メンテ日記 (その24)  
     
690 
        中古エンジン      (2007年4月25日)

ヤフオクで買った中古の新型400エンジン。いらないもの売ってるのがネットオークション、良い物が欲しいなら新品買いましょう。
こいつも開ければジェネレーター錆び錆び・・・

こちらはミッションが死んだらしき?エンジン。ジェネレーターは生きてる。そりゃそうだ、ミッションが死んでもエンジンはかかる。
と言う事でミッションが生きてるらしきヤフオクエンジンと2個1となる。安く修理するにはよく考える事。


691 
        頑張る方         (2007年4月25日)

この方がよく考えたMさん。仕事柄私とは生活が逆、よって少し無理すれば毎日工場に通えるわけだ。
画像はジェネレーターを取り付けている。
工場では自分でやれば1日1000円。自分で出来ない事は私がいるので、そのつどやってあげる。しかし工賃が必要。この場合、エンジン2個のフライホイールは私が外し、硬いコイルを止めているビスも緩めるところまでした。

画像はエンジンを降ろすところ。
彼は全くの素人。だが少しだけいじれる。フラッシャー交換や、ハンドル交換など出来るレベル。こういう方はSR乗りでは多い。
エンジンの積み下ろしを自分でやれば15000円助かる事になる。やれば出来るもの。
車両は最悪な状態。ミッションは壊れ、前後足回りも最悪。ハブは磨耗し、ブレーキシューは無く、タイヤもツルツル。スプロケット類も終了。さらにミッションが壊れたその場所に放置していたので盗難にもあった。ただエンジンはかかるが動かす事が出来ずに犯人は断念。ウインカーやその他パーツを外して持って行ったのみで、近くで発見された。配線は直結されていた。
私は買い取りに行ったのです。生きてるのはフレームのみ・・・
「こんなんどうするんですか?」「直して整備して15万で売るんや」「直るんですか?」「フレームだけ生きてりゃ直るわ」この言葉が彼に直す決意をさせた。私は儲け損ねた。

夜遅くまで手を真っ黒にドロドロになって頑張るMさん。大丈夫かな?彼は私が寝る時間に起きる仕事。
画像は壊れたエンジンを練習で分解しているところ。「めっちゃ感激です!初めてピストン見ました」この後もう1つも分解し、ほぼ自分で組むことになる。
車両はリアハブも中古の良いものに交換。スプロケット類、タイヤ前後も新品。足回り、ブレーキは私が中心になってやり、うまく中古パーツを使い、十分にこの先も長く乗れるぐらいの極上の中古車になった。総費用はうちで普通の中古車を買うほどになったが、11日通ってやった彼の仕事は報われた。「買い換えたと思えば安いです」そう、しかも極上状態だ。そしてほとんどを自分でやった満足も大きいだろう。この満足は買い替えでは得られない。次は全て自分で出来るだろう。頑張れば得るものは大きい。


692 
       またもクラッチの話      (2007年5月2日)

これはまたうまくクラッチワイヤー下部にカラーが入っている。いつも中古屋さんには感心させられる。いかにして金をかけずに乗れるバイクを作るのか?安くないと売れない昨今、大変だなぁ。
クラッチの調整がしきれない、これはクラッチ内部の磨耗で、たとえエンジン側アジャストスクリューを交換しても直らない。これはもう何回も書いた。

出してごめんの今回クラッチを修理するSR500。メーターはまだ1万kmも行っていない。もちろんそれぐらいでクラッチは悪くならないのでメーターは交換されている。中古屋さんは本当に大変。走行少ないメーター買うのだって金がかかる。
中古買う人がメーターを見ない人ばかりなら、中古屋さんもメーターを交換する必要は無い。どこを見て中古を買うのか?大金を出すのだから勉強しましょう。

プッシュレバーの先。ちょっと画像が見にくいが、画像左下側の傷が(カムで言うと上側)新車からの傷。かなり磨耗が進んでから1度調整され、次は右上の傷位置になる。
そのまま長く使われて、調整が不能なままプッシュレバーの端が欠ける所までの使用。もう完全に終了状態の位置。これが1万キロぐらいでなるわけがない。
もちろんオイルにて潤滑される場所であるので、オイル交換の頻度にもよって磨耗の状態は異なってくる。

