78年式モドキ (その1)  
     

00 
        モドキと呼ばれる2J3

もうかなり前、2006年のお話しです。いわゆる再生、復活の話が来ました。静岡から送られてきた画像の車両は型式2J3、最初期型SR500です。
今回はこの78年式モドキと言う車両に付いて書いていきます。

モドキと言う言葉を初めて使ったのはこのオーナーのOさんです。以来私のところで79年式の2J3はモドキと呼んで、初期型でも区別しています。
勘違いしないで欲しいのはモドキは価値が無いと思わないでいただきたいのです。ご存知の通り2J3はコードネームで初期型SR500の事を言います。単車、又は機械としてはSR500の21年の歴史の中で最悪な車両です。ただ最悪でもここから始まり、これが本来のオリジナルSR500であるという事に敬意を表しなければなりません。数々の伝説を作ったのはこの最悪な初期型なのですから。
その後改良もあり、コストダウンもありで、最終99年式まで続きました。
2J3は特に改良が促進されたモデルでもあります。そしてコストダウンも進められたと考えています。実際まだまだ研究中です。えらそうに書いてる私ですら中学生で、SRなどシングルには興味は全く無かった時代の単車ですから、わからないことが多いのです。
当時の事を知っている。又は車両を所有している方、間違っていたり、新たな情報などあればご一報いただければありがたいです。

2J3は何台が販売されたのか?私のところではわかりません。最初期は車体番号で2J2-100101からと言う事は各書籍などに書かれています。最後は103000番台でしょうか?
そしていわゆるモドキは79年式に多く、2500番ぐらいが境目ではないかと、私は考えています。実際はわかっていません。それではなぜに区別するのか?どこに違いがあるのか?その辺を中心にこの車両の再生を書いていきましょう。

私のところに入庫した時点では見ての通りで、走行は少なく、当時のパーツのほとんどもそのままな極上のベース状態です。調子こそ悪いですが、エンジンも一応はかかっていたと記憶しています。ネットオークションではありませんが、似たような入手経路でオーナーは手に入れたと聞きました。それでは興味深いモドキの説明です。

注意、同様にSR400(2H6)にも変化があるかもしれませんが、私は初期型の2H6を1度しか分解整備した事がありませんので省かせていただきます。あくまでも2J3の説明です。共用パーツも2J3専用と書きます。注意下さい。


01 
         最大の違い、フレーム

なぜ区別するのか?その最大の違いはフレームです。フレームが異なれば、走行フィーリングは全く異なってきます。
そうなのです、78年式の最大の特徴である、通称「ハシゴ」がありません。
コストダウンされた?もちろんコストも抑えれたでしょう。でも理由は他にあったと思うのです。それはハシゴつきのオーナーならわかるでしょう。
フロントがグニャグニャに弱いのです。初期型のあなた、ハンドル振れませんか?このハシゴを取る事によって、リア周りの強度を下げればフロントのグニャグニャは弱まるかも?
初期型が最悪な理由、フロントグニャグニャ。失敗はすぐさま改良されたわけです。その後79年10月には型式3X4に進化、フレームのステアリングヘッド部に補強が溶接されました。こちらはコストかかっています。その後フロントが法定速度内でグニャグニャするとは聞いた事がありません。

ここで注意を書いておきます。ここに書いている事、この先書くことは全て私の想像、考えでしかありません。本当の理由は当時のヤマハの担当者しかわからないでしょう。
さらに、今回はこの車両が完全なオリジナルであると仮定しての違いを書いています。もしかしたらこの車両の長い歴史の中で、交換された部品があるかもしれないことも頭に置いておく必要があります。

つっこみ入れるのであれば、リアフェンダーのボルトが反対方向から入っています。一度は外された形跡があると言うことで、リアフェンダーは交換されているかもしれません。
このボルトの方向も、当時のパーツリストと比べての事ですので、これがオリジナルなのかもしれません。


02 
          最大の違い、エンジン?

実はこれは書こうかどうしようか迷ったのです。なぜならこのエンジンは開けていないから。
では前書きをして、実はクランクが後期型同様軽量であったのではないか?わかりますか、クランクケースの形が後のモデルと同じです。ただ前書きしたように確認はしていません。再生してから乗った感じだけでの判断です。
またこのエンジンが乗せかえられている可能性もあります。なぜならエンジンのマウントボルトの向きが変っています。よって現在不明、調査中にしておきます。

2008年1月には2600番台の2J3の新型ケースから重いクランクが出てきましたことを確認しています。ワンオーナー車両です。さらに私が所有します2700番台の2J3は軽量クランクであった事も書いておきます。これは中古車ですので積み換えがあったかもしれません。
またマウントボルトについてはパーツリストとは明らかに違いますが、これが正常な工場出荷状態であった可能性もあります。先のワンオーナーモドキもこのボルト差込状態でした。

