メンテ日記 (その44)  
     

1290 
        ハーネスの処理     (2011年5月9日)



メインハーネスが、二つに分けられてヘッドライトに入っています。これはちょっと無理があります。
年式により、ヘッドライトの3つの穴には何が何処から入るか決められています。必ずマニュアルをよく読み、従いたいものです。思わぬトラブルの原因になります。


1291 
         割りピンが入っていない    (2011年5月10日)



この車両はハンドルホルダ下に割りピンが入っていません。これではナットが振動で緩んで落ちてしまえば、ハンドルはホルダごと抜けてしまいます。非常に危険です。


1292 
          雨に注意      (2011年5月11日)



RH01Jのガソリンタンクキャップです。キーの部分に雨避けの蓋が付きました。必ず画像のようにカバーしておかないと、ガソリンタンク内に雨水が浸入し、ガソリンタンクを錆びさせることになります。錆びや水分はコックからキャブレターに流れ、悪さをすることになるのです。



問題はこのてのキャップです。バイクカバーをかけて雨ざらしにしない事や、出来れば屋根つきの場所に置きたいものです。今回雨の中車検に向かうことになりましたので、テープを貼りました。



雨はガソリンタンクに入るだけではありません。画像の安い(純正に比べて)フラッシャーなどは、あまり防水の事は考えられていません。ここにも水が入るとショートなどの悪さをします。



このように錆びて、接触不良も起こします。
なるべく雨の日は単車に乗らないほうがいいでしょう、危険でもあります。


1293 
          逆から入る     (2011年5月13日)



何かおかしいですね。デコンプのボルトが逆から入っています。器用ですね。逆に難しいと思いますが、ネジを壊してしまっていましたので簡単ですか・・・。こうやって壊さないようにね。


1294 
         不思議なメーター球      (2011年5月13日)



これを書いてる今は2012年ですので、どうおかしかったかは書けませんが、この画像見る限り、ギアを入れたらメーターの明かりが切れて、ハイビーム、もしくはニュートラルにしたらメーター球が点くという感じでしょうか。ニュートラル、もしくはハイビームは点いたままになっているのでしょうか?ホルダをでたらめに入れたら駄目ですね。


1295
          速度警告灯にヒューズ    (2011年5月18日)



XT500で速度警告灯が点かないというトラブルです。球が切れているのだろうと安易に思いましたら、球は問題な無くヒューズが切れていました。速度警告灯のリレー手前にヒューズが入っているとは知りませんでした。それも0.25Aです。今時そんなヒューズはなかなか手に入りません。まだまだ勉強です。


1296 
          XT250      (2011年5月19日)



内緒ですが、XT250も整備しています。フォークのオイルがダラダラ漏れですね。フォークシールはSRと同寸法ですのでいつも在庫あります。フォークのSR純正ダストキャップがすばらしいので、オイルが漏れても気がつかないのです。



XT250のオリジナルはフォークブーツですが、このようにSRの初期型ダストキャップもぴったりです。このダストキャップのおかげでオイルが漏れているのに気がつかなかったわけです。反対に考えれば、水や汚れは中には入りにくくなっています。


1297 
          原因究明     (2011年5月24日)



エンジンの調子が悪い車両です。経験から薄いのはわかるので、予備に置いてあるキャブレターに交換しました。ですが症状は同じでした。



キャブレターでは無いとなると、非常に難しくなってきます。エンジンの不調の98%はキャブレターだと思っているからです。

さらに探っていくと、これでした。バキュームホースに小さな穴が開いています。なぜこんなところに穴が?人災でしょう、外す時に工具か何かで穴を開けたのでしょう。ここからエアが吸っていました。原因がわかってすっきりしました。これも吸気系ですので、98%に入れておきましょう。


1298 
          必ず面接してください     (2011年5月26日)



車両が仕上がり、フェリーにて神戸から高松に送るところです。
私のところでは来る者拒まず精神でやっています。おかげで来て下さる方は、東は群馬県、千葉県あたりから来られます。東京からは多くの方が来てくれています。南はフェリーを利用し、九州や沖縄からも来られます。
ただ、車両を仕上げた後はバイクの配送業者や、こうやって無人にてフェリーに乗せて返すこともあります。

ですが、基本は面接してください。本当にこのおやじに自分の大切なSRを任せて良いのかどうか面接し判断してください。お客様を神様扱いしないようなおやじが気に入らないのであれば、預けるのは止めてください。考え直してください。

