メンテ日記 (その35)  
     

1020 
      相変わらず見えないところに     (2009年5月25日)

現在(10月)完成し販売中の中古車になりつつあるころのSR500のスイングアームのブッシュです。
手前側が付いていたブッシュとスラストベアリングです。どちらも中古車として売る単車には具合の悪いものです。2つあわせれば10,000円ぐらいになってしまうパーツです。新品部品を買い、お金をかけて車両に上乗せするのは簡単です。ですがなるべく安く提供したい。と言う事で奥の中古品に交換しました。事前にいくつか中古車製作の為仕入れたものです。
もちろんこの程度であれば交換してもしなくてもグリースが入っていれば、誰にも不具合はわからないでしょう。そこまでしなくても乗れるだろう、確かにそのとおりです。ガタもありません。
では何故ここまでするのでしょう。安心してMWIの中古車に乗っていただけるよう、これを買ってくださるお客様の事を考えて・・・・・いません。人の事は何も考えていません。
ただの偏屈者、変人、真面目人間の私のプライドだけです。

スイングアーム側のベアリングにも少しダメージがありました。表面硬化のメッキが剥がれたぐらいです。交換も簡単ですが、ある物を使いましょう。ベアリングの問題ないスイングアームごと交換しました。こういう日の為にネットオークションなどで部品は集めています。


1021 
        エポキシパテ     (2009年5月26日)

これは転倒により砕け散った左ケースカバーを、内側からエポキシパテで形成したものです。もっと上手くやるなら上からもパテをし、整形してから塗装すれば良いでしょう。








上記の状態で1年少々テストの結果、水の浸入も無くジェネレーターは何の問題も無い事がわかりました。勿論これは応急ですので、1年の間に安い中古でも探すべきでしょう。それにしてもなかなかこのエポキシパテは使えます。


1022 
       ディスクパッド交換は早めに    (2009年5月28日)

ディスクブレーキのパッドは残りが見えます。皆さんも点検時に見てると思います。ですが見える部分があと少し残っていても、見えない部分が無くなっているかもしれません。
画像はそういう状態です。こうなってしまってはローターにも線状の傷を残します。必ず残2mmほどで交換するべきです。もっと早くてもかまいません、この年式のローターはすでに新品は手に入りませんから。

現在この手のステンレスローターを片面0.1mm単位で修正研磨できるところを探しています。情報ありましたら教えてください。


1023 
        ハンドルの曲がり     (2009年5月31日)


ハンドルの曲がりは意外にわからないものです。外して見るとわかります。平らな鉄板などの上で逆さ向けます。片側、画像では左側を押さえると隙間が空けば曲がっています。
この画像では手前2本は曲がり無く、奥の2本が曲がっています。特に上から2本目は大きく隙間が空いているのがわかります。





次にこのように置き、エンドの上がり具合(曲がり具合)を見ます。






ダンボールなどに当てて見るとよくわかります。右側が大きく手前に曲がっていると言う事になります。

 
メジャーなどで測っても良いでしょう。ここまでやって微妙に判らないほどの曲がりは、乗ってもわかりません。人間はそんな者です。


1024 
       聞かない方たち     (2009年5月31日)

関東の方はチャレンジャーが多いようです。年に数台ですが、関東方面の方の仕事も請けます。
今回は仕入れからのセミオーダーでの中古車製作でした。ベース車はきれいな状態のSR500でしたが、約10年近く寝ていたもので、20年以上落ちです。
流石に自信はありますが、ボケてもいる今日この頃。起こしたばかりの車両を埼玉まで走って帰ると言えば止めます。
人間にたとえれば、生まれてから10年は元気でした。その後病気し、寝たきりになりました。もうそのまま死ぬのかなと思っていたら買い取られて私の元にきました。もう20歳でした。大手術は成功してまた元気に走れそうです。それでも手術が終わったところです。せめてリハビリをしてゆっくり走り出して欲しい。大手術後、退院していきなりフルマラソンです。私が医者なら止めます。でも関東の方は聞き入れません。500kmを越える距離をいきなりこなします。
運良くか?これまでも他に東京や千葉など問題なく走って帰られています。途中で止まったと言われても奈良までぐらいしか引き取りは行けません。
まずは少しずつ走って、徐々にウミを出し、悪いところを直しながらセットアップしていくものです。そういった保障もアフターサービスも2回目整備割引なども全て関西同様ですが、なかなか遠くて来れないでしょう。もったいないですね。それでも来る者拒まずです。遠方の方もどうぞ、よろしくお願いいたします。


