メンテ日記 (その29)  
     

840 
      超特殊なSR    (2008年1月29日)

なにわの陸事で車検です。そこでこんなに珍しいバイクを見つけました。はっきり言って、欲しい。乗りたい。
SRを好きな方は多くいるでしょう。このホームページを読んでくださる方、ほとんどそうでしょう。ですが他のバイクに乗ったことがなければかなり危険です。
バイクの世界ではSRは超特殊部類に入ります。30年前の設計ですので走るシーラカンス。今のバイクから比べると何一つ性能的に勝る物はありません。
良い所は何も無い(逆にそれが良いと言うのは無しです)単車です。その単車しか乗ったことがなく、SR中心でバイクを語るとすればそれは異常な考えでしかありません。
他にも良いバイク、エキサイティングなバイク。ドコドコと本当のシングルが味わえるバイク。トルクがあって乗りやすく、安全で速いバイクはいくらでもあります。一旦他のバイクに乗って見ることも大切です。SRばかりですと頭の中身が固まってしまいますよ、30年前のまま。
まぁこのγ400も超特殊ですが。しかしなぜいつも私が車検に行く日は雨なのでしょう・・・・


841 
        工場見学     (2008年1月31日)

とあるお客様から「ボアエース」の部品が欲しいとの依頼で、エンフィールドで坂本製作所に工場見学に行って来ました。
何度も同じような事を書きますが、ホームページは宇宙の彼方の話が多く、それを信用するにはリスクがあるからです。自分での経験が私の全てなのです。このホームページも宇宙の彼方にありますので信用は禁物です。
まずは目で見る。そして使ってみて自分で経験する。人の話は本当にあてになりません。
最初の段階、目で見る。そして社長から話を聞く。いやー、愛想の良い人でした。話してるとすぐに時間が経ってしまいます。部品に対する考えがよくわかりました。
契約もすんなり・・・お互い小さくやっていますので、契約って書くとどうも違うなぁって感じですが、一応うちでボアエースの部品を頼んでいただくと少し良い事があります。


私が気になっている部品です。手にとって造りや、内部の構造を確認してきました。貧乏なのでまだ買うまでには行ってません。
この画像では熱や振動対策がなされているのか気になります。ですが手に取れば理解できます。使ってみればたぶんもっとわかるでしょう。




もう1つはこれ。着眼点がすばらしい。見てから、そうだよな、なるほどなと思ってしまいます。こちらもテストはまだです。
誰かリッチなお客様、人柱になってください。

早くお金持ちになって、Motor Works IMAMURAのオリジナルブランドのスペシャルパーツなど依頼してみたいところです。整備工場、修理屋ごときでは無理かもしれませんが。


842 
      XT500のドリブンスプロケット    (2008年2月1日)

久々登場のXT500の鉄リアスプロケット520サイズ、46T。チェーンカバーのアールにピッタリの大きさで、思わず画像にしてしまいました。当時のヤマハらしい形でもあります。
現在42Tと共にまだ手に入ります。44Tは残念ながら手に入らなくなりました。
46Tはサイズ的に400専用ですが、かっこいいですね。難点は少し鉄にしては値段が高いかなというところです。取り付けに関して、チェーンラインなどの知識が必要になります。ご注意下さい。チェーンライン等の質問は受けません。


843 
       中古車は色々あるメーター編    (2008年2月3日)

修理だけでは儲かりませんので、たまには春に向けて中古車も作ります。仕入れましたこの84年式SR500には白いメーターが付いていました。
もちろんこのメーターのまま売ることは出来ます。ですが、私にはそれは許せません。黒いオリジナルに戻しましょう。中古車は走りに関係ないところまでこだわってしまいます。ダメだなぁ。この時点で、配線の加工は予測できます。




