メンテ日記 (その36)  
     

1050 
       レプリカリアキャリア    (2009年7月11日)

80年代以前にありましたSR用の純正キャリアのレプリカをステンレスで作っていただきました。どちらがステンレスのレプリカかわかりますか?片方は当時物純正品です。
製作はシムズクラフトにお願いしました。






錆びないキャリヤは重宝します。また純正よりも強度が高いでしょう。10個限定でしたので、このホームページに出すまでも無く、瞬く間に売れてしまいました。
手間がかかる上に、私の希望で安く製作していただきましたので、もう作られることは無いかも?10個以上注文が入れば再び製作していただけるかもしれません。




こちらは強度の高い補強入りバージョンです。SRの雰囲気によく似合っています。
(再び2010年1月初めに再生産、10個完成します。予約受付中)


1051 
         緑のオイル      (2009年7月15日)

とあるSRからは緑のオイルが出てきました。驚いた後、少し心配しオーナーに聞いてみましたら、モチュールの高いやつで緑のオイルがあるそうです。
知らないってのはダメですね。しかし緑にするのは何か理由があるのでしょうか?びっくりします。


1052 
         ヘルメットホルダ    (2009年7月15日)

代車で出していたMike君85年SR500のヘルメットホルダが脱落し、無くなってしまいました。
80年代から90年ぐらいまでのヘルメットホルダはたいてい落ちています。新品購入です。新品は対策された初期型同様の1つしか止めれない小さな物です。
キーは一つ増えてしまいますが仕方ない。ヤマハにしては値段は良心的で、つくりに対して非常に安いと思います。汎用で多く作ってるのでしょう。
ボルトはトルクスを使い、強いネジロックを付けて装着します。常時在庫あります。SR500では必ずと言って良いほど落としますから緩みには気をつけてください。
キーが増えるのを気にされる方は、鍵屋さんに相談すれば解決してくれます。


1053 
         マスタシリンダのキャップ     (2009年7月15日)

以前どこかで旧型(84年以前)と新型(01年以降)のキャップは同じ大きさであると書いたかもしれません。
実際には違いました。上側が旧型で、下側が新型です。大きさが違います。私がネットオークションでSR(RH01J)用として買ったマスタには旧型のキャップがピッタリ合いましたので、思い込んでいました。
申し訳ありません。このように間違った情報もあります。すみませんが、全てを鵜呑みにしないようお願いします。自分でやったこと、それが全てで、それだけが信じれる真実だと言う事を再度書いておきます。このホームページも含め、人が言う事、書くことは宇宙の彼方の話だと思うほうが良いでしょう。自分の経験こそが全てです。


1054 
         交換後部品のお持ち帰り    (2009年7月16日)

整備をすると、多くの消耗パーツが交換されます。又はカスタムでは新たに代わる良いパーツを装着すれば、古いノーマルパーツは外されます。
交換後の部品は全て捨てないで置いています。よくご自分で確認されて、要る物と要らない物を選別してください。要らないものは処分できます。そしてその際にこれは何処のパーツなのか、なぜ交換されてるのかを聞いてください。全て説明しお答えします。悪くない部品を勝手に交換する事はありません。交換が望ましいが、まだ使おうと思えば使えそうな部品は、必ずメールなどでオーナーの判断を聞いてから交換する、しないを決めます。
画像は交換後部品をリアキャリアにくくりつけて持って帰るお客さまです。今ではジャンク部品もネットオークションなどでよい値段を付けることもありますから、持ち帰ってご自分で保管、又は処分する事をお勧めします。


1055 
         ブレーキホースのたるみ     (2009年7月21日)

低めのハンドルを装着されたRH01Jです。メーターをブレーキマスタはギリギリかわしてはいますが、このブレーキホースはちょっとどころか、かなり不細工です。









交換すれば早いですが、今回は切ってピッタリにあわせることにしました。こういう作業はこれで最後です。もうしません。最近は新たに長さの合うのを買った方が安いからです。


1056 
         ワイヤーのたるみ     (2009年7月21日)

先ほどと同じ車両ですが、やたらワイヤーがたるんでいます。いくら低いハンドルを装着したとは言え、これはたるみすぎです。以前かなりのアップハンドルであった事が考えれます。
アクセルワイヤーは大きくロワーブラケットの下を通り、クラッチワイヤーはなんとフロントフェンダーのスピードメーターのホルダ内を通っています。これだけたるめば危険も感じます。


