メンテ日記 (その20)  
     
570 
      ブルジョワ君    (2006年9月19日)

近所に住む、ブルジョワフィリピン君。名前は知らない。英語、日本語はうまい。何度か仕事を見に来てる。
彼はブルジョワなので、2号線沿いの全国、赤い・・・チェーン店のお客さん。だが、そこで買ったGIVIの箱を取り付けてくれないとの事。
2時間かかるし、忙しいからと断わられたらしい。うちだってそんなつまらない事はしないぞ。断わったが、「お願いします」の連発でつけてやることにした。決して金くれるからやったわけではない。(半分本当)
単車はCB400SF新車、赤い・・・で買った。フィリピンでこれ乗ってたら、かわいい女の子が次から次へと寄ってくるらしい。SRみたいな10年落ちではあかんらしい。「10年じゃない、28年だ」英語半分、日本語半分で、しゃべりながらの仕事は楽しい。
感謝して大金(\1,000)を置いていった。ブルジョワー、キャリヤと箱の台座取り付けただけだぞ。ヘルメットも高そうだ。
詳しくはこの日の「貧乏単車おやじの日記」で。


571 
       フォークアウターの傷     (2006年9月19日)

フォークのシール交換。するとこんな傷を発見した。前回のシール交換は素人がやったという傷。
気分が悪い。私がやったと思う人もいるかもしれない。ここから漏れないのだろうか?アウターの淵もガタガタだ。自分でやるのは良い事だが・・・気になるなぁ。


572 
       スタッドボルトがなめてる    (2006年9月19日)

そういう素人がやった後の仕事は大変。外すときに締まってないなと思ってた。だが締まってないのではなくて、なめてるので締まらないのだ。この状態で空回り、さてどうするのか?









こういう工具がある。ナット割り。専用工具を使ってナットをつぶす。




はい、ナットが割れて、なめたスタッドボルトが見えてきました。






スタッドボルトは専用工具、スタッドリムーバーで外します。入れるときはスタッドボルトセッター。こういう専用工具は無いと困るが、あっても使うことはほとんど無い。
で、使うときの工賃はそれなりにいただきます。まぁ今回紹介の工具は安いものばかりですけどね。
この車両は中古車、20号機ですので工賃としての儲けはありません。難儀しても、簡単に出来ても中古車の儲けはほぼ同じです。価格が違うのは、ほとんどが仕入れ価格の違いです。


573 
      中古車の特典?   (2006年9月22日)

私のところの中古車は、SR専門店だけあって安くて完全整備なのは誰もが知っているところ。でも、外見はあまりきれいじゃない。磨かないからね。でも特典はあります。
画像はヘタったメーターのゴムを交換するために、ヤフオクで買った新車外しのメーターから部品を頂いているところ。ゴムがヘタるとメーターがガタガタになってしまいます。
特典はケースがきれいなので、ケースもピカピカのをつけてあげましょうと言う事。整備だけでなく、きれいになることもたまにはあります。外からは見えないけれど。


同様に傷があるヘッドライトのリムも交換しちゃいます。性能が上がるわけではないのでしたくないけれど、部品があるならやってあげましょう。めんどくさい。









シートだって、あれば1番いいのを取り付けます。スポンジはすぐに悪くなるからねぇ。


574 
        20号機      (2006年9月26日)

そんなこんなで出来上がったのが20号機。だいぶカスタムしてしまったので安くしました。アップハンドルにフォワードステップ、BSTキャブ、平和だぁ。
228,000円、売りたしページには消費税も入っていますが、まさか1000万円も売り上げがあるわけ無いので、今のところ消費税は必要ありません。
即売でした。初めての関東、東京へ売れていきました。安すぎたか・・・ま、いっかぁ。うちで買った人は必ずまたうちに返して下さい。





ベース車はこんなにボロボロ・・・苦労したし、パーツも多く使った。金もかかったぞ。


575 
      520ドリブンスプロケット各種考     (2006年9月27日)


