メンテ日記 (その26)  
     

750 
     アクスルシャフトが抜けない    (2007年8月15日)

アクスルシャフトもグリースが必要です。このようにグリースを塗らずに組まれていたものは錆びて抜けなくなります。たったこれだけの錆びですが、カラーと引っ付いたシャフトを抜くのには難儀しました。
平成17年モデルで、かなりカスタムされた車両であると言う事も書いておきましょう。カスタムに忙しく、リアブレーキのメンテナンスなどする時間は無いのでしょう。リアブレーキは3ヶ月もほったらかしにすると鳴いてくるはずですが?
シャフトにはどんなグリースでも良いので薄く塗ってやれば、次回は簡単にシャフトを抜く事が出来ます。水も入ってきません。


751 
       ディスクパッド      (2007年8月16日)

新型ディスクのブレーキに手を入れています。鳴き止めのために熱に強いシリコーングリースを使っています。ブレーキ用グリースがあればもっと良いでしょう。
パッドとキャリパーが当たる部分にもグリースは必要です。
画像では外品のパッドが使用されています。外品は安いのですが、ローターへの攻撃性は高いものがほとんどです。だから効くようになるわけですね。ローターを減らしたくないならば、高いけれど純正パッドがいいでしょう。
黒いシムは確か03年からの装着です。何のためか?たぶん鳴き止めでしょう。


752 
        ヘッドサイドカバーのボルト    (2007年8月20日)

排ガスモデルはエンジンの温度が熱くなり、バルブクリアランスの調整も頻繁に必要でしょう。無くなるとエンジンはかからなくなります。(特に夏)
それは良いとして、不思議なのがこのボルト。新型のものですが、なぜかエキゾースト側の右側のみが少し短くなっています。しかもそのボルトのみネジロックが付いています。何で?知ってる方メール下さい。
私は再度ネジロックつけるどころかグリースつけて組みます。次に外すのが楽です。カッパーグリースならさらに良いかも?


753 
       ブレーキワイヤーのオイル切れは危ない   (2007年8月23日)

画像はフロントブレーキワイヤーのドラム側ブーツめくったところです。こうなってはいませんか?
ブレーキワイヤーのオイルが切れるとブレーキレバーを握るのに力が必要です。力入れても効きは良くない。しかも戻りが悪くなり引きずって走りも良くない。ブレーキシューは早く無くなり、燃費も悪くなります。さらにここまで錆びてくると切れる恐れも出てきます。握った時に切れるのです。おー、こわ。マメにオイル入れましょう。
ワイヤーインジェクターでシューだけでもずいぶん違います。


754 
        高性能なリアサスでも     (2007年8月25日)


非常に高価な高性能リアサスペンションです。でも「よーこんなの乗ってるな、固くて動かん」私的意見。(体重は56kg)
オーナーも同様意見なので少し調整しました。専用工具など無いと簡単に調整出来ない構造です。





これだけの事でも非常に乗りやすくなりました。スプリングのやわらかさは交換しないかぎり変りません。この調整で変化するのは、初期の荷重かかった時の動きとリアの車高です。特に車高はキャスターにも影響しますので重要です。
オーナー大満足。「そんなもん買ったところでやってもらえ」「ネットで買いましたから」・・・・・
ていうか、簡単にスプリングのイニシャルを変化できないリアサスってどうなのでしょう?ダンパーも同様。買ったままで、公道で使ってどうなのでしょう?


