83 レストア記  
     
01
   SR500 83年型のレストアはじまりー

 かわいそうに部品取りされてしまった500を倉庫から引きずり出してきました。
 高かったけどボロイ…
 とりあえずは目指すはノーマル!ノーマルが全ていいとは言いませんが、ほとんどにおいてベストなのです。特にこの辺の年式は完成されています。

02
    まずはエンジンかけたいよー。

 まずはエンジンがかからないと気合が入らない。
 キャブにじかに新しいガソリン入れるが入らないようだ…ドレンより抜けてこない。うーん?たたく、コンコン・・ゴンゴン。入った。
 スロットル、動かない。キック3発!(VMキャブは3発以内でかかることはほとんど無い)「ピュツピュツプチッポン」かかった。一瞬でヘッドからの音など確認した。ピュツピュツはマフラー無しのときの音。わかるかなー?
 かかれば気合入れてばらしていく。

 キャブも外す。加速ポンプつきVMキャブ。全くスロットルは動かない。

03
    ステップ類

 こんな変なバックステップが付いている。どこのメーカーかはわからない。セレクトでもヨシモトでもマックレーンやデイトナでもない?
 85年からの純正バックステップより高く、後方になるためにスイングアームのグリスニップルは邪魔にならない。ブレーキの入力の調整も出来るタイプだ。
ノーマルに戻すために外す。



 ブレーキのシャフトまで交換するタイプでかなりの高級品と見た。
 だけど困った。ノーマルのシャフトを何か探さないと…なーんて、本当はショップだから中古がいくつもあるんだけどね。 安く売りますよーと宣伝しておきましょう。

 


 これはタンデムステップ。
 ノーマルより小ぶりな物だ。多分ノーマルのステーにXTなどのタンデムステップをつけたもの。かっこいいけどコレもノーマルにするために外した。


04
     一休みで各部点検、リア周り

 ここまでばらせば後は楽にメンテナンスができる。ホイールなどを外してしまうと転がせないので狭い工場では邪魔になる。
 純正のリア周り。このタイヤは84年までの純正のタイヤで最悪!メーカーはたしか…?やめとく。今のトラッカーたちにはうけるかも?
 SRのいでたちがトラッカー上がりだからって、コレは無いでしょというくらいグリップ無く、音はうるさく、ハンドリングは重い。キャストモデルはマトモなチューブレスだった。
 リムは若者が「バフがけHリムじゃないっすか」というもの。確かにコストダウンされた現在のSRのリムから比べればそう見えるか?錆びてもキレイ?
 タイヤは交換。この仕事が一番嫌いなんだよなー。

05
      簡単なフロントからするかー

 フロントからばらす事にした。
 アルミ一文字ハンドル…こんなので長くは乗れない年齢だ。ツーリングも久しぶりにしたいので交換するとしよう。
 このハンドルはすげー軽くて、カスタムに使かおっかなー?トラッカーにしたかったがハンドルないし。もう、流行遅れだし…
 ばらしのコツはメンテ日記を見てね。

06
      たしかに83年型後期モデル

 ロワーブラケットを灯油で洗いきれいにするとこんな文字があった。
 83.9.06 ブラケットが生産された日か完成車となった日かはわからないが、どちらにしろ私は19才の学生だった。トライアルに熱中していたころだ。
 20年か…すごいよねーSRってホント

07
      タイヤはだめかぁー

 タイヤはミシュランM38。いいタイヤだ。山はあるが、ひび割れだらけ…私でも嫌だなー。交換するかぁ
 サイズは3.50-19から3.25-19に落としてある。これで軽快さがかなり増すと言う。YAMAHAはキャストのみ3.25を履かせた。後に85年18インチになる。

08
     アッパーのボルト磨き

 この時点でボルトを磨いてみる。きれいになった。OK
 駄目ならステンに交換もいい考えだ。メッキのボルトはキレイで強い。
 後に何年からか忘れたが、ただの黒ボルトになった。コストダウンである。少しの差だろうが台数が多くなるとそうも言っていられない。仕方が無い。でもSRにはやって欲しくは無い。





09
     この時代でもすでにコストダウン?