こんな水道のパッキンのような物で止まっていました。自分の単車ならば良いとは思いますが、中古車としてはこれでは売る事が出来ません。





まいったなと思っていましたら、ダンパはこんなところに入っていました。なかなか笑えます。このダンパは高いので、使えそうなものがあったのはよかったとしましょう。






こんな感じです。それぞれ寄せ集めなので色が違うのはすこし不本意です。ただ、黒いメーターで完全に作動する物は少なくなってきてるのです。うちの在庫でもこの2個だけでした。ネットで中古を購入する時は注意が必要です。3個買って1個動くかな?ぐらいの気持ちが必要です。


844 
        中古車は色々あるラッキー編     (2008年2月3日)

ヘッドライトのステーを止めてあるボルト。おおっ!そうです、昔、陸事でくれたナンバー用ボルトです。「大」の文字は大阪を表します。今や手に入りません。ラッキー♪


845 
        怪しげなボルト1     (2008年2月3日)

フォークのロワーブラケットのボルトです。怪しいです。1本は何もかかれてなく、強度が足りないように感じます。もう1本は6と書かれています。十分でしょう。
ボルトの事は詳しくありませんが、番号が多くなるにつれ強度は高いという事になります。ボルトの強度を詳しく語れる方は緩めたら交換されるでしょう。再使用はしないのが正解です。
ですが、中古車で全てのボルトを交換していたのでは新車価格を上回ってしまいます。現実的に考えて番号が入っているJIS規格を使うと言う事ぐらいで良いでしょう。普通に使える中古車を安く楽しみましょうが目的ですから。

ですが番号の入っていた方のボルトは短かった。怪しいので全て緩めたのでわかりました。通常はロワーブラケットのボルトなんて全て緩めません。中古車は怖いですね。
下側に写ってるのが純正のボルトです。十分な長さです。全て交換しました。
注・修理では依頼が無い限りここまでやりません。


846 
          ノーマルに戻すって事     (2008年2月3日)

いわゆるスカチューンです。こういう状態で売ってる中古車も多く、又は買った方も多いでしょう。塗られたタンク、ペラペラのシート、ノーマルのキャブにパワーフィルター、バッテリーレス、うるさい安物サイレンサー。
別に悪くは言いません。どういうカスタムにして乗るのも自由。ただうるさいのは他人に迷惑。若いうちは間違えもするのでいいでしょう。
バイク屋側から言うと作るのも簡単です。こういうのは仕入れも安い。さらにバッテリーやサイドカバーのゴムなど小さな部品も必要なく、お金もかからない。
うるさい以外で何が悪いのか?それは自分で勉強してください。


オーナーはネットオークションでノーマルパーツをそろえてきました。それでもゴムダンパ、ボルトナットなど欠品もあります。私が細かい物は用意し出来た左側。バッテリーは現在1番安く手に入るMF 4L-BS。バッテリーはニュートラルランプを点灯させるためだけにあるのではありません。その辺も勉強どうぞ。
まだサイドカバーはありません。



右側です。エアクリーナーを装着しました。エレメントは新品使用。ネットでは中古が安く売っています。とは言え送料も考えればそれほど安くもありません。また最もお金がかかるのは私です。(工賃)
若気の至りで間違えは起こします。ただ、外したパーツは取っておく事をお勧めします。いつか必ず間違えに気がつくときが来ます。人間は成長します。
サイレンサーも静かなノーマルを手に入れて変更しました。さてそれでどうなったか?それはこのオーナーが1番理解したでしょう。理解する、勉強する。高くつきました。まさに趣味。
はっきり言って、中古車を買ってカスタム、学び、ノーマルに戻す。その勉強代は新車を買うよりももっともっと高いものです。ただそれも楽しみの一つです。
今ではシートやリアフェンダー、ヘッドライトなど全てノーマル状態になっています。またそこから間違っていないほうへのカスタムの始まりです。
ノーマルに戻すって事、それは勉強し成長したと言う事ではないでしょうか。えらそうに書く私もやってきました、そして成長しました。
注意・全てのカスタムが改悪とは書いていません。


847 
      中古車は色々あるキャリパー編     (2008年2月3日)



