メンテ日記 (その34  
     

990 
      何でこうなってるの?     (2009年2月16日)

わかりにくいですが、ヘッドライトケースとメインスイッチにクラッチワイヤーが挟まれ潰れている画像です。
何でこうなっているのでしょう?ヘッドライトケースを何かの作業で外し、そのまま無理に取り付けたのでしょう。
クラッチは当然重くて具合は悪い。さらにアウターワイヤーがつぶれ、穴も開いていたのでワイヤーは交換しました。ワイヤー類は後で通すのが基本です。


991 
        三脚を使う      (2009年2月17日)

作業の途中で画像を撮るという面倒な事をずーっとやっています。今まではデジカメでフラッシュをして撮っていましたがイマイチわかりにくい。
それでお客様のカメラマンさんから三脚を使えば良いと教えられ、三脚を用意しました。これから三脚で撮りますが難儀です。大きな三脚を狭い工場で持って動き、調整するのが超面倒なのです。それでもまぁ・・・半分は趣味です。




三脚を使えばセルフタイマーで自分も写ります。さていつまで続くか?
画像はテーパーベアリングを入れるところ。次にレースを外す時の為にエアリューターでフレームを削って、工具がかかる溝を作っているところです。金属の粉だらけになります。


992 
         丸いキャップの難      (2009年2月19日)

前にも書きましたが、2000年以降RH01Jのタンクのキャップのビスが外れ、タンク内に落ちていました。磁石で引き上げ、ネジロックつけて止めました。
2台目ですが、私のところで新型のお客さんは現在12台(6月時点)ですので、約17%の割合です。これを高いと見るか低いと見るか?タンクキャップを開けたら必ず増し締めしたほうが良いでしょう。2本とも外れてしまうとどうなるのでしょうか?


993 
          ハーネス      (2009年2月19日)

ヘッドライトの3つの穴から配線類は入っています。これも年式により色々です。その年式にあわせる必要があると私は思っています。
そう思わない方も多く、1度外されてから装着されたらしきヘッドライトには勝手な穴から配線が入っています。気に入らないので直します。直さないでも良いノーマルオリジナルの方も入庫しますので、一応これは別料金で頂いています。すみません、勝手にやることなので格安にしますからやらせてください。
そうするとヘッドライトステーのプラスティックダンパ(白い物)が外側についていたことに気が付きました。本来はヘッドライト内部から装着する物です。SRの長い歴史、色々あります。


994 
         ドラム内段つき磨耗     (2009年2月20日)

リアのブレーキシューです。ドラムの画像がありませんが、シューを見ればドラムが段つき磨耗しているのがわかります。ハブを含めて交換が望ましいのは当然です。ですがかなりお金もかかる話です。
たとえ段つき磨耗していても磨耗が限度内にあり、普通に整備しておけば鳴く事もありませんし、きっちり調整すれば効きも正常な物と比べて遜色は無いでしょう。きっちり整備、調整して乗って、来たるハブ交換の為にお金を貯めましょう。単車に乗るのは整備、修理で色々とコストはかかるものです。余計な見かけだおしのカスタムに費やす費用まではなかなかまわらないはずです。現在ハブは消耗品なのです。


995 
       またまた     (2009年2月23日)

前にも書いています。これではリムバンドの意味がありません。スポーク、ニップルでチューブが傷ついてしまいます。ディスクプレートが見えるようにRH01Jの1回目のタイヤ交換ですが、クレーム期間は過ぎています。


996 
       最近のチェーンは長持ちする     (2009年2月24日)

画像は国産メーカーの50(530)サイズの強化ノンシールチェーンです。私よりも年上の方になると、いくら勧めてもシールチェーンは使わない方がいます。
完全にノンシールよりもOリングシールチェーン、それよりもXリングチェーンが長持ちするはずなのです(実は自分でテストをしていない)。
でも、どうしてもシールチェーンのフリクションを嫌う方がいます(私も嫌い)。仕方なくノンシールの強化を入れます。
上が新品、左端面はそろえて置き、右端の画像を撮りました。104駒です、これだけ下の古い方が伸びた事になります。ですが、最近のチェーンは性能が良く、これで2万キロ走ったと書けば、信用する方も少ないでしょう。手入れにもよりますが持つのです。SR500での使用ですので、400であればもっと持つのかもしれません。ただし50サイズでの話です。


997 
      ドライブシャフトのシールベアリング     (2009年3月5日)

