メンテ日記 (その39)  
     

1140 
        オイルシールのはみ出し防止    (2010年3月22日)

スイングアームにタイラップが巻かれていました。何でこんな所に?ああ、グリースをポンプで抽入した時にはみ出してしまうオイルシールのはみ出し防止か。
すごく良いアイデアだと思いますが、その後忘れてしまって、真似をしたことはありません。みなさんどうでしょう?
わたしもやってみようかなとこれを書きながら再び思いました。


1141 
         XT500     (2010年4月10日)

まだ知らない事も多く、勉強中ではありますがXT500の整備も承っています。
手に入らない部品も多く、苦労はしますがSRと共通の部品も多いので、何とか出来る事も多くあります。
4月より車両や作業による特別料金は廃止し、一律の時間工賃にしましたので、XTでも非常に安く整備が可能です。



リアタイヤの交換。たとえビードストッパーがあってもチューブタイプであるなら私が作業をしています。
タイヤは単車のイメージを大きく変えます。XT500にはこのキャラメルタイヤしか似合うものは無いでしょう。




振動で脱落してしまったボルトも、ナット側をきれいにし、装着します。






フロントもSR同様に入念な整備が可能です。フォークのセッティングもご注文に応じれます。
手に入らないフォークインナーなどの修正も可能です。
XT500オーナーの方、よろしくお願いいたします。


1142 
        混み合う4月      (2010年4月13日)

暖かくなると単車に乗りたくなるものです。動かそうとすると、あれっ?と事もあります。4月は混み合います、作業予約はお早めにどうぞ。
自分でのオイル交換は工場使用料無料です。駐車場での作業になってしまいますが、やって見るのも良いでしょう。工具、ウエスなど持参してください。
オイルは変更無く鉱物油600円/L.(10W-40,20W-50あります、混ぜるのもOK)。100%化学合成油1,200円/L.(モチュール10W-40)の2種類です。
廃油処理費込みです。

工場使用料も相変わらず1日1,000円です。何をしてもいいです。同様に工具など持参してください。
失敗しても私がいますし、すぐに欲しい消耗部品もだいたい在庫しています。
4月からの新工賃(時間工賃)では、程度の良い車両では足回りの整備、エンジンの整備がおよそ今までよりも20から40%安く設定できました。前後足回り整備で4万円弱、クランク交換でおよそ4万円程です。
手のかかる車両で、今までと同じぐらいの工賃です。申し訳ないですが、リピーター様にお得な回数割引は管理できないので廃止しました。ただ、リピーター様の車両は程度が良いので、割引同様に非常にお安く整備が出来ますので、どうぞ何でも相談下さい。


1143 
         赤い34A      (2010年4月21日)

この赤い34Aは女性オーナーです。ヘルメットがかわいいでしょう。外品のアルミヘッドライトステーが割れたので、純正のステーを探しに来られました。
ノーマルなたたずまい、そして初期型ハンドル。かなりわかっている方のようです。ただ探しているヘッドライトステーが3X4用でしたので厳しいですね。
そういう話ではなく、私の工場に女性オーナーはまず来ません。多分ネットが作り上げた、頑固でややこしいオヤジというイメージがあるからです。
別に来てくれとは書きません。来る者拒まず、去る者負わず精神はかわりません。SRは比較的軽い単車です。大型免許も今では簡単です。もっとSR500の女性オーナーが増えても良いのになと思います。
エンフィールドも新車に限り取り扱っていますが、40%は女性オーナーと言います。なぜSR500に乗る女性はそれほど多くないのでしょうか。
この時点でSR顧客リストには女性の登録はまだありません。まだ女性オーナーのSRの作業をしたことが無いと言う事です。女性割引でも作らないとダメかなぁ?女性には必ず男性も付いて来ますから。


1144 
         純正カスタムディスクブレーキ     (2010年4月22日)

