道はずれ その9

秋の道外れ 2006/11

2006年今年最初?の本格的道外れ。


今回はAさん兄弟について行きます。若い2人はそれぞれ兄DR400と弟WR250、ついていけるのか?煙吐くケロケロケは最後尾でついて行きます。
くわー、埃がひどいので少し間空けて・・・
ここでWRにトラブル。









WRも煙出てます。マフラーについたオイルが焼けてる。「ちょっとエンジンかけてみ」と調べると、ここからフロントタイヤめがけてオイルがピュッピュッ!
ヘッドのカムあたりなので、どうもタコメーターの取り出し口のような・・・WRにタコメーターはありません。









しかしまぁややこしいエンジンだ。水冷4サイクルツインカム4バルブ?実はよく知らない。でも車重はケロケロケよりも軽いらしい。軽いエンジンなんだろうなぁ。











途中の九十九折の道。急角度で落ちていく。下のほうには2台のエンジン音。楽しい道やのう












単車にはガソリン、人間は昼ごはん。燃費は17km/Lぐらい。思ったほど悪くは無いが・・・財布には厳しい。WRは25kmは行くらしい。
でも並べても見劣りしてないでしょ?1/10以下の値段だけどね。
ここで新型WR発見。オイル漏れ場所を見てみると・・・そんなものなくなってた。形はあるが、穴が無い。対策済みかぁ、進化してる。








Aさん弟。今度はスーパーで買ったアルミホイルを巻いて、穴に詰める。もちろんオイルも足して、スペアも持つ。











落ち葉の林道を行く。自分が映ってる画像見て、ださいのに気がついた。オヤジでもかっこよくありたい。
土の上はいいけど、アスファルト上に積もった濡れ落ち葉。そんなところをこのやわらかい土用コンペタイヤで行くと・・・「ひぃーっ!」体が固まる。氷の上のようだ、何も出来ない。









最後まで話題独占。ステンのエキパイについたオイルは、まぁよく燃える。煙もくもく。がっくりオイルを足す弟さん。虚しくたらたら落ちるオイル。
転倒も無く走りまくり、夜になって帰ってきました。










おまけ
次の日は筋肉痛。ケロケロケの手入れもします。洗うと錆びるので拭くだけ。エアエレメントも洗うとボロボロになりそうなのでそのまま。プラグ掃除してエンジンオイル足しただけ。何も壊れない、問題なし。丈夫だなぁ。それでいて40PS?スパルタン。ボロボロさが私にはバッチリ合ってる。

Aさんのホームページはこちら。違う画像が見れます。






道はずれ その1 に戻る
道はずれ その2 に戻る
道はずれ その3 に戻る
道はずれ その4 に戻る
道はずれ その5 に戻る
道はずれ その6 に戻る
道はずれ その7 に戻る
道はずれ その8 に戻る
道はずれ 番外編 にスキップ
貧乏人の装備(道を外れるための装備)