メンテ日記 (その40)  
     

1170 
         きれいにするのは意外に簡単     (2010年7月1日)



ためしに現在製作中の中古車です。左ケースカバーに錆があります。



磨きの素人の私が、ものの1分でグラインダにてここまで出来ます。ぼろい中古車をきれいにするのは意外に簡単なことです。私は磨く趣味ありませんからしません。ご自分でどうぞ。
気をつけなくてはいけないのは、きれいな単車と言うだけで中古車を選ぶと怖いかも知れないと言う事だけです。ま、きれいな単車は普通はよく手が入っているものですが・・


1171 
         ネットオークションでも当りがある     (2010年7月3日)



このタンクの美しさ。初期型でこれほど美しいタンクは見たことがありません。



東京から来たこの2J3のモドキはネットオークションで買ったといいます。今回整備をしましたが、ほとんど大きな問題は無かった走行の少ない極上のベース車でした。
さらに言うなら東京から高速でやってきたオーナーは女性です。わたしのところでのSRのオーナーとして女性の顧客登録は初です。
ネットオークションでも当たりはあるのですね。金額はそれなりですが、このベース状態なら安いというしかありません。元がよければ後でかかる金額は少なくて済みます。


1172 
          ETC      (2010年7月4日)



東京から整備に持ってこれるのもETCのおかげです。休日なら2000円少々ほどで東京から大阪まで来れます。
バッテリーを安い小さなものにしたら上部にスペースが出来ます。そこにうまくETCを隠してあります。ETC本体は目立たない所に隠すべきでしょう。でないとETCカードが盗難される恐れがあります。
だいたいハンドル周りにデーンと取り付けられたETCはSRには似合わないと思いませんか?不細工ですよね。


1173 
         忘れ物とボルト     (2010年7月6日)



エンジンの部品はだいたい見れば何処の部品かもわかります。ボルトも長さを判断でき、何処のボルトかわかります。ですが、それは腰上に左右のカバーまでです。
さすがにクランクケースを割る仕事は年に数回しかありませんので覚えていません。そこでこのようにシリンダ部から抜いていったボルトを並べるのです。こうしておけば組むときは順に差し込めば良いわけです。締め付けは対角線上ですよ。



今回開けたのは、私のミスによるクレームです。画像のメーンシャフト奥のワッシャを入れ忘れました。
オーナーには再度持ってきてもらい、お待たせすることになり非常に申し訳なく思います。
このワッシャが無くても構造上普通に走れますが、メーカーが不要なものを作ったり、入れるわけがありません。必ず何かの理由で必要なのです。エンジンを再度降ろし、分解して入れました。
ミッションなどは非常に気をつけてやっているのです。でも人間ですからミスするようです。こういう事は隠しませんし、失敗を言い訳したりしません。何でもおかしいと思えば言って下さい。あそこはミスしないとは思わないでください。どんな大きくて有名な工場、ショップでもミス、失敗、不良品はあるものです。より以上チェック体制を強化し望んでいきます。
そしてもし失敗すれば謝ります。謝ることが出来ないバイク屋はろくなものではありません。


1174 
          最終型      (2010年7月9日)



特別な意味はありません。両方のリフトに最終型のSR500が載っただけです。
当時は免許を持っている方も少なく、まったく売れなくて安く売られていた最終型3GWですが、現在は中古車市場で高値安定しています。
程度によっては当時の新車価格を上回るものも少なくありません。なぜSR500がそんなに人気があるかは私にも理解不能です。ただ、理解できなくてもSR500って良い物ですよ。


1175 
       ウェイトの位置       (2010年7月15日)



ホイールのバランスを取るウェイト(錘)の位置にも注目してください。右下にバルブ、左側にウェイト20gx2です。ま、あまり考えれないですがありえる状態です。ですがバランサーに載せて両側が下に来ているこの状態ではバランスは取れていません。
通常バルブの反対側にウェイトが来るはずです。ですがそれもバランスの良いタイヤであれば一概には言えません。タイヤだけではなくリムなどの振れやバランスも含め、色々な状態で変化します。一度計ってみれば良いと思います。高速道路の走行が多い方はずいぶんとこれで振動は異なってきます。


1176 
        事故の痕跡      (2010年7月16日)



整備中にフロントのハブが欠けているのを発見しました。通常ありえない欠けです。大きな事故を起こした車両かも知れません。いくらきれいでもこういうベース車は敬遠した方がよろしいでしょう。



同じ車両のエンジン下のアンダーカバーです。大きな穴が開いています。どこかに乗り上げたのでしょうか?