これは自分のSR500です。何度も書いて来ていますが、私はカスタムが嫌いではありません。自分の単車は実に多くのカスタムを施しています。
ただし使うパーツは極力純正品です。あえて説明は必要ないですね。
これも純正の中古品を使った安上げカスタムです。ローターのスリットはこのような雨の日に非常に効果がありました。安全に止まるということを考え、カスタムをしました。晴れの日にノーマルディスクブレーキに不満は全くありません。
何の部品を使っているのかはお答えできません。カスタムは互換パーツを調べる所からもう始まっているのです。ご自分で何とかがんばりましょう。


1145 
       キースターの燃調キット   (2010年4月26日)

キースター(岸田精密工業)との共同開発?(ぼろいキャブを貸しただけ)にて完成した、SR500用キャブレターOHキットです。丁度これが試作品で送られてきた物です。
キットの中には消耗するキャブレターパーツと、セッティングのためのジェットやニードルジェットなど数種類が入っています。およそ純正品の1/10の価格にて現在市販されています。
私のところにも常時在庫するようにしていますが、多忙なため必要な方は直接お求め下さい。
リンクキースター


実はキースターの事は前から知っていました。ずいぶん前にキャブレターOHキットの中にもSR用があるのを知り、隣町でもあったので、直接コンタクトを取りましたが、断られました。
色々と問題があるのだろうなぁと理解し、海外から取り寄せた物が画像の物です。これはカナダのディーラーから取り寄せた物です。
日本から商社を通してカナダへ行き、そこからまた帰って来たのです。送料はもちろんの事、間に入っている業者全ての儲けも入っている価格です。無駄ですね。

今回ひょんなことからコンタクトが出来、私が熱望して話が進み、完成にこぎつけました。商品の方は私がレースなどで使用していますが、問題は何もありません。
ありがたいのは値段です。驚くべき値段です。純正ノズル1個よりも安く、ノズルはもちろんの事、消耗品がほとんど揃う訳ですから。
これで多くのVMキャブレターが生き返る事でしょう。良かった良かった。
その後、加速ポンプのダイヤフラムも試作品が完成し、テスト中です。


1146 
         そう簡単ではない事    (2010年4月27日)

画像はXT500の車検風景です。
この車両は2年前に楽に車検合格した車両です。ですが今回ヘッドライトの光量不足で非常に難儀しました。
2年間でいつの間にか1/3ほどの明るさになっていたのです。もちろんヘッドライト球は今回純正新品にしています。こういうことが起こるのが旧車なのでしょう。
私はとあるXT500オーナーに偉そうにアドバイスした事があります。たとえ古くても各部がキッチリ整備されていれば普通に性能を維持でき、車検は合格するはずだ。と。
整備とはどういうことでしょうか?調整でしょうか、悪くなった部品を交換することでしょうか。

小細工をし、光は集まるよう調整しています。では悪くなった部品。球は交換しています。明るさが出ないのはレンズが悪いのでしょうか?そこでお手上げです。そうなのです、古い単車はもう部品が新品で出ないのです。どうやって性能を維持できるのでしょう。謝ります、もう部品が手に入らないならば、どうしようもないのです。
ジェネレーターはどうでしょうか?マニュアルにあるとおりの電圧は出ています。電流は私には測定できません。そこで、直で配線を引きました。それでもわずかな明るさのアップでしかありませんでした。ジェネレーターを疑った所で、ジェネレーターもすでに新品では手に入りません。XT500に関しては点火系のコイルしかもう販売はされていません。
新品部品が無くなればオリジナルで当時の性能を出す事は無理なのです。
世の中を合法の状態で走らせるには、それなりのカスタムが必要になってくるかも?と言う事です。今回は内緒の手段で合格は出来ました。ですが、安全に走らせるためには何かしら考える必要があるでしょう。XT500に乗り続けるのはそう簡単ではありません。


1147 
          フレームの曲がり     (2010年5月5日)

このフレームは曲がっています。画像の場所に塗装のひび割れが見られると、事故によりフレームが曲がっていると判断できます。
とある場所の寸法がノーマルとcm単位で狂ってきていました。
見てわからないものは乗ってもわからんとよく言うもので、結局はフレーム以外の全てを普通の状態にしてから乗ってみて判断する事になります。
ここでも経験が物を言います。たとえばSRを数台しか乗ったことが無い方には判断は難しい物です。通常皆さんのSRは手放しして走行すると、右にゆっくりと曲がっていくはずです。それは右側にマフラーがあり、重いからだとムチャクチャな事を言う方がいますが、それはおかしい話です。それであれば左にバッグを装着し、数キロの荷物を入れれば真っ直ぐ走るはずですがどうでしょう?
この先の結論は皆さんが考えてください。新車だからフレームは真っ直ぐだ。と言うのは私の経験上当てはまらないように思います。