1057 
          四半世紀      (2009年7月21日)

フロント回りお得セット(サービスパック)で整備中の2台のSRです。こうなってしまうとあまり年式の差は感じませんが、この2台はおよそ25年の年齢差があります。
この変化の無さ、悪く言えば進化しないところがいつまでも乗れる単車として人気なのでしょう。
古いSRでも手を入れることによって、普通の中古車レベルにリフレッシュ出来ます。人間でもそれが出来れば良いのですが。SRを選ぶ場合、人間と違い年式と程度はイコールにはなりません。


1058 
         ディスクのフロントホイール     (2009年7月23日)

新型の18インチディスクブレーキは非常に軽く、また良く効きます。他車共通の部品にされたとはいえ、歴代のSRの中では1番良いブレーキだと言えるでしょう。
そのホイールですが、メツラー装着で10kg少々です。DIDの中空アルミリムのおかげもあるでしょう。アルマイト仕上げは錆びも来なく良くなっています。




対照的に、今は誰もしないでしょう仕様の旧型のダブルディスクです。このダブルディスクは珍しくオリジナルの5mmローターを左右に使って軽量化を考えています。
それでも15kgととんでもない重さです。タイヤはK300GPと比較的軽いタイヤです。
5kgもバネ下で違えば、同じ単車とは思えないぐらい乗り味は異なります。ただ、ブレーキだけは新型並みに効きます。



これは私専用の赤い78年式です。スペシャルなローターを使用し軽量化しています。それでも12kgです。タイヤはTT100GP。ブレーキは急制動には向きません。通常走行には問題の無いレベルです。
新型に比べてのバネ下2kgの違いもまた、非常に大きな物です。新型のバネ下がどれほど軽く出来ているのか良くわかりました。


1059 
        似て異なる面倒な仕事      (2009年7月30日)


1057で書いた2台の車両は同じような仕事をしています。スカチューンからバッテリーケース、ツールボックスまで取りつけです。








そしてエアクリーナーボックスの取り付けです。外す作業はお断りしますが、こういった取り付けの作業はしぶしぶ請けます。





同様にRH01Jもエアクリーナーボックスの取り付け。似ていても年式ごとに変更があり、違った年式の物は何とか取り付きますが、小さな不具合がでてきます。






バッテリーケース類の取りつけです。こちら側は78年あたりと同じパーツはほぼありません。RH01Jはスカチューン戻しの経験があまり無く苦労しました。


1060 
         質問メールについて

最近増えてきましたので、少し書かせていただきます。
自分でSRをいじって判らなくなった事。どうすれば良いのか困った事。そう言った事は「SR何でも相談室」にお願いいたします。
勿論私も一応SRのプロですから、色々な経験、ノウハウは持っています。ですが、飯の種をタダで、それも全く知らない他人様にお教えすることは出来ません。
このホームページを活用されている方全てが私の友人でもありません。
突然全く知らない方から、あなたが得意とする分野での質問メールが来たらどうしますか?それも毎日数件。親切に返せますか?名前も何も無い方もいます。
申し訳ないですが、質問メールはMWIの顧客に登録されている方のみに限らせていただきます。毎日2時間以上メールに時間をかけていてはこのホームページも更新できません。上記SR何でも相談室をご利用下さい。
自分でやるということ、それはすばらしい事です。ですが、自分でやってわからないことを簡単に得ようと思うのは甘い事です。失敗し、その先に成功があります。自分でやるという事は、情報を得る事も含めて全て自分でやるからすばらしいことであり、価値があるのです。人に頼ってはいけません。


1061 
       ハブクラッチにグリース入れすぎはダメ    (2009年7月31日)


何だか傷だらけのハブクラッチです。ロックナットも傷だらけです。チェーンでも外れたのでしょうか?
グリースは入っているようです。








あちゃー、確かにニップルが付いていて、グリースを入れるところではあります。ですがOリングを省いてしまったヤマハSRで、どんどんグリースを入れるとこうなってしまいます。ダンパにグリースが付いても百害合って一利無しです。これは掃除が大変でした。グリースを入れる前に必ずOリングを装着してください。


1062 
         駒数注文      (2009年8月1日)

