メンテ日記 (その42)  
     

1230 
         忘年会     (2010年12月23日)



お客様が忘年会を開いてくれました。



忙しい時期に関東方面からも集まって頂き、本当にうれしい事です。
またやってください、場所とカセットコンロのガスとコーラはあります。







集まった車両のハンドルカバー装着率と、初期型率は高い物がありました。冬はハンドルカバー無ければ乗れませんもんね。


1231 
        減速比の話      (2010年12月27日)



減速比と書くと難しいですが、要はスプロケットのギア比の話です。
代車で仕入れたカブ90のチェーンのメンテナンスがよろしくなく壊れていますので、1万キロちょっとではありますが交換します。



純正のギア比で交換しても良いのですが、面白くありません。どうせ換えるなら勉強もしてみたい物です。そこでドリブンスプロケットをカブ70用を使用し、ノーマルの39Tから36Tに変更する事にしました。ドライブはカブ90用純正の16Tです。ギア比は2.44から2.25に、高速向けになったわけです。



チェーンはモトクロスのレースでもらったDIDモトクロスレース用チェーンです。ゴールドチェーンはこのようなフルチェーンカバー車でなら恥ずかしくありません。

では一応世の中では高速向けと呼ばれるギア比に変更してどうだったでしょうか?答えを先に書きますと、およそ10%最高速が落ちました。高速向けであるのに高速にはならず、低速になったわけです。当然加速も悪くなり、トップギア3速では少しの坂でも上るのが困難になりました。2速に落とせば何とか登れますので問題は無いといえば無いのですが。
燃費は変化ありませんでした。本来であれば同一速度で回転が落ちて燃費も向上するはずなのです。ですが加速が悪く走らない分、アクセルを多く開けてしまうのかもしれません。

私は失敗を確信しましたが、またお金をかけるのもなんですのでそのままです。唯一の利点は通常走行の速度域で回転が下がり、振動が減って静かになった事です。
このように机上の理論はなかなか思ったようには行かないものです。ノーマルは本当に良く考えてあります。良い勉強になりました。
カスタムは何かを得るかもしれませんが、必ず何かを失います。今回は失った物の方が大きかったようです。


1232 
        代車維持費用協力募金      (2010年12月29日)



年末ですので募金箱を開けました。募金合計は9,295円でした、皆様ご協力ありがとうございました。
この募金の使用用途ですが、ブログのほうに雑収入にしましたと書きましたところクレームがありました。本来の代車維持に使われていないとのことです。私としては、ポケットに入れて小遣いにしたのではなく、MWIの収入として申告し、その収入によっては税金も払う気持ち(2011年、収入での税金払っています)での「雑収入で帳簿につけました」という意味で書きました。
確かに皆様に募金して頂きましたコイン、札が、そのまま代車維持に回るわけではありませんのでクレームも理解できます。ですがそれは現実的ではありません。収入の中から代車にかかる費用を出すわけです。代車は保険、税金、さらには消耗品など維持には費用がかかります。書き方が悪いですが、募金だけでは全く足りません。とはいえ代車使う方の工賃を上げているわけではありませんし、代車代を取っているわけでもありません。あくまで無料サービスなのです。

どうも代車維持協力募金と書いたのが良くなかったと思いますので、現在はバクシーシ(意味は調べてください)と言う名目で寄付金をお願いしています。この寄付金は来年何に使われるかはわかりません。ですが雑収入として、年末に帳簿に付けさせていただきます。
上手くこのページなどで書くのは簡単です。「代車維持協力募金は全額を東北地震の被災者の為に寄付しました」。こう書けば美しいでしょう。ですが真面目に裏表無く、書くとすれば、雑収入で帳簿につけました。になるのです。被災者への募金の方は、事業主貸しにて経費にならないところからの募金しましたということになります。もちろんその中にも皆様の募金の一部が入っているかもしれません。
何事にもガラス張りを目指していますので、バクシーシもガラス瓶にしました。強制はしていませんし、特別あてにもしていません。ですが、ご自分の徳(得)の為に小額で結構です、よろしくお願いいたします。アメリカなどの映画のようにね。