こちらはプッシュロッド先、プッシュレバー側。右が新品で、下面は平面に置いている。長さは数ミリ古いものが短くなっている。先端が磨耗しているのがわかる。
さらにこの車両のプッシュロッドは深刻で、丸印(わかるかな)を見て欲しい。ロッドはアルミ、そこに金属の先が差し込まれて止まっている。それが止まっている部分がはずれ、空回り、そして空回りしたアルミの部分が磨耗し、めくれている。
プッシュロッドはクラッチからの力で回転し、それによって先の溝でオイルを潤滑し送る。空回りしていてはオイルを送ることもままならない。画像は無いが取り外したら先が取れてしまったのだ。
細かいが、現在手に入る右側の新品のほうが溝が広く深く、よりオイルを送りやすくなっているのがわかる。

エンジン内部のクラッチパーツを全て正常にし、ワイヤーも新品を使って、エンジン側でピッタリ調整されたクラッチというものは、これぐらいのレバー側での遊び。
レバー側アジャストスクリューを全て戻した状態で、レバーとホルダーの隙間が5mmぐらいである。これで正常。ぴっちり整備されたSRのクラッチは何も重くない。
クラッチが重いと感じたあなたの車両はどこか悪いかもしれない。


693 
       GWってものは無い      (2007年5月5日)


人が遊びに行く時は遊ばず仕事。人が仕事してる時に遊ぶのがいいのだ。
息子も暇なので工場に来て自分の単車のメンテ。チェーンの掃除、何でも自分でやるのはいいことだ。外でも誰かが何かやってるねぇ。忙しくなってきた。


694 
       ブレーキシャフトの修正     (2007年5月5日)

675で書いたブレーキシャフトの曲がり。修正はこうやってすればいい。ペダルを任意の位置に取り付けて踏み、パイプ(画像はフォークインナー)を曲がったアームに差込、グイッとね。これでまた使える。


695 
        タイヤ考     (2007年5月5日)

全て同じサイズのタイヤ。4.00-18、SRのリアタイヤ。
真ん中がご存知メツラー。左がブリジストンのBT45のツルツル。ブリジストンタイヤらしく、太い。さらに長持ちでグリップもいい。実に2万キロを走ったというタイヤ。
右はダンロップK70の新品。ビンテージタイヤだが、やわらかく温度も上がりやすくグリップはいい。持ちは?だが溝は深い。しかも安い。
細い方が軽くコーナーリングが出来るのは誰もが知っている。それ以外にタイヤには考える事がある。外径が大きなK70、外径は外周が大きくなる事になる。つまりエンジンが同じ回転数には速度はメツラーよりも多く出る。速度が同じであれば回転数は低い。ギア比も合わせて考える事になる。
そしてジャイロ効果。外径が大きい、重いトレッドはより外側にある。その遠心力はかなりの物。ブレーキは効きにくくなる。だが、すばらしい直進安定性も得る事になる。コーナーリングも安定する。
何より横から見るとカッコイイ。それだけで選んでしまう。


696 
        再、サンドブラスト     (2007年5月6日)


サンドブラストを改良し、やってみた。奥の穴、そこが改良点。そこに掃除機の吸い込み口を装着する。すると埃が吸い込まれてよく見える。画像はガラスビーズで売り物ハブをキレイにしてるところ。細かなガラスの破片も吸い込んでくれるので、喉が痛くならない。







バルブカバー。汚い。







1分もいらないでキレイになる。ガラスビーズでやると錆びない。だがキレイにしたところでエンジンの調子がよくなるわけでもない。
仕事としては請けない、磨く趣味は無い。


697 
     ミッションが壊れた?壊れたところ     (2007年5月10日)


691で書いた頑張る方の壊れたエンジン。
壊れたのはどうもここみたい。通常はサークリップを外せば、ポロッと取れるキックアイドルギアが取れない。プーラーで無理をする。






クランクケース開けて内部も確認したが、壊れてたところはここだけ。ドライブアクスルシャフトとキックアイドルギアの焼きつき。
新型ミッションなので各パーツは新品がバラで出る。合わせて約1万円。だが工賃を考えるとどうだろう?クランクケースを開けてのミッション分解。ちまたで安いと評判の私でもかなりの金額になる。
中古エンジンを探して整備し、積み替えるというのは正解であったと思う。

原因は?多分オイル管理の悪さ。色々なところを潤滑し、最終でここを潤滑してケース内に落ちるオイルのルートの1つ。オーナーは通常3.4000kmでオイル交換をしていたようだが、前回は5000kmほど同じオイルで走ってしまったという。それと半分寿命。走行はすでに7万キロを超えている。
ポンプの不良も考えられるかもしれない。だがそうであればヘッドの方が先に逝くと思われる。ヘッドには大きな問題は無かった。
人によりオイル交換の頻度はそれぞれだろう。だが私は2000km以上は絶対同じオイルを使うような事はしない。


