メンテ日記 (その27)  
     

780 
           (2007年10月9日)

ディスクブレーキで厄介のはフリュード。塗装やメッキを侵します。でも水に混ざる性質です。そこで必要なのが水です。こぼれてもこぼれなくてもフリュードが付いた場所は、水で流しておきたい。画像のような霧吹きを私は使っています。

そしてエア抜きの最後はこれです。こうやって角度を調整し、1日置きます。それで完璧です。エア抜きは1日にしてならず。これを見て意味わからない方は、エア抜きをしないほうが良いでしょう。
前にも書いたかもしれませんが、キャリパーを分解し、全てのフリュードを抜ききり、交換し、エア抜きをしても200ccのブレーキフリュードを使うことは絶対に無いでしょう。明細の部品のところにブレーキフリュードがそれ以上の量を書かれていたら少し考えた方が良いかもしれません。明細もくれないようなところなら考えるまでも無いでしょう。バイク屋を選ぶのはあなたです。でもそういうところ適当でも、きっちり仕事をするところもいくらでもあるのです。バイク屋選びは難しい。


781 
       アファムのドライブスプロケットの矢印     (2007年10月13日)

アファムの428からの520コンバートのスプロケット16Tに限っての事、画像のように矢印を回転方向に向けるのは間違いです。これは表裏逆に付いています。
証拠に画像をよく見ればわかりますが、チェーンの当たるところが磨耗しています。裏は磨耗していない。つまりチェーンラインがうまく出ていないのです。
実は私も数台間違えて取り付けました。連絡のつく方は連絡し修正というか向きを変えています。連絡つかない方で、画像のように矢印が回転方向になってる、もしくは矢印が見える方は、私がやった仕事でなくても来ていただきたい。表裏入れ替えます。
この車両も実はヤマハのディーラーの仕事とオーナーは言っておられました。だいたい矢印などややこしいのです。誰でも回転方向と思う。だがどうもチェーンラインが出ないのです。そこで今回はアファムジャパンに電話して聞いたのです。詳しくはここで書きませんが、間違えていました。
注意しなくていけないのは、矢印が見える方向で正解のスプロケットもあるということです。この辺は非常に難しい。これについての質問はアファムジャパンにどうぞ。


782 
          セルフロックナット     (2007年10月29日)

リアブレーキのトルクロッドのナットです。ここは緩むのでセルフロックナットが使われています。通常は緩んでもナットが外れないよう割ピンが入るところです。
しかしいつからか新型には割ピンの入る穴がなくなってしまったのです。ナットが緩んで外れるとどうなるか?どこかに書いてたと思いますが・・・つまりそういうことも現に起きているのです。
出来る事としては必ずセルフロックナットは新品を使うということ。外せば新品を使うようにすること。新品のセルフロックナットを入れるとき、そのわけがわかります。
もったいないので旧型のボルトに交換すれば良いかも。ただ今、それが新品で手に入るか?


783 
          ワイヤリング      (2007年10月29日)

ワイヤーやハーネスはメーカーが決めたところを通すべきです。しかし困った事に年式により色々と異なります。各年式のマニュアルを手に勉強したので、今ではかなり理解してきました。78年では400と500ではかなり異なります。84と85年でも大きく異なるのです。
それはさておき、間違えるとこのアクセルワイヤーのように削れてしまう事もあります。タンクの端が当たって削れていました。右にハンドル切るとワイヤーが引っ張って危なかったと思います。部品は交換になり、危険ですので気をつけたいところです。このままではそのうち水も入るでしょうし、最後には切れてしまうでしょう。タンクに穴が開くかもしれません。


784 
        すごいと言う画像      (2007年10月29日)

イモビのついた新型車両のメーター。57000kmとはすごい距離走ってるな。と言う画像ではありません。
メーカー出荷状態で、一度も手の入ってないステムベアリング(アンギュラ)が無傷です。すごいな、と言う画像です。アンギュラの構造上、耐久性がどれほどのものか不安が今までありましたが、これで無くなりました。このベアリングは単車の一生物のようです。(単車の一生が100kmの方もいれば10万km以上の方もいらっしゃるので言いきれませんが)