1148 
        何かを得れば何かを失うカスタム     (2010年5月5日)

画像はSRのノーマルグリップと、右はヤマハ純正のVM28用のグリップです。
SRのVMもしくはBSTキャブが悪くなった場合、キャブレター全てが消耗品と考え、CR33などに変更する事は多くあります。新品のキャブレターは優れたパフォーマンスを発揮してくれますが、弊害もあります。それはアクセルが重いと言う事です。レーシングキャブレターであるので、アクセルを少ない角度で全開にする必要があるため仕方ないのですが、それを何とかノーマルぐらいに軽くしようと考え、私が試してみた部品がこれです。賢い方には見ただけで理解できるでしょう。
テストしましたが失敗でした。確かにアクセルは軽くなり良好のように思えました。ですがとある事がクリアできず失敗と判断しました。カスタムは何かを得れば何かを失う物です。
グリップが何用かはここでは書きませんし、何が失敗であったのかも書きません。自分でやってみて、それだけが信じれる経験となるからです。やはりノーマルが良いみたいです。


1149 
         ベアリング抜き      (2010年5月7日)

恥ずかしながらベアリングにあまり興味はなく、8周年記念でようやくベアリング抜きのセットを購入しました。貧乏なので安物です。
今まではSRのハブに対応する17mmのみのベアリング抜きで仕事はこなしていました。ベアリング自体は錆びた、もしくは動きが悪くなって、始めて交換すると言うような興味のなさです。慎重な方は定期的に交換されているでしょう。グリースが劣化するからです。




使用方法です。叩き出すわけではありませんので、至って静かな作業です。叩き出さないので、物によっては洗浄グリースアップし再利用も可能かも知れません。






ただしベアリングを抜くだけにこれだけの工具が必要になってきます。もちろん手間もかかります。


1150 
        トーションスプリング折れ     (2010年5月10日)

走行中にチェンジペダルが落ちたまま戻ってこなくなったと言うもの。それによりシフトアップは出来てもダウンは出来ないので走行不能になりました。
このように内部の構造がわかっていれば、走行不能にはなりません。足でペダルを少し上げて戻してから踏めばシフトダウンはできると思います。
この方はそれが出来なかったために私が引き取りに行き、引取り代を使いました。内部構造を知り、落ち着いてであれば工場までたどり着けたでしょう(距離が近かったので)。勉強は節約に繋がります。


見事に折れています。もちろん疲労で折れるので、どれぐらい走行すれば折れるかなんてわかりません。チェンジの回数による影響は大きいでしょう。
実は私もこれはこの仕事を始めてから初めての事です。スプリングは折れますが、実際には初めて見ました。




破片は通常このストレーナーに落ちます。ですが稀にどこかに引っかかるかもしれません。そういう時は異音等でわかると思います。走行してはいけません。




右が現行車の新品です。わかりますでしょうか?実は現行車は初期型よりも0.2mm太くなっていました。つまり初期型の強度は足りなく、いつかは折れるものだと思っていれば良いのかもしれません。逆に考えれば現行車はシフトが硬いとも言えるのではないでしょうか?これも部品を仕入れてみて初めて知りました。まだまだ知らない事も多くあります。経験はよい勉強になります。



シフトシャフトとチェンジペダルにもダメージがありましたので、ついでに交換しました。








シャフトを交換すれば必ずここの調整も必要になります。これはサービスマニュアルにも書いてあります。


1151 
         部品のロワーブラケット     (2010年5月13日)

