メンテ日記 (その25)  
     

720 
       久々に見つけた     (2007年6月18日)

久々に見つけました。ドライブスプロケットのロックナットが逆です。これでは全く締め付け出来ません。スプロケットはガタガタのままです。ちなみにヤフオク車両です。
もちろんやらせではありません。誰がやったのか?オーナーか、ショップか?


721 
        無駄遣い       (2007年6月19日)

ヤフオクでSR500のエンジンゲット。それだけならここでは書かない。これは78年型エンジン。ヤフオク画像ではわかりにくいんだよなぁ。もちろん不動、なので買える値段。
急いで開けてみる。クランクが命のエンジン、クランクが交換されてちゃ意味が無い。
無事78年式500の重いクランクが入っていました。ミッションも全てのギアに入るようです。めでたしめでたし?
金がないのに無駄遣いとも言う。使う予定は今のところ無い。78年のパーツ集めるのはもはやコレクター域。動くようにして高く売るつもり?


722 
        レア物       (2007年6月19日)

これは珍しい。はじめて見たぞ。SPのタイヤコーションプレート。はっきり言ってヤマハ初めてのキャストは大失敗のSR。そりゃ大きなXSとかと同じキャストじゃあかんやろ。
で、売れなかった。その中でもさらに売れなかったSR500SPのオリジナルコーションプレート。ヤレ方がすばらしい。そうそうヨコハマタイヤだったよ。







そんなリアフェンダーに惜しげもなく穴を開けるオーナー。リアフェンダーフラップを取り付けている。






後ろから見るとこんな感じ。ヤマハの文字が輸出用?そう輸出用SR500のオプションパーツです。隠れた売れ筋商品。800円ぐらいだったか?
この品に関するお問い合わせにはお答えしません。自分で調べてください。メーカーが作る限り常時在庫あり。純正パーツは儲からないし、面倒なので送ったりもしません。お近くヤマハ店にて注文してください。


723 
        ドレンのワッシャー     (2007年6月19日)

エンジン側ドレンのワッシャーは悪いですね。数度は再利用は可能でしょうが、やはり潰れて抑えるタイプのワッシャーには限界があります。しかも純正は100円以上するので高い。
これはホンダより仕入れたアルミのワッシャー。ヤマハ純正よりも安い。売るためではなく、無料で差し上げます。ただしうちにオイル交換来てね。


724 
         SR専門       (2007年6月20日)

いろーんなSRのお店があると思う。
その店ごとに得意分野や、かっこいい形ってのがあると思う。カフェであったり、トラッカーであったり。ちょいワル系、真面目系。
だがうちはSRの専門工場。どうみてもSRにしか見えないものが集まる。それでいい。SRが国産では1番好きだからSR専門にした。だからこそ扱うのは「どう見てもSR」
SRはやはり美しい。
得意分野ではありませんが、カフェやセパハンのお客さんも多い。まぁSRに見えるセパハンですけど・・・ブツブツは言いますが、人の趣味を否定するつもりはありませんので、気にしないで来て作業を見て行って下さい。見てるのも面白いですよ、特にエンジンは。慣れてくると熱く語りだしますから・・・?何も考えて無いので、貴重なことや業界裏話もしゃべりだすかも?


725 
      フロント周りのお得セット     (2007年6月20日)













宣伝になるのであまり書きたくない。簡単に書きますが、画像のところまでがフロント周り。
ここよりも前についているほとんど全てのところに手を入れます。ブレーキなどはもちろん、レバーやワイヤー類全てにグリースやオイルなど注入します。
フォークオイルなどももちろん交換。全く違う単車になります。単車が真っ直ぐ走らずに手放し出来ない方、どうぞ試してみてください。フロントブレーキの効きの悪い方も。値段書きませんが、お得セットなので安いです。最短で2日かかります。
よく作業内容を教えてくれと言われますが、とても書ける量ではありません。やってるの見に来てください。整備ですので、新車でも必要な事です。


726 
       手袋使いましょう      (2007年6月22日)

私はほとんどの仕事を素手でやる。だが手袋使用は勧めます。今は良い物が多くあるので、その作業に応じて手袋を選べば良い。
特にエンジン内部の部品は鋭利ですぐに切れる。
画像はエンジン腰下を運ぶ時に手を滑らせた。運び用の手袋を持ってるのだが、そこまでだし、腰下だけなので軽いし、だいいいち暑いわ。
で、こうなった。エンジンは入れようと思ってた箱の中に落としたので無事。洗ってすでに血も止まったが、もう少し深いとやばかった。貧乏なので労災も、何も無い。体だけだ。皆さんも気をつけましょう。
ほとんどの仕事は素手でやる私も、作業によって3種類の手袋を用意はしています。


