メンテ日記 (その37)  
     

1080 
       ウインカーが点かない    (2009年10月10日)

ウインカーが点かないから見てくれとの事。取り付け場所はリアサスの下、スイングアームです。この場所にこんな安物ウインカーでは点かなくなるのは当たり前でしょう。
地面と言いますか、路面の振動が全て球に来ます。切れてるのだろうと思いましたが、球は交換して切れていないと言います。また切れたのだろう。そう思って開けて見ると、内部のソケットのビスが振動で緩んでアース不良になっていました。締めこめば直りましたが、またすぐに不調になるでしょう。


こういう車両です。カスタムは本人の自由ですが、違法改造はいけません。何が違法かは調べてみてください。当然ながら私にはもちろん、その場にいたお客さまみなから色々と言われたのは書くまでもありません。なかなか勇気のある方でした。もちろん来る者拒まずです。また来て下さい。


1081 
         ボルトの破損     (2009年10月10日)


ブレーキペダルのボルトが抜けにくいと思ったら破損していました。オーナーによる過剰な増し締めが原因のようです。







重要な場所のボルトですので純正を頼みました。上が新品です。ボルトは本来疲労しますので、消耗品なのです。緩めるたびに交換する方はいませんけど。
雌ネジはタップでさらい、新品ボルトを規定トルクで締めました。締め付けトルクは緩まないためにも、ボルトを破損させない為にも必要です。


1082 
           マナー       (2009年10月13日)

こういう事はあまり書きたくありませんが・・・汚いです。磨いて来て下さいとは言いません。もう少しきれいにして来て下さい。
歯医者に行く前には歯を磨くものです。整備に出す前にはもう少しだけきれいにして来て下さい、マナーと思います。


1083 
         ホイールバランス     (2009年10月13日)

その汚いホイールのスポークを増し締め、触れ取りし、新品のハブクラッチにスプロケット装着後バランスを取ります。そのころにはピカピカですが、錘がこんな位置で止まります。バルブは下側ですのでバランスは取れていません。本当にタイヤ交換時にバランスを取ったのでしょうか?
最近仕入れたバランサーは良い仕事をしてくれます。おかげでこのような文章も書けます。以前では私のところでのバランスも適当だったのです。値段相応とも言えるかもしれませんが、小さな事からコツコツです。


1084 
         ホーンでフロントフェンダーを凹ます事    (2009年10月13日)

ヘタなカスタムで、非常に多いのがこれです。ホーンでフロントフェンダーを凹ます事。アルミの高そうなフロントフェンダーが惜しい事です。どんなカスタムにもリスクは付いてまわります。


1085 
       外品の精度     (2009年10月15日)

1084画像のフォークのダストキャップは外品です。純正部品ではありません。純正部品はメーカーの儲けが大きいのか高いですが、品質はそれなりに保たれています。たとえば純正部品のダストキャップであればこのようにシールの上に水が溜まることもありません。
全ての外品が純正よりも劣るとは書きませんが、見る目が無ければ、このように見かけだけの部品を選んでしまう事になります。水が入るようなダストキャップならば何も無い方がよほど良いでしょう。水も乾きます。


1086 
        ドラムブレーキの人災    (2009年10月15日)

判る方には判ると思いますが、ブレーキワイヤーを全て緩めてのカムレバーのこの位置。これは異常です。これでは調整が出来ません。つまりブレーキは効きません。
誰かがカムからレバーを抜き、場所を間違えて差し込んだのです。つまり人災です。自然に壊れた訳ではありません。
ブレーキが効かない訳はここでは書きません。




内部です。テンションスプリングが壊れています。これも人災です、自然には壊れません。オーナーは知らないようですので、前オーナーか中古車屋さんの仕業でしょう。どちらにせよ中古車を買うのは信頼できるところの方が良いでしょう。個人売買などではこのような車両を買ってしまうことになります。結局高くついてしまいます。


1087 
        プッシュロッド折れ    (2009年10月16日)