画像は輸出向けのロワーブラケットと思われる2J4番号のパーツです。シャフトにハンドルロックの穴があるのが特徴です。
事故車の修理のためにロワーブラケットを注文しましたが、いつの間にか3GW番号の安い純正オリジナルのロワーブラケットが出なくなりました。
在庫管理を簡単にするためにこのパーツに統一されたようです。おかげで40%も高い、オリジナルとは異なる純正パーツを買わなければならなくなりました。
どんどん部品の値段は上がっていきます。部品で1台組むと200万円というのは遠い昔になりつつあるようです。今SR500を部品で1台組むといくらになるのでしょうねぇ。
付いて来るオリジナルベアリングレースを外し、アンギュラに交換し組み付けます。


1152 
           工賃を浮かすという事     (2010年5月14日)

以前、工場使用料1000円で何をしても良いと書きました。この方はエンジンを初めて降ろしています。
4月からの時間工賃にて、私にはなるべく作業をさせないほうが、工賃は安く付きます。今までは辛いエンジンの積み下ろしは2万円程頂いていました。それほど時間がかからないのにです。現在は辛い仕事も楽な仕事も一律で時間工賃です。ですので、私にパッキンはがしなどをさせるのは非常にもったいない事なのです。


さらにエンジン分解、ある程度のパッキンはがしもされていかれました。正解です。1日でそこまでやるとはたいしたものです。ずいぶん工賃を浮かす事が出来たと思います。
通常私がエンジンを下ろし、分解、ピストンを見るまでに約1時間がかかります。現在の工賃では6000円になってしまいます。それが浮くという事は、そのお金でピストンを新品に出来るという事です。
作業はミッション交換でしたが、ミッションを交換し、エンジンを積み込み、完成までで工賃は4万円でした。かなりお得になりました。
以前はクランク交換6万円でしたが、この感じでは5万円もかからずにクランク交換が出来る事になります。ミッション交換よりもクランク交換の方が楽なのです。
個々の車両の状態により若干異なりますが、20%は工賃が安くなったという事になります。本当に悲しい事ですが、非常に明朗で平等な工賃になりました。皆さんも出来る事は自分でやって工賃を浮かせてください。また、出来ない事は20〜30%工賃が安くなってしまったMWIにどうぞお任せ下さい。


1153 
         イミナシ      (2010年5月14日)

特別な意味はありませんが、中古車の製作です。今は受注生産状態です。中古車が欲しい方は予約してください。
エアエレメントを新品にしたこの車両。ふと見ると私の誕生日でした、それも20歳の。20歳のころは全くSR500なんて駄馬には興味がありませんでした。もちろん大型免許も夢の話でした。今は良いですね、「夢は大型免許を取る事」ではなくて。そしてナナハンに乗ること?


1154 
         レースの割れ     (2010年5月17日)

中古車を作っているときにステム下側のレースの割れを発見しました。
ステムの具合は悪くなく、危うく見落とす所でした。指でグリース塗ってると指先に違和感を感じたのです。テーパーベアリングのレースは薄く割れる可能性があります。
実はこの中古車は私製作の2号機です。当時初めてテーパーベアリングを入れたと思います。技術の足りなかった私のミスかもしれませんし、一旦締め付けた時にキッチリ納まってなく割れたのかもしれません。もちろんその後の走行で割れたのかもわかりません。
具合は悪くないので、そのままでも問題は無いでしょう。自分で乗るならそうしたでしょう。ですが中古車にします。割れたままでは中古車と言って売れません、ベース車です。
さてこれを取り除くのに難儀しました。なぜならこれが最初の1台で、次にレースを取り除く時はどうするのだろうということ知り、これは次からはフレームの内側を削らないとダメだなと勉強させてもらった単車だからです。この車両はフレームを削っていません。
かなりの時間をかけて割って取り除き、アンギュラに交換後中古車になりました。今頃になって勉強代を払うとは思ってなく、非常に難儀しました。個人的にもうテーパーベアリングはこりごりです。


1155 
       痩せたフォークスタッド     (2010年5月18日)

ボルトやナットを全て抜くところは気が付きますが、フォーク下のスタッドボルトのようにナットを少ししか緩めないで良い所はなかなか気がつかないものです。
時には全て外して点検するべきでしょう。画像の状態でも既定トルクで締め付けることが出来ます。ですがどうなってしまうのか?それはわかりません。
現在MWIの中古車は全てフォークを分解しフォークシール交換をしています。よってこの様な事になっていても気が付き、交換しています。安い物ですが、交換に注意は必要です。もちろん専用工具も必要となってきます。