727 
       エンジンの梱包       (2007年6月25日)

私のホームページを読まないのか、こんな梱包でエンジンが送られてきた。
中には貴重な78年式のSR500エンジン。ちょっと落とせばケースは割れてしまう。内部も壊れるだろう。フィンも欠けるかも?もう手に入れることの難しいエンジン。愛情は無いのか?
結局お返しする時はプラスティックの良い入れ物に入れて送り返した。もちろん箱は私のおごり。オーナーは私に非常にきつく叱責されたのは言うまでも無い。

現在エンジン単体でのオーバーホールは行っていません。必ず車両ごと持込ください。エンジンをかけての試乗が出来る状態でお願いいたします。
今回は送られてきた78年式エンジンを修理し、車両に積み込み、元載ってたエンジンを送り返したと言う事です。


728 
          カムチェーンの伸び     (2007年6月26日)

エンジンはいつOHするのか?その問いに私はいつも「金のあるとき」と答えてきた。壊れてからでも良いが、遠い出先でエンジンが壊れるのは別にかかる費用も多くなる。
でも金があるときでは、オーナーの希望で何も問題ないエンジンに手を入れなくてはならない時もある。それは、もったいない。
こういうのはどうかな?カムチェーンが伸びたら。画像はカムのチェーンテンショナー。わかる人はわかるでしょう。このエンジンのカムチェーンはビロンビロン。もちろんチェーンスライダーもかなりの磨耗だろう。なのでかなりの距離を走っている事がわかる。テンショナーがロックナットよりも奥に入るようになったら、ボチボチお金を貯めましょう。


729 
          グリースの話      (2007年6月26日)

よくグリースは何を使っていますかと聞かれる。「何でも良い、好きにして」
私が使うのは、このステアリングヘッド回りは上質なベアリンググリース。(実はよくわかってないが、車のホイールベアリング用)高温でも耐えるもの。SRはフレームがオイルタンクであるので、夏場などはフレームが100℃ほどになる。安物では流れ出てしまう。




ブレーキのカムなどはヤマハの純正のドラムブレーキ用グリースF。後はリアサスやハブクラッチのダンパ、各オイルシールなどゴム用にシリコングリース。確かスリーボンド?そしてその他スイングアームに充填や、ハブクラッチに充填、各シャフト、ボルトナット類には安いモリブデングリースを使う。ホームセンターで安く売ってる。
そんな安物で大丈夫?とかスイングアームのベアリングにモリブデン?などと思う人は自分の好きにすれば良い。
グリースは単車にとっての飲み物と思えば良い。たとえば人間や、植物は水が無ければ死んでしまう。部品も同じ、グリース無しでカラカラじゃ死んでしまう。じゃ、死なないために与えるだけなのです。そりゃー水ではなく、スポーツドリンクや、液体肥料を混ぜた水なら、人間や草花はより良いでしょう。でも水だけでも育つし死なない。というわけでお金持ちの方は、高くて良いグリースを使えば良い。それだけです。私は貧乏です。
唯一言えるのは、定期的に分解し、グリースを可動部には充填もしくは塗らないと、高価なパーツは死ぬと言う事です。


730 
      シリンダーホーニング    (2007年6月29日)












シリンダー内を磨く工具を買った。電動のドリルに装着し、シリンダ内をグィィィィィーン。カーボン、錆び、縦傷などが比較的滑らかに取れて、修正される。なかなかこりゃいいわ。新しい工具はテンションが上がる。
画像は長期保管で錆びてしまったシリンダを砥石付きの工具でホーニングしてるところ。まぁ使えるようにはなる。


731 
       オイルが減る(落ちる)     (2007年7月2日)

最近マニアックになりすぎたかもしれませんから、簡単な事。
エンジンオイルの量は見てますか?もちろん乗る前には見てますね。うそっ、私は1ヶ月に1度ぐらいしか見てません。買ってから一度も見てない方もいるでしょう。
それはさておき、見ると足りない。デップスティックに付かない。そういう時減ったと思って足してはダメ。大変なことになります。覗いて見て、見えたならそのままエンジンかけましょう。
するとエンジンに落ちてたオイルが戻ってきて、オイルタンクに良い状態のオイル量になるはずです。それでもまだデップスティックに付かないならオイル足しましょう。
そしてボツボツエンジン修理するお金も貯めましょう。
エンジンにオイルが落ちるのはほとんどがチェックボールシートの不良です。まぁ急いで交換しなくてもいいかも?この方は他にも足回りがボロボロで、今回のエンジン修理はパスです。


