メンテ日記 (その41)  
     

1200
         奇妙なスパークプラグ     (2010年10月4日)



なぜか少し調子の悪いエンジンです。各部を見ていくとスパークプラグがDサイズ?純正はBサイズです(BP6ES)。



こんなプラグが入っていました。自動車用でしょうか?聞いたことも無いメーカーで、見たことも無いスパークプラグです。さすがに火花もこの距離を飛んでいくのですから小さなものでした。SRには無理があるようです。純正指定のスパークプラグを装着すると調子を戻しました。
良いことを宣伝で書き並べているスパークプラグがあります。ですがその全てがSRのような古い設計のエンジンに良い物ではありません。
約300円のノーマルプラグです。外したら交換と言われる方もいます。それが一番調子良いのかも知れません。スパークプラグメーカーでは3000から5000kmで交換を推奨しています。そこまで使う方は居ないでしょう。
私はオイル交換ごとに交換しています。


1201 
           無い      (2010年10月4日)



ピカピカで走行も1万キロそこそこの最終型SR500を整備していましたら、ブレーキカムシャフトのシールが入っていませんでした。
オーナーに聞くと分解は初めてとの事。こんな事ありえません。納車整備から整備はした事が無いらしいのですが、MWIでは無いかぎりまさか納車整備でここまで分解はしないでしょう。それを信じると新車から入っていなかったという事になってしまいます。もはや10年前の単車ですからクレームも効きません。



100円そこそこの物ですので、新品を入れました。こんな消耗品でないものは在庫していませんので、時間もかかりました。怖いのはこれが無いと水や埃が入り放題と言う事です。画像を撮り忘れましたが、片側のカムはずいぶん錆び付いていました。もう少しで引きずる所でした。大事に至る前に整備に来てくれて良かったと思います。


1202 
          チェーンの遊び       (2010年10月5日)



これは私のレース用XT500です。チェーンは弛んでいればアクセルのON、OFFでほんの少しですがタイヤに駆動がかかる時間でロスします。それがレースではタイムに表れます。
ですが、遊びが無ければもっとフリクションロスがあり、パワーが食われます。このようにドライブスプロケット中心から、ピボットシャフト、リアのアクスルシャフトまで1直線になったときに遊びがほぼ無くて、軽くホイールが回るぐらいロスが無いのが理想です。



リアサスを装着し、一番伸びた状態です。この時チェーンはタルンタルンになっています。マニュアルどおりの遊びでは足りないのが良くわかります。出来ればチェーンテンショナーか、ローラーで、この状態のときにあまりチェーンが弛まない様にしたいのですが・・・


1203 
          引き取りについて       (2010年10月11日)



整備、修理車を引き取りにも伺います。可動車で\5,000プラス引取りに向かう時に\100/km。積み込んでから\200/kmです。大手レスキューの半額以下と思いますが、それは何時でも行ける訳ではないからです。なにせ1人ですから。
画像は名古屋です。私が暇でなおかつ料金が合えば名古屋あたりであれば伺う事もあるかもしれません。もちろん上記金額では大変な額になってしまうので、相談が必要です。不動車も状態により相談です。なぜかオーナーはガックリしてるように見えますね。100kmを越える距離は確実に配送業者の方が安いでしょう。餅は餅屋です。私はバイク配送業者ではありませんから、安くは運べません。往復で2台ずつ運ぶ単車があれば安く出来るのですけどねー。


1204 
          社外のフラッシャー      (2010年11月2日)



フラッシャーが点灯しない。社外のフラッシャーでは良くある事で、ほとんどはアース不良です。社外のフラッシャーのほとんどはボディアースです。この球のホルダは下側のビス1本でフラッシャーのボディに固定され、アースになります。この車両はレンズが割れていました。そこから緩んだビスが脱落したようで、ホルダはフラッシャーボディと接触しなく、点灯しなくなっていました。