1156 
        削れるシム       (2010年5月24日)


長くなるので訳は書きませんが、ミッション交換をしています。そのメインアクスルのシムが削れて無くなっています。







左側が通常の中古シムです。厚さは新品で0.5mmあります。右側が削れてバラバラになったシムです。
通常ベアリングとピッタリ付いている筈だと思いますので磨耗するとはあまり考えられる場所ではありません。


パーツリストを見て新たに知ったことは、SR400で言うと3HT4(1JR-283101〜)からこのシムが0.3mmに変更されています。なぜかはわかりません。
そして今その0.3mmのパーツは手に入りません。その品番で注文しても0.5mm物が来ます。現在のRH01Jも04年から0.5mmに戻ったようです。
これが意味するものは何でしょう?現行RH03Jも0.5mmを使われているという事は、0.3mmのシムは削れて無くなってしまうので失敗?だったのでは無いでしょうか。
もう1つ、この車両だけではなく交換用の同年式部品取りエンジンのミッションのシムも同様にバラバラであった事を書いておきます。


1157 
         コンプレッションゲージ      (2010年5月26日)

簡単にエンジンの状態を知る事が出来る測定器具としてコンプレッションゲージがあります。
ピストンのクリアランス過多による圧縮漏れ。またはバルブの密着不良による圧縮漏れなど、即わかります。
工場にありますので、私の機嫌の良い時に言ってもらえると測定できます。ただし古い車両はご自身のショックも大きいです。
画像は私の現在乗っています78年式のSR500ですが、エンジンにはまだ手を入れていません。ご覧のとおりです。これでも動きますよ、燃費は悪いですが。


1158 
           タイヤ交換      (2010年6月1日)

タイヤ交換に関してです。
これほど儲からなくて辛い仕事はありませんので、一時はご新規さんのタイヤ交換はしないと言う事も、日記やブログ、またはこのメンテ日記で書いたかもしれません。
ですが4月からの時間工賃により、どなたでもタイヤ交換させていただくことにしました。タイヤ自体はネットでご自分で買われるのと同等もしくは少し安くでお譲り出来ます。ほぼ仕入原価です。
問題は工賃で、キッチリ時間にて工賃を頂く事にしました。よってフロントは安く、リアは工賃が高いことが予想されます。また量販店並みの2000円とかでは到底出来ません事も書いておきます。もちろん作業内容は同じでも仕上がりは異なる事を理解頂き、工賃も伴って異なると理解していただければよろしいかと思います。
ブレーキやチェーンの調整の仕上がりは全く異なるものと自負しています。
画像のチューブレスなどは速く、安くなる可能性もあります。また、画像のチューブレスタイヤにチューブを入れての装着も下請けにて任せますので、預かりの上、若干高くなる可能性もあります。
しかし何故こんなにTT100は人気なのでしょうか?確かにチューブレスではSRに似合うタイヤはこれしか無いと思いますが、チューブタイヤなら他にも選択肢が多くあると思います。
来るもの拒まず。以上の事により、すべてのSRのタイヤ交換を請ける事といたしました。金額的に安く済ましたい方は量販店にどうぞ。


1159 
         重いリアホイール      (2010年6月1日)

SRのリアホイールは重い。ハブクラッチなど複雑な構造で重くなっています。画像はDIDリムの93年ごろのノーマルに、サンスターの520サイズスプロケットの付いた物です。タイヤは新品TT100の4.00-18でチューブ使用です。約14.3kg

比べるのは歴代で1番重い大八車キャストホイール。83年ごろのノーマル33Yでスプロケットもノーマルの530サイズです44T。チューブは入っていないTT100の4.00-18ですが、チューブ入りのアルミリムよりもはるかに重い16.7kgです。
バネ下で2kgも重さが違うと、全く単車の挙動が違います。楽に気持ちよく走れるのは軽いほうですが、どちらが面白いかは人それぞれの好みです。あえて今時の単車ではなく、SRという単車を選んだあなたにはわかると思います。