732 
        ボルトナット      (2007年7月2日)

よく錆びたからとホームセンターで買ってきたボルトナットなどに交換する方いますね。あなたのプチカスタムに文句を言うわけではありませんし、ボルトナットの事が詳しいわけでもありません。
ですがボルトには強度があり、まともなものには番号がつけられたりしています。番号を大きくするのは良いですが、小さくするのはご法度、これは整備士としての常識。番号も何も無いわけのわからんものは論外です。
ボルトナットの交換はよく考えましょう。そこが強度が必要な場所なのか、それともどうでも良い場所なのか。
この車両はハンドルのクランプも?な取り付け方ですね。


733 
       オイルが滲む場所      (2007年7月2日)

オイルの滲みは故障ではありませんが、気分が良いものではありません。
ヘッド回りではここのロッカーにオイルを回すオイルホースの根元から滲みやすい。油圧がかかるからですね。ガスケット交換で修復できます、数百円。






これはタコワイヤーの根元。何回も書いています。ワイヤー交換と内部のオイルシール交換でほとんど止まります。まれにタコのギアにガタが出て止まらない場合も・・・


734 
        ドラムブレーキの引きずり    (2007年7月2日)

センタースタンドで立てて、フロントホイールは軽く回りますか?ブレーキをかけた後回りが悪ければ、ブレーキが引きずっています。
ドラムの引きずりの1番の原因はワイヤーの錆び、潤滑不足です。手では引けても、リターンスプリングの力では戻せないわけです。ここまで錆びて動きの悪いワイヤーはさっさと交換しましょう。オイル入れてもまたすぐに錆びるし、錆びたワイヤーは切れます。切れるときはブレーキをかけたときです。


735 
       無駄な努力      (2007年7月2日)

クラッチが重くなってきたのでしょうねぇ、動くところにグリーススプレー?コテコテです。
でもそれでは軽くはなりません。他にも多くの問題があります。この画像で唯一油分がいるとしたらピンのところです。アーム部根元にいくらグリースやオイルやっても意味ありません。内部に入っていかないばかりか、画像のように汚れを呼びやすくなります。それでまた悪いほうへ行ってしまうでしょう。
根元にはオイルシールがあり、内部には油圧がかかっています。外から潤滑する必要は全くありません。


736 
        危険な状態      (2007年7月4日)

リアブレーキパネルとトルクロッドですね。画像よく見てください。誰かが手を入れています、それも素人。これは非常に危険な状態です。
まず緩み止めナットが反対に取り付けられています。これでは緩み止め(セルフロック)の意味が全くありません。また割ピンも入っていません。これではナットが緩めばリアブレーキはなくなります。場合によっては大事故につながるかもしれません。




さらに分解していきますと、ボルトがなんとも難しい位置で止まっていました。画像ではわかりにくいですが、止まっていた跡がついています。どうすればこの位置で止まるのか?無理やり締めていくのでしょうか。普通は六角の中に納まるものですね。

ここのボルトにはトルクロッドもきっちりはまり、ナットは結構キツク締めるのです。可動する部分ではありません。思いっきりではありません、規定トルクでね。
また新型ではボルトに割ピンが入る穴がありません。なのでナットは必ず新品使用が基本ですね。セルフロックナットは通常、緩め、締めると効力は落ちますから。


737 
       パーツ持込OK      (2007年7月4日)

画像はピボットシャフトとブッシュ。意外に簡単に抜けましたが、水がドバー。グリースと混ざり、乳濁化した水が見えますか?残念ですが終了です。ブッシュ、ベアリングとスラストベアリング。スラストベアリングまで死んでると高くつきます。1個4,000円ほどしたのでは無いでしょうか?(いつでも在庫あり)
グリースを充填しておけば水が入る隙間はありません。




ただこの方はスイングアームのガタを感じていたので、すでに良い物を入手されていました。RH01Jの事故車らしきから外された極上のスイングアームとベアリング類です。
いくらで手に入れたかはわかりませんが、送料使ってもスラストベアリング1つ分にも満たないでしょう。
持込です。もちろん全て使いました。アイデアしだいでかなり安く上げる事が出来るのです。人気車種ですので中古パーツも手に入れやすい。パーツ持込もちろんOKです。
私のところにも中古スイングアームは多くあるんですけどね。