 ロアーブラケットの穴にプラスティックのふたがつめてある。ここは何が付いてたってか?それはね










 コレですコレです。コレは79年型。かなり安くなるだろーねー。
 現在は85年よりゴミや水を入りやすくした上に音も出てうるさいフォークブーツの止めに使われています。
 ダストキャップとフォークブーツ。どちらが安いってか?わからん

10
     フロントフォークはラッキーだった。
 
えー、メンテ日記にも書きましたが、ノーマルのフロント周りをばらすには必ずステアリングの上のベアリングを先に取っておきます。バラバラになるからねー。








 

こんな変なフォークブーツが付いていた。ずれない様にかボンドみたいなものでベタベタ・・・きたないなー。古いガソリンなどできれいにする。




 部品取り車からダストキャップとエアサスバルブのキャップを頂く。みての通りダストキャップがついていたフォークのシール部はきれいで、フォークブーツの方は汚く錆びている。どちらが有効なのか良くわかる。ちなみに調べたところ純正はブーツの方が高い。
 なぜ部品取り車のフォークを使わないかというと、インナーに少し錆びがあったのでやめた。


 なんと、ラッキー!部品取り車は80年型だが、エアサスキャップがついてたのでフォークは83年以降と思っていたのだが、スプリングは82年以前のだった。
 もちろんありがたく使わせて頂く。フォークオイルは10番を使った。量はほぼノーマル仕様にした。
 安くいいものができそうだわい。


11
      やっぱテーパーベアリングでしょ

 とりあえず見えないところに金をかけるのがうちと他の違うところ。
 ステアリングヘッドはテーパーベアリングにした。上のレースはすぐに簡単に入る。
 「テーパーはフリクションロスが・・・」なんてこと言う連中がいるが、言ってろ、ずーっと。






 下のレースは奥まっていて入れにくい。そんな時はグリスアップして組んだベアリングにレースをかぶせ、そのまま組みつける。花形ナットが締めることができれば少し締める。無理ならば下から少しドツク。
 もう一度バラすとレースは少し入っているので、そこから本格的に打ち込むのだ。
 見えにくいし斜めになりやすいので難しいよ。


 フロントタイヤは純正のサイズ3.50-19に決めた。経験から絶対曲がっていかない車になるだろうからフォークの突き出しを少しつくってキャスターを立てる。10mm出した。
 通だねー。


12
      困ったフロントフェンダー

 付いていたこのフェンダーは18インチ用。穴が二つあるからねー。
 コレでは3.50-19のタイヤにこすれてしまう。まいったねー。3.25-19はかわしていたのに。
 現在うちにも19インチ用フロントフェンダーがない。だれか持ってたらちょうだいな。
 ちなみに19インチ用は穴が一個です。少ーしサイズが違うみたい。

13
     リア周りにいきましょう

 飽きたので、リア周りにいきましょう。
 例によってスイングアームまでばらばらにします。水が入ったのか少し錆びていますが何とか使用可能レベル。






 


灯油できれいに洗うとこんな感じ、使えます。








 さすがにゴム類は駄目、オイルシールは新品に交換。わかりにくいがほんの少しヒビがあるのです。 めったにバラさないところ、見えないところに金かけましょう。
 結構高いんだよコレ。




 

