SEROW(XT225)

00    SEROWにちょーっとひかれた

実はSRに飽きてきたと言っては怒られるが、やってることはおんなじなんですね。
自分のをカスタムしてやるつもりでも時間と金が無い。

なんか違う車種を勉強したいし、ゆくゆく商売にならんかなー?
セローは大人だし、結構台数もある。いいかも?
軽そうだし、足もぺったりつく。愛車XLR250Rは足つかない。
もともとラフロードあがり??の私はちょーっとひかれました。

とりあえず買ってきました。金は無いけど買うのは店の金、おら知らねー
高い!高い!勉強は高くつく。
何の知識も無く買った1号車。リアがディスクなので多分新型?
今まで仕入れてきたどのSRよりも高価だった。
コレは商売にならんなぁー。

後で師匠(大正区にある大きな老舗バイク店店長、高校時代のクラスメートでもある)に聞いた話。
セローは輸出が好調で、リアディスク(型式4JG)は値段が落ちないそうだ。
なるほどー
輸出車はリアがドラムなどという噂もある。


01    もうコレで最後かもしれない2号機

では安い2型(1KH)を買いましょう。
リアがドラムブレーキなだけ(そう思ってた)で、新型とはそう変わりない。しかも安い。セルつきで楽。
ですがコレは高かった。それもそのはず新古車です。
美化美化です??ピカピカか?
どこかのガレージで長く眠ってたようです。キレイデス。美しいです。高いです。

帰ってから見てガビーン!タンク内錆び錆びです。
そらそーだ、新車にガソリンは入ってない。長ーくそのまま倉庫かぁ?
エンジンが気持ちよくかかってたのにー。オークションのためにガソリン入れたのね。失敗!
長い眠りについてたので仕方ないか?

それにしても高かった。もうこれでセローは最後かもしれない。
いったいいくらで売ればいいのか?どう考えても儲からない。

02    こんな事がしたかったんだぁ


ヤマハのホームページの壁紙です。(勝手に使ってもいいはず)
かっこいいよなー。

山に入って、テント張って、1人でね。
いいなぁ、こういう事がしたくってセローを買ったのです。
えっ、売りもんじゃないの?
ええ、売りもんです。買う人がいればね。いないでしょ、多分。

03    じゃ、整備はエンジンから

基本的にエンジンのかかるのを仕入れてきたので、通常整備。
ガアーん!なんじゃこのエアエレメント。
ボロボロ、もちろんエンジンは吸い込んでいます。
前のオーナーは全く何もしない人かぁ、先が思いやられる。
どうりでアイドリングが不安定なわけだ。
セローのエアエレメントは安い!(\700) さすが輸出で人気があるわけだ。
丈夫で長持ちで、消耗パーツが安くなければいけないのだ。








04    キャブいきまーす

どこかでよく見る形のキャブだ。
外すのは・・・くわっ、スーパー簡単!













やはり思ったとおり、キャブ内はスポンジのカスのような物が・・・
分解し、キャブクリーナーできれーにしてやる。
非常に簡単な内部でもある。
ちょうど、SRのミニサイズ。簡単簡単!
ここでなめてるから、後でとんでもない目に・・・

05    バルブクリアランス


セローは何かスプリングでカムシャフトにロッカーアームが密着している構造のようで、クリアランスは非常にとりやすい。
つまり、バルブとアジャストスクリュウには常時隙間があいていて、そこにシクネスゲージを入れればよい。
画像を見ればわかるが、シクネスゲージもまっすぐ入る。
SRなどとは比べ物にならないくらい整備はしやすい。

06   では簡単そうな?リアから

酒の台に担ぎ上げ、分解します。以外に簡単に全バラです。
おいーっクランク転がしておくなー。













ブッシュが抜けません。ほんと、グリスも入れない人だったようだ。当たり前か、エアエレメントがああだもの。
スイングアームは鉄!です。びっくりした。オフロード車って普通アルミだよねぇ。路面捕らえるには足が軽くないとねぇ。
思い出したが、スイングアームのシャフトはブッシュですか?SRはスラストベアリングです、ストロークも無いのに・・・
同じヤマハですか?わからん?ほんとセローは安物だ。







灯油できれいに洗って軽くペーパー当てます。耐水(油)ペーパーです。そして乾かします。
真ん中のがスイングアームのブッシュ、磨耗がひどく交換します。
中古車だからこのままでもわからんだろうが、それが出来たら今頃大型店だって。










07    リアブレーキはディスク

リアのブレーキは外しにくい。いくら流行といってもセローごときにディスクが必要かは?
しかもピストンはプラスティック??世の中進むなぁ。シーラカンスにはなりたくない。
ヤマハもそう考えたんかなぁ?まぁ、虫食いなど出来ないし、安いし、軽いか。









08    リアショック改?

