78年式モドキ (その2)  
     
NEW !! 1月22日 No.40 以降を追加しました。

30 
       レバー

これがオリジナルとしてですが、塗装です。初期型はビニールのような滑り止めがレバーに巻かれていました。モドキは塗装になってしまったのかも?これは交換されてないと言うのが前提です。これでは冬、冷たいものがあります。
3X4ではパワーレバー、塗装になりました。そのパワーレバーでさえも現在は新品で手に入りません。


31 
      ブレーキマスター

2J3専用品ではないでしょうが、SRの中では2J3のみのブレーキマスターです。勿論2H6ともレバー角度が異なります。ホースのゴムキャップは新品にしました。液体パッキンでの応急処置的な修理も問題は無いようです。
さてこれはモドキからの変更かどうかは定かではありませんが、キャップの「ヤマハブレーキフリュードを御使用下さい」がステッカーです。初期型は何と言いますか、もっとお金のかかったつくりのコーションです。当初このキャップは3X4からかと思っていましたが、2J3の間に変更されたのかもしれません。


32 
      現状アクセルワイヤー

現状のアクセルワイヤーです。このプラスティックは10年は持たないと思います。ただワイヤー類は定期的に交換するものと考えれば10年持つ必要もありません。
私は30年使っても国産ワイヤーは錆びさせないかぎり切れないものと思っています。勿論磨耗させないよう潤滑は必需です。


33 
        クランクース形状

初期型のあるページと行ったり来たりして比べて見て下さい。角ばったクランクケースの形状はほぼ最終型まで同じ形です。


34 
        エキゾーストパイプ

外から見て穴の無いタイプ。金色に焼けるので金エキパイとも呼ばれてます。リコールが出たとのうわさも聞きますが定かではありません。
ちなみに、この車両よりも古い私の2J3には外穴付の2J2エキパイが付いていました。


35 
         サイレンサー

「首長」と言われる2J2サイレンサー。エキゾーストパイプ接合部からサイレンサーが始まるところまでが長い。ヲタクには同じ2J2サイレンサーの中でも貴重とされ、音も良いと思われている。ちょっと05と重複してしまいました。


36 
         右ステップ回り

目を引くのがこの車両の為だけのグリース注入式ピボットシャフト。この改良は83年にされました。
ブレーキペダルシャフトは「逆立ち」専用シャフト。斜めにスイングアームを避けています。
ステップ根元ラバーのワッシャーは2J3でも後期のモデルから入ったと思います。およそ車体番号1500番ぐらいで入ったと考えています。この車両のステップは鍛造ではなく、鉄板をシャーリングしたものに見えます。ただステップ溶接部は巻きのある初期型独特の物です。キックアームの当たり止めはありません。


37 
         右後方

画像があるので説明だけします。説明は必要ないですか?通常の2J3オリジナルなリア右後方の景色です。


38 
        右後方からのエンジン

エンジンです、特別2J3だからというものはありません。現在のと比べると特筆すべきはオイルラインでしょう。ヘッドへ上がるオイルラインはインテーク側ロッカーピンに入ります。
XT500ではこれで十分でしたが、SR500では足りずに83年に不細工ですが、エキゾースト側抽入に改良されました。なぜそれがメッキなのか?
目ざとい方にはばれているでしょう。キャブレターはまだセット中で、400のチャンバが付いています。


39 
        リアフラッシャー

このころはリアのみスタンレーがオリジナルです。少し濃い色のレンズが特徴。どこかで書きましたが、もちろん内部もスタンレー製。


40 
       テールランプの配線

これは2J3のみの特徴ですが、テールの配線は短いものです。ここでギボシにて接続されています。おそらくSRよりも古い型の丸テールの配線と互換あるものと思われます。つまりXTからの引継ぎでしょうか?逆に言えば丸テールの装着は配線加工が必要なく簡単と言えます。
この後、この場所の接続は省かれ、コストを下げています。
レイトモデルになり配線隠しを付けたのですが、片面を溶接せず開くようにしたのは2J3にも使えるように考慮した為と思われます。ここが開いていないと手が入りませんから。


41 
        タイヤコーション

リアフェンダ上に貼られるステッカー、これも2J3専用品。SR400とSR500を分けていました。タイヤの指定は無く、純正タイヤから他の良いものへ早く交換しろとも取れます。空気圧は必ず1週間で確認です。


42 
        左タンデムの補強

左側タンデムステップのステー上部にある補強。これは3X4では省かれています。一説にはアメリカに輸出したら、重い人が多くタンデムステップがもげたとか・・・。そのために取り付けた補強らしい。駄馬でクレームが多く、ほとんどの輸出を1年でやめたので翌年には無くなったとか。
しかし補強ならもっと上手く出来るでしょうに。これは何か他車のはぎれをうまく使って補強しました、のようにも見える。たしか国内向けのみであったSR400には無かったとか?