785 
         間違い      (2007年10月29日)


ハブクラッチにOリングを入れるために分解しました。グリースは入っているようですが・・・おおっ、こ、これは。


ダンパを1つだけ正常に組みなおしてみました。これが正解です、他は間違い。わかりますか?
オーナーが自分でやったようです。自分でやるには勉強代も必要です。今回はわりに早く私が気づいたので勉強代は安く済みました。
初めからうまくは行かない、全ては勉強です。怖がっていては進みません。自分でやろうとするオーナーに拍手です。ただし間違えてはダメですね、気をつけましょう。


786 
        ディスクローターの磨耗     (2007年11月2日)

ディスクローターもパッド同様に磨耗します。特によく効くディスクパッドはよりローターに食い込み、早く磨耗する傾向にあります。
どれぐらい残ってるのかマイクロメーターで測定。5mmローターで4mmちょっとあるのでまだ使えるかと思いましたが、メーカーの限度値は4.5mm。限度を超えていることになります。

で、新品のローターに交換しました。2万円ぐらいします。しかしリアのドラムほど交換は面倒ではなく、リアのドラムほど早く減る物でもありません。
ボルトも錆びてるし、ネジロックの兼ね合いもあって新品使用しました。気分が良いです。もちろんトルク管理します。
当然のごとく合わせるパッドは純正の新品です。新品でないと当たりが出ません。社外品のパッドが使いたい方は、ローターも高強度の社外品使用が良いでしょう。

これは鳴き止めのプレートと思われるものです。ついてないなと別口で注文して取り付けたましたが、どうも付いたのは03年からだったみたいです。でもまぁ改良と言う事で・・・?


787 
        最新のキャブレター      (2007年11月2日)

あまりまだ経験の無いBSRキャブです。汚れてるので一応清掃のみしておきますか。
構造は簡単で、手も入れやすい。コストダウンもよーくわかります。驚いたのはスターターで使うガソリンまできっちり制御しています。燃費は良いでしょう。当然燃料を使わないので、始動性は必ずしも良いとは言えないと思います。もちろんそれなりの走りです。まぁ通常SRは走らせる単車ではありません。平和度は歴代最高レベルです。


788 
        サイレンサーのガスケット     (2007年11月2日)

走行が多くなってくると、エキパイとサイレンサーを繋ぐところのガスケットも減ってきます。新型は柔らかく減る材質になりました。ほとんどの排気漏れはこのあたりです。交換すれば良いだけですが、なかなか難しい。パーツもガスケットなのに高い。
排気ガス規制モデルなので、サイレンサー内にもススなどは付かなく真っ白。排気温度が高いせいかガスケットがへたるのも早いようです。


789
       メーターのガタ       (2007年11月5日)

メーターが揺れて見えない。そういう時はたいていメーター下のゴムがへたっています。ただこの車両は新しく、ヘタリは見れません。

そうです、メーターにはメーターをカバーに固定する下側のゴムダンパもあるのです。左2個が振動により磨耗して穴まで開いてしまったダンパ。右が新品のダンパ。これほど磨耗したのははじめて見ました。交換することによりメーターの振れはおさまり、よく見えるようになります。ゴム類は全て消耗品なのです。
社外品のメーターはほとんどがこういった振動のことは考えられていません。早く壊れてしまうわけです。


790 
     整備できました    (2007年11月6日)

RH01Jの整備が出来ました。タイヤやチェーン、ブレーキローターなど部品も含めた総額は15万円を超えています。15万円分カスタムすれば大きく感じが変るでしょうが、整備の15万円は普通の中古車に戻れるだけです。
買い換える事を思えば安いでしょう。でも15万円かぁ、悩むでしょう。それもエンジンにはほとんど手を入れて無い値段ですから。
単車を状態の良い中古車で乗り続けるにはそれなりのコストがかかる物ですね。愛情が無ければ出来ません、乗り換えになったでしょう。


791 
       クランク     (2007年11月6日)