この時点で売れました。私の友人の可愛い(言い過ぎか?)Tちゃん。女性!
身長はたしか150cmほど。足は無い?いえ2本ですが長さが無い。(ごめんね、上お得意客なのに)
体重も軽いために少しでもやわらかく、車高が落ちるようにスプリングを1巻きカットしました。
これ以上カットするとスプリングが遊びます。









錆びないようにシャシーブラックを塗ります。張り付きよく、動くスプリングでも剥げません。
4輪車のコイルスプリングに塗る物ですから。











予期せず阪神タイガース仕様スペシャルリアショックです。













09    リアの細かい事も仕上げます。

アルミ?のスプロケットもきれいにして、錆びてるスポークも1液性ですがウレタンシルバー塗装します。












チェーンが暴れて切れたのか?チェーンカバーもホットボンドで修理しました。
それにしてもボロい。何でTちゃんは新古車の2号機を買わなかったのでしょう?安いのに?
そんなに新型がいいのかねぇー。











10 純正の車高短キット

セローには純正で車高を約4cm落とすローダウンキットがある。
定価32,000円もするので見合わせていたが、安くで売ってるところを見つけてきた。
なんでか茨木まで私が買いに行く事になる。興味があるからやれるがこんなこと普通出来ないよ。








キットにはスタンドまで付いている。ノーマルを切って溶接すればいいが手間が省ける。
と思ったが新型用のこのキットのスタンドにはスイッチ用のステーがついている。それを切って取り除かなければ取り付かない。
どちらが楽かは?私には前者のが楽








新型のリザーブタンク付きのショックを外すにはキャブレターを外さなくてはいけない。これで2度目。
なんとも面倒くさい。お客さんは簡単に言ってくれる。
「まだリアがバラてるんやったら車高短組んで、ついでやろ」









なぜか新型用なのにリザーブタンクの無いキットのショックと比べてみる。
こうすると2cm程しか違わない。ストロークは少ない。コイルの太さ、巻きは同じに見える。
もちろん再弱にセットする。今回は切らない。
リザーブタンクついてりゃ32,000円で収まるわけないか?リザーブタンク付きは純正で54,000円(ショックのみ)

 






11 リアディスク化をしたヤマハの失敗(その1)

リア周りを組む。いや組めない。見えにくいですがシャフトが入っていかない。そうなんです、ヤマハのやっつけ仕事のせいです。
ライバル他車がリアディスクになっていく中、ほっときゃいいのに無理やりディスクにするもんだから、マスタを押すロッドレバーが邪魔してリンクのシャフトが入らない。ブレーキロッドレバーを外さないと入らないなんて、失敗もいいとこだ。普通新型は旧型の悪いところが良くなるもんだが・・・良くなったところも多くあるんだけどねぇ。






これはリアドラムブレーキの旧型(1KH)2号機です。何も邪魔する物はなくリンクのシャフトはすんなり収まります。












12 グリスガンはオフローダーの必需品

グリスアップして組んだスイングアームの各ピポットですが、さらにニップルのあるところはグリスガンでグリスを注入します。
これによって空気を追い出し水やゴミが入るのを防ぐわけです。
これといっていいシールではありませんのでオフローダーならばガンガングリスを入れて古いグリスを押し出すぐらいでもいいと思います。
ガンやリチウムグリスは安くでホームセンターで買えます。必需品ですね。


13 リアディスク化をしたヤマハの失敗(その2)

組み上げてよーく見るとホースが濡れている?ホースが二重になってるから溜まった水か?
いや、匂いはブレーキフリュード、外してないのに・・ホースが漏れている??
とぐろ巻きホースを10年ぶりに伸ばしたせいかも?ブレーキは危ないので交換4,000円!なり。
だいたい無理がある取り回しだ。無理やりディスクにしたから、無理やりホースを取り回したとしか考えられない。






