道はずれ 番外編


11月も終わりごろ、久しぶりにランクルで道を外れてみました。単車じゃ寒くってもうダメだぁ。











ほぉ、なかなか気分出ます。最近は少なくなったが、飾りまくったピカピカ4WDではこんなところ来れません。
なぜって車高が高すぎてくぐれないでしょ、それにルーフにつけた高価なランプがもげてしまう。
いったいどこであんなもの使うのでしょうね?








これぐらい傾いてくると楽しいよ。運転席に自分が乗ってると想像してください。
単車じゃ簡単な道だけどねー。
左によると壁に当たりそうだし、右ではもっと傾く。下の転がった丸太も気になる。45度ぐらい傾かないと転倒しないけどね。








画像とるのヘタだけど、野生の紅葉発見。これを探しに来たのだ。キレイだねー。











グワワー、ガン、ズズズズ・・・スタック。前にも後ろにも行けません。
段差を登ってくると空しか見えないので、こんな岩気がつかない。うまくデフが乗り上げてしまった。左タイヤなんて浮いてます。
ここからサイドブレーキやクラッチ、ハンドルをうまく使ってリカバリー、テクニックを駆使する。







岩場は何度も降りて確認し、前後のタイヤをどこに通せばいいのか考えてラインを決める。
本来クロカンとは知的なスポーツなのだ。パワーがあっても行けない。
デフロックすればいいじゃん、て着けていない。なぜならスタックするから楽しいので、トラクターみたいに簡単に走破できれば面白くない。
わかるかなぁ?








ヤブコギもする。白以外の車では出来ないでしょう。だって傷だらけ・・・キキキィー、バキッ、ガガガガ、ガン。楽しいなぁ。











岩場の下りでライン読んでると、シュゥゥゥゥー?パンク!急に冷静さを無くしてしまった。こんなところで空気抜けたら車高が20cm近く落ちてしまう。
ええーい、下りだぁー行けー。ブオォォォー、ガン、バキバキ、ガガガッ、ドカ、ガキッ、ふー、下りた場所がここです。









ライン読まずに無理やり下りた代償はコレ。岩に当たってサイドステップめくれ上がっています。おかげで助手席ドア5cmも開きましぇーん。あーあー。











まずはタイヤ交換、重いんだよーこのタイヤ。持ち上げれなくなったらジムニーに乗りかえよう。











アスファルトまで出たら下回りを点検します。水は漏れていないかオイルは?燃料漏れは無いか?デフのオイル漏れは無いか。
フロントデフをかなり激しく岩にぶつけたようです、へこんでいました。でもランクルって強いね、分厚いんでしょうねー。何か木が挟まってます。









枝が挟まっています、取り除く。こういうことは多々あります。ブレーキホースも点検。(1度切れた事がある)
ショックの上側カバーは過去に大きな石が挟まってへこんでしまいました。そのままではショックが作動しないので、切り取った上からガムテープ巻いてあるのです。








走ることに関して問題ないようならば、ボディーの修理。まずはステップをツルハシで・・・バキバキッ
ボディーを守るためのステップ?もここまでいくとダメだなぁ。サイドシルがかなりへこんでしまった。









あとはこの辺を、バリバリッとね。おお、ちゃんとドアが開くようになった。

久しぶりにランクルはランクルらしい使われ方をして幸せだったとさ。めでたしめでたし。番外終わり。








道はずれ その1
 に戻る
道はずれ その2 に戻る
道はずれ その3 に戻る
道はずれ その4 に戻る
道はずれ その5 に戻る
道はずれ その6 に戻る
道はずれ その7 に戻る
道はずれ その8 に戻る