43 
      サイドスタンド

ピンボケです。これは3X4でも同じと思われますが、割り箸のような鍛造サイドスタンドです。3X4でも後半(80年ごろ)はパイプのサイドスタンドになります。ドイツ輸出向け18インチと共用にしたからとも言われています。
さて、それでは85年以降の割り箸と何処が違うかわかりますか?そうです、スタンドを出す時に足で引っ掛ける場所が、より地面側にありますねー。わからん?自分のと比べてください。自分のがこれなら貴重ですので保存(笑)。
85年以降はバックステップでも出しやすい位置に変更されたのです。では通常ステップに戻った94年以降も同じスタンドを使ってるのはなぜか?それはただのメーカーの怠慢です。
タンデム下のストレートなフレームも見えます。


44 
        チェーン

オリジナルは安物のスタンダードチェーンですが、今回はDIDの高級なOリングチェーンを入れました。今となっては過剰な50サイズですので、手入れを怠らなければ、ほとんど一生物でしょう。


45 
       センタースタンド

これは知らない方も多いでしょう。センタースタンドも2J3専用品と思われます。スプリングをかけるフックが小さく、失敗したと言うだけです。3X4ではかけやすいように大きくなっています。
しかしこれを読んでくれている方はわかると思いますが、「わしのはあんたのとは違うのだよ」と言う気持ちにさせます???


46 
        エンジンプロテクタ

どこかで四つ穴とオイルホースガードは書いたと思います。モドキはオイルホースのガードはありませんが、四つ穴です。止めるところは3つなので失敗作です。
さらに失敗したのが直付けです。普通にフレームにボルトで止まっています。これでは振動で落ちてしまいます。
XT500も直付けでした。ですが名車は他に細工がありフレームに振動は来ませんでした。SR500は振動がかなりフレームに来ます。ここも3X4では改良されています。それは書かなくてもご存知ですね。


47 
        クラッチプッシュレバー

ここも初期型エンジンを見分ける1つの場所になるかもしれません。プッシュレバーはロッドとの溶接が下側からになっています。また先端のワイヤをかけるところがピンで割りピンにて止まっています。後の3X4以降では溶接は上からになり、先端はピンをカシメています。
もちろん消耗品ですので交換されているエンジンも多くあるでしょう。


48 
        プラグサイドのナット

モドキになってこの後の型と同じ袋ナットにコストを下げられました。これまでは変った形ですが、緩めることも考えられた上にメッキをかけられたナットでした。初期型はXT500と同様のものです。


49 
        リア上側のエンジンマウントのカラー

超マニアックですが、エンジンマウントのカラーが初期型とは違い、この後のSRで使われるのと同じになりました。つまりSR専用部品と言えます。
初期型で使われていた分はXT500も同様のもので、それは名車XT500は振動対策の為、クランクケースにダンパが装着されていたからです。SRになり、ダンパはコストダウンで無くされました。ダンパが無くなったので、通常の形のカラーで事足りる訳です。こういったことからSR500の振動はXT500とは比べ物にならないほど大きくなりました。


50 
         左ステップ周り

チェンジペダルは初期型のみの強度が強くコストのかかった鍛造品。ステップはコストダウンされたタダの鉄板に、これまた初期型のみのぐるっと巻いた先で溶接のあるペダル根元。
サイドスタンドも細いが強度のある鍛造品。ただし後期85年以降の物とはスタンドを出すフックの位置が異なります。このステップ位置で出しやすい物になっています。43で書いてましたね。
さらにこの車両の特注、33Y83年以降用ピボットシャフトにブッシュ。これに交換することにより、スイングアームはグリースの充填が出来る事になります。


51 
          リアフェンダー

最後にどうでも良いリアフェンダー補強版の肉抜き無し。面倒になってコストダウンされたのでしょうね。


52 
         ヘルメットホルダー

もう1つありました。ヘルメットは1つしか止めれませんが、ビスが緩んでも抜け切らない、脱落しないヘルメットホルダです。
まぁホルダを開けていれば脱落しますけど。現在も新品でヘルメットホルダを注文するとこれが来ます。つくりのわりに安いと思うパーツの1つです。


53 
         完成

06年8月に普通の中古車として完成した2J3モドキです。最初期型ならではの重厚な感じはハンドルとシートの感じでしょうか。









ヤマハの技術者が本当に作りたかったSR500がこれです。風格すら感じます。伝説の始まりです。
左側から見たときのみ初期型とモドキの違いが判るのが、タンデムステップの下側のステーです。


  モドキ その1  
  「単車男」トップ にもどる