755 
        スピードメーターギアは大丈夫?    (2007年8月25日)

画像はドラムブレーキのスピードメーターギア。グリースが切れてほぼ焼きつく寸前。
ここのグリースは気を使います。ドラムブレーキが非常に高温になるからです。ブレーキパネルにスピードギアとは・・・ヤマハの仕事にも困ったものです。
ですが、定期的に分解し良質のグリースをやれば焼きつく事はありません。要は整備です。ブレーキに手を入れるときについでにやってしまいましょう。
宣伝、これぐらいのことはフロント周りお徳セットに入っています。(2007年現在、基本17,000円)


756 
       ロワーブラケットの曲がり     (2007年8月27日)

画像は曲がってるロワーブラケットを新品に交換しているところです。よくある話ですが、それがあなたが買った中古車ならどうですか?
中古車はどこで買いますか?ネットオークション、中古車屋、普通のバイク屋(下取りの中古)どこで買っても完全整備とは普通書いてないでしょう。もし書いてあれば疑うべきです。私のところも疑ってください。ですがうちは中古屋ではありません。SR専門の整備屋、修理屋です。中古屋は中古のバイク売る店です。違いわかりますか?
さておきその中古屋で買ったばかりのSRの整備をします。事故車でした、フォークもブラケットも交換です。ガーン!もう遅い。整備してあると書いてない中古屋は中古を売っただけです。何も悪くない。騙したわけでもない。ブラケットの5mmほどの曲がりは分解しないとわかりません。じゃあ誰が悪い?あなたです、中古を買うからです。もしくは店を選ばないからです。

話が外れました。ヤマハでは車体番号でフォークのロワーブラケットを頼むと高いのを買わされる可能性があります。画像は安い方の物です。倍ぐらい値段が違いますので注意しましょう。違いは強度です。国内向け新車には安い方が装着されています。これについての質問は受けません。値段はヤマハのサイトで調べてください。質問は「ヤマハSR何でも相談室」にどうぞ。


757 
      ホームページに書かれていることについて

少し前号で触れましたので書き足します。
まずこのホームページはSR専門で整備、修理をしている私の日記のような物です。私の体験、やり方、考えを書いていますので全てが正解または真実では無いかもしれません。それはこのホームページだけではなく、全てのホームページ、雑誌に関しても同じ事です。
よく、どこどこのホームページにあったとか、本に書いてあったと知識だけ増やしてご来場になる方がいますが、それを鵜呑みにしては困った事になります。
色々なところで書いてあること、情報、そういったものは全て宇宙の彼方のお話です。話半分、もしくは1/3程度にとどめる事です。
では何を信じるのか?それは自分でやったこと、経験した事。それだけが真実です。私はそれしか信じません。
色々な失敗があり、成功があり真実が見えてきます。SRの整備に関しては約20年の経験が私の真実です。ただ、お金を取るようになってからはまだ5年ちょっとですが。

私のホームページに書かれていることについての質問は受けません。専門用語も多くでてきますが、日記だからです。整備について自分でやる方は参考にはしてもらっても良いですが、結局は自分の経験で答えを探すしかないのです。もちろんこの経験にはかなりの勉強代も必要になってくるでしょう。時にはぶっ壊す事もあるでしょう。私も同じです。今はぶっ壊せませんが。

色々不明な点はあるでしょうが、それは「ヤマハSR何でも相談室」に質問お願いいたします。現在サーバーが変ったらしいので検索で探してみてください。多くの失敗をし、経験をつまれた諸先輩が優しく質問に答えてくれます。1人の偏屈物に話を聞くよりも多くの方の意見を聞くことは非常にためになります。

ただ面白いアイデアや、私の知らない事(そんなもんわかるかー)良い工具などありましたら、励ましメールとともにメールをいただけたらありがたいです。
偏屈物ですのでなかなか頭も下げれません。客商売には全く向いてません。おかげで全く儲かりません。貯金も底をつきそうです。存続のためにちょっとひやかしに行ってやるかと思ったあなた、どうぞ作業を見に来てください。エンジン内部などよく見れます(必ず分解中のエンジンがある)。何か仕事くれるとさらに嬉しいです。


758 
     カスタムのリスク、ヘッドライトステー    (2007年8月27日)


このピンクの線は何でしょう?そうですホーンの線です。本来は画像のビニールチューブで覆われています。でも見事につぶれ、切れています。おかげでホーンは鳴りません。
なぜ切れたのか?フレームのハンドルストッパとブラケットのストッパに挟まれたのです。