1177 
        フォークアウターの不良     (2010年7月20日)



フロントフォークの分解整備です。シール交換はもちろんのこと、分解整備をすると内部をきれいに洗浄することが出来ます。
また色々な異常を確認できる事にもなります。このフォークは動きが悪く、アウターの不良としてアウターを交換する事にしました。実は事故歴のある車両で、フォークインナーのみ新品にされたようです。



測定しましたら当然インナーに曲がりは無い状態です。他のアウターに入れれば何の問題も無く良い動きです。アウターのひずみのためか画像の焼け?変色が出来ていました。



こちらのフォークアウターはスライドメタルにダメージがあり動きが悪くなっていました。スライドメタルの交換は現実的ではなく、やはりアウター交換と言うことになってしまいます。



廃棄フォークアウターです。事故をすればASSY交換がよろしいようです。



おまけですが、長く止まっていた車両を整備すると、画像のようにシリンダに錆が来て動きを悪くしているものもあります。シリンダ交換にて動きは良くなります。たまには分解整備は必要ですね。


1178 
          ネットつながり      (2010年7月22日)



ネットとは不思議な物です。このホームページも見る方が多くなり、色々あります。
まずネットで書かれていることを信用するのも信用しないのも自由です。本当のことが書かれている証拠は何もありません。よく、「ネットで書かれてるから」と言う方がいます。信じてしまっています。それって大丈夫でしょうか?古い物がそのまま残っている事もあります。
反面私などは、当たり障り無いようにこの文章などを書いているつもりですが、嫌われることもあるようです。とあるところでは教祖にされていますし、このホームページは洗脳している物のようにも書かれています。特に個人的な日記は良く問題を起こしているようです。

メールも難しい物で、意図などがうまく伝わらない事も多くあります。文章ではなかなか伝わらない物ですね。現在すべてのメールに返信していますが、何回も書くように、知り合いではない方の質問にはお答えしていません。
つまりメールで「知らない方の質問にはお答えしていません」と返信されるとどうでしょう。非常に冷たく感じます。それならば「すみません、わかりません」の方がいいのでしょうか?または返信しないで無視が良いのでしょうか?
バイク屋さんの中には親切に対応しているところもあるでしょう。すばらしいことです。ですが私は一人です。毎日多量のメールがお客さんや知らない方から届きます。お客さんはありがたいことです。が、知らない方も同じようには出来ません、疲れてしまいます。

ところが知らない方からこのようなお菓子のプレゼントが贈られて来ることもあります。メンテ日記は勉強になったからと。会った事もない方からです。時々使わない部品も多く送られてきます。使ってくださいと。
前のサーバーでは78万ヒットぐらいまで行きましたでしょうか。恐ろしいぐらいです。なぜか不思議なものですね、ネットでのつながりは。
それでもこのホームページは応援してくれる方がいる限り続きます。続けます。


1179 
        社外品の相性      (2010年7月22日)



純正ならば何も問題はありませんが、社外品を組み合わせることによって不具合が出ることもあります。画像はブレーキペダルを踏み込んでもエキパイに干渉しリアブレーキが効かないという状態になっています。
それぞれの社外品は優れた部品であっても、組み合わせを間違えるとこのようになってしまいます。調整でうまくいく場合もあれば無理な場合もあります。社外品を使うにはそれなりのスキルが必要になるようです。


1180 
       加速ポンプ付きVMの難しいわけ     (2010年7月29日)



画像は初期2J3キャブの加速ポンプ用ダイヤフラムです。ガソリンが漏れていた様な跡です。ここにガソリンがにじみ出ると、それはバキュームによってインテークまで運ばれてしまいます。別経路でエンジンにガソリンが行ってしまうわけです。



これは人災ですね、Oリングがつぶれています。これも加速ポンプの無いVMであれば起こらないことです。



これはいいアイデアです。初期型はビスのゆるみ止めのために、ワッシャを曲げてロックします。その上にスプリングワッシャを入れてゆるみ止め効果を狙った物です。何回も外すとワッシャが折れてしまうのを防ぐためでしょう。