オーナーの話で聞いて、ドライブシャフトのシールを外すと・・・ワワワッ!久しぶりですね、このノリ。そうです、ベアリングのシールがありません。
オイルが漏れるので自分でシャフトシールを交換しようとしたら、ドライバーでベアリングのシールを傷つけてしまったということです。傷どころかシールがありません。傷がついたので取ってしまったとの事です。
メーカーはなるべく安く単車を作りたいのです。その単車に取ってしまっても良い無駄なものはほとんどありません。全て必要なので付いているものなのです。
これが無いとどうなるのか?978をお読み下さい。ここに来たオイルは、ベアリングのボールの隙間からエンジンケースに落ちてしまいます。アイドラプーリーは潤滑できなくなります。

左が新品のベアリングです。ベアリングを買って、シールのみ装着でも良かったのでしょう。今回はクランクを500に交換しましたので、ミッションも外しベアリングを交換することにしました。エンジン内部のほとんどのベアリングは外側には抜けないような構造になっています。
授業料が高くつきましたが、500にスープアップする決心がついたようです。私は400を500化することについてお勧めはしていません。特にRH01Jになって、なぜメーカーが500を作らなかったのか考えると理解できます。決して排ガスがクリアできなかったなどと言うばかげた事ではありません。


998 
     セパハンを許せる美しい車両    (2009年3月9日)

私はどこかで書いているかもしれませんが、SRに装着するトップブリッジよりも下につくセパレートハンドルは否定的です。理由は簡単です、かっこ悪くて不細工だから。
ただそんななかでもセパハンを許せる車両もあります。こちらも理由は簡単です、カッコイイから美しいからです。この車両はセパハン以外には考えれません。
ただ、私には乗れません。鑑賞専用車です。意味は深く考えないで下さい。(注:美的感覚は人それぞれです、カスタムは自由です。自分が美しいと思えばそれで良いのです)


999 
      日本一周をボロでする青年   (2009年3月11日)

突然現れた青年。話を聞くとSR400で日本一周していると言う。それぐらいの話では特別驚かない。驚いたのはテントを持たないで周っていると言う事。この寒いのになかなかヤル、こういう青年は私は大好きです。右側。
あまりにSR400がぼろいので、ある程度肝心な部分をメンテナンスしてあげました。もちろんタダです。旅でお金は必要ですから取れません。多分貧乏でしょうし(金があれば宿に泊まります)。
昔はみなそうでしたが、現在でもこういう青年はいるのですね。本当に若者の旅は応援したくなります。


1000 
       ジャッキ    (2009年3月16日)

祝1000記事!まさかここまで続くとも思っていませんでした。これも皆さんの応援メールのおかげです。ありがとうございます。
本当に商売では出来ません。作業中に画像撮るのがどれほど面倒か。また両人差し指で文章を作っていくのがどれほど時間がかかるか。まぁ1000記事も作ったのですから、ブラインドタッチ出来るようになっても良さそうな物ですけど素人には出来ない物です。整備作業も同じですが、パソコン使ってお金をもらってるプロと同じようには絶対に出来無いのです。
内容はこれまでと同じです。これはジャッキの紹介です。お客様が自分の単車の整備用に持ち込まれました。6月現在まだあります。もらってもよいのでしょうか?ネットオークションで送料含め6.7000円だそうです。センタースタンドの無い方には便利です。
センタースタンドを取り付ければ良いのですが、この車両は取り付けるステーが切り取られていますので、難しい物があります。せめてステーがあれば、整備時のみセンタースタンドを仮止めして作業をする事が出来ます。
これはこれで便利ですので、余裕があれば欲しい物です。


1001 
       キレイ好き      (2009年3月18日)

SR好きな方の中には磨く趣味をお持ちの方もいます。確かに現在のプラスティックな車両では出来ない趣味です。
タイヤ交換時に、ホイールを分解しました。ご自分でハブとリムを磨いています。この後新品スポークにてホイールを組み、新品タイヤを装着しました。
1日でやるのはなかなか辛い物がありました。足回りは新車同然ピカピカです。
リムは画像のタカサゴ(84年以前)の物で無いと磨けません。現行車は錆び止めにアルマイト加工が施してあります。アルマイトを剥げば良いのですが、それはかなり大変です。