ではそんなことが起こるのか?通常ノーマルでは絶対にありえません。ノーマルがどうなってるのか見れば理解できます。しかしこの車両のようにヘッドライトステーを交換してカバーを外した車両では、当たり前のように起こります。
カスタムのリスクです。さらにはヘッドライト自体に振動がモロに伝わりますから、SR500では頻繁に球が切れることになるでしょうね。そういうことを知ってから、かっこよさとコストを考えカスタムは行うべきです。


759 
      フォークの曲がり      (2007年8月29日)


前回書きましたブラケットが曲がっていた中古車の交換部品です。最初はオイルシールが漏れたからと整備依頼でした。結果これだけのパーツ交換となり、中古車の怖さを改めて知りました。おーこわ、仕入れた車両がこうなら泣くよ。このオーナーも泣いてます。
オイルシールは漏れるわけです。フォークインナーは漏れる方は1mm以上の曲がりがありました。目視、曲がっていない方もメーカーの曲がり限度の0.2mmを超える曲がりがありました。通常新車、新品パーツは0.02mm以下の曲がりです。


先ほどと同じ画像ですがよく見てください。フォークインナーは中古のものを使っています。ただ年式が同じ中古が無く、エアサスのインナーを使用しました。これによりかなり安く修理できました。SRは年式によりパーツの互換性があります。オリジナルにこだわらなければ安く修理できる可能性があります。

中古車を選ぶのは本当に難しい事です。0.5mmぐらいのフォークの曲がりはパッと見絶対わかりません。信頼できる単車屋を探す事から始めるべきですね。
私のところの中古車は全て分解し、フォークは曲がりを測定し、規定値内のものを使用しています。私のところで買えとは書いていません。整備済みというのはそういうことだと自分では思っています。こういう事書くから嫌われるんだろうなぁ。
ただ、プライドが高いのと偏屈に真面目なだけ。


760 
     とある車両の色々    (2007年8月30日)

最近は読者多く、全体の車両の画像撮ると、どこかで指差される可能性があるため局部パーツに限定しています、お許しを。どの部分かは説明しません、自分のSRを眺め、過去の日記も読んでいただき理解してください。何回も同じ部分は出てきます。
で、このオシメは良いアイデアだなぁ、こうやって古いパーツ使い続けるのは良い事だ。ワイヤーが切れてからでも交換は遅くない。グリースさえ入れておけばね。答え、タコワイヤーの根元エンジン側。


タダこれは困ったもの。「なんでこんなことすんねん」聞くと何やらSRの専門の雑誌か何かで紹介されたらしい。雑誌の記事を信じ、クラッチをわざわざ重くして握力をつける人の多いこと。エンジン側のアジャストスクリューを交換し、調整すればワッシャーは必要なく軽くなります。答え、クラッチワイヤー根元エンジン側。



こりゃまたよさそうなスプリング。ただ見た感じでは私には硬すぎる。材質が何かわからないので一概には言えないけど、見かけだけでは。
そしてノーマル以外のスプリングのデータは何も無い。もちろんフォークオイルも純正品しかない。どうせーっちゅうねん。適当でと言う事で、適当にオイル粘度や量を考えて組みました。出て来た真っ黒なオイル見るかぎり、かなりよくなったと思う。どんなスプリングでもメンテナンスしなければ性能は発揮できない。

上記のメンテナンスは全て含めてフロント周りお徳セット(現在基本工賃17,000円)に含まれます。この方はオプションでステムベアリングをアンギュラに交換されました。
1年ないしは2年毎にメンテナンスは必要です。あくまで普通の中古車としてのSRの性能を味わいたいならです。2度目以降工賃20%割引も設定しました。


761 
       キックペダルのガタ     (2007年9月7日)

こんなところのガタはあまり気にした事が無かった。グリースは入れてますけど。ただ気にしーのお客さんから聞いて、自分のを見てみたら気になってきた。
確かにグリースを入れていても振動でガタツキ、磨耗はする。手持ちの1番よさそうなのを出してきてグリース入れて交換しました。気分はよくなった。特に500の方は要注意。別に少しのガタはいいと思います。