これはXLR250Rのリアディスク。XLRもリアドラムからのスタートだがうまく作っている。通常これが普通の無理の無い取り回しだ。












こちらはヤマハのランツァ。非常にまともな取り回しだ。現行のセローがどうなってるかは知らないが進化してないとすると怠慢だ。
そして初期のリアディスクは失敗だ。本当にディスクが必要だったのか?
まぁ、うまく購入意欲をつかむとすれば失敗とも言えないかぁ。ただしオーナーの負担は大きくなる。
ホースやキャリパー、マスターのゴム類は劣化するし、パッドはシューよりはるかに高く、ローターにしてもはるかに早く減るからだ。







14 ジャッキを作りました。

1号機を酒の台から降ろす時にヘマをした。両足スネ負傷・・・アイタタッ
軽そうに見えてスイングアームも鉄のセローは意外に重い!そこでジャッキを作りました。
上は試作で車両は2号機










これが完成品!セローのアンダーガードにあわせて両端をゴムラバーで上げている。ダンボールをはさんでね。
カッコは悪いけど全て工場に転がってる物で作ったので制作費無し。
全て買っても安物ジャッキ1800円、アングル200円?2X4板100円、ゴム、ダンボール?塗装180円スプレー?
溶接がネックだけど3000円で大きくおつりが来る。







トライアル車TY250Rでもこれだけ上がる。フロントは浮いている。
もちろんもっと低く使う。フロントバラせばフロントが浮くからね。
はじめはヤフーでオフロード用の足蹴り上げジャッキの中古を買おうと思ったが高い!
これなら分解中でも移動が可能でいいでしょ。









15 タンク内の錆び取り

2号機にもかかります。まずはタンク内の錆び取り。今は良いケミカルがあります。心配は何もありません。
コック穴をふさぐプレートを作ればOK
昔はボルトなどをタンクに入れてガシャガシャやりましたねー。今考えれば意味なし。
ちなみに7リットルくらい。1号機は10リットル。見た感じ大きさは全く変わらない。こういうのがメーカーの正常進化でしょう。
進化しているところもあるんです。






16 新車の足回り

2号機のスイングアーム。新車だけにリンク類は問題なし。ただし新車ですのでグリースはちびっとしか入ってない。
よく売れる単車だけに多くグリスを入れると経費はでかい。
納車整備費を多く取るところでも分解してグリスは入れないでしょう。ですので自分でやりましょう。

しかし鉄は重い。何とかならんか?3万高くてもアルミなら買うけどねぇー。ディスクをドラムに戻してアルミにするなんて考えるわけ無いか。
興味も無いのでライバルはどうか知らんがSL230なんかもやっぱり鉄かな?
こういうところ正常進化を望みます。メーカーしかできないところだから




17 リアショックの違い

1号機(4JG)のリアサスは車高短にしたので、せっかく切ったスプリングがもったいない。2号機(1KH)に移植しようとしたが・・・
なんと1KHはスプリングが外れない。下部の厚みが違う。なんでやー、くそ。ここも進化したと言える。スプリングが外せないショックなんて。









ちなみに重量は2kgちょっと。最弱セッティングに仕方なくした。この消耗品の交換はASSYでしろということか。


 

 







リザーブタンク付きは1s重い3kgちょっと。無しで1kg軽い方がいいと思うのは私だけではないだろう。
その分1万円安ければさらに良い。












18 リアドラムブレーキ

2号機のドラムブレーキ。これがいいように書いてきたが、それはディスクよりセローにはいいのでは?と言う意味です。
物は非常に安物。アームは鉄のプレス品。せめてアルミにして。他車と共用なんだからなにか合うのがあるでしょう。
シャフトにはシリコングリスを入れます。SRについているグリスの漏れ止め用フェルトなんてつくわけも無い安物です。おかげで水も埃も入ります。
頻繁に分解整備が必要ですね。専用品ではなく、実用車との共用でしょう。効きは十分でシューも安いでしょう。