738 
       鉄のナンバープレート台はダメ      (2007年7月5日)

走行中にどこかでナンバーを落としてしまった画像です。ボルトで止まってる部分を除き無くなってしまいました。
400はそうでもありませんが、500は国内で1番振動のある車両です。もちろんノーマルのリアフェンダーやテールランプなどはコストをかけて、すばらしい振動対策がしてあります。
それでも旧型に付いて来てた鉄のナンバープレート台では役に立ちません。よく見るとプレート台にもヒビが入っています。旧型のオーナーはすぐにアルミのプレート台に変更することをお勧めします。新型車両の方は、新車でついてくる分厚いアルミのナンバープレート台を無くさない様に。評価できる進化です。


739 
        新型のツールボックス     (2007年7月10日)

BSTキャブになってからエアクリーナーが大きくなり、ツールボックスは下に追いやられてしまいました。それは良いのですが、少し古くなると、画像下のように蓋が取れてしまう。千切れてしまいます。
700円ちょっとかな?安いので思い切って交換してしまいましょう。取り付いてるのが新品です。この蓋に付いているグリスニップルをスイングアームのピボットに取り付けてグリースを充填するんですよ。


740 
       リアホイールの廃棄    (2007年7月11日)

ドラム内が磨耗した。又はハブクラッチ側が磨耗してガタガタ。そういうことで中古の良いホイールに交換する方は多い。ハブなど新品は2万円以上する。それを考えれば中古ホイール交換は安い。
だが使えないホイールを処分しなくてはいけない。ヤフオクでジャンクで売るのは買った人に悪いからそれも出来ない。現状処分費に500円もらってるが、面倒な仕事なので1000円から2000円にしようと本気で考えている。もちろん持って帰って自分で処分してくれるのが一番良い。
まずはタイヤを外す。タイヤの廃棄は300円が必要、500円じゃやってられないでしょ。




話外れますが、今回リアのタイヤからフロント用のチューブが出て来た。中古車は色々な事がある。






全てばらばらです。スポークとスプロケットなど鉄はくず鉄屋が取りに来てくれます。アルミリムも取りに来る。うまくすれば売れる。
問題はハブと、ハブクラッチ。アルミと鉄が入ってるので現状産廃です。もちろんお金かかります。ベアリングまで抜くので手間もかかりました。スポークも緩まないやつもいます。なかなか大変なのです。使える中古のリアハブベアリング多くあります。差し上げます、取りに来れば。


741 
        デジラチェ     (2007年7月13日)

使いにくいデジラチェ、すぐにエラーが出る。売ろうかと思ったが、損は大きそうだ。使うしかないか。全く・・・工具も失敗がある。
どうも私はデジタルとは相性が悪いらしい。超アナログ派?動く構造が理解できない物はいらんわ。


742 
        エキパイダンパ    (2007年7月14日)

エキパイのダンパにこんなゴムが突っ込まれて、普通のボルトナットのみで止めてあった。ちょっとねぇー、まぁ世の中の中古車はいろいろある。


743 
        またピボット      (2007年7月16日)

普通はプラハンで叩けばすっと出てくるピボットシャフト。だが40%の確立で出てこない。全然動かない物は以前書いたようにかませ物をしてナットをインパクトレンチで締めこんでいく。
でもホンの少しでも動きそうな物は、このスライドハンマーを使う。久々に出てきたでしょ。カーンカーンとやれば何とかね。旧型82年以前のニップルの無いやつで抜けなかった事は無い。しかしこれほど抜けにくいのも珍しい。



錆びたピボットシャフトとアクスルシャフト。苦労した。さらにスイングアームのブッシュと錆びて動かないスラストベアリング。値段は自分で調べてもらうとして、もしこれだけのパーツを新品でそろえると1万円どころではない。スイングアームのベアリングも当然ご臨終。
この旧型のグリースの穴なしブッシュは、穴を開ける手間があるブッシュよりも高い。旧型のパーツは何でも高い、考えてパーツも選ばないと高くつく。もちろん新型のパーツも旧型に使える。


744 
          エンジンのマウントボルト     (2007年7月17日)

エンジンをフレームに固定しているボルトナット。あまり見る人も増し締めする人もいないでしょう。振動で緩まないようセルフロックナットが使われていますので、緩む事もあまりありません。
問題は方向で、通常は全てのボルトが左から入ります。右側がナットです。画像は後ろ後部のボルトナット。逆です。530チェーンならボルトが擦れそう。





