メンテ日記 (その33)  
     

960 
        RH01J用CR33     (2008年10月27日)


RH01Jを、何とか気分良く走らせるために考えました。一応MWIオリジナルになります。考えたのは私ですが、実際に作っていただいてるのはビトーアールアンドディー社です。ベースは京浜CR33です。JBパワーになります。価格は車両・部品販売をご覧下さい。




上側がCR33、下がノーマルのBSR33です。ボルトオンでエアクリーナーも使えるよう考えました。エアクリーナーを使えないキャブレターは、公道での使用は出来ないものと私は考えています。
吸気音やブローバイガス、排気ガス規制などを考えると当然の事と思っています。このままセッティング変更にて排気ガス規制はクリアできると思ってはいますが、まだ人柱が現れてくれていません。自分でCR33やRH01Jを買えるなんて余裕は全然ありませんので、どなたかトライさせてください。



アクセルワイヤーはオリジナルのまま、キレイにタンクもフレームもクリアします。







大まかなセッティングは出してあります。ポンとつけるだけで問題なく走れると思います。
もちろん車両、又は使い方にあわせた細かいセッティングが必要になります。画像は私のぼろいSR500にてテスト中のCR33です。


961 
       自分での作業引き続き歓迎     (2008年11月1日)

工場に来て、ご自分での作業は歓迎です。この青年は煙の出るXT500のエンジンを自分で修理中です。
作業は1日1000円。工具、ウエス類は自分持ち。特殊工具は貸しますが、物によりレンタル料いただきます。又は作業は私がします。(工具が高価なため)
このように工場の隅、又は駐車場での作業になります。

勘違いしないでいただきたいのは私は作業しませんので、あなたの立場がお客さんではなく、単車仲間もしくは後輩と言う立場になります。私と同レベルのスキル無き場合、後者になる事がほとんどです。
私にどやされない為にも、マニュアルは持参し、出切るかぎり問題はご自分で克服してください。

もちろん突然の作業依頼も請けます。その時ばかりはお客様です。まいどおおきに。10分1000円でお請けいたします。
新品、中古を問わず、ほとんどの消耗パーツは在庫しています。何をするにも楽かもしれません。
また、この青年のようにアパートからクレームが来る事も気にする必要が無いでしょう。


962 
        なぜ煙が出たか      (2008年11月1日)


何故煙が出るか(オイルが燃える)のか。原因の1つはこれです。エキゾーストのバルブシールが破れていました。これはゴムの硬化と長距離走行により磨耗し破れたものと思われます。







いわゆるオイルが下がった状態のエキゾーストのポートです。燃えたオイルがカーボンになって溜まっています。





もう1つはこれです。オイルを頻繁に交換されて無かったようです。さらに走行距離が多いのか、ピストン裏はスラッジやカーボンでドロドロです。オイルの通路も塞がれています。






オイルリングはコテコテになり、オイル通路全て塞がれています。また、へばりつきテンションもありません。これではオイルを掻き落とす事が出来ません。かなりの量のオイルが圧によりシリンダー内に上がったと思われます。リングを外すのも困難な状態でした。




このメンテ日記の初期に出てきたお掃除キッズはこんなに大きくなりました。最近は自分でやる若者のためにお手伝いまでするようになりました。
しかし自分でクランクまで開けるとはすばらしい事です。どうやらミッションも調子悪かったそうです。もはや素人とは呼べないですね。


963 
        ハーネスの通る場所     (2008年11月6日)


なぜかメインハーネスがうねうねとこんなところを回って来ています。









右側からフレームとヘッドライトステーの隙間を通って、ヘッドライトケースへ入っています。ハーネスが擦れて、ステアリングも重そうです。それよりもハーネスが切れないか心配です。




新型のハーネスは丈夫な蛇腹に守られています。おかげで蛇腹に穴が開いた程度でした。








ビニールテープを巻いただけです。本来通る場所に戻しました。原因は人災です。オーナーでは無いそうです。
ハーネスの通る場所は年式により異なります。ご注意下さい。


964 
       ブレーキローター      (2008年11月10日)

RH01J(01年以降SR400)は消耗品としてブレーキローターがあります。早い方でパッド2セット、10000kmほどでメーカー限度4.5mmよりも薄くなってしまいます。
使うパッドによっても大きく寿命は異なります。
そこでローターを交換するわけですが、純正ではなくサンスターの物を勧めています。なぜなら値段はほぼ同じ、それでいてセミフロート。さらにはメーカー限度4mmだからです。純正と同じ強度と考えても倍使える訳です。
右側がサンスターの物です。在庫確認してください。黒はたまにあります。ゴールドはすぐに入ります。