19 グラブバーとウインカーステー

この時点で2号機に乗るつもりになったので、いらないと思われるものを外して軽量化していく。
グラブバーも要らないので外そうとしたら、ウインカーステーと合体していた。なんだこりゃ?
後日談、走ってみたら走り方によっては非常にこのグラブバーは有効であることがわかった。外してはいけない。

こちらも観てください。






20 フロントステアリング周りはいい考え

ステアリングヘッドは、ロワーがこのようにテーパーベアリングと贅沢品。オフロード車はジャンプなんかして大きな力がかかるので当たり前の装備。
しかしこの2号機(1KH)はせこく「鉄」のブラケットだ。普通今時はアルミが当たり前。











という事で、今時の新型1号機(4JG)はアルミです。これは正常進化。
あまり見えないし、リアディスクやリザーブタンク付きショックのように売り文句にはならないが、見てる人は見てるのです。
私は分解して初めて知った。重量の違いは歴然です。細かいところではフォークも肉抜きされ軽量化している。
やっぱり新型のほうがいいかな?








アッパーはボールベアリングでコストダウン。これはいい考え。セローでは十分でしょう。SR500もこうなったらいいのに。
モリブデングリースで組みました。やはり新車はグリースがほとんど入っていません。










やはり新型も同じ状態です。全く問題はないのでしょう。ただしヘッドのナットの締め具合には上下テーパーよりも数倍注意が必要。
1号機はリアをロワードしたのでフォークの突き出しも2cmとしました。これ以上はハンドルが当たってしまう。










21 ブレーキフリュードは美しく

思ったとおり、コテコテどろどろ。キレイに吸い取って、内部洗浄、交換します。もちろんDOT4











はーい、出来ました。レバーにもグリース入れましたよ。マスタタンク下の板はフリュードが帰ってくるときに飛び跳ねなくて良い。
いいものが入ってます。アイデアセロー。やった事無い人にはわからないか?











リアは最悪、ホースがとぐろ巻いていますので、エアが抜けません。バキュームで吸いながらのエア抜きで何とかできました。
素人さんがリアのホース換えるのは難儀でしょうねぇ。でもそれが悪くなるなんて・・・大変です。









22 エンジンオイルも美しく

おー、セローのオイルフィルタはただの網です。カブ並です。通常、洗浄のみでOKのようです。
しかし汚い。多分新車から一度も交換してないのでしょう。1000円もしないので、交換します。
下の新品はただの網でも表面積が増えるようにギザギザになってます。
このエンジンにいいオイルはもったいないですが、これから暑くなりますから少し硬いいいオイルを入れました。







23 なぜかオーバーフロー、だめですねぇその1

1号機が出来たと思ったら、オーバーフロー・・・駄目じゃん。なんで?
そう、なめていたのです。これで取り外し3回目。かなり油面が高くなっていました。
勝手にはならないので仕入れてきた時からなってたはずです。よく見て無かったね。だめですねぇ。
Tちゃんが念を入れてくれというのでニードルバルブとOリングも交換し、ガソリン漏れは絶対無いように仕上げました。







24 なぜか薄い、だめですねぇその2


どうも調子が良くない、走りたくないのかなぁ?
薄いようだ。これはガソリンと空気の混合比の事で、濃いとはガソリンが多く、薄いはガソリンが少ないことを言います。
ガソリンの量は前回の調整でいいはずですので、空気がどこからか入ってきて薄くなっていると考えます。
濃い、薄いの判断は主にスパークプラグの焼けを見て判断します。
はいキャブ取り外し4回目






インシュレーター(バイパスホース)も疑います。ヒビが多く入っていますが、ここからエアを吸うなんてことはあまり無い。
でも絶対無いとは言えないので、Tさまの指示のもと交換します。










新品パーツとパーツ番号です。
シリンダヘッドとのあわせ面にOリングが使われているのを見てわかるとおり、精度は良くありません。
したがってSRと比べるとはるかに安い。たまに交換するのも考えてるの?もしかして外国製?








