メンテ日記 (その23)  
     
660 
      キックガイドの試練     (2007年2月3日)

ではどうすればミスは防げたかと言うのは後にして、キックガイドの試練。
何回もキックして折れたのか、ガイドが出てきたのは書いた。そのガイドの取り付けボルトの1つが折れ込んでいた。
ふぅー、ケース交換して欲しい・・・そう思うがオーナーはそれを嫌がる。当たり前だ。全ては自分のミスからだ、やるしかない。




ボルトセンターに小さな穴を開けてから、専用の工具を差込、抜いていく。ふぅー、何とか抜けそうだ。








これが折れたキックガイドと、折れたボルト。もちろんパーツ代も含め、苦労した事全て無料でするのは当たり前。


661 
       ではどうすれば防げたか      (2007年2月6日)

ではどうすれば今回のようなミスは防げたか?実は防げない。人間である以上慣れる。慣れればなめる。するとミスをする。スペシャリストとはミスをするが、絶対に次は同じミスをしない。そしてだんだんうまくなる。成長、それがスペシャリスト。ゆえに終わりは無い。
話し外れたが、私が機械で無い以上ミスはある。機械でもミスはあるだろう。ではどうすればオーナーに迷惑をかけなかったか?それは答えが出た。
試してみるということ。

今回はそれを実践した。画像は今回の問題のエンジンを修理した後、我が愛車兄さんに積み込んだところ。実際に走行しテストすれば良い。
そうすればクラッチが切れなければ、この時点でわかったはず。そしてケースを開け、組み間違えを元に戻すだけで済んだはずだ。もちろんベアリングもキックのガイドも無事だっただろう。
さらにはこのホームページで私のミスを紹介する必要もなかっただろう。

これはエンジン積み込み時にここに一旦置いて、持ち手を変えるために、フレームに傷が入らないようにガードしたところ。









良い事もあった。エンジンのマウントボルトの一本が曲がっていた。それに今回気がついた。何で曲がったのか?



自宅までの往復、約33kmを走行し、問題の無い物として最後にストレーナーの清掃をして関東のオーナーに送った。
色々な事を考えたし、落ち込んだ。オーナーには本当に申し訳ない。エンジンを2度降ろす手間、そして乗れなかった期間。本当にすみません。
Motor Works IMAMURAを信用し、あそこは絶対ミスをしないと何回もエンジンかけてはギアを入れたのでしょう。その思いを裏切ってしまう形になりました。

今後の事として、責任もてない仕事は出来ないので、エンジン単体での送ってこられての整備は請けないようにしました。
ただし試乗が出来る車体ごと送ってきての整備は請けます。又は今回のように私の車両に載せてのテストを理解していただき、2回分の積み下ろし工賃をいただけるのでしたら、エンジン単体での整備も請けます。
今のところ新型93年以降車はテストできませんので、この方法は出来ません。

本当に今回は情けなく泣きました。オーナーには私に自分のしりをぬぐう事を許していただき感謝しています。


662 
       優れたエキパイとは     (2007年2月6日)

これも1つの性能。抜けが良いだけでは優れたエキパイとは言えない。オイルが抜けた後、ウエスで拭けばエキパイはピカピカだ。


663 
        ハンドルの曲がりを知る     (2007年2月6日)

まずこのように置いて見る。画像右側が若干上がっている。曲がっている事がわかる。










置き方をかえて、測って見る。こちらの引きは約11.5cm



こちらは12.5cmだ。これで曲がりがわかる。測ってもよくわからないハンドルは、乗っても曲がりはわからない。人間はそれほど鈍感な生き物で、また順応もする。


664 
       優れた純正のエキパイガスケット     (2007年2月6日)

私はエキパイのガスケットは必ず純正を使う。確かに約300円ほどするので高い。が、数度の再利用に耐える。
手前の2個は外品の安物、とはいっても2個セットで純正1個よりも高い。見ての通りつぶれてしまって1回の使用で交換しなければいけない。
どちらが貧乏な私に合うかは簡単。


665 
       シリンダーリークテスター      (2007年2月19日)