1025 
       フォークの曲がり     (2009年6月4日)

現在中古車は必ずフォークシールを交換しています。その際にフォークインナーの曲がりも測定します。
フロント足回りお得セットにはシール交換の作業は入っていませんが、格安にて追加できます。また測定はアウターのついた状態で測定しています。
宣伝はこのへんで良いとして、簡単にこういうダイヤルゲージとVブロックにて測定が出来ます。




ダイヤルゲージで半回転振れました。1回転1mmですので0.5mmです。曲がりは半分ですので0.25mmの曲がりです。このフォークインナーは使えません。
やられました、車両は業者オークションでの仕入れですので各部調べられていますが、フォーク曲がりは書かれていません。ですのでクレームは効きます(通常少々値引きと言う形)。ですが、クレーム期間は9日間。すでに仕入れてから2週間以上経ちます。万事休すです。これぐらいの曲がりはぱっと見てなかなかわからないものです。
ちなみにこの車両、微妙にロワーブラケットも曲がっていました。中古車製作もなかなか合わない仕事です。
仕入れて消耗品換えてそのまま売ればいいですか?それが出来れば今頃2号線沿いに引っ越しできているでしょう。


1026 
        新旧フォークアウターの違い     (2009年6月5日)

新旧のフォークアウターの違いですが、1JR,1JNとRH01Jの違いではありません。それは少し調べればすぐにわかることです。
そうではなく、1JR,1JNで同型式での年式違いのアウターの違いです。
わかりますでしょうか?内部が少し異なっています。シールは同じ物を使います。右側の方が古い物になりますが、何年までであったのかはわかりません。90年代前半で変更したようです。



シールを押さえるスナップリングです。これも右側が古いものです。丸いスナップリングとワッシャがセットになります。ワッシャがシールを平面で押し、それをスナップリングが押さえるわけです。左の物は両方の役目を1つのスナップリングでこなします。
問題は組み合わせを間違ってはいけないと言う事です。


1027 
        ボアエースのマニホールド     (2009年6月6日)


今回CR38を装着するに当たり、お客様のご要望でボアエースのマニホールドと楕円スペーサを使いました。
どういった考えで選んだのかはわかりませんが、私にとっては装着しやすく助かります。





これはBST用キャブバイパスですが、通常のアダプターではここの寸法で約42mmあります。





ボアエースのマニホールドだけで26.5mm








楕円アダプターは約10mm。あわせて約36.5mm。ノーマルキャブバイパス使用時に比べ、約5mmほどキャブレターがエンジン側に行くことになります。





その5mmは大きく。CR38が何処にも当らず装着できる事になります。画像はセットの為のリモートアイドルアジャストスクリュを装着し、少し右に傾いた状態で取り付けています。
下のセットが出てから、アイドルアジャストスクリュを短い物に変更しましたら真っ直ぐ装着できます。こういった角度の変更も楽に出来るのでキャブレターのセッティング変更もカンタンです。
このマニホールドは初めての装着で、ノーマルバイパス使用とは大きくセッティングが異なるようです。データが無いので、ご自分でやっていただくしかありません。何回も書きますが、単車屋にキャブレターのセッティングは出せません。いえ、出せますが最低1年かかります。勿論ご自分でやっても1年以上かかります。それで納得できるかどうかわかりませんが。普通に走るぐらいなら簡単なのですが。
勿論MWIではレーシングキャブレターでもエアクリーナー装着です。これがまたセッティングを難しくしているとも言えるのかもしれません。

宣伝:JBパワーのSR用CRキャブレター、FCRキャブレター、各アダプターなど契約により安く入ります。取り付け無料。同じくボアエースの各スペシャルパーツも契約により安く入ります。取り付け無料です。今のところ消費税もありません。お問い合わせ下さい。


1028 
         フレームの曲がり?     (2009年6月8日)

わかりにくいですが、スイングアームのピボットシャフトを左側から差込、それを右側の内から見ています。
初めての事です。今まで何百のSRのピボットシャフトを抜いてきたのかわかりませんが、この車両以外全ての車両は、グリースアップ後は手でスッとピボットシャフトが入りました。この車両は、スイングアーム無しでピボットシャフトだけを入れようにも入りません。
シャフトが曲がっているのではありません、数本のシャフトを試しても同じことです。抜くのは苦労しました。右側から入れると、軽くハンマで叩くとシャフトは入ります。しかし手では抜けません。左から入れるとこのようになり、シャフトを入れることは不可能です。
想像ですが、左側のピボットシャフト挿入口、つまりフレームが曲がっているように思えます。前側が開いているようです。何故なのでしょう?何にしても初めての事で、どうしようもありません。
フレームはレーザー測定し、曲がり修正などしてくれるところもあるようですが、今までにこのような事は無く、業者さんも知りません。申し訳ないですが私のところでは何も出来ない問題です。そう、オーナーにも説明しました。