762 
       純正フラッシャーも終わりが来る    (2007年9月7日)

83年から現行のフラッシャーはすばらしく良い。振動にも強く、転倒しても折れなく強い。交換する人はまずいないでしょう、優れた製品である。
それでも終わりは来る。ゴムのステーが劣化する。そして数度の転倒で折れる。これほどのポッキリは始めて見た。
この方はゴム部の新品値段ぐらいで1本中古のきれいなのを買ってくれた。おおきに。ステー交換が面倒なのと、ボディも度重なる転倒で傷だらけだからお得。ネットオークションでも良いけれど、送料考えると?
ちなみに右のフラッシャーの配線は緑です。


763 
         ここまで来たかコストダウン     (2007年9月10日)

結構好んで使ってた3HTのクラッチワイヤー。色から見てステンだろうと思っている。だが根元のゴムブーツが省かれた。ここまでコストダウンするのか?
確かにインナーはステンレス?だがアウターは鉄だろうに。水や埃が入るだろうに。寿命が短くなるだろうに。そんなのかんけーねー、うちは部品屋じゃねー、壊れたなら新車買え。って事ですか?

(注)これは不良品だったようです。クレームすると新品に交換され、それにはブーツがついていました。どういう品質管理?おかげでその間に来たRH01Jに2H6ワイヤーつけてしまったぞ。
3HTも2H6も2J2までもクラッチワイヤー常時在庫しています。消耗品です。


764 
      またもリアフェンダーカスタムのリスク     (2007年9月10日)

これはリアホイールを外し、後ろからチェーンカバーを見たところ。スイングアームを上下させるとギコギコと音がするので何だろうと思ったら、チェーンカバーとリアフェンダーが擦れてた。
ステンレスの外品リアフェンダー。確かにボルトオン。ボルトオンとはボルトだけで取り付け可能と言う事。ただそれだけ、合うという意味ではない。よってこういう細かなところは自分で合わしていかなければダメ。



もちろんエアクリーナーには埃やゴミ、水、さらには小石まで直接入りそうな仕様でもある。まぁかっこよさにはかえられないか?


765 
        バフ     (2007年9月11日)

エンジンをバフした磨くのが好きな方が、今度はリアホイールを磨きに出した。磨いたのはプロで関東にある研磨専門店。
メッキどころか鏡のようになる。ブレーキアームは鉄なのでバフ後、クロームメッキをかけてある。






組むとこうなる。スポークは新品を使用したが、初めての作業だったので色々失敗もした。組むときに入れたスポークが、地肌のリムを少し傷つけたのです。保護にテープでも貼っておけばよかった。アルマイトの無いリムの表面は非常に弱い。
また、スポークやスプロケットもメッキに出せばよかった。完全に新品スポークが輝きで負けている。



 

 

 

 

 

磨きに送る前の姿。職人技はすばらしい。ただ値段もすばらしい。磨くだけで25,000円近くかかったと思う。これだけの変化、安いと思う人は多いだろう。でも冷静に考えれば何も性能が上がったわけではない。


766 
        K300     (2007年9月11日)

グリップするタイヤが欲しいと言う事でピカピカホイールのオーナーが選んだのはダンロップK300、値段はいい。他のホイールよりも汚かったとは今では思えない。同じパーツにも見えない。







太い事で有名なブリジストンとの比較。左はアコレード4.00-18の減ったやつ。K300のサイズはSRで限界な120/90-18、外径はブリジストンを上回る。






今度は右側が同じくブリジストンのBT45、4.00-18。持ちもよくグリップも良いタイヤ。







これは左がダンロップTT100、4.00-18。チューブレスしかないがグリップは最高級。ダンロップはグリップ力が高いものが多い。外径も幅も一回り大きい。


767 
      ブレーキペダルのシャフト     (2007年9月12日)