1233 
         XT500の勉強      (2010年12月29日)



SR専門ですが、XT500の方も勉強して専門にしています。さわればさわるほど名車であるのがわかります。冬休みに入りましたが、エンジンも分解し、SRとの違いを勉強しています。
組まれた物がXT500のミッションです。左下の物がSRのミッションです。比べるとずいぶん違います。XT500の物は削られ、穴が開けられて軽量化されています。こういう小さな事がエンジン単体でおよそ3kgの軽量化に繋がるのです。コストと言う事で考えれば、SRとは全く違うお金のかかった単車になるわけです。当時SR500よりも2万円高かったわけですが、高いには理由があったのです。そういうことも分解し勉強しなければわからないことです。これがすべて私の経験になっていきます。


1234 
       今年もよろしくお願いいたします    (2011年1月1日)



非常に苦労し、パソコン素人の私が作った年賀状です。過去2年間に作業させて頂きました方と、お世話になった方に送りました。
今年はこの遊びを仕事にしてから丸9年、この記事を書いています6月には10年目に突入しました。景気は非常に厳しいですが続けることだけを考えて、今まで以上にガラス張りで納得していただける作業をしていきたいと思っています。私は口が不器用ですので、口では上手く商売が出来ないというわけもあります。
絵にXT500を持ってきたのは、今年が私のXT500元年になるだろうと思ったからです(そうなりました)。


1235 
         接点用剤     (2011年1月4日)



はい、今年も何処よりも早く3日よりの開場です。だって3日は平日ですので、閉めておく理由がありません。
電気のプロのお言葉で、接点の洗浄剤を買いました。接点はキレイに保つ事が必要のようです。さらに接点復活剤も買いました。洗浄後吹くと接点が長持ちしそうな気になります。今回はチャオのフラッシャーリレーに使用しました。コネクタ部にも有効のようです。


1236 
         青い球は暗い     (2011年1月4日)



お役人は4日からのようで、早速4日朝に車検に行って来ました。いきなり不合格を頂きました。原因はこのヘッドライト球です。ノーマルのH4球に交換すれば楽に合格しました。
電気が素人の私が普通に考えても、この球よりも透明なガラスのH4球が明るいのは当たり前に想像できます。なぜこのような球を選択し、装着するのか理解できません。



実はヘッドライトにも原因はあります。以前青い球でもノーマルのヘッドライトであれば合格した事があります。ですので私の油断もありました。社外のヘッドライトは注意が必要です。

今年もまた継続の検査代行は10,000円にて承っています。お忙しい方、平日にお休みが取れない方はご利用ください。
ただしあくまでも車検代行ですので、車両は車検合格する合法な状態で持ち込みください。簡単なヘッドライトの向き調整などはこちらで無料でいたします。
このように不合格の場合は、合法にするための作業について工賃が必要です。また再検は3,000円の費用を頂く事にもなります。その日のうちに合格するレベルまでの作業が不可能な場合は日にちを変えて車検に行くことになり、再び10,000円の費用が必要です。ご了承ください。

道路運送車両法についてのアドバイスも出来ますし、事前に合格レベルにしての車検も可能です。作業が必要な方は前もって予約が必要です。
ただヘッドライトの明るさや排気ガスについては測定器具がありませんので、必ずしも合法レベルにしてから受験できるものでもありません。テスタ屋さんにてやっていただくことも可能です。別途費用が必要です。

難しく書きましたが、要はノーマルであれば何もしなくても合格すると言う事です。車両が違法か合法かを判断するだけの事であり、車検が合格したからとその車両は普通に安全に調子よく走れるものでもありません。
まともに走れない単車でも車検は合格可能なのです。整備は別物としてお考えください。


1237 
        危険、ボルトの脱落       (2011年1月4日)