穴が開けられたローターにばかり目が行って、よく見てなかったキャリパー。このボルトは怪しすぎます。






案の定でした。キャリパー側のネジがなめてしまったのでしょうか?(アルミなのでオーバートルクで締めるとなめる)建築用?のピッチのようなボルトをネジを切って入れてありました。これは強度を考えると危なくて使えません。キャリパー交換です。まいりました。


よく見ると太いボルトを入れるために、フォークアウターの取り付け穴が広げられていました。ガーン。フォーク交換です。1本だけ交換では左右の色が(やれ具合が)合いません。結局左右セット2本交換しました。
これが全て新品を使用したならパーツ代10万円てところでしょうか?いやー、ほんと買い取り失敗しました。まぁ直しましょう。SRはフレームだけマトモなら何とかなるものです。


848 
        中古車は色々あるステム編     (2008年2月3日)


久々のゲゲゲッ!懐かしいですか?最近本当にこのホームページは丸くなってしまって、毒舌ファンも減ったかなぁ?
トップブリッジを外したらリングナットがありません。エエエーッ?







なぜか浮いています。なるほど・・・






思ったとおりでした。こんなところにリングナットがいました。ですよねー、リングナット無しではガタガタでとても乗れないでしょうから。






おかげさまで、水もゴミも入ってベアリングは錆びて、レースも終わっていました。
ここはSRのネックですのではじめから交換予定でしたから大丈夫です、予算は組んであります。ただこの状態で1年以上にわたり、前オーナー(私が直接買わせて頂いた方)が乗っていたわけですから怖いですね。ステムベアリングはともかく、フロントブレーキは命にかかわります。
やはり中古車はそれなりにきちんとしたところで、整備された物を買ったほうが良さそうです。もちろん個人売買やネットオークションよりも金額的には高いと思いますが、総合的に考えればどうでしょうか?
決して私のところで買えとは書いていません。私は中古屋ではなく修理屋ですから、通常中古車は在庫ありません。


849 
        嫌いなフォークの整備     (2008年2月3日)

嫌いなんです。ドロドロにオイルで汚れるから。
インナー抜いてシール交換し、清掃し、オイル入れて組みます。
もちろんインナーの曲がりもダイヤルゲージで測定します。メーカーでは限度0.2mmですが、私は0.1mm以上曲がった物は使いません。
キャリパー取り付け部が削られていたフォークは、インナーを外し部品としてストックします。新品は高いので中古車を作るときには新品は使えません。
もちろん使っても良いのですが、それでは中古車が新車よりも高くなることもあり、現実的に売れない。厳しいのです。
で、嫌いなフォークの整備は1度にこれぐらいやってしまいます。
もう1つ使わないものがありました。私はエアサスのフォークスプリングも使いません。必ず別の年式のスプリングに交換します。


850 
        BSA       (2008年2月8日)



珍しい事にBSAがご来場。実は阪神間では有名なお方。ずいぶん前にもお会いした事があります。1度は乗って見たい単車です。






パーツを買いに来られたのと、ハンドメイド車両なのでサイドスタンドに難があったのです。スタンドが長すぎて、立つけどこけそうというものです。
そこでノーマルを改造しました。短い方が私の作ったオリジナルパーツ。現物あわせできなく適当に作ったから少し不満です。

「さーお金頂戴。サイドスタンドはMIGちゃうでTIGやで、ぎょーさん頂戴や」どこかのショートスタンドとは材質から全く違います。(ノーマル加工だから鍛造)
「じゃ、8000円で」「ぎゃー、高すぎるわ、5000円でええ」多くくれたので、最後のスプリングかけは難しいので私がやってあげました。
本当に高く買ってくれてありがとうございました。


851 
         細かい事       (2008年2月12日)

細かいですが、ベース車を仕入れるとスイッチなどの不良は結構あります。
これはノブが脱落していただけではなく、曲がっているので根元から交換しました。こういう時の為に中古パーツは欠かせません。
何回も書きますが、新品を買っていたのではお安く中古車を提供できません。また、すでに新品は手に入りません。え、Webパーツリストにはまだあるって?では新品を取り寄せてみてください。


