道はずれ その8

2005年初の道はずれが夏です、貧乏暇なし。
ケロケロケ(KDX250SR)のシェイクダウン。山超えた近所のフラットな林道に出かけた。
インプレははクイッ、「ありゃりゃ、まがんね」、グィィィ「グワーッ!ひぃぃぃー」て感じ。
ずるいんです、何でもいいからニーグリップして落ちないようにアクセル開けてればどこでもいくのだ。






こんな動く大きな石でもゆっくり行くと、プスッ。(低速全くなし)
だから開け気味でしがみついてると、何も無かったようにクリア!これはいい。
要するにセロピーでビビルところや、振られるところはケロケロケじゃビビーンで簡単♪滑る木の根っこも、動く石も関係なし、これはずるいよ。
まっすぐアクセル開けるだけ、ドカーン!行けた。こんな感じ。足回りが普通ではない。







実はこれ別の日。シェイクダウン後リアサスとフォークのセッティング変えて、ドライブスプロケ1T下げ、サイレンサーも交換してハードな林道へ・・・
まだ余裕?山にこだまするモトクロッサー音♪パリーン、パンパン、パリィーン「ヒィーッ、オオォー、グワー」
ちょーっとリアのダンパー圧側硬かった。細かくセット出来ます。ちなみにスプリングは体重50kg仕様!








コンクリートで出来た簡易橋がなくなっていた、昨年の台風のせい?自然をなめたらあかん。
この先にその4の大岩があるのです。










初転倒!いくらアクセル開けてしがみついてればいいといっても、ずーっとこんな登りならあらぬ方に向いていってしまう。
で、壁とひっついてしまった。おっとととっ足が抜けん!











夏の午後、夕立。涼しくていい。30分で右手パンパン、握力無くなった。
昨年の丸刈りキューピー頭よりもかわいいでしょ。
股下とケロケロケのシート高比べてよ、これが1番問題やな、こけそうになっても足つかないので耐えれない。








フレーム下を段差に乗せてフロント落としての画像なので傾斜がわからないが、かなりの下り坂。
こういうときどうするってか?エンストしないようにアイドリング上げてるし2サイクルなのでエンブレって無い。
怖さに打ち勝つようにチビッとアクセル開けて、ゆるーくブレーキかけながらまっすぐ落ちるのです。
ビビビビビーン「ひぃー、うおぉぉぉぉー、がぁー」ドタンガタン、ドドド・・・ふー、降りれたわい。足回りがいい。
ただ首がおかしくなった、ムチウチかぁ?右向けない・・・




ケロケロケ(KDX250SR)、こいつはいい。レーサーレプリカとは最高に贅を尽くしたつくりの市販車、縁があって出会えてうれしい。
全て分解し組み上げたが、そのコストのかかりと妥協を許さないつくりはすばらしい。
ブレーキ、エンジン、サスペンション、どれをとっても走るということに関して完璧だ。
もうこんなバブリーな単車は出てこないし、環境という大義名分の中2サイクルは抹殺された。無駄なことを書くが、林道を1日1台走る2サイクルの煙が臭いのか?林道を舗装してしまって1日数千台の乗用車が走って出す煙が臭いのか?溝を歩いてたカニを踏んでしまった私が罪か?全て舗装しカニどころか生き物を住めなくするのか?考えるのは無駄か。
なんにせよ今ならセローの半額くらいで手に入る最高に楽しい単車だ。今のところ手放せない。最高だ。

道はずれ その1 に戻る
道はずれ その2 に戻る
道はずれ その3 に戻る
道はずれ その4 に戻る
道はずれ その5 に戻る
道はずれ その6 に戻る
道はずれ その7 に戻る
道はずれ その9 にスキップ
道はずれ 番外編 にスキップ