アンダーガードと言うかエンジンカバーは直付けで後期のようにダンパはありません。またオイルホースのガードもありません。オイルホースガードは1000番台前半の車両では確認が取れています。2000番台あたりからコストダウンのために省かれたと思います。
おれのは付いてるぞというあなた、車体番号などお教え下さい。また住所など教えていただければ年賀状ぐらいですが送らせていただきます。


03 
          外見に違いはほとんど無し

ではリフトに上げて分解整備していきましょう。外見からは全くと言って良いほど違いはありません。錆びこそありますが、キレイな78年型に見えるモドキ。
テールランプやフラッシャー(リアはスタンレー)なども当時物オリジナルです。


04 
         リアフェンダーとタイヤコーションプレート


リアフェンダーに貼られているタイヤコーションのステッカー。当時はSR500とSR400は区別されていた。SR500専用ステッカー。これが貼ってあるということはリアフェンダーもオリジナル。







そのリアフェンダーの裏側、テール下の肉抜き加工は省かれています。ま、こんなところの肉抜きはいらない、コストを下げたのでしょう。よく錆びています。


05 
         サイレンサー

サイレンサーはいわゆる「首長」と呼ばれるもの。ただしチャンバー下に「波」はない。このタイプは後の3X4の前期型にも装着されていた事が確認出来ています。良い音しますよー。勿論部品番号は2J2からです。


06 
         リア周り

このあたりは78年型も同じ景色。「逆立ち」トルクロッドにスイングアーム。個人的にはこちらがオリジナルであるので、3X4以降のトルクロッドを「逆立ち」と呼ぶべきと思う。
エンドは分厚い鍛造品。専用のチェーン引き。XT500からのワンタッチで外れるブレーキロッドなど。
リムも1.85サイズの「細リム」。これもオリジナルリムで、後期83年以降をワイドリムと言うべきだ。スポークは何のさび止めもなされてなかったので、通常錆び錆びになる。これはまだマシなほう。


07 
         リアブレーキ


ブレーキはお決まり?シューがポロッ。ベース車ってのはこんな物です、買ってそのままでは絶対乗れません。ドラム内錆び錆び。








ブレーキロッドとカム。画像は反対に持ってるのでわかりにくい。逆立ちスイングアームの専用品で、当然ながらすでに手に入らない。グリースの溝は幅広い。





ちなみにこのカムは、ごらんのようにスイングアームを持ち上げなくとも抜ける事も書いておきましょう。ピンボケですが。






ブレーキプレートもカムも2J3の専用品。まず手に入らない。錆び錆びもお決まり。なので整備が必要。こちらにグリースの溝は無い。つまり3ヶ月に1度は分解し、グリースを入れなさいって事です。作りから見て、今の物よりもコストがかかってるのはわかります。薄いワッシャではなく、削り出し?
ブレーキパネルもセンター部の飛び出し部分に注目です。アルミではなく鉄のブッシュらしき物が入っています。ハブの逃げもありません。詳しくはまた書くでしょう。

ブレーキシューは旧型デイトナを使いました。これを読む方は知ってますね、すでにオリジナルのブレーキシューは手に入りません。
手に入らない物は他にも多く、トルクロッドを止めるコストのかかったボルトもそのうちの1つ。このボルト、でかいねぇ、裏から見ると。


08 
       ハブクラッチとスプロケット


ハブクラッチは少しでもグリース入っていたので良好。サークリップはごらんの初期型専用品









スプロケットも走行距離と減りを見て、交換されてから走行は少ないと判断。きれいに洗浄しそのまま使います。例のXT500用Oリングは必ず装着です。
現在はこの分厚いロックワッシャーも新品で手に入りません。オリジナルを保つのであれば、ハブクラッチから外さない事です。
09年は春までぐらいはオリジナル風味のクリア塗装のハブクラッチが50%増し価格ぐらいで手に入っていました。現在はシルバー塗装の物しか手に入りません。
気をつけなくてはいけないのは、当時の部品番号(クリア塗装)で注文すると、余ってる黒が来ると言う事です。返品は出来ません。

新品、もしくは状態の良いハブとハブクラッチにOリングを入れると、このようにストッパを入れるのに非常に苦労します。踏みつけて何とか入るのが極上中古の証。簡単に組める物は磨耗が進んでいると言う事です。