965 
        キャリパのシール     (2008年11月10日)


メーカーでは2年毎の交換を推奨しているブレーキキャリパのシールです。ブレーキには非常に重要な部品で、新型は比較的安価なのですが2年で交換する方はまずいません。
この方は7年40,000kmでの交換です。ピストンはダメージを受けており、キットでの交換にしました。それでも旧型84年以前モデルの半額以下でしかありません。お気軽に出来る金額かもしれません。2つピストンは抜くのに難儀します。


キャリパ内部はきれいに掃除してから組みます。最近はこのようなナイロンブラシをエアリューターで回して掃除しています。楽です。
フロント回りサービスパックには含まれている作業です。もちろん個別にも請けます。


966 
     新型のタンクキャップでよく起きる事       (2008年11月11日)

新型の丸いキャップでよく起きる事ですが、ビスが振動で緩み、タンク内に落ち込みます。SR専用のキャップではないので、SR400の穏やかな振動にも耐え切れないのでしょう。
画像は磁石の棒でビスを拾ったところです。ネジロックをつけておくか、頻繁に緩んでいないか増し締めが必要な箇所です。


967 
       インジゴブルー       (2008年11月19日)


「遠目に見ると黒に見える濃紺」インジゴブルー。やっぱり私はコイツが1番好き。珍しくオリジナルが4台集まったのでパチリ。


968 
        サンドペーパー      (2008年11月19日)


これは良いサンドペーパーです。網目になっているのでカスが詰まらなく長持ちします。数枚入って、大手100円ショップで売っています。
ドラムブレーキを見たかぎりは、面取りして表面の硬化や段差をある程度削ります。もったいないのでやりすぎはダメです。


969 
       タイヤの幅シリーズ、フロント19インチ     (2008年11月19日)



959に引き続き、またまたフロント19インチです。サイズは100/90-19という扁平のTT100GPです。幅は97.5mmと100には届きません。






扁平ですので、外径が小さくクイックなハンドリングになります。私は危険に感じたTT100です。スパッと切れ込んで行きます。SRで速く走ろうなんて方はいないとは思いますが、そんな方には合うと思います。限界は高そうですが、くれぐれも無理の無いように。先に車体に限界が来ます。チューブレスタイヤですので装着は難儀します。
同サイズでチューブタイヤもありますが、そちらは全く異なった性格のようです。私は履いた事がありませんのでまだわかりません。


970 
      二度目整備    (2008年11月21日)

静岡のお客様ですが、2度目の整備になります。2度目は工賃2割引になります。大きいですよ、たとえば5万円が4万円ですから、差額でタイヤ1本買えます。
ですが、その間に色々とあるようで、ハンドルブラケットの向きが逆に装着されていました。


971 
       ダブルをシングル(ノーマル)に     (2008年11月21日)


今回は程度の悪いダブルディスク右側を外し、ノーマルのシングルディスクにしました。およそバネ下は5kg弱の軽量化です。
この5kgがどれほどの影響であるのか?やった方しかわからないものです。カスタムは良くも悪くもよい勉強になります。






ローターを外した後の穴を塞ぐキャップはまだ手に入ります。部品番号はご自分でお調べ下さい。


972 
         タイヤの幅シリーズ、リア編    (2008年11月27日)


お待たせしました、リアタイヤ編です。まずは全て4.00-18サイズの物からです。同じサイズでも幅がこれだけ違うんだと言う事を知っておいてください。もちろん外径も何度も書いていますが異なります。
現在、安い部類に入りますダンロップのK87です。70年代旧車定番タイヤです。約119mmと最大級です。




同じくダンロップの比較的高価なチューブレス、TT100GPです。110mmです。同じ会社で同じサイズでもこれだけ違います。







長持ちで、グリップも良いブリジストンのBT45です。チューブタイプです。トレッドパターンは好き嫌いが出ます。私はスクーターのタイヤみたいで好きではありません。117.5mmで太い方です。






同じくブリジストン。少し減っていますが比較的長持ちなアコレードです。私は好きなタイヤです。もう出てから20年ぐらいになるでしょうか?118.2mmでかなり太い方です。





最後に1番4インチに近いかもしれない、ダンロップK70です。値上がりしましたので、今ではK87よりも高くなっています。このタイヤだけは1.85リムに装着されています。103mmで最小幅級です。

