メンテ日記 (その28)  
     

810 
     かなり出来てきました     (2007年12月10日)


フレームになった1JN、前後足回りが完成です。こうなるとかなり出来上がってきた気分です。残すはエンジンと電装。


811 
      重症?      (2007年12月11日)

フロント回り整備中です。分解を進めて行き、フォークを1本抜きました。このままです。
通常ならセンタースタンドを立ててフロントを浮かせればハンドルはどちらかに切れていくはずです。この状態ならどう考えても右にハンドルが切れていくものです。フォークは重いですから。
ステアリングは真っ直ぐのままです。これはステムベアリングがかなりの重症でしょう。
ところが思ったほど重症ではありませんでした。ただのリングナット締めすぎでした。数ヶ月前にフル整備ですと中古屋さんで買ったそうです。手は入っていました、グリースも良い物を使われていました。ベアリングレースも数ヶ月前は新品だったでしょう。でも今は・・・締めすぎたおかげでレースにはボール痕が入り、ステアリングは切れなくなっていました。
オーナーは違和感を感じ、私のところへ来て下さいました。この暇な時に仕事をくれてありがとう、どこかの中古屋さん。値段を聞くとそれほど新車と変らない値段。前にも書きましたが、SR400買うなら無理しても新車を買いましょう、へたな中古は余計にお金がかかります。(私はありがたいけれど)


812 
       タコワイヤー      (2007年12月11日)

タコメーターワイヤーです。グリース入れようとしたらもげていました。アウターに水が入って錆びていたのです。グサグサに腐っています。
これを抜くのにどれほど苦労したか。やった事がある方はわかりますね。
インナーはまだ切れていませんが、これでは使えません。パーツはさほど高くはありませんが、手間賃が高くつきます。定期的にグリースを入れてやっていればこのようなことは無いし、こうなる前に交換が出来たはずです。タコワイヤーはインナーもアウターも錆びて切れます。


813 
        ディスクキャリパピストン      (2007年12月18日)


暇で中古車を作っています。ブレーキキャリパを分解。あちゃー、錆び錆びです。ピストンにも虫食いが・・・
こういうときはいつも悩みます。この車両のブレーキは引きずりも無く、正常に効いていました。つまりこのままきれいにしてシリコングリースでも塗って組み上げれば、何の問題もなく使えるはずなのです。虫食い部分はシールには当たらない場所ですし。


ええ、それが出来れば今頃国道沿いに小さくても開店出来てるでしょう。
悩んだ挙句、結局はピストンを交換することになるのです。5000円ちょっとします。こんなところ絶対見えない、誰もわからない。そう、ダストブーツ外して分解して見なければ、ピストンが新品入ってるなんてわかりません。効きも変らないでしょう。
何でここまでするかなぁ?時々自分で自分がわからなくなります。中古車製作は悩み、最後はバカなプライドです。パーツ代5000円高くしたら誰も買わないでしょう。見た目悪いですから、うちの中古は。


814 
        役に立つこと      (2007年12月18日)

良い事を教えましょう。エンジンを降ろす時、又は積み込むとき。必ずこのフレーム部で一旦置いて手を持ち替えますね。そのときに少なからず塗装に傷が入る事があります。
それを防ぐためにこの場所にはウエスやダンボールなど置いておくと良いでしょう。載せた後に踏んでしまっていても、少しエンジンを持ち上げれば取れます。
何回もやってればうまくなりますが、普通は何回もする人いないでしょうし、初めてならゴリゴリに傷を入れてしまったりするものです。


815 
        マウントボルト       (2007年12月18日)

エンジンのマウントボルトです。疲労のたまる場所でもありますので交換が望ましいのですが、中古車でコストを考えるとそれは出来ません。
しかし、錆びたボルトは気分が悪い。なのでうちの中古車は、なるべくキレイで曲がりの無いボルトに交換しています。もちろん中古品ですけど。装着には薄くグリースを塗っておくと錆を防ぐ事が出来ます。


816
         時にはダイスも      (2007年12月19日)

ボルト穴をタップでさらうのは前にも書きました。ボルトのネジが悪くなったら、迷わず交換です。
しかしこれはボルトではなく、ブレーキのロッドです。少しネジが痛んでいました。エンドの方でしたので、ダイスで修正しました。もちろん修正しなくても蝶ネジは入ります。少し硬いだけです。でもそれが気に入らないのです。中古車とは自己満足に他なりません。


817 
         メーター選択      (2007年12月20日)