何がどうなっているのかわかりますでしょうか?実はテンションバー(トルクロッド)とブレーキシュープレート(ブレーキパネル)を止めるボルトが脱落したのです。
何故こうなったのかは詳しくは書きませんが、ボルトが脱落後、ブレーキをかけた事により、ブレーキは全損、画像のシュープレートは3/4回転してしまっています。もちろん一瞬で破壊後、リアブレーキは無くなっています。
オーナーは比較的スピードが出てなかったので、フロントブレーキだけで止まれたようです。事故にならなくてよかったですね。



ブレーキシャフトも完全に破壊してしまっています。



取り外したブレーキペダルシャフトは完全に変形しています。ロッドも曲がって千切れています。蝶ネジ類は千切れて飛び、行方不明です。

1

曲がったブレーキのカムシャフトレバーです。今回私がここを始めてから2件目になります。左は1件目のバックステップ用。今回は右側です。共にブレーキシュープレートが回転し、カムシャフトレバーはアクスルシャフト、正確には右チェーンプラーに当り曲がっています。ピンは変形し抜けなくなっています。

走行中ボルト脱落。リアブレーキかけたとたんにプレートが回転し、さらに引っ張られてブレーキはリリース不能に。そしてさらにロッドは引っ張られ、ブレーキカムを曲げていき、ブレーキペダルは上昇。ついにはカムシャフトレバーがチェンプラーに当り、さらに引っ張られてロッド破断。ロッド先端は蝶ネジ共に飛び、ブレーキは無くなったのです。恐ろしい事です。

メーカー休業中でしたが、全ての部品は中古で揃い、その日の間に修理が出来ました。しかも安く済みました。
作業についてですが、今年より新たに初診料(打ち合わせ、点検料)1000円を頂く事にしました。工賃自体は値下げしていますので、総額ではかなり(20%ぐらい)安くなっています。10分20分で出来るような簡単な作業は逆に高くなってしまうことになります。なるべく簡単な事はご自分でお願いしますということです。


1238 
          クラッチの錆び付き     (2011年1月6日)



30年ぶりぐらいに再生のXT500です。エンジンはかかりましたがクラッチが切れません。軽い貼り付きならば少し吹かしてリアブレーキをかけてローギアに踏み入れれば、クラッチは外れ、切れるようになります。ですが2回3回とやる物でもありません。ショックが大きく他にダメージが行きます。1回で外れなければ分解するべきです。
このように錆び付いているのかも知れません。こうなってもこのように分解し、オイルを付けて組めば使えるとは思います。今回は錆びていない中古プレートに交換しました。



必ず最近はこのナットを規定トルクで締まっているか確認します。XT500でまだ緩んでいる物は見た事がありませんが、平成物SRでは、そのほとんどが緩んでいます。クラッチを分解した時には必ず確認しましょう。


1239 
          レース用エンジンは      (2011年1月7日)



正月早々暇です。予約も無くなってしまい仕事がありません。これは今年は昨年以上に厳しくなりそうです。暇でも何もしないでは腕が鈍ります。自分のレース用エンジンを組みます。
これはオイルポンプ。右のXT500純正オイルポンプはビス3本で止まるため、若干の不安があります。隙間からオイルが漏れるのでは?と言う事です。もちろんそんなことは無いでしょうが、SR用として左の改良された物はビスが5本で止まります。メーカーとして不具合が無ければ改良したり、ビスを増やしたりするコストをかけるわけがありません。ここはSR用のを使う事にしました。重量増はわずかです。さらに83年より入れられたパッキンも忘れず使用します。



これはシフトシャフトです。左がXT用のノーマルですが、凝った作りの割にはサークリップ止めですので、微細なガタが出来ます。縦にも横にも回転方向にも遊びが出来てしまいます。これがシフトフィールの悪さになってしまいます。明らかにコストダウンされた右のSR用を使う事にしました。溶接されていますので、全く遊びはありません。重量もほぼ変化はありません。
こうやってXTとSRの良いとこ取りでレース用エンジンは組んでいきます。