ネットに書いてあることは信じないで下さい、メールも同様です。まず会って話しをして、出切れば作業を見て判断して下さい。
そして仕上がれば取りに来てください。説明を聞き、交換されたパーツを見て何処が悪かったのか、なぜ交換したのか聞いてください。請求書と照らし合わせてください。わからない部品があれば何なのか聞いて下さい。聞かぬは一生の恥です。
そして納得してから工賃をお願いします。

まずは必ず私と面接してください。作業はそれからです。


1299 
         ヤマハの部品の考え      (2011年5月30日)



これはSRの部品ではありませんが、ヤマハとしての部品の考えをあらわしている1例です。
何気にwebパーツリストを見ていると、XT250のドリブンスプロケットが再販されていました。販売終了に長くなっていた物です。こりゃ買いだと注文して、来たものがこれです。



そしてこれが、販売終了になる前の物です。デザインは似ていますが、重量は全く違う物です。



これだけ肉が付いていますので、重量の違いも当然です。ではなぜこんなに肉が付いているのでしょう。材質が変わって弱くなったからでしょうか?通常であれば材料が少ない方がコスト削減できると思います。
多分メーカーは同じでも、作ってる国が違うのでは無いでしょうか?ただの想像です。

ヤマハの考えとして、合えば使えるだろって事です。確かに同じ46Tで穴も同じですので使えます。見た目強度がありそうなので、私は現在XT500レーサーに使っています。



そしてオリジナルがこれです。XT250のスプロケットは黒いのがオリジナルなのです。色なんて何でもいいだろ、使えるんだから。そういう考えなのです。

間違ってもパーツリストを見て2J2サイレンサーがあると思って頼まないようにしてください。2J2のハンドルも、チェンジペダルも、そしてクランクもハブクラッチもリムまでも。当時とは全く異なる「合う」物が来ます。そしてその部品に不良が無い限り返品は出来ません。
それでも30年前の単車に使える部品が出るだけまだありがたい事です。ヤマハさんおおきに。でも出来れば同じ物出してください。


1300 
        シート交換     (2011年5月30日)



何かは知りませんが、しりのポケットに物を入れて乗ったら、シートを破ってしまったと言う事です。表皮張替えなども承りますが、この方はK&Hのシートを購入しました。このようにうちまで取りに来れば、ずいぶん安く上がると思います。シート交換ぐらいは簡単でしょう。
消費税を頂くほどの売り上げはありませんので、消費税はありません。またK&Hさんとは業販契約ありますので、ご自分で買われるよりも少し安く入ります。こんなもので儲けたろうなどとは思ってもいません。良かったらどうぞ。


1301 
        BSTからFCR     (2011年6月4日)



BSTキャブレターからワイヤーなどを交換しないで、しかもノーマルエアクリーナーを使用してのFCR33装着を可能にしました。CR33のように通販も考えていましたが止めました。
理由は個々のエンジンに対しての細かいセッティングが通販では出来ないからです。高性能キャブレターですので、普通に走れるぐらいの標準セットはすぐに出来ます。ただ、非常に高価でありますのでそれではもったいないのです。
夏、冬のセット変更も当然必要になってきます。よって私のところに通って来れる方限定でお願いしたいと思います。
もちろん自信のある方には相談に応じます。


1302 
         スポーク折れ      (2011年6月4日)



画像はXT500フロントホイールのスポークの折れです。オーナーが増し締めしたら折れたと言うものです。人災ですが、疲労もあります。通常スポークは粘りがありますので、引く限り折れることはあまりありません。むしろ緩んでいるスポークの方が折れることが多いようです。
XT500ともなれば、走行が少なくても30年以上前の車両です。テンションがかかった金属の疲労も大きいのでしょう。困った事に1本での部品販売は今はもうありません。



セットでしか手に入りませんので、このように全て交換が普通でしょう。XTは慣れていませんので少しだけ苦労しました。
オーナーに古いスポークを頂けましたので、中古でよければこれからは1本折れにも対応できます。
SRは19インチを除き中古スポークは多くありますので、不具合には安く対応できると思います。


1303 
        XT500のキャブレター      (2011年6月6日)



XT500の純正キャブレターは1E6VMです。ところが1E6は非常に下側のセットが出しにくいのです。また、ウォームスターターもありません。
そこでオリジナルにこだわらない方は変更される方が多いのです。SRでもXTでも非常にセットしやすく、また安定した性能を出せるのは昔から2H6キャブレターです。違和感無くぴったりです。