これは別の日の別車両です。一見して正常のように見えますが、フラッシャーは点滅不良でした。実はこの車両もホルダを止めているビスが振動により緩んでいたのです。エンジンをかけなければ正常点滅し、エンジンをかければ振動でホルダが揺れて接触不良になっていました。
なぜ純正の振動に強い優秀なフラッシャーを、このような安物に変更するのかわかりません。そういう私も20代のころにアルミのホンダの偽物フラッシャーに交換したクチです。30代には純正オリジナルに戻しました。全てやってきて経験をしているので書ける訳です。こういった経験が無いと純正の優秀さには気が付きません。


1205
       サイレンサーのマウント      (2010年11月2日)



画像わかりますでしょうか。右リアサスのマウントで社外サイレンサーのマウントを兼ねている状態です。この場所はリアサスを押さえるだけの部分です。
振動が来るサイレンサーを取り付ける場所にしてしまう事はメーカーの想定外ですので壊れます。



ネジが壊れたのをダイスで修正しているところです。サイドカバーやエアクリーナーのケースも外して修正しました。修正してナット交換です。修正すればネジは痩せていきます。



ひどい物ではこのように折れてしまいます。この車両は下手に溶接されていた物で、私が知らずに中古車を製作していたら規定トルクで折れてしまった物です。この後溶接屋さんでしっかり溶接修理をしてもらいました。
ただサスを止めておくだけの部分と言う事を頭においておくべきです。折りたく無いのであればサイレンサーステーの装着は避けましょう。ここはサイレンサーのマウントではありません。


1206 
        クランプ       (2010年11月4日)



現在画像のVM用クランプを新品で取ると、ごらんのようなビスの物が来ます。非常に締めやすく良好です。ただしソケットレンチを使っての話です。
ただ非常に高価な純正クランプです。


1207 
        ブレーキマスタ修理     (2010年11月5日)



ブレーキマスタはASSYで交換される方も多く、あまりインナーキット交換はする事がありません。ただこの83.84年式のマスタであればインナキットは買える?値段です。純正にこだわる方は修理が可能です。何度も書きますが、こういう作業はキャブレター同様賭けです。完全に直る保障はありません。
インナ取り出し時に長年使ってきた左下TOPの工具の先が壊れてしまいました。



結果、インナキット交換により、正常な制動力を得れました。つまり修理は成功です。オーナーは83年式をネットオークションで買って、タイヤのみ交換し車検を取って乗っていました。「初期型のディスクブレーキって本当に効かないなぁー」と。正常なブレーキの効きはベース車にそのまま乗っていたのではわからない物です。

新たに外国製のサークリップ用工具を3つ買いました。大手安物工具屋さんの右側TOPのレプリカはなかなか使いやすいものです。左上の物はネットにて購入しました偽物ですが、これが一番上手く使えるものでした。最近の大陸製レプリカはなかなか使えます。高い工具を買わないのは、なるべく工賃を上げない努力でもあります(外国製の1流の工具を使っている店は工賃が高いとは書いていません)。


1208 
         赤い33Y      (2010年11月12日)



ネットで購入された赤いキャストホイールの83年式SR500。型式で33Yと呼ばれています。
スポークホイールが同時に発売されていましたので、当時SR500をわざわざ新車で買うと言うような変わった方(マニアでヲタク)は当然のようにスポークホイールを買いました。キャストホイールは重く、パンク時に修理が簡単と言う事を考えてもあまりにもSR500という単車を無視したような出来の悪い物で、さらに少し高いとなると、誰も買うわけがありません。世の中のバイクはほとんどがキャストで多気筒、その中でアルミリムのしなやかで軽い、そしてシンプルで人間味のある空冷シングルを選ぶのですから当然の選択です。
さらに遠めに見ると黒に見える濃紺。これは私がSR500を手に入れるときに最も重要視したところです。赤いSR500を買うオーナーもほとんどいませんでした。
中型免許で乗れるSR400はそこそこ売れていました。大型免許イコール合格率7%と言う事で現実的ではありませんでしたし、大型免許を持っている方は500CCなんて乗ろうとは思わなかったのです。これがSR500を新車で買うという変わった方になるのです。