ベアリングもシャフトもカラーまでもグリスでグチュグチュにして組みます。さらに出来上がってからニップルよりぶち込みます。


14
     リアショックは

 こんな変なナットで付いて・・・無い、締まってないよ。









 右ショック。どうみてもオイル漏れのような・・・ 汚いあとが・・・交換することにした。
 本当はコニとかのショックがいいが、もう作っていない。
 話それるけど、ショックは外国製がいいねー、それもヨーロッパ製。長持ちは尋常ではない。
 やはり石畳とかの道があったり、アウトバーンがあったりするからでしょうね。
 安定性がまるっきり違ってくる。
 今回は金無いので純正にした。
 昔、友人の相原さんは国産K社のショックに交換したが、性能は満足できるレベルだったがすぐにオイルが漏れ出し抜けてしまった。それから私は国産は信用していない。使ったことも無いけどね。


 取り付け部はもちろんシリコングリス。









 スイングアーム側は高さの低い袋ナットに分厚いワッシャー






 

フレーム側は高い袋ナットに薄いワッシャー。コレであってると思うけど、なんか意味あるんのかいな?
 誰か知ってる人教えて。
 ちなみにナットは部品取り車より流用しています。必要でしょ、部品取り車。


15
    オイル漏れ有り

 後先になってしまいましたが、どうもエンジン下がオイルで汚い。オイル交換時にヘタしたにしても汚い。
 ここだー、ドライブシャフトからのオイル漏れ。ガタは無いようなので、オイルシール交換。また、見えないところに金使ってしまった。オイルシールって消耗品なのになんでこんなに高いの?




 メンテ日記にも書きましたが中のOリングも交換しました。








 スプロケットもチェーンも灯油で洗浄して再利用。エンドレスチェーンはスイングアームと一緒に組みます。
 ロックワッシャーも別の場所を折って再利用。コレが出来るのは旧型のみ。


16
     オイル漏れ有り 2

 ココにもオイル漏れのあとが・・汚い。ヘッドカバーです。









 キレイにしました。どうやるのかはメンテナンス日記を見てください。








 原因は多分コレ。タコメーターワイヤー。
 アウターが破れています。ココから漏れるのです。ワイヤー交換、もちろんOリングも新品にして組みました。


17
     語ります、最高のステップ

 いわゆる旧型のノーマルステップ。84年まではコレです。はっきり言って最高です。
 この後は85年に変なポジションになるバックステップになり、96年ぐらいにアルミでやわなフォワード(バックに対して)ステップになりました。ゴムは小さく最悪です。振動はくるし足の収まりも悪い物です。スペアとしてコレだけしか現在ありません。なぜかリア用は左三個、右一個です?
 ヤフーで購入した物もあります。現在でも新品は購入可能です。薦めません、私が使うのが無くなるから・・・もう作ってないもん。
左のラバーは新品ですが、SRの純正ではありません。(純正はもう無い)なんと、YD250の物なのです。
 合うんですねー。ほんの少し形は違いますよ。ちなみに高い\800程。


 軽く塗装して取り付け。ゴムは切って悪い方のみ交換しました。SR純正ではないのでボンドでキッチリ止めました。うーんいい。振動吸収はすばらしい物です。


18
    ステップの根元

 コレも後先になりましたが、ステップの根元です。こんな大きなラバーで振動から守ってくれています。
 他のバイクでは考えれないでしょう。左のラバーがかなり傷んでたので2個交換しました。ちなみに1個\300ちょっとします。4個交換すると恐ろしい金額です。
 きちっとしたステップになりました。いいねー。何で左が傷むか知ってる?そうなんですヒントはキック始動だからです。わかる?

19
    リアフェンダーとテールランプのお話

 リアフェンダーはいいのが無いのです。たいていみんなテールランプを交換して、惜しげもなく穴を開けてしまいます。
 私も若い頃はそうでした。だって不細工だもん。仕方なくコレはヤフーで買いました。(ノーマルパーツは安いっ!でも送料が・・・)
 こんなに分厚いダンパーでテールなどを守っています。穴あけてボルトでついてるだけではありません。エンドの巻きにはワイヤーが入ってるらしく(知らんけど)しかも鉄でメッキ、錆びも美しい。こんなにコストのかかったリアフェンダーが他にあるでしょうか?交換して捨てるなら下さい。アルミとかFRPは必ず振動で割れます。