852 
        中古車は色々あるキャリパー編2     (2008年2月12日)


左がノーマルのキャリパのボルトです。高強度で、長くピッチも狭い。右が素人さんによって付け変えられていた物です。長さ、ピッチを見てもかなりやばい状態です。
知っていれば怖くて乗れないですね。





いやらしいですが宣伝。私のところの中古車84年以前の純正ディスク車のキャリパーピストン、シールはほぼ全車交換しています。少しでも虫食いがあれば交換です。
シールに関しては100%交換しています。当時のマニュアルには2年毎に交換と書かれています。
見えないところに5000円ちょっとつぎ込んでいます。申し訳ないですが、車両代に入っています。おかげで初期型はドラムブレーキの型に比べて若干高くなってしまいます。


853 
          中古車は色々ある細かいこと     (2008年2月12日)



見てわかる人は少ないでしょうが、何だかこのあたりの取り付けもおかしいですね。手を入れられた単車イコール面倒という答えもあるのです。






左サイドカバーの下のゴムです。別の車両ですが、カラーも無くなっていました。ゴム(ダンパ)にカラーが必要です。




サイドカバーの上部のゴムです。なかなか良い考えです。自分の単車ならばこれで充分ですが、中古車でこれは出来ません。
ここのゴムは結構高いものです。しかも時には4つも必要になります。申し訳ないですが、これも車両価格に乗させてください。ということで、私のところではノーマル車はスカチューンなどの車両に比べ高くなるのが普通です。


854 
        ハブクラッチの磨耗      (2008年2月18日)

何回も書いていますハブクラッチ。買い取った中古車はあまりに酷かったので特別に紹介します。
内部が段付きに磨耗しているのは手で触ればわかります。このドライバーの先はストッパが当たり、磨耗した部分です。新品ではこの場所に段はありません。
もちろんストッパも磨耗します。全滅です。




相方のハブの磨耗もかなりのものです。タイヤのひび割れも酷かったので、ホイールごと全て交換しました。普通に走れる普通の中古車を作るのは非常に大変なのです。


855 
        生年月日       (2008年2月25日)

ようやくこの日付けが生年月日なんだと確信できました。このSRはワンオーナー、しかも当時からノーマル。分解するとエアエレメントとロワーブラケットの日付が一致しています。
パーツの製造年月日かもしれないと思っていたのです。それにしてもこの車両も20歳(ハタチ)を越えています、単車にしては長寿命?SRはみな元気で長生きですね。


856 
         グリップボンド      (2008年2月27日)

左グリップを取り付けるのに、以前は多用途強力ボンドを使っていました。現在はグリップボンドを使っています。
さすがにグリップ専用品、非常に強力です。乾きも早いので、差し込む時は注意も必要。一気に行かないと、途中で入っていかなくなってしまいます。(ただ単にボンドがもったいなく、使用量が少ないだけかも?)
今のところ最高だと思います。


857 
          新しく入手した工具    (2008年2月28日)

ネットで買った、安物工具。新しい工具が来るとテンションがあがります。
最近はネットのおかげで、安くでこのような外国製のエアツールが手に入ります。もちろん使えるもの、使えないものがありますが・・・
ちなみに私にとってはエアソーは使い物にならず、ミニエアリューターは最高に良いものでした。これは色々な場所で使えます。
たまにしか使わないこういうものは、外国製の安物でいいと思います。


858 
       サンバースト       (2008年2月28日)

ワイズギアで売ってるサンバーストタンクキットをお客さんが購入された。タンクは確かにオリジナル幅で、手塗りの感じです。
だけどサイドカバーは黒いサイドカバーに、サンバースト塗装のようなデカールを貼ってありました。つまり偽物です。
オーナーはそこに最終型のSR500のデカールを貼りつけました。これはこれでカッコイイですね。


