SR500 の金なしレストア・カスタム記  
     

85年型SR500

  冒頭に87年に買ったとあるが車検証見ると思い違いで、買ったのは89年だった。
  88年に新型が出たせいか安く買った?たしか15万円?(当時新車は43万円)神奈川の友人の相原さんが誰かのを仲介して鈴鹿まで持ってきてくれて、そこまで嫁ハンとSRX250でタンデムで行き、そこから中免で乗って帰ってきた。もう時効でしょ?
  その時は一文字ハンドルで疲れたー。まだ20代だったが低いハンドルは向いてない。
  その後コレで練習し?一発で限定解除した。(自慢)ふっふっ

  現在は流行る前からアップハンでステップは旧型である。他にも色々と芸人好みにしてある。(解説は後ほど)
  6〜7年前に車検切れて、ずっと置いてあったがキック5発でよみがえった。すぐ車検取れるようにメンテナンスしてあったので、この車両はレストアというよりカスタムにと思っている。エンジンも実はハイコンプにしてある。
  タンクとクランクケースに凹み有り。それはあの地震の被害車でもある。語り継ぐためにそのままにしたい。


83年SR500

 コレが主人公に代わった500。昨年の暮れについ衝動買いしてしまった。ボロい。
 値段は驚きの8万ちょっと・・高い?よね。
 グリーンの塗装は自家製、タンクは凹み錆び、シートあんこ抜き、マフラー無し、後はバックステップと一文字ハンドル。メーターは悲しき白(85〜の物)、エアクリーナー無し、テール外品、ヘッド削れ傷など、タイヤひび割れ、もちろん現在不動。

 でも私はSRの四半世紀の歴史の中で83,84年モデルが完成し尽くされた型と考えている。シールチェーンになり、ピポットシャフトにはニップルが着き、エンジンのオイルラインは変更しカムやロッカーは焼きつかなくなり、電装も変更があったと聞く、まあ意味の無いフォークエアサスなんてのもあるけど、行く行く説明するが、この後はコストダウンと値上がりの繰り返しで現在まで来ている。そう、私の好きな遠目に見ると黒に見える濃紺もこの年からだ。
 この当時\396,000なり。
 そうそう、本当はキャストモデルのSPがほしかったのだ。でも当時にキャストモデル買ったらスポークホイール買って、捨ててしまってただろうなー。人間は変わるものよのー?あれだけかっこいいと思ってた白文字盤メーターが嫌だモン今。ドラムも


コレは部品取り用のSR400

 レストアには必ずパーツ交換が必要になってくる。新品のパーツは何でも高いしボロに新品パーツも合わない、そこで最近はヤフオクというものを使いその人には必要でない私に必要なパーツを集めていく。手間かかるよ、金も
 書類なしのジャンク車体をヤフオクで買った。\35,000と高値であるので誰とも競らなかった。二個一にする。
 タイヤは前後共にほぼ新品、濃紺タンクはかなりキレイ、シートもヘタリ少ない当時物、メーターも当時物、フロントブレーキも生きてるので85を19インチディスク化にしようとも思っている。キャブ無しエンジンは400だがパーツはクランク以外全て使える。残念なのはステップが無かった。


 


  83レストア記   85カスタム記

     ______________________________________________________________________________________________________________________________________________               

  TY250Rの金なしレストア記 への近道