エンジンはいつオーバーホールすれば良いのか?そういう心配性な方に答えてきたのは「金があるとき」
壊れてから修理すれば良いと思うが、いつどこで壊れるかわからないのでは心配性の人は乗ってられないのだろう。機械だもの、そんなもんいつ壊れるかわからない。
そこで大枚はたいて買ったのが、シリンダーリークテスター。簡単に漏れが確認できる。ピストンクリアランスが大きくなった、バルブシートにカーボンがついたなどで圧縮が落ちるころはオーバーホール時期とも言える。毎日乗ってればわからないものだ。
プラグ穴から少量のエアをシリンダ内に入れて圧縮の漏れを見る。さすがに少量とはいっても十分にピストンは押し下げられてしまうのでクランクはレンチで押さえて固定しなければいけない。
青、黄色、赤で表示されるが、赤ではエンジンはかからないだろう。黄色の位置で「もうあかんな」にしている。中古車を作るときも必ず青の位置になるエンジンを使う事にした。画像は製作中の中古78年SR500


666 
       グリップの新品     (2007年2月23日)

やらせでは無いぞ。右が新品、左が古いグリップ。右はやわらかくて最高♪手に吸い付くようである。安全や振動など考えると新品は最高だ。画像の左側グリップは500円もしない。ゴムなので10年も使うパーツでは無いと思う。
オーダーの中古車はこうやって徐々に高くなってしまう。だが工賃アップはほとんどないのでお得かも?


667 
       クラッチ内部       (2007年2月26日)

クラッチワイヤーの遊びは取れているでしょうか?エンジン側のアジャストスクリューを新品にし、調整。それでも印(マニュアル参照)よりもレバーが後ろに行かなければ、内部の部品が磨耗しています。
画像はナットがワイヤーにかまされています。色々考えますねー中古屋さんは。もしかしてオーナーさんがしたの?



磨耗部分の1つはこれ、プッシュロッド。右側のケースを開けて、クラッチのプレッシャプレートを外し、取り出します。以前は単車を斜めにして取り出してましたが、新兵器での取出しです。この特殊工具の先は磁石になってます。工具屋さんには売ってない、100円ショップで買えます。



もう1つはこれ、プッシュレバー。画像はリビルド後のもので、磨耗はありません。実は磨耗したものの画像がありません。またの機会に・・・
新品は約7000円ちょっとのパーツです。リビルドは磨耗したものと交換で約3000円もらってます。もちろん新品がベスト、どちらも常時在庫有り。



私1人ですので、時にはSOSで仕方なくレスキューに出かけます。そうなると自分でやらないと帰れません。
自分で組んでいくオーナー。いずれこのオーナーの ホームページでわかりやすく紹介されるでしょう。
歳が同じぐらいかと思ってタメ口ですみません。私よりもかなり先輩のBLKさんです。リビルドレバーの人柱第1号。

話は変りますが、このレバーもプッシュロッドもエンジンオイルで潤滑されています。良いエンジンオイル、そして早めの交換はこのへんのパーツの磨耗を防ぐ事にもなります。頭の端に置いておきましょう。
ここからは私的意見。今まででクラッチディスクの磨耗でクラッチが滑ったなどという話は全くありません。それよりもここの磨耗の方が断然早いです。ではエンジンオイルは添加剤入りと無いものとどちらが良いのでしょう?SRに限って私は4輪用の添加剤入りを使います。ヘッドの事も考えてね。まぁオイルは自分で考え、選んで入れましょう。
必ずしもYZF-R1に良い物が、SR500にも良いわけではないと思います。


668 
       こんなタイヤもある     (2007年2月27日)

19インチのフロントタイヤは何にするか?よく悩みます。出来れば純正3.50-19よりも細い3.25-19の方がナチュラルで良いハンドリングが得られるはず。
これは私的意見としてですが、BT45はどうもスクーターのようなパターンが好きじゃない。TT100はいかにもすぎる。とはいえK70をフロントには・・・でもF11は普通すぎるし、ちょっとパターンが。
で、アコレードで仕方なく3.50-19だった。でもIRCのこのタイヤGS19にも19インチはあったのです。なかなか細くて縦溝もかっこいい、そう思わない?
私は次はこれだと思っています。


669 
    世界制覇、70年代日本車のこだわり     (2007年2月28日)