中古に取り付けるメーターを選択します。なるべくキレイで、走行少なく・・・最近解体車を仕入れていないので白メーターも少なくなってきました。
特にタコメーターは壊れやすいようで、この日もドリル逆回転し、テストしました結果2個捨てました。もちろんスピードメーターも壊れます。
メーター屋さんに修理に出せば良いのでしょう。ですがそれよりもネットで中古買ったほうが安く付きます。経験ですが、2セット買えば1セットは使えるものが出来ます。くれぐれも壊れていても出品者にクレームはダメですよ、それがネットオークションのルールです。嫌なら新品買いましょう。
白メーターでも、真っ白もあれば、アイボリーのような色もあるので組み合わせは注意が必要。


818 
       黒エンジン      (2007年12月21日)












新たにRH01Jの中古車を受注、整備しています。
何年式か詳しくは知りませんが、私はこの黒エンジン好きです。カッコイイ♪シルバーに塗られた物よりもはるかに良いと思うのです。
エアポンプのホースやオイルラインなど黒で良いです。メッキなんて・・・
よくよく見ると、早い段階で黒に塗装されてから加工されているのがわかります。プラグホールやエアポンプの穴を見れば理解できます。もちろん組む前です。
ボルト類が黒ならもっといいんですけどねぇ。


右に転倒があり、ブレーキペダルで傷をつけた右カバー。脱脂し・・・









そのまま耐熱スプレー1回でこの通りです。もう一回塗ったらもうわかりません。良いでしょう?
私が黒エンジン好きなのは、XT500に憧れがあるからかも知れません。いつかはXT500のオーナーになりたい。


819 
        洗いすぎ?整備しなさすぎ?      (2007年12月21日)


ところが02年式、走行9000kmのRH01Jはとんだ曲者で、すごくキレイな外見なのですが内部が・・・
まず画像はリアのアクスルシャフト。錆びてしまって抜くのに非常に苦労しました。ホイールが外された事はほとんど無いようです。






これはいつものピボットシャフトですね。こちらも抜くのに苦労。見えにくいですが、水が出てきて5年落ちですが全滅です。ブッシュ、ベアリング、スラストベアリング。1万円以上のパーツが壊れています。1回でもグリースが入っていれば・・・





錆びてしまったベアリングを抜いて、内部をエアで乾かします。1日置きまして、グリースを入れた新品ベアリングを組み、組み上げてからここにはグリースを充填します。





ピボットシャフトのグリース注入穴も水が入っています。エアで乾かします。でないとまたグリース注入時に水が混入してしまいます。
シャフトの錆びは細かい耐水ペーパーにCRCを吹きかけて取ります。


820 
      洗いすぎ?整備しなさすぎ?2   (2007年12月21日)

そのハブクラッチ。終わってると言えば終わってるが、磨耗してるけど使えると言えば使える。微妙な加減です。
ストッパのみ交換し、Oリング入れて組み、お茶を濁しました。現在走行は9000km。もう3000kmもしないで最初のチェーンは終わる。そこでスプロケと一緒に考えましょう。
本来Oリングチェーンはもっと持ちますが、あまりに手入れがよろしくない。
ハブクラッチも新車時Oリング入れてグリース入れておけば、ドラムが磨耗し終わるまで持つでしょう。新車時の納車整備は非常に大切です。ショップにまかせっきりのあなた、納車整備費を取られてるなら何を整備したのか明細もらいましょう。シートのビニール剥いで、ガソリン満タンで1万円!なんてところは無いとは思いますが。


821 
        アクスルシャフトのトルク管理     (2007年12月24日)

私の友人のバイク屋の下請けで中古車を作ったときに、アクスルのナットが緩いとご指摘をいただきました。思いっきり締めてるのですけど、足りないようです。
そこで、大きなトルクレンチを買って、今はトルク管理しています。120N越えとは・・・締める時に壊れるんじゃないかと思います。旅先でパンクしても絶対緩めれません。しかしセルフロックではそんな事は言ってられません。思いっきりです。
わりピンの入るタイプはそんなに締めてはダメですよ、トルクはマニュアル見てください。幅があるのは穴を合わせるためです。最低のトルクで締めてから、穴をあわせるために少し締めます。


822 
         アンギュラも終わる      (2007年12月30日)

