メンテ日記 (その45)  
     
NEW!! 6月16日 N0.1335 以降を追加しました。

1320 
        メーターのパネルがずれる     (2011年8月30日)



珍しいトラブルです。パネルのビスが振動で外れてずれてしまったと言うものです。分解し、修理する事は事実上出来ません。やろうと思えば出来るのですが・・・。通常は交換になってしまいます。


1321 
        ベースパッキンからのオイル漏れ  (2011年9月5日)



半年前に私が組んだエンジンがオイル漏れです。シリンダ下から出ています。これはクレームですね。半年でオイル漏れては駄目です。通常作業のクレームは3ヶ月ですが、私の判断にてOKとなる場合もあります。



ところが作業上のミスがこれと言って見当たりません。私自身はこのOリングを入れ忘れたのだろうと思っていました。油圧がかかるところでも無いですし、オイルが溜まる場所でもありません。ですがOリングはこのように入っていました。

クランクケースもシリンダも平面は保たれています。考えれるのは社外品のパッキンセットを使った事です。今まで社外品でもオイル漏れはありませんが、ハズレに当たったのでしょう。
私の責任でも無いことに時間を使い、無料で作業するのはもう嫌です。
ですので、社外品のパッキンセットを使う方はノークレームと言う事にさせていただきます。多分Oリングが不良品だったのでしょう。純正部品に交換後問題は出ていません。


1322 
        ワイヤーハーネスの不良     (2011年9月9日)



最初にホーンが鳴らなくなりました。続いて電装系統が異常な状態になりました。
動画
オーナーはワイヤーハーネス全てを交換する事を選択しました。正解でしょう、ワイヤハーネスも壊れます。開けて修理するのも良いでしょうが、また他が悪くなるかもしれませんし、工賃もかかります。
年式によってはもう新品は手に入りません。



不良のハーネスを開けてみました。丁度蛇腹部分、水の溜まる場所にプラスとマイナス(アース)のかしめがありました。プラス側銅線が腐って2本ちぎれていました。半田付けすれば修理できたと思います。
半田付けして、オーナーにスペアで差し上げました。



これは初期型のハーネスですが、配線の合流部分は半田付けです。しかも見てのとおりヘッドライトに近い高い場所にあります。よって水にも強くなっています。蛇腹ではありませんので水も溜まりません。
比較的高年式のSRで雨の日も乗られる方は注意が必要かもしれません。


1323 
        中古車の手入れ     (2011年9月10日)



不景気で暇です。なので在庫のぼろいベース車を修理して中古車にしていきます。ベース車から中古車は何が違うのか?仕入れたそのままがベース車で、中古車は手を入れて修理、整備した物が中古車です。
私のところでは全車ステムベアリングは使える状態にあっても、アンギュラに交換しています。



最近は美しくする事も考えています。細かいところではメーターのナットを交換します。



交換後です。



今回は張り込んで、フロントホイールも交換しましょう。これぐらいのサビで問題は出ませんが、見掛けがよく無いでしょう。



困った事にフォークのインナーにもサビを見つけました。流石にここは問題が出るのでインナーチューブ交換となります。部品代がドンドンベース車に乗って、価格が上がって行きますが、それはまぁ安心のために仕方の無い事です。



仕入れ時には点いていなかったスピードワイヤーのガイドも装着します。



これは見えない場所ですが、タンクのダンパです。ひび割れた物からしっかりした物に交換します。



ブレーキマスターです。古くなるとプラスティックのフリュードを見るところに穴が開きます。この車両も穴が開いていました、漏れながらオーナーは走って来たのです。良くブレーキが効いて来れたものですね。危ないので呼んでくれれば引き取りにまいります。



最近は初期の型であっても、ヘッドライトステーの上側からハーネスを通すようにしています。水対策です。



ケースカバーのボルトも違う物が入っていましたので、純正に交換しました。



これはチェンジペダルのスプリングです。右エンジンケース内部にあります。折れていましたので交換しました。部品はさほど高い物ではありませんが、作業は時間がかかります。ついでにクラッチも手を入れました。



今回最初に付いていましたキャブレターがSR400用2H6でしたので、CR38の新品に交換をしました。やはりオリジナルの3X4VMか、でなければCRが良いですからね。
申し訳ないですが、部品代は車両価格にプラスさせていただきました。

