メンテ日記 (その31)  
     

900 
      先客はむかつく     (2008年7月1日)












フォークシール交換はよくある仕事です。ですがシールを抜くとこんな傷があったらむかつきます。
なぜなら、この次にされる方もしくはショップのメカニックが、「あー、イマムラじゃこんな仕事するのか」と思うでしょう。私は意外にプライド高く外面も気にします。
修正はしておきましたが傷は消えません。あー、嫌だなぁもうー。皆さん、タイヤレバーやドライバーでシールを抜くのは止めましょう。
自分でやってヘマしたのかオーナーに聞くと「自分では出来ません、バイク屋の仕事です」と聞いて驚きました。世の中バイク屋も色々ですね、同業者悪く言えないのでさらに悲しい。しっかり仕事しましょう、うちより高く取るのだから。


901 
       シムズクラフト工場見学     (2008年7月2日)

中古のリアハブを買いに来られて、話してるとマフラー屋さん。それもよくよく聞くとピャー、あれ作ってたののどえらい方でした。
現在は工場を移転し、私のところからも近いので工場見学に行ってきました。ぐわーっ、大きい。







私の想像をはるかに超えていました。すごく広いところです。私ならここに住んでしまうでしょう。

















新作マフラー、およびエキパイの大量生産中でした。今までに無いデザインで、ステンレスにしては低いよい音を出します。


これがパイプを曲げる機械で、素人が見ても非常に高価である事がわかります。何かを作るって事は非常に時間と、お金がかかるものなのです。
実は私は初めてパイプを曲げる機械を見ました。







色々な材質、径のパイプ。これがマフラー、エキパイになっていくのです。私は奥にある単車たちのほうが気になってしまいました。70年代前半のバイクが幾台も・・・




さらに気になったのがこのマフラー。ノーマル?ではありません。手曲げエキパイと、ステンレスのメガホンサイレンサー。テーパー具合が最高です。
このときは試作品でしたが、現在はラインナップに入って市販されています。エキパイを太くせず、トルクを狙ったエキパイだそうです。
サイレンサーにチャンバーが付いていれば最高なんですけどと言うと、それはコスト的に厳しいそうです。そうですね、希望通りいくらでも作れますが、金額は上限知らずになります。作るって事はコストも考えなければなりません。
シムズクラフトのマフラーを買うならまず相談を。勝手に友達気分でいますので、いくらかお得なお値段を出せるでしょう?消費税も相変わらずありませんしね。(当然ですが年商1000万円以下です)。通販や、もちろん取り付けもします。


902 
       パーツの掃除もしましょう     (2008年7月2日)


旧型マスターのキャップ開けると・・・ちょっと汚くやばいかも?パーツの清掃もしましょう。長く開けてませんね。
私はお湯で洗って、エアで水分を飛ばします。






ピストンは何の異常もありませんでしたが、なんともキャリパー内も汚い。この状態でお湯洗いは無理です。外すのも新たな銅ワッシャが必要になるのでもったいない。
必ずピストン交換なんて事はしません。使えるものは交換しません。ただマニュアルにはシールは2年毎に交換と書かれています。
それを使うのか、マニュアルに従うのか?オーナーの判断です。オーナーが操る車両ですから。私が勝手に使えるパーツを交換することはありません。判断に迷うものはオーナーの判断に従います。


903 
        メーターのダンパ      (2008年7月3日)

33Y、83年式SR500のメーターダンパを交換しています。スピード側は新品にしました。タコはまだこれからです。
メーターが震えて見えなくなると、このダンパがぺッタンコになっています。交換は簡単ですが、1つ1000円ほどしますので、買うには根性が必要です。今回は下側のダンパの交換はしませんでした。目視で磨耗、ヘタリは判断できると思います。
400よりも500の方が振動が多く、早くダメになるようです。


904 
      スピードメーターギアの焼きつき     (2008年7月5日)