違和感ありますが、こちらも小さなキャブレターですのでXT500に使えます。ある程度のセットで非常に良い走りが期待できます。
細かいセットが可能なだけにセット地獄に落ち込む傾向が強く、楽しめます。ある程度のセットでの出荷はプライドが許しませんので、通信販売計画は中止しました。それでも興味ある方は問い合わせください。セット地獄も勉強になり面白いものです。


1304 
           フロントキャリア       (2011年6月7日)



シムズクラフトのXT500用ステンレス製フロントキャリアです。荷物が目の前にあるのは安心です。錆びないキャリヤは人気商品です。


1305 
       プラグ穴のダメージ     (2011年6月10日)



オーナーが斜めにプラグを入れてしまったという、珍しい人災です。それもかなり中まで入れたようで、回らなくなる所まで無理に入れていました。
それを抜いたところです。ダメージが見えます。



中からネジのダメージを修復し、削り粉は外に出すと言うこういう工具があるのを知りました。1度しか使えないような大陸製工具ですが、十分にその役割は果たしてくれました。



手でプラグを入れるときに若干の違和感はありますが、奥まで手でプラグを入れれるようになり、問題なく使えるようになりました。
もちろん完全に修理するのであれば、エンジンを降ろしてのヘッド交換になるでしょう。中古のヘッドも置いていますので安く修理可能です。ですが数万円の作業になってしまいます。
今回は応急処置的な作業で数千円で済みました。気をつけましょう。自分でやる事は良いことです。ですが時にはこういう勉強代も必要になってきます。リスクがあると言う事も頭において、自分で色々とメンテンスしてください。


1306 
        ハロゲン球は明るくない?     (2011年6月10日)



12VにされたXT500の車検に行って来ましたが、ヘッドライトが暗く不合格に終わりました。電装はSR用のジェネレーターを含め、一式交換されているようですので発電量が少なくヘッドライトが暗いわけでは無いようです。テスタで測定しても電圧は十分です。
調べると球が左側ハロゲン球になっていました。これでは駄目です、なぜならヘッドライト自体はXT500の純正の物ですから集光出来ないのです。車検ではハイビームの明るさを見ます。明るくても光が散らばってしまっては合格しないのです。純正と同じ形の普通の球に交換すればすんなり合格しました。
もちろんXT500のノーマル6Vでも、全ての部品が機能していれば車検は軽く合格します。


1307 
        クラッチスプリングの弱化      (2011年6月10日)



75年、XT500用で開発されたクラッチは、レーサーレプリカと言う生い立ちであるがゆえにクラッチのスプリングは強かったようです。その後2008年のSR400にいたるまで強すぎるスプリングは使われています。重量増になったSR500でも強いスプリングのおかげで、クラッチが滑る、減るなんていう話は聞いた事がありません。
反面そのクラッチは重く、さらには作動させるプッシュレバーやプッシュロッドを磨耗させてしまいます。
通常使用であれば、対策されたRH03J、現行のSR400のクラッチスプリングの使用をお勧めします。このXT500も変更しました。30%ほどクラッチは軽くなるようです。つまり30%ほどプッシュレバーやプッシュロッドは楽になるわけです。交換により磨耗しにくくなると思われます。


1308
         ユニオンボルト不良のオイル漏れ    (2011年6月24日)



XT500エンジンです。油圧のかかるオイルラインからのオイル漏れです。すぐにガスケット類を想像しますが、そうではありませんでした。ユニオンボルトの緩み?な感じです。



ところが緩んでいたのではなく、伸びていたのです。人災とは思いますが、金属疲労かもしれません。こういった部品も壊れますので、特にディスクブレーキは注意が必要ですね。


1309 
         仕事が無いと言う現実      (2011年7月9日)



今年4月からですが、土曜日の用事が無くなりましたので土曜日も開場しています。平日に休めない方にも来て頂こうと思っての事ですが、誰も来られません。不景気と言うのは簡単です。私の接客もなっていないのでしょう。工賃の安さ、それと出来る限りの丁寧な作業内容などではなかなか難しいのです。さらにサービスに努めようと気持ちを新たにします。
息子M2とCB750Fです。夏、30℃を超える日にSRに乗れば、それはよろしくないと思います。私の夏の足はCB750Fです。高校生の時に憧れました。ホンダは壊れません、面白くないですが足には最高です。