原因はこれでした。パイロットスクリューのOリングが入っていませんでした。画像が正常です。
何で?中古車は怖い。そういやこれを外してまで見てませんでした。すみませんでした。
Oリングのみのパーツの設定はありません。スクリューセットになります。

そしてすこぶる好調になりました。
油面が高くて濃くなっていたのですが、パイロットスクリューのOリングが無かったのでそこからエアを吸って丁度良くなっていたのですね。
だからわからなかった。

こういう考えも出来ます。考えたくはありませんが、キャブレター清掃中にOリングをなくし、仕方なく濃い目に油面を調整したらばっちりになった。
単車屋のいたずらでないことを祈ります。
なんにせよいい調子です。


25 初号機完成!納車です。


ナンバー登録して完成です。イヤー難儀した。初めての車両ってこともあるでしょうが、走るのを嫌がってるのか?嫌われてるのかなぁ?
2号機との車高の差は歴然です。










まっすぐ立てて車重のみをかけた状態での車高の違いを測ってみました。
ロワーブラケットのボルト位置に注目!
左ノーマル2号機は85cm、右Tさまスペシャル初号機は79cm!6cmのローダウン!
突き出し2cm、スプリングカラー交換、オイル量少なめ柔らか仕上げです。


リアは左側の取って(グラブバー)のボルトで測ってみましょう。
左がノーマル79cm、右がTさまスペシャル73cm!やはり6cmのローダウン成功です。
純正ローダウンキットと最弱スプリングセットです。

私がまたぐと足が余ります。これはTちゃんにとってはすばらしい戦闘能力になることでしょう。
よく「オフロードは足なんかつかなくてもいいんだよ、腕だよ腕」なんていう方がいますが、それはモトクロスという限られたスポーツの事です。
公道を走るのですから足つきは非常に重要です。私はヨーロッパの街で、愛車テネレで足がつかなく困ったことがトラウマになっています。
アフリカの砂漠では砂に沈み込み、自然と足がつくので全く困りませんでしたけど。(少し自慢、ふっふっ)
山に入る時も足つきはひとつの性能と思います。素人にとって足をついて進まなければ行けない所がほとんどです。

Tさまも「つま先がつくので楽勝!」なんていっています。まいどありー、高くついてごめんね。
でもこっちを選んだのはあなたです。これから修行の道が長く長く続くのです。

    参考リンク先 「たみたんのオフローダー見習い修行

26 初号機完成!納車です。難儀な


できたでー、Tちゃん。で取りに来たときにちょっと走ってみました(私が)
ガビーン!スピードメーターが動きません。走るのは今日初めて、気がつくわけが無い。

ワイヤーか?違うなー、切れてない。ギアか?
分解しまーす。アームが曲がっていました。何でこうなってるの?本当に走りたくないらしい。
伸ばして、ついでにグリスを入れ替えたら治りました。
焦らすなよ。





乗って帰るのか思ってたら、彼氏が現れて軽に積んでしまった。車高短は簡単に軽にも載せれます。
「大阪市内なんか走れるかー」というのが理由です。
何か怪我までさせられて、非常に難儀した車両だけど連れて行かれる日はしんみりした。
セロオ君?かわいがってもらえ







27 フォークの違い 


2号機(1KH)の前をやっています。4JGとフォーク自体の長さはそう変わらないでしょうが、その他は全くの別物です。
インナー、アウター、スプリングとすべて違うものです。軽量化やスムーズなところに進化したのでしょう?









2号機のいいところはドレンがあります、それも銅ワッシャの入ったかなり大きないいものです。
気軽にオイル交換できそうです。










ちょっと冒険しました。15番と混ぜてほんの少し少なめにオイルを入れました。さーてどうなるか?
よい子はまねしないでください。











28 完成2号機(1KH)新古車


完成です。ハンドルのブラッシュガードは知り合いのバイク屋さんからのもらい物。
レバーは好みにクラッチもブレーキも短くしました。
ていうかノーマルのきれいなのは1号機にもっていかれてしまったのです。









この角度が美しいですね。痩せててくびれてます。うーんかっこいい。












こんなもんいらんと軽量化のために取り外したもの。
でもすべてあわせても2kgしかなかったのでした。使えない車載工具は特にいらんなぁ。










お世話になった本です、セローマスターブック。
すばらしい本で、年式が登録証に入らないセローの年式がよくわかります。
さらにマニュアルとしても最高で各年式のフォークのレベルなどよーくわかります。
パーツリストも付いていて、セロー乗ってる人には必ず必要な本です。
サービスマニュアルより安いというのが最高です。