1240 
        お客様専用工具      (2011年1月10日)



とある方から使わなくなった工具が送られてきました。実は日記でお客様専用工具をそろえていると書いたからです。本当にありがとうございます。
SRパーツ、工具など、要らない物は着払いで送ってください。



いろいろな方のおかげで、かなりの工具が揃ってきました。無料で貸し出しします。ただ、使うのは工場内でお願いします。



工場で何か自分で作業する時はお使いください。必ず元にあった場所に返してください。これによりオイル交換などはウエスだけ持ってくれば自分で出来る事になります。
もちろんエンジン降ろしてOHなどもご自分でやっていただいてOKです。工具使用協力募金の箱も置きましたが、募金はしていただかなくても結構です。もし小銭が邪魔でしたらお願いします。
募金は100%お客様用工具の維持、追加の為に使います。追加工具のご希望があればお知らせください。


1241 
        初期型XT500オリジナルヘッド    (2011年1月11日)



マニアックな話になりますが、左側のヘッドが76年のXT500になります。SRのお兄さん的な存在ではありますが、エンジンは全く異なる物です。
右側がTT500のヘッドです。年式はわかりませんが、少し大きいのがわかりますでしょうか?排気側のフィンなど見ても大きいのがわかります。冷却を考慮してのことと思われます。後期型のXT500もこのヘッドに変更されています。



初期型XT500ヘッドの横幅は約200mmです。



TT500の物は207mmほどあります。



右からTT500のヘッド、真ん中は初期型のSR500のヘッドです。そして左は初期型XT500のヘッドです。初期型XT500のヘッドは小さく、シリンダとフィンが面一になる場所もありますので、初期型XT500のエンジンはマニアの間では非常に美しいとされています。SRのお兄さんで同じエンジンと言われる事もありますが、エンジン内部で同じ部品は10%も無いと思います。全く異なる単車なのです。


1242 
        京浜FCRキャブレター      (2011年1月14日)



現在私がSR用として最高のキャブレターであると思っているFCRキャブレターです。35パイ以上の大型でもごらんのようにピッタリSRに装着できます。もちろんエアクリーナーバイパスも使ってエアクリーナーを生かせる事が出来ます。
レーシングキャブレターでありますので、お勧めはしませんが、もしキャブレターの不具合で交換を考えるのであればこれが良いかもしれません。ノーマルとは全く別物の単車になります。それは高回転側だけではなく低回転側でもです。


1243 
        反射板が折れてしまったら      (2011年1月14日)



SR500は振動が厳しいので、テールランプの反射板が根元リベット付近から折れることは良くあります。このような汎用の反射板はいかがでしょう。1000円はしなかったと思います。リア周りがすっきりして私は気に入っています。後方からの認識もされやすいと思います。


1244
         XT500のフォークシリンダー     (2011年1月14日)



XT500のフォークシリンダーの頭です。いつもは分解してもボルトを仮止めし、インナーを引っ張り、インパクトで締めれば何とか締まっていきました。サービスマニュアルにも特別内部から押さえるとも書いていません。ところがついに空回りする車両(私の車両)が出て来てしまいました。この頭をどうやって押さえておくのか?問題です。



手前側、どんな頭のボルトでも締め付けが可能なソケットを買ったのですが・・・ぎりぎりフォークインナーに入りませんでした。仕方なく奥、1/2の継ぎ足し(エクステンション)ソケットを加工し作りました。これで何とか押さえることが出来て、締め付け、トルク管理できるようになりました。なかなか苦労しました。


1245
       キレイにするのは意外に簡単     (2011年1月21日)



XT500のフォークアウターです。なぜか黄色に塗られています。これはちょっと我慢できません。
まずは塗装の剥離剤を使い、塗装を剥ぎます。剥離剤を塗って少し置いて、スクレイパーなどでこすると間単に取れます。ノーマル時に塗られているクリア塗装も同じです。



塗装剥がし終わった状態です。水洗いで剥離剤も洗い落としています。細かいところはワイヤーブラシを使えばいいのかも?