どうもクラッチの具合が良くない自分のSR500です。内部ロッド類が磨耗していると思っていました。エンジンオイルの交換頻度が低いと磨耗は促進します。
分解すると磨耗もあったのですが、プッシュロッドが折れていました。これでは調整しても決まらない訳です。
話は聞いた事がありましたが、折れているのを目で見るのは初めてです。




通常は棒磁石に引っ付けて取り出すプッシュロッドですが、奥側で折れた破片まで磁石が届きません。単車を寝かせても落ちてきません。圧縮エアをプッシュレバーの方から送ってもダメです。そして考えたのが、掃除機で吸う。これで一発で吸い出しました。出てきてよかった。


1088
         時計     (2009年10月16日)

これはバイク用でしょうか?多分防水の時計ですね。忙しい方にとっては必需品でしょうし、あると便利ですね。
ただ、私のところに整備に出す時には外しておかないと割り増し工賃を取ることになります。なぜなら時計が邪魔で、ステムのクラウンボルトがトルクレンチで締められないからです。
え、トルクレンチではなく、普通のレンチなら出来るでしょうですか?そうですね、でもそういう適当な仕事はしていません。外してから整備にお持ちください。


1089 
         セーバーソー    (2009年10月21日)

結局切断機械は悩んだ末に、1番安いと思われるセーバーソーを中古で買いました。電動のこぎりです。
ためしにスイングアームを切ってみたところ、数秒一撃でした。まぁ、ピボットのシャフトも合体したブッシュも入っていないものですけど。切り方を工夫すれば、エンジンを降ろさなくてもスイングアームは切れそうです。またエンジンを降ろしても、すごい速さで切れそうです(つまり切断による工賃は節約できます)。
購入後現在までよく使っていますが、まだピボットの抜けないスイングアームはお目にかかれていません。主に植木などを切っています。金属を切っても熱くならず、火花も出ないのが良いところです。


1090 
         ゴミ処分     (2009年10月29日)

今年は不況で暇です。暇なのでゴミ処分します。
磨耗したリアハブが付くホイール。捨てるには分解しなくてはなりません。ジャンクでヤフオク出品などという事は少し抵抗あって出来ません。手間がかかりますので、廃棄処分代ご協力お願いいたします。そのほかにはエンジンも対象です。
さて、分解してからは分別処分です。アルミと鉄はタダで取りに来て持って帰ってくれる業者がいます。問題はハブで、これは産業廃棄物です。ホイール全てを産廃にすると高くつきます。
ベアリングは抜いても中古を使う方もいませんし、そのまま処分します。中古ベアリングでも欲しい方、使えるものがありますので取りに来て下さい。


1091 
          タイヤ交換    (2009年11月3日)

タイヤ交換は整備と同時であればしていました。ただ、不況で暇ですので、タイヤのみの交換もやりだしました。ただし顧客登録のある方のみです。
初めてのご新規さんがいらしてもタイヤだけの交換はしません・・・とは言いません。来る者拒まずです。ですがそれにかかる時間工賃はいただきます。タイヤ自体の交換はチューブタイプで2000円です。それ以外にブレーキの清掃・整備やチェーンの調整などの分にかかる時間に工賃をいただくことになります。
自分でやればネットでも安くタイヤは買えます。1度自分でチャレンジするのも良いでしょう。上記金額がいかに安いか理解できると思います。


ただ、このようなことには注意が必要です。交換のために出したチューブは折り重なってタイヤに入っていたようです。このチューブはこの場所から裂ける可能性があるためにもう使えません。たかがタイヤ交換。それでもなかなか難しい物です。自転車のようにはいきません。
一度なんでもやって、経験する事は良い事です。


1092 
         誤解      (2009年11月3日)


よく「イマムラさんは誤解されてます」と言われます。私の事はどう誤解されてもいいです。それはさておき、カスタム車の整備はしないかもという誤解は解いておきたいところです。
いつも書いていますのが来る者拒まず。画像の2台は大きくハンドルの高さが違いますが、どちらもカスタムされたものです。同様に扱い整備しています。