仕上がった姿です。変化はわかるでしょうか?オーナーは上記の事を全て理解し、できるだけオリジナルと言う事を望みました。
「キャストは乗りにくいし駄目、ましてや赤かぁ」こういった考えの方が多かったため、今となっては赤いキャストのSR500は非常にレアな車両になっています。どれぐらいの台数が現存するのかはわかりません。全国に100台は無いかもしれません。それぐらい貴重な車両になってしまいました。
その後SR500は18インチにされて、他の単車とそう変わらないほどの乗りやすさと峠道での楽しさを得ています。大型免許も非常に簡単に誰でも取れるようになりました。そうなるとめちゃくちゃに乗りにくかったキャストホイールSR500に変わった方の目は行くわけです。SR500は普通に誰でも軽く乗れる単車であってはいけないのかもしれません。

ずいぶん話が外れてしまいました。いくらでベース車を購入されたのかはわかりません。ですが上のベース車から下の中古車になるまでに12万円ほどの部品と工賃がかかっています。ほぼオリジナルで、普通に走り、普通にブレーキの効く、普通の中古33Yが出来上がりました。長く生き残って欲しいと思います。
私の顧客で赤い33Yは2台のみです。私もキャストのSR500に乗って、その最悪な走りを味わってみたいと最近は思っています。


1209 
         オイル漏れ       (2010年11月6日)



日付が後先になってしまいましたが、33Yの記事は完成した日付です。作業は3週間以上かかっています。
さてこの記事ですが、良くあるタコワイヤー取り出し口からのオイル漏れです。滲み程度であれば、タコワイヤーのアウターがちぎれて、そこからグリースが出て来たものと思われますので、タコワイヤー交換にておさまります。ですがヘッドがオイルまみれになるようであれば、それはエンジンからのオイル漏れですのでオイルシール交換になります。
作業としては悪くなったシールを取り出して新しいのを入れると言うだけなのですが、難易度は非常に高いものです。自信が無ければ単車修理屋さんにお願いする方が安く上がるかもしれません。もし自分で単車修理全てが出来たなら、修理屋は必要なくなってしまいます。修理、整備屋はうまく使えば安いものです。画像は取り外したシールとちぎれたタコのワイヤーです。


1210 
         スプロケットのナット       (2010年11月7日)



520サイズにコンバートされた、社外のアルミスプロケットです。ただ、ロックワッシャーでは止まっていない状態で、緩みやすいアルミのスプロケットをノーマルのナットだけで止めてあるだけです。これでは非常に危険です。簡単に緩みます。



オーナーの希望で、ロックワッシャを入れる事になりました。また、スプロケットが逆向きに装着されていましたので戻しました。通常スプロケットはメーカー名や丁数が見える(表)位置で装着するのが普通です。
ロックワッシャがかっこ悪い、でも緩んで欲しくないと言われる方には、もう少し長いスタッドボルトにゆるみ止めナットで止めるカッコいい?方法もあります。

この話には続きがありまして、この戻したスプロケットの方向ではチェーンラインが上手く出ませんでした。全ての整備において常識と言う物が通用するとは限りません。
再び逆向きと思われるほうにスプロケットを装着すると、チェーンラインが何とかうまくいきました。前回このスプロケットを交換した方はわかっていたのかも知れません。ドライブスプロケットも同じメーカーの物です。


1211 
          見えないところの処理     (2010年11月9日)



とある方の愛車です。シート下の見えない部分ですが、重要なバッテリーボツクスのステーが付いていません。タイラップ締めです。これでは跳ねたときにバッテリーボックスが外れる可能性があります。
ステーを取り付けるボルトが2本折れて残っています。見えないところとはいえ、厳しい仕上げの中古車?です。直したい衝動にかられます。ですが直してくれとは言われませんでした。


1212 
           ハーネスの通る場所      (2010年11月9日)



左スイッチのハーネスがデコンプレバーの前に来ています。正常な通り道ではありません。



ピンボケでわかりませんね。すでにレバーホルダーでハーネスは傷つき破れていました。何とか配線はまだ無事でした。通る場所を間違えると、配線が切れる事もあるので気をつけなければいけません。


1213 
           ハンドルスイッチの互換      (2010年11月16日)