スピードメーターが動かなくなるほとんどはワイヤー切れです。まれにメーターの故障もあります。
今回初めて見たのが、メーターギアの焼きつきです。動いていたのに段々動きが悪くなり、ついには動かなくなってしまったと言うもの。
どうなってるのか見たくて、分解しましたがここまででした。潤滑剤を多くかけて色々やって見ましたが、ギアは焼きつき、全然外れそうにありません。諦めました。


修理としては不能ですので、ブレーキパネルから全て交換になります。今回はお安く左側パネルを譲りました。右側が焼きついたブレーキパネルです。
こうならないよう、定期的に整備は必要です。ギアを分解し、内部にグリースを入れるだけです。私のところの中古車、またはフロント回り整備作業では必ず分解しグリースを入れています。


905 
       エキゾーストの色々    (2008年7月5日)


引き続き33Yです。別に細かい事を言うわけではありませんが、これは何故こうなっているのでしょう?サイレンサーバンドに溶接されたナット側からボルトが入っています。それを止めるために逆側には緩み止めナットです。締めるのが難儀しそうです。






こちらはエキパイ側ですが、ナットをなくしたのでしょうか?安物に交換されています。不具合は無いですが、自分のSR500がこれでは嫌になってきます。
確かに純正は400円ほどしますが、40万円程したというベース単車なのですから、これぐらいはケチりたくないものです。


906 
        バルブキャップは物語る    (2008年7月5日)

正式名はヘッドサイドカバーです。OHCでタペットは付いていませんがタペットキャップと言う方もいるでしょう、バルブクリアランス調整をタペット調整と言いますから。
それはさておき、内側を見ればだいたいのエンジン内部状態がわかります。このように汚れていればよい状態のエンジンではありません。オイル交換を滅多にしない、もしくは走行距離の多いエンジンと言えるでしょう。キャップも含め、全てのエンジン内部が汚れていると考えられます。
メーターは1万キロちょっと。そしてオーナーは頻繁にオイル交換をしたと言われます。とても信じられません。メーター交換でもされたのでしょうか?
今回はアジャストスクリューにも虫食いがありましたのでXV750用に交換し、調整しました。バルブにもダメージがあることは簡単に想像できます。


907 
      オーバートルクは高くつく     (2008年7月9日)


ロワーブラケットのボルト左側です。緩めた状態ですが、スプリングナットがその効力を出せないほど壊れています。


こちらは右側です。すでにワッシャーは変形しています。こうなってしまうのは、主に締めすぎです。ボルトは何でも思いっきり締めれば良いものではありません。
8mmのボルトですし、JIS表示のある純正ボルトですので、かなりのトルクに耐えますが、ワッシャーが逝ってしまいました。
フォークは中空のパイプです。締めていけば潰れます。そのために締め付けトルクが決っています。1JRの後期型ですので締め付けトルクは17Nだったと思います。初期型でも約2kgです。必ずトルクレンチを使いたい場所です。2本を均等に締め付けることは、人間トルクでは無理があります。(もちろんトルクレンチを使っても1度では締め付けれません)
このボルトはワッシャーとセットですのでワッシャーのみ交換で使うことは出来ません。伸びてしまっているでしょうし。1本約250円、4本の出費です。増し締めは程ほどに、もしくはトルクレンチで完璧にしましょう。フロント回りにトルクレンチは必需品です。


908 
       フォークスプリング色々     (2008年7月9日)

3セットのフォークを分解し、2セットを整備し組んでいるところです。
もう何回も書いていますがフォークスプリングの違いの話です。今回のこの3セットは、上から03年以降RH01J用、90年代後半用(正確にはわかっていませんが、94年以降と思います)、82年以前用です。
この画像で見るのは全長、自由長でしょうか。カラーのあるなしとか興味深いです。



プログレッシブタイプになっています。これは下側、柔らかい方と言うのはおかしいですが、間隔の広い方の画像です。
どうでしょうか?材質、線径が同じと仮定して想像すれば、どれがしなやかであるか想像できます。




こちらは上部。間隔の狭い方です。カラー部分はスプリングと違って動きません、ならばどうなるのでしょう?また03年以降はスプリングが太いようにも感じます。まだ測定した事はありません。ボトム寸前どれはどう動くのか?
これにオイル量と粘度でセッティングは決めていきます。想像するだけでも楽しくなってきませんか。