エンジン交換が正解のもうひとつの理由。画像はクラッチのプッシュレバーのところのベアリング。黒く焼けている。ここも先ほどのオイル経路と同じところ。残念ながら、私はまだこのベアリングを抜く特殊工具は持ち合わせていない。


698 
        リフト購入、ひと悶着       (2007年5月11日)

これはリフト、5周年になるのでお祝いで買った。それは良いとして、150kgもあるので、送ってもらうよう頼んだ。3000円ちょっと取られたかな?
ところがどうだ、運送屋は1人で普通のトラックで来て降ろせ無いと言う。そらそうだろう、私と2人でも無理だ。このリフトを売る業者に問い合わせると、カタログの後ろに重いものは配達はするが、降ろすのは自分でしろと書いてあると言われた。切れたねー、もういらんわ。すると帰りの分も送料がいるという。詐欺か?
結局は運送屋さんに無理言って、もう1人連れてきてもらい、うちのお客さんMさんにも手伝ってもらって、軽トラに移し、そして4人でズリ降ろしたところ。苦労は現場ばかり。
Mさんありがとう、今日の工場使用料は要らないよ。
初めから軽トラで買いに行けばよかった。業者は店もあり、そこに行くとリフトで積み込んでくれる。結局同じ事だ。

満足だが、でかすぎた。場所をかなり必要とする。さらにエアで上がるので楽なのだが、上げるたびにコンプレッサが回る。コンプレッサの耐久と電気代が心配だ。
見分不相応はなはだしい。反省。
これから6年目に突入です。まだまだ遊ぶつもり♪だが破綻も近いかも?ま、いつでも止めれるしな。


699 
       スプロケットとロックワッシャー     (2007年5月15日)

スプロケットは520サイズの41Tの鉄。サンスター製でヤマハ純正品。何用かは伏せますが4輪バギー用です。SRに使えます。
同様にロックワッシャーも同じ車種の物。ただし最近はSRの品番で注文しても、この安物が来ます。古い純正と比べると違いがわかります。
まぁロックするだけですから。しかも安物なので、かなり安くなりました。オリジナルにこだわる方以外は歓迎です。
ちなみにスプロケットは現在3000円ほど、ロックワッシャーは170円ほどです。安いOリングチェーンと組み合わせると、3点セットで15000円までで済みそうですね。純正の428セットよりもはるかに安く安心です。
上記スプロケットが何用か品番も含めて伏せたのはチェーンラインに問題があるからです。ドライブスプロケットをよく考えないといけません。


700 
       5月のとある日     (2007年5月15日)


リフト2台で2台ともエンジンが下りてる。よく見るとその向こうの車両までエンジンが無い。まぁ忙しい事で。








1人で出来る事はたかがしれている。まぁボチボチとやるかぁ。お待たせしてすみません。つい細かいところまで突き詰めてしまうからねぇ。






コンプレッサも忙しく稼働。リフトがエアで上がるからね。壊れないようオイル交換は頻繁にする。エンジンと同じくピストンが上下に動く構造。


701 
         江沼チェーン     (2007年5月21日)

最近、江沼のチェーンも在庫してる時があります。EK江沼は世界で初めてOリングチェーンを作ったとか。まぁそんな事は使用するには関係ないことです。
このQXリングチェーンはDIDのXリングに比べ、手で触った感じでは動きが軽い。さらに安い。黒というか、スタンダードのカラーで8000円ちょっとでいけます。
軽量化穴あきも宣伝文句。熱を逃がす効果があるとか。それもどうでも良い。どれぐらい長持ちするかが問題。
いつでも在庫あるとは限りません。カラーチェーンも取れますが、時間か、それとも送料が必要になります。黒、白、青、緑、赤、銀、金と鉄色。色の違いで性能は変わらない。交換工賃無料です。


702 
       自分でやるリスク       (2007年5月22日)