錆や傷を耐水ペーパーで削り取ります。一番時間のかかる作業ですので、私は適当で終わらせました。美しく仕上げたい方は入念にすべきです。



グラインダを使い、ナイロンブラシや、バフ、青棒など使って研磨すれば、簡単に顔が映るぐらいになってきます。フォークアウターをキレイにするのは意外に簡単な作業でした。
ただ、何の性能も上がりません。でも、キレイにするのは嬉しいことです。私はキレイになりすぎたので単車に合わず、このアウターは現在まだ使っていません。
美しくするのはすぐですが、程よくぼろくなるには時間がかかります。


1246 
       センタースタンド割り増し廃止     (2011年1月24日)



ネット上での風評被害にてMWIはカスタム車の整備はやらないとか、私は荒くれ者(笑)だとかありますが、そんなことはありません。カスタム車でも元がSRであれば整備が出来ます(出来ないものもあります)し、必要でしょう。
そういう話ではなく、以前から面倒なのでセンタースタンドの無い単車は割り増しで1,000円頂いていましたが、割り増しは廃止しました。このようにステーが切り取られてしまっている車両でもジャッキで上げれるようにしました。ステーが残っている単車であれば、こちらで仮にセンタースタンド付けて整備します。
面倒は面倒ですので、出来れば付いていて欲しいのですが。


1247 
        贅沢な仕事       (2011年1月27日)



あまりに暇ですので、中古車を作ろうと思い倉庫から出してきました。ずいぶん前に手に入れた3X4です。ここから1台組み上げる予定です。
通常であればこんな手間隙がかかる事は仕事として合いませんのでしません。いったいここからどれぐらい時間がかかるかわからないからです。果たして今年中に出来上がるのでしょうか?非常に贅沢な組み方ですが、ご希望があれば承ります。まず何処の単車屋もしないでしょうから。
つまりあなたのSRもフレームから組み上げていく事は可能です。ベース車を何台もお持ちの方は相談ください。


1248 
        フレーム下のネット清掃      (2011年2月1日)



フレーム下のオイルネットの清掃です。非常に固く閉まっていますので、自信が無ければ止めておいたほうがいいでしょう。素材は柔らかい(多分アルミ)物ですので損傷させては何をやっているのかわからなくなります。
左のようなソケットレンチとインパクトレンチ、もしくは長いバーが必要です。モンキーレンチなどでは壊してしまいます。
少し汚れてはいますが、詰まるほどの感じではありませんでした。



問題はフレーム内で、段が付いている内側には意外に汚れ、ゴミがたまっているものです。アイデアを駆使し清掃しましょう。


1249 
         中古車製作      (2011年2月1日)



広角気味のカメラでの撮影テストです。
2台ともに1から組み始めた3X4です。向こう側はキャストホイールがありませんので、スポークになってしまっています。どちらもエンジンに手を入れる必要がありますので、時間がかかるでしょう。
これを書いています10月現在、まだ両車ともに完成していません。スポンサーが付けば早いのですが・・・簡単には行きません。


1250 
        リアアーム      (2011年2月3日)



よくあることですが、ピボットシャフトが抜けません。インパクトレンチでやるとネジを壊すことが多いのがわかりましたので、最近は人力でかませ物をして、ナットを締め付け抜いて行きます。



無事抜けました。グリースの入れれない初期型では、ほとんどが抜けにくくなっていますが、いまだかつて抜けなくて切った物はありません。
今回もブッシュを含めベアリング類など全く問題はありませんでした。もちろんガタも無く、動きも良かったので当然です。ではなぜ苦労して抜くのでしょう。それは、中古車として商品にするからです。
自分のなら抜かなかったかもしれません。はぁ苦労しました。