1002 
       IRC井上タイヤのGS-19     (2009年3月19日)


18インチタイヤの幅シリーズです。IRCのGS19という現在ではSRとW専門サイズのタイヤです。フロントは90/100-18となり、高年式のSRのタイヤサイズと同等になります。
幅は93mm、扁平は100です。






リアは110/90-18サイズ。幅は109mmです。IRCのウエブサイトの寸法とは異なる事がわかってもらえましたでしょうか?カタログを信じるもよし、このホームページを信じるもよし。ただ本当に信じれる物は自分の経験だけなのです。決してこのホームページに書いてあること全てが真実ではないかもしれません、何回か書いていますが、信用しないようにしてください。
話が外れましたが、有名なメーカーの有名タイヤよりも少し安く高性能が味わえるタイヤだと思います。個人的にはフロントのパターンとサイズは大好きです。ただリアは少し外径が小さいと思います。100扁平にして欲しかったと思います。持ちもよく、溝も深いと思います。
ここで気がつきましたが、ノーマルの寸法をまだ測っていませんでした。今後にご期待下さい。


1003 
         パンク予防剤?      (2009年3月24日)

タイヤの空気が減っており、空気を入れようと思いましたが入りません。圧縮空気で一気に入れれば入りましたが、今度は抜けてきました。バルブがおかしいと外してみたら、見えにくいですがこのようになっていました。外すのも非常に困難でした。
白い物がくっついています。どうやらパンク予防剤?と呼ばれるものでしょうか。このような溶剤をチューブに入れて、はたしてパンクを予防できるのでしょうか?ホイールバランスなどはどうなるのでしょうか?色々考えてしまいます。
空気入れで空気を足せないのと、空気を足せばバルブは壊れると言う事だけは私が経験しましたのでわかりました。


1004 
         キャリパの分解整備      (2009年3月26日)

ブレーキキャリパを分解し、シールを交換します。メーカーでは2年毎に指定している整備ですが、なかなかされる方も少ないのが現状です。
私のところのフロント回りお得整備セットのメニューにも入ってはいますが、シール代がもったいないと、されない方もいます。RH01Jは部品代も高くないのでぜひやっていただきたいことです。
この車両は8年ぶり、初めての分解整備でした。走行は少ないですし、手で簡単に動くので油断していましたが、内部は最悪な状態でした。キャリパが錆びていたのです。
錆を難儀して削り落とし、ナイロンブラシで面を整え、ピストン、シール交換し組みました。もしかしたらもうすぐピストンと固着したかもしれません。走行が少ないのもよくなかったのでしょう。やはりキャリパは2年毎とメーカーの様には言いませんが、数年に一度は分解整備するべきでしょう。


1005 
         花見焼肉??    (2009年3月28日)

普通のショップであれば、ツーリングや走行会などを計画するのでしょうが、私は貧乏暇無しでそのような事は計画する時間がありません。
本当は集まって走りに行けば良いのですけどね。お客様のタイヤも減るし、オイルも劣化します。人のSRを見て、自分もあんな感じにしたいとか(うちはほとんどの方がノーマルなので、これは無いか)でパーツが売れたり。
ショップの思惑がバレバレですので、私が主催する事はありません。それほど走る事が好きでもありませんから。

ですが、お客様が誘ってくれれば、何とか予算にもよりますが参加します。これは春の花見BBQです。寒くて桜は遅れましたが楽しかったです。走らないで良いのはいいですね。
現在は初期型SRのクラブ「2CLUB」がお客様にて運営されています。ほとんどお誘いは断ってしまっていますが・・・(現在8月、2が付くSRで動く物が無いと言うのも理由)
もう1つオフロードのチームですが「チームモーターワークスイマムラ」というXT500のクラブもあります。活動はビンテージモトクロスの参加だけですが、2CLUBとの合同でのツーリングも今後あったらいいなぁと思っています。XT500は高価で買えませんが・・・


1006 
        中古車製作について      (2009年4月1日)

今年は暇ですが、それでも作業が途切れる事は無く中古車製作している時間がありません。
中古車は現在も受注製作です。業者オークションに出るベース車を仕入れるところから、注文に応じます。画像右はお客様希望の金額で入札し、仕入れたSR500です。出品車両は画像と状態を細かく説明された状態から選べます。車検つきなどもありますので代行入札をご利用下さい。詳しくは問い合わせ下さい、手数料は10%です。
勿論現状渡しであれば、SRに限らず買えます。全国何処へでも配達できます。
左側のは入札してたら買えちゃったSR400です。どうしましょう?色々なベース状態のSRが買えます。