しかしぼろいベース車両を高価で買い取ってしまったものです。読みが甘いですね。これからはもうちょっと厳しく査定させていただきます。降りる方には厳しくして車両価格を抑えて、乗り出す方には優しく安く乗っていただきたいからです。


1324 
        定期的な分解が必要なキャリパ     (2011年9月15日)



軽く引きずるようになったキャリパです。分解してみるとサビがいっぱいになっていました。
ブレーキフリュードは2年毎に交換していた車両です。交換だけでは重いサビなどは出て来ないのですね。ブリーダプラグはキャリパの上についているからです。
なので少なくとも3年に一度はキャリパの分解清掃は必要だと思います。マニュアルには2年毎と書かれています。その時に必ずシール交換も必要です。
エンジンは壊れても止まるだけです。ブレーキが壊れると止まれません。どちらを重要視するのか?もちろん安全の為に走れるよりも止まれるようにするべきです。


1325 
      ヘッドライトの選択は慎重に    (2011年9月26日)



非常に貴重な初期型2H6SR400です。ハーネスの不具合で来られました。
電気系のお話しを少ししてアドバイスしたぐらいで、特に何も作業することなく帰っていかれました。その後来られません。
お客様には自由があります。単車屋を選ぶ自由です。しゃべって見たら私と合わなかったのかもしれませんね。それとも失礼ですが金銭的な事か?
なかなか大変そうなハーネスです。30年以上前の物ですから色々と不具合もあるでしょう。小さなヘッドライトの中には収めれません。そういう意味で難しくもなってきます。ヘッドライトの選択は慎重にしたいものです。
もちろんこのままきれいに安全にまとめる事も可能でしょう。がんばってください。
私的には来る方は拒まず大歓迎。それはカスタム車、チョッパーでもセパハンカフェでもです。


1326 
       出来ない事もあります     (2011年10月1日)



クラッチのOHを頼まれプッシュロッド類などを交換しようと思ったところ、こんな物が入っていました。バックトルクリミッターと言う物のようです。なぜバックトルクをリミットする必要があるのか?と言う事は置いておいて、分解をしだしてとんでも無い目にあってしまいました。

詳しくは書きませんが、分解も出来ずに元の状態に戻すのも困難な状態に陥ったのです。何とか戻しましたが、良い勉強になりました。出来ない事もあると言う事です。
これを組んでもらったところに頼んでくださいと、丁寧にお断りしました。私は修理屋ですが、カスタムの度合い、または痛み具合によっては修理出来ない事もあります。


1327 
       キースターさんの努力     (2011年10月1日)



XT500国内向け(1E6)キャブレター燃調キット製作をしていただいただけでもありがたいのですが、希望も色々と聞いていただいています。
これはドレンのOリングです。輸出向けにもあったのでしょうか?ありがたいです。



私が希望して増やしていただいたのは、スターターの先のクリップです。良くピーンと飛ばしてしまって、何処に行ったかわからなくなる部品です。買えば147円もします。錆びて再利用不能の物もありますね。
それと本体のOリングです。これも純正であれば700円ぐらいします(2012年11月現在販売終了)。反面、スプリングは要らないのでは?と言いましたが、付けてた物を減らすわけにはいかないと言う事です。ありがたいですね。(後に錆びているスプリングに当たり、必要性を感じました)


1328 
        ついに再生     (2011年10月1日)



1E6キャブレターとFCR33の比較です。大きさはほぼ同じぐらいです。



30年ぶりに再生された1E6キャブレターです。ボロにはボロのキャブが似合います。エアスクリューやスタータプランジャなど光っています。これから時間をかけてセッティングしていきましょう。セッティングには少なくとも1年は時間がかかります。(2012年12月にこの車両のセッティングは完了しました)


1329 
       自分の単車の整備    (2011年10月4日)



兄さん(78年2J3)の覚え書きです。他の年式のSRでも同様に、リアブレーキが鳴き出したらそれは整備時期です。通常3ヶ月ぐらいでしょうか?
初期型はごらんのようにブレーキカムに溝がなくグリースが溜めれないので、特に整備頻度は高くなります。ブレーキのパネルにはシューの残りを見る穴がありますが使う事は無く、その後無くなっています。こうやって見ると現在のSRと同じ部品は1つもありません。