夏休みに入って、お客様の作業は一旦中止になります。それも今年は限りなく暇というのもあります。
これは自分用にEK江沼にオーダーした530スタンダードチェーンです。SR500用に104駒で注文しました。
通常EK江沼のXリングは駒数を限ってオーダーできます。現在520サイズは主に104駒で在庫しています。通常の110駒で仕入れるよりもほんの少し安いのもありますし、切って半端を捨てるのももったいないということです。
一番の理由は、切るのが面倒と言う事です。いいえ、エコのためです?両方ってことにしておきましょう。


1063
        AISホース    (2009年8月3日)

スカチューンから戻している車両です。どうもうまくAISが付かないと思ったら、180度角度を変えてホースをカットし取り付けられていました。
RH01Jは経験少なく苦手です。気がつくまでにずいぶんかかりました。
結局新品ホースを買うことになりました。ホースだけで3500円越えます。小さなパーツを含め、ノーマルに戻すって事はずいぶんお金がかかる物です。
中古車ベース車を買うときは良く考えなければいけません。特に排ガス規制車は大変です。


1064 
        スイングアームの曲がり     (2009年8月9日)

前で書いた傷だらけのハブクラッチの車両です。組んで行っていると、何だかいつもと違って、スイングアームの幅が狭いのに気が付きました。無理に入れれば入りますが、これはおかしい。そう思って他のスイングアームと比べると・・・明らかに幅が狭くなっています。他数本のスイングアームと比べても製造上の誤差をはるかに越えています。


2本のスイングアームを裏向けて合わせてみました。右が曲がっている物です。反対に向けていますので、右側は画像下がチェーン側になります。どうでしょう、内側に曲がっているのが目視でも確認できます。
スイングアームにもチェーンを巻き込んだらしき傷が入っていました。何がどうなったのかわかりませんが、想像では走行中メンテナンス不良により外れたチェーンが巻き込んだと思われます。そしてスイングアームが曲がった。勿論急にリアホイールがロックしたでしょうから事故にもなったかもしれません。転倒は免れないでしょう。
現オーナーは中古で買っていますの知る由もありません。日ごろの定期的な整備の必要性と中古車は信頼のできるショップで買うということが、改めて理解できます。
新品スイングアームは現実的ではない金額ですので、在庫の中古品と交換し、正常な普通の中古車レベルに仕上がりました。中古車になるまでに高くついた車両です。


1065 
       キャリパの雌ネジ破損    (2009年8月9日)

RH01Jのブレーキキャリパです。このネジはスライドピンが入るネジです。抜いた時から固く、違和感を感じていました。多分壊れていたのでしょう。
その判断が良くなかったのです。これぐらいなら使えるだろうとタップでさらいました。相手がアルミであるのにです。
そのまま組んで行き、規定トルクで締めると、グリッ、持ちませんで画像のようになめてしまいました。
最初から壊れてたと言い訳はしません。判断にミスしたのは私です。分解時に異常を感じた時点で、オーナーに知らせて新品にするのか、中古品に交換するのか聞くべきだったのです。
とどめをさしたのは私です。責任は私にあります。新品を買えば大赤字です。ですので中古品を提供することで我慢をしていただきました。内部ピストンキットは新品です。オーナーは了解していただき、赤字は最小限に抑えれました。

たまたま新型でも中古品を持っていたことで助かりました。これが旧型ならどうなったでしょう。さらに中古品は持ってますので大丈夫です。ではキャリパではなく、初期型のマスタ、又は2J2赤フュエルタンクなどをへこましたらどうなったでしょう。もはや新品は手に入りません。謝るだけで許してもらえるでしょうか?
人間ですので判断ミスや失敗、又は今回のように最初から壊れていたのに当ることもあります。新品キャリパを買ってお返ししても十分に利益の出るような作業料金にするべきなのかもしれません。そこまで色々と考えさせられた事件でした。


1066 
        70年代のスイングアームのブッシュ    (2009年8月14日)

夏休みに入り、まさに土に帰りたがっていたXT500を起こす作業をしています。
絶対切らなければ無理だろうと思ったのですが、ピボットシャフトはスッと抜けて、中から出てきたブッシュはピカピカでした。ごらんのようにグリースが充填されていた訳でもありません。錆びたスイングアームを見ても乾燥されたところにあったわけでも無いようです。
いわゆるアタリです。メーカーを出た時点で非常に精度が高く作られた1台であったのでしょう。70年代の日本車の精度は世界一であったと、今なお思います。


1067 
         ホーンボタン      (2009年8月21日)