1251 
         絶対は無い     (2011年2月5日)



初期型(2J3,2H6)のリアアームのテンションバーの根元です。ロックワッシャで大きなボルトが緩まないよう締め付けられています。
今回オーナーがリアブレーキの何かしら不具合を訴えてきました。原因はこのボルトがほんの少し緩んでいたことによるガタでした。ロックワッシャでがっしり止められていますので、絶対緩まないと思いますが、絶対はありませんでした。ちなみに2年前の整備時には問題なかったところです。
すでにロックワッシャーの新品は手に入りませんので、折らないよう細心の注意で最小限に広げ、がっしり締め付けました。1/16回転ほど緩んでいました。画像はロックワッシャーを折るところです。



おまけですが、初期型でも初期の方では画像のようにリアフェンダーにマッドガードとのガタを無くすためにステーが付いています。当然のごとく数ヶ月後には省かれコストダウンされました。残念ですが、最初期型からコストダウンは進んでいるのです。


1252 
         デジタルはかり     (2011年2月8日)



3kgまで計量できるデジタルはかり(料理用)を買いました。なかなか重宝し、面白いものです。
画像はSRの93年までのローター(フライホイール)です。中央部が分厚く、意外に重くなっています。



こちらは先祖XT500です。250gしか違わないのは意外でした。ただ、外周の磁石の重量がほとんどと見れますので、おのずと走りも想像出来ます。
ここで250gも重いのに、エンジン全てではXT500の方が1kg以上軽いと言うのもコストのかかり方を感じます。


1253 
         3X4のリア周り     (2011年2月22日)



暇ですので2度目冬休みをしていました。厳しいですね今年は。
さて3X4のリア周りです。オリジナルにこだわり、ハブクラッチは黒いものを使います。同時にスプロケットも530サイズです。現在は手に入らないロックワッシャもそのままにして移設です。当然のごとくOリング装着です。XT500の整備で発見しここで紹介したのもあって、ずいぶん認知されたことと思います。



同様に貴重なキャストホイールを守るため、初期型のもう手に入らないブレーキシューを使います。付いていたものも初期型でしたがすでにぺらぺらです。
現在新品で手に入るブレーキシューは、純正も社外品も全てハブ、つまりキャストホイールを削りダメージを与えます。必ずキャストホイールには初期型のブレーキシューを使うことをお勧めします。



前後足回りの完成です。ここから現在11月、全く進んでいません。


1254 
        XT500のフュエルコック     (2011年2月27日)



右側がXT500純正の新品コックASSYです。下側にゴミ取りが付いている優れものですが、非常に高価です(9,702円)。錆、もしくは固着、ガソリン漏れなどで交換するには厳しい値段です。
左側はヤマハ純正品ですが何用かは不明です。XT250用を注文したら、似ても似つかないものが来ました。ただ、XT500用として、もちろんXT250にも取り付けサイズが同じですので使えます。若干リザーブになるまでの量が異なります、加工してもいいでしょう。値段は1,722円です。



私のXT500です。趣味ですので、オリジナルにこだわりました。見たとおりボロですが、フルオリジナルな車両です。
XT500はまだオリジナルが手に入るのですから嬉しいことです。SRに関しては初期のコックはすでに新品は手に入りません。


1255 
          募金箱      (2011年3月4日)



今年は本当に仕事が少なく、すごく暇です。暇なときには節約のため工場には行きません。そして3回目の冬休みを取りました。
これはとある空港の帰りゲートに置いてある募金箱です。アメリカなどでは募金箱は透明であることを知りました。募金と言うよりもチップもしくは寄付感覚でしょうか?売店などには必ずレジの横に透明なガラスの入れ物に現金が入っています。映画を見ても何かを買って、お釣りに小銭があると入れて帰るみたいです。まぁ1ドル札以下となると、今では75円以下ですからね。
それでも何か私たち日本人には損な、もしくはもったいない気分になってしまいます。寄付で調べると、アメリカと日本、両国とも世帯ベースでは約70%の世帯が寄付を行っているが、世帯当たりアメリカは約17万円、日本は約3000円と寄付金額に大きな格差が見られる。とありました。
久々にホームページ登場のM2君は、小銭をみな入れていました。私は募金箱はガラスにしようと、このとき思いました。今、バクシーシと言うガラスの募金箱を置いています。それが何に使われるのか、使うかは自分でもわかりません。