右側はキースターの試作品のダイヤフラムです。まだ今のところはメーカーからもダイヤフラムが出ますので、必要ないといえば必要ないですが・・・純正よりも安く出来れば魅力があります。



同様の試作品です。これを見るとわかる方には動きが少なくなるんじゃないかと心配があるでしょう。ところがゴム部分の材質が純正とは異なります。現在テスト中ですが、非常に良く噴射できます。



これはもうメーカーからは出ない加速ポンプ用スプリングです。よく分解中に飛んでいって無くなってしまいます。それでもう加速ポンプが使えないなんて悲しいですね。無ければ作れば良いのです。いえ、作ってもらえば良いのです。(修理屋の私には作れません)


1181 
          夏休み到来      (2010年7月29日)





ようやく請けていた仕事が全て終わり夏休みです。
日本人は働きすぎとよく言われます。オーストラリアで仕事をした経験のある私も同意見です。ここは勇気を持って夏休みをします。自営業者に有給休暇というものは無く、仕事をしなければそれだけで経費がかかって赤字になるのは必至です。
やりたい事をしたいから始めた仕事です。ここのところ自分の事は何も出来ていません。それでは何のためにこの仕事をしているのかがわからないのです。申し訳ないですが長くかかる仕事は休まさせていただきます。私だって自分の単車いじりたいのです。



代車でもあるセロピーちゃんを売ったり。



中古車SR500も作って売ったり。



このメンテ日記最初の方にでも出てたチビが小学校最後の夏休みで、海に。



山に



川に



キャンプに



代車を売ってしまったので、新たに代車作ったり。現在代車はカブ90です。燃費は1Lで軽く45kmは走れます。



5月に買ったXT500を仕上げたりしました。まだ消耗品、タイヤとチェーンがこれからです。乗るときに新品に交換しましょう。
ありがとうございました、良い夏休みでした。


1182 
         ブレーキシャフトのアイデア      (2010年8月14日)



XT500の勉強も続けています。このブレーキシャフトはさすがに名車だけのことはあります。
SRも真似してグリースが注入できるよう加工してはいかがでしょう。高いですがこのシールはまだ手に入るはずです。
私ですか?私は加工しなくてもすぐに分解してグリース入れれますので問題はありません。ただこのシールは使ってみたいと思います。
(XT500のこのシールがSRに合うかどうかは試していません、ご注意ください)


1183 
         スイングアームのベアリング     (2010年8月14日)



見覚えのあるブッシュにスラストベアリングです。じつはこれはXT500の物です。
SRのように安いだけの単車にもこの高級なベアリング入りのスイングアームが付いたのは、実はベースになったXT500が名車だったおかげです。名車の血を引き継いだ訳です。良かった良かった。


1184 
          バッテリーのトラブル      (2010年8月25日)



画像ではわかりにくいですが、プラス側のターミナル配線が振動により切れた物です。もう修理済みです。お客様はバッテリーが終わったとご来場しましたが、バッテリーは問題ありません。
ノーマルのSR500ですのでダンパにより振動処理はされているのですが、カスタムにより小型のバッテリーにしたために起こりました。タイラップにて縛っていたのですが、劣化か何かで画像のようにタイラップが切れて、バッテリーが振動で暴れていたようです。
カスタムはこういったリスクもあります。ノーマルバッテリーは外国製のユアサで現在1万円ちょっとします。定価はその倍です。このMFバッテリーであれば外国製で2000円程です。安物とはわかっていても変更したくなりますね。もう少し固定を発布スチロールか何かで工夫すればうまく使えそうです。(カスタムは自己責任です。MFバッテリーへの変更で問題が起きると思う方はお止めください)


1185 
        XT500のVMキャブ     (2010年8月25日)



チャンバを開けるのにも苦労したVM34です。もちろんスロットルなど動くはずもありません。27年間放置されればガソリンはワニス状になって琥珀みたいに固まるようです。