安物のプラスティックのホーンボタンが経年にて疲労し折れるのは良くあることです。ただ、ボタンだけで部品は出ません。
ではどうするか?スイッチ全ての新品は高価ではありますが、高年式の物は出ます。ですが84年以前の物は出ません。え、パーツリストには「あり」とありますか?では取り寄せてみてください。
そこで画像のようなジャンクのスイッチから分解し取り出します。私はこの日まで分解できると思っていなく、ピンクの配線部分で切り、ハンダで付け直していました。
このように分解できるのはお客様から教えていただいたのです。日々勉強です。
ジャンクスイッチはネットオークションなどで手に入れることになるでしょう。このスイッチは教えていただいたお礼に差し上げました。また賢くなりました。おおきに。


1068 
          バンドソー      (2009年8月24日)

バンドソーと言う電動工具です。今回お客様が教えてくれて持って来てくれました。スイングアームを切るのにどうかなと考えたのです。
プラズマカッターも考えましたが、高いのと、消耗品が高くつくのと火花が出て危ないので躊躇しています。






今回ナットが錆びて太り、シリンダと合体し分解不能なXT500エンジンを切って見ました。スタッドボルトを切ってシリンダを抜く作戦です。






難点は幅が狭い事です。なので今回は右前のスタッドボルトを切るために、このようにシリンダの幅を縦から切って狭める必要が出てきました。
切れているのは左前のスタッドボルトです。






無事切れて、シリンダを抜くことが出来ました。これで腰下を分解することが出来ます。
切るのは速く、すばらしい物です。火花も出ません。なかなか良いものです。コンタにもなるタイプの物が欲しくなってきました。ただスイングアームを後ろから切り込んでいくためには何回かやって、効率の良い切り方を考える必要がありそうです。


1069 
       バランサー      (2009年8月31日)

ホイールバランサーが安くなってきましたので、ついに買いました。前々から作ろうと思っていたのです。
フロント側をきっちりバランスを取りますと、確実に高速での車体のブレが減ります。最近買った工具の中ではヒットでした。
この日以降前後足回りを分解したときには必ずホイールバランスをきっちり取っています。整備技術はどんどん進化していきます。


1070 
        飛び出るマスターインナー     (2009年9月3日)


ブレーキの感じがどうも変な初期型SR500。グッちゃんグッちゃんとなります。効きは変化無い様ですが明らかにおかしいです。
レバーを外すと、インナーが飛び出てきました。これには驚きました。






これが原因でしょうか?マスターのインナーを止めるスナップリングです。左が付いていたと言うか、外れていたものです。右が新品です。
30年経つと、スナップリングのスプリング効果も無くなるようです。一回り小さく見えます。
インナーキットは高い(約\8,000)ですから2年毎の交換は無理としても4年毎には交換したいところです。4年先に新品パーツが手に入るかどうかはわかりませんが。


1071 
        錆び取り      (2009年9月8日)

鉄のタンクは錆びます。ですが、最近は良い中性の錆取り剤があり、簡単にキレイに錆が取れます。
ですが、気を抜くとこうなります。栓をして反対に向けて天井付近の錆び取りをしているSRタンクです。化学反応が進むのでしょうか?内圧が上がってごらんの姿に・・・
大きく広がってしまいました。圧が抜けるようにする注意が必要です。


1072 
         XT500     (2009年9月8日)

何だかここだけ見るとXT500屋みたいに見えます。SRと共通するところも多くありますのでXT500の整備なども最近はやっています。
この単車に乗れる方は、ある意味限られていますけれど、それはもうすばらしい名単車です。1度乗るととりつかれますので、試乗などの機会があってもしないほうが身のためです。


1073 
       ブレーキペダルシャフト     (2009年9月8日)

これはその名車たるXT500のブレーキペダルシャフトです。穴が開けられ、グリースニップルがつき、分解しなくてもグリースが充填できるようになっています。
SR500とは、材質、手間、作りなどが全く異なる単車なのです。
これを見て少しでも金属加工が出来る方であれば、SRでも真似が出来るかもしれません。幸いこの両側のオイルシールは高価でもまだ手に入るようです。


1074 
         整備の必要性    (2009年9月16日)

たとえ材質、作りに優れているXT500でも単車です。整備、調整が必要です。
フォークを1本抜いてもハンドルが切れていかないようなステムベアリングの状態では、気持ちよく走る(高性能を堪能する)事は出来ません。


1075 
       キャブレターOHキット     (2009年9月24日)

