TY250R の金なしレストア記  
     

 




  まずは創業後3ヶ月で新工場への引越し。
  軽トラにヤフオクで買った2台のRを積んで行く。
  宝塚から大阪へー。やっぱカッコいいよねトライアルバイクを軽に積むと。






  スコッテッシュ(TY250S)を含めての三台での新工場!広いし屋根があるぜー。
  (今までは屋根が無かったので雨の日は休業でした)
  3台で10万しない。安い?高い?

 

 

                            
  まずはバラしてみる。長い間バイクに触っていなかったので興味深々
  トライアルバイクは簡単だー。
  一升瓶用のスタンドも必需品!プラスティックが滑りやすく使いやすい。
  ビール用は地上高の高いトライアルバイクには高さが足りない。

  フレームのみになったR二台。向こう側のRは汚い自家製のブルー塗装だったので剥離剤を二度使って大まかに塗装を剥がした状態。
  さて、何色にするかなー?そういうのも楽しみだ。その向こうはきれいなS。


     
  フロントフォークもばらす。3台の中で一番きれいでオイル漏れの無いフォークを選んだ。
  オイルは必ず10番使用。15番はロード以外意味は無いと思う。
  メスシリンダーで大体の量を量る。その後オイルを入れて動かしエアを抜いてから上部より指定のサイズを測ってOK。
  普通、注射器の先に目盛りのついたフォークのオイルレベルはかりがあるがそんなもの高くて買えない。\100ショップのゲージで十分。少し時間かかるだけだ。




     
  フォークスプリングは計ってみるとかなりへたっていた。使用限度をこえていたが買えない(換えない)三台ともだ。
  そのかわりにノーマルのカラーより10mm長いカラーを塩ビのパイプで作る。加工は簡単だし軽量化にもなる?
  これでまず気にならないレベルでしょう。マジな人には怒られそうだが、どうせ裏山レベルだ。
何種類のサイズ作ってもフォークスプリング買うよりかなりお得。


     
  フレームの錆はホームセンターで\100で買ったカップブラシで取る。グラインダーは今は\2000位であるのでは?私のは\3000位しましたが外国製(笑)!10年は使っています。
  但し手はしびれます。まあどんなグラインダーでもしびれますね。
必ずゴーグルして皮手袋してください。抜けたワイヤーブラシの針金がF1よりも速いスピードで飛んできます。
  あーサンドブラストがほしいー。

 


  リアショックのリンク部は画像取り忘れ。(二台目でアップ予定)
  まあきれいに洗ってグリスを詰めなおす。たいていカラカラか泥が入ってザラザラ。
  洗浄剤で洗うのだが洗浄台なんてあるわけもなし。入れ物に灯油を入れてブラシで洗うのです。ブラシはもちろん\100ショップ!
  その後いいグリスを入れます。これはお好み。固めがいいでしょう。
  スイングアームの隙間調整もガタ無く動きやすく。書くと簡単。

      
 フレームの錆とりの後塗装。この車は部分的に錆を取ってペンキ!でお色直し。なんでペンキなーんて声は無視。どうせ裏山で転倒の嵐!錆びなけりゃーいいのよ。安いしね。
錆び止め、赤共に油性使用。意味はわかるよね。水性だと錆びさせる事になる。
ガソリンに弱いのでタンクなんかに塗っちゃだめよ。
わかる人はわかる。Sのスイングアームつかって左スタンドにしている。右スタンドって意味あるのか?

  塗ったり、錆びたりしているところがあるので、ボルト穴は必ずタップを通す。
  組むときは必ず少量のオイルをボルトに塗って組む。トルクは感覚、経験、カンだ。トルクレンチを使うのはエンジンのみです。最近フォークもつかうか?
(ロアの二本で締めてるところ)
  錆びや泥で均一なトルクを管理するのはトライアルやモトクロスでは無理がある。
  オイルは錆び止めも兼ねてます。

    
  一番調子のいいエンジンを載せました。(エンジンのOHは二台目の予定)アルミのキックペダルが削ってあるシリンダにすっぽり納まるのと、ヘッドの丸いフィンがかっこいいー。水冷には無い美しさだ。
  ブレーキペダルとケースは\198のラッカースプレーのつや消し黒!きれいでしょ?ペンキのフレームも。

  大体の形になってきた。
  ホイールは仮だがブレーキはばらしてシャフトにグリスアップ。ライニングは荒いペーパーで硬化部分を削る。
  ワイヤー類はワイヤーインジェクターでCRCをくれてやる。驚くように軽くなる。金無くともこの工具は必要!