 テールは画像がどっかに行ってしまって削除してしまった。ありませーん。
 キレイな旧型ノーマルは無く、仕方なく新型ノーマルにした。違うのよ。
 ゴムダンパも大きく球は長持ちする。ナンバーもだ。配線の長さが合わず少し加工した。
 でも不細工だ。何で角に?TXやXTの物にしてくれればカッコいいのに。ヤマハさーん。


20
    ハブクラッチは安上げだ。

ハブは何とか使えそうだがハブクラッチが良くない、他のと交換。ダンパゴムも手持ちの一番良いものと交換した。もちろんグリスアップして組み付ける。うーん、ガタは無い。よしっ
 詳しくはメンテ日記を
 本当は新品にしたいが、ダンパゴムなんて1個\600ちょっとするのだ。それが6個やで、目が眩む・・・

21
    リアブレーキも安上げよん


 ブレーキパネル、これも現行とは違うでしょ。いつもどおり新車から入ってないグリスを入れてっと。
 ライニングも結構減っていたので、他の中古より外した手持ちのに交換。
 安上げだが何ら問題は無い。
 ちなみに古いタイプのライニングはドラムを削らずいいんだーコレ。


22
     エンジンもいっとく


 少しかけただけだからわからないけど、いい音していたのでエコチューン。
 最近バルブクリアランスは手で触って調整する。いい感じに0.1mm位にできる様になってきた。適当だなー。
 エキゾーストが少し少なくなっていた。インテークはOK
 インテークは画像のようにフレームからのマウントを外さないとやりにくい。


 カムチェーンも少し伸びていた。ロッドが面一になるように。詳しくはメンテ日記をどうぞ










 面白いのがこのキャップ。どこのかなー?この年式はプラスティックの安物が付くんだけど。
 もちろん後期型のアルミとも形は違う。


23
    細かいところも


 キックペダルもやはりばらします、グリスアップ。もちろんスタンドも。











 エキパイのボルトにもこだわります、ノーマルに。もちろん氷曲げ3重構造エキパイ使用。外品とはちがうよー。ボルトもエキパイも錆びが来ない。



















うちにある他の500はボルトもエキパイも外品だ。ノーマルって少ないよねー。しかも500のノーマルマフラーってホント無い。500のトルクを味わうにはやはりノーマルマフラーです。
 400のノーマルの方が抜け良く、トルクもパワーも音もいいと言う人がいる。わからんなー?そんなマニアな話。
マフラー見てみましょう?
 あー、3GWなんて彫ってある新型以外の話です。もう新品はありません。


24
    フロントディスクブレーキ


 やっぱり純正ディスク!軽ーくバラしてメンテナンス。ローターもパッドも減りは少ない。
 ピストンも軽く動く上物でした。
 キャリパーも今や貴重品。みんな、ロッキードなんかに換えて捨てていたのにねー。
 店にも84年型以前のSRは5台ありますが、使えそうなキャリパーは3個!どうしよ?




 組みつけてからブレーキフリュ−ドは交換。もちろんDOT4のを使う。きたねー、こりゃ。










25
     スピードにタコメーター


 79年にコストダウンでGXなどとほぼ同じの黒文字盤(当時黒は当たり前)メーターになった。
 真ん中のインジゲーターはニュウトラルとウインカーと速度警告灯(若い人は知らんやろ)。
 2個から3個1でノーマルにこだわる。ボルト、ラバーなど手持ちのいいものを使う。
 この時点でランプ(球)は全て点灯するか確認して組む。後から球を換えるのはたいへんだ。
 表側はまだ見せないよー。


26
     ワイヤー、レバー、グリップなどにもこだわる


 手持ちの中から、いいワイヤー類を選びインジェクターで軽ーくして組む。
 レバーやホルダーは当時ものの黒を選び、スイッチなども当時のプッシュキャンセルの無いものにする。
 つまり83年型の純正に近い物を選ぶ。今回はグリップがノーマルのいいのが無かった。全部エンドが穴をあけられていたのだ。
 もちろん黒のブーツ類も取り付けた。先祖はXT、泥除けだ。