何これ?IBSのカタログです。申し訳ないが、台に使用、約55g


これはとある方の情報にて仕入れたスプロケット、ヤマハ純正品。520サイズでSRのリアハブに合います。
オフセットは無いので、ドライブスプロケットについては少し頭を働かせて選ばなくてはなりません。XT500にはバッチリ、ピッタリでしょう。残念なのは40と41Tしかないこと。
41Tの鉄、画像645gですので実際は590gで、約\2,840(2006年9月)。パーツ番号やこのパーツについての質問はしないでくださいね。ヤマハの4輪バギー用として答えておきます。あとはご自分で調べてください。


これはご存知XT500の純正品。現在は44Tが手に入らないのが残念。画像は42T。かっこよく肉抜きのされたコストのかかったものです。SR500とは比べ物にならないブルジョワぶり。
ちなみに画像555gで実際は500g。上記スプロケよりも肉抜きされ、軽い分コストもかかって約\4,500。


これはサンスターの超ジュラルミン。鉄よりも強いかも?と言われるスプロケット。そんなわけは無いでしょうけど軽い。43Tで270g、つまり215g!さすがに鉄よりも高く\7,370です。これは定価、さらに10%引けます。SRのコンバート用に内側に少しオフセットしています。
チェーンスプロケット交換は悩みますね。ギア比も材質も、値段も。バネ下重量はバネ上の10倍に相当するとは昔から言われる事。足回りの1kgの軽量化は車体の10kgの軽量化に匹敵するぐらいの効果があると言うわけです。
ちなみにオリジナル530サイズ44T(SR500)は測定してませんのでオチはありません。400用47Tは軽く1kg超えそうなな気が・・・値段は約\7,720と非現実的値段。


寂しいのでオチを見つけました。428用SR400純正スプロケット。56T、鉄。1045gです。つまり実質990g!\5,060。誰も買わないのに新品在庫あり。
中古の使えそうなのも多くあります。取りに来れば差し上げます。
428でこれなら530じゃ1kgどころではないな。今回色々計量してみて、520がどれほど軽いか良く勉強になった。


576  
      520ドライブスプロケット各種考    (2006年9月27日)

なぜ520なのかは何回も書いています。大きな意味ではチェーンが安くて強くて軽いから。
画像は520コンバート用サンスターのスプロケットです。国産で1番信頼できるメーカーですので使っています。
どちらもSR用コンバート520スプロケットです。左が新型用428からのコンバート用、右が旧型530からのコンバート用。それぞれ裏側です。裏側のオフセットの違いを撮っています。530からのコンバートはオフセットが無いのがわかりますね。


ドリブンスプロケットは元が428でも530でも同じ物。なのになぜドライブスプロケットのオフセットが違うのでしょうか?
画像が逆になりわかりにくくなってしまいました。左のピカピカが旧型のドライブスプロケットの内側のカラーです。右側が新型。この画像では高さの違いはわかりませんが、旧型の方が少し高い。このへんでわかってきたかな?

で、それぞれのカラーの上にスプロケットを乗せました。当然ながら同じ位置にチェーンラインが来ます。リアのコンバート用のスプロケットは同じですからね。
この辺の事を理解し、細かい方は測定すればあらゆる組み合わせも考えれます。
特にサンスターは新型用に15Tまでしかありませんから、16Tや17Tを使いたい方はどうすれば良いかわかりますね。その通り、旧型の高さのあるカラーを使えば良いのです。
面倒なのでアファムにしよう、それも良いでしょう。カスタムは全て自由であり、自分の責任です。


577 
       キャリパーサポート     (2006年9月27日)