400を500にしています。年に数台あります。500に乗り換えたいが良いのが無い、高い。それなら愛着のある自分の400を500にしても同じ。500を買って400を下取りに出すのと同じぐらい?
左が400のクランク。おもりが多く、外径が大きくなっています。スムーズにそしてトルクフルに走れます。ストロークが少ないので振動も無い。壊れなく長持ち。
それをわざわざ壊れやすい500にします。右側が80,000円以上もする500クランクです。フライホイールの外側は削られ、径が小さく軽くなっています。ストロークも大きく、ピストンは高速で長い距離を上下します。よって熱を出しやすい。フライホイールが軽く、ガクガクしやすく振動も大きい。ただ1発の爆発の力と吹けにお金をかけてしまうのですね。このようにSR400とSR500は外見こそ似ていますが、全く異なったフィーリングの単車なのです。このガクガクを味わったらやめれません。


792 
          ヘッド     (2007年11月7日)


少し圧縮漏れも見られましたので、ついでにバルブも交換し、シートカットもします。バルブスプリングは方向や、IN,EXを間違えないよう、色の違うタイラップで止めました。







外注にてシートカット、磨り合わせ、清掃されたヘッド。あとは組むだけです。


793 
        専用工具     (2007年11月7日)


ボスの空回りを止めるこんな工具を作ってみました。でも少し強度不足のようです。何でも一日にしてはならずです。


794 
         500ピストン     (2007年11月9日)


新品の500ピストンです。気分いいですねー。400のピストンは頭がこんもりしています。500のピストンは画像のようにまっ平らです。ピストンピンまで違いますので注意。
オーナーは若いけれど400ピストンで高圧縮にせず、500ピストンを選びました。わかってますねぇ。


795 
         マウントボルトの?    (2007年11月9日)


エンジンのマウントボルトです。微妙な年式のせいか、メッキのボルト2本に黒いボルト2本。ナットは全て黒です。
もうメッキのボルトは新品では手に入らないのでしょうか。


796 
         ハブクラッチがこれでは    (2007年11月9日)

400を500にするので、ギア比も変更します。ちょうど428チェーンが悪くなってきたので丁度良い時期です。520にコンバートするのですが、ついでにハブクラッチを分解するとこの有様。これでは500は味わえないでしょう。500クランクは軽量なうえにストロークがあります。つまりギクシャクします。そのギクシャクを抑えるのがこのハブクラッチの役目の1つでもあるのです。


797 
       トルクロッドのボルトの緩み    (2007年11月12日)

ヤフーなどの個人売買で買って、不安だから見てください。というのはよくある話。いいでしょう、見るだけならいくらでも見ます。ただし分解しないで外から見えるところは限られています。内部の不具合まではわかりません。
トルクロッドのナットの緩み。こういうのはすぐに発見できます。わりピンが入っていたため大惨事を免れました。このわりピンが最新型にはありません。
見るだけのつもりでも、こういうのは締めないと気分は良くないものです。締めて新しいわりピンを入れてあげました。見るだけでお金を頂くなどとは現在は考えていません。たとえナットを締め付けてもです。どんどん見せに来て下さい。


798 
         構造変更登録      (2007年11月15日)

構造変更登録に京都の陸運事務局まで来ました。
継続検査はどこでも出来ます。たとえ札幌ナンバーでもなにわで受けることが出来ます。ただし登録は所轄の陸事でしか出来ません。このようにセパハンにより寸法が変った場合は構造変更をすることにより合法となります。
気をつけなければいけないのは、登録ですので、その日から2年の車検になることです。たとえ1ヶ月車検が残っていても、それは無くなってしまいます。あくまでもこの形をしたバイクが車検し登録された日からの2年車検ですから。構造変更によりヤマハが登録した型式指定番号などはなくなります。全く別のバイクが登録されたという考えですね。つまり次の継続検査はこの形で無いと合格はしません。
京都はバイクの積み下ろし場所があって良いのですが、当たり止めのゴムが無いのが気になりました。