1007 
         VMはもうやめない?      (2009年4月10日)

またこんなことをやっています。キャブレターは1つ丸ごとで消耗品です。いくら手を入れて消耗パーツ(手に入る分)を交換しても直らないものは直りません。それは全ての穴を開通させてやっても同じです。
さらに2コイチにチャレンジします。これもどうなるかはわかりません。こうやって数日がかかります。工賃は多くは取れませんがそれでも部品代と合わせてCRキャブレターの新品よりも高くつきます。私はCRキャブレターへの換装の方が100倍楽です。もうやめませんか?
とはいえやめないのは、このキャブレターが本物だからです。確かにCRもFCRも性能はすばらしい物です。よく走り、始動性も良く、セッティングの楽しみもあります。
良いところが何も無いVMキャブレター。それは良いところが何も無いSRを楽しむのと同じなのかもしれません。こういう事は、なるべくわかる人が少ない方が良いなと思う今日この頃です。やはりもう諦めましょう。


1008 
         セパハンも歓迎      (2009年4月20日)

「あそこのショップはセパハンはやらない」と間違えて思われてるようです。まずショップではありません、売るものはほとんど何もありません。整備工場です。
セパハンは嫌いですが、SRを整備して、安全に性能を引き出し長く乗る為のお手伝いはいくらでもします。
リフトが2つあり、通常2台同時に作業しています。今日はこのようにセパハンが2台並びました。SRにおけるセパハンの比率は大きく、こういうことも多くあります。
フォークを抜くのに面倒なところとかがありますので、若干割り増しはありますが、ほとんど差別無く整備しています。セパハンにあわせた足回りのセットも出来ます。
カスタムは人に迷惑をかけなければ自由です。来る者拒まずです、整備依頼歓迎します。


1009 
          ヘッドライトが点かない     (2009年4月20日)

ヘッドライトが点かないと思ったらこれでした。よーくコネクタを見てください。笑える。
答え、差し込む向きが90度ずれています。勿論人災です。


1010 
       タイヤの幅シリーズ(ノーマル)    (2009年4月24日)

色々なタイヤの幅を実測で紹介してきましたが、純正タイヤの幅を紹介していませんでした。それでは比べようがありません。
85年より純正になったドイツ製メツラータイヤ。ME77のフロント3.50-18です。現在は同じメツラーでもブラジル製になり、サイズも異なっています。勿論グリップも持ちも同じタイヤとは思えないようになっています。
まずはサイズです。97.5mmと細めです。






こちらはリアタイヤです。4.00-18サイズ。約110mmです。細目と言えるでしょう。





外径も小さめで、K87と比べると同サイズでもこれほどの差になります。直径で数cm。ギア比と書くのはおかしいですが、同エンジン回転数での実速度は違ってくる事が容易に想像できます。


1011 
        誕生日はどちら?     (2009年4月28日)

ずっとエアクリーナーの日付とロワーブラケットしたの日付が誕生日だと思っていました。ですがこの車体は日付が異なっています。88年3月2日がロワーブラケットで88年3月4日がエアクリーナーケースです。どちらも交換された形跡はありません。
ヤマハの工場で働かれてる方、詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。組み付けラインを通過した日なのでしょうか?


1012 
        フォークシール     (2009年5月2日)

4月に安く上げて安く販売した中古車が、納車してすぐにフォークのオイル漏れを起こしました。勿論クレーム無料修理です。仕上がった時点で漏れが無くても、古い車両はゴムが硬くなっていてすぐに漏れるようです。シールが交換されたのか、当時のままなのか、判断は非常に難しい物があります。
それから反省し、その後製作の中古車両は全て事前にフォークを分解し、その時点で漏れ無く、問題がなさそうでも必ずオイルシール交換することにしました。部品代や手間代は多くかかりますが、信頼を落として、後に修理するよりもはるかに効率的です。それに信頼はお金では買えません。判断ミスですが、当たり前の事が当たり前に出来てなかったのも事実。反省しています。
忙しくて中古車はなかなか作れませんが、なるべく安く良いものを提供できるようがんばります。(見えないところが良い物で、見えるところは必ずしも美しくはありません)


1013 
        純正タイヤその2     (2009年5月3日)