買い取ったSR500についていたフロントブレーキ。キャリパーは何用?ローターはノーマル。
問題はキャリパーサポート。どう見ても自作、いらない。処分しました。
この前にも書きましたが、カスタムは自由、そして自己責任。これは極端な自作の例ですが、キャリパーサポートと言う部品は結構色々なメーカーから売っています。
私は使う事は無いでしょう。なぜならブレーキメーカーが出しているキャリパーサポートを知らないからです。ブレンボやニッシン、サンスターなどのブレーキメーカーが出すキャリパーサポートがあれば使うかもしれません。
パーツが壊れるときは作動時です。ブレーキは使った時に壊れます。他人の命まで考えると私は使えません。それに良く整備されたノーマルで十分な制動力だと思うからです。


578 
        VM用エアエレメント考    (2006年10月6日)


VMのエアエレメントがグサグサになったらどうしましょう?交換?ブルジョワー。








古いスポンジを全て剥ぎ取ったあとに、スポンジを巻きつけてはいかが?某メーカーのエレメント用スポンジ。光に透かすと向こうが見えるので、かなり荒い。吸入効率は良さそうだけど、埃はあまり取れそうに無いかな?ぐるり一周をまかなう大きさのスポンジはあまり出てない。ホームセンターなどで売ってるやつは安いが、ガソリンに対して不安。


出来上がり。高級ボンドで止めた。取り付け面のスポンジは隙間に貼るタイプ(これは安い)。テープが初めから付いてくる。これはアイデアだけ、まだテスト中。


579 
          エンジンの話し色々1    (2006年10月10日)

今年はエンジンの仕事があんまり無いなぁ。と思ってたらいきなり3つのエンジンの仕事が入りました。全て関東の方。関東って工賃高いのかなぁ?
その中のひとつ、完璧な梱包。ただし開けるのに難儀した。それほど完璧。


こちらは珍しい、前に倒れて入ってきました。おかげですごく小さく梱包されていました。小さいと安いのでしょうか?
出来上がってからの送り返しも、ほとんど同じ梱包で返します。梱包にはご注意を。私からの送り返しは佐川急便です。ほとんど大きさで運賃の変化はありません。関東までで\2,500ぐらいかな?最近着払いでも値段が変らない事に気がつきましたので、着払いでお返しする方が良いかもしれません。
でも送料使ってエンジン送ってきて、先にパーツ代も時には工賃も振り込んで怖くないのかな?私は破綻して逃げるかもしれませんよ(笑)


580 
      エンジンの話し色々2   (2006年10月10日)

数機のエンジンの色々を順不同で紹介していきます。頼んだ方のみわかるかな、俺のだって。
まずはオイル漏れ。エンジンをOHしようかと思う理由のひとつですね。実はどうでも良いこと。今回請けたエンジン4機(1つはずーっと何もしてなかった知り合いからもらったエンジン)、壊れてると私が判断したのは1機のみ。
他のはこのまま使える状態であったもの。もちろん手を入れることによってこういうオイル漏れは直りますけど・・・金もかかる。
画像はヘッドカバーから漏れ出たオイルがスタッドボルトを伝い、シリンダまで来た。で、問題は?気にしなければありません。


581 
       エンジンの話し色々3     (2006年10月10日)

壊れたエンジンは1番新しいもの。2H6の後ろに番号が入る新型です。新しくても壊れるのは車体も同じ。要は普段の整備しだいです。間違えないで、壊れないようにするために整備するのですよ。
で、カムとロッカーアームが磨耗しています。寿命ではありません、焼きつきです。オイルが回ってなかったのです。オイルフィルタを交換しただけでもオイルラインにエアが噛み、オイルが回らなくなる事もあります。そのまま走行すれば10km走らなくてもこうなります。(実は私もやった事がある)
ピンや焼けたベアリングも交換です。全て新品にすると目が飛び出ます。うちには使える中古があることもあります。しょっちゅう出るパーツです、いつもあるとは限りません。


582 
       エンジンの話し色々4   (2006年10月10日)