799 
        歯無しスプロケ      (2007年11月16日)

チェーンとスプロケを交換してくださいと、突然やってきた2J2(初期型SR500)です。
ノーマルは530サイズの車両ですが、長い歴史には色々あったようで、ごらんのように428サイズに交換されていました。しかもドライブスプロケットは400用の19Tです。
チェーンが引ききれないところまでになっていました。心配したのはケースの削れですが、ケースは無事でした。それを心配して開けてみたのです。
カラーが530(オリジナル)でしたので、520コンバート用のドライブスプロケットを切らしていました。このようにいきなり来ても在庫が切れている場合があります。
貧乏ですので多く在庫はしていません。もちろん注文してあるので、数日後には交換できました。
この日はあまりにもこれでは・・・歯が1本もありません。全て飛んでしまっています。磨耗しすぎました。アクセルを開けても前に進まないでしょう、スプロケットの上でチェーンが空回りします。428の中古車用を貸してあげましょう。もちろんタダです。言い方悪いですが、そのまま二度とご来場されないかもしれませんけれど。

後ろはこんな感じです。チェーンを持ち上げると、ここまで上がってしまいます。ご自分のでやってみてください。これがどれほどありえない光景かわかります。
ドリブンも400用の56Tでした。これでは変速がさぞ忙しいことでしょう。オーナーは中古で買ったときからこの状態であったと言います。中古車選び(店選び)は本当に難しい物です。
それなりの良い値段のセパハンであったことも書いておきましょう。(最近書き方がかなりいやらしくなってきたような・・・)


800 
       スイングアームの切り方   (2007年11月23日)

スイングアームは何回も書いていますが、ピボットシャフトが抜けて外す事が出来れば整備できます。ですが画像のようにピボットがどうやっても抜けないことが年に1回ほどあります。30〜50台に1台はどうやっても私には抜けない車両があるのです。
途中までは、かませ物をして抜いてきました。ですがここから全く引けなくなりました。ナットは全てなめてしまいます。もう一回戻す事も不可能です。叩くくらいではびくともしません。反対から引く代はすでにありません。万事休す、切るしかないのです。
車両は88年の1JNで、買い取った中古車ベース車両です。これから整備して中古車にするところでした。
私は内側から切り進めますので、エンジンは降ろします。どちらにせよ20年前のエンジンですので、分解整備しますから同じ手間です。

まずはスイングアームの中ほど、薄くなってるあたりから中に切り込んでいきます。切るのは何で切っても良いでしょう。私は1番安いグラインダで切ってます。時期は冬が良いでしょう、安いグラインダはかなり熱を持ちます。
この時点ではリアホールはまだ装着しています。私はリフト上でやっていますので、フロントはクランプしてるので安定していますが、無ければ寝かせた方が良いでしょう。
(過去に車両を転倒させ、ダメージを与えた事あります。過去ログを参照してください。はじめは誰でも失敗します)


つぎにリアホイールを外して寝かせます。スイングアームを動かせつつ、上側と下側を横にカットし、内部が見える状態にもっていきます。



はい、内部のブッシュが見えました。通常この場所にはグリースが充填していなければならないと私が考えている場所です。油っけは何もありません。新車から一度もグリースは入っていないのでしょう、だから抜けなくなるのです。
ブッシュはこの時点でピボットと一緒に回転できると思います。回転させながら切り進みます。

気分最高の瞬間です。ついにブッシュと合体したピボットが切れました。これでスイングアームが外れます。

わかりますか?真ん中の物を取り除くと、両端の物は内側に抜けるわけです。それを順番に取り除けば、スイングアームは外せます。めでたしめでたし。
もちろん何も使えるものはありません。ベアリングも、スラストベアリングも。全て使えません。
なので切ると決めたなら、ネットオークションなどで程度の良い中古を手に入れておくことです。スイングアームの中古は意外に多く売っています。私のところにも多く在庫しています。シャフト類も高いので、手に入れるときは全て付いてるものが良いでしょう。シャフトが付いて売っているという事は、そのスイングアームはスッと抜けたと思われます。