1160 
       燃調キット     (2010年6月1日)



キースターのキットです。これだけの物が入っています。初めて中古車に使用してみようと思います。組み上げた後のセッティングも可能なので楽しみは膨らみます。
エンジンとキャブによって個々のセットは全て異なるからです。



3X4キャブから取り出したパイロットスクリューのスプリングとワッシャーにちぎれたOリングです。たとえこのような細かいパーツを無くしても心配はありません。この画像のパーツ全てがキットに入っているからです。


1161 
        必要な物     (2010年6月3日)



本当の初期のころに作った2号機。何も付いていません。肝心なところが整備できていれば、細かい所はまぁいいかと言う考えだったのかもしれません。それで無いと安く組めなかったのも事実です。



今は中古パーツもお金をかけて多く在庫していますので、その中から同程度のボロさの部品を探し出してオリジナルのごとく仕上げています。
ブレーキホースのクランプと、ヘッドライトの上下を固定するステーです。メーカーは要らない物はすぐに省きます。必要だと思うからこそ付いているのです。それを省く事は何かしら不具合が出る元になります。
こういうところにまで手を入れるからこそ、中古車の価格は上がってしまいます。逆に省けば安く出来る訳です。そういう安いだけの車両は現在製作していません。


1162 
        曲がったアクセルワイヤー     (2010年6月10日)



この車両はFCRに換装の時に、RH01J用ワイヤーを使ったようです。それに無理がかかったようで曲がってしまっています。これではナットが通らず、調整も難しくなります。確かに新品の高性能なキャブレターは優れたパフォーマンスを発揮してくれます。ですが、カスタムは良い事ばかりで無いのはいつでも頭に入れておかなくてはなりません。


1163 
        曲がったハンドル           (2010年6月11日)



私が指摘するまで気が付かなかったと言うハンドルの曲がり。左側が下と手前に大きく曲がっています。これほど大きく曲がっていても長くこれで乗っててわからなかったと言うので、人間って順応性が高いですね。何とも言えません。
ただ、ハンドルは転倒で簡単に曲がります。1cmほどの曲がりは本当にわからない物です。


1164 
        壊れるコック       (2010年6月15日)



コックは壊れます。壊れるとガソリンが漏れたままになります。この初期型はもちろん、後期型も漏れを止める部分の部品はヤマハから出ていません。
手に入る後期型をASSYで買うしかないのが現状です。約6800円現在します。バキュームではなく、昔ながらの手でOFFにするタイプにしてくれれば良いのですが。
画像は使えるコックに交換したところです。初期型はデザインなどの事もあり、なるべく交換はしたくないものです。
一部社外品や社外品を装着できるようにした物も出回っています。問題は消耗パーツが手に入るかということです。


1165 
        壊れる初期型ウインカースイッチ      (2010年6月15日)



非常にわかりにくい画像ですが、これは84年以前の左ハンドルスイッチを分解した物です。ウインカーのスイッチのハンダが振動か何かにより外れてしまいました。これにより症状としては、片側のウインカーが前後共に点かなくなります。非常に良く起こるトラブルです。ハンダ付けが上手く出切る方は修理が簡単ですが、相方は樹脂、つまりプラスティックですので、かなりの熟練者でなければ、私のようにスイッチを溶かすだけに終わってしまいます。
私には修理不可能ですので、中古部品と交換しました。新品部品はすでに出ません(代替品はまだ出ます)。安く修理してくださる電気屋さんを探しています。


1166 
         オイル漏れ        (2010年6月22日)



単車を置いてるとオイルの漏れた跡が・・・よくあります。チェーンのオイルかもしれませんが、ずっと止まらなければエンジンからのオイル漏れです。
通常ニュートラルスイッチが壊れたか、このチェンジシャフトのオイルシールが悪くなっています。ニュートラルスイッチの交換は楽ですが、このオイルシールは難しい物があります。構造を知っていれば良いのですが、失敗すると右ケースカバーを開けなくてはいけなくなります。画像はXT500のチェンジシール交換中の物です。
オイルが出てきますので、出来ればエンジンオイル交換時にした方が良いでしょう。どちらの部品も在庫あります。