画像は右ハンドルスイッチのコネクタ部分です。03年式RH01Jのキルスイッチの接触が悪くなり、中古品と交換しようと思ったらコネクタが合いませんでした。
私はライトスイッチの無くなった(ハザードになった)年式以降の物は全て互換すると思っていました。
配線自体の数は同じですので、何故コネクタの形を変更する必要があったのかはわかりません。



内部平板方向も違いますので全く合いません。調べるとヘッドライトスイッチが無くなり、ハザードになってからで4種類あるようです。画像は01年式と03年式ですが、注意が必要です。
ちなみにヘッドライトスイッチ付きの物は15年以上同じ物であったと記憶しています。


1214 
           リアタイヤ幅、高さ      (2010年11月18日)



タイヤ交換し、新品タイヤを履かせたのがありましたので、久々にSRに実装着での寸法を測ってみたいと思いました。画像は全て85年以降の純正DIDリムに履かせている物です。
まずは隠れファンが多い、IRCのGS19です。リアでサイズはメトリックの110/90-18になります。およそ幅は109mmです。



ブリジストンでは長寿とグリップ力を発揮するBT45です。サイズは4.00-18です。およそ幅は119mmです。



チューブレスですので、私のところではチューブレス以外にはお勧めしないダンロップはTT100です。グリップ力が高いのでSRの定番タイヤになってるのかも知れません。サイズは4.00-18です。およそ幅は110mmです。このタイヤのみ中古タイヤです。



今回は正確ではありませんが、おおよその高さの寸法の測定もしました。横から見たときのフェンダーとの隙間、もしくは車高、足つき、もしかしたらギア比にまで影響があるかもしれません。
GS19です。およそ86mmです。



BT45で94mmです。今回TT100は中古タイヤですので、減りも考えて高さは測定していません。タイヤ選択の一つの目安になれば良いのです。


1215 
         フロントタイヤ幅     (2010年11月18日)



タイヤ交換し、新品タイヤを履かせたのがありましたので、久々にSRに実装着での寸法を測ってみたいと思いました。画像は全て85年以降の純正18インチDIDリムに履かせている物です。
まずは私も含め、隠れファンが多い、IRCのGS19です。サイズはメトリックの90/100-18になります。およそ幅は89mmです。



ブリジストンでは長寿とグリップ力を発揮するBT45です。サイズは3.50-18です。およそ幅は100mmです。



チューブレスですので、私のところではキャストホイール以外にはお勧めしないダンロップはTT100です。サイズは3.50-18です。およそ幅は103mmです。今回測定のタイヤでは一番太いようです。このタイヤのみ中古タイヤです。


1216 
          危険な香り       (2010年11月18日)



アルミ(ジュラルミン?)のテンションバーはなぜかガタガタしています。これはブレーキ踏んだ時にコツッと来るでしょう。さらに見ての通りです、ナットはゆるみ止めではなく、普通の13mmの物です。スポークの緩みもすごく、ニップルは手で回りました。危険な香りです、整備が必要です。(割りピンは画像ではありませんが、入っていました)


1217 
           LED       (2010年11月25日)



ネット通販の資材屋さんから買った、LEDの作業灯です。電池も付いて500円もしなかったと思います。なので2個買いました。
裏には磁石が付いていて、このように貼り付けて使えます。これは非常に便利で、タンクやフレームなどに貼り付けて使う事も可能です。わが工場では壁にも付けれます。1個は軽トラに装備し、荷台のランプとして使っています。キャンプにも良いでしょうね。電池も長持ちしています。テスト用で付いてきた電池がまだ現在切れません。



1例ですが、フロントフォークに貼り付けています。作業としては、タコメーター取り出し口のオイルシール交換をしているところです。非常に明るく、よく見えます。


1218 
          ヘッドライトの改良      (2010年12月4日)



直で取り付けられているため振動が来て、すぐに切れてしまうヘッドライト球。夜に切れてはとても乗れません。また不経済でもありますし、車検も明るさがギリギリですので不安です。もちろん車検でギリギリと言う事は暗くて危険と言う意味でもあります。