今回リアタイヤを交換しました。減ったTT100からK70です。これだけ大きさは異なります。車体の状態も異なってきます。もちろん走りも全く異なってきます。
通常お客様が捨てて行ったタイヤを使いますので、TT100のようなチューブレスでも使う事があります。ですが自分でお金を出すならスポークホイールにチューブレスタイヤは絶対使わないでしょう。それは高いからではありません。自分でタイヤ交換すればわかります。


1330 
      サイレンサーを落とすと言う事      (2011年10月6日)

お久しぶりです、2013年最初の更新です。最近はブログや日記中心になってしまい、メンテ日記はもう1年以上の遅れになってしまいました。最新の作業報告はブログなどで確認してください。
それでも原点であるこのSRメンテ日記はよほどのことがない限り止めません。ゆったりまったりお付き合い下さい。


関東から工場に向かってくる途中、高速道路でサイレンサーを落としたようです。SR500の振動は国産車最大です。全てのボルトナットは振動で緩みます。増し締めは頻繁にしましょう。



この車両はチャンバ部のステーが付けられていませんでした。これもサイレンサーを落とした原因になります。通常良く緩むタンデムステップ側のナットが振動で脱落しても、ここのステーがあれば落とすまでには至らないと思います。メーカーは余計な物は絶対に付けません。必要だから付いているのです。



拾って、SAにて針金をもらい応急処置して工場まで来られました。ボルトナットはナンバーの物です。怖いですね、高速道路走行中に前でサイレンサー落とされたら・・・。事故にならなくてラッキーでした。ただサイレンサーが1つジャンク品になっただけでした。
80%の確立でこのステーのボルトナットは緩んでいます。必ず増し締めし、ネジロックぐらい使っても良いかもしれません。特にスプリングワッシャが無くなってしまった新型は注意が必要です。


1331 
        他車種       (2011年10月7日)



ホンダです。SR400 SR500 XT500専門ではありますが、簡単な事であれば他の車種も修理、整備が出来ます。この方はSR500も所有されています。



外車ロイヤルエンフィールドです。こちらの方は初期型SR500からの乗り換えの方です。
他車種は私の勉強にもなります。整備、修理は問い合わせ下さい。SRのようにミッションの奥地の・・・までは出来ません。またデータもありませんので、サービスマニュアルなどは必要です。


1332 
          メンテとは関係の無いお話し     (2011年10月10日)



メンテ日記最初の方にも出てきてたM2君です。中学1年生になりました。単車はTT-R125です。子供はすぐに大きくなりますね。



焼肉にご飯も炊いてのBBQ。その後単車やキャンプにも付き合ってくれなくなりました。
M2君もこの日以来単車には乗ってません。まぁ何時までも子供は親と遊んでくれないですね。少しさびしいですが、ちゃんと育っているのですね。


1333 
        タイヤの太さ       (2011年10月18日)



もう何回も書いていますが、2本共に4.00-18で同じサイズのタイヤです。
左はダンロップのK70で、特に初期型のオーナーに人気のタイヤです。細いリムに装着されればすごくカッコいいと思います。右は私のところでの1番人気のタイヤでブリジストンのアコレードです。耐久性、グリップ共に性能が高く、見た感じがSRに合うデザインです。
タイヤは消耗品ですが、車と違いデザインやサイズが与える影響は大きい物です。減ってくればよく考えて選びたい物です。
持ち込みもOKですので、ネットで探して安く買って交換にきてください。持込だからと工賃に差は有りません。もちろん私のところでも取り寄せ出来ます。ゴム部品の性格上、在庫はしていません。通常賞味期限は5年です。
5年を超えたタイヤは溝はあってもグリップが低く危険です。特にハイグリップタイヤはグリップの落ちが酷いです。転ばぬ先のタイヤです。


1334 
        ガスケットが欠損       (2011年10月24日)





インテークのガスケットが欠損しています。破片は見つかりません。
事の始まりは調子が悪いのでキャブレターをOHしてくれと頼まれた事です。もちろんOKですが、キャブレターを外して持ってこられました。まぁそれでも頼まれたとおり、ノーマルのセットでOHしました。