シリンダを黒に塗ってくれとの依頼。えーいめんどくせー。でもカンスプレーでやってあげましょう。耐熱スプレーを数回塗ればきれいになります。
マスキングは?砥石で面を研ぐのでマスキングしません。シリンダ内はオイル塗ってますので塗料は付きません。
完璧にしたい方は、ご自分でお願いします。


583 
        エンジンの話し色々5     (2006年10月10日)

こちらは旧型エンジン。オイルラインが違います。ゲッ、旧型のカラーに428のスプロケット・・・少し前に書いたオフセットなど無視ですかぁ、世の中ってこんなもんだよ。自分でやるのが正解のようです。


584 
        エンジンの話し色々6      (2006年10月10日)

これはクランクシールからのオイル漏れ。ジェネレーターを外し、500円ほどのシールを交換すればほぼ直ります。まれにクランクやベアリングが逝ってると無理ですけど。
古いエンジンはゴムのシールも硬くなってるものです。でもこれぐらいの量です、気にしない気にしない。ジェネレーターはオイルが付いても問題は出ません。自分のなら換えないけど、これも仕事だ。交換しました。


585 
         エンジンの話し色々7       (2006年10月11日)

前記したカム、ロッカー焼きつき磨耗エンジンはオイルポンプを点検します。ついでにオイルシールも交換。別に異常はありませんでした。
チューニングエンジンは少しでもオイルポンプに異常があると、すぐに焼きつきます。ノーマルでも熱的に苦しいエンジンです。オイルに気を使いましょう。


586 
        クラッチのプッシュロッド磨耗     (2006年10月11日)

オイルポンプまで分解すると、クラッチも見れます。クラッチディスクはまず減らない。クラッチで弱いのはこのプッシュロッド。これが磨耗すると、調整が難しくなってきます。
右が磨耗したもの、左が極上中古品。もちろん新品がベストです。新品いつでも在庫あり。


587 
         エンジンの話し色々8バルブガイド      (2006年10月11日)

走行の多いエンジンはバルブガイドまで磨耗している事があります。古いバルブを抜き、新品のバルブを差し込んでもガタガタ来るときはガイドの交換が必要です。
左が旧型でOリング付き、右が新型、スナップリングが入ります。
私のところでパーツは在庫していますが、実際の作業はバルブシートカットとともに内燃機屋さんにお願いしています。
エンジンの状態により、いくらでもお金がかかってしまいますねぇ。


588 
      XT500のリアスプロケット装着    (2006年10月12日)

XT500のスプロケットが売れた。ドライブ側は少し細工をしています。教えなーい。なかなか取り付けるとかっこいい。









オーナーから送られてきた画像。かっこいい。ノーマル風だがノーマルじゃない。しかも520サイズ。重量もかなり軽くなり、耐久性も高い。ただ、値段もちと高い。


589 
      クラッチプッシュレバーの磨耗    (2006年10月13日)

少し前にクラッチのプッシュロッドが磨耗する事を書きました。もしかするとそれよりも弱いかもしれないが、このプッシュレバー。
ここが磨耗すると、アジャストスクリューでの調整が出来なくなります。
下が磨耗したもの。アジャストスクリューでこまめに調整していくと、プッシュレバーは上に(画像右側)に持ち上がり、プッシュロッドの磨耗分、テーパー部で遊びを詰めることになるわけです。
新品のプッシュロッドにすれば、また調整は可能になりますが、凹みが出来てガタガタの面では凹んだところにプッシュロッドが落ち込み、うまく調整できなくなります。
上が極上中古。新車から1度もエンジン側で調整されていないものです。磨耗も少なく、まだまだ使えます。今回はこれを使用。

その作業を名古屋から来て、自分でやるお客様。良いことですねー。特に私はパッキン剥がし嫌いですから。今日は軍手してませんねー。前に私に書かれたからでしょうか?しかしクラッチをやるときは何かしら手袋があったほうが良いです。面を出したケースでも手は切れます。