フォークの整備をする場合、酒のケースは非常に役に立ちます。
左2本が0.2mmの曲がりがあり、中古車を作るのに適さない為はねました。ある方のベース車(ネットオークション購入)に付いていた物です。メーカーの限度値ですので使えますが、私は使いません。スプリングのみ取り出しました。
ただ走れば良いと言われる方であれば、そのまま使用していたと思います。今回はお客様の予算が許し、気分良く作業できました。気分良く走れる中古車を作る事が出来ます。


909 
      フレーム側のオイルドレン    (2008年7月9日)

わかりにくいですが、XT500のオイル交換です。面白いのは、フェンダーフラップが付いていた為に、前に飛び出たオイルがそれに当ってうまく落ちました。
なかなか良いアイデアです。こうなると思ってつけたわけでは無いでしょうけど。
このフレーム側ドレンのおかげで、どれほどの方がタイヤをオイルまみれにした事か。うちの駐車場をオイルまみれにしてくれた事か。もう少しだけ斜めに溶接する事は出来なかったのでしょうか?結局30年、XTを含めると33年、改善される事はありませんでした。


このフロントフェンダーです。


910 
       オイルポンプの吐出量増加    (2008年7月11日)












右がノーマルのオイルポンプ、ヘッドへ上げたり、クランクへ回したりする、主にエンジン側のポンプです。
左が交換した25%増量と言われる、外国製のオイルポンプです。あえてメーカー名は伏せます。見た感じは簡単に作っていますが、つくりは良い感じです。25%どころか、100%増しにも見えます、倍の厚さがありそう。圧の関係で25%にとどまるのでしょうか?
心配は圧が上がりすぎてオイル漏れするんじゃないだろうか、シールがめくれないだろうか、軸の支持が少ないけど大丈夫かなてところです。
何かを得れば何かを失うのがカスタムです。巨額の費用をかけられ、考えて作られらたノーマルに対抗するわけですから、何を失うのか?心配です。
特にメーカーはレース用として出しています。この意味は十分に考えてください。



外側のシールがめくれていましたので交換します。このシールは主に組み立て時にめくれるようです。ある年式を中心にめくれています。
ですので非常に注意し、めくれないよう組み付けなければいけません。





組めました。削りだしで目立ちますがエンジン内部の事、見せるカスタムがお好きな方には向きません。
結果は良好。明らかにヘッド周りが静かになりました。その後の走行でもオイル漏れなどは無く、とあることを除いては十分満足の行く結果になっているようです。不の部分はここでは書きません。売っている方や、メーカーの方に迷惑がかかりますから。また、私が実際にテストして感じた事でもありませんから。あくまでもオーナーに聞いただけの事で、私が書ける事ではありません。
その後、あることは、同社のヘッドへのオイルラインを使用する事により、より良好に転じているとオーナーから聞きました。それは良かった。
これがカスタム、あるところを強化すればまた違うところに問題が出、またその問題をクリアする為に費用が必要になってきます。楽しいですけどねぇ。


911 
        休日営業やってます      (2008年7月12日)

月に2日、主に月初の土日は休日営業をしています。詳しくはカレンダーをご覧下さい。
レース活動などにより、たびたび変更がありますけど。休日営業は主に話すだけ。作業はほとんどしません。天気が良い日はこんな状態になります。
今回画像で見えるところで奈良、名古屋、岐阜、滋賀、神戸、大阪というナンバーですが、なにわは無いなぁ。
敷居は高いと皆さん勝手に思っていますが、そんな事はありません。素直で実直な私が暖かくお待ちしています。話すのは本音トークです。お客様どおしでの情報交換も役に立つかもしれません。その道のエキスパートの方も多いですから。(何の道?)まぁ、職人が集まるのは確かです。


912 
      消耗品の交換は計画的に     (2008年7月17日)