オーナーの希望で中古パーツを使って安くノーマルに戻しました。ヘッドライトステーからノーマルですので、振動にも問題は出ません。もちろんバッテリーレスでも車検は楽に合格する明るさを持っています。ヘッドライト球はおよそ数十年、もしかしたら単車の一生大丈夫かもしれません。ノーマルのヘッドライトで球が切れた方を探すのは困難な事です。
オーナーも長くSR400に乗っていますので、徐々に学んでいきます。そして年齢も重ねていきます。何がいいのか、何故いいのか理解していくと徐々にノーマルに戻って行きます。明るくて壊れないヘッドライトへの改良はノーマルに戻す事でした。



このオーナーとはかなり長い付き合いです。MWI最初期のステッカーです。



年齢を重ねても、まだ若いですかね?私はこういう形のSRは意外と思うかもしれませんが好きです(ハンドルの角度以外)。


1219 
         コックの漏れ      (2010年12月7日)



コックのガソリン漏れは、キャブレター側に漏れる物は現在修理不能です。ASSY交換になってしまいます。ただ、外側に漏れてくる物であれば修理が出来ます。画像のパーツ交換により漏れるガソリンは簡単に止める事が出来ます。ゴムパーツですのでいつかは駄目になる消耗部品です。


1220 
       最新型タコワイヤー     (2010年12月7日)



2010年モデルのRH03Jのタコワイヤーです。アウターを止めるナットにスパナが入るようになりました。非常に締めやすいので、今はこれを在庫しています。ナットにはゴムカバーが付きますので目立ちません。


1221 
          末永く      (2010年12月9日)



最も初期のステッカーです。これを貼ったSRが再び整備などで入庫されるとうれしくなってしまいます。末永くお願いいたします。生活など環境が変わっていく中で、ずっと長くお付き合いできる事は光栄です。長く乗ってもらって、SRも喜んでいるでしょう。


1222 
         チューブレスのバルブ     (2010年12月9日)



チューブはタイヤ交換毎に交換しても、チューブレスのバルブはなかなか交換しないものです。現在のゴム製の物はタイヤ交換時に交換すると思います。ですが初期型はそのままの状態の物が多いのが現状です。金属ですので悪くならないと思うのでしょうか?根元パッキンはゴム製でヒビも見えます。最終は84年ですから新しい物で26年経つ訳です。



現在手に入る純正のバルブです。ゴム製の今時の物はサイズが違うために初期型のキャストでは使えません。タイヤ同様せめて5年に1度はタイヤ交換時に交換したい物です。


1223 
          半田付け       (2010年12月10日)



ヘッドライトがハロゲンになってから付いたスモール球です(83年以降)。このホルダのアースの半田はすぐに外れてしまいます。新品もまだ出ますので買えます。ですがここは修理してみましょう。あるプロに聞くと半田の寿命は10年と言う事です。この手の最終は93?92?10年どころではありません。割れて外れて当然と言えば当然なのでしょう。



素人ですのでヘタクソですから画像は小さくしています。それでも引っ張っても外れないほどに出来ました。道具も安物ですがやればできるものです。



他に良くはがれる半田として、振動が来る左スイッチです。ホーンは素人の私にも半田は可能ですが、フラッシャーは無理でした。本体がプラスティックなので大穴を開けて終わりでした。ですのでフラッシャーの半田のはがれはプロにお任せしています。電気のプロは「こんな接点ありえへん、電気が通る事自体奇跡や」とSRのフラッシャースイッチの事を酷評していました。ほとんどの整備士は電気の事はわかっていないものですね。


1224 
          リアブレーキスイッチ      (2010年12月10日)



リアブレーキスイッチも壊れやすい物です。錆びて駄目になることもありますし、接点もおかしくなります。今回は新品を取って見ました1,617円(2011年5月)。
すると来た物は新型用の配線を短くしただけの物でした。たしかに新型は錆びなくて良いのですが・・・マニアにとっては形の違いは悲しい物です。


1225 
        タンクキャップのゴム (2010年12月10日)



93年?までのタンクのキャップです。すでにかなりの年月が経ちますので、ゴムがボロボロになっている物がほとんどでしょう。右が新品です、左は向きが逆ですが、同じ形の物とは思えないほどボロボロです。これでは歴代で一番いいタンクキャップでもガソリンは漏れ出てしまいます。この後の年式のタンクキャップは全て鍵穴からガソリンが漏れ出てきます。ということは鍵穴から雨水などが入る恐れもあるわけです。タンク内錆びに気をつけましょう。