09 
        ピボットシャフトの改良


やはりいつものごとく抜けません。ただ潤滑剤を降りかけてインパクトレンチでバリバリやると回ったので何とかしましょう。
09年に気がついたものとして、モドキの左タンデムステップのステー下側パイプは後期の型と同じストレート形状です。つまり左右の形状が異なってしまいました。





反対からもバリバリとかまし物とナットで引きます。少し動いてきました。





約1時間かかって何とか抜けました。状態は思ったほど悪くなく、スラスト1枚は使えます。内部ベアリング1つとスラストベアリング1枚交換しました。画像は初期型のグリースが注入できないブッシュとピボットシャフトです。少なくても1年に1度は分解し、グリースを入れてやる必要があるでしょう。現在も新品入手可能ですが、おかしなことに、穴を開けて、もっとコストがかかっているはずの現行モデルよりも値段は高いです。


今回はオーナーの希望で後期83年(34A)以降のブッシュ新品を使用し、グリース注入出来るように改良しました。このブッシュの方が安いし、スイングアーム内をグリースで充填する事はベアリングに水を寄せ付けないためにも必要な事です。完全オリジナルにこだわるもよし、毎日乗るために改良品を受け入れるもよし。



ピボットシャフトとナット、ワッシャーは中古品を使用したのでかなり安くつきました。このように進化もしていくのがSR500です。ただし500に関してはこの33Y34A以降進化はほとんどありません。唯一1JNで・・・またそれは今度。
グリース注入にしたので、今後の分解整備は2年毎ほどで良いでしょう。緩み止めナットですので、増し締めをする手間も省けました。(点検しなくていいとは書いていません)


10 
      ドライブスプロケット

ドライブスプロケットも交換されてすぐのような良い状態。なかなか良いベース状態。こういう消耗品が減ってると、生き返らせるのに高くつきます。


11 
      ヘッドライトステー

ヘッドライトステーは見てのとおり、裏からの補強も無く、切って接いだような感じも無いSR専用品です。これはもしかしたら現在も同じかもしれません。
ウインカー穴の無いメッキされている方のステーはこの後82年まで同様のもので、中古入手もしやすいと思われます。
転倒すれば必ず曲がるところなので気になるところです。


12 
      フォークブラケット類


ロワーブラケットは78年式と同じ物と思われます。下側ヘッドライトステー部が小さく、前項のステー下のブッシュが画像のように潰れるのでこの後3X4では当る場所が大きくなり改良変更されています。







アッパーも78年と同じ。ハンドルステーは凝った加工されていますし、上側はアルミでコストもかかっています。これも3X4で簡単な形のステーになり、上の押さえは鉄になったと思われます。


13 
      ステムベアリングなど


ステムのリングナットの向きが逆です。という事は手が入ってるのかなと思いきや・・・
補強の無いネック部も見えます。








ベアリングレースはガタガタでした。交換ですが、オリジナルに拘らずに強度が高いRH01J用アンギュラベアリングを選択しました。何度も書きますが、オリジナルに拘るも良し、進化を受け入れるのも良しです。


14 
       ブレーキマスター


マスター自体は78年式と同様のものと思われます。転倒すると割れて危険なブレーキフリュードをぶちまけるタイプです。このタイプは82年まで続きました。
ただ、形は3X4でコンチハンドルになったためレバー角度が付きますので、これも2J3専用品です。
フリュードがにじみ出るので、非分解部を分解し、Oリングを交換。といきたいですが、Oリングなど手に入るわけも無く、液体パッキンで補修です。圧がかからないので持つでしょう。


なぜかダイヤフラムの端も切れていましたので、新品に交換しました。1J3はGX500です。2J3SR500のブレーキは、かなり多くの部品がGX500と共通です。
現在では1,900円近くするゴム部品です。2006年当時でも1,160円もしました。3年ですごい値上げですねぇ。


15 
       ブレーキキャリパ


キャリパも分解します。案の定ピストンは虫食い状態でした。これもキャリパーキット交換。








新品ピストンで組み、グリースアップされたキャリパと、まだ使えそうなので汚れを落とし再利用するパッドです。パッドは社外品を使えばそれほど高価なものではありませんが、使えるものは使いましょう。もったいない。
当時キャリパーキットは\4,150。それでもRH01Jの2つピストンの物の倍ぐらいしていました。今ではRH01Jの倍どころか\6,600ぐらいします。2J3とは言わず、84年以前のSRに乗ってる方は早めにブレーキに手を入れたほうが良さそうです。ここ3年でこれですから。