こういうときはまず煮ます。それによりワニス状の物は柔らかくなり、各部が可動になります。この状態でスロットルは動くようになりました。



動くようになれば分解します。非常に簡単な構造ですので、部品点数も少ないのです。もちろんそのおかげで軽いのが特徴です。キャブクリーナーなど使用して根気良く清掃すれば、ほぼ全ての穴は開通するでしょう。
加速ポンプなどの細かい経路も無く、スターターの穴が開通すればそれは使えるようになります。



今回これだけの部品を交換しました。たまたまあったので交換しただけで、交換しなくても動く事は可能であったと思います。パイロットジェットは濃い目に、メーンジェットは薄めにしました。ゴムOリングは交換が望ましいでしょう。そうそう、チャンバのパッキンも交換しました。全て社外品です。
これで現在調子よく動いています。セッティングは走行し始めてからになります。
部品点数の少ないXT500の1E6VMキャブレターは、比較的生き返りやすいキャブレターです。


1186 
         XT500のハブクラッチ      (2010年8月26日)



申し訳ないですが、夏休みでXT500を再生していますのでその記事が続きます。
さて6年前にXT500を目の当たりにし、整備したときに見つけたのがここの内部に装着されていたOリングです。ネット上で何回も紹介してきたので、装備されている方も多いでしょう。ヤマハも罪ですねぇ、SRで省くなんて。
お客さまの中には「イマムラさんが見つけて紹介したのに、いかにも当然のごとく自分のブログやホームページで書いている人がいる。ずるい」と言ってくれる方もいますが、SRが全車Oリングを装備し、最終的には新型SR400に標準装備されればそれでいいのです(新型を見た事が無いので付くかどうかは知りませんけど)。
それに私よりも早くから気が付いていた方はいるはずです。ネットに紹介したのが私だっただけです。しかしOリングも高くなりました。紹介してから60%は値上がっています。
ですが手に入るだけまだマシなのです。その6年前には手に入った部品のほとんどが生産終了になってしまいました。この画像で手に入るものは黒いハブクラッチのみになってしまいました。
メッキのナット、スタッドボルト、ロックワッシャ、44Tスプロケット、ダストキャップ。もう新品は手に入りません。ですがスプロケットは42Tも46Tも手に入りますのでSRでの520コンバートに使えます。
このようにオリジナルを保っているXT500は私の自慢です。そしてこのハブクラッチはOリングを装着するのが当然当たり前と言う事で設計されたトルク緩和装置なのです。


1187 
        XT500のステムベアリング     (2010年8月31日)



ステムのベアリングはSR500も同じ物になります。このころのヤマハは50CCから750CCまで同じステムベアリングでした。重い単車は壊れて当然の個所です。
この車両は走行少なく、使えそうでしたが錆が気になったので交換しました。
ちなみにロワーブラケットはシャフトを除きアルミです。



新型SR用のアンギュラベアリングを使用しました。


1188 
        XT500のポイント        (2010年9月2日)



XT500はマグネトー点火。ポイントが付いています。これが非常に幅の広いセッティングを用意してくれて面白いのです。
無事エンジンも始動し、ポイントの調整をエンジンをかけながら音を聞いてしているところです。30年前には得意でした。今でもやってみたら良い所にセットできました。
CDIとは違い、こういったアナログなところが非常に面白いのがXT500なのです。
ポイントは70年代で絶滅したと思います。それもまた時代ですが、徐々につまらない単車が増えて行ったのも事実です。CDIではケッチンもありませんのでつまらないものです。恐怖のキックもなかなか緊張し良いものです。神話のようになっていますが、まだ味わえる単車も残っています。怖いので少し遅めにタイミングをずらす事も出来ます。


1189 
          フレームの修正      (2010年9月2日)



9月に入り、仕事も再開します。
事故により曲がってしまったフレームを修正してもらいました。口コミで出会う事の出来たフレーム修正専門の工場に任せました。職人の自信同様にすばらしい仕上がりです。
形あるものはみな終わりがある。SRの場合はフレームが逝ってしまったとき。と今までは言っていました。ですがこの職人と知り合ったことにより、それは当てはまらなくなりました。
本人の自信はすごい物で、どんな事故でも修正は可能と豪語しています。自信は経験の上に成り立ちます。
事故でフレームが曲がっても修理したい方は相談を承ります。修正は損傷具合により5万円ぐらいからです。