これは私の愛車78年式SR500(兄さん)。ブログで先に書いたが、当時のヤマハ製品にはこういう細かい仕上げがなされていた。
何がって?モーターオイルという文字が見える位置にオイルのフィラーキャップは止まる。ちょっとこの画像ではわかりにくいなぁ。



たまたまじゃないの?いえ、それはあなたのがたまたまなのです。これはまた別の78年式(古くて壊れそう号)。
少なくとも78年頃のヤマハのフレーム溶接には、こういううるさい事を言いそうな、プライドの高いおやじがいたって事。
今のヤマハには何のプライドも無いかも。もし、この位置で止まるSRがあったら、それははただのラッキー。

これは私が持ってるスペア?78年式。実は1番車体番号が古いので長男と呼んでいる車体。ボロボロだけどね。








こちらは中古車にして、岐阜に旅立ったピカピカ次男。




そしてこれは兄さん(3男)とほとんど車体番号が変らない4男79年式(もどき)SR500。兄さんのキャップを使用してもこの位置になってしまう。悲しい・・・
お間違えのないように、タンクも79年式のものですが、3X4のものです。ヲタクはフレームでわかりますね。





最後に、これは76年式XT500。当然のようにこの位置で止まる。赤いキャップはすでに手に入らない。ヤマハのウエブパーツリストでまだあるよって?じゃ、頼んでみれば。ヤマハの現在の対応がよーくわかります。
こういう造りが好きで、惚れて、私は78年式に乗っている。70年代の国産車はすばらしい。職人のプライドを感じる。もちろんこれは一部であって、他にも色々と細かい部分での作りこみを感じる。世界制覇をした訳がわかってくる。
おやじの自慢話なので気にしないでね、この話は。


670 
      仕入れた500で中古を作ろうとしたが・・・    (2007年3月4日)

暇だし、中古でも作ろうかなぁ・・・まずはエンジン。一応キャブちょこっとさわってエンジンはかかるようにした。
どうも調子がいまいち。で、ココ見ると・・・ゲッ・・・









一応エンジンはかかるけど、これじゃ売れないなぁ、うちでは。




1日かかってジェネレーターを外した。錆びたボルトがまだ残ってる。頭飛ばして取り除いたのです。
その後これを抜いたが・・・










これが原因か、何するねん。これでもカスタムのつもりか、ばかやろーっ!


671 
     仕入れた500で中古を作ろうとしたが・・・その2     (2007年3月5日)



嫌になったので、足回りから・・・まずはリアだな。
ピボットが抜けない。色々な物かまして、徐々にインパクトレンチで引いていく。







が、ここで停止。全く動かない。ハイパワーなインパクトレンチを使ってもナットがなめてしまうだけ。3個ナットを駄目にして諦めた。
そう、年に1台はスイングアームを切らなければいけない車両が現れる。これはそのパターン。
くー、もう嫌になってそのままである。仕入れではずれもある。そううまくはいかないものだ。これを乗ってた人がいるのだから恐れ入る。


672 
       車検      (2007年3月5日)

暇だし、早めに車検に行く。車検、陸事は月初めで、金曜日以外は通常よく空いている。並ぶのが嫌なので出来ればその時期に合わす。
左は中古車、岐阜に行く78年式。予備検査してからオーナーに書類を送ると、オーナー自ら登録と言う手はず。登録代がいらないのでお得。
右は2年足にした我が愛車78年「兄さん」9000km走った。自作キャリアは全長が伸びているが、合法。なぜかはわかるよね。もちろんハンドルカバーも幅が広くなるが問題は無い。


673 
      自分でやるということ     (2007年3月15日)

前にも書いたけれど、工場に来て色々と自分でやってみるのは歓迎。わずかに1日\1,000!
Wさんはフロント周りの整備を自分でやって帰った。私はベアリングを上下打ち換えたのみ。ハンドルストッパも溶接したか。
どちらによ学生さんは工賃20%OFF!これはでかいぞ。
あー暇だ、今月は大赤字だわこりゃ。冬は冬眠の単車屋です。自分の事ばっかりして遊んでるのでSRメンテの話も何も無い。
この時期に整備に預けてくれるとすぐにできるんだけどなぁ、まだ寒いわな。
学生さん、寒いし雨も降ってきたのに帰るのか、合羽のぼろいのやるわ、気をつけてねー。若いやつは元気だ。