16 
       アクセルワイヤー


動きの良くない錆びたアクセルワイヤーとクラッチワイヤーは交換しました。オリジナルは金属で調整部など作られています。錆びているのでわかりにくいですが、メッキ加工されています。ホルダ部のみが光っています。
現在手に入るものは、首の部分が黒い物です。また調整部はプラスティックにコストダウンされています。06年当時引き\1,750、戻し\1,460でした。クラッチは\2,100。現在の価格は書きませんが、3年で30%以上値上がりしています。


当時物です。無くなっていますが、アウターワイヤーのエンドにはブーツらしきものが付くように加工がされています。







新しいアクセルワイヤーです。2J3キャブレターは加速ポンプのロッドが、戻し側ワイヤーの装着に邪魔なのがよくわかります。


17 
        リアタイヤ

リアタイヤは細めのK70を選択しました。このころは最も安かったのもあります。現在は非常に高価になってしまいました。ダンロップは売れないタイヤを大幅に値上げしたからです。
左ピレリは120/90-18サイズ、1.85リム。右は後期ノーマル、メツラーの4.00-18、2.15リムです。大きさ、細さがわかります。





逆立ちと呼ばれる2J3はトルクロッドがこんな位置にあります。このタイヤであれば手のひらが入ります。






これは私の2J3です。ブリジストンアコレードであれば、同じサイズでも指先も入りません。これ以上のサイズは無理です。タイヤがボルトに擦れます。





K70は比較的グリップも良いですが、ゴムが柔らかく減りも早いようです。オーナーは役5,000kmでこのようにしてしまいました。まだもう少しスリップサインが出るまでは使えますが、雨の日は直線でも滑るでしょう。交換時期です。
私も現在同じタイヤを使っていますが、6,000kmを超えてもまだ溝は残っています。使い方と言うよりもアベレージ速度、タイヤの温度にあるようです。
ずーっとそれなりの速度で走れる田舎ではタイヤの温度が高くなり早く減ります。大阪では50km/hも出る前に次の信号で止まります。止まればタイヤは冷えます。なので減らないのでしょう。


18 
        エアエレメント

だいたいボロボロになってるので、新品使用です。高いけれど10年以上持つだろうから仕方ないと考えます。乾式なので手入れは取り外しも含め、超楽です。


19 
        キャブレター


正常な状態でもまともに機能しない悪評高き2J3VMキャブレターです。伝説を生んだキャブレターと言ってもいいでしょう。だからこそ楽しいのですけど。
エンジンの調子が悪かったので入念に点検整備清掃します。濃い状態です。キャブは壊れると普通濃くなります。



ニードルバルブを交換します。当時の値段が書かれています。現在ですか?手に入ります、約40%増し価格で。
ノズルも磨耗してるだろうと仮定し、交換しました。こちらは現在60%増し価格で手に入ります。




通常2J3VMで濃くなるのは、加速ポンプが悪さしてる事が多いものです。スターターなどはほとんど悪さしません。そこでチャンバを2H6(SR400)
用にし、組み付けて様子を見ます。加速ポンプを殺す訳です。




2H6チャンバを使えばこのように油面も見れます。ほぼ正常です。かなり良くなりましたが、まだ濃いようです。アイドリングも安定しません。






ガスケットを交換しました。とあるバキューム口からガソリンを吸い込んでいるような気がしたからです。何故そう思ったのかはここでは書きません。
このころガスケットは1000円を切っていました。今は約1620円、これも60%以上の値上げです。
結果うまく行きました。


これは500用チャンバです。原因はこの穴と思われます。この穴は加速ポンプ用ダイヤフラムを動かせる為のバキューム用の穴です。ガスケットが古く、少量滲んだガソリンはバキュームの穴から吸い込まれます。すると濃くなるわけです。
最終的にこのチャンバで加速ポンプのダイヤフラムを交換し組み付けました。まずまずな仕上がりになりました。
VMキャブレター整備工賃はこの頃も今も同じです。今回これを書いて少し考えます。パーツは30〜60%上がっているのです。工賃も上げるべきでしょう?


20 
    タンクのダンパ

タンク下側のダンパです。2J3には小さな物が付いていた事がパーツリストなどでわかります。それはかなり落としやすかったのでしょう。まだ見た事がありません。
仕方なく現在の絶対落ちないダンパを取り付けておきます。


21 
     電装保安部品1

足回り、エンジンと出来てきましたら、最後に電装と保安部品です。
スピードメーターのダンパを交換しました。古い物はグサグサです。球も切れていましたので交換しました。球は白メーターになってから異なります。
黒メーターでも2J3に限り、スピードメーターの上下に球が入ります。よって明るいです。3X4以降は上側にしか照明がありません。外から見た感じは同じに見えるスピードメーターでも2J3と3X4は異なります。