タイヤ選択は難しい物です。外径はジャイロ効果やギア比にも影響を及ぼします。またグリップに関しても太ければ良いものではなく、単位面積あたりの接地重量などを考える事も必要です。もちろん逆に接地面積の広さもキレイな舗装路面では重要でしょう。
などと考えていては訳がわからなくなってきます。唯一言えるのは、見えるパーツであるということでしょう。グリップか持ちか、それとも見栄えか、値段か?選択判断は色々です。よくお勧めは何ですかなんて聞かれますが、私は一切お勧めはしません。自分で決めてください。


973 
       ジェネレーターの錆び?     (2008年11月28日)


初期型のSR400です。走行は9万キロを超え、エンジンがうるさくなってきましたので修理で入りました。ですが400の場合、安くで中古エンジンが手に入りますので載せ換えしましょうと提案。ご自分でネットオークションでエンジンを捜すことになりました。
そういう話の元、載ってたエンジンを少し見て見ることにしたのですが、すごい状態のジェネレーターです。これはさびなのでしょうか?


ドロでしょうか、錆びでしょうか?これで普通に動いているので不思議なくらいです。SR400のエンジンは強いですね。


974 
      アクスルシャフト損傷     (2008年11月28日)


エンジン交換を決定つけたのがこれです。エンジンを降ろそうとドライブスプロケットを見たらガタがありました。ロックナットを外すと画像のようにロックワッシャーがきちんと所定の位置に入っていませんでした。これは良く見る事例です。きちんと仮止めせずにロックナットをインパクトなどで締めるとなる可能性があります。





走行中に緩んで行き、ガタが出て画像のようにドライブスプロケット内側は変な磨耗が出来てしまいました。このスプロケットはもう使えません。





それどころかドライブアクスルシャフトのスプラインにも段付きの異常な磨耗が出来てしまいました。ここに新しいスプロケットを入れてもガタガタです。
シャフト交換はすでに部品が出ませんので、ミッションASSY交換になってしまいます。工賃と合わせれば、中古車が買える値段になってしまいます。
オーナーはあるパーツ量販店の名前を言っていましたが、もうクレームが効くはずもありません。また、その量販店を選んだのはオーナーです。
スプロケットの交換を軽く考えていると、ミッションが終わってしまうという話でした


975 
      中古エンジンの失敗    (2008年11月28日)

続きですが、交換用のエンジンをオーナーがネットオークションで購入し配達されてきました。念のためにとヘッドカバーだけ開けて点検しますと画像の状態です。
オイルが乳濁化、いわゆるコーヒー牛乳状態です。
ヘッドカバーだけでも開けて点検するのは、ロッカーアームやカムシャフトなど、SRエンジンの比較的弱いところを点検する為です。


驚いた事にドレンボルトを開けると、透明な水がシャーッと出て来た後に画像のコーヒー牛乳が出てきました。入れ物の周りの水は最初に飛び出てきた水です。
残念ながら、この水没エンジンを使用するにはかなりのリスクを伴います。内部がどうなってるのかわからないからです。
この液体をどう処理しようか困り果てました。廃油でもなく水でもありません。


ついでにヘッドを外し、反対にしてガソリンを溜めますが、一瞬で漏れてしまいました。圧縮がほとんどなかったと思われます。
さらには電装をテスタで調べますが、チャージコイルが断線していました。結論は、何一つ使える物が無かったエンジンということです。
いくらで購入したのかは知りませんが、送料もかかったでしょう。失敗です。

これに懲りてオーナーは次に実働として売られていた物をネットオークションで購入しました。そのエンジンは圧縮こそ弱かったのですが、特別な問題は無く、積み換えにてこのSR400は延命しました。

私のところでも中古エンジンあります。ネットオークションよりも少し高いですが、見て選べます。水が入ってるなんて事は絶対にありません。使えるエンジンしか置いていません。多分ネットでエンジン2機買うよりも安いでしょう。


976 
       オイルライン      (2008年12月1日)


ボアエースのオイルラインです。非常に良いアイデアでフレームに戻すオイルをヘッドに回してやろうと言う考えのパーツです。私などそんな事考えもつかなかった。






このようにフレームに戻すオイルポンプにより、一部オイルをヘッドに回す構造です。つくりは非常に良く、精度はすばらしい。さらに純正Oリングまで付属してくれるのはユーザーの事を良く考えてくれていると思います。



こちらはヘッド側です。83年式に装着の為インテーク側への装着にしました。

効果ですが、私は何も変化が無いように思われました。ただ、私が実験してからの計算上ではアイドリングで3秒回ればヘッドにオイルが来る計算であったので、SRエンジンで弱い部分であるロッカーアームはかなり助かると思われます。もちろん頻繁にオイル交換は必ず必要です。特にSR500では夏にも乗れる単車になるかもしれません。
オイルポンプが楽になるので吹けもよくなるかもしれないし、ヘッドに行くオイル量が増えると思われるので音は静かになるかもしれません。
長期的に考えると差が出てくるのかもしれません。オイル添加剤などよりも、はるかに信じる者は救われそうなパーツです。取り付け工賃無料です。今のところ消費税もありません。