新品を装着しました。気持ちいいですね。これでガソリンを満タンにしても漏れ出ることは少ないでしょう。


1226 
         クラッチの状態      (2010年12月13日)



もしあなたのSRもしくはXT500のクラッチプッシュレバーの位置が、アジャストスクリューで調整してもこれに近い位置であれば内部はかなり磨耗しています。ディスクやプレートはまず磨耗しませんし、磨耗してもこのような状態にはまずなりません。



レバー側の調整ボルトもギリギリで、ようやく遊びが取れるかどうかになっているでしょう。もちろん少しはワイヤーの伸びもあるかもしれません。ですが現行はステンレスワイヤーを使っていますので、まず伸びません。遊びが取れないのはクラッチ内部の磨耗なのです。もちろん設計も良くなかったかもしれません、プッシュロッドはもう1mm長いほうが良かったと思います。



クラッチOH後のプッシュレバーの状態です。この位置であれば、クラッチがずいぶん軽くなるのが想像できるでしょう。てこの原理でしょうか?



全てが正常な状態に戻れば、調整ボルトはレバーホルダ根元までねじ込んだ状態にて、正常な遊びが確保できます。


1227 
        電装全滅      (2010年12月16日)



突然電気周りが全滅しました。そういう時はまずはヒューズを見るのですが、これはプラス側の配線が腐って切れていました。濡れているのは水を足しただけで、特別なトラブルではありません。通常のバッテリーはこのようにターミナルを侵します。お湯で洗浄し、グリースを塗っておけば腐りは防げます。
現在のMFバッテリーではほとんどこのような事が起こらなくなりました。


1228 
         自分でエンジンOH     (2010年12月23日)



エンジンを降ろして持ち込み、自分でSR500のエンジンをOHするAさんです。ロッカーアームの磨耗。初期型(84年以前)では当たり前に起こる故障です。最低限ロッカーアームとカムの交換になります。
工場での作業は相変わらず1日1000円です。エンジンに関しては中古部品もまだ少し揃います。ロッカーアームやピンなどの新品も在庫しています。



腰上だけ簡単に済ませるつもりが、カムスプロケットのボルトを緩めた時にワッシャーを落としてしまい、結局右ケースも開ける羽目になりました。ついでなのでクラッチもOHして行かれました。これで普通に動くエンジンが出来るわけです。あなたもチャレンジしませんか?


1229 
          苦労した事      (2010年12月23日)



ただ単に腐ったタコワイヤーの交換のはずでした。通常なら10分ぐらいの作業でしょう。ただこれはアウターが錆びてヘッドカバーと合体と言うか腐体していて、非常に苦労しました。インナーを引っ張れば、腐ったアウターが切れてしまっても通常は抜ける物です。
アウターが回るようになる(腐体が外れる)まで、ポンチで叩いたために、アウターのアルミ部分が広がってしまい、スナップリングの溝に引っかかって出なくなってしまいました。エンジンを下ろして、ヘッドカバーを外したほうが早いと私は判断しました。ですが、オーナーはスナップリングの溝を斜めに時間をかけてヤスリで削り広げました。



そしてインナーワイヤーがボロボロになるぐらいの力で引っ張り出したら、何とか出てきました。上は新品です。赤いOリングをみてわかるように、この車両は3年ほど前に分解しグリースを多量に付けて組んであります。なぜグリースが無くなったのかはわかりません。エンジンを磨きすぎたのかも知れません。ワイヤーには雨水も入ります。そしてアウターは錆びて腐り、壊れます。(3年前にタコワイヤーは交換していません)
今回3年ぶりであったため苦労したのかも知れませんし、2年でも苦労したのかもしれません。反面、エンジンがドロドロのままの方は数年経っても簡単にワイヤーが抜けるかもしれません。車両により色々ですが、せめて2年毎には外してグリースを入れたい物です。そして出来ればワイヤー類は交換したい物です。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)