ご覧の通りです。よほど高圧スチームなどで洗車しなければ水が入るはずは・・・最新型は上のカバーにオイルシール。ブラケットにはゴムキャップ装備で水にはかなり気を使っています。
しかし水が入って、錆びてしまってベアリングは終わりです。わずかに5年、9000kmでした。水が入ったにしても、1年毎、いや2年毎に分解整備し、グリースを入れ替えておけば助かったかもしれません。
いくら良い物でも、使い方を間違い、整備をしなければ終わりが来ます。単車の一生持つと思ってたアンギュラも早くに終わる事があるんだなぁ。始めてです。


錆を落とした後のブラケットです。錆びにより小さなデコボコ穴が出来てしまいました。


823 
        年賀状     (2007年12月31日)

メンテとは全く関係ありません。
30日までSRの整備をして遊んでたので31日になって年賀状作ってます。昨年は嫁はんが作ってくれたのですが、流石に生活困窮(私がSRのメンテなんかやって遊んでるから)、働きに出てましてやってくれません。仕方なく自分で何とか昨年の物に画像を変えて出来ました。
こんな物に数千円、意味あるのか?そう考えるとSRの修理屋自体が意味あるのか?になってしまいます。喜ぶ方がいると信じ、インクジェット紙に変更、コスト削減100枚限定製作。(それなら5000円を家に入れろと聞こえてきそうですが、言わないのが我妻の良いところ?)
あまり苦労もさせれませんので、来年はドーンと工賃アップで、趣味ではなく仕事として成り立つようやって行きますのでよろしくお願いします。
これ書いてるのは3月だけれど。工賃アップしてもあまり生活は変わらない。もっと上げようか?世の中の工賃を私は知らないのです。


824 
        配線が無い       (2008年1月3日)

あけましておめでとうございます。っていつもどおり3月ですけど。もう4月だな。
私のところはほぼ暦どおりの休日ですので、1月2日には通常営業始めました。
中古車製作中。ホーンの配線がありません?探すとこんな事になっていました。買取ってやつは、よく見ないとダメですねぇ。慣れていないもので、SR500ならすぐに高く買ってしまいます。(お金があるときだけ)
反省し配線延長修理です。皆さんも友人からバイクを安く買う時はご注意を。


825 
         また      (2008年1月5日)

また、リアのブレーキパネルのトルクロッドのボルトです。なぜこんなにうまくはまるのでしょう?それは皆さん知らないでしょうが、ボルトがコストダウンされたからです。(意味不明?質問しないで、自分で調べてください)


826 
      スイングアームの分解整備     (2008年1月5日)


中古車のベース車のスイングアームです。ピボットもスッと抜けて、油っけがあり安心してましたが・・・ゲゲッ、グリースは入っていますが、水が混じっています。すごい色だ。
結論から言いますと、ベアリングは錆が来て死にかけていました。もちろんまだ動きますので、自分のなら使ったかも知れない程度です。ですが中古車には使えない。



で、在庫整理し、ベアリングの良いスイングアームを出して来ました。こんなに在庫あったのね・・・手前2本は逆立ち。
ぼろい方から6本捨てました。もったいない。在庫は3台分で良い。
中古ですが良い状態のベアリングつきスイングアームに交換し、ベース車を整備して中古車を仕上げていきます。外からグリースを注入していても1年2年に1回は分解整備が必要な気がします。


827 
         シフトフォークの磨耗     (2008年1月8日)

これは何かわかりますか?変速をするときにギアを入れ替えてくれるシフトフォークです。
お客さん?が中古パーツを買いに来ました。何でも出先でミッションが入らなくなってしまったそうです。原因はこれ、少し磨耗しています。
自分でミッション交換をしてるようです。やるねぇー、もちろん相方のピニオンギアも磨耗があるでしょう。
主にオイル交換を怠ると磨耗します。しかしこれだけでギアが入らなくなってしまうのですね。クランク交換などケースを開ける時には、よく点検したいところです。
自分でやるとはたいしたもの、こういう若者は応援します。中古パーツは差し上げました。「自分で外していけよ」


828 
         油煮      (2008年1月9日)

ストーブ(シリーズ16STD初期型、梁瀬プレート付き)の上に100円ショップで買ったステンレスの入れ物で煮てます。
具はスイングアームのスラストベアリング。グツグツしてきたら、ベアリングの中の空気もプクプク出て、汚れまで出てきます。
スープはモリブデングリースベース。後は秘伝で教えるわけにはいきません(笑)。沸騰はさせません、危険です。
よく煮てから、火から降ろして冷ませば完成です。おいしく召し上がってください。
危険ですから、良い子は真似しないで下さい。