674 
       改造の届出     (2007年4月4日)

この車両は平成10年の1JR。つまり本来はドラムのSR400。ヤフオクなどをうまく使って新型RH01Jの中古パーツでフロントディスクに改造した。そのまま公道で使うには改造申請登録が必要になる。
改造申請すれば、それは今までの単車と全く別な単車になるわけで、車検は1から始まる事になる。つまり車検が残っていてもそれは全て以前の単車のものであるので、無駄になってしまう。この車両も2月まで車検があったが、切れてから抹消し、手をつけて4月になってから車検を受けた。それによって自動車税は1年間必要なくなる。
但し書きをするが、全く別の単車になるからこれが出来るわけで、同じ単車でこれをやると脱税である。

申請はそのはるか前からしなくてはいけない。2週間は認証されるのに時間がかかる。申請は本部に出さなくてはいけない。関西では寝屋川になる。方法は飯の種であるのでここでは書かない。自分で苦労しましょう。整備などとは違って技術は必要なく、誰でもできることです。
その書類をつけて神戸で車検を取り、めでたくSR400改と言う今までとは違う単車になって神戸ナンバーで登録した。

もう1つ書き足し。改造申請登録をするのにナンバーを変更したり、抹消登録する必要はありません。今回はたまたま引っ越して来たかただったからです。


675 
      ブレーキシャフトの曲がり    (2007年4月4日)

右に転倒すると、立ちゴケ程度であってもブレーキペダルが上に上がってきます(バックステップ以外)。ブレーキペダルは簡単には曲がりません。
原因はここ、ブレーキシャフトの調整アームの曲がりです。意外に気がつかないでしょう。もちろんそのまま調整をし直せば、ブレーキペダルは通常の位置に戻りますが、スプリングがよく効く状態になるので、踏み込み時のフィーリングは異なってしまいます。またブレーキのスイッチの調整も必要です。
画像左が曲がってるもの、右が新品。左の端の調整用アームが上に曲がっているのがわかります。新品は3000円弱だったような・・・?ブルジョワなこの方は交換です。
曲げ戻す方法もあります。それはまた今度。


676 
       ワイズギアの純正キャストホイール、リア編    (2007年4月5日)

一昔前なら改造の届出が必要であったホイールも、今やほぼ自由。良い時代だ。
これはワイズギアから出てるSR用キャストホイールのハブクラッチ部。ハブクラッチ側にベアリングがあるのでベアリングが悪くならない限りガタとは無縁。
安物のつくりだが、これでSRには十分。




スプロケットは428サイズのキャスト専用のもの。RH01J用のキットであるので、500に使う場合はギア比の変更が必要になるだろう。
部品番号から何の純正品であるか割り出し、交換することになる。この車両はRH01Jなので、そのまま使う。肉抜きが多く、鉄でも軽い。
私的にこんなネジロックだけで止めるのは非常に不安。


677 
        リアホイールの重さ比べ      (2007年4月5日)


恒例重さ比べ、ドンドンドン、パフパフ♪
まずはワイズギアのキャストホイール。付いてくる56T鉄スプロケつき。タイヤはブリジストンBT45のチューブレス4.00-18サイズ。約14.7kg







完全純正のアルミリム、スポークホイール。タイヤはもちろんブラジル製のメツラー。110/90-18チューブ入り。14.1kgぐらい?





ドーンと出たのは本物大八車!スプロケは500用530サイズ44T。タイヤはTT100のチューブレス。来たねーの17.3kg!
よく聞く事に、バネ下の重量は車体に換算すれば10倍ものトロさになるという。じゃ、これで走らせればスポークホイールよりも32kg増えたような感じになるのか・・・あほな。
私的意見だけど、リアはわからんな、ちょっと硬いなと思うぐらい。それよりも手入れ楽だし、スポーク張りもいらない。何よりパンクでの恐怖が消える。パンクしないわけでは無いんだけど・・・


678 
       お客さん?が多く着た日      (2007年4月5日)