後日装着したが、エンジンがかからないと言われるのです。そう言われても見ないと何もわかりません。
単車を持って来てもらうと確かにかかりません。エアを吸うという感じから、これを見つけるまでかなりの時間を要しました。1時間以上かかったと思います。
なんとオーナーはキャブバイパスを外してキャブレターを脱着していたのです。それを先に言ってほしかった。このガスケットは再利用できません。キャブバイパスを外すことはあまりしません。

オーナーは二度手間の上に部品代と工賃がさらに必要になってしまいました。もちろん勉強代と思えば安いかもしれません。しかし欠損したガスケットの破片は何処に行ったのでしょう?考えると怖いので考えないようにしましょう。
新品のガスケット装着で問題なくエンジンはかかりました。

SRであればどんな事でもやりますが、車体丸ごとで来てもらうのが基本です。部品でのOHなどしますが、ノークレームです。現在エンジンは単体でのOHはしていません。このように責任が持てないからです。


1335 
       フレーム交換    (2011年10月25日)

1年半以上の遅れで申し訳ありません。最新の情報はブログをご覧下さい。



古いお客様で久々に来られました。別の単車に乗っていましたが、またSR500に乗りたいと言う事で起こし作業です。
ついでに諸事情でフレームの交換を行います。すごい工賃になるのではないかと思うかもしれません。ところがそうでもありません。足回り整備を考えていただければよろしいかと思いますが、後ろはピボットまで全て分解し組み上げます。前はステムまで同様です。考え方を変えれば、現在形のある車両を分解し、フレームの方に組めば手間はあまり変わりません。
もちろんエンジンの降ろし、積み作業も入りますが、エンジンには特別手を入れないのであれば、さほど時間のかかる作業でも有りません。

中古車を1台買うよりもはるかに安く付きます。ただ、これだけの物を下取りで中古車を1台買うのであれば同じぐらいかな?
注意はこのような形での持込がベストです。ちょっと手伝ってやるかと分解して持ってこられたのでは余計に時間がかかります。ほとんどの部品は見れば何処の部品かわかりますが、部品を見て組むのではなく、組む為に部品を探す事になり時間がかかるからです。

手持ちで寝ている車両がある方は起こしてはどうでしょうか?またSRライフを楽しめます。この車両は整備にかかる部品、ステムベアリングやブレーキパーツ、前後タイヤなどとCRキャブレターを含めおおよそ20万円でフレーム交換し組みあがりました。中古車を1台買うよりも断然安いでしょう。


1336 
        IRC GS11      (2011年11月07日)



19インチのフロントタイヤで、安いので良く出ます。私的にはGS19の方がカッコいいのですがあちらは高い。
フェンダーにぴったり収めたいのなら左の3.50-19サイズ。BSならアコレード3.50-19でしょうか。機敏に走りたい方は右側3.25-19サイズ。同じタイヤでも若干パターンが異なります。

タイヤ交換時は必ずチューブも交換します。また通常賞味期限は5年とタイヤメーカーが書いていますので、5年以内には交換したいところです。私は2年もしたらタイヤは硬化してグリップしないと思います。しかしもったいないので、溝があれば5年は使います。5年の賞味期限は必ず守ります。


1337 
        フレームから組み    (2011年11月08日)



フレームから組んでいくと、ステムのベアリングレースの打ち込みなど反対向けると楽な作業が多くあります。また、反対向けると安定もします。清掃もしやすいです。



この状態ならセンタースタンドも取り外さずに肉盛り、修正が出来ます。安物SRのセンタースタンドは、立てたままでエンジンをかけたりするとすぐにヘタってしまいます。スタンドを立てたまままたがるのは良く無いと思います。



どう組んでも良いのですが、まずエアクリーナーケース、バッテリーケースなど装着するとスムーズに行くと思います。
その後個別に整備した足回りを組むと、もう出来たような気になります。安定して立てる事も出来ます。ハンドルも装着すると、もうこれで移動なども簡単に出来ます。整備は大変ですが組むのは簡単な物です。その後の調整がまた大変です。


1338 
        とあるエンジンのOH      (2011年11月15日)