1190 
          餅は餅屋      (2010年9月4日)



私が日記でよく書く「餅は餅屋」。意味は検索してもらえればわかるでしょう。単車1台に関してもあらゆる専門家がかかわってくるのです。
非常に申し訳ないのですが、フレームの修正の専門家が組んでくれた物です。リングナットが逆です。つまりフレームの修正では専門家ですが、整備、修理では専門家ではないという事です。逆に私にはフレーム修正は専門外ですので出来ません。
修正されたフレームの車両を再分解し、再組み立てしました。こうやって修理は進んでいきます。
単車に携わる専門家には中古車屋、新車販売屋、タイヤ屋、シート張替え屋、塗装屋、溶接屋、内燃機屋(ボーリング屋)他にもワイヤー屋、電気屋、カスタム屋、メッキ屋、研磨屋、アルマイト屋、オイル屋、ケミカル屋、用品屋など色々とあります。専門である事はスペシャリストですが、専門外の事は出来ないか、素人であると言うことは覚えておくべきでしょう。
ちなみに私は修理、整備屋です。1軒の単車屋が何屋であるのかを知り、その単車屋では出来ない事は他のスペシャリストに任すべきでしょう。作業によって単車屋を使い分ける事は当然あっていいと思います。ここで買ったからとか、もうずっと面倒見てもらってるから。それでは到達できない場所もあるのです。


1191 
        チェーン引きのトラブル       (2010年9月10日)



チェーン引きのボルトのネジが壊れて、アクスルシャフトが斜めになってしまったというトラブルです。ネジがなめてしまっています。ボルトやナットも消耗品であることはいつか書いたかもしれません。
チェーン引きもガタが出て来たら交換するべきでしょう。通常画像のチェーン側が引っ張られて壊れます。もう1つ追加で書くなら、この車両のエンジンは少しばかり力を増やすために手が入っています。力に耐え切れなかった事も1つあるでしょう。それとオーナーは自分で何でもされる方です。もしかしたら整備方法に不具合があったか、アクスルシャフトが規定トルクで締まっていなかったのかも知れません。



おかげでタイヤはテンションロッドの根元ボルトに削られてしまいました。不幸中の幸いは転倒しなかった事と、タイヤが消耗し交換時期だった事でしょうか。
チェーン引きはボルトに負担をかけないような状態で引き、その後アクスルシャフトを締めるよう心がけてください。


1192 
         ヤマハの部品      (2010年9月14日)



これも何度か書いていますが、ヤマハの部品は怖いものがあります。部品番号で注文しても勝手に品番が変更され、違う物が来る事があります。それでも来る物は何とか使えるものですから、返品は出来ません。基本的に単車の部品は返品できないのです。
2J2品番で注文したサイドスタンドですが、来たものは1JNでした。パイプのスタンドが来るとは思っていませんでしたが、せめて引っ掛けが先のほうにある物が来ると思っていました。スタンドを出す引っ掛けが全く違う位置になって使いにくくてもサイドスタンドとして車両は立ちますので返品は出来ません。ネットのパーツリストに当時と同じ物は無いですよと表示があれば良いのですが・・・。(2011年1月現在2J2、1JN品番は販売終了になっています)



ブレーキキャリパーは同じ物が来ました。それも鳴き止めでしょうか、板が入って対策された物です。ただし値段は¥54,810(2011年1月)です。手に入るのだからありがたく思えという値段なのでしょう。たしかに修理が出来ました、ありがとうございました。ヤマハとしてはサイドスタンドのように販売終了にするのは簡単なことなのです。
単純に比較は出来ませんが、2ピストンの現行のSR400のキャリパーは¥23,415です。半額以下です。


1193 
         VMのエアクリーナー      (2010年9月15日)



これは事故によりCDIとエアクリーナーケースが当たって割れたために、エアクリーナーケースを交換しているところです。当時物鉄ケースCDIは強いですね。
ダクトの注文を忘れたために割れたケースからダクトを取り外し、新品のケースに取り付けています。



はみ出たゴム系黒ボンドをキレイにすればこれでよしです。同時に割れたエアクリーナーの蓋は販売終了になっています。中古品を使います。
現在VMのエアクリーナーの部品はケースにダクト、エアエレメントしか手に入りません。ゴム類のバイパスやホース、エアエレメントを止める金具も販売終了になっています。