1256 
          メーター球間違えたかも?      (2011年3月5日)



これはタコメーターです。メーター自体に穴が開いています。どうやらメーター球の熱で溶けたような感じです。
通常中には鉄のガイドのような物が入っていますが、それも溶けて外れたようです。原因は今のところ不明ですが、球のW数を間違えた物によるものと思われます。純正は3Wそこそこであったと思いますが、同じ形でもW数の高いものがあります。ニュートラルやフラッシャー、またハイビームなどは点灯してもわずかな時間ですのでこのようになる事は考えられません。ただメーター球が夜間だけであったのはもう昔の話になってきました。高年式のSRはキーをひねった瞬間から切るまでは点灯が続きます。以前なら何の問題も無かった事ですが、今はこのようにメーターを溶かしてしまうことになってしまうのかも知れません。
このメーターに球を装着したのは私で、その球は他のSRメーターから外した中古品でした、W数はわかりません。こういうのは気をつけるべきでした。必ず国産の新品、出来れば純正を使えば防げると思います。流行のLEDも良いかも知れません。


1257 
          車検代行     (2011年3月10日)



3月に入り、車検も多くなってきました。今年もまた1万円にて車検代行を続けています。
このようなカスタム車両でも、合法であれば1万円で継続検査が出来ます。平日昼間にお休みが取れない方、お気軽にどうぞ。
自賠責と重量税、印紙含めましても3万円少々です。車検証、納税証明書、現在の自賠責、この3点の書類が必要です。特に納税証明書は気をつけてください、3月、4月に車検のある方は、前年度の納税証明書になります。大切に約1年の保管が必要です。
それと間違えないで頂きたいのは、車検整備と言う車検と整備ではなく、「車検代行」は車検をあなたの「代」わりに「行」くという事です。ですので、整備はしませんので合格するようにして持ち込んでください。もちろん小整備はして車検に臨みますが、不合格でしたとお返しすることもあるかもしれません。
難しく考えることはありません、合法であれば良いだけです。道路運送車両法は、聞いていただければお答えします。


1258 
         スイッチの折れ     (2011年3月10日)



SR500で良くあるのが、左スイッチハイビーム、ロービームの切り替えスイッチの折れです。振動で折れるものと思われますが原因は不明です。走行中に折れて飛んでいってしまうものがほとんどです。現在残念ですが、スイッチASSYでの交換になってしまいます。
フラッシャーのスイッチのように鉄の丈夫な物にして欲しいところですね。初期型からこのトラブルはあります。私の愛車もなりました。


1259 
         工場での作業     (2011年3月11日)



大阪でも大きく揺れたあの日、関東から来て作業をされている方がいました。
工場での作業は相変わらず1日1,000円です。なかなか高級な工具を使ってベアリング交換しているようです。
1日1,000円でSRもしくはXT500の整備、作業は何をしてもかまいません。このような専用工具、ウエスなどは持参してください。



ただ、1日かかってもベアリング交換出来ないこともあるようです。ベアリングが入らないという事で、見せていただくと・・・
これは入りません、古いベアリングのアウターが残っています。では私がカンカーンとすれば、ものの10分もかからずに残ったアウターを取り外し、2個のベアリングを挿入してしまいました。工賃は約1,000円/10分です。困ったときでも私がいますので、私に時間があれば何でもお手伝い出来るとは思います。全て自分でしようとせずに、自分の出来ないことは上手く私を使うのもテです。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)