開いてしまいます。タイヤ交換時には、リムバンドも交換したいものです。安いですから。この上からかぶせても良いかもしれません。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)