エアクリーナーのケースはこのように後ろからの取り外し取り付けになりますので、なかなか面倒で時間もかかる作業です。



今回はボロボロになっていたダンパも新品に交換しました。ゴム類は劣化しボロボロになるので、部品の販売終了は古いSRオーナーにとって厳しい物があります。


1194 
         XTのコック      (2010年9月15日)



再生中のXT500のコックが固着し使えないのでXT250のコックを注文しました。取り付けサイズは同じです。
ところが来た物はXT250用とは似ても似つかないこれがきました。TW用でしょうか?ヤマハ得意の罠にはまったようです。もちろん装着して問題も無く使えるものですから返品は出来ません。これを使うことにしましょう。
まだXT500純正品は手に入ります。何が来るかはわかりませんが9,146円です。画像のコックは1,565円です(2011年1月)。


1195 
       フィルターオイル     (2010年9月15日)



湿式エアエレメントにはそれ専用のオイルがあります。私のところでは画像のモトレックスを使っています。比較的安いと思います。
通常のエンジンオイルではオイルが下に垂れてきてしまい、フィルター効果が望めないと思います。画像はXT500用エアエレメントです。89年以降のSRも湿式になっています。
私のエアエレメント清掃の仕方です。灯油で古いオイルや汚れ、砂を洗浄し、油汚れ用洗剤でその灯油とドロなどの汚れを落とします。灯油でドロや埃は落ちません。すすぎ、数日乾かしてから画像のオイルをつけて絞り、出来上がりです。つまり毎日乗られる方はスペアが必要ですね。面倒なので新品に交換というのも手かもしれません。それでスペアも出来ます。
灯油で洗って灯油が残っているところにオイルをつけても、そのオイルは薄まって下に落ちるので意味がなくなります。注意が必要です。


1196 
        黒いレバー       (2010年9月28日)



SRのレバーはオリジナルから黒い物でしたが、いつからか色を塗らない物になりました。好みですが、RH01Jの場合は黒いスイッチ(アクセルホルダー)に黒いブレーキマスター、黒いレバーブーツ。なのにシルバーのレバー。これがおかしく感じる方も多いでしょう。
このオーナーは転倒によりレバーにダメージがあったために黒いレバーに交換しました。もちろん純正品です。ブレーキホースも後にゴムの物に交換しています。



さらに左側レバーも磨耗が進んでいたため、Oリングの入れられる黒いレバーに交換しました。形状も指になじみやすい物です。これも純正品です。RH01Jオリジナルは人によりますが、角が指に優しくないのです。グリースを漏らさないためのOリングもコストダウンで無くされてしまいました。
合わせて好みでホルダも黒い物にしました。これで黒いデコンプも含めしっくりきました(画像にデコンプレバーはまだ装着されていません、また各調整はされていません)。
残念なのはレバー類が画像のつや消し塗装になってしまった事です。もう当時物のつや有り黒レバーは新品では手に入りません。気軽ですが、見える場所ですのでカスタムとしては気分の良い物でしょう。


1197 
        1J7ハンドル     (2010年9月29日)



ある日の外の駐車場です。ふと見ると全車同じハンドルです。左の2J3が私の愛車「兄さん」です。この2J3オリジナルの高さに近いハンドルはオリジナルではありません。現在2J3品番でこのハンドルを注文すると1J7品番の純正品がきます。全車1J7ハンドルなのです。
左側に錘の入ったこのハンドルは絶品で、手に振動がほとんど来ません。みなさんノーマルのステップ位置、ノーマルシートではこのハンドルが一番普通のポジションになり、一番乗りやすいのを理解されているのでしょう。私が勧めたわけではありません。
カスタムはワイヤーやブレーキホースなどの変更も絡み、ハンドル(6,321円)も高めなので、かなりの手間と金額が必要です。それでも普通のポジションでSRに乗りたい方には好評のようです。純正ハンドルはいつ販売終了になるかもしれません、カスタムされる方はお早めに。個人的にはもう少し幅が広い方が乗りやすいと思いますが。


1198 
          ミス公開      (2010年9月29日)