その事をブログで紹介しましたら、本物をお持ちの方から画像をいただきました。画像使用は承諾を得ています。
左右でこれだけのズレがあったのですね。さすがに手作りです。デカール系はゴールドのラインのテープとSR400のステッカーです。
7周年記念モデルはSR400のみで、500はありません。
一説には売れなかった赤のモデルの在庫処分の為に、黒でぼかしを入れたとも言われています。翌年には1JRとなり、ワイドタンクになりますのでオリジナルの在庫は多くあっても困ったのでしょう。気づかれた方も多くいらっしゃると思いますが、SR400のステッカーは1JRの物です。
後の緑のサンバースト、あれも傷が入れば中から赤い塗装が出てくるかもしれません。
私は赤いSRが好きですが、売れたのは圧倒的に紺と黒です。いつの時代にもSRには赤があったと思っています。カッコイイと思うけどなぁ。


859 
         ワイズギアのシート     (2008年2月29日)

ワイズギアで売ってるシート。安く仕入れました。このシートは私のお気に入りです。スポンジが非常によく出来ていると思います。
一説には輸出用と言われています。外国人はスポンジにうるさいからでしょうか?車のシートも外車は非常によく出来ていますね。
国産車でも外国でレンタカーで借りると、非常に良いスポンジなので笑えます。国内仕様はコストダウンか?いえ、表しか見ない日本人には革張りです。


話し外れましたが、お尻が痛くならないのは私にとってはこのシートだけです。78年式SR500のシートもスポンジが最高ですが、所詮30年前の代物です。へたりきっています。この角度で見てもカッコイイと思うのは私だけでしょうか?





裏面です。ポリ製のベースです、錆びません。ベルト取り付けも出来そうです。ただし後部の作りを見ればわかるように78年式のSRには取り付けできません。
なぜかを知りたいマニアはオタク向け「単車男」へどうぞ。



ノーマルのシートは約4kg








ワイズギアのポリシート、2kgちょっと。シートだけで2kgも軽量化できるのです。しかも高い位置で。
私ならネットオークションで3万円を越える価格で78年式のシートを手に入れるよりも、2万円ちょっとでワイズギアの新品シート買います。これは中古でしたのでもっともっと安かったです。





ただ、愛車に装着はかなりの加工が必要みたいですが・・・(ヲタクにしかわからない画像)


860 
       自分での作業歓迎     (2008年3月5日)

私のところでは、自分で作業する方歓迎です。いくつか条件がありますが、ここでは書きません。
基本的に教わろうとか甘い考えは捨ててから来て下さい。自分でマニュアル見て、工場の端で黙々と作業してください。もちろん工具もウエスも自前でお願いします。
タダではありません、1日1000円です。過去には自分でエンジンを積み下ろし、OHされた方もいます。このHさんはリア周りを整備中です。スイングアームを交換、チェーンスプロケなども新品に交換されていきました。
SRであれば何をしてもいいです。1日で出来なければ置いていく事になりますが、基本、外のPになります。工場内はいつもいっぱいです。カバーや鍵も持参してください。当たり前ですが、盗難の責任も負えません。
最後にこれも当たり前ですが、来た時以上にきれいにして帰ってください。良い所は、自分で出来ない事があっても私がいるってところです。


861 
        やばかった      (2008年3月5日)

タコワイヤーはインナーが切れるだけではありません。アウターも腐って切れます。水が入るからです。
これはやばかった。アウターがグサグサで、もしインナーがもっとエンジンに近いところで切れていたなら外せなかったかもしれません。
やはり定期的に点検、グリースアップです。お金に余裕があればワイヤー類は定期的に交換です。消耗品です。


862 
         ブレーキマスター分解      (2008年3月6日)

最近はオリジナルにこだわる方のために、ブレーキマスターも分解整備いたします。これは78年式のSR500のマスターです。
金銭的には合わないでしょう。作業自体はさほどややこしくはありませんが、やった事がある方はおわかりでしょう、難儀します。よって工賃は高めです。
フロント周り整備お得セットにキャリパー分解は入っていますが、マスター分解は入っていません。
通常マスターはASSY交換します。