27
     オイルフィルタもおごっちゃう


 また画像を取り込む前にふき取ってしまった。フィルタが入っているところ。
 ココには汚い物や、鉄粉が溜まる。フィルタ換える人は多いがふき取る人は少ない。






 今回はさらに新品のオイルフィルタをおごった。 ついてた物が汚すぎるよこりゃ。
 オイルはクリアランスの大きいシングルには固めのものにする。静かになるし熱に強くなる。SRはかなり熱の発散が悪い。
 フリクションロスが・・・言ってろ。


28
     電装・・・嫌いだ


 この車には元は白文字盤メーターが無理やりついていた。それにノーマルの純正にしたから配線加工もかなりのもの。面倒だし、わからねーんだな-。それでもプロ、見れるようにしてしまう。
 ウインカーはまたヤフーで手に入れた。ヘッドライトステーが欠品だったので、それがついていて\1000もしなかった。ありがたやー、キレーだし球もついている。でも送料が・・・
 話外れてウインカーが現状のステーにラバーがついたのもたしか83年だったような?それまではフレーム側にラバーがあって、GXと同じ物でレンズもかっこよかった。私はコストダウンと思っている。
 まあ、振動は吸収するし、転倒しても壊れないし、プラスティックだけどノーマルもいいよ。今時こんなでかいの無いしね。


 今回はバッテリーをつけてみた。安物のMFバッテリーだ。でかい純正は高すぎるし重い。プラス側はジョグのハーネス。タイラップで止めただけだけど、十分!取り外す時は交換時だけだし、見えないしね。
 値段も重量も半分以下、しかも液漏れしないので周りが錆びない。コンデンサーと違ってニュウトラルランプが点く、プラグの火も強くなり、エンジンに負担は無い。いいことずくめで\4000!いかが?


 ヘッドライトケース。配線の穴には必ず保護のゴムで配線を守る。純正のケースもいろいろあって85年型にはケースに80km/hで点灯する速度警告等が付いた。ダサい。







 ポジションスイッチでスモールランプが点くのもこの年式ならでは。 今のキーを捻るとヘッドライトが点くなんてダサいよー。安全とはいえヘッドライト付いたままなんて・・・私は絶対嫌だ。発電するのにかなりトルクが吸い取られてるようで…


29
     大体形になったけど・・・


 ほぼ形になってきた。無かったフロントフェンダーは同年式の400をフロントフェンダー欲しさに約6万で仕入れて部品取りした。フェンダー無し400誰かいらないかい?レストアしない?
 (その後ヤフオクで19インチのフェンダーを1400円でゲット!しめしめ)
 ノーマルペダル類は隣の同年式500の部品取り。あーあレストア待ちなのに・・
 その向こうの79年型500はなんとも興味深い。あらゆるところにコストがかかった作りをしているのがわかる。レストア待ちだ。あー、いつ出来るのやら??

 あとはキャブのみのところでギックリ腰をやってしまった。
 エンジンを下ろしたわけでも、タイヤを交換したわけでもない。ただ、椅子に座っただけ。
 腰に何かが起こったのがわかった。生まれて初めてだったので、次の日歩けなくなるまでぎっくり腰とは思わなかった。やった人にのみ判るこの痛さ・・・くーっ。そのままレストアは止っている。


30
      関係ないけど親ばかです


 同時期にやっていたPW50のレストア、メンテナンスが出来上がりました。
 私そっくりの息子2号。ほんと可愛い奴で、まだエンジンもかけれないし、コマ無しチャリも乗れないのでPWはまだ無理ですが、一人前にガソリンを自分で入れています。
 親ばかですが、モトクロスでもやってうまくなって父ちゃんの荷物を全部積んで走ってくれるようになったら、世界一周砂漠ツーリングに一緒に行きたいなー。その頃には世界で紛争がなくなってくれたらいいのが・・・
 出来れば国境もなくなって欲しいもんだ。
 古い話ですがサハラでこう思った「行けば行けるかもしれないが、私は行かない。ルートもガソリンも食料も水もビザもある。でもそこには国境もある、そして私は冒険家ではなく旅行者だ」うーん名言!