車と違い、バイクは意外に消耗品によるランニングコストは高いものです。タイヤも長く持って12000kmほど。走行状況や銘柄によっては5000kmと持ちません。
チェーンにスプロケット、ブレーキ、油脂類、フィルター類、ワイヤー類。
1度に多くの交換は、金銭的に辛いものがあります。今年はチェーンにスプロケット、来年はタイヤなどと高価なものは計画的に交換すべきでしょう。
この方のように、1度に交換はキツイですよー。


913 
          ありえないこと     (2008年7月18日)

出来上がった車両をブレーキかけてフォークの沈みこみなど見てると、どうもガタがある。ステムのガタ?自分の作業を疑った。(私も人間、ミスはある)
だが、そんな感じでもない。何だろうと違和感を追求していくと、ここでした。ローターの取り付けボルトが締っているように見えて、締まっていなかった。
ロックワッシャーを開けて交換し、規定トルクで締めてロックワッシャーを曲げました。ロックワッシャーがあるので、緩むなんて事はありえないこと。
前人のミスでした。手で仮に締めてから忘れてたのでしょう。人間がやることですミスもあります。気がついてよかった、最悪ボルトが疲労し破断するかもしれません。
このロックワッシャーも今や安くはありません(約400円X3)。中古車を作るって事は大変です。


914 
     高性能は高価格。フラットCRキャブレター   (2008年7月21日)

FCR35を壊れた3X4VMの代わりにアダプターを利用し33Yに装着したところです。高価格のキャブレターですので私が買ってテストするまでに至っていませんので、今のところFCRデータはまだまだ足りていません。ただ、面倒を見つつリリースをしています。同じ排気量、仕様でもエンジンにより要求してくる空燃比は異なります。
さすがに高性能、高効率でありますので、適当なセッティングでも十分走れます。それどころか軽くVMを凌駕する感じです。反面完璧なピンポイントのセッティングは難しいでしょう。それだけに楽しめそうです。各ジェット類にスクリュー。ニードルジェットも星の数ほど種類が多くあります。
CRキャブレターよりもビギナー向けですが、ピンポイントを狙うベテラン向けでもあります。














何より良いのは、当るところ無くすんなり装着できるという事です。フレームやタンクなど、ギリギリですが何とかクリアしています。形こそメカメカしてて、SRには似合いそうにありませんが、単車は走ってなんぼ。性能重視の方、1度どうですか?







こちらはエアクリーナー側です。見えるのはエアジェットにエアスクリュー。








そこにこのようにファンネルの代わりにエアクリーナーアダプrターを装着します。エアジェットの交換や、スクリューでの調整は出来なくなってしまいます。
これによりノーマルのエアクリーナーを使用し、高性能キャブレターを味わえる事になります。


915 
      遠方から細かく難儀な3X6    (2008年7月22日)

関東地方からわざわざ整備に持ってこられる方も増えてきました。来るだけで、タイヤ1本買えるぐらいのコストがかかるんじゃないかと思いますが・・・
関東こそSRが多く走っていて、また良いショップが多くあると思うのです。しかしまぁありがたいことです。
画像はよくある話、でも危ないので何回も紹介します。よくまぁ無事たどり着いたものです。ブレーキパネルとロッドのナットです。普通の緩み止めでも何でも無いナットが、割ピンどころかスプリングワッシャも入れずに止まっています。ここは緩みやすいところです。ナットが緩み、落ちればどうなるのでしょうか。
確実に緩み止めのナットをトルクで締めて、割ピンを入れたいものです。

何年も抜かれていないのでしょう。アクスルシャフトもさび付き、ホイールを外すだけで疲れてしまいました。この車両はやりがいありそうです。


916 
       シールガード     (2008年7月22日)