残念ですがネットオークションでの車両です。このまま組みました。ガタも無く、規定トルクで締め付けてもスイングアームの動きも良い状態です。乗っても特に違和感は感じないでしょう。
ただ、オーナーは知ってしまっただけに気持ち悪いでしょう。スラストベアリングの注意も必要かもしれません。見せて説明しましたが、見せないほうが良かったでしょうか?
ベース車の仕入れは当たりもはずれもあります。フレームだけは現在私のところではどうしようもありません。フレームが普通であれば普通の中古車に仕上げる事が出来ます。


1029 
         メッキは剥がれます       (2009年6月9日)













ハンドルスイッチです。ノーマルにメッキがかけられたようです。アルミにかけるメッキは剥がれやすいものです。ハイローのスイッチは折れています。この手(85年以降)のスイッチはネットオークションでも安く良く見かけます。もちろんうちにも中古品の在庫あります。うまくやれば安くノーマルに戻せます。1度やって覚えれば、もうメッキもしないでしょう。


1030 
       タイヤのミミ      (2009年6月9日)

フロントタイヤですがよく見てください。ミミ(ビード部)が出ていません。つまりリムの正常な場所に上がってきていません。
ビギナーが、こういうチューブレスタイヤにチューブを入れて使うと、良く起こします。上がってきていないところは低い訳で、タイヤを回すとガクンガクンと振れます。とても乗れたものではありませんが、この方は高速道路で名古屋から来られました。(オーナーが自分で交換したのではありません)
何故チューブレスタイヤとチューブタイヤがあるのか、よく考えるべきだと思います。それとタイヤ交換はタイヤ専門店か、信頼できる工場でしたいものです。なめてはいけません、私はチューブレスをキャストホイール以外のSRに入れる仕事を請けた時は必ずタイヤ屋さんに持ち込みます。その他は修行と思って気分でやっています。1番やりたくない仕事です。


1031 
       テールランプのダンパ     (2009年6月10日)

何かがおかしいと思い、ボルトを外してみたら案の定ダンパが切られていました。何をしたのかわかりませんが、これでは通常のダンパとしての仕事をしてくれそうにありません。カラーも2個はでたらめでした。
安い物ですが、数十円では買えません。ヤフオク車両は何かとあります。テールぐらい付いてればいいだろう、走るには関係ないだろうというところでしょうか?ありえない考えです。中古車のレベルは色々です。なかなか外から見てもわかりません。難しいですね。


1032 
        フォークブーツは役立たず    (2009年6月12日)

2台づつ作業を進めていますので、4本のフォークを1度に整備します。見てのとおり、ワッシャに丸いスナップリングの初期型、80年代のフォークです。
ですが奥の2本はフォークブーツの80年代後半です。ワッシャが汚れ、スナップリングは少し錆びています。つまりフォークブーツでは埃や水が簡単に入るということです。
手前の2本は画像のダストキャップが付きますので、ほとんど汚れていません。25年前でこの汚れです。どうでしょうか?勿論ワッシャでほとんどカバーされていますが、オイルシールにも埃等は悪影響を及ぼす事が容易に想像できます。
この後さらにコストダウンは進み、ワッシャはなくなってしまいます。ダストキャップが装着されたのは2001年式のSR400になってからです。RH01Jはフォークブーツとダストキャップを装備しています。コストダウンされ、失敗を知り、修正されたのです。フォークブーツだけでは埃や水に対して何の役にもたちません。


1033 
        アクスルシャフトの曲がり     (2009年6月12日)

フロントのアクスルシャフトも曲がります。17mmもあるのですが、事故をすれば曲がります。
フォークが若干曲がっていた車両のアクスルシャフトです。フォークが曲がってるから抜けにくかったと思っていたのですが、測定すると0.1mmほどの曲がりがありました。メーカー規定では0.2mmまで規定内ですが、それではハンマで叩き入れなければ挿入できないでしょう。通常手でスッと入るものです。少しでも違和感を感じたら測定し、少しでも曲がっていたら交換です。


1034 
        たこ焼き      (2009年6月13日)