一昔前はトラッカーが流行って、バックステップを皆がフォワードにした。現在はフォワードをバックステップに、そしてセパハンにする。
まぁやってみなけりゃわからない。セパハンにする仕事は今のところ請けない。それが合法でも私は改悪になると思ってるから。ステップの変更は請けることにしている。
長くなったがこれはブレーキシャフト。左がオリジナルのノーマル(〜84と95〜)右もノーマルのバックステップモデル(85〜94)この状態ではわかりにくいが寸法が違う。

こうすればわかりやすい。アーム部の長さが違うのです。短くなるブレーキペダルの事を考えてヤマハが作ったもので、どちらの方がより強い力で、リアのブレーキレバーを引けるかわかりますね。てこの原理です。ブレーキの事なので、変更する方はここまで気を使って当然でしょう。


768 
       バフ組み付け    (2007年9月12日)

この前書いたバフホイールの組み付け。パネルがチェーン引きで傷が付かないようマスキングテープで保護。


769 
       ワイヤーを逆に入れる?     (2007年9月12日)

スピードメーターワイヤーにグリース入れようとして気がついた。ん?ワイヤーが逆に付いている。いや、インナーワイヤーだけを逆に入れてある。
これはおかしいのでオーナーに聞くと、「ワイヤーが外れてインナーだけ落とした事があるので、今は逆に入れている」という。で、そのままにしておいた。
不具合が出なければ良いが?ま、これもカスタム、自己責任。


770 
        フォークスプリング   (2007年9月18日)

フォークスプリングの交換。どちらも純正品です。
下側が01年以降のRH01Jに入ってるもの。上側が82年以前のセット(完全なオリジナルではない)。
どうでしょう?材質の違いはわからないですが、線径はほぼ同じ。見ただけでスプリングの硬さが理解できますね。ただ硬ければ良いと言う訳ではないのも理解が必要です。それは乗ってみないとわからないのです。
ちなみに私の初期型(78年式)は上のセットでしたが変更し柔らかめにしています。


771 
         どこぞのキャリア    (2007年9月18日)


批判するためのホームページではないのであえてメーカー名は書きませんが、SR用として売られているキャリア。値段は純正のワイズギア製よりもかなり高い。
かなり苦労してオーナーが取り付けました。はたして精度は・・・




画像をよくご覧下さい。右端から内の補強への幅、左端から内の補強への幅、同じに見えたら目医者に行ったほうが良いでしょう。私には右の方が狭く見えます。
寸法測ると約5mmの差、これを良しとできれば、私も儲ける事が出来るでしょう。本当に日本製?



当然のごとくヘルメットホルダーにも当たります。シートカウルにも当たります。

この後、取扱説明書の写真と形が違う事が判明。この会社のウエブカタログを見ると明らかにSR用とは形が違い、W650用に見えました。
クレームを一応入れると送ってくれとのことなので送りました。
数日後、SR用で間違いありませんと帰ってきました。なるほど形は変化するのね。いつか書きました、雑誌もホームページも信用するなと。まさにそれでした。取扱説明書は古いタイプの物ですと説明を受けました。すばらしいメーカーの対応でした。

で、商品はヘルメットホルダの部分が削って短くなっていました。なるほどねぇ。
そしてそこからが大変。まともに取り付けるために溶接し、曲げて、穴を広げたり削ったり。オーナーは溶接代も私に払いました。取りにくいなぁ。数時間後どうにかまともに付きました。
ボルトオンとはボルトで付く事です。そのままポンと付くとはどこにも書いてません。私はもう2度とこのキャリアは仕入れないでしょう。


772 
         外国製の部品     (2007年9月19日)

私は基本的に精度の高い国産単車に外国製の部品を取り付けるのは嫌いです。
トップブリッジのボルトナットの事。ステンレス製ではあるが・・・。ハンドルも・・・。セパハンは今や合法。とやかく言う気は無いですが、SRのステムの位置とシートレールの位置を考えればどうなってしまうのかわかると思うのですが。