これはスイングアームの左前に装着されている樹脂製のガードです。スラストカバーをチェーンから守っています。
少し前にSR500を販売したお客様から「ガタガタ2.3cm動いて磨耗しているようです、交換が必要ですか?」と質問クレームを頂きました。どんな文献にも書かれていなかったそうです。取り付いている場所から考えまして3cm動く事ありません、大げさですね(無理に動かせば可能かも?)。ですが1cmぐらいはガタガタ動きます。これは磨耗ではなく、そういうものなのです。真面目な方がホンダ車などから乗り換えるとショックも大きいものです。添付画像を見せていただきましたが、この画像右側の新品と同様な状態でした。問題はありません。
主に磨耗はチェーンのプレートと擦れる外側になります。左側、汚れていてわかりにくいですが、磨耗して来ています。ガードの中央あたりが減っています。たとえばガタガタ動かなければ、一箇所が減ることになります。このように中央部が幅広くうまく減ることは無いでしょう。うまく減るためにガタは必要だと思うのです。
今回はスイングアームを外したついでに交換しました。どこまで減れば交換かは自分で考えてください。私ならもう少し使ったでしょう。内側にグリース塗るのも考え方です。樹脂ですので必要ないとも思われる方もいるでしょう。
これぐらいの磨耗で走行は7万キロぐらいです。チェーンの張りや大きさ、ドライブスプロケットの大きさ、リアサスペンションによって減り方は異なります。ですがほぼ一生物と思ってよいパーツだと私は考えます。


917 
          節約      (2008年7月24日)



画像はスリーボンドのシリコーングリース。非常に高価な物です。チューブは分解し、最後の最後まで使います。もちろん皆さんも同じでしょう。
下側は新品。100g入りですのでかなり持ちます。





こちらは手洗い石鹸です。吸い上げ式は最後まで吸い切れません。これも分解し最後まで使い切ります。
今は左上部の吸い上げ式では無いタイプの物を使っています。ドイツ生まれのこのハンドソープも非常に高価です。ただ、手あれもしませんし、非常に良く油汚れが取れます。手洗い回数は一日にすれば数十回になるでしょう。良いメカニックは手洗い回数が多いものです。説明書どおり数グラムでの使用です、ご協力お願いいたします。
ガバーッっと取られると、私はショック死するかもしれません。
経費って意外にかかるもので、修理屋がこれほど儲からないものとは思っていませんでした。(修理代は高いですから、もっと儲かるかと思っていました)


918 
         何かと難儀な3X6     (2008年7月26日)




今度は前にかかります。むぅー、配線も難儀そうです。







メーターは事故をしたときに別の年式の物に交換したそうです。なので配線などもこのとおりです。
聞いて驚いたのですが、自分でやったのではなく、バイク屋の仕事と言われます。何だか悲しくなってしまいます。今となっては貴重な車両です。なるべくオリジナルに戻すようやって見ましょう。
動けば良い、乗れれば良いという仕事であれば遠く関西まで来ていただいたのに申し訳ない。

これを見るだけで、スキルがわかってしまいます。これがもしバイク屋の仕事であるとすれば、これを読んでくださってるほとんどの方はそのバイク屋のスキルを上回る事になるでしょう。私も修行中であるので偉そうには書きませんが、まず基本は覚えたいものです。いえ、せめてサービスマニュアルは読むようにしたいものです。


919 
      ハンドルホルダ下    (2008年7月27日)

ほぼ分解し、組み上げていくと、色々な不具合を見つけれます。
完成車を外から見てるだけでは何もわかりません。私でもその車両の20%も把握出来ないでしょう。よく、「ネットオークションで買った車両で、どういう状況か良くわからないのでちょっと見てください」と言われますが、ちょっと外から見ただけではほとんど何もわかりません。
分解し、中を見てから初めて具合がわかるものです。だからこそ分解整備は愛車を長持ちさせる為、安全に走行するために大切な事なのです。

話し外れましたが、この車両にはハンドルホルダ下のクリップが付いていません。非常に危険です。代わりに今回は割ピンを入れました。このようなところはマジマジ見ても気がつかないものです。(新型はクリップ廃止されました)
ハンドルロックは下に穴があります。私はこの穴をオイルを入れる穴と判断して、少しオイルを入れてやります。するとハンドルロックも非常に軽くなります。


920 
        ダブルディスク    (2008年7月27日)