画像はエキゾーストパイプ。左のエキゾーストのフランジが曲がってるのがわかる。こうなると浮いて押さえが利かない所から排気漏れする。
なぜこうなるのか?私には理解不能だが、やった方もいるかも?
どうもエキパイのナットを締め続けていくとこうなるようです。スタッドで止まりそうだが?ボルトだったのか?
直すのは困難、ほぼ不能。ヤフオクなどで探す事になる。新型のエキパイはなかなか出てないんだなぁ。
ガスケットの入る箇所はクイッぐらいの締め付けでよい。自分でやると失敗もする。だがそれが勉強になり、もう2度と失敗しなくなる。勉強代は高いのか安いのか?工賃はさらに安いが勉強にはならない。自分でやるならこれぐらいのリスクは当たり前。


703 
          自分でやるということ     (2007年5月23日)

私の仕事は遅い。丁寧にそこまでやるのかと言うところまでやるので遅いのだが、それだけではなく、ヤフオクやブログ、日記にこのホームページとパソコンの前に向かう時間も多いため作業にかかれる時間が少ないというのもある。仕入れや車検で出かけたり、帳簿や買い物までする。最近はレースも・・・
数ヶ月も待ってられない。そういう方は自分でやる事になる。
名古屋のお客さんが、ワイズギアのディスクキットを組み込みに来た。事前にディスク用ホイールには新品タイヤを組み込んでおいた。
もちろん工場使用料は必要ですが、他でワイズギアのキット買うこと思えば・・・?他は割り引きないでしょ?

出来上がり。自分で出来なかったブレーキラインのエア抜きのみ私がした。工場で作業の良いところはここ。かなりいじれる方でも出来ない事がある。
そういうときに私がいる。もちろんブレーキフリュードも100CCで買える。1缶買わないで良い。フォークオイルも量り売り。廃油にも困らない。
何回も書きますが、工具、ウエス類は持参でね。オイル類は買ってくれると嬉しい。まいどおおきに。
さらに必要なくなった旧フォークやホイールまで下取りする。もちろん持って帰って自分で売っても良いだろうけど。基本はお持ち帰りです。


704 
       カスタムについて     (2007年5月23日)

画像はありません

私のところはSR専門のリペア、メンテナンス、カスタムをやっています。日本語にすると修理、整備、改良工場です。
カスタム全般で言えるのは改良になっていないカスタムがほとんどであるという事。
例を出してですが、問い合わせがあるのがセパハンにして下さいというもの。はっきり言ってカモです。相手にするとおいしいです。
ですが申し訳ないですが、私はしません。他店に喜んでもらってください。改悪になることはしません。改悪か改良かは私の判断で、あなたの判断ではありません。私がするのですから。
セパハンからノーマルもしくはバーハンドルにすると言うのなら喜んでやります。もちろんサイレンサーも社外からノーマルにするのもです。
SRに関しては来る者拒まずですが、作業に関してはお断りする事もありますのであしからず。金銭の問題でもありません。元々儲けようとも思っていませんから。


705 
       ディスクとドラムは全て違う     (2007年5月23日)

左が85年から99年まで使われたドラムブレーキのホイール。ブレーキは非常によく効くしカッコも良い。なぜディスクになったのか?答えはコストダウン。
SRのみのために、こんなややこしいドラムブレーキ作ってても儲からない。大企業は儲けを重視するから大企業でいれる。
スピードワイヤーやブレーキワイヤーが外されてるのはなぜかはわからない。作業のやり方は人それぞれ。ピカピカだしタイヤも新しい、もったいないなぁー。ブルジョワ。
右が現在のモデルのディスクのホイール。新品タイヤを装着した。この状態ではかなり軽い。



これはドラムのリム。スポークの角度が急であるのがわかる。








こちらはディスクリム。角度は穏やか。もちろんスポークもハブも別物。同じDIDのリムであるが、ドラムからディスクへは組み換えでは出来ない。
全く別のホイールを作ることになる。現実的にはこのように中古使用が金銭的に楽。


706 
        エンジンスープアップ      (2007年5月29日)

400から500にするにはクランク交換すれば良い。「400も500もそんなに変らんで、金かかるからやめとき」となだめても年に数台はクランク交換の仕事がある。
特に今回はブルジョワ仕上げ。もったいない・・・で、ベアリング全部交換。ベアリングは数100円から2500円ぐらいまで色々。しかも1個変えるごとに500円工賃。安いようだが数があるので・・・ブルジョワー。




ブルジョワ仕上げではオイルポンプのシールも交換する。何とまぁやらせのようにリップがちぎれてた。やらせじゃ無いよ、溝に落ちてたのを拾って見やすいところに置いただけ。結果的には無駄にならなく良かった。