ミスをしました。隠すことなく公開します。画像でわかりますでしょうか?ヘッドにオイルが滲み出ています。



これが正常な状態です。本当にくだらないポカミスです。バルブのキャップを上下逆向きに装着したという物です。落ち着いていればわかることです。
また、さらに念入りな確認が必要ですね。



これは横着が原因でのミスです。SRのオイル交換は通常2リットルです。ですがそれはエンジン内のオイルも含めての事で、フレーム内に2リットル入るかどうかはわからないのです。もちろん自分でされるオーナーはわかっているとは思いますが。
中にはこのように2リットルが入らない車両もあるのです。いきなり2リットルを入れようとした私の横着が招いたミスです。おかげでオイル交換なのにタンクを外して清掃することになりました。
2リットル弱を入れてエンジンを回し、オイルをエンジン内に落としてから残りを入れる。わかっているのですけどねぇー。横着はいけません。(ほとんどのSRは2Lがフレームに入ります)


1199 
          サイドスタンド色々     (2010年10月1日)



これは私のところの代車Mike号のサイドスタンドです。84年までのパイプの物が付いています。ステップも同様に84年までのオリジナル位置の物です。
このサイドスタンドはすでに新品で手に入りません。今回はサイドスタンドを足で出す時の出っ張りの事を書きます。この記事は携帯画像です、少し見苦しいとおもいます。



これは私の愛車78年式です。上から見るとステップの少し後ろに出っ張りがあることがわかります。このサイドスタンドも当然新品では手に入りません。



私はこうやってかかとを出っ張りにかけてサイドスタンドを出します。自然です。



これはバックステップの車両です。85年から93年までのSRはオリジナルでバックステップになりました。
当然出っ張りも変更になり、見えにくいですがチェンジペダルとステップの間に出っ張りが来るようになっています。



このように出すわけですね。出しやすく自然です。車両はエア・インダクション・システム付きのRH01Jです。スタンドは1JN(バックステップ初期)の物ではありません、3GWです。すでに1JNサイドスタンドも販売終了です。



94年に再びオリジナル位置に戻ったステップですが、それに合わせてサイドスタンドは出っ張り位置が変更になりませんでした。
サイドスタンドの出っ張り位置はバックステップと同様のままです。スタンド自体はローギアに入れたままサイドスタンドを出すとエンジンが停止する装置が付き変更(3GW)になっています。



非常に出しにくいと思うのは私だけでしょうか?かかとで出っ張りを押し出すのが難しいのです。なぜステップ位置は変更してるのに出っ張り位置はそのままの位置に溶接されたのでしょう。理由がわかりません。



そして出しにくいままSR400は販売終了になってしまいました。ところが2010年に新SR400が発売されました。そのサイドスタンドがこれです。
上からの画像はありませんが、非常に出しやすくなっています。出っ張りも伸びて非常に足にかかりやすいものです。ヤマハは94年からサイドスタンドが出しにくい事はわかっていたのです。それを放置し、最新型で修正してきました。もしサイドスタンドを交換する事があれば、現行の物を選べばオリジナルステップ位置でのスタンドの出し入れは非常に楽になります。



歴代のSRのサイドスタンドです。
左の錆び錆びがオリジナルです。78年から79年の2J2品番の物です。2つめが79年から84年までのパイプで出来た2J2品番の物です。下側に出っ張りがあるのがわかります。
3つめがバックステップになり出っ張りを変更された1JN品番の物です。この通り18インチになっても長さは変更されていないのがわかります。ですのでサイドスタンドを立て、普通に右にハンドルを切ってのハンドルロックは若干不安がありました。(特に外径の小さなオリジナルメツラータイヤで)ここまでのスタンドは現在新品部品は出ません。たしか94年以降のSRは右にハンドルを切ってのロックは出来ません。
4つめがステップがオリジナル位置に戻ってもほとんど出っ張り位置が変更にならなかった3GW品番の物です。キャブレターSRの最終まで使われました。
5つめが現行の物で3HT品番です。全体のつくりにコスト削減がわかりますが、スタンドを出しやすくなったのは良い事です。
6つめはしゃれで、「曲げたら出せるやん」と言う物です。確かにその通りで、溶接で何かを足しても良いかも知れません。くだらない事を長く書いてしまいました。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)