最後にはキレイに掃除もされて帰ります。もちろん工具も持参。今日もホテル泊まりでしょうか?遠くから来てくださるお客様、ありがたい事です。


590 
    クラッチプッシュレバーの磨耗その2   (2006年10月14日)

こちらは整備請け賜り中のエンジン。上から下まで磨耗が来ています。下側に出っ張りの無いプッシュレバーは旧型です。何のために出っ張りがついたのか?ただ削って整形する手間を省いただけだったりして・・・
オイルシールも出来れば交換が望ましいでしょう。特に古いエンジンは硬くなっていて、オイルが漏れます。このシール交換は右ケース外してクラッチを分解し、プッシュレバーを抜かなくては出来ませんので、後でまた交換するのは非常に面倒です。
内部ローラーベアリングが悪くなったと言う話しは、今まで聞いた事がありません。

新品のプッシュレバーです。書きたいのはピンのカシメ。これが難儀した。ピン入れて割りピンで留めたらあかんのか?ピンを入れて広げるのです、チェーンのカシメのように。どうやってするんじゃ!どうやったかは書きませんが、何とか画像のように出来ました。1時間以上かかった。
何でASSYで出さへんのや!と思ったのは私だけではないらしく、現在(2007年)ではASSYで部品が出ます。バラで買うよりも500円ほど高いですが、普通の人なら1時間かけてもカシメれません。もちろんジョイントを古いの使おうなんて大変です、古いピンもなかなか抜くのは難しい事です。
一番良いのはピン入れて、割りピンで留めることでしょう。フロントドラムブレーキのようにね。
参考価格プッシュレバーのみ\6,353、プッシュレバーASSY\7,277(2007年)パーツの加工の行程を考えると高いとは思えません。


591 
     内燃機関屋さん    (2006年10月17日)

シリンダヘッドなどの整備で、私ができない事は内燃機関屋(ボーリング屋)さんに頼んでいる。大阪市内にあるところで創業は古い。
ある程度エンジンをいじる大阪近辺の単車屋なら、みな知っているところだ。昔に比べて暇なのか仕事も早い。エンジンを直してまで乗るライダーもいないだろうし、そんな単車も今時無い?
ガイド交換、バルブシートカットを頼ベば、燃焼室やポートはきれいに掃除され、バルブもバッチリすり合わされてくる。後は組むだけ。

そこの請求書の封筒。未だに手書きの請求書。そして封筒を止めているテープにはバッチリ油汚れの指紋の跡。手を洗っても付くんだよねー。
おやじには1番最初に頼んだときに会っただけ、名刺持って挨拶に行った。異様な感じで愛想は悪い。頼むときには必ず電話入れるが、「言わんでもわかるわ、パーツ見たら」と言うような感じでなおさら愛想が悪い。かなりのご高齢。若手はいない。
ここが辞めてしまうと、私も辞めるだろう。いつまでも続けていただきたいと思う。


592 
       ピストンピンのサークリップの位置    (2006年10月18日)

ピストンピンのサークリップの開いた部分がこの位置ではまずい。外れるなんて事は無いだろうが、この世で絶対と言うものも無い。
素人が組んだのだろうと、オーナーに聞くと有名SR専門店の名前が返ってきた。嘘だろ、大きな店では社長本人がやってるとは限らないという事にしておこう。
ある種尊敬もしていた店であるので、少なからずショックでした。




と言う事で、私も他で色々言われるの嫌なので確実によい位置でサークリップを止める。これはなかなか難しい。逆に言えば上記画像の位置は簡単。


593 
        美しいエンジン     (2006年10月18日)

関東方面から送られてきたエンジンの1つが出来上がった。あまりに美しいので画像を撮った。パチリッとは言わないな、今では。ピピッ、かぁ。
こんな美しい新しいエンジンでも、壊れる。走行が多いわけでもない。ほとんどは人災。