これで一応「SEROW」は終了です。
ですが、私が2号機に乗ってる限り続くかもしれません?
いろいろ安物とか苦言は書きましたが、安くて乗って面白い、乗りこなす楽しみのある単車だと思います。
どうしても1台だけしか乗れないなんて方にはベストでしょう。
ヤマハさんには更なる進化を望みます。

29 リアキャリア取り付け 

えー、続きます。
リアキャリアをヤフーで2000円で落札しました。
荷物を確実に積み込み林道を走行するには必需品です。角パイプの頑丈なものです。
取り付けてみると全くウインカーが見えなくなりました。光ると見えますが荷物を積むとやばいでしょう。







そこでナンバーステーに市販のステーを溶接しました。ウインカーの移設ですね。
黒に塗って取り付けます。ウインカー線のための穴も開けます。
あくまでも売り物ですので気を使います。
元に戻るのでしょうか?穴はナンバーで隠れるし、ステーは純正をパーツを取ればいいでしょう??
ステーの切り欠けがプロの証です、わかりますか?わかんねーだろーなー。






完成!ウインカーは旧型セローのものです、もらい物。よって予算はありません。全部工場にあったものです。
フレキシブルでしかもよく見えて安全、キャリヤの内側に入っていますので破損も無いでしょう。
早くテント積み込み出かけたい。








30 タンデムステップ、駄目です


タンデムすることが無いため外していましたが、することになり取り付けました。
駄目ですコレ
タンデムステップをつけると、乗車したままサイドスタンドを出せません。
そらそーだ、上から見るとこんなに邪魔しています。
ここまで外に出て邪魔になる理由はわかりません。すぐに外してしまいました。
安心したのは現行のものは進化しています。
通勤時に見つけました、よくは見ていませんがコレよりはマシになったのでしょう。




ヤマハのランツァのタンデムステップです。やはりやれば出来るのです、こうでないといけません。
現行セローもコレに近い形で進化してると思われます。あーよかった。










31 始動性、駄目です

アイドリングが安定しない、何回キャブをやっても直らない。濃いのです。
ついにスロージェットを交換することにしました。
もう今ではワイヤー類を外さずに分解できるようになりました。

驚いた、画像でもわかるぐらいジェットの穴の大きさが違います。
もちろん番手は同じものです。うーん、詰まったのを通すために何かでつついたね?
ジェット類はやわらかいので何かで突っついて通すのは褒めれません。

スロージェットの交換でアイドリングは安定しました。絶好調です。
しかし今度はエンジンがかからない。薄すぎるのですね。
温まるまで走行も出来ません。駄目だなー。
そこまでこの小さなエンジンが出す排気ガスを浄化しなくてはいけないのか?

32 1号機フォークのオイル漏れ


1号機がフォークのオイルが漏れるとクレームです。
見ると、あちゃー、インナーに傷が入っています。駄目だこりゃ。
私のミスですが、仕入れの時にフォークブーツ外しては見れません。タイラップで止っていますから。
キレイにされていればわからないのです。中古は怖い。
SRみたいに何も止めてなければめくって見ますけど・・・







まぁ気休めにオイルシールを交換しましょう、こんなに大きな傷では止らないだろうなぁ。
でも止ればラッキー。
インナーフォークは非常に高価です。中古を探そうかね?









これは金属のカラーの変わりに入れて車高を落とした、塩ビパイプのカラー。
ノーマルよりも2cm短いものです。コレでスプリングはやわらかい伸びた状態になり車高は落ちるのです。










今回はどれほど小さいか、私のTY250Rと比べてみましょう。
トライアルバイクとほぼ同じくらいのシート高です。すごいねー!ちいせー。
ただし最低地上高も非常に低くなっています。
タイヤも交換したね。金持ちやなー。

金持ちと言えば
オイル漏れは結局止らず、インナーを交換したようです。金持ちだー。
うちではやらせてもらえませんでした、クレームは工賃無料なんですけど、急いでいたようです。
だって、4JGの中古フォークなんてなかなか無いもん。1KHでも合いそうなんだけどなぁ。
SR専門店だから、SRのフォークは何本でもあるんだけど・・・
まぁ迷惑かけてごめんね、Tちゃん。許して