31
   キャブにかかりましょう

 フロート室を開けます。ゲロゲロー、なんじゃー?青いスライム(知っていますか)のようなものが…良くこれでかかったものだ。
 スロットルは動かないので、キャブクリーナーをつけて待ってみます。
 このころのVMキャブは非常に難しい。反対に言えばコストがかかっている。オーバーホールの仕方などはマニュアルなどを参考にしてください。(参考にはならんが)何台もやっていればうまくなります。



 フロート室はクリーナーにつけておいてもコレが限界です。わけあって、コストダウンのために2個仕上げます。




 サンドブラストできれいにしました。









 アジャストスクリューのOリング。こーんなに小さいのに高いっ!
 キャブのパーツは何でも高い。他にもメーンジェットや加速ポンプのOリングなどを新品にします。





 組み上げてテストしたら加速ポンプからの「飛び」が少ないので、2ケ所のダイアフラムも交換。新品は良い。でも価格も良いなー。結局\6000ほどパーツ代がかかった。
 加速ポンプなんてそんなに利かないんだけど・・気分だね。






 実は4個2で仕上がりました。 パーツとして捨てる物は何もありません。次にまたVMを仕上げるために大切に保管します。





 キレイで程度の良い方を取り付けます。いいでしょー。少し濃い目のセッティングは変わりません。もちろんエンジンは最高に調子いいです。


32
    車検を取りましょう

 3ヶ月かかり大体仕上がりました。とりあえず金が無いので予備車検を受けに行きます。
 保険や税金が要らないのです。
 タンクなどは85のをつけています。意味はありません。ただ、ガソリンが入っていたので使っただけです。
 やっぱり、ヘッドライトで落っこちてしまう。二度目はOK!
 少し、陸事内を走ってみる。うーん、いい。ミッションだけが心配だったが、全てのギアにキレイに入る。よかったー。これで京都で廃車されてから12年ぶりの復活だ。


33
    シートはやはりノーマルが最高

 あんこ抜きされたシートは不細工。部品取り車から外したノーマルシートにする。リアカウルを交換。ついでに少し割れたところも修理。
 シートはヘタリも錆も少ない。



 いい。今のモデルとは表皮の厚さがまったく違う。ベルトの太さも後の型とは違い太い。現行では縫い目は丸出しで、水を吸ってしまいその後ズボンが濡れてしまうが、これはビーディングがあって問題は無い。デザインも、表皮の模様も、全てにおいて現行モデルよりコストがかかっている。決まった。


34
     コックよりガソリン漏れ

 グリーンの見栄えの良くないタンクにして、ガソリンを入れたらコックより漏れてきた。
 詳しくはメンテ日記を見てもらうとして、パッキン類を交換してオーバーホール。
 ガソリン用のゴムパーツはキャブと同じですごく高い。1つ\1000と思って間違いない。
 大切なのは締め付けボルト用のパッキン。古いのをきれいに剥がし、新品にする。でないと漏れてしまう。


35
     完成(とりあえず)

 この角度が一番キレイ。ノーマルにこだわったが、マフラーは3GWになってしまった。静かすぎる。2J2のノーマルマフラーが欲しかった。
 本当は85のが2J2なんだけどねぇ。事情がありまして・・・後ほど。


 いやーかっこいい。フォークの変色具合、エンジンの錆、リムの錆、全てが20年を物語る。
 厳密に言えばノーマルでもテールランプやチェーンカバーなどは後期型なんです。わかりません。ほとんど同じです。
 ハンドルは黒のアップ、ミラーはSRX250の純正の黒にしました。
あとは塗装と、グリップやね。そうすれば最高でしょう。
 ここまでで、ベース車約\80,000、部品取り車\35,000、新品パーツはバッテリーやテーパーベアリングなども入れて、約\30,000弱、ヤフーなどで仕入れたステップや前後フェンダー、ウインカーなどで約\10,000(送料込み)。予算\150,000を超えてしまった。失敗!