純正キャストホイールのダブルディスクです。これが好きなのでしょうから何も言いません。カスタムは自由です。
ですが、これでしか乗った事が無いならそれは事情が変わってきます。オリジナルの良さを知らない事になりますから。改悪でも良い、俺はこれが好きなんだと言い切れるかどうかです。
もう1つはなぜにタイヤに示されたマークがバルブ位置と反対側にあるのでしょう?私はここをバルブの位置にあわせるものだと思い込んでいます。バルブ付近に錘がついていますから、それも考えて理解しました。


921 
        メーターをオリジナルっぽく    (2008年7月27日)

配線加工のあったメーターはなんと78年式。それを下取り、オリジナルの年式のメーターセットに交換するのは簡単ですが、少しずるい気がして心が痛みます。
メーター本体の穴に合うように削られてしまっているのが、オリジナルの3X6ホルダに付いていたソケットです。もったいないことをしますね。
今や中古78年式メーターのネット市場価格は信じられない物になっています。やりやがったなと思われても嫌なのです。
しかもスピード側は180kmスケールです。何用でしょうか?(最初期型SRは180kmスケールだったと聞いた事はありますが、見たことはありません)

そこでオリジナルのメーターステーとハーネス、インジケーター類を新たに使用し、メーターは今まで付いていた物を使いました。変ですが、これはこれでオリジナルっぽくて良いのではないでしょうか。
タコメーター内のインジケーターは、ハイビームのみ点灯します。
ブレーキマスターのホースがレッドゾーンを完全に隠しています。後に83年にはメーターが見えるように、また安全のためにブレーキマスターは変更されています。


922 
        珍しいタンク      (2008年7月29日)

ブログでも紹介しましたが、これはまためずらしい。なぜか売れなかった赤3X6タンク。今見ればカッコイイ?


923 
        フラッシャー高級化?    (2008年7月29日)

安物の外品フラッシャーが付いていました。ですが当時物の外品でしたので、オリジナルのダンパはうまく残っていました。これはラッキーです。今では手に入りません。
(今回の外品を安物と書いたのは、そのつくりと値段の事です)





そこでオリジナルの、これも手に入らないスタンレーのフラッシャーASSYを装着しました。うーん満足です。大きくて不細工ですか?
値段はあってないものですが、つくりは非常に良いものです。材質が何で出来ているのかご存知の方はメールで教えてください。


924 
        ヘッドライト裏のゴム      (2008年7月29日)

ご存知SRのヘッドライトです。3X6はシールドビームですが、明るさを考えてかハロゲンに交換されていました。ただハロゲン球は非常に高熱を出します。他のハーネスを守る為にゴムカバーが必要です。これは付いていませんでしたので、中古品ですが装着しました。
頑固にオリジナルに拘るもよし、柔軟に普段も使いやすいよう改良するも良しです。


925 
     好みはどちら?     (2008年7月29日)












どちらがお好みでしょう?
これを読んでくださってる皆さんは圧倒的に右側でしょう。見た感じもそうですが、問題は信頼性です。振動、熱、、水、色々な事に対してどれほど安全に安心に乗れるのか?それを考えていくとやはりノーマルになってしまうのです。特に振動対策はすばらしいものがノーマルにはあります。


926 
       赤いSR       (2008年7月29日)

珍しく初期型歴代の赤いSRが集まりました。私は赤いSRは好きです。シャア派だからかもしれないし、この文章作ってる今も赤いジャージの上下を着ています。
でもSRの歴史でいつもあった赤はあまり販売促進には貢献しなかったと思われ、見ることもあまりありません。メイプルレッドなどはまだ見た事がありません。
いつも同じデザインでも黒や紺が売れてきました。逆に言えば非常にレアなのが赤いSRと言えるでしょう。オーナーさんは大切にして欲しいと思います。


927 
       ブレーキスイッチ     (2008年7月31日)