錆び跡のあるシリンダーをそのまま使います。今はオーバーサイズのピストンが部品で出ませんので仕方ありません。新品シリンダーは出ますが、現実的な金額ではありません。
内燃機屋さんで軽くクロスハッチが入るぐらいにホーニングして頂きました。減らしたくないので、あくまでも軽くです。これで新品ピストンを入れれば使えるエンジンになるでしょう。
長く置くのに圧縮上死点でピストンを止めていないと、このようにシリンダを錆びさせる事になります。



ヘッドはバルブシートカットに擦り合せ、清掃ぐらいです。内燃機屋さんの仕事です。これで圧縮漏れも無く普通の中古車状態になります。バルブシート当たり面をキレイに保つ為にも圧縮上死点でのエンジンの停止を心がけたい物です。バルブが開いたままですと、当たり面に何かを挟む、もしくは錆びさせる元になります。

現在腰上OHは工賃で3万円から4万円で出来ると思います。非常に安くなりました。もちろん積み降ろしし、調整も入ります。プラス、高価な純正部品も必要ですので、総額は安くはありません。ですがシングル、2バルブの恩恵を感じる時でもあります。


1339 
        キャリパーのOHはお早めに     (2011年11月21日)



もうこれはフリュードが漏れ出しています。フリュードが染みたパッドは使えません。またキャリパーの塗装にもダメージがあります。



酷い状態です。圧縮エアを注入してもピストンは錆び付き抜けません。



潤滑剤を入れて、このようなキャリパーツールを使い、ピストンが回ってくれれば錆びも取れたも同然。抜けそうです。



ピストンを抜いた後、キレイに洗浄すれば、塗装はこれだけ取れてしまいました。
今回はこれを塗装せずに、他の中古品を使いました。ブレーキフリュードは付くと怖い物です。塗装など一発で剥げます。気をつけましょう。

メーカーはキャリパーシールの2年毎の交換を推奨しています。私は3年限度に交換をするものだと思います。


No.01  から No.40
SRメンテ日記(その1)
No.41  から No.70
SRメンテ日記(その2)
No.71  から No.100
SRメンテ日記(その3)
No.101 から No.130
SRメンテ日記(その4)
No.131 から No.160
SRメンテ日記(その5)
No.161 から No,189
SRメンテ日記(その6)
No.190 から No,219
SRメンテ日記(その7)
No.220 から No,249
SRメンテ日記(その8)
No,250 から No,279
SRメンテ日記(その9)
No,280 から No.309
SRメンテ日記(その10)
No,310 から No.339
SRメンテ日記(その11)
No.340 から No.359
SRメンテ日記(その12)
No.360 から No.389
SRメンテ日記(その13)
No.390 から No.419
SRメンテ日記(その14)
No.420 から No.449 SRメンテ日記(その15) No.450 から No.479 SRメンテ日記(その16)
No.480 から No.509 SRメンテ日記(その17) No.510 から No.539 SRメンテ日記(その18)
No.540 から No.569 SRメンテ日記(その19) No.570 から No.599 SRメンテ日記(その20)
No.600 から No.629 SRメンテ日記(その21) No.630 から No.659 SRメンテ日記(その22)
No.660 から No.689 SRメンテ日記(その23) No.690 から No.719 SRメンテ日記(その24)
No.720 から No.749 SRメンテ日記(その25) No.750 から No.779 SRメンテ日記(その26)
No.780 から No.809 SRメンテ日記(その27) No.810 から No.839 SRメンテ日記(その28)
No.840 から No.869 SRメンテ日記(その29) No.870 から No.899 SRメンテ日記(その30)
No.900 から No.929 SRメンテ日記(その31) No.930 から No.959 SRメンテ日記(その32)
No.960 から No.989 SRメンテ日記(その33) No.990 から No.1019 SRメンテ日記(その34)
No.1020 から No.1049 SRメンテ日記(その35) No.1050 から No.1079 SRメンテ日記(その36)
No.1080 から No.1109 SRメンテ日記(その37) No.1110 から No.1139  SRメンテ日記(その38)
No.1140 から No.1169 SRメンテ日記(その39) No.1170 から No.1199 SRメンテ日記(その40)
 No.1200 から No.1229 SRメンテ日記(その41) No.1230 から No.1259 SRメンテ日記(その42)
No.1259 から No.1289 SRメンテ日記(その43) No.1290 から No.1319 SRメンテ日記(その44)
No.1320 以降  SRメンテ日記(その45)