CB750Fのリアブレーキ整備中の私です。M2が撮ってくれました。こういう作業から新たな発見もあるのです。実際ここでネットでは書けない事を発見しました。
今年はずーっと赤字続きです。暖かくなったら・・・という希望も砕かれた事を知り、辞め時を過ぎてしまったと後悔の日々です。
ですが後悔をしていても仕方ありません。辞め時を過ぎてしまったのですから勉強しつつ進んでいく決意です。


1310 
        タイヤ交換     (2011年7月15日)



自分で決めた好きな仕事ですので、赤字でも止めません。借金してまではやりませんが、まだまだ続けます。
タイヤ交換です。やはり初期型にはK70が似合いますねぇ。



2年前のタイヤにはオゾンクラックが入りましたので、新品に交換です。まだ2年なので、わしにくれと頂きました。現在兄さんにはこのタイヤを入れてあります。私はクラックが入っても5年以内なら使えるだろうと言う考えです。
反面5年以上経ったタイヤは、溝があっても、ヒビが無くても使える物ではありません。タイヤが高いのか?事故を起こす事、又は転倒する事が高いのか、良く考えればタイヤ交換は出来ます。長い方で5年使うタイヤですので、銘柄選択も良く考えましょう。


1311 
         土曜日営業しています      (2011年7月16日)



色々と日記など読んでくださり、良く知っていてくださる方は土曜日ににも来てくれます。SR500は夏に乗れば壊れますのでZ1Rですね。後ろはエンフィールドです。



M2も土曜日にやる事が無く付いて来ます。クラブ活動もやっていませんからねぇ。



M2撮影です。フレームからの起こし作業です。ようやくエンジンが組めて載せるところです。



黒い3X4には黒いエンジンが似合いますね。クラッチのプッシュレバーまで一緒に塗られていますが・・・


1312 
        RH01J用FCR33     (2011年7月21日)



01年以降のSR400に装着されているクリーンなキャブレター、BSR33です。軽く、燃料をセーブできる非常にエコなキャブレターです。キックは蹴らずに踏むだけでエンジンは簡単にかかり、通常の使用には全く問題を感じない高性能キャブレターです。



排ガスの装置類をそのままに取り付ける事の出来るFCR33を作ってみました。試作の物で、3mmほどマニホールド側のアダプターが長かったように思います。
ただ走るだけのセッティングは簡単ですが、そこから詰めていくのが大変です。ですので現在FCR33の通販は見合わせています。ご近所の方でセッティングに通える、またはご自分でセッティングを出せる方相談にのります。
この高性能なレーシングキャブレターを装着する事により、普通のSR400に戻れる事が可能です。
ただしこのキャブレターで現在の厳しい排気ガス規制に合格する事は困難と思われます。
ワイヤー、エアクリーナーもそのまま使えるようにしてあります。空燃比が変わり、エンジンにはやさしい状態に持っていけます。


1313 
         安く生き返ります       (2011年7月22日)



キャブレター続きですが、もちろん当時物2H6VMキャブレターは歴代で一番優れたキャブレターとも思います。SR500、XT500に装着してもエコで文句の出ない優れた性能を発揮します。加速ポンプがありませんので部品代も安く付きますし、なによりセッティングが簡単です。
今ではキースターのキットにてほとんどの消耗部品を交換する事ができ、安く生き返らせることが可能になりました。元の状態にもよりますが、ほとんどの2H6キャブレターは使えるようになります。


1314 
          おかしなこと色々と     (2011年7月25日)



これはまたおかしなロックワッシャーの曲げ方です。通常ナットの平らなところに合わせて曲げ止めるのではないでしょうか。またどういうわけか当時物キャストに428サイズのスプロケットですね。まぁそれは好みですから良いでしょう。



それにオーナーが持ち込んだ530サイズ47Tスプロケットに外国製ゴールドのスタンダードチェーンを装着します。ちなみに3X4は500CCです。ギア比は上がる事になります。力が増えますが500は十分な力がありますので、あまりギア比を上げる方もいません。ですが街中などでは非常に乗りやすくなります。



わかりますでしょうか、左クラッチのホルダに右用逆ネジのミラーが無理やり装着されています。右用ミラーのナットには、逆ネジあることを示す切りかきがあります。苦労します。
またホルダ取り付けのボルトも長いですね、下まで飛び出ています。不細工です。



同じ車両ですが、ボルトが長いといえばヘッドライトステーの全てのボルトも長く違う物ですね。短いよりは良いですが・・・
また下側カラーもおかしな物が入っています。見たことが無いのでSRの部品ではありません。
長い年月が経つと、その間複数のオーナーに色々な事をされてしまいます。直していくのは楽しいのか、それとも大変なのか?趣味ですなぁ。