ということで、こうなりました。1JNフレームです。この状態からパーツを集め、整備し、1台の中古車を作って行きます。寄せ集めになってしまいますが、全ての部分に手が入る事になり、中古車としては極上の物が出来上がると思います、まだまだ遠い先ですけれど。
参考程度にですが、この車両はセパハンのスカチューンでした。カスタムに使うお金や情熱はあっても整備に費やす情熱は無かったようです。カッコ優先も考え物です。走る機械なのですから。けして飾り物ではありません。もし飾るのであればスイングアームは動く必要はありません。


801 
         ガソリンタンクの漏れ    (2007年11月27日)


ガソリンタンクのステーのスポット溶接部が割れて、ガソリンが漏れてきました。引火すると非常に危険です。







原因はタンクが開き、マウントのゴムが落ちて、そのままステーがフレームに干渉していたからです。振動により溶接部が割れたのです。
タンクの開きは、思いっきりタンクを抱けば閉まります。
エンジンまで漏れたガソリンが行っています。エキパイで引火すればカチカチ山になったところです。


802 
         これは確信犯?     (2007年11月27日)

とある有名な中古車屋さんで買ってきたというSR500のリア周りを整備しました。
ブレーキペダルを外そうとしたら、ボルトが折れていました。手ごたえが無かったので、折ったのではなく折れてたという表現は正解です。オーナーも見ていました、目の前で作業しています。
よーく折れたボルトを見ると、シールテープのような物が巻かれています。これは確信犯か?(確信犯と言う言葉は検索すれば意味がわかります)
締めてたら折れてしまった。残ったところを抜く時間は無い、当然技術も無い。他に部品はあってもこのペダルが外れない。えーい、シールテープ巻いて折れたの突っ込んでおけばわからないだろう。これは中古車、中古はこれでええんじゃ。これが確信犯、自分は悪いとは思ってはいないのです。
難儀して外しました。さすがにボルトを抜く時間工賃よりも、中古部品の方が安いので、曲がったカムを修正後グリースを入れて中古ペダルを装着しました。世の中には色々な中古車屋さんがあります。選ぶのはあなたです。このオーナーはつまらぬところで高くついてしまいました。


803 
        良くぞ気づいた     (2007年12月2日)


引き続き、リア周り整備中。
スイングアーム根元のトルクロッドの取り付け部です。どうも動きが・・・動かない。なんじゃこりゃ!普通の8mmのボルトナット?







これがノーマルの10mmのボルトと、8mmのセルフロックナット、もちろん割ピン入りです。規定トルクで締めると、重たいですが可動です。




上側がノーマルの10mmボルトです。太いでしょう。ナットが入るところは8mmです。
下側が普通の8mmのボルトです。細い分、強度も足りないと思います。緩むことも考えれます。恐ろしい、良くぞ気づいた。自分を褒めてしまいます。
しかしこんなところ、いつもいつも気づきません。普通はノーマルが入っているものと思っていますからね。いやー、怖っ、中古車は怖いですね。無理をしてもなるべく新車を買いましょう。


804 
        反対に向けると楽    (2007年12月3日)

スイングアームを切ってフレームだけになった1JNベース車。手を入れて行きます。
まずはステムのベアリングレースをアンギュラに交換。下側のレースは打ち込むのが難しいのですが、このようにフレームにして反対向けてやれば超簡単です。
ヤマハの部品全てが値上げしました。アンギュラベアリングも高くなりました、上下で4000円近くします。しかし中古車として外から見えなくても、手を抜けない場所です。


805 
       お、なんじゃ?    (2007年12月4日)


お、なんじゃこりゃ、タンクを止めているボルトとワッシャは見慣れないものです。これはまた別の中古車です。冬は中古車を作るシーズンです、仕事ありません。







なんでしょうねぇ?なにか他車のスイングアームのワッシャでしょうか?オイルシールが付いています。SRの部品じゃありません。


806 
       サンスターのディスクローター    (2007年12月4日)