     
ここまでで2ヶ月!遅いか、楽しんでるのか?続く・・かな?
ちなみにパーツはまだ何も買ってません。安いレストアだー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここから、続きです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


  ここここ、これが大切なところ。水が入るといけないので配線部を必ずシリコンでコーキングしてゴムキャップをかぶせる。乾いてからやで。
  ゴムキャップが破れてたら、シリコンで埋めてビニールテープ
  そしてタイミングテスタで見て、タイミング調整。遅くしようかと思ったがまずはノーマルにセット。
  組むときは必ず新品のパッキンを使う、金無くとも液体パッキンなどで代用しては駄目、水が入るから。\300ちょっとします。ま、これくらいならね。

 


  リアフェンダーはもう新品で手に入らないようです。入っても高くて買えません。
  まくれて、たいがい割れています。縫う人もいるらしいですが、私はいつ買ったかわからない薄いアルミ板を合わせリベットで止めました。もうこれで割れんやろ。
  根元から割れたりして・・まだ、まくれるほどフロントを上げれないだろうし、また考えましょう。走行にはあまり関係ない。


  タイヤを交換するためにばらしました。あまりベルトはずしてみる人はいないだろうが、中はこんなもの。コレではスポーク張れません。
  私はCRCをぶちかけワイヤーブラシでゴシゴシします。
  リムにCRCをつけるとタイヤが滑るという人もいますが、ビードストッパがあるやん。大丈夫やろ。気にする人は耳はキレイに脱脂しましょう。

 

 



  スイングアームのチェーンプロテクタが硬化しバラバラになってしまった。
  仕方なく新品にする。これが無いとスイングアームにチェーンが当たって大変なことになる。ガリガリ
ところがっ!ああーん\2,200なり!つっ辛い(涙)

 

 

 



  チェンテンショナーのローラーは3台ともろくなモンでなく仕方なしに買いました。ホントは樹脂のパーツにはグリス塗ってはいけません…たしか。?コレは高級なモリブデンラバーグリスです。ゴム用だから多分OK
  こんなローラーが\600近くもします。ぐわーっ信じられん(泣)

 



 

  高いので上側のあまり当たらないローラーは新品使わず、逆組みにします。わかったあなたはえらいっ。そうですチェンの当たりが違うところに来るのですねー。使えます。
  スプロケのロックナットを締めたら止めのプレートワッシャは新品を使うのですが、これはまだ使えるのでそのままです。要は前回曲げて押さえたところと違うところを曲げて使えばいいのじゃー。もったいない

 




  とりあえずフロントブレーキは重要なのでシューとスプリングを新品にします。
  古いほうと比べるとやはり厚いし何より硬化が無い。金属のわけのわからない物は着けないで組んだ。コレ何のためについてるか知ってる人はメール下さい。
  しかし…\3720!(ゲキ泣き)車用より高いやん。何コレ?R用だから?次はS用を頼もう。
  そのまま使えばよかったかなー?いやいやブレーキだし重要だ。自分に言い聞かす。


  フロントタイヤはイノウエIRCのTR011のコンペ用をおごりました。
  何やかんや言って金もってるやん。
  実は自転車屋の元締めから安く入るのです。でも、片手…
  フロントが滑るほど怖いもの無いので…リアは値段が恐ろしくてまだ頼めない。
  黒山選手のところへ行くと新しい中古ミシュランが安く手に入るよとミシュランの人から聞いた。近くだし行ってみるかぁ
  一郎さん元気かなー?なんだ、親父かい。って健ちゃんは3、4才だったから覚えてないやろ。会ったとき・・




  エアエレメントは3台共にRのが付いてたが、どれもバラバラにスポンジのカスになっていた。キャブにもいっぱい入ってた。
  それはいいとして(良くないが)新品を奢った。\1,800なり。これは涙が出なかった。でももうすぐ20年になる(大げさ)単車のパーツがあるのはうれしいなぁ。消耗品は以外に長く販売するんだー。うーむ



 


                          ーーーーー続く?ーーーーーー

  SR500の金なしレストア・カスタム記 への近道