22 
     サイドカバーダンパ

左サイドカバーのダンパはオリジナルが残っていました。硬くなってはいますが、嬉しいものです。
小さく見えますが、バッテリーは4L-BSという小さなMFバッテリーを使いました。色々と言われていますが、SRにMFを装着しトラブルになった事は未だに1度もありません。ただしカスタムは自己責任です。拘る方、お金持ちは通常のバッテリーを使ってください。MFを薦めてはいません。


23 
       左スイッチ

左のフラッシャーが点きません。前後どちらかが点けば球かアースですが、前後が点かないならリレーかスイッチです。テスターで探ると左スイッチでした。
分解すると、これも良くある事ですがハンダが外れています。ところが素人にはハンダ付けは難しい物です。相手はほとんどがプラスティックで出来たプレートです。熱は入れれません。私は電気屋ではないので、今回はパスしました。この場所は私には出来ません。


結局後期33Y,34Aまで使われたスイッチと交換しました。上側が交換したもの。下側がハンダが外れた2J3用です。アップハンドル分だけハーネスも長くなっており専用品になります。
ハンダに自信のある方は修理可能です。また、私にも連絡下さい。特に電気屋さん。


24 
      フロントタイヤ

それでは完成しましたので、外に出して各部を眺めてみましょう。
フロントタイヤは現在でも手に入るビンテージタイヤ、ダンロップF11です。ダンロップは柔らかくグリップがいいタイヤが多いのが特徴です。
3.25-19を使用し軽快感を出しました。勿論チューブも交換です。


25 
       フロント回り

ここから見れば2J3はみな同じに見えます。切れればレンズまで換えなくてはいけない株式会社小糸製作所製シールドビームは3X4も引き継ぎました。暗いからと交換された車両も多くありました。
実は暗いのではありません。反射板がガラスですので効率が良く明るいのです。ハロゲン球使用のヘッドライトレンズは私に言わせれば安物のメッキです。またハロゲンは温度も上がるため、必ずしもグチャグチャな配線処理であるSRのヘッドライトケースには向きません。
ハロゲン球の33Y,34A以降とは違い、光が散る為に明るくても広い空間をぼんやりと灯す感じになります。けしてシャープな光ではありません。そのため飛ばす方には暗く感じます。50km/hで夜道を走るには十分な明るさです。
ハロゲンはまた振動に強くなく切れる可能性があります。シールドビームで切れたのを私は見た事がありません。内部は防水ですので経年にて徐々に暗くなる以外に問題はありません。ハロゲンのように反射メッキが熱で焼けたり錆びたりする事もありません。
凸面は味があります。特に黄色いスモールは70年代の当時そのままの雰囲気をかもし出します。

タンク上面ステッカーはヘルメットの着用を促す物の他に、エンジンのかけ方ステッカーが追加されたと思われます。これはモドキ以降のコーションステッカーと言えます。あまりにも初期型のキャブが不出来で、走行中止まる、二度とエンジンがかからないと言った話が噂になったための対処と思われます。


26 
       フロントフラッシャー


フロントのフラッシャーは株式会社今仙電機製作所製です。レンズだけは現在も新品が手に入ります。


27 
       ヘッドライトステー

裏側からヘッドライトステーを見ます。これは最終型まで同じ形状で作られたSR専用品です。モドキ以前2J3は何かの物を切って継いで、裏からも補強した感じに見えます。

他にも私のミスと言うか、これが1台目で知らなかったと言うか、ダメな仕事跡がみえます。まだ当時物のサービスマニュアルを持ってなかったと言うのもあるでしょう。来てくれれば直しますのでまたOさん来て下さい。まぁ、若かったな。あかんなぁ、過去の私。いつまでも修行ですけどね。


28 
       ハンドルホルダ

下から上を向きます。ハンドルは良く錆びてるけど、多分本物2J3ハンドル。現在手に入るのはレプリカ物で1J7ハンドルです。
ハンドルホルダはハンドル銜える部分で細くなっている凝った形の物。上側もアルミです。このあたりは2J3はみな同じ。この後3X4ではコストダウン。


29 
       メータ

ご存知78年式メーター。スピードは160km/h(絶対に出ない)とタコは7000rpmよりレッドゾーン(なかなか7000までは回りにくい)。リムは光らない黒で見やすい。
極初期型は180km/hスケールだったとの噂もある。輸出用は180kmスケール、赤いライン無し。
真ん中には80km/hで点灯する速度警告灯が付いている。メーターにスイッチがあって80km/hまで行くと点灯。当時2輪車は高速道路では最高速度が80km/hだった。もちろん二人乗りも禁止。今はいいなぁ。


  モドキ その2  
  「単車男」トップ にもどる