宣伝です。サンスターの受注生産品ブラックのディスクローターが入庫しました。
RH01用です。ノーマルとほぼ同じ値段でセミフロートです。しかも倍ぐらい長持ちすると思われます。(ノーマルパッド使用時)
社外品のパッドにするならこういうローターと合わせると良いでしょう。交換工賃無料。ローターも消耗品です、定期的に交換が必要です。


807 
       クラッチが滑る車両     (2007年12月4日)

SR500を高価で買い取りました。オーナーは他社の3倍!と現金でなくても喜んで置いて帰って行きました。しまった、もう少し交渉余地があったか・・・。
なぜ買ったか?たまたまお金があったというのもあります(口座に)。クラッチが滑るのです、このSR500。今までクラッチが滑るという車両を見た事が無いので、どうなってるのか見たかったのです。
分解しようとすると、キックシャフトにオイルシールは無く、安いOリングが・・・怪しいなぁこれは。



ディスクは少し減ってはいましたが、まだ規定値内です。プレートも目視、問題はありません。進めていくと、アレッ?
SR検定上級?の方はお解かりでしょう。そうです、ワッシャーです。このワッシャーはもっと奥のワッシャーです。怪しいわけです、組んだのはSR検定初級、もしくは初心者でしょう。では本来ここに入るワッシャーはどこに行ったのでしょう?




見つけました、こんなところにいました。









ここに入ってるって事はキックアイドルは外されています。むっ?この時点でキックアイドル側がおかしいと感じたあなたはかなり上級です。





手の先からキックアイドルギア。そして本来は外側に付くはずのワッシャー、内側についていました。先ほどの画像を見てください、外側にはスナップリングしか見えません。
そして大きなワッシャーは入ってなかったキックシャフトのワッシャーです。手持ちから探して入れておきましょう。


おまけ画像です。プッシュレバーを交換します。オイルシール下からは2個もOリングが出てきました。中古車ってやつは怖いです。ここは圧がかかるので、これでオイル漏れを止めるのは難しいでしょう。

以上を正常に組みなおしましたら、普通の中古車のクラッチに仕上がりました。原因は人災。私はまだSRの磨耗によるクラッチの滑りを見た事がありません。SRのクラッチはディスクが磨耗せずに、操作系の磨耗の方が早いようです。

買い取ったお客さんはハーレーに行くようです。このSR500は信頼できる知り合いから買ったと言っていました。信頼って何で得れるのでしょう?売ったオーナーがクラッチをメチャクチャに組んだとは思えません。信頼されていた方が組んだのでしょうか?何にしても、普通の中古のSR500を味わえないまま、ハーレーに行くのですね。キャブレターも調子悪く、彼にとっては全く走らない、またエンジンのかかりの悪い、最悪単車であったでしょう。悲しい話です。中古車って怖いですね。
さて、それではここから普通の中古車にしてあげますか。


808 
      ワイズギアの外装セット     (2007年12月5日)


ワイズギアで売られている外装セットをお客様が購入されました。サンバーストのやつです。
元は85年ですので、タンクのキーも同じ物が使えます。流石にオリジナルタンク(85年からのワイドタンクではない)ベースのサンバーストカラーは美しく、購入意欲にかられます。





ただこれは勘弁?最新型ベースのサイドカバーにサンバースト塗装のようなデカールです。赤い部分は全てデカールです。オーナーもガックリ・・・
レプリカはやはりレプリカってところでしょうか。オリジナルお持ちの方は大切に。オリジナルのサイドカバーは塗装だったのか?見た事がありませんが。お持ちの方メールで教えてください。


809 
       製造年月日     (2007年12月5日)

暇なので、中古車補修中。これから冬は冬眠かなぁ?
これは34Aブラケット下の製造年月日。これがブラケットの製造年月日か、車両の物かは私はわかりません。知ってる方教えてください。
こういうの見ながら20年以上前のSR500を生き返らせるのは結構好きです。ロワーブラケットが交換されていないってことは、長い歴史の中で大きな事故には遇ってないと言うことでもあります。




こちらは1JNのエアクリーナーケース。昭和表示?


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)