これはまた別の車両、前の上側です。







また別の車両。こいつはプレートのボルトまでホームセンターなどで売ってる強度関係なしの安物にされていた。ワッシャはただの平ワッシャー、恐ろしい。





これは前の下側。ナットは別の物に変わっています。ワッシャこそ挟んでいますが、少し不安。ここなら通常は見えないからね。





このように、ヘッドカバーのボルトナットを逆に入れるとハーネスを傷付ける恐れがあります。入れ直した方がいいですね。

エンジンのボルトナットの方向が間違っていると言う事は、一度はエンジンが降ろされているという事です。長いSRの歴史では修理が必要になったかもしれません。でも問題の根本はボルトの方向すらわかっていない、もしくは確認しないような素人が修理した可能性があると言う事です。あなたの中古車大丈夫?


745 
      メタルコピー    (2007年7月20日)


画像はクランクケースの後ろ側。症状はキックのガイドが折れて、変にからまり、クランクケースを割ってしまったというもの。
割れて飛び出した破片をハンマーで叩き、修正し、ペーパーを荒くかけた状態です。






この画像で場所がわかりますでしょうか。
使うのはデイトナのメタルコピープロ。いわゆるエポキシ系のパテと思います。




きれいに脱脂後塗った状態。この後すこし固まってから整形します。色が近いのでちょっとした応急には使えそうです。耐久性は不明。まぁ油圧がかかるところでもありませんし、大丈夫でしょう。

本来ならケース交換ですが、それではあまりにコストがかかりすぎます。あくまでも応急です。


746 
      オイルフイルター     (2007年7月31日)

オイルフィルター交換で、取り出したらバラバラになっていました。あえてどこのメーカーかはここでは伏せますが、うちで入れたものではありません。
オイルフィルターも外品で色々な物が出ています。消耗品なので安い方が良い。だが選択を間違えるとこういうことになります。内部ではちゃんと仕事してたなら良いのですが・・・
これを見て、このメーカーの物ではないですが、うちでずっと使ってた大手量販店の外国製フィルターは使わないようにしました。
現在は少々高いですが、国産の物ばかりにしています。けして外国製が悪いとは書いていませんが、私は国産車に外国製の部品取り付けるの嫌いです。


747 
       センタースタンドに注意    (2007年8月7日)


これは自分の車両であるが、どうもセンターを立てたときにリアタイヤの上がりが少ない。またすぐにリア接地になってしまう。おかしい。
で、取り外してみたら割れてた。完全じゃないけれど半分以上ヒビが入っていた。立てたときどうなってたか想像が付く。オー怖ッ




で、新品に近い中古に交換した。どうですかビシッと立ってます。フロントは大きなアコレード3.50-19、リアはハイトの高いK70でこれほど隙間が出来ます。
センタースタンド立ててキックしてる方、たまには外して点検しましょう。ボルトにグリースも忘れずに。

ちなみに割れたのはオリジナルではありませんのでご心配なく。オリジナルは外して保管してあります。


748 
       カスタムのリスク     (2007年8月7日)


この車両はリアフェンダーを社外の品に交換されていました。細くてなかなかカッコイイかも?
ただどうでしょう、良いカッコは得られました。当然失う物もあります。






下から見たところです。エアクリーナーの吸い込み口がよく見えます。つまりタイヤで巻き上げられた埃や雨水はバッチリ吸い込まれていくでしょう。
そのうちエンジンが調子悪くなるかもしれません。
また取り付け方にもよりますが、そのうちアルミかステンレスのリアフェンダーは振動により割れて、テールランプとナンバーと一緒にリアタイヤにより巻き込まれるでしょう。
そうならないように、カスタム車はノーマル以上に点検、整備が必要になってくると思います。カッコ良いこと、ま、それも単車の楽しみです。でも、リスクは知っておく必要があります。


749 
      VMを維持するリスク    (2007年8月7日)

あまりやりたくないVMキャブのOH。ボディーはすでに手に入らないので、できることは消耗品の主だった物を交換し、オリジナルな状態に調整するだけ。
前にも書いたけれど、キャブの消耗は目には見えない寸法なのです。手に入るパーツを交換するだけしか出来ない。パーツは徐々に無くなり手に入らなくなる。また入るものはどんどん値が上がっていく。画像の交換部品全てで軽く1万円を超えていきます。さらに工賃。それでいて調子の良いキャブレターが復元できる可能性は低い。だからやりたくないのです。VMキャブを維持するにはリスクがあります。
キャブは1個全てで消耗品。新品に交換をお勧めします。これはBSTも同じです。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)