36 
      各部の自慢

 500のシングル!力強く、シンプル、美しい。現行のヘッドの色やリブ入りはどうも美しくない。
 この辺の年式が最高にきれい。


 黒で決まったハンドル回り。アッパーブラケット、メーター、レバー、などやはりブラックがかっこいい。
 左のスイッチなどウインカーは使いやすい。プッシュキャンセルなどオヤジには使いにくくてたまらない。
 もちろん、へッドライトにポジションランプなど独立してできるし、パッシングなんて現行モデルには真似できない。最高!
 黒文字盤に、大きめのインジゲーターランプは70年台そのままだ。速度警告等もつけてみたい。

 最高のステップと黄色くなってきているエンジンサイドカバー、美しい。コストのかかったパイプサイドスタンドは最近お目にかかれない。
 割り箸スタンドじゃ恥ずかしいわ。


 フルサイズ3.50-19、でかい、ごつい。当時ナナハンと同じサイズ、かっこいい。
 隣の18インチドラムのなんと小さくキャシャな事か。フォークが間延びして見えて不細工だー。



 フロントディスクブレーキ、ヤマハはみなコレだった。コントロールしやすく、必要にして十分な効きだった。
 現行よりもシックで美しい。現行ディスクのなんとも主張の大きなとこが気に入らない。ドラムは効かない最低ブレーキ。


 530サイズのチェーンもナナハンと同じ。でかくてかっこいいし、Oリングチェーンはさらに安心。
チェーンのガシャガシャ音も単車らしいと感じるのは私だけか?現行車はチェーンの音すらしない。
 タンデム者にも振動はほとんど来ない高級ステップだ。


 黒文字盤メーター。エンジンの走行距離ぐらいかなーのスピードメーターを使用した。白文字盤に見慣れた私には本当に新鮮だ。
 いやみが無くていい。特に夜間ね。


37
     さようなら83年SR500

 オーナーのM氏!?そうなんです、事情とはこのことで、M氏は何で知ったか知らないけど私のホームページ読者様でして、こいつが完成するずいぶん前から購入されていたのです。
 すごいよねー、できる前から買ってたなんて・・・その上、宮崎県の方で、取りにこられたのです。
 私の仕事に注文もつけず、いや、ヘッドのベアリングテーパー化は注文されましたが、それ以外は自由で。
 でも、予算の都合でここでとりにこられました。本当は塗装もしたかったんですけど・・・
 塗装しても走行性能には変わりは無い、というわかった方です。外見がきれいでも手が入っていないSRよりも、外見悪くてもフル整備車を選んだわけですね。さーて車載工具を取り付けて。
 それにしても心配です。SRは初めてだそうで・・・レストアしたといっても旧車、20年落ちです。宮崎では後の面倒が見られません。
 とりあえずキックの練習!
 VMで秋の暑くも無く、寒くも無いときは難しいんだねー。まあうちにある数台で練習して、合格点なのでいいでしょう。
 大人だし、乗って行って下さい。(実は宮崎ナンバーつけてあるのだ)
ちなみに今までかかった金額で売ってしまいました。ごめんね、後は面倒見れなくて。
 さようならー、83年SR500。まだ、名前もつけてなかった。さようならー。
 ここで83年型レストア記はおしまいです。
 入った金で・・・くっくっくっ、79年型SR500を仕入れてあるのだ。今度は売らないよ。(78年型が手に入るまで・・)