このようにエンジンだけがSRなカスタム車というよりも全くの別単車でも整備は承ります。ですのでXT500も対象です。
申し訳ないですが、最近はスクーターやカブなどは止めてしまいした。一部にはホームページ内、古い記事のまま残っている場合がありますが、現在はSR専門にてさせていただいています。おかげで儲からないので少し後悔もしていますけど。やはりSRは面白いですからね。
(一部カスタムによる倒立フォークや片持ちなどは出来ません。)


1093 
        サイドスタンド加工      (2009年11月3日)

画像はサイドスタンドをセーバーソーで切ったところです。鍛造のスタンドが一瞬にて切ることが出来ます。また火花も出ませんし、ほとんど熱くもなりません。
良い道具を買いました。早くスイングアーム切ってみたいと思う今日この頃です。
ローダウンした車両のサイドスタンドを切って詰めて使えるようにしているところです。この後TIG溶接しました。


1094 
        カスタムのリスク       (2009年11月4日)

SR500にオイルクーラーは夏場に心強い物です。ですがあらゆるカスタムにリスクはあります。
左にハンドルを切ると、ブレーキワイヤーがオイルクーラーにかかりました。







次に右に切るとワイヤーが引っかかって引っ張られてしまいました。非常に危険です。勝手にブレーキがかかってしまいます。




若干ワイヤーの取り回しを変更しました。これにより少しブレーキが渋くなりました。
何かを得ると、何か問題が起こり、何かを失う事になります。どのようなカスタムにも同様のリスクは伴います。

間違えないで下さい。カスタムを否定はしていません。オイルクーラーは夏場SR500に有効ですので、取り外してはいません。


1095 
       フォークスプリング    (2009年11月5日)

フォークスプリングです。手前が03年以降の柔らかくしなやかなスプリング。奥が82年以前のしっかりした物です。
同じ長さのフォークにおさまっている事を想像していただければ、ずいぶん硬さも違うだろうというのがわかってきます。走り方に合わせ、オイル粘度をブレンドしたりし調整し、量も決めてフォークのセッティングを進めていきます。ノーマルのスプリングで何通りものセットが出来る訳です。高価な外品スプリングは体重が100kgを超える方、もしくはレーススピードで走られる方以外には必要無い物と思います。


1096 
         オーバーホール    (2009年11月11日)

あまりキャブレターのオーバーホールとは言いたくないのです。キャブレターの清掃、調整。ただ、ウィキペディアにも「通常の点検作業では出来ない清掃作業や劣化部品の交換、調整を主目的とする。」と書いてあるので、ある意味そうなのかも?
この車両は長期保管にてキャブレターがオーバーフローしています。それをまずは走れるようにします。セットは走らないと出来ないのです。

最大の原因はこのニードルバルブです。見てのとおり、中のバルブがくっついてしまって出てきません。それも開いた状態でくっついていますからバルブが閉じなく、ダラダラダラーなのです。




このように汚れてもいますので、キレイに清掃もしていきます。






交換パーツは必要最小限度にしました。先に書きましたニードルバルブとBSTでは必ず割れているダイヤフラムカバーに詰まってしまったパイロットジェット。他Oリング類です。残念なのはこのキャブレターはパイロットスクリューのOリングだけでは入手できません。スクリューとの抱き合わせ販売になっています。仕方なくスクリューごと交換です。
これで動かないSRがとりあえずエンジンがかかりまして走れそうです。


1097 
          すぐには仕上がらない    (2009年11月12日)

手前が初代兄さん。私が手に入れてから2年と半年かけて仕上げました。4年乗って、奥の2代目兄さんに乗り換えています。
今、あらゆるところにゆっくり手を入れつつ直しています。現在もまだキャブレターと電気関係に不具合があります。中古車として思ったとおりに仕上げるには何年もの月日が必要です。調整を繰り返す訳ですね。SRの中で1番面白いのがこの2J3(初期型SR500)と、私は思っています。あなたもお気に入りの年式、SRに乗って、気が済むところまで仕上げて(調整して)見てください。面白いですよ。


1098 
          またまた      (2009年11月12日)