貧乏暇なしですので、日々仕事の事しか考えていません。
ただ私に代わってお客様がイベントを考えてくれます。今回はたこ焼きです。たこ焼きにうるさい男がやってくれました。場所はシムズクラフトの工場です。
次はうどんをしようと、まだできていません。こういうイベント事をたまにやりますので、みなさん集まってSR談義しましょう。ご新規さんも歓迎です。
走りに行くのも良いですが、私は走るのはあまり好きではありませんし、タイヤやブレーキが減る、チェーンが伸びる、誰かが無理をして転倒するかもしれない。
ショップとしては転倒もおいしい話ですが、いやらしい話です。走りのイベントはほぼ無いでしょう。おいしいのは食べ物だけでいいです。
イベント類はお知らせに案内します。


1035 
       IKON     (2009年6月15日)

お客様のご要望で、今回初めてIKONというリアショックを仕入れてみました。元はKONIと言うことで、私と同じのが来るかと思ったら違っていました。
もう私のコニと同じ番号の物は作られていないようです。
それはさておき、長さが325mmありますので、並べると少し長いようです。上からIKON、KONI、ノーマルになります。ノーマルとのストロークの違いは歴然です。
コニよりも長い5mm分はストロークとなっていますので、好感が持てます。
新品ですのでスプリングが少し硬く感じましたが、なじんでくるとしなやかで良いと思います。今回初めての仕入れですので、耐久性などは全く不明です。
少し高いですが、選択肢に入れても良いショックだと思います。


1036 
        小さなミス     (2009年6月15日)

私も人間です。ミスもあります。小さいミスですがピンを内から外に向けて入れてしまいました。あー・・・、これを修正するには全て外さなければなりません。それでも修正できるミスはまだマシです。直しました。気合入れないとダメですね。勿論このままでも不具合は何も無いでしょうけど。
不具合が無いどころか、このピンはこの向きですと内側ハブに当って完全に抜ける事はありません。まだ言うかっ?


1037 
        割り増し    (2009年6月15日)

工賃はノーマルが基本。こういうところにフラッシャーが付いてると割り増しです。このようにトルクレンチで締めるにも角度を変える必要もあり、ロワーブラケット外す時は配線を外すか、本体を外してブランブランさせる必要があります。ノーマルよりも手間がかかるのですから当然です。
カスタムは自由ですが、あらゆるところで起きてくるリスクも考える必要があります。
振動もモロにフラッシャーに来ます、球の寿命なども短いでしょう。前方からの車にも見えにくいでしょう。


1038 
         どうでもいいかもしれない事     (2009年6月22日)


リアフェンダーを止めるボルトが外から入っています。ワッシャーも見えません、どうでもいいですか?









私もどうでも良いのですが、どうでも良くない気分になり直しました。これが正常です。スプリングワッシャーは内側に入っていましたので外に戻しました。内側には大きな平ワッシャーが入ります。
何故ノーマルはこの向きなのでしょう?考えれば直したくなります。


1039 
         2次減速比    (2009年6月24日)

まず最初にこの車両はSRではありません。減速比を下げたいと相談があり、以前つけたワイズギアのキャストホイールがSRXか何かのスプロケットだったのを思い出しました。
それを実現してくれたのが、このTX650のオーナーです。
TX650ですのでこのような減速比になるわけで、SRには用の無い減速比です、カスタム派の方にはやってみて失敗したい方もいらっしゃるでしょうから書きました。
やって見ることは大切です。失敗も含め、自分のやったことだけが真実です、経験です。
現在ノーマルに装着できる最低減速比のスプロケットは多分17X40T(2,353)でしょう。ホイールをこのキャストにすればさらに小さなドリブンスプロケットを装着できると思います。自己責任で失敗を恐れずやってみてください。ノーマルの減速比が非常に良く考えられている事が理解できます。


1040 
        タイヤの幅     (2009年6月26日)


リアタイヤの幅ですが、両方共に同じダンロップのTT100で、4.00-18サイズです。ですがリムが違います。







幅110mmです。いわゆる初期型の84年以前のタカサゴリムでサイズは2.15サイズです。






幅107mmです。これは純正タカサゴリムでも再初期型の1.85サイズです。タイヤも丸く感じます。よりクイックな操縦性が想像できます。
リムサイズによりタイヤの幅は勿論、トレッド部の形も変わるということも頭に置いておけば、タイヤ選択も楽しい物です。
しかし何故これほど多くのTT100が使われるのでしょうか?チューブレスタイヤなのに。好きじゃないけど中古がいっぱいあるので、自分のタイヤはたいていTT100になってしまいます。


1041 
        無理なタイヤの幅    (2009年6月29日)