84年以前のスポークホイールSRに、おまけで付いて来る安物純正タイヤでも最悪だったのがこのマグモーパスです。とても使えるようなタイヤではなく、当時はすぐに交換されていました。ですので現存はきわめて珍しくこうやって寸法測れるような単車が手に入った事は幸運です。(走行も少ないと言えます)
3.50-19サイズのフロントは幅が98mmです。




4.00-18サイズのリアは114.5mmです。ブロックパターンで舗装路におけるグリップは低く、ノイズもかなりうるさい物でした。オフロードでもブロックが小さいのでグリップも得れませんでした。そのくせ減りは早かったようです。


1014 
     フロントタイヤ比較     (2009年5月3日)


ブロックパターンの好きなオーナーが選んだフロントタイヤはK70です。どちらも同じサイズで3.50-19です。
ショルダーの角度や外径から操縦性の違いが想像できます。







このK70は幅約92mmでした。


1015 
       キャリパの錆び    (2009年5月15日)

1004で書いた時に内部錆び画像を撮れなかったのですが、すぐにこうやって軽いものですが画像が撮れました。
いくらブレーキフリュードを交換していても内部には錆が発生するようです(特に新型)。定期的に分解整備し、取り除いた方が気分的に良いでしょう。これぐらいであればすぐに取り除く事が出来ます。また固着する事もまだまだ無いでしょう。まさか2.3年で出来る錆ではありません。分解はもっと久しぶりであったようです。もしかして初めてだったかも?


1016 
                 (2009年5月18日)

キレイにメッキされたフレームです。ですがこのテーパーベアリングレースが入れられたままメッキにかけられたようです。レースは外せば良いのですが、入れるときにフレームに削りが入れられていないので、外す事が出来ません。






メッキがかかったまま組まれたベアリングには、剥がれたメッキの粉がまとわりついていました。拭いたぐらいでは取れません。グリースに混ざって内部まで入り込んでいます。





ベアリングを抜いて、灯油でキレイに洗浄します。洗い油が真っ黒です。






入れ物の底にはメッキの剥がれた粉が溜まりました。全く、手間をかけさせてくれます。それでもテーパーベアリングは強く、走行も少なかったので再利用できました。
雑な作業の後は大変です、見えないところはこんなものなのでしょうか?


1017 
       曲がったフォークの組み方      (2009年5月19日)

フロントフォークの曲がり限度はメーカーでは0.2mmです。ですが、0.2mmも曲がっていたのではとてもではないですが真っ直ぐは走らないでしょう。私は限度0.1mmと思っています。勿論0.1mm以上曲がったフォークは中古車にも使いません。
しかしフォークのインナーは現在17,000円ほどします。左右では3,4000円にもなってしまいます。メーカーの限度値内にあれば何とか曲がっていても使いたいと言うオーナーは多いでしょう。特に今までそれで知らずに乗ってきたのならなおの事です。
そこで曲がり測定時に山の部分、つまり凸の部分に印を入れます。そこからは考えてください。どう組めばよいのかは人それぞれです。曲がって行かないよう組めると思います。ただ、お勧めはしません。曲がったフォークの動きは本来の正常なフォークの動きと同じには絶対になりません。
見てもわからない曲がりですので、中古車を買うときには十分注意したい物です。見てもわからない物はどうやって注意すれば良いのでしょう。それは考えればわかるものです。


1018 
        曲がった組み方     (2009年5月19日)

高級なHリムで組まれたドラムのフロントホイールです。ドラムブレーキですのでスポークの角度がきつくなりますが、このリムにはそういった加工はされていないようです。
無理に組まれていますので、ニップルとスポークの境目でスポークは曲がっています。怖くてニップルを触ること、触れ取りはできませんでした。スポークは強いですね。ですが、いつ折れるのかは誰にもわかりません。ドラムのフロントホイールのリム交換は要注意で要加工です。


1019 
       ウインカーリレーの不具合      (2009年5月21日)

ヤマハではフラッシャーと言いますが、点滅しなくなる事も旧型では良くあることです。もはや4半世紀前の単車ですから何が起こってもおかしくありません。
通常ASSY交換してOKです。この車両は私のところの中古車ですので、工賃部品無料です。(ただし中古パーツ使用)





ただ、古いのは捨てないようにしましょう。画像のように分解できます。内部がこのようにきれいであれば不具合も解消できる事があります。
アースをきっちり取ったり、接点を磨いたり。コイルが切れて無いかぎり直すことも可能かもしれません。今の単車には無い楽しみです。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)