またまた新車からリムバンドの役目をしていない新型のプラスティックのバンドです。85年以降だったと思われますが、タイヤがメツラーになってからのタイプです。これではチューブの保護に全くなっていません。通常のゴムタイプに交換することになります。たかだか数十円のコストでも、台数が多くなると大きいということはわかりますが、これはちょっとこまります。


1099 
         単車ナビ      (2009年11月16日)

うまく汎用のステーなどで取り付けられた携帯電話。今時の物はナビとしても使えるようです。工場内に入れると衛星が捕まえられなくウロウロしていました。すごいですね、世の中は。


1100 
       BSTのダイヤフラム     (2009年12月4日)

調子の悪いキャブレターを開けたら、ダイヤフラムが破れていました。新型とは言え89年からのキャブレターですので、古いものは20年以上になるわけです。ゴム類はダメになってしまいます。
部品は\7,382(2010/2現在)しますので、なかなか交換は厳しいものがあります。交換しても完全になる保障はありません。他も悪くなっている可能性もあります。
このオーナーは新品CRキャブレターに換装しました。新品の純正BSTキャブレター(\34,775)も考えたのですが、CR33(\35,000)とあまり変らないため、楽しそうなほうを選択したわけです。どちらがこの先長持ちし、部品の供給も出来るのかはわかりませんが、想像は簡単です。


1101 
         ガタガタにされたステム    (2009年12月5日)

XT500のロワーブラケット。ステムです。ベアリングレースを交換したのでしょう、シャフトがガタガタです。どうやって叩き入れればここまでガタガタになるのでしょう。
こういうのはかないません、なぜならこの次にここを分解した方は、この仕事がMWIの仕事と思うかもしれないからです。嫌だなぁー。


1102 
         遠方からの持ち込み方法    (2009年12月5日)

関東方面からのお客様も多くなってきました。ただネックなのは輸送方法でしょう。安い運送会社でも片道2万円ぐらいはするものです。それでは比較的工賃の安い私のところまで持って来ても恩恵にあずかれません。
この方は軽のレンタカーを借りてSRを積んで来られました。大変ですが、今なら休日は高速道路が1000円です(大阪ですので、1000円では来られませんが)。ガソリン代はかかりますが、それはSRで走ってきても同じ事です。レンタカーは事前予約で安く借りられるそうです。
ありがたい事ですね。なるべく休日は休みたいのですが、来る者は拒まずです。レースなど無ければ、出来るだけ合わせたいと思います。


1103 
         引力に打ち勝つスイングアーム    (2009年12月5日)

ごらんのとおりです。ホイールを外して、リアサスを外して見るとスイングアームの動きが悪い。自重で降りないぐらいです。これではとてもでは無いですが、安定した走行は出来ません。どんなに良いリアサスペンションを使っても、これでは意味がありません。ベアリングの錆かなとこの時は思っていました。




ところがなんと、驚いたことにスラストベアリングの向きが逆に組まれていました。左側の状態です。これでは動く訳がありません。スイングアーム取り外しに苦労したのはこのためだったのです。
右側、外した非常にキレイなスラストベアリングは、逆に組まれ、締め付けられた為に壊れています。全く回りません。
勝手にこのような状態になる訳もありませんし、メーカーをこのような状態で出てくるわけもありません。完全に人災です。誰がやったのかはわかりませんが、この車両は個人売買ですので文句は言えません。
1枚4,368円のベアリングが2枚必要になってしまいました。


1104 
          また出た      (2009年12月5日)

フレームの曲がりと言いいますか、ひずみでしょうか?スイングアームを入れない状態でもピボットシャフトが手でスッと入りません。ずれた状態です。通常は軽くスッと入ります。
これは抜けないピボットシャフトを抜くために、引かないで、叩いて出すとこうなると私は考えています。まだやった事が無いのでわかりませんが、明らかに歪んでいます。まだ今のところ私には修正する技術がありませんので、このままになってしまいます。軽く叩くとピボットシャフトは入りますが、気分の良い物ではありません。