はいー、500クランク入りました。オイルもいっぱいつけてこれから合わします。400→500はうまく中古パーツ使っても13万円ぐらいかかる。今回は色々な特殊仕上げもやって、消耗品はほとんど全て新品に交換したので、その倍はかかった。
考えようによっては買い替えの方が安いかも?こうなると損得ではなく趣味の世界になってきます。
注・ブルジョワは私のところでの贅沢仕上げの事で、ブルジョア(金持ち)とは違う意味です。こういうこと書いておかないと最近は色々な意味で勝手に理解されてしまうので怖い。


707 
       バフ1      (2007年5月31日)


初めてプロと言うか、スペシャリストにバフを頼んだ。その仕上げに声を上げるほど驚いた。
左がバフ仕上げ。元は汚く錆びてしまった物。右は新品。もちろん新品よりもバフは安い。


708 
       新型400ピストン     (2007年5月31日)


左がノーマル400ピストン。右が新型の400ピストン。多分2000年からこのピストン。
排ガス規制でキャブレターを換えて、混合比を薄くしている。するとエンジンは非常に高温になる。その高温に耐えれるようピストンの頭に加工した。詳しくはヤマハのホームページを。
つまり高温になっても強いかも?ピストンがこれ。値段も変らないのでこのピストンを使う。


709 
       新型ロッカーアーム      (2007年5月31日)



これは03年からかな?詳しくは知らないしどうでもいい。左が新型、右が旧型とは言え85年からのもの。左の物の幅が少し狭い。







少しわかりにくいが、幅が少なくなったところにはウェーブワッシャーが入る。隙間に入ってるのがわかるかな?
これによりロッカーアームは押さえつけられて左右に動かない。音が静かになるということ。今まではロッカーアームが左右に自由に動けたので、それがヘッドカバーに当たり、音が出た。
ちなみにロッカーピンがロックボルトで押さえられたのは83年の事。それ以前はロッカーピンも自由に動けたので、まぁにぎやかな事。
ただしピンは回転も出来たので、あるところだけ磨耗する事は防げた。
こうやってSRは見えないところも進化を遂げている。古い車両に使わない手は無い。それがカスタム(改良)


710 
      Wをシングルにするのは     (2007年6月4日)


ダブルディスクをシングルに戻す仕事。これは改良でしょうか?ダブルの良いところとしてはブレーキがよく効く。悪いところは、重い。どちらを優先させるかで改良かどうかが決ります。







結果、外しました。出来上がりがこちら。確かに旧型のディスクは効かないとよく言われます。それは現在のブレーキと比べて効かないのであって、十分フロントタイヤをロックする事は可能なのです。それは完璧に整備されたブレーキと完全に当たりが付いたパッド、ローターによってですが。
フロントが非常に軽くなりました。


711 
       なんじゃーこりゃー     (2007年6月4日)



点検とクラッチ調整のためにカバーを開けると・・・何これ?何でねじ切って蓋が・・・?








なんじゃーこりゃーっ!へたくそなグチャグチャ溶接。シャフトとロックナットが溶接されていた。ロックワッシャーも挟まれていないのでスプロケットはガタガタ・・・
ロックナットをなめて(薄いのでなめやすい)締まらないので溶接してしまったか?スプロケットガタガタなのが気になる。当然あちこち磨耗するだろう。
本当は削り取ってどうなってるのか見たかったが、中古車と言うこともあってオーナーが「クレームするから置いといて」という事でそのままだ。その後どうなったかは知らない。よそというか世の中の中古車って本当に怖いな。こんなところ買うときに見れないもの。


712 
         意外に早いかも       (2007年6月5日)

福井のモドキが寄ってくれた。安いからと細く大きいのがお気に入りのK70。意外に減りは早いかもしれない。
センターの溝が無くなってしまっている。もちろんコードが出るまではまだまだだが、事実上このへんで終了。
オーナーはまだ5000kmちょっとだと言う。えー、早いな。まぁ走り方もあるだろうと、私もテスト中。ダンロップは全般的にやわらかく温度が上がり、公道でグリップが良い。雨の日もよくグリップする。その分早く減るのかもしれない。


713 
         初期型の左スイッチ、今時     (2007年6月5日)


見ての通り今時のプッシュキャンセルウインカースイッチの左コンビネーションスイッチ。だが配線というかコネクターは旧型84年以前用。不思議な物があるものだ、初めて見た。