977 
     タイヤ幅シリーズ18インチフロント偏     (2008年12月8日)


フロント18インチです。今回は右のひび割れたTT100GPから左のIRCのGS-19に交換しました。外径は少し小さくなるようです。










TT100GPは3.50-18サイズです。幅は約102mmです。




こちらはIRCのGS-19です。サイズは90/100-18とSR専用サイズです。画像は光って見えませんが、93mmです。リムはノーマル1.85です。
およそTT100よりも幅が1cm狭くなりました。ハンドリングはクイックでグリップもよく、縦溝パターンが人気です。比較的安価でもあります。19インチもあります。


978 
      オイルシール逆装着      (2008年12月11日)


ドライブスプロケットからオイルが漏れると見て見ると・・・オイルシールが逆向き装着で、ご丁寧にコーキングか何かでコテコテになっていました。
オイルが漏れるだけならたいしたことありませんが、ここのシールを逆に装着すればとんでもない大惨事を引き起こす可能性があります。






ここにはオイル通路があります。オイルはこの穴から出てきて・・・







この穴に入って行きます。つまり油圧もかかっている訳です。この先にはキックのアイドルギアがあり、自由に回れるよう潤滑しています。そしてケース内に落ちます。






シールがこれでは完全にオイル通路を塞いでいることになります。






シールの方向は間違えずに、しかもこの出っ張りはオイル通路を避けて装着すべきでしょう。

さてキックアイドルギアとドライブシャフトが潤滑されずに焼き付けばどうなるでしょう?ドリブンギアの出力がそのままドライブシャフトに出る訳です。どうなるのでしょうか?想像ですが、走行中であればリアホイールロック、転倒でしょう。クラッチを握っても無意味です、ギアがかみ合っていますから。ニュートラルに入れてもクラッチを切っても車両は動かないでしょう。唯一デコンプを引くかプラグを外せば動かせるようになるかもしれません。
オイルシールの方向1つで大惨事の可能性です。


979 
       アンギュラの終わりは      (2008年12月12日)

ステムのアンギュラベアリングの終わりはやはり錆びです。これで2台目の遭遇です。
テーパーにしてもアンギュラにしても、錆びには勝てません。雨に走れば水は入ってきます。ではどうすれば良いのでしょうか?
水が入ってもいきなりこれほどは錆びません。ほったらかすから錆びてしまって終わるのです。防ぐには定期的な分解整備しかありません。分解しグリースを交換する。これだけで良いのです。


980 
      テーパーベアリング装着    (2008年12月12日)

先ほどのアンギュラベアリングと同じ日ですが、違う車両です。テーパーベアリング装着の為、フレーム内部をエアリューターで削っています。次にレースを外す時の為にひっかかりを得れるよう削っているのです。
金粉だらけになり、最悪な仕事です。よって工賃も高めです。




テーパーベアリングは挿入も難しいです。さらに新型はハンドルロックの加工も必要になってきます。若干高さがあるからです。
アンギュラがある今、テーパーベアリングをSRで使う意味があるのか悩ましいところです。片側だけが壊れた時も1つでの入手は難しいものがあります。確かに点よりも線で受けるほうが丈夫で長持ちしますし、値段もあまり変りません。あまりやりたくない作業です。


981 
        ブレーキシューに穴     (2008年12月30日)

ブレーキシューに穴が開けてありました。何か意味があるのでしょうか?私には当る面積が減り、効きが悪くなるように思えます。ディスクブレーキのように外にあるわけでもないので、水が切れるようにでもないでしょうし。ブレーキに詳しい方メール等で教えてください。(トラックなんかは穴が開いています、リベットで止まってるからかな?)


982 
         カスタムシート      (2008年12月30日)

良いカスタムシートで有名なK&H社が新たに直で契約していただけることになりました。画像のようなオーダーシートを頼めます。価格はここでは書けませんが、皆様が直で注文するよりも当然お安く出来ます。宣伝でした。


983 
       エキパイの種類とフレームのステー       (2009年1月2日)