意外に良く壊れる物にブレーキのスイッチがあります。これはリア側ですが、フロント側も良く壊れます。
壊れれば通常交換しますが、ここにも落とし穴がありますので気をつけてください。
下側が旧型で、古いので壊れやすいですし、スプリングなど鉄なので錆びます。上側が新型の物で、ロッド、スプリング類は旧型とは違う材質と思われます。ステンレスかもしれません。
落とし穴は配線の長さではなく、その価格にあります。どちらが高いかはお調べ下さい。頻繁に値上がりしますのでこちらには価格は記載しない事にしました。


928 
       ご自分での作業歓迎     (2008年7月31日)

私のところでは、ご自分での作業を応援しています。自分の単車です、自分で修理や整備は当たり前と思っています。
自分でやれば安く上がる?失敗も成功も楽しく感激的なものです。自分でやればどれほど困難な整備でも平気です、そこに単車への愛情があれば。
もし出来ない事があっても、工場でやれば私がいます。ほぼ何でも出来ますので、大丈夫です。
ただし勘違いしないでいただきたいのは、工場で自分でやるという事はすでにお客さんではありません。SR仲間とでも言いましょうか。それは理解してください。
この方はご自分でエンジンを積み下ろしされました。25,000円うきました。ただそれだけではありません。満足感もひとしおでしょう。
画像はリフト上ですが、基本リフトではなく、どこか空いている場所での作業になります。多くは駐車場になるでしょう。1日(作業時間は約5時間)1,000円になります。
工具など作業に必要な物は持参してください。基本的に工具の貸し出しはしません。


929 
        事件       (2008年8月1日)

とある長期滞在車両のエンジンをかけようとするとかかりません。圧縮が全くありませんでした。それどころかピストンに何かが当たるような足への感触がしました。
私の工場に入庫した時点でどういう状態にあったのかはわかりません。ですがオーナーは半年前にはかかっていたと言います。
仕方が無いのでエンジンを開ける事にしました。すると、ガーン!こういう状態でした。見て理解できる方は少ないでしょうがバルブを押しているのは工具です。今、バルブを外そうとしています。ではバルブとヘッドに挟まってる球はなんでしょう?
どうもリフト脇に置いていたステムのベアリングのようです。そうです、キャブレターを外して整備中にインテークから誰かがベアリングを入れたのです。こんなボールが勝手に転がってしかも3個も入りません。ショックは大きい物でした。ただ、冷静に考えると嫌われ者の私にはありそうな話です。
工場に来る方全てが仲間ではありません。中には私に本当の事を説明されて(ボロい単車はボロとはっきり言います)気分を害す方も半分以上おられます。そういう方がやったとは思いたくありませんが、どう考えても人間の仕業です。

この事件以降反省し、工場内は許可無く立ち入り禁止にしました。インテークには詰め物をし、Pに出す車両にはカバーをかけています。極力キャブは1日で仕上げます。ただこういう事件はそれでは防ぎきれないとも思っています。数人で来られれば、全ての方には目が届きませんし、請求書など作成時にはパソコンに目が行きます。1人の限界です。
預かる車両も極力少なくしています。3台以上は同時に作業を進めてきましたが、今では1台の作業が止まった時のためにと言う事で2台入庫に限らせていただきました。
「だから私は嫌われる」ではありませんが、本当の事を本音で言う事は止めませんし、うまく口で商売するような事もしません。初めての方に笑顔で対応も無いでしょう。
私も人間です。気分の良い時は笑って話しますし、気分が良くないときは厳しいものの言い方になります。

何だか愚痴になりました。あらためて私は嫌われてると言う事に気が付いた事件でした。気分を引き締めてがんばらずさぼらずやります。嫌われ者に興味ある方だけいらしてください。
エンジンはピストンがインテークバルブに当たり、インテークバルブが曲がりました。オーナーが良い方で、部品代を出して頂けましたので、工賃無料で修理させていただきました。ピストンに小さく傷が残りました事を申し訳なく思います。もとの状態以上になった事で許していただけました。
この事はここでは書きたくなかったのですが、正直に書きました。さぞかしやった方は気分が良いでしょう。ほとんどのバイク屋が工場にお客を入れないわけが良くわかりました。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)