1167 
        みんなが喜ぶ売り方      (2010年6月30日)



私はほとんど趣味でこの仕事をしていますが、赤字では続けれません。家計の足しにはなら無いですが、それなりに黒字にしなければいけません。
ですので買い取りの話は多いのですが、いつも私を悩ませます。
たとえばピカピカのSR500の最終型です。このオーナーは某外車に乗り換えました。置いておきたいのですが場所が無いと言うよくある話です。某外車ディーラーの下取り価格は標準的なもので、買い取り専門店よりも良い金額であったと思います。
私が整備したSRですので、内部は良くわかっています。私なら高く買えます。ですがそんな金額の現金は持ち合わせていないのです。つまり私が出す査定額は私には買い取り出来ない金額なのです。
もし買えたとしても、そこから再度整備すれば整備代を足さなくては売れません。普通の中古車にしてしまうと、それこそすごい金額になってしまいます。
ですので、番外としてベース車として代行販売をこのホームページでしました。金額は非常に安く抑えれます(売るにあたって無整備の上、保障無しですから)。申し訳無いですが、私は手数料としておよそ20%弱頂きます。
新オーナーは業者オークションでの流通価格並で、過去に私が整備したピカピカのベース車を買う事が出来大喜び。旧オーナーは某外車ディーラーの査定価格の倍の金額が手に入り大喜び。私はほとんど苦もなくリスクもなく隙間手数料を頂き大喜びでした。またそのうち新オーナーは私のところに整備に持って来てくれるでしょう。
車両によってはこういう売り方も出来るということです。


1168 
         コストのため無くされた物      (2010年6月30日)



SRが安物であり続けるためにメーカーは努力しています。YZFR-1 WR250などコスト関係なく高性能を追い求めるメーカー代表の旗艦もあれば、ストリートなどで気軽に乗れる安物バイクも必要です。SRだってメーカーが70万円で販売する予定で作れば、もっとマトモな単車になるでしょう。もちろんマトモではSRを選ばない方も多いでしょうが。
本当に安いバイクなりの努力が見えます。部品の質や点数はどんどん落ち、減らされていっています。この車両(SR500最終型)ではコネクタ部のゴムカバーが無くされました。安いゴムですが、台数を考えれば大きな金額なります。
性能を維持する上で無くされては困るものは止めてほしいですが、飾りなど必要の無いものは無くして、このまま安い値段を維持して行ってほしいものです。
78年当時、SR500は約35万円でした。ナナハンと呼ばれる最大排気量車はおよそ50万円。今の1000CCクラス、XJR1300とかはいくらかは知りませんが、当時の倍100万円であったとしたら、SR400を70万円予算で作ったなら当時と同じレベルの素材、精度、技術で作れるのかもしれません。でもその金額では誰も買わないでしょうね。安物だからこそSR400を買う方がいるのも事実なのです。文句を言ってはいけませんよ、メーカーは無くす事も出来たのですから。


1169 
          先客があったフォーク      (2010年6月30日)



中古車製作のためフォークに手を入れます。キャップに叩かれた傷があります。先客の仕業でしょう。ですが先客は私です。先々客でしょうか。こういうの見ると嫌になってきます。キャップを交換するかどうか悩みどころです。



フォークシール交換のために分解しました。何もシールが悪いわけではありません、内部を点検するために分解するのです。
手前のアウターから奥のアウターに交換する事にしました。



なぜなら先々客の仕業でしょうか?クリップの入る溝が細く潰れています。アウターをハンマか何かで叩いたのでしょう。クリップを難儀して抜いたら、2度と入らなかったのです。
こういう事を知るために分解するのです。先客の私はオイル交換をしただけですので気が付かなかったのです。
外見は悪い中古車です。左右のフォークアウターが異なるかも知れません。ですが、普通に使えるフォークアウターが付いています。
ベース車は長い年月を過ごしています。どこで何があってもおかしくありません。それを安く普通の中古車にするのはなかなか骨が折れます。こうやってマトモな中古車になっていきます。ネットオークションや他店よりも値段的に高い事もあるかも知れませんが、値段には訳があるのです。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)