1105 
      自分でタイヤ交換すると言うこと    (2009年12月8日)












自分でタイヤ交換をしたい方が多くいらっしゃいます。それは工賃を節約するのが、1番の目的ではありません。単車乗りなのだから、コレぐらいは出来るようになっておきたい。又は1度は経験しておきたい。というのが1番の目的です。
ツーリング先でチューブ交換ぐらいは出来るようになっておきたいものですね。普通のライダーであれば。
もちろん歓迎です。工場でのご自身の作業は1日1000円で何でもご自由にどうぞ。
ただ、どなたも最後に出てくる言葉は「もう絶対自分ではやらない」です。私もやりたくありません。どれぐらい大変な作業なのか、1度やってみていただければ良いかと思います。
そして、「自分でやらない方が良いですよ、えらい目みますよ」と人に言えるようになってみてください。自分で経験しなければ言えない言葉です。


1106 
      メーターのダンパ交換    (2009年12月14日)

古いSRはメーターがグラグラする事があります。ゴムがゴムではなくなっているのです。メーターのダンパ交換でほとんどは直ります。
左が付いていたもので外す時にバラバラになってしまいました。右側のダンパが新品です。球も切れていましたので交換しました。速度警告灯があるものは少し苦労します。シャキットしたメーターは見やすいので安全です。


1107 
      クラッチワイヤー      (2009年12月17日)

内緒の話です。下側がXT500の純正クラッチワイヤーです。値段はあえて伏せておきます。上側はワイズギアで売られているSR用のロングクラッチワイヤーです。ほぼ長さは変りません。それでいて値段はXT500の純正とは大きく異なります。作りもほぼ同じです。なぜなら作っているメーカーが同じだからです。
使われる方は自己責任でお願いいたします。これもカスタムですから。


1108 
      交換必需の物      (2009年12月19日)

中古車、もちろん新車もSRを手に入れたら絶対交換しなければ危なくて乗れないものがあります。
それはタイヤとリアサスペンションです。まずは普通に国産の新しいタイヤにする。これは新車の場合2年は必要ないかもしれません。人によっては必要でしょう。
それとリアサスペンション。私はノーマルサスでは走れません。いえ、峠を攻める走りはしません。ただの通勤でもノーマルのサスでは危なくて走れません。リアサスはブレーキの効きも左右します。ウソだと思うあなたはまだ交換していないのでしょう。よく書きますが、やってみればわかるはずです。
その後に起こってしまうかも知れないことを考えると、この二点は非常に安価な部品と思います。
1102で紹介した方です。自分でリアサス交換は簡単なものです。また、ネットで買うと安いものです。もちろん私のところのほうが安い場合もあるかもしれませんが?


1109 
      フレームの曲がり判断    (2009年12月22日)

目視でのフレームの曲がり判断は、微妙な曲がりでは非常に難しいものがあります。
画像ではどうでしょうか?補強板が浮き上がっています。ただ、溶接自体に割れなどは無いように見えます。塗装の割れも微妙にわかりません。
通常年式によっては確実に曲がり有りと判断するこの補強板の状態ですが、おかしな事に83年あたりではみな浮き上がっているのです。



上から見ると左側にずれて補強板が付いています。
83年ぐらいの溶接は汚く、ビードはとがっています。スパッタも多く飛び、取られていません。結局目視では判断できませんでした。
オーナーも修正に出す意思は無いようですので、事故車ですがこのまま修理しました。
結果ですが、フォークなど曲がりの無いものにしていくと、キャスターが寝ている事がわかりました。ただ、事情によりそのまま乗っているようです。
私も試乗しましたが、あまりよくわかりませんでした。世の中にはこの車両よりももっと異常な状態のSRが多くあります(新車から)。なので自分でOKと思えばそれで良いのでしょう。
出来れば修正に出してあげたいものです。まだフレームの修正は予算的都合にて試した事がありません。
通常フレームが曲がってしまえば、その単車は終わりです。どんなに良いものでも必ず形あるものは終わりが来ます。それは単車でも人間でもです。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)