1315 
         開けると・・・      (2011年8月2日)



苦労している3X4です。最終電気、保安部品の整備まで来ました。フラッシャーが点滅しないので、球かなと開けてみると・・・
これぐらい酷くなると、球の残りを取り除くのは困難で、しかも時間がかかります。もし部品があるなら交換のほうが早く安く付きます。持ち込まれている部品がありましたので交換しました。
錆びて取れなくなったとは思いますが、ここまでにしてしまっては取り出すのが非常に困難です。


1316 
        3X4完成       (2011年8月2日)

5

不動車を再生するにはどれぐらいの予算が必要なのか?これは非常に難しい事です。ご自分でやれば部品代のみで済みます。ただ人に任せればそれなりにお金がかかります。
不動車、もしくはそれに準じる物が生き返る金額を私の工場でやった場合について書いて行きたいと思います。基本的にSRはどのような状態になっていても再生が可能です。問題は金額が合うのかどうかなのです。そこに愛情があるのかどうかと言う事になります。人に任せる場合、きつい言い方ですが愛は金なのです。
金(愛)をかければどんなSRでも生き返るのです。ただし、できれば彼女や奥さん、子供たちにかけた方がいいでしょう。そしてその残りがどれほど使えるかです。



損得で考えれば出来ません。動いている、今なお生きているSRを整備した方がはるかに安く付きます。これはもう趣味でもかなり深い世界の話なのです。

さてどう見ても3X4に見えないですが、フレームは3X4のこの車両。4個1になります。オーナーがヤフーなどのネットオークションで買った4台の不動車、部品取り車をまとめた物です。よって4台の部品が付いています。使える部品は使い、極力新品部品は出さないよう組み上げました。ほぼフレームから組んだも同然な状態で約5ヶ月かかりました。
エンジンはオーナーが塗装した物です。ボーリングにより0.5mmオーバーサイズピストンを入れました。1台全て組み上げ、調整をするのに私は1520分かかっています。
気になる工賃と部品代の合計はおよそ24万円です。どうでしょう?もう少し足せば私のところで普通の中古車を買える値段です。愛が無ければ出来ません。まだ動くと言う状態のみで、この後膿だしをして、調整、整備をして普通の中古車に仕上げていきます。
多分これぐらいが、不動車からの再生の最高金額になると思われます。やり方によってはもっともっと節約も出来るでしょうし、もっともっとオリジナル度の高い物や、カスタムな物も出切るでしょう。



群馬のお客様で、レンタカーで取りに来られました。カバーをかけるのはあまりお勧めできません。カバーが擦れて単車に傷が入るからです。
あの3/11に来られて、一旦は中断した車両ですが仕上げることができて良かったです。


1317 
         セミエアサス       (2011年8月4日)



えらい硬いサスだと思いましたら、フォークに3kgf/cm2ぐらいのエアが入っていました。壊れているかと思いました。画像では2kgf/cm2以下になっていますが、フォークに入っている空気の量は少なく、エアゲージで測ろうとするとエアがすぐに抜けてしまいます。よってメーカーがセミエアサスに要求する0.4kgf/cm2の維持は現実的に無理があります。


1318 
        小さな書類        (2011年8月12日)



予備検査に合格させました。下の様式1は確かA4サイズであったと思います。その上の色の付いた書類が古い車検証で、少し小さいB5?サイズです。平成の最初あたりまで使われていました。今はA4サイズの白い物になっています(2012年7月より青いものになりました)。
変更するのに手打ち入力となりますので、予備検査や新規検査で少し時間がかかります。予備検査まで私がやりますと、あとはご自分での登録も楽になります。登録は整備と違い誰がやっても出来上がりは同じです。私は儲かりませんが、ぜひご自分でどうぞ。

現在予備検査14000円、構造変更6000円、継続検査10000円でずっとやっています。登録は神戸、大阪、なにわナンバーは8000円、それ以外全国12000円です。お時間が無い方は任せていただくとありがたいです。


1319 
        チューブのサイズ違い     (2011年8月29日)



これはSRではなくTTR125ですが、出てきたチューブは太い物で、しわがよって入っていました。通常サイズは下の70/100-19サイズのものです。パンクとか考えれないトラブルの元になります、タイヤに合ったサイズのチューブを入れましょう。単車を買ったらこうやって点検も必要かもしれません。通常チューブはタイヤ交換時に新品にするものです。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)