829 
        セパハンが嫌いなわけ     (2008年1月11日)

ピカピカで非常にお金のかかったSR。こういう方もたまには来られます。ショップ選択はお客さん側にあるから、うちを選ぶも他の有名ショップさんを選ぶもアリ、自由です。
さらにうちは来る者拒まず。なので嫌いなセパハンでも断りません。
じゃ、なぜ嫌いか?1つはかっこ悪いから。どう考えてもSRのフレームでセパハンはかっこ悪い。いや、かっこ悪いのが99%。1%はかっこいいのもある。かっこいい、悪いは個人の自由なので、反論は受け付けません。当然このオーナーも、自分でかっこいいと思ってるからセパハンにしてるはずです、自由です。
もう1つはこういうようにリフトで上げると、私の頭をハンドルがドツク(叩く)のです。周りを整備の為に歩くたびに頭をゴン、ゴン。丁度見えないのです。一度なら良いのですが、何度もゴンゴンされると腹が立ってしまいます。そして最後に試乗が出来ない。私は腹筋、背筋が弱く、とても乗れない。
しかしセパハンは根強い人気があります。業者のオークションでもセパハンが付いているだけで、3万円から5万円高くなります。交換工賃やパーツ代、構造変更など手間賃も考えれば儲かるんですけどねぇ。セパハンに交換したい方は他のショップに儲けさせてあげてください。私はセパハンへの変更は今のところする気ありません。整備は別です。またセパハンからバーハンドルの交換はさせていただきます。


830 
       Oリングじゃないチェーン    (2008年1月11日)

先ほどの車両のチェーン、スプロケット交換です。なぜかわかりませんが、元428サイズの車両にドライブのカラー変更無しで50(530)サイズのOリングなしチェーンです。(チェーンライン出ません)
ショップが勝手にやったとオーナーは人任せです。よく勉強しておかないと、カモネギです。
428用のドライブ側カラーはそのままに、520コンバートしました。
画像のOリング無しチェーンはオイルをよくやらないと、錆びたり、磨耗したりしてすぐに伸びて終わってしまいます。よくメンテナンスしていても約8000kmほどで終了です。
ショップとしてはおいしいですね、すぐにまた来てもらえるのですから。
またスプロケットを画像のようにロックワッシャ無しで止めるのは非常に危険です。たとえネジロックをつけていても危険です。必ずロックワッシャーを入れましょう。

画像はサンスターとアファムの色の違い。アルマイトも色々あるようです。色で選んでも良いですが、要は強度というか持ちです。その持ちはチェーンによってかなり違います。良いチェーンを使いましょう。もちろん最低でもグリース封入のOリングチェーン使用です。


831 
         もったいない仕事       (2008年1月11日)

「クラッチの切れが良くない。ミッションから音がする」ただこれだけの事でエンジンの分解整備をします。
私にすれば、「そんなん動いてるし、変速できるし、音もわからん」なのですが、オーナーにしてみれば気になることのようです。
クラッチはプレッシャープレートが斜めに上がりました。少々は斜めに上がるもんだろう?クラッチのスプリング交換してもあまり変らず。ついにはメーンシャフトが曲がってるのでは?という結論に。確かに首を振ってるようにも見えます。そんな事があるのでしょうか?

分解し、測定しました。曲がりは無いに等しい。ここが原因ではないと判断。とりあえずミッションAssyは他の中古品を使って見ます。多分変化は見られないでしょう。
音の方はすぐに原因がわかりました。ベアリングの1つにほんの少しですがガタがありました。本当に小さなガタです。
有名ショップで400クランクを500クランクにしたようですが、ベアリングの交換はしなかったようです。たとえば安くお願いされたらベアリング交換はしないものです。
全てのベアリングを交換したのではいくらかかるかわかりませんし、こんな小さなガタはまずわかりません。

クランクケースは画像の4種類の長さのボルトで組まれています。入れるところを間違えないように。私は頭に入っています。覚え方は長い方から2本入るところを覚えれば、あとは見れば理解できます。(意味不明?)