古いピストンを取り出し、内部をきれいにして、新しいピストンセットを組み付けます。初期型は現在\7,434(メーカー希望価格)します。
工賃を入れると新品のマスターASSYが買える値段になります。よって現実的ではありません。
性能の良いマスターに交換された方が、安くネットオークションで純正中古を売っています。オリジナルにこだわらなければ他社や違うサイズのマスターも使えますのでASSY交換が良いでしょう。
ちなみにピストンを交換しても直らない場合もあります。このマスターがそうでした。ただし、意地でも直しますが。私は修理屋で、部品交換屋ではありませんから。


863 
        33Y      (2008年3月10日)












私のところの中古車です。もちろんホームページで売り出すまでに売れてしまいました。売れてから整備と言う楽な感じで作りました。
現在大八車(純正当時物キャストホイール)は非常に数が少なく、無いものねだりですごく人気があります。
さらに500ともなれば免許制度の為もあり台数は少なく、特に33Yと呼ばれる83年84年の物はスポークホイール車と同時販売であったので誰も買う人がいなく、非常に希少な単車です。
実は本物を見るのは私もこれが初めてです。最高にカッコは良いです。ですが・・・キャストホイールは走る事に関しては最悪で、それが売れなかった理由でもあります。
どう最悪か?それは非常に限られた人のみが知る事が出来る事なのです。
もともとSR500は最悪な単車です。そう考えれば最悪がさらに助長されて極悪になっても、この堂々たる風格ならば許せます。性能でSR500を選ぶ人はいないでしょう。


865 
        潰れないために     (2008年3月11日)


とある方のブログで知って、中古で買いました。忙しい中で何とか半分ぐらい読めました。その中で色々と反省すべき事が多くありました。


それがこれです。金がすべてでは無いが、儲けにこだわらない店は必ず潰れる。
「金のためにやってるんや無い、趣味や」そう言えばカッコイイ。そういう気持ちで約5年やってきました。結果どうでしょう?
約300万円を使い果たして、破綻の危機にあります。今年に入り、毎月、支払いするのがギリギリです。
それでは潰れないためにどうするのか?お金の計算をしっかり出来る冷静な経営者としての自分を創ること。わかりました。
かっこ悪くても良い。そして今年は日記は3月ですが、4月に再び約50%の大幅工賃値上げをしています。他のバイク屋さんの工賃は私にはわかりません。
よく比べて、作業をよく見て、おおよその値段を考えてから工場を選んでください。選ぶのはあなたです。もう私のところは必ずしも安いとは言えないかもしれません。
潰れないために、せめて年に100万円は稼ぎたいと思っています。ご協力いただける方、よろしくお願いいたします。
ついでにお金の話ですが、1人でやる修理屋ですので、年の売り上げが1000万円など越えるはずもありません。ですので私のところでは現在消費税はありません。
4月以降の主な工賃。フロント回り整備お得セット\28,000、リア周りお得セット\20,000、エンジン腰上お得セット\20,000(積み降ろし別途)、10分\1,000〜つまり\6,000/時間にしました。これでどうなるか様子を見させてください。存続できれば存続したいと考えています。


866 
          リプレース       (2008年3月17日)


以前からリプレース用にと考えていた京浜CRキャブレター。今回ビトーR&D様(JBパワー)の協力を得まして、本格的に勉強中です。
これはCR38をVMキャブの代わりに装着しました。


上部はフレームの補強を少し削り、リモートアイドルアジャストスクリューを装着しています。

キャブレターはそれの全てが消耗品。OHしようにも無理な場合があります。いくら良い物でも終わりは来ます。
また旧型キャブレター、88年式までのVMキャブレターはすでに新品が手に入りません。消耗パーツも非常に高価になって来ています。
大金を使って消耗パーツを交換しても本調子にはならない可能性も多くあります。