いやー、今日はすごい数のお客さん?。暖かくなるとどこからとも無く出てくるねぇ。虫か?。すみません。
ありがたい事ですが、うちのお客さんキャパは2人、それ以上は無理、まず話が出来ない。突き詰める話しが出来なければだめ。それとイスもカップも2人分しかないからコーヒーも出せない、ごめんねー。通常平日は13:00から、(いつも遅刻する)21:00までいます。世間の休日、オーストラリアの休日、イスラム教の休日、また雨の日は休みになる確率が高い。カレンダー見てください。
電話で行きますと言った方や、メールでいついつに行きますと書いてきた方、必ず着てね、私はずーっと待ってます。裏切られた事多々・・・悲しい。まずは見に来てください。私の作業がどういう仕事なのかよくわかります。


679 
         フロントホイールの重さ比べ      (2007年4月8日)

またまた恒例重さ比べ、ドンドンドン、パフパフ♪フロントホイールの重さは操縦性に大きく影響する。by 貧乏単車おやじ
まずはワイズギアのキャストホイール。純正のローターがアルミスペーサーにて取り付く。タイヤはブリジストンBT45のチューブレス100/90-18サイズ。約11.5kg





完全純正のアルミリム、スポークホイール。純正穴あきローター付き。タイヤはもちろんブラジル製のメツラー。90/100-18チューブ入り。10.5kgぐらい。キャストよりも軽い。




またまた登場、本物大八車19インチ!分厚い穴なしステンレスローター付きオリジナル。タイヤは??ダンロップのチューブレス。出たっ14kg!
さすがにこれだけ重いとフロントが暴れて仕方ない。重いから小さなデコボコなどが吸収できない。しかもキャストではスポーク特有のしなりも期待できない。ガタガタガタッ!ま、それも選ばれしレアな単車を持つ人だけの楽しみか?速く走りたい人は絶対に選ばないホイール。なのに今では羨望のまなざし・・・
個人的意見としては、偽物は恥ずかしい。ワイズギアのキャストの事を書いてるのではないよ。この本物を、本来履いていないSRに履かせるのは恥ずかしいと書いています。気にしないでね、本当に個人的な意見。反論受け付けません、カスタムは自由です。(私だって本物を1JNに履かせた事あるもんね、すぐにやめたけど。なぜなら信号で本物に並ばれたら恥ずかしいから)本物はオリジナルのまま生き続けてる、それこそが偉いのだ。


680 
        2のクラブ       (2007年4月8日)

画像が小さくわかりにくいでしょうがピンバッジです。デザイナーでもあるお客さんが作ってきてくれた。いいねぇ。
実はひそかに初期型だけのSRの集まりを組織したいと思っている。型式で2J2と2H6の集まり。バッジに小さく説明?あるが78年から84年式までのSRのクラブだ。
私は忙しくて統括できないし、私がやると商売臭くもなる。で、お客さんにお願いしていたのだが、お願いしている方も色々と事情が変わって忙しくなってきた。
で、止まってる。行く行くは初期型のみでダカダカ・・・と走りにも行きたいと思ってるのです。何かのSRイベントにボロばかり数台で乗り込むとかね。
何とかするのでその辺の古い年式を今なお動かしている方は応援してくださいね。


681 
       最新型のステムベアリング     (2007年4月8日)

たとえ6年が経ち、走行も1万キロに近くなっても何の問題も出ないのが最新型のステムベアリング。ここの新化は嬉しい。唯一たまにグリースを交換してやるだけで良い。
ダブルナットになってるので、素人さんが手を出しても、全く問題は無い。もちろんアンギュラベアリングです。ヤマハが見えないところにコストをかけてまでSR400を存続するとは思ってもみなかった。





製造年月らしきものは平成表示に変わったようだ。13年9月と理解した。裏側のゴムキャップも必要ないものだが、細かいコストは嬉しいところ。


682 
        キャストの???      (2007年4月8日)

かっこいい、掃除が楽、パンクしにくい、ハブクラッチがガタつかない。と良いことずくめなようなワイズギアのキャストだがどうも気になるところがある。それはフロントのスペーサー。
SR専用品であるのに、なぜかブレーキローターの取り付けにスペーサーが使われる。しかも根元側のボルトは8mmで良しとしてもローター側はわずかに6mmしかないボルトナットを使っている。
純正品であるので安全性は高いだろうが、どうも気になる部分です。6mmのボルトを簡単にねじ切った方も多いでしょう。何で6mm?