プラグも・・・これぐらいのものは迷わず交換します。ブツブツ言いながら仕事をしています。
外国製のものが全て悪いとはどこにも書いていません。私は単車も自家用車も外車を所有し非常に気に入っています。


773 
         新型でもぼろい    (2007年9月25日)

久々に新型に手を入れる機会を得ました。よく考えると新型(RH01J)と言ってもすでに7年目、1度も整備されて無いならボロボロでしょう。
これは01年型で、すでに7年が経ちます。リアブレーキは思ったとおり効くような状態ではありませんでした。これでも1度は手を入れられたようです、ワッシャーがなくなっていました。ヘタに整備された中古は怖い。


774 
        新型でもぼろい、その2    (2007年9月27日)

クラッチワイヤーが1本切れてるのを発見しました。迷わず交換です。整備をしなければ発見も出来ないのです。どこかで切れて走行不能になるしかないところでした。
整備して無い中古は怖い。


775 
       新型ディスクのメンテは高くない    (2007年10月3日)

フロントディスクブレーキのピストンを抜いてきれいにし、キャリパーキットを交換します。
いわゆるシールとダストシール。ピストンがなぜか2個もあるので、それぞれ2個ずつ必要です。(サイズは違う、異径)セットになっています。
これが旧型の半額ほど(1000円ちょっと)です。旧型はピストン1つ分で倍以上します。新型ディスクはそれほどブレーキの手入れにかかる部品代は高くありません。


776 
       トルクは確実に管理する    (2007年10月3日)

特にブレーキ類のボルトにはトルクを気にします。しっかり締まっていないと危ない。画像の場所は意外に締めるのです。トルクレンチがあってもびびってしまう。
締め付けトルクは一応サービスマニュアルを見てますが、本当に信用しても良いのかびびるのです。


777 
          BSRキャブ    (2007年10月4日)


BSRキャブを清掃、調整、点検するのも久しぶり。よほどメーカーはさわって欲しくないのか、こんな小さなヘキサゴンボルトをネジロックで固めています。もちろん車載工具では取り外すことも不可能です。







部品点数は少なく簡単。しかもコストダウンはすごい。各パーツ単位で見ると非常に材質は安いもので組み合わされています。新車48万円を維持するためには仕方ないのでしょう。






手に持ってるのはノズル。減りにくそうな材質に思えます。またフロートのピンの取り外しも非常に簡単。簡単に清掃や点検が出来るのは良い事です。


778 
        ハンドルの曲がり     (2007年10月5日)

出来上がって車検を取ってから試乗すると、どうも気分が良くない。何かがおかしいのです。ハンドル曲がってるのか?
はずして見るとこの通り。下側が曲がったハンドルです。面倒な・・・もう少し早く気がついてれば・・・2回も分解した事になります。逆に言えば試乗しなければ気がつかないことも多いのです。
私は自分で整備した車両しか試乗しませんし(人が手を入れたものや、手を入れてないものは怖いのです)自分で整備をしても、セパハンは試乗出来ません。怖くて乗れないのです。


779 
       キャリパーツール     (2007年10月9日)

続けば続くもので、03年のフロント周りの整備をしています。もちろんキャリパーの手入れはお得フロント周り整備セットに含まれます。
ピストンが2個付くので、油圧で抜いてもエアで抜いてもどちらか片方から抜けてきます。もう片方は抜けなく残って難儀します。
その残ったピストンを取る為に買った専用ツール。外国製の安物ですが、それでもロック付で数台は良い仕事をしてくれそうです。
このピストンはダストで非常に汚れていたので交換することにしました。2個のピストンとセットでも旧型の半額以下、2000円ちょっと?でしかない。旧型のゴムのみの価格でしかないのです。ヤマハが何を言いたいのかよくわかる今日この頃です。


03以降のキャリパ。取り付けのボルトが変わりました。この方が誰でも手を入れやすいし、トルクレンチのボックスを何回も変える事が無くて良い。単なるコストダウンでも歓迎です。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)