これは最初期型ですが、その車両に120/90-18という大きなタイヤが使われていました。それも2.15リムです。
おかげでこのようにタイヤがトルクロッドのボルトに擦って削れています。タイヤは太ければグリップする物ではありません。またSRに太いタイヤもどうかと思います。
こんなタイヤを履いてもYZFなどに乗る人から見ればカブなみのタイヤなのです。太いタイヤが好きなのであればTWなどにすれば良いのです。
SRにはSRに合ったサイズのタイヤが必要で、またSRには多くの専用タイヤが各メーカーから出ています。それを選べばこういう間違いは無いでしょう。少なくともサイズは変更しない事です。(ただし、新旧サイズ表示の違いは含みません)


1042 
       アクスルシャフトにはグリースを     (2009年6月29日)

アクスルシャフトには薄くグリースを塗って組みましょう。でないと錆びて抜けなくなります。叩くのはNGです、ネジ部が痛みます。
これはやらせではありません、ベース車はこんな物です。


1043 
        インジゴ     (2009年6月30日)

珍しくインジゴのSR500が並んでリフトに上がりました。どちらもほぼノーマルで、初期型のアップハンドルでまた賢明な。ノーマルのステップにはこのハンドルがピッタリだから仕方ないですね。四半世紀前の単車ですが、SR500として1番売れた年式ですので生き残りも多いです。長生きして欲しいものです。


1044 
       インジゴの1台     (2009年7月7日)

このようにハーネスがオリジナルと異なる場所を通る車両は要注意です。長い歴史、どんな方に何をされたのかわからないからです。
出来れば錆び、埃だらけのオリジナルな状態のベース車のほうが中古車は作りやすいものです。







約50%ぐらいの確立で間違っているのがこれです。リングナットが逆向き装着されています。これで1度以上はステムを素人さんに分解されたことがわかります。


1045 
        ディスクブレーキ    (2009年7月8日)

失敗したカスタム車を戻す事も多くあります。この車両は大きなブレーキローターと強力そうなキャリパーを装着していましたが、効かないと言うことで、効かないと定評のあるノーマルに戻す事にしました。同じ効かないならノーマルの方が美しいからと言うことでしょうか?
画像はなぜか折られていないロックワッシャーを撮りました。これではロックワッシャーの意味がありませんが、ノーマルと交換するときに楽でしたし、このワッシャーを再利用することが出来ました。


1046 
        冷凍庫付冷蔵庫    (2009年7月8日)


常連さんのご好意で新しい冷蔵庫をゲット。もちろんタダです。捨てるなら料金は同じと古い冷蔵庫もタダで持って帰っていただけました。
冷凍庫付です。これでこの夏はカキ氷でもレーコーでも出来そうです。(実は面倒であまりやらなかった)
貧乏人にタダは非常にありがたい話です。


1047 
        純正のアップハンドル     (2009年7月8日)

片付けてから工場内を見ると、なんと純正の初期型アップハンドルの車両が多いこと。まぁ仕方ないのでしょう。ノーマルステップにノーマルシートで1番良いポジションに来るハンドルはこれぐらいですから。それと振動やメッキの具合を考えると、どうしても高いですが純正になってしまうのでしょうねぇ。


1048 
         車検     (2009年7月9日)

うまく行けばこのように2台まとめて車検代行が出来る事があります。車検に行ってくれば1日の大半が潰れてしまいます。それでも2台なら十分な売り上げになり。ありがたいことです。
車検は誰がやっても仕上がりと言うか、車検合格と言う出来上がりは同じです。安く上げたければ自分でやるのが一番です。ただ、整備は餅は餅屋ですので分けて考えてください。プロの仕上がりは自分でやるのとでは全く異なります。
今回はMWIで登録のあるお客さまの中で、1番古いSR500と1番新しいSR500でした。78年型でも1番車体番号の若い車両と、99年型の1番車体番号のいってる車両です。


1049 
         反対では具合悪い      (2009年7月10日)

この車両は反対向けに付いているものがありましたので、書いてみました。
サイレンサのステーのボルトナットが反対です。これではナットが緩めばボルトは落ちてしまいます。正規の方向であれば振動で緩んでもナットだけがどこかに行くだけです。気に入らないので直しました。





これは左サイドカバー内の書類入れです。何故こんな向きなのでしょう?これでは下の車載工具の蓋と干渉し閉める事も出来ません。
ベース車には色々あります。勿論走行するには問題はあまりありませんが、買った中古車がこれでは気分悪いでしょう?直しておきましょうか。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)