それならば新品キャブレターに交換。その候補としてCRキャブレターを選びました。セッティングのしやすさ、消耗パーツの入手。何よりうまくすればノーマルエアクリーナーを使えるという点で決めています。もちろんフラットCRキャブレターはアダプターも販売され、より高性能を得ることも出来ます。
現在(6月末)3ヶ月扱ってみてある程度のセッティングも得て、その性能には非常に満足しています。価格もBSTと同等ということで、何とか買える値段ではないでしょうか?
もちろん純正ではありませんので、それなりに不具合もあります。しかし走ってこそが単車。エンジンがかからない、止まる、調子が出ない。ほとんどはキャブレターの交換で解決できるでしょう。さらには燃費向上というおまけまで付いてくることもあります。
オリジナルで無くなるのは嫌な物ですが、単車が乗り物である以上動かなければただのくず鉄なのです。


867
       中古は怖い、どれほど書いたか?     (2008年3月24日)

27号機SR500。そう、事前に書いた記事の難儀な場面はほとんどこの単車です。安くしました、そして売れました。東京へ行きます。
オーナーが黄色いプラグコードが気に入らないというので、他の物に交換してたらコレです。
多分コードを交換するためにコイルを外してやって、取り付けが素人なのでハーネスを挟んでしまっていました。
今は大丈夫でも、後に電気系でエンジンが止まる事になったでしょう。今回気がついてよかった。完全整備が自慢の私のところの中古車。整備したところは完全かもしれません。ですが、していないところはどうなってるかわからないのが中古車なのです。
動いているのを買い取った物ですので、まさかこんな事になってるとは思いもしません。フレームから全て組むしか無いのでしょうか?出来ます。ですがそれでは新車よりも高くなる事でしょう。
中古車は怖い、新車があるかぎり新車が1番無難です。もちろんヤマハにも組み立てミスはあるでしょう、ですから1台丸ごと保障もあるのです。絶対安心です。


868 
         車検       (2008年4月10日)

常々私は車検は自分でやってくださいと書いてますし、言っています。なぜならプロでも素人でも出来上がりは同じだからです。
車検と整備も離して考えてください。これも良く書いています。車検は合法車両かどうかの判断を国がするだけの事です。安全に走れない車両でも合法であれば合格します。
平日に休みが取れる、又は時間がある方は愛車が合法であることを証明しに行きましょう。

宣伝。整備はSR400,500とXT500専門で、それ以外の車両はしませんが、車検などの手間はどのような車両でも代行いたします。(まれにお断りする場合もあります)
どうしても平日に時間が取れない方、合法状態にして持って来て下さい。手間賃10,000円(基本)です。開業当時よりも実は下げている手間賃です。
4月から自賠責も安くなり、うまく行けば総額30,100円にて車検出来上がります。
高騰するガソリンも使わず軽トラにて持ち込みます。お断りさせていただく車両は重いもの、高価なものです。まぁ高価なバイクお乗りの方はうちみたいなところに持ち込まないでしょう。合法であるものに限ります。別途料金かかりますが、合法に構造変更できる場合もあります。
売り上げ10,000円で、儲けは?高価なバイクで何かあったら何やってるのかわからないからお断りする車両もあるのです。


869 
          バフ        (2008年4月11日)


あのお方が、フロントをピカピカにしました。大きなドラムのバフは迫力あるー。


もちろんブレーキパネルもフォークアウターも鏡面仕上げです。特筆はブレーキパネルのステー(銀色に塗装してある鉄のステー)もデコボコを取り除きバフ後、クロームメッキしてあります。ブレーキロッド類も同様の処理です。いかがでしょうか?
何の性能も上がりません。ですがSRは性能で乗る単車でもありません。オーナーは大満足です。ちなみに磨きだけで軽く3万円を超えます。












元の状態、キレイに手入れされてますが、普通に20年経過した87年型です。磨くために全てのパーツを取り外します。ハブの飾りゴムはすでに取り外しています。

フォーク上部のエアバルブです。すでに私の指紋でくすんでいますが。


前回リアの時にバフ後のリム表面は非常に柔らかく、傷がすぐに入るということを勉強したので、今回はスポークを組む前にリムをガムテープで保護しました。
工賃に、べリング類、タイヤも交換。最後には驚きの金額になりました。まさに趣味です。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)