832 
        大きなトルクの管理      (2008年1月15日)

大きなトルク用のレンチを買ったのは前に書きました。嬉しいのであらゆるところのトルクをピッタリ管理しています。
プライマリやメーンのナットは今までは手で思いっきりでしたが、今ではきっちりトルク管理です。今頃かって思う方も多いでしょうが、ショップは意外にトルク管理はしていません。なぜなら忙しいからです。インパクトレンチで締めておしまいです。仕事が見れるショップが少ないのもこの辺が理由のひとつでしょう。
ちなみにワイセコピストンが入ったこのエンジンも同様です。私のところの一番大きなインパクトレンチでナットがどうにかこうにか緩めれる状態でした。危うく分解できないかとも思いました。つまり締めすぎでした。


エンジンマウントのボルト、ナットもトルク管理しています。すみません、当たり前ですね。


833 
          細かい事1      (2008年1月18日)

前にも画像出していますが、本当に細かい事です。カタログなどではよくわからないこと。リアスプロケの形と色です。
右側が付いていたアファムの530サイズ44T(ノーマルと同じサイズ)。
左がこれから取り付けるサンスターの520サイズ43T。割り切れない16X43はSR500のベストサイズ?同じゴールドでも全然違う色なのがわかります。
しかしどうせ油で汚れるのですから、個人的には黒いアルマイトがあればいいのにと思います。なぜこんな色にしてしまうのでしょうか?


834 
            細かい事2     (2008年1月18日)

社外品のバックステップです。美しく、強度も高そうで、ピロボールなど使用にて良く出来ています。
最近は読者も多く、これ以上は書けません。察して下さい。まだ取り付けてはいませんが、サイレンサーも下に来ます。


835 
            細かい事3      (2008年1月21日)

私は整備屋です、カフェではありません。なのでうちに来ても何も出ません。ですがついにコーヒーをタダで飲めるようにしました。このタダが怖い。
もちろん忙しいのでセルフサービスです。自分でドリップバッグをセットして自分で入れてください。ゴミはプラと普通のゴミは分けて処理してください。以前と違ってコップを洗っていただかなくても良いように使い捨てにしました。
お菓子は持ち寄りです。無いこともあります。まぁ私が買ってきますが。
冬はストーブでお湯はいつも沸いてますが、今は(5月)ありません。さて、今度は何をタダで出そうか?ますます怖い。


836 
         FCR37       (2008年1月24日)

古いVMキャブがダメな事はよくあることです。いくら部品を交換しても手に入る部品は限られていますし、本体が磨耗していれば直りません。
キャブは1個丸ごとで消耗品なのです。思い切って丸ごと交換することですが、今やVMキャブの新品は手に入りません。
そこでセッティングの楽なレーシングキャブレターになるわけです。今回は87年SR500にFCR37を装着しました。
新型のキャブバイパスを使い、コックのリザーブを生かし。アダプターによりノーマルエアクリーナーをそのまま使えるようにしています。
ピッタリ収まり、そのノーマル以上の始動性と高回転でのパフォーマンスには大満足です。
新たにビトーR&Dさんにもお世話になれるようなりました。FCR,CRキャブレターをVM又はBSTの代わりに出来るよう研究中です。


837 
     国土交通省?自動車検査法人の大幅値上げ    (2008年1月24日)

2008年になって初めて車検に行ったら値上がっていました。なにやらわからない法人が出来たのかな?よくわからないです。
ただ、今まで1400円だったSRの検査代が、継続1700円、新規、予備検2000円になりました。
そうかぁー、世の中何でも値上げだなぁ。うちも上げよう。と言う事で、今まで9800円だった車検代行費を継続10000円、新規、予備検査13000円に値上げしました。
国よりも優しい値上げです。よろしくお願いいたします。ま、自分でやるのが一番だ、誰でも出来る事です。


838 
         小さなドライブスプロケット       (2008年1月28日)

見た事の無いドライブスプロケット、428サイズ。何のマークも入っていない何処製?。うん?小さいな、数えると18T、こりゃー変速忙しそうです。
クラッチ調整で開けたカバーのおかげでチェーン、スプロケ交換が決まりました。ラッキー!中古車はどこがどうなってるかはわからないものです。こんなところ開けてみてから買うなんて出来ないですから。SR400は出来たら新車購入お勧めします。何のためにギア比上げたのでしょう?この状態で3.11です。


839 
           相変わらず         (2008年1月28日)


相変わらず同じ仕事をこなしています。真面目にグリース入れていくだけ。油の兄ちゃんと呼ばれていましたから・・・
ピボットシャフトは完全整備が自慢の中古車屋さんからの購入であったので、比較的楽に抜けてきました。





新タンデムステップはグリースを入れないと動きが悪くなるばかりでなく、振動で磨耗もします。簡単ですのでたまには入れて上げてください。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)