画像の83年式に装着されていた。もちろん配線の加工は必要ない。ハーネス長さはご覧の通り78年型SR500にも対応の長さ。
ここでピーンときた。外見の美しさから見て新品。もしかして初期型の品番で注文すればこれが来るのでは・・・ヤマハのしそうなことだ。もちろんこれほど高価な物は新品で頼んだ事がないので確証は無い。


714 
          バフ2      (2007年6月5日)


ヘッドカバーのスペシャリストによるバフ仕上げ。約1万円。高いか安いかは思い込み。タコギア、デコンプ、ロッカーなど組み付け時にオイル分が付いてしまった。出来上がってすぐはもっとキレイだった。







ケースカバーは磨きやすいらしく、左右で約1万円ちょっと。ベースの状態により異なる。いわゆる鏡面仕上げ。隣のリフトに載るSRのセンタースタンドが鏡のように写る。これも組み付け時油分が付き、雲ってしまってこれ。















出来上がり。シリンダやシリンダヘッドはオーナーが自ら磨いた。
修理や整備の1万円はあまり多くの事はできないし、出来上がってもわからない人すらいる。だがバフの1万円は目立つ。いわゆるカスタムはみなそう。1万円かければかなり見掛けは変る。バフに限っては見かけ以外何も性能は上がらない。だが磨くのが好きな人にとってはたまらない。それでいい、所詮単車は趣味なのだ。
同様に勘違いされている方もいるが、私はカスタムは嫌いではない。どちらかというと好きなほう。ただ単にSRでは無くなってしまうカスタムが嫌いなだけ。























それぞれ元の状態。それほど醜いわけでもなかった。趣味だ。


715 
       笑えるかも?     (2007年6月12日)


うん?何だこのタンデムステップ。よく見ると右側のが左に付いてた。じゃぁと外してた右側のステップ見ると左用だった。なかなか笑えるが、ドキッとした。
仕事増やしてくれるなぁ、くくっ。で左右交換。


716 
        どうでもいいけど    (2007年6月14日)


どうでもいいけどハーネスのクランプがついていなかった。解体車から外して取り付けてあげる。
フレームが塗装されているので外したまま取り付けなかったという人災。本来であればハーネスの白いところがクランプ部に来る。


717 
         エンジン3点調整    (2007年6月14日)

相変わらずバルブクリアランス2つとカムチェーンテンショナーの3点調整を安くやってる(\3,000)。冷やしてからタンクシート外してからやる。ある程度の知識があれば誰でもできること、だがそれでは3000円払う意味が無い。ここには書けない値段の意味はある。
それはさておき、これはひどい。裏が汚いのはエンジンオイルをあまり交換していなかったということ。しかもOリングは液体パッキンでペチャンコに殺されている。液体パッキンを剥ぐ手間がかかるなぁ。


718 
         まな板の鯉      (2007年6月18日)

うちに預けると言う事は、任せると言う事。それは私の思い通りにできると言う事。つまり、まな板の鯉。
色々な判断は私。オーナーがどういう人か、どういう使い方か、何を望んでいるのか、ここが重要だが金を持ってるのか貧乏なのか?色々考えてよい方向へ持って行く。
ただ、高価なパーツが必要な時は、判断を仰ぐけれどね。
画像はエキゾースト出口。上側には変な13mmナット、下側がボルト、ガスケットは外品の安物でつぶれている。気に入らない。


この方はこれを望んでるだろうと勝手に思い込み、手を入れる。下側はスタッドを入れて、上下ともに純正の高いナット(確か400円ほどする)に純正の高品質なガスケット。
ガスケットはグリースをボンド代わりに貼り付ける。そうすればエキパイ装着時に落ちない。グリースは焼けてカーボンになり、小さな隙間を埋めるかも?
長く乗るならこれで良いのだ。


719 
        まな板の鯉2エキパイの修正     (2007年6月18日)


エキパイ。ステーは曲がっている。穴が開いている。この穴はなぜか貫通して排気漏れを起こしていた。何で?







溶接して穴を埋めた。溶接はTIG溶接であるので、工賃は頂く。(1,000円〜)時には中古エキパイの方が安いかもしれないが?
さらにステーも修正。ダンパが曲がってたのでこの後苦労する事は承知の上。おかげさんで取り付けには非常に苦労しましたよ。

とは言え基本的にはオーナーとよく話し合い、仕事を決めていく。ビギナーの方の方が分け判らず、まかせっきりにする方が多い。
的確に自分の求める物がわかってる方の要望には答えやすい。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)