594 
          失敗       (2006年10月18日)

お客様からの依頼で500エンジンのピストンを新品にして組んだ。うん?こんなにクリアランスあったっけ?おかしいぞ。
もう一度外して寸法を測る。げーっ、シリンダーがでかい!ボーリングしてあるのか?
そう、慣れという失敗。あえて書きます。いくら新品ピストンでも、クリアランス測ってから組めっちゅうの。




古いピストンをきれいに洗ってカーボンを取り除くと0.50の文字が・・・そう0.5mmオーバーサイズのピストンです。
今ではオーバーサイズのピストンは純正では手に入りません。良かったよ気がついて。ボケがまだそうでもなかったか。


結局、1回削ってあるからと言う事で、そのまま組みました。今度は全て測定。当然クリアランス、合口など規定内でした。
慣れてもなめたらあかん。忙しくてもね。
昔は良かった、傷が入っても、磨耗しても、オーバーサイズがあった。今は無い。早く乗り換えろと言う事か、それとも乗り続けるなら新品のシリンダとピストンを買えと言う事か。オーバーサイズの復活を望みます。


595 
           ミッションの違い    (2006年10月21日)

ミッションに新旧がある。左が新型、右が旧型。エンジンが大きく変ったときに変ったと思う。電装が変ったときね。
左のかみこむ部分は小さく、あたる部分は丸い。これがどう良くなるのかわからないが、良くなるから改良したのだろう。
私は知らなかった。お客さんに教えてもらったのです。


596 
         チェーン引きの破損     (2006年10月21日)

なんとチェーン引きが破損している。応急処置でここまでたどり着きました。アクスルシャフトが締まってなかった?と言う事も無い。









金属疲労か?少しは力のかかるところだが、怖い。こうなってしまうとアクスルシャフトを締めていても、動く可能性は多い。


597 
           新品?      (2006年10月23日)

これはオイルラインや、フレーム下のドレンボルトの銅ワッシャ。ヤマハから新品を取ると、こんなに錆びてた。
そりゃー錆びててもオイルが漏れなかったら良いんだけど・・・お客さんからお金取りにくいよねー、これじゃあ。世の中の銅ワッシャの数倍の値段つけているんだから、ピカピカが欲しいところだ。
これが当たった方、ごめんなさい。


598 
          絶対読みたい本     (2006年10月25日)

世の中には多くのSRの事が書かれた本がある。ほとんどはカスタムの本。それを見てカッコイイと脳にインプットされて、真似て失敗する。
カスタムはやってみなければわからない。やってみれば理解できるはず。
そんな中、カスタムの事がほとんど書かれていない、すばらしい整備の本がある。「SRマスターブック」。絶対SR乗りであれば買って読むべきだ。
ほとんどは知ってる事。でも私も知らない事がある。それがこの本には書かれている。むぅーすばらしい、勉強になる。
少し前に書いたミッションの違いはこの本を読んで、お客さんが教えてくれた。
スペシャリスト向きのサービスマニュアルよりも、素人さんにはわかりやすい。絶対読んでいただきたい本だ。スペシャリストにももちろん勉強になる。


599 
          XT500エンジン     (2006年10月25日)

XT500のエンジンも整備。安上げである。「エンジンは普通に調子よく動けば良い」賛同してくれる友人のエンジン。完璧は目指さない。目指すのは普通の中古車。
自分でバルブのすり合わせをした。久々だ、手がしびれた。






30年前のエンジンであるので色がはがれて汚いが、あえて素人が塗らない。そのままの風格、30年をエンジンが語る。
キックインジゲーターなどは無い、そんなものが必要な人には絶対かけれないエンジン。ポイント点火、強烈なケッチンも健在。




何よりも美しいのが、この正面からの姿。細い、スリム。SRとは一線を画する。単車男に書き出すのはいつだ?


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)