683 
        細かい愚痴      (2007年4月9日)

新型RH01Jのクラッチレバー。形は賛否両論なので書かないが、今まであったグリースを逃がさないで貯めておくためのOリングが無くなってしまった。もちろんレバー側にもOリングを入れる溝も無い。よってこまめにグリースアップの必要がある。
1台でいったいいくらのコストが下げれるのか?残して欲しかった部分でもある。見えないところは削るか・・・


684 
        出来上がり      (2007年4月10日)




手を入れる前の状態。







整備後の状態。いつもは整備仕上がっても外見は何も変わらない。今回はかなり変化した。いかがでしょうワイズギアのキャストホイール。
今回は前後の足回りお得整備セットとともに交換したので、パーツ代は10%OFFで出来ました。大きいですよ15万ぐらいするパーツですから。
カッコは良いと思うし、昔のに比べればかなり軽いのはわかったと思います。乗り味は・・・わからんなぁ。


685 
         量販店の仕事       (2007年4月12日)

有名な全国チェーン?のパーツ量販店の仕事。
量販店は安い。多分うちと変わらない値段。普通のバイク屋と比べればべらぼうに安い。だが一部とは思うが、わかっていない人間が作業をする場合もある。
画像はよく安売りされているアファムのコンバートキット。ロックナットは緩んではいなかったが、ロックワッシャーの爪が折られていなかった。さらにスプラインにロックワッシャーが乗らないままインパクトらしきもので締められているので、挟みこみスプロケットはガタガタに緩んだまま。ま、人間がすることは失敗もあるだろうけど。

爪が折られていないので、まだ使えるかなと思ったロックワッシャーも変形し、また変に磨耗し使用はできないようだな。この仕事で工賃もとられたと言うのだから驚く。
パーツ代は安くともこんな仕事の工賃をプラスすると、私のとこよりも高いかもしれない。うちはチェーンスプロケ交換は工賃無料。だが仕事には責任を持つ。
うちに来てねとは書いていない。


686 
       ステムベアリング極悪      (2007年4月17日)


画像はフォークを1本抜いてもきれていかないハンドル・・・苦笑
通常なら一本残された右フォークの重みで右にハンドルが傾くのが当然。これで乗ってれるのだからすごい。いや、乗ってられないからうちに来たのか。


687 
        自分やることのリスク      (2007年4月18日)

リア回りは自分でやったと言うオーナー。リアブレーキがおかしいので見て見ると・・・スプリングがかかっていない。しかももっとよく見ると、ペダルがシャフトに1山ずれて入れられている。どういう不具合が考えられるか?自分で考えてみて。
そう簡単に誰にでも出来たなら修理屋はいらない。うちに来て自分でやれば、こんなことしてたらどやされるが、このまま走行してしまうことも無い。


688 
         リアサスの曲がり      (2007年4月18日)

チョッパー風なので、リアはローダウンしてると思ってた。ノーマルによく似たサスだなぁ・・・でも硬いぞ、ぜんぜん沈まない。何のショックだろうってね。
整備する時に外れない。プラハンでガンガン叩いたら「バーンッ!」伸びた!何だこりゃ?ノーマルだった。
つまり何かで曲がった、そのまま乗ると沈み込み、曲がったところで引っかかった。伸びてこないで止まってしまった。そういうリアサス。
このまま乗ってたオーナーには驚いた。でも買ったときからそうだったらしい。これを売った店にもさらに驚く。曲がりが画像でわかるか?


689 
          フォークブーツの破れ      (2007年4月18日)


フォークブーツもゴムで、85年に最初に装着されてから20年以上経てば、やはり劣化し破れる。新品は非常に高価。







以前紹介した?ゴムの修理用ボンド。これでどうですか?応急修理なのでいつまで持つかはわからないけど・・・コーキング剤よりも強そう。

交換しても水や埃が入るのは同じ事。少し安いので84年以前のダストキャップ使用はいかがでしょう?25年以上経つものでもボロボロのものはほとんどありません。分厚いのと、伸びちじみが無いからでしょうねぇ。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)