あけましておめでとうございます。2009年の始まりです。今は6月で半年経ってしまいました。MWIは暦通りの休日プラス臨時休業ですので今年は1月2日からの開場です。偏屈でしょ。
さて皆さんはSRのノーマルエキパイが何種類存在するのか知っていますか?私はよく知りませんが、おおよそ5種類だろうと思います。それはパーツリストを見て思うだけで、見て判断が出来るのは初期型2J3とその後の2J2と4E6(この2本は似てて良くわからない、長さなど年式により違いもあると思います)。さらに3GWと3HTのセットでしょう。サイレンサーは部品番号の刻印があるので見分けが付きますが、エキパイは難しい物があります。
画像は上から2J3、2J2、4E6、3GWです。この状態で判断できるのは口金の幅の広い3GWだけでしょうか。


調べたかったのはこれです。エキパイ下のフレームとのステーです。経験があるかもしれないですが、エキパイを他のに交換するとなぜか合いません。
画像フレームは1JN(85〜88年式SR500)でエキパイは元々の2J2エキパイですのでピッタリです。






キャブレターにFCRをチョイスしましたので、より抜けが良いと思われる(内径が太い)2J3サイレンサーを装着しようと思ったら合いません。これではボルトが入りません。







ところがBSTキャブレターのSR400用の4E6はピッタリです。






少しムチャですが後期SR500用の3GWもあわせてみました。やはり合いません。無理があります。







ステー部を良く観察すると、微妙に曲げられています。曲げやすいような根元にも見えますし、熱が伝わりにくいようにも見えます。明らかにつくりとしてはエキパイが出来て(メッキ工程まで終了して)からステーが溶接され、さび止めに塗装されているのがわかります。
結論は出ませんでした。全ての溶接が少しずつ場所が違うようにも見えます。無理やり答えを出すとしたら、「ヤマハだ」と言うことでしょうか。


984 
       アクセルワイヤー折れる      (2009年1月11日)

これは始めて見ました。純正のアクセルワイヤーのキャブレター側アウターが折れています。原因はわかりませんが、これではスムーズに動く訳もなく、交換になります。ナットの締めすぎが原因かもしれません。


985 
       これは良くないスプロケットのボルト留め    (2009年1月13日)

スプロケット交換しようと見ると、なんとボルトでスプロケットが固定されていました。何故でしょう?多分ハブクラッチを部品で取ったらスタッドボルトが入っていなく、古いのは抜けるわけ無く、仕方なくボルト止め?それもホームセンターなどで売ってるような強度がよくわからない物でした。







スタッドボルトを入れました。もちろん強度の事もありますが、根元のネジではない部分でスプロケットが座るのです。全てネジであるボルトではスプロケットは正規の位置で止まらないと思います。


986 
        固着したキャリパ      (2009年1月26日)

よくあるピストンが固着した旧型キャリパ。高圧エアでピストンを抜こうにも出てきません。作戦の1つとして、ピストンに潤滑剤を塗って、専用工具にてピストンをキャリパに戻します。戻ればしめたもの、動くということです。もう1度圧縮エアで試して見ましょう。少し出ればもう後は光が見えてきます。


987 
        工具のお土産        (2009年1月27日)


非常に貧乏していますので、お土産は何でも大歓迎。みかん?お菓子、割りピン、プリンター、SRのパーツ類、ソース、ハンバーガー、野菜類、手作りパンなどなど。
アルコール類は飲みませんので遠慮いたします。画像は名前忘れましたが、四国の夏みかんのようなものです。おおきに。





特に嬉しいのは工具類、これは金属加工屋さんが作ってくれたものです。長いリングナット締め工具です。これは力が要らなくて助かります。






アッパーブラケットを付けたままやる時は少し加工してくださいと角度の違うやつを2本くれました。ま、ブラケット付けたままやる事はないです。おおきになぁ。


988 
        使えないフォークスプリング      (2009年2月5日)

冬の間は暇なので中古車作ってたら、久々に使えないフォークスプリングが出てきた。使えないというのは柔らかすぎて使えないのです。
年式非常に難しく、よくわかっていないのですが経験的に84年から86年当たりのエアサスに使われているスプリングです。これはどうセットしても使えないのです。エアを入れれば使えるのですが、エアを適量保つ事が出来ないのです。
その他にも03年以降の物も使えないですね。これも柔らかすぎます。体重が軽い方は良いと思います。どちらもスプリングを別の年式の物に交換し、オイル量や粘度でお好みにセットします。


989 
      新年会      (2009年2月7日)

お客様が企画して工場で新年会を開いてくれました。これだけSRが集まると圧巻。非常に楽しかったです。
どこかで調べて私を見つけてくれて来てくれる。そして付き合いが始まる。不思議ななぁ。おかげで貧乏でも続いてきた。ありがたいことです。
特別特殊な事や大きなことは出来ません。ただ、小さな事からコツコツと。普通の真面目な作業するだけの整備、修理屋です。お気軽に来て下さい。おおきに。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)