キースターと言う隣町のメーカーが、国外向けにキャブレターOHキットを安価で作っています。
画像はSR500用のキットで初期型対応品、輸出向けですので2J4用になります。キャブレターは国内2J3キャブレターです。
たとえ車で数分のところで作ってはいても、直接には買えません。今回はカナダから輸入しました。
勿論カナダへの送料と向こうのショップの儲け、さらには日本までの送料が入っています。何と言う無駄でしょう。


中に入っているものです。
上と下のガスケット、ノズル、ニードルバルブ、パイロットスクリューのセットにスプリング、パイロットジェット、ジェットニードル、そのクリップ、加速ポンプのバルブ、割りピン、ノズルチューブのOリング、同様に加速ポンプのチャンバのOリング、スターターのロッドにスプリング、そのOリング、メーンジェットぐらいでしょうか。
新品を買うと1万円を軽ーく超える金額になります。輸出されていない2H6(SR400)にも使えるでしょう。ちなみにメーンジェットは穏やかに300でした。ガソリンを吸ってしまわないようにする部品全てと、小さめのメーンジェットというところでしょうか。
加速ポンプ類のダイヤフラムも欲しいところです。気になるお値段は、買うショップ、送り方(送料)で大きく異なります。国内メーカーなのですから、国内販売を望みます。多分国内でも売りたいのでしょう。ですが、どこかの大企業が邪魔するのでしょうね。
数個在庫あります。


1076 
        ハブクラッチのダンパ     (2009年9月24日)

左がSR用です。そして右がXT500用。ホイールの回転方向を考えていただければ、その特性にも気が付くはずです。ドーンと軽く前を浮かして加速できるのは、ただフロントが軽く中低速トルクが大きいだけではないことが理解できます。XT500はその全てが走るために考えられているのです。


1077 
        ポイント      (2009年9月28日)

XT500の事を良く書きすぎていますが、SRの方が優れているところもあります。それは電装でしょうか。SRのCDIは何もしなくても良いのですが、XT500のポイントは手入れが必要です。6Vとか12Vとかはあまり関係ありません。12Vの方がヘッドライトが明るいという事は言えません。もしそうであれば、24Vのトラックなどはもっとヘッドライトが明るい事になります。おかしな事です。
ポイントは手を入れずほっておくと、ヒール部が磨耗し、隙間が小さくなり、エンジンの調子が悪くなり、やがてプラグに火が飛ばなくなります。
画像はポイント隙間調整後に点火時期をプレートを動かし調整しているところです。

画像は点火時期をタイミングライトで点検しているところです。点火時期はポイントの隙間によっても異なってきます。調整が好きな方ははまるでしょう。点火時期を速くさせればどうなるのか、また、遅ければどうなるのか?エンジンの特性は変化してきます。
こうなってくると、ポイントのあることが悪いとも言えなくなってきます。楽しい単車生活に変化してくるのかもしれません。
70年代にほとんどの単車がCDIになりました。78年生まれのSRも生まれながらにCDIです。私の世代が最後のポイント世代かもしれません。


1078
         バルブの割れ  (2009年10月1日)

初めての経験です。キャブレターのセッティングを簡単に空吹かしでしていました。上の回りが悪いので、濃いのだろうとエアクリーナーの蓋を外してしまいました。エンジンが上まできれいに回ったと思ったら停止、圧縮はありませんでした。
その原因がこれです。エキゾーストバルブの割れ。30年以上前のXT500のエンジンです。金属疲労もあったのでしょう。
エアクリーナーはヒューズの役割もしていると言う事がよく理解できました。ノーマルはやはりあらゆることが考えられて作られています。
安易にエアクリーナーを外すとかキャブレターを変更するとかするとエンジンを壊すことになります。リスクを理解し、慎重にカスタムは行うべきです。
レース前1週間も余裕が無く焦りました。仕事そっちのけで修復し、レースは出場にこぎつけました。XT500でのレース活動はブログをご覧下さい。


1079
       フロートの穴     (2009年10月9日)

何度整備して、ニードルバルブを交換してもオーバーフローの直らないVMキャブレターがありました。
原因はこれでした。フロートに穴。今時のプラのフロートではこのようなことは考えてもいませんでした。先入観はいけません。フロートが浮かび上がらなければオーバーフローするのはあたりまえです。何故このようになっていたのかは想像